ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

現在隣に5階建ての立体駐車場建設中で我家の窓から10mの近さに屋外避難階段を目下工事中です。着工前に目隠しを要望しましたが、「消防法で2面開放の条件があり、この階段の建物本体に接している2面は壁付きなので、残る2面の内一つに目隠しを付けると、この規定に触れるので、植木で対処する」との回答。また「国交省に認定を貰った建物なので、設計変更は無理」とも言っています。施主は誠意をもって対応してくれており、工事中にあれこれ言っても難しいだろうと思うので、5ヶ月後の完成を待って問題点を双方が確認してから対応策を協議するしかないかと思いますが、以下の点についてアドバイスを頂けないでしょうか?

1)よろい戸式の目隠しなら開放と見なされないでしょうか?
2)どの程度の開口面積があれば開放と見なされるのでしょうか?
目隠しの面積を抑えて対応できないものかと思いますので。
3)小規模な追加工事なら認定、監査の範囲内と見なされることもあると思いますが、目隠し工事をその範囲内に収めることは可能でしょうか?
4)避難階段の壁2面の内一つの壁を除去すればその面は、相手は立体駐車場で開口部の大きい空間だから、開放と見なされるのではないでしょうか?そうすれば目隠しを付けても2面開放は確保できる筈。
5)我家だけでなく付近の住民は排気ガス、騒音、ヘッドライトの漏れ等目隠し以外にも懸念を持っています。国交省の認定や消防署の監査を受けているとはいえ、完成後付近住民にとって大きな問題点がある場合は、再認定や再監査を受けて追加工事をすることもできるのではと思いますが、実際問題としてどうなのでしょうか?

アドバイスを頂きたいと思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

非常に高度で複雑な問題ですね。


(正確には認定の内容によるのですが)

まず 4)について
建物側の階段の開放をカウントすることは無理だと思います。(排煙を建物側にとることになり本末転倒です)

2)について
階段を上から見て「周長の1/2以上が開放された状態」が必要だと思います。
つまり、2辺が建物に面している場合は他の2辺には壁等は一切設置できないと思います(手すり壁なら可)。

1)について
以上を踏まえて考えると、外周側の2辺に開放性を損なわない目隠しを設置するしかありませんが、認定の内容と少しでも違えばアウトという原則論もあります。
ただし、近隣対応等については、交渉次第で役所や消防もある程度 目をつぶって対応してくれそうな気もします。ただ先方では積極的に交渉はしてくれないだろうと思います(コストアップになるだけなので)。
知り合いの建築士などがいれば、交渉できそうな案をスケッチしてもらって、それで先方に交渉してもらうと良いのですが。
例えば、目線の高さまで、排煙の支障にならないような上向きの横ルーバーを設置するなど(結構コストかかります)。
先方の言うように植栽で目隠しも一つの手です。ただし、5階建てというのが難なので、ワイヤーを張って“つた”を這わすとか。

3)5)について
最近の法令遵守の流れを考えると検査後の工事はなかなか困難です。やるとすれば、先方の責任で「やってもらう」しかないのですが。
竣工後であれ、専門家が入って、行政と調整を取ってやるのがベストだと思います。

「完成を待って問題点を双方が確認してから」ということですが、完成後に手を加えるのはいろいろと手間がかかります。先方の使用開始の予定もあるでしょうし。できれば、工事中にけりをつけることをお勧めしますが、少なくとも「工事後に手を加える」ことの言質は十分に取っておく必要があると思います。

以上が質問の回答ですが、私個人としては、
建築までの(近隣説明などの)経緯がどうなっていたか分かりませんが、
そもそも法令との整合性をあなたが検討する問題ではなく、「理由はなんでもいいからプライバシーを取ってくれ」というのが、一般的なスタンスだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素人にもわかり易く詳しい回答を頂き大変参考になりました。完成後より工事中から遠慮せずに交渉すべきですね。「工事後に手を加える」ことの言質も参考になりました。「近隣対応等については、交渉次第で役所や消防もある程度目をつぶって対応してくれそうな気もします」とのコメントも今後の交渉での心のよりどころになります。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/28 08:45

雪国の立体駐車場には、開放面に「防雪ネット」というものがあります。



視界を大きく遮るものではないのですが。少しは精神的に役にたつと思います。建主に提案してみてはいかがでしょうか。

下記の一番下にある、雪国の立体駐車場で設置されている、「防雪ネット」です。
(設置方法は各行政の指導により異なるようです。)

http://www.yuuken.co.jp/shouhin/tasetu/index.html

詳細

http://www.ishikari-tent.com/bousetsunet.html

参考までに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このような物があることは知りませんでした。選択肢の一つとして検討したいと思います。
有益な情報をありがとうございました。

お礼日時:2009/10/31 14:05

 建築基準法や消防法など複雑に絡んでいます。

ちょっと変更が、大げさになりかねないのです。
 消防法関係は消防署が絡んできますので、難しいですね。耐火性能は大丈夫とか有りますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答をありがとうございました。
かなり難しい交渉になることを覚悟しなくてはいけないということがわかりました。

お礼日時:2009/10/28 08:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング