MgやFeを過熱すると、燃焼して酸化~となる。
しかし、Cuを過熱して、酸化銅となっても燃焼とはいわないようですが、
これは過熱し続けないと酸化しないので燃焼するといわないということでしょうか?
しかし、熱や光を伴わなくても燃焼と呼ぶ反応もあるのですよね?
燃焼の定義って曖昧なのでしょうか?

A 回答 (6件)

 遅くなって、すみません。


>銅の粉末を過熱した場合は、過熱し続けないと反応が進まないので燃焼とは呼ばない。
 加熱し続けなければならないのは、銅の酸化の反応熱が小さい(活性化エネルギー以下)ので、連続反応にならない。ということでしょう。通常の「燃焼」は、その物質の燃焼熱(酸化反応の発熱)によって、まだ、未燃焼の部分が次々燃焼していく連続的な反応なのです。この連鎖または連続的な酸化形態を「燃焼」と言うなら(狭義には可能です。)この記述で正解です。この筆者の定義の「燃焼」とは、「連続的な酸化反応である」を区切りにしているのだと思います。
 とは、いうものの、雰囲気が変化しますと・・・例えば、高濃度酸素中や高温中では、たとえ、銅の粉末でも燃えます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 よくわかりました。
重ね重ね、有難うございました。
「燃焼」の意味の範囲をどうとらえるかで、
変わってくるワケですね。

お礼日時:2001/04/05 02:37

 あの~燃焼は酸化現象の中の現象の一つです。


まず、酸化とは、電子を放出すること。同時に還元が起こります。(還元=電子を受け取ること)
 例えば、金属が酸化するとは、金属が電子を放出して、陽イオンになることなのです。マグネシウムが酸素と反応して酸化マグネシウムになる反応では
 Mg→Mg2+ + 2e-  ・・・(1)
 O2 + 4e- → 2O2- ・・・(2)
 で、(1)×2+(2)をすると
 2Mg + O2 → 2MgO
となり、現実にはマグネシウムは電子を放出してマグネシウムイオンとなり、酸素は電子を受け取り酸化物イオンとなり、それが、静電気力で結合し、イオン結合性物質の酸化マグネシウムとなる。(金属マグネシウムは酸化され、酸素は還元されるのです。)
 というわけで、酸化=電子を放出する=金属なら陽イオンになる。ので、酸素と化合しなくても「酸化」というのです。
 なお、純酸素中では多くの金属が「光」「熱」を発しながら激しく「酸化」(酸素と化合)=「燃焼」します。
 また、粉体にすると「表面積」の増加により、反応速度が増加し、普通は「燃焼」しないものでも、「燃焼」したり「爆発」したりします。
 補足要求に対する補足をいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> あの~燃焼は酸化現象の中の現象の一つです。

 それは心得ていたつもりですが、

> 酸化とは、電子を放出すること。

 これは全く存じませんでした。そうなんですか、勉強になりました。
ありがとうございました、てっきり、何かが酸素と結合することを「酸化」と、
呼ぶものとばかり思ってましたので…。
でも中等教育までは、こう習ったような…便宜上なのかな?

 再三で申し訳ないのですが、結局のところ、
「銅の粉末を過熱した場合は、過熱し続けないと反応が進まないので燃焼とは呼ばない。」という本の記述の真偽の程はどうなるのか、お教え願えませんでしょうか?

お礼日時:2001/03/22 00:00

鉄(Fe)でも鉄板は燃えませんが、スチールウールは燃えます。


これは、スチールウールのほうが表面積が広く、酸素と化合しやすいものと考えられます。すると酸素と激しく反応して反応熱が光となって燃焼という現象として認識されるものと理解しています。
ということは、銅でも粉末や銅線などの場合は、燃焼と表現してもよいのではないでしょうか。
間違っていたらどなかた訂正おねがいします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 銅でも粉末や銅線などの場合は、燃焼と表現してもよいのではないでしょうか。

 この定義の真偽を知りたく存じます。
本には、「銅は過熱を続けないと反応が進まないので燃焼と呼ばない」とあるのですが…。う~ん。

お礼日時:2001/03/20 23:57

  燃焼 combustion


 光と熱を放出して物質が酸素と化合すること。高温励起された原子・分子・イオンから熱・光を発する。
 ただし、酸素とのゆっくりとした反応にも燃焼と言う言葉を用いることがある。さらに、酸素以外の酸化反応でも、気体中で炎(光)を出すときには燃焼ということはある。
 つまり、広義には燃焼とは酸化反応全体をいうことがあるが、対象物は単体・或いは炭素・水素などの可燃性化合物。狭義には、熱と光を発する激しい酸化反応。
 えーっと、酸化反応ですから、何も酸素と化合しなくてもいいのです。例えば、気体の塩素中で金属は「燃焼」します。もちろん、塩化物になるわけですが。
 ご質問の銅は気体塩素中で「燃焼」します。気体塩素中に灼熱した金属銅を入れると光を発し、有毒の塩化銅ガス(褐色)を放出して「燃焼」します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
おそらく、私が考えているのは狭義の燃焼の意味でだと思います。
ところで、塩化物になる反応なのに「酸化」と呼ぶこともあるのですか?
酸素と結合する反応を「酸化」と呼ぶのだとばかり思ってたのですが?

