出産前後の痔にはご注意!

市街化調整区域で飲食店その他を経営された方に質問したいのですが、
調整区域内で開業された時に困ったこととかは何かありますか??

私は現在開業準備中で、候補地が調整区域内に既存のテナント(倉庫・事務所申請の物件)なのですが、開業後に何か困ったことが起こるのではないかと思い、投稿しました。

※【実際は飲食店の開業は出来ないのですが、既存テナントであるということと、物販での認可は下りている物件であるということなどで強行的にすすめようかと思っています・・。(そういった話もよく聞くので)】

商業地での開業に比べ、『実際になにか困ったことがあった』ということがあれば教えてください。
また、その逆に『やって良かった』『やってみたら心配したほどではなかった』ということがあればそちらも教えてください・・。

若い質問ですみません。なんでもいいので宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 その地域の事情や、その時々のケースによって対応は異なりますね。



 全体的な傾向としては、どちらかと言うと、
<たとえば 「地元商工会に入れなかった」ですとか、「地域の祭りに参加できなかった」とか>いうよりも、商工会に入らなかったり、地域のお祭りに参加しなかったり、商工会の中でもめごとがあった時などに、きちんと許可を取ってないことをネタに、問題が大きくなるケースが普通ですね。

 許可を取らないと、いざ問題が起きた時に、解決の方法・手段がケース=バイ=ケースとなってしまうことがとても多くなるということです。
 その地域に住んでおらず、自治体の過去の対応例が分からない以上、残念ながら、確定的なことは何も言えません。
 
 どんな問題が起きても、最終的に自分の責任で対処すると覚悟を決めるか、きちんと手続きをするか、どちらかですね。

 私は、許可をもらう手続き代行の有資格者なので、立場上きちんと許可を取ってくださいと、言うしかないですね。^^;;;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどなるほど。
今回もご回答頂き 有難う御座います。
大変解りやすくご教授いただきましたので 
よく理解することが出来ました。

sudacyu様 から教えていただいたことを参考に
今後の方針を決めたいと思います。

本当に大変参考になりました。
また何か解らないことがありましたら
ご教授下さいますよう 宜しくお願い致します。 

お礼日時:2009/10/21 00:28

 建物が存在していても、建物を使用する用途を変更する場合には、正式には用途変更の許可が要ります。



 この用途変更の許可なしに、建物の用途を変えて使っている人は大勢いますが、行政指導止まりで起訴されるようなことはほとんどありません。

 ただし、火事などを起こして客に怪我人が出たりすれば、大変面倒なことになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

sudacyu様
再びの回答  本当に感謝します。

そうなんです。
その「変更の許可なしに使っている」方々が
たくさんいらっしゃるというのを お聞きして、

そういった方々に 何か
 『「実際に起こった(起こっている)困りごと」
はどんなことだろう?』 とお聞きしたくて。

たとえば 「地元商工会に入れなかった」ですとか
「地域の祭りに参加できなかった」とか「ゴミ収集が来ない」
「営業時間に制約をつけられる」とか...

以前、『下水道の整備がまだの地域では、変換の工事が
「商業・住宅」地域よりも後回しになる』 といった事を耳に挟んだもので。他にもイロイロあるのかなと思いました。

あと、行政指導をされるとどうなるのでしょうか?
「営業停止」なんてことになるのでしょうか?
繰り返し質問してしまい 申し訳ないです。

お礼日時:2009/10/20 12:34

 開業した者ではなく、その為の許可申請などを代行しているものですが。



 市街化調整区域であっても、沿道サービスなどの場合、許可が受けられます。
 たとえば、主要県道や国道に面した土地の場合、市街化調整区域であっても、コンビニや喫茶店、ガソリンスタンドなど、移動する人たちの利便のための施設は許可されます。

 尚、市街化調整区域に店舗を建てる場合、沿道サービス以外で経営が成り立つようなケースはほとんどありません。(沿道サービスでも、かなり経営が苦しいところが多いですよ。)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

sudacyu様
ご丁寧に回答有難うございます。
私の場合、飲食店なので しかも県道から枝分かれた物件ですので
(300m程ですが)中々キビシイということなのでしょうね。
ただ、建物自体は現存しているので、、、どうなのでしょう???
とにかく 余程の体力を必要としそうですね。
有難うございました。

お礼日時:2009/10/19 23:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都市計画法第43条違反だと呼出が来ました。

都市計画法第43条違反だと呼出が来ました。

昨日、役所より上記に関して事情聴取を行いたいので来庁するようにと呼出通知書が配達証明で送られてきました。

物件は市街化調整区域に建っており2年ほど未入居で、市からやっと販売の許可が出たということで3棟のうちの1棟を購入しました。
引っ越して3ヶ月ほど経ちます。

市街化調整区域は色々な条件があると言う事で、後々困らないように契約の際、第三者の方に書類のチェックと住宅ローンの審査に大手銀行が3週間ほど徹底的に調査しましたが、問題ないとのことで購入できました。
購入してから電動シャッターを取り付けただけで他に改築などはしておりません。

現在、仲介業者が設計事務所や売主の不動産屋と確認作業をしているとのことです。(私から役所にはまだ確認しておりません)
昨日の今日でまだ何も状況がわからなく、心配で仕方ありません。

いったい何が原因だと考えられるのでしょうか?
このまま住めなくなってしまう可能性はあるのでしょうか?
ペナルティーなどはあるのでしょうか?

お詳しい方、経験のある方アドバイスや対処法などありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

都市計画法第43条違反だと呼出が来ました。

昨日、役所より上記に関して事情聴取を行いたいので来庁するようにと呼出通知書が配達証明で送られてきました。

物件は市街化調整区域に建っており2年ほど未入居で、市からやっと販売の許可が出たということで3棟のうちの1棟を購入しました。
引っ越して3ヶ月ほど経ちます。

市街化調整区域は色々な条件があると言う事で、後々困らないように契約の際、第三者の方に書類のチェックと住宅ローンの審査に大手銀行が3週間ほど徹底的に調査しましたが、問題ないとのこと...続きを読む

Aベストアンサー

今時まったくもって不思議な状態ですね。
開発の要件はたくさんあるのでここで限定はできません。
条件を整理してみます。
銀行はOK→詳細内容まで見れないと思いますが書類は揃っていたということ。
2年で市の許可がでた→建売不可の土地だったかもしれませんね。それで自己用の住宅として(社長などの個人名?)開発を出したのかもしれません。
考えられることは
(1)開発許可を受けていない←これは書類チェックしたようなのでほぼ考えられません。
(2)開発許可の検査済証を受けてない←設計が違うかもしれないし、手続き忘れかもしれませんがこれを受けてないとすると建築確認申請の検査済証もとってない可能性があります。
(3)開発許可に何らかのズルがある。←これは悪意がなきゃできないでしょうが1棟の許可で地番が同じ○○の一部なんて時は同じ設計で流用する可能性があると考えました。もしこれだと全くの違法です。
(4)2年前というと法改正H19.11.30施行というのがあります。これに関する可能性もあるかもしれません。
と考えてみましたが全く条件不足で本当はどうだかは結果はわかりませんよ。

ペナルティーは43条違反は50万以下の罰金です。取り壊しは無いかもしれませんが最悪の状況は住めない可能性もありますのでそういう場合は契約不履行になるでしょう。あなたが払う必要になるかどうかそこまでことが大きくなるかどうかもわかりません。

が、起因者はあなたではないので恐れることはありません。
役所言葉で出頭と使いますが別にすぐ逮捕されるわけでもありません。
電話して何日に行きたいといえば約束をとってくれるでしょうし、その時建築士などを連れていくべきか聞けばよいでしょう。
建築の違反者の代理で役所にいったことがありますが、(法人)個人の場合は建築士などと一緒にいかれたほうが安心かとは思います。信用できるなら建築に携わった建築士を連れていくのもいいですが悪意がありそうならお勧めしません。もちろん同行者をつけるなどなくても、まずはとりあえずわからないなりに役所に行くのがいいでしょう。役所で今後どうしたらいいのか言ってくれるはずです。私の時には1か月くらいの内に対応を決めて報告してくださいと言われました。その時は是正工事を建築士監理のもとに行いました。罰金はなしでした。
怖くはありませんので心の準備をして早めに電話してから行きましょう。

今時まったくもって不思議な状態ですね。
開発の要件はたくさんあるのでここで限定はできません。
条件を整理してみます。
銀行はOK→詳細内容まで見れないと思いますが書類は揃っていたということ。
2年で市の許可がでた→建売不可の土地だったかもしれませんね。それで自己用の住宅として(社長などの個人名?)開発を出したのかもしれません。
考えられることは
(1)開発許可を受けていない←これは書類チェックしたようなのでほぼ考えられません。
(2)開発許可の検査済証を受けてない←設計が違うかもしれないし...続きを読む

Q壊さないといけないのでしょうか?

