真空管のパワー管を交換した時の調整って具体的にどうやるのですか?
又どういう工具、機器が要るのでしょうか教えて下さい。
それと固定バイアス、カソードバイアスって何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

真空管は、FETと似て、グリッドをカソードよりもマイナス電位にしないと、電流がどんどん流れてしまいます。


このため、電流を制限することと、動作点を直線性の良いあたりに設定するために、クリッドをカソードにたいして
いくらかマイナスになるような電圧を与えておく訳です。これがバイアスです。
グリッド入力にマイナスの直流分を加える(グリッドバイアス)か、カソードをプラスにかさあげするか(カソードバイアス)。
カソードバイアスでは、管自身のプレート電流によってバイアスがかかる回路が作れます。これが自己バイアスです。
一種の電流負帰還ですから、安定性は高いのですが、電源利用の点で損をし、特性的にも若干劣ることがあります。
固定バイアスは、別にバイアス用の電源を必要とするため回路が複雑で、厳密な調整が必要です。
プッシュプル回路では、2本の管の動作点がなるべく近い必要があります。これは、歪みの点と、出力トランスの直流磁化の問題からです。

基本的には、自己バイアスの回路では、調整不要です。ただし、プッシュプル回路の場合は、一応、測定しておく方が良いです。
固定バイアスの場合は、通常は、調整用の可変抵抗がありますので、ここを回して、使用する管によって、所定の電流にあわせます。調整手順はバイアス回路によって異なります。
回路や使用する動作点によって、最適なバイアスの量は異なりますから、基本的にはメーカの保守資料を見るのが良いでしょう。
判らない時には、真空管のマニュアルと回路を見比べて算出します。この場合は、くれぐれも、真空管の最大定格を越えないような注意が必要です。
現在の真空管での動作電流を測定して、これに合わせるのは危険です。というのは、真空管の動作点は経時変化があるからです。
なお、メーカの推奨値が定格を越えた動作になっていたり、特性的に不適当と考えられる動作になっている場合も散見されます。
昔は真空管も安かったので、調整の手間をはぶいて簡素化する意図だったと思います。
この場合は、メーカの値を取るべきか、自分で算出した値を取るべきか悩むことになりますね。
また、同一型番の管でも、メーカや製造時期によって、特性が変わっていることがあります。真空管規格表の数値が絶対とは言い切れませんので、この点も注意が要ります。

必要な物ですが、最低、信頼できるテスターが要ります。
できれば、トランジスタ電圧計やデジタルマルチメータのような入力インピーダンスの高い物が良いです。昔は真空管電圧計と言いましたが。
この場合は、電流検出用に精度の高い数オームの抵抗を用意します。

調整結果の検証には、低歪の発振器、シンクロスコープ、歪率計があれば万全です。通常はここまでは必要無いでしょう。
なお、通常、真空管回路では、高圧がかかりますので、測定器の耐圧に注意してください。

具体的な作業ですが・・・ 普通の固定グリッドバイアスの場合で説明しますね。

プレートを流れる電流を測定すれば良いので、これをプレート巻き線の電圧降下から算出します。
通電していない状態で、巻き線の抵抗を測定しておきます。
ここから、オームの法則で、所定の電流の時の電圧を求めておきます。
バイアスをもっとも深く(マイナスに)しておいて、入力無信号で、スイッチを入れ、上記の電圧降下が生じるように電流が流れるよう、バイアスを浅くしてゆきます。
これをすべての管について、数回繰り返しおこないます。

カソードの電流を測るのが本来の方法です。
感度の高い電圧計があれば、カソードとグランドの間に数オームの抵抗を挿入して、ここに生じる電圧を測定します。
最初から測定用の抵抗の付いている回路もあります。高圧を扱わなくて済むので、私のお勧めの方式です。

昔の保守マニュアル等によく載っていた簡便な方法では、グリッド電圧が指定の電圧になっていることを確認するだけというのがあります。
この場合は、本当に所定の電流になっているか判りませんし、使用するテスターの内部抵抗の影響も恐いです。

不明の点があれば、聞いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明どうも有り難うございます。勉強不足なもので・・・
処で真空管アンプについてのわかり易い書式があれば教えて頂けないでしょうか?

お礼日時:2001/03/21 19:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体の説明に出てくるバイアスの意味は?