お礼日時:2001/03/20 23:55

燃焼=激しい熱や光を伴い酸化反応


ここでポイントなのが‘激しい’という所です。
ピンどめなどが錆びているせつない現場に遭遇したことありますよね?
あの時も実はピン止めは密かに熱を出しているんです。
ただ、あまりにもゆっくり酸化が進んでいるため、われわれが気付かないだけ。
気がつかないくらいゆっくりと酸化が進んでいるのです。
反対に、もしその時、ピン止めが激しく燃えていたら、「あっ、ピン止めが燃焼している!」ってことになります。
熱はどんな酸化反応でも発生しますが、「‘激しい’熱や光」は燃焼ならでわの特徴と言えるでしょう。
以上のことでわかる通り、激しい熱や光を伴わなければ、「燃焼」ではなく、ただの「酸化反応」になってしまうのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ポイントは「激しい」ですか…。
う~ん、となるとやはり多少主観的な判断が加わるということでしょうか?

 「鉄・マグネシウム・銅の粉末をステンレス皿で過熱した場合、前2つは燃焼、銅は酸化」
と書いていたことに疑問を感じたのが元々でしたので、聞き方が悪かったかもしれません。

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 23:51

「熱や光を伴った激しい酸化反応」が、燃焼でしょう。


熱と光の両方が必要である、とは思わないですが。

> MgやFeを過熱すると、燃焼して酸化~となる

鉄の固まりをガスコンロなんかで熱すれば、酸化はしますが
燃焼はしないですね。


> Cuを過熱して、酸化銅となっても燃焼とはいわない

銅も酸化反応し易くしてあげれば燃焼しますよ。
やったことはありませんが、細くして、酸素濃度を高く
した中で加熱してあげれば、激しく反応するでしょう。


光も熱も伴わずに燃焼と呼ぶ反応はあるか?

って、ちょっと考えてみたのですが、ダイエット方面で
「脂肪を燃焼させる」って位しか思いつきません。

でも、この燃焼はいわゆる「反応」ってものじゃない
ですよね :-)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 一口に金属を過熱するのにも、条件によってかわってくるということですね。
なるほど、ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 23:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸化銅(II)CuO,銅(I)イオンCu[2+]の( )は何を意味していますか

科学を勉強しはじめたばかりです。酸化、還元の学習で酸化銅(II)などがでてきますがなんのこったかさっぱりわかりません。これが理解できないと先に進めません。どうか易しく教えてください。

Aベストアンサー

遷移金属元素や原子番号の大きい13-16族金属では
複数の酸化数をとります。
酸化数とは、単体(または原子)の状態から何個の電子を失ったか、を表します。

1族・2族ではただ一つの酸化状態のみをとるのでこれを省略します。
しかし、遷移金属元素では複数の酸化状態をとることが多いため、このように区別しているのです。
どうは空気中ではほとんどが2価で酸化銅(II)となっていることが普通です。(窒素中では酸化銅(I)も安定に存在)
また鉄さびには赤さびである酸化鉄(III)と黒さびである酸化鉄(II)鉄(III)という二つが存在します。(酸化鉄(III)は鉄は3つの電子を失った状態、酸化鉄(II)鉄(III)は2個の電子を失った鉄と3個の電子を失った鉄が同じ数だけ混じっています)
この酸化状態を区別するために、(II)だの(III)だのとかきます。
複数ある「酸化鉄」のうち、酸化数をはっきり言うことによって、どの酸化鉄かをはっきりさせることが出来ます。

QCu,Fe,Mg,粉末の燃焼

Cu,Fe,Mg,の粉末の燃焼前の変化と、燃焼後の変化が解りません。
教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2Cu+O2→2CuO(黒色)
更に燃焼すると
4Cuo→2CuO2+O2(赤色)になります。

3Fe+2O2→Fe3O4 (黒さび)

2Mg+O2→2MgO

左側が燃焼前で、矢印の右側が燃焼後です。

こんな感じでよかったのかな。参考に

QZn,Cu,Fe,Ag,Mg,Auのうち、塩酸や希

Zn,Cu,Fe,Ag,Mg,Auのうち、塩酸や希硫酸には溶けないが、硝酸には溶けるものはどれか。
という問題があります。
問題には答えだけしかなくて、理由がよくわかりません。
どなたか解説していただけないでしょうか?
丁寧な解説お待ちしております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イオン化傾向は以下の通りです。
(1)Mg>Zn>Fe>(2)Cu>Ag>(3)Au

(1)のグループはHよりもイオン化傾向が大きいので、酸(H+を放出)に溶けます。
(2)はイオン化傾向がHよりも小さく通常の酸には溶けませんが、
希硝酸、濃硝酸、熱濃硫酸という酸化力の強い酸には酸化されて溶けます。
(3)のグループはイオン化傾向が非常に小さく王水にしか溶けません。

Q鉄(Fe)や銅(Cu)などの色について

中学2年です。
えっと、タイトル通りなのですが、以下のものを教えてください。

鉄、銀、銅の色とこれら3つがそれぞれ酸化した時の色、また、これら3つが硫黄と化合した時の色、最後にこれら3つが塩素と化合した時の色、それぞれ教えてください。

自分で調べてみたのですが、よくわかりませんでした……

友達に銀は何色かという質問をされたので、銀色と答えると違うわと笑われてしまいました……その子いわく白らしいのですが、それは本当ですか!??

近いうちに定期テストがあるので急いでいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先に、銀の色のほうをいいますね。昔の日本では、銀は「しろがね」(白銀)と言っていたので、「金属の中では白い部類」というイメージがあった、というだけなのです。

たしかに、金属光沢(メタリック)以外に色の特徴がないので、そういう意味では「単なるメタリック」なんですけどね。そういうそれ以上の「色」がないのも「白銀」と言われた理由かもしれません。

さて、ここからが化学。

鉄が酸化したものはサビですが、赤サビと黒サビがあるので、答えは1つではありません。
銀が酸化すると、銀食器や銀アクセサリーのように黒くなります。
銅が酸化したものは、ちょっとややこしくて、黒になったあと、10円玉でときどきみる緑のやつ(緑青)もあるので、これも答えは1つではありません。

などなど、結構、いろいろな色になるので、「酸化○」「硫化○」「塩化○」とそれぞれの金属で検索してみたほうが、自分の目で見た目がわかっていいと思いますよ。

酸化 OR 硫化 OR 塩化 鉄 OR 銀 OR 銅 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=%E9%85%B8%E5%8C%96+OR+%E7%A1%AB%E5%8C%96+OR+%E5%A1%A9%E5%8C%96+%E9%89%84+OR+%E9%8A%80+OR+%E9%8A%85

酸化鉄でも (II) とか (III) とかあるのが、赤サビだったり黒サビだったりという、酸素の数で大違いの物質になる、という区別をしている例です。

先に、銀の色のほうをいいますね。昔の日本では、銀は「しろがね」(白銀)と言っていたので、「金属の中では白い部類」というイメージがあった、というだけなのです。

たしかに、金属光沢(メタリック)以外に色の特徴がないので、そういう意味では「単なるメタリック」なんですけどね。そういうそれ以上の「色」がないのも「白銀」と言われた理由かもしれません。

さて、ここからが化学。

鉄が酸化したものはサビですが、赤サビと黒サビがあるので、答えは1つではありません。
銀が酸化すると、銀食器や銀アク...続きを読む

QCuFeS2のFeとCuの酸化数について

CuFeS2のFeとCuの酸化数を教えてください!

Aベストアンサー

Feを13族元素に置換えた CuAlS2, CuGaS2, CuInS2 や、CuをAgに置換えた AgFeS2 などは CuFeS2 と同じカルコパイライト構造をとります。これらの物質では、Al^3+、Ga^3+、In^3+、Ag^1+ であることは明らかです。ですので、「同じ環境にあるから同じ酸化数をとる」と考えるのはよくないです。

構造から考えると、Fe^3+とCu^1+はそれぞれFe^2+とCu^2+よりも4面体4配位を好む傾向があるので、むしろ Fe^3+、Cu^1+ なんじゃないかなと私は思います。

また、もしCu^2+ならば、銅イオンは不対電子を一つ持つはずなのですけど、CuFeS2結晶中の不対電子はほとんど鉄イオンに局在していて、銅イオンはほとんど不対電子を持たないことが中性子回折実験から分かっています。このことからも、Cu^2+と考えるよりもCu^1+と考えた方が良いように思います。

しかし、参考URLの論文には、
Nevertheless the oxidation state of CuFeS2 is still a matter of controversy.
と書いてありました。

Cu(I)Fe(III)なのかCu(II)Fe(II)なのかは、まだ決着がついていないようです。

参考URL:http://dx.doi.org/10.1002/pssa.200881196

Feを13族元素に置換えた CuAlS2, CuGaS2, CuInS2 や、CuをAgに置換えた AgFeS2 などは CuFeS2 と同じカルコパイライト構造をとります。これらの物質では、Al^3+、Ga^3+、In^3+、Ag^1+ であることは明らかです。ですので、「同じ環境にあるから同じ酸化数をとる」と考えるのはよくないです。

構造から考えると、Fe^3+とCu^1+はそれぞれFe^2+とCu^2+よりも4面体4配位を好む傾向があるので、むしろ Fe^3+、Cu^1+ なんじゃないかなと私は思います。

また、もしCu^2+ならば、銅イオンは不対電子を一つ持つはずな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報