お世話になります。
10年位前に市街化調整区域に土地を購入いたしました。そしてそこにプレハブを建てて(約30坪)家が小さいため倉庫として使用していました、一ヶ月くらい前に、隣の人が、家らしき基礎を造り始めました、そうしましたら、市役所から電話で、近所からの通報で、市街化調整区域に建物を建てている人がいるので取り締まって欲しいとの事で、隣の人の建築は止めさせましたが、貴方のも違法なので取り壊しになると思いますと、告げられました、本当に取り壊さないといけないのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「市街化調整区域に建物の建築はダメ」といったら、身も蓋もないので、質問者さんがプレハブ倉庫を現状維持できる“可能性”を検討してみたいと思います。
下記の提案の中で、可能性があると思われたら試して下さい。いずれも合法的な対応です(市との交渉成功の可能性についてまで保証しませんが…)。

1.さて、都市計画法43条に、市街化調整区域において知事の許可が不要でも建てられる場合が列挙されています。そのうち、4号と6号の規定が「プレハブ倉庫」に該当しないかという可能性を検討してみて下さい。

都市計画法43条
4号.仮設建築物の新築
6号.通常の管理行為、軽易な行為その他の行為で政令で定めるもの

ここでいう「仮設建築物」は、例えば工事現場の仮設建物をいうものと思うのですが、質問者さんの「プレハブ倉庫」も同様の建物に該当しませんか。
なぜ、「プレハブ倉庫」は、10年間も通報がなかったのに、隣地では建物の基礎だけで通報されたのでしょうか。おそらく、近所の方にとって、「プレハブ倉庫」は仮設建築物と同等と思われていたと推察されます。
住宅と簡易な倉庫では、法規制も全然違うと思います(隣地で建築差し止めされたことに、何ら遠慮する必要はありません)。

 「政令で定めるもの」というのは、「既存の建築物の敷地内において行う車庫、物置その他これらに類する附属建築物の建築」または「主として当該建築物の周辺の市街化調整区域内に居住している者の日常生活のため必要な物品の販売、加工、修理等の業務を営む店舗、事業場その他これらの業務の用に供する建築物で、その延べ面積が50平方メートル以内のものの新築で、当該市街化調整区域内に居住している者が自ら当該業務を営むために行うもの」などをいいます(都市計画法施行令35条)。
「プレハブ倉庫」は、これらの条件に該当しませんか。

質問者さんがお住まいの市は、建築主事という資格者がいる市だと思いますので、市の建築指導課で交渉してみて下さい。

2.課税面からの対応について。「プレハブ倉庫」の敷地は、宅地として固定資産税が課税されていませんか。
 「宅地」というのは、「建物の敷地及びその維持もしくは効用をはたすために必要な土地をいう(不動産登記事務取扱手続準則117条)」のですが、市の資産税課が「宅地」として課税していれば、市の資産税課は「建物の敷地」としての資産価値を認めたことになります。

 さて、ここで矛盾が生じます。市の資産税課は「建物の敷地」として課税し、市の建築指導課は「建物を取り壊せ」という。

 固定資産税評価証明書を見せて、「今まで宅地として課税してきたのだから、市も建物の敷地であることを認めている」と、市の建築指導課に言ってみて下さい。それでも、市の建築指導課が強硬なら「固定資産税を雑種地並みに下げて(宅地の半分以下に)、過去10年間に遡って利息を付けて還付せよ」と主張してみて下さい。

 固定資産税の評価はあまりにもミスが多いので、地方税法の定める5年間還付ではなく、条例で10年間還付をすることが、市町村の実務では主流になっています(下記、参考URLに新潟市の条例HPを貼っておきます)。