半導体のPN接続に関する説明文に「バイアス」という言葉が出てきました。
ここでいう「バイアス」とはどういう意味で使われているのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

バイアスという単語では「偏り」という意味です。
ある意味「オフセット」に近い意味です。

電極に+もしくは−が偏っている状態を表しているのであると思います。(あまり半導体の分野で使われる使われ方と違う気もしますが)

Qパワー管のカソードからのヒーターバイアスについて

12AX7でのSRPP回路でのステレオメインアンプ。
ヒーターバイアスを掛ける場合、電圧を自己バイアスのパワー管カソードから
掛ける予定です。
この場合、片側のチャンネルパワー管カソードからの電圧供給となりますが、
この場合R,Lパワー管への影響差には問題ないのでしょうか。
尚、SRPP回路のR,L管ヒーターは電源トランスの同一端子です。

Aベストアンサー

ヒーター巻き線、ヒーターカソードの絶縁が良好であれば電流は流れませんので問題は有りません。そのヒーターバイアスは80V前後になると思いますが出力管は相当な深いバイアスの球のようですね。
万が一AX7のヒーターカソードが絶縁不良を起こした場合にはSRPPの上側の場合には問題は無いでしょうけど下側の場合にはそのカソード抵抗が出力管のカソード抵抗とパラになるため出力管に過大な電流が流れプレート赤熱、AX7のカソード抵抗から煙が・・・等の心配はあります。
ヒーターバイアスをとった方の出力管になりますが。

普通にブリーダー抵抗で分圧してヒーターバイアスを掛けた方が安全です。出力管を抜いて電源ONではバイアスが掛からなくなりますからね。

Q確証バイアスの適応的意味

確証バイアスってなぜ必要なんでしょうか
適応的な意味が分かる方教えてください

Aベストアンサー

確証バイアスは結果の立場からみているから、必要とかではなくて、結果的にそうなっていると解釈するべきだと思います。

Q真空管アンプ カソード抵抗のワット数

こんにちは。よろしくお願いします。
このカテゴリであっているか不安ですが質問させていただきます。

初めての真空管アンプをつくろうといろいろ設計しているのですが、カソード抵抗のワット数の決め方がわかりません。
例えば、ある真空管の特性曲線上でIp=7mA、Vb=-2Vに動作点を設定したとします。電源電圧は200Vで1Vp-pの入力を電圧増幅(シングル動作)するとします。

この時、自己バイアスのために入れるカソード抵抗は上の動作点から考えて300Ω程度になると思います。
そしてこの動作点よりカソード抵抗は7mA*2V=0.014Wに耐えられればいいと思うのですが、これであっていますでしょうか?

インターネット上で他者様の回路を見ていると似たような真空管、回路を使っていても1Wやそれ以上といった大きな値のものを使っています。初めてのアンプということで実験機的な意味合いもあり、カソード抵抗を半固定抵抗にしようと思っていたので、不安になり質問させていただきました。

また電圧増幅ではほとんどIpやVbが変動しませんが、それらが大きく変動する電力増幅段(シングル動作)についても、その変動はバイパスコンデンサで逃がされると考えて、動作点におけるIp*Vpでワット数を決めてしまっても大丈夫なのでしょうか。

以上、分かりにくいことがあれば補足しますのでよろしくお願いします。

こんにちは。よろしくお願いします。
このカテゴリであっているか不安ですが質問させていただきます。

初めての真空管アンプをつくろうといろいろ設計しているのですが、カソード抵抗のワット数の決め方がわかりません。
例えば、ある真空管の特性曲線上でIp=7mA、Vb=-2Vに動作点を設定したとします。電源電圧は200Vで1Vp-pの入力を電圧増幅(シングル動作)するとします。

この時、自己バイアスのために入れるカソード抵抗は上の動作点から考えて300Ω程度になると思います。
そしてこの動作点よりカソード抵抗は7...続きを読む

Aベストアンサー

>7mA*2V=0.014W
技術的には、その考え方で良いです。通常、販売されている抵抗は 1/4W が一般的ですので、それを使えば良いでしょう。

アンプ屋さんの発想はよく分からないのですが、大きい物を使った方が良い音がする気がするのかもしれません。
真空管回路で 1/4W が小さすぎて、使いにくいから、大きな物にしているのかもしれません。
もう一つ、入力信号が大きくなり、ピークでも2Vをオーバーすると急に電流値が大きくなります。そのマージンを考えているのかもしれません。その場合はひずみも大きくなるため、そのようなレベルではまず使わないはずですが。

>その変動はバイパスコンデンサで逃がされると考えて、動作点におけるIp*Vpでワット数を決めてしまっても大丈夫なのでしょうか。
それで良いです。
もし、バイパスコンデンサが無くても、信号はそのレベルを中心に上下するだけですから、平均すれば、同じ電力になります。

Qバイアスって何ですか?