参考URL:http://www.city.niigata.niigata.jp/youkou/honbun/135.PDF

「市街化調整区域に建物の建築はダメ」といったら、身も蓋もないので、質問者さんがプレハブ倉庫を現状維持できる“可能性”を検討してみたいと思います。
下記の提案の中で、可能性があると思われたら試して下さい。いずれも合法的な対応です(市との交渉成功の可能性についてまで保証しませんが…)。

1.さて、都市計画法43条に、市街化調整区域において知事の許可が不要でも建てられる場合が列挙されています。そのうち、4号と6号の規定が「プレハブ倉庫」に該当しないかという可能性を検討してみて下...続きを読む

Q市街化調整区域について

市街化調整区域に、住宅兼店舗(トリミングサロン)を建設したいのですが、出来ますか?

Aベストアンサー

http://allabout.co.jp/gm/gc/25771/
を読む限り「可能性はゼロではないが、限りなくゼロ」だと思います。

貴方が「兼業農家」になって、農家とトリミングサロンの両方を仕事にすれば、可能性がかなり上がります。

なお「庭にリンゴの木など、実の生る木が一本あれば農家」なので、兼業農家になるのは簡単です。

Q店舗併用住宅の制限

設計会社勤務をしているのですが
現在、市街化調整区域の既存店舗併用住宅(木造2階建て)の建て替えを検討している物件で
市の都市計画課と協議をいていたのですが
市の担当者に「併用の場合の階段は内部階段でなくてはならない。」
と言われました。
会社に戻って基準法、市の開発行為審査等を見直したのですが
特にそういった文言が見当たりません。
本当に店舗併用住宅の場合は内部階段しか設置出来ないのでしょうか?

協議をしていたのは栃木県宇都宮市です。

お客様の希望で外階段を計画していたのですが
また、いちからプランニングのやり直しでしょうか・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

住宅と店舗が一体になった建物には、兼用住宅と併用住宅があります
兼用住宅とは、住宅と店舗が内部で行き来できて機能的・構造的に一体になった建物です
併用住宅とは、住宅と店舗が内部で行き来できない建物です

「内部階段でなくてはならない」ということは、用途地域は第一種低層住宅専用地域ですか
建築基準法施行令第130条の3(第一種低層住宅専用地域内に建築できる兼用住宅)があって
兼用住宅なので
>住居部分と非住居部分とが内部で往来でき、構造的にも機能的にも一体となって
用途的に分離しがたいもの・・・・・と、なっているようです
用途地域によって制限があるようで、非住宅部分の用途制限もあるようです
参考資料(建物の制限~横浜市)
http://www.city.yokohama.lg.jp/toshi/ken-kyoutei/ren-kyou/unei-tebiki/hourei1.pdf
Wiki(第一種低層住宅専用地域)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E7%A8%AE%E4%BD%8E%E5%B1%A4%E4%BD%8F%E5%B1%85%E5%B0%82%E7%94%A8%E5%9C%B0%E5%9F%9F

住宅と店舗が一体になった建物には、兼用住宅と併用住宅があります
兼用住宅とは、住宅と店舗が内部で行き来できて機能的・構造的に一体になった建物です
併用住宅とは、住宅と店舗が内部で行き来できない建物です

「内部階段でなくてはならない」ということは、用途地域は第一種低層住宅専用地域ですか
建築基準法施行令第130条の3(第一種低層住宅専用地域内に建築できる兼用住宅)があって
兼用住宅なので
>住居部分と非住居部分とが内部で往来でき、構造的にも機能的にも一体となって
用途的に分離しが...続きを読む

Q沿道サービス業とは?

すごく気に入った土地があるのですが、
農家資格または、沿道サービス業でないと
購入できないそうです。
沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?
詳しく教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_2.htm
都市計画法の34-8
(8) 道路の円滑な交通を確保するために適切な位置に設けられる給油所・ドライブイン等の施設。(9号)

基本的に
敷地が500m2以上

ドライブイン=飲食店
と覚えましょう。

500m2以下は
34-1で対応できます。

(1) 日常生活上必要な物品の販売、加工、修理を営むための店舗等の施設及び公益上必要な建築物

うちの県基準で
34-1の業種一覧です。

店舗等の用途は、別表に掲げるものとする。
http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/34-1beppyou.html

>沿道サービス業にはどんな種類があるのでしょうか?

あなたが言う
沿道サービスとは
34-1のことで
専門家が言う
沿道サービスとは
34-8のと
根本的に違います。

Q沿道サービスについて。

沿道サービスと言うものがあります。文字通り沿道で行うサービス業ですが、ガソリンスタンドやコンビニも含まれるのでしょうか?当方自動車の販売、修理業を営むつもりです。所有の田んぼの横を県道が走る事になり、沿道サービスの適応は受けられるようです。ところでこの【沿道サービス】ですが、一体何時の時点からなのでしょうか?市役所に聞きましたが判然としません。要は県道が全面的に完成した時点なのか、それとも一部区間(極端な例ですと、工場の前)開通時点なのか、それともいずれ県道は完成するので、今の時点でも良いのかどうかと言う事ですが、聞いてますとどうも法律のようなものでも無さそうで、役所から現時点で答えはありません。明日になればわかりませんが、条例のようなものなのでしょうか?それとも許可が要る事は要るが、単にこれと言った定義はないのでしょうか(これもおかしいですが)。ご存知の方、居られましたらお願いします。ひょっとして元から市役所の範疇では無かった話でしょうか?農業委員会やら色々言われましたが?

Aベストアンサー

>市役所に聞きましたが判然としません。

県道であれば、県に聞くこと。

>要は県道が全面的に完成した時点なのか、それとも一部区間

基本、供用開始時期が決まっていれば
県の道路担当部局と許認可部局が相談し決めます。
ただし、この34-1基準であれば
34-9みたいな通過交通は必要がないので
道路は順次築造されるから
使用できるようになる時期
※道路工事の完成時期、通常は年度末以降で良いかと思われる。

Q第1種低層住居専用地域に飲食店は建築可能?

用途地域について質問があります。

先日、都市計画として『第1種低層住居専用地域』の一画の土地の契約を行いました。
その際、仲介業者に「別の土地(隣や裏)の売れ行きはどうですか?」と尋ねたところ、「いくつか話はきています。飲食店とかもきてますが、焼肉屋・焼き鳥屋などは(煙や匂いがきついので)断ってますが…」と話していました。
また、「飲食店と聞いてて、その後焼肉屋としてオープンした場合は、自分たち(仲介業者)としてはなんともできませんが…」とも話していました。

もちろん、焼肉屋など隣というのはかなりつらいのですが、そもそも『第1種低層住居専用地域』に飲食店の建築・開業は可能なのでしょうか?

ご存知の方、ご教授ください。

Aベストアンサー

「第1種低層住居専用地域」にアパートを持っています

同住宅地には寿司屋やお好み焼き屋・電器店等の店舗付き住宅は問題なく存在しています

「店舗付き住宅」と言う制限は有りますが、「飲食店」などの区別は無いようです

ただ臭い・煙などは別問題なので苦情対策に苦労するでしょうね

Q市街化調整区域に建築

現在、店舗付の住宅の新築を検討しており、そのために土地を探していますが、先日私の父より知り合いの土地を紹介されました。
土地は市街化調整区域で現在は畑になっています。
父の話では、知り合いより分家(知り合いの家族の方名義)で土地を購入し、数年後に名義を変更してもらえば良いのではと言っていましたが、それは可能なのでしょうか?
他人の名義でというところも不安ですが、個人同士での売買を素人だけで行うことがあまりに不安で、いくつか教えていただきたく質問いたしました。

1.分家で土地を購入(?)すると建物も知り合いの家族名義になるのでしょうか?

2.名義変更は何年後に出来るのでしょうか?また、名義変更はいくらかの手数料だけで済むのでしょうか?

3.畑となっている土地にすんなり建物を建てられるのでしょうか?
  区画整理(?)、用途変更(?)をしないといけないのでしょうか?
  建物を建てるまでに掛かる金額と期間がざっくり判る方居られましたら教えて下さい。

4.店舗付住宅として建物は建つのでしょうか?昨年11月で市街化調整区域での店舗付住宅の建築はできなくなったと思いますが、制限付(例えば市街化区域の第一種低層住宅であれば1/2以上が住居で且つ店舗面積が50平米以内という制限)での建築は出来るのでしょうか?

まとまりのない質問で判りにくいかと思いますが、ご回答よろしくお願いいたします。

現在、店舗付の住宅の新築を検討しており、そのために土地を探していますが、先日私の父より知り合いの土地を紹介されました。
土地は市街化調整区域で現在は畑になっています。
父の話では、知り合いより分家(知り合いの家族の方名義)で土地を購入し、数年後に名義を変更してもらえば良いのではと言っていましたが、それは可能なのでしょうか?
他人の名義でというところも不安ですが、個人同士での売買を素人だけで行うことがあまりに不安で、いくつか教えていただきたく質問いたしました。

1.分家で...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問のなかで、相当お勉強されているようですが、一番確実な方法として、まずやるべきは、市役所の開発指導課などを訪ねてください。そして、自分が希望する家が建つかどうかを確認してください。まずはそれからです。各県によって、都市計画法の運用基準が違いますので、許可する人に聞くべきです。
このときに、1号店舗の許可などをよく聞いてください。

分家住宅で許可を取った場合のデメリットを記入しておきます。
1.銀行ローンが非常に厳しい
2.第3者へ販売するとき、非常に安い価格になってしまう。
3.用途違反住宅にお住まいになるので、役所の許可が今後必要な場合、下りなくなってしまう場合がある。
4.火災などの時に建て替えが事実上難しい。

分家住宅でも適法な許可での住宅でもかかる費用は、同じです。
開発許可
農地法許可
分筆測量費用
土地改良区脱退金
水道工事
排水工事
造成工事
ここまでで、100坪として、200万円以上はかかるでしょう。
期間は、農辰地域以外の場合、申請から3ヶ月以上かかります。

その後は、市街化区域と同じです。
建築許可
着工
完成

>1.分家で土地を購入(?)すると建物も知り合いの家族名義になるのでしょうか?
建物完成後、登記名義人は、本人にできます。もちろん、土地も宅地に変わりますので、土地建物両方本人名義での登記が可能です。

>2.名義変更は何年後に出来るのでしょうか?また、名義変更はいくらかの手数料だけで済むのでしょうか?
1の回答通り、名義変更は、建物完成後すぐにできます。建物保存登記後、移転登記を行いますので、通常より一回多いだけです。住宅ローンがなければ、建物評価額×2%(軽減を受ければ0.3%)+司法書士の手数料(3~5万円)くらいです。

>4.店舗付住宅として建物は建つのでしょうか?昨年11月で市街化調整区域での店舗付住宅の建築はできなくなったと思いますが、制限付(例えば市街化区域の第一種低層住宅であれば1/2以上が住居で且つ店舗面積が50平米以内という制限)での建築は出来るのでしょうか?

店舗として許可をとるためには、開発許可基準に合致していなければなりません。その中で店舗付き住宅となれば、1号店舗と呼ばれるものが最も適すると思います。例えば、農村部にも必要な日用雑貨や飲食店などかなり具体的に店舗の用途が決まっています。その中にご希望のものがあるかどうかを確認してください。この場合、本人名義で許可が下りますので、分家申請のデメリットは、かなり軽減できます。

ご質問のなかで、相当お勉強されているようですが、一番確実な方法として、まずやるべきは、市役所の開発指導課などを訪ねてください。そして、自分が希望する家が建つかどうかを確認してください。まずはそれからです。各県によって、都市計画法の運用基準が違いますので、許可する人に聞くべきです。
このときに、1号店舗の許可などをよく聞いてください。

分家住宅で許可を取った場合のデメリットを記入しておきます。
1.銀行ローンが非常に厳しい
2.第3者へ販売するとき、非常に安い価格になって...続きを読む

Q市街化調整区域の地目畑の土地に勝手に店舗

私の実家の敷地内には店舗兼住宅とそれとはまた別個に店舗が一棟建っています。
現在その別個の店舗一棟をテナントとして他人に貸し出している状態です。
土地も建物もすべて私の親の名義です。

たまたま親の固定資産税の支払いの用紙を見る機会があり
それを見たところ、店舗兼住宅部分はきちんと宅地になっていて
その部分は建物も土地も適正に税金を支払っているようなのですが
店舗兼住宅が建っている部分以外の土地は、全て畑の地目になっており
なおかつ別個の店舗の分の固定資産税は記載されておりませんでした。
つまり、本当は畑であるはずの場所に無許可で勝手に店舗を建てている状態のようなのです。
しかも市街化調整区域にです。

私は青くなって親に状況を訪ねてみたところ
30年ほど前、今の別個の店舗が建っている部分に
車庫を無許可で作り、今から12年ほど前にその車庫を無許可で店舗に改装したようなのです。
大変なド田舎で、誰も何も言わなかったようでここまで来たようなのですが
違法建築だし脱税だし、このままではマズイと思うのですが
どうしたらいいか分かりません。

素直に市役所に申し出ようものなら
別個の店舗を取り壊す羽目になると思います。

どうにか、この状態から店舗を正規の建築物にして
きちんと納税して、安心して過ごしたいと思うのですが
そういった方法はありますでしょうか?

私の実家の敷地内には店舗兼住宅とそれとはまた別個に店舗が一棟建っています。
現在その別個の店舗一棟をテナントとして他人に貸し出している状態です。
土地も建物もすべて私の親の名義です。

たまたま親の固定資産税の支払いの用紙を見る機会があり
それを見たところ、店舗兼住宅部分はきちんと宅地になっていて
その部分は建物も土地も適正に税金を支払っているようなのですが
店舗兼住宅が建っている部分以外の土地は、全て畑の地目になっており
なおかつ別個の店舗の分の固定資産税は記載されておりません...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
無理です、手はありません。田舎であれば市役所や役場は、建築許可に関する権限がなく、あくまで土木事務所の管轄ですから、おそらく役場などの建築担当課が事実を知っていたとしても、知らん振りしている状況でしょう。
この手続きは先に、地目の変更手続きから行なわねばならず、既に無許可で宅地化している農地の転用許可がまず降りませんから。

固定資産税は過去5年間までしか請求されません(請求時効)ので、これは発覚したら5年分支払うしかない。固定資産税の課税と違法建築の指導とは、関係がありません。

解体するか?このまま黙って過ごすか?しかありません。
田舎の調整だと、居宅は許可を取得し建てていますが、納屋や作業小屋など確認を要す規模でも無許可で建てている様な事例が多いですね。

親の土地建物なのですから、親に任せましょう。尚何か指導など(建築、税務両方)があっても懲罰はありません。壊してくださいと指導を受けるか?5年分の固定資産税を延滞金を付して納税するだけです。

Q浄化槽保守点検料金と清掃料金の妥当性

2年半前に新築した際、町からの補助金をもらい割と高額な浄化槽を設置しました。何でも淡水魚が飼えるほど綺麗な水になるということを聞いたのですが・・・。それは5人槽で4人家族使用しています。その後2,3カ月おきに郵便受けに放り込まれている請求書は税込みで¥3675です。その金額が正当性あるものなのかその点検が確実に行われているのか常に私たち家族は留守なのでわかりません。今回、汚泥が溜まっている為清掃してくださいと言われました。料金表は嫌気式濾床方式で税込み¥24097です。これらの料金は住んでいるところによっても違うのだろうと思いますが近所の人に聞いたところで地元の人ばかり・・・・・・それが当然と思っている人だと思います。できればいろいろなところの方や詳しい方にお話を伺えたらと思います。また清掃とはどれくらいのサイクルで行わなければならないのでしょうか? 私たちは家にいるのは夕方以降、早朝までです。週末もあまりいません。

Aベストアンサー

こんばんは、状況にもよりますが町からの補助をもらった場合には1年に一度の水質協会の浄化槽の点検が必要になります。それに伴ない浄化槽の性能を最大限に生かせるように10人以下の合併浄化槽であれば(年間4回)、浄化槽管理者による管理が必要になります。この場合管理業者との年間契約を結ばなくてはいけなくなります。おおよそ2万円前後ではないでしょうか。その費用に保守点検をした際に消毒が足りなければ補充しますし、洗剤等を使いすぎていて泡が出すぎているようであれば泡を消す薬品を使用します。それは年間契約料とは別に請求されると思います。
清掃ですが基本的には年に一度の清掃が決められていますが、使用頻度によって変わりますので、管理者の判断になってきます。中には悪徳な管理者もいると思いますので
一度管理業者に連絡をして立ち会って見ても良いのではないのでしょうか?ところで契約はどのようにしたのでしょうか?


人気Q&Aランキング