電気回路を勉強していると、よくバイアス回路などと出てきますが、
そもそもバイアスってどういう意味なのですか?

Aベストアンサー

バイアス:bias(英) 一般用語では「偏見」、統計学では「偏り」等があります。

電子回路では、「非線形の特性を持つ素子を、直線領域で使用するための「動作点設定」のこと」を
言います。

例えばトランジスタのIB/IC特性を考えてみてください。
横軸にIB(mA)、縦軸にIC(mA)をプロットします。
IBの小さいところでは、ICはあまり大きくなく、ある程度IBが大きくなったところから、直線関係に
入って行きます。

この素子に信号を入れたときのことを考えます。
(具体的にはIBを変化させる→交流信号で振る)
動作基点が、もしIB=0mA付近にあるとすると、入力信号の正の半サイクルではICが大きく流れますが、
負の半サイクルではICはほとんど流れません。(→歪みの大きい出力)

IBをある程度流し、動作基点を直線部のほぼ中央付近に持ってきますと、正負ともに直線性の良い
出力が得られます。
このように「動作基点を直線性の良い領域に設定すること」を「バイアスをかける」と言います。

これは、トランジスタ、真空管に限らず、また能動素子、受動素子の区別なく、非直線特性を持つ素子を
扱うときに必要な操作です。

なお、A1~3のご説明も、すべて誤りではありませんのでご参考にしてください。

バイアス:bias(英) 一般用語では「偏見」、統計学では「偏り」等があります。

電子回路では、「非線形の特性を持つ素子を、直線領域で使用するための「動作点設定」のこと」を
言います。

例えばトランジスタのIB/IC特性を考えてみてください。
横軸にIB(mA)、縦軸にIC(mA)をプロットします。
IBの小さいところでは、ICはあまり大きくなく、ある程度IBが大きくなったところから、直線関係に
入って行きます。

この素子に信号を入れたときのことを考えます。
(具体的にはIBを変化させる→交流信...続きを読む

Q真空管アンプのバイアス調整

お世話になります。先日DYNACO MARK3を入手いたしました。現在は素晴らしい音質で鳴っておりますが、出力管が左右統一されてなく片方はelectoro hamonixのkt88でもう一方はブランド名ははっきりとは読めずkt88 made in UKとだけ見えます。出来れば早めにに4本とも統一したEHかJJあたりに交換したいと思っておりますが、このアンプのバイアス調整はプリ電源用出力コネクターの8番穴で1.56Vを両方一度に(マッチドペア使用)合わせるようになっています。しかしながら、このアンプは117V仕様ですので、販売時点ではショップで117Vに昇圧して1.56Vに合わせたとのことですが、当自宅の100V電源では、両方とも1.25Vの実測値です。さて、(1)今後新しい球に差し替えた場合はバイアスは1.25Vではだめでしょうか?117Vに昇圧して1.56Vに合わせるのは機材もないのでどうしたものかと悩んでおります。また、(2)マッチドペアはそこそこ特性が揃ってる(誤差5%ぐらい?)とのことですが、厳密に合わせるためにはバランス調整回路は必要ないのでしょうか?出力トランスの中を余分な電流が流れることはいささか不安でなりませんが?ご教授宜しくお願いいたします。

お世話になります。先日DYNACO MARK3を入手いたしました。現在は素晴らしい音質で鳴っておりますが、出力管が左右統一されてなく片方はelectoro hamonixのkt88でもう一方はブランド名ははっきりとは読めずkt88 made in UKとだけ見えます。出来れば早めにに4本とも統一したEHかJJあたりに交換したいと思っておりますが、このアンプのバイアス調整はプリ電源用出力コネクターの8番穴で1.56Vを両方一度に(マッチドペア使用)合わせるようになっています...続きを読む

Aベストアンサー

ダイナコの取説にはAC110V~124Vで動作させる旨記載されています。ショップの如く昇圧トランスを使用するのが良いのです。

KT-88ペア1組程度の出費で昇圧トランスは購入出来ますから、海外製音響機器を使う方は必需品と思います。

通常真空管の動作は定格ヒーター電圧±10%以内に収める必要があるのです。

質問の条件ではヒーター電圧は定格の85%になってしまうため、Mark3の動作条件はメーカーの設計とは大分異なってしまいます。

低すぎるヒーター電圧は真空管が短命になった経験もしていますので、動作電圧は適正に保つのが上手い使用方と云えます。

なおPPのDCバランス調整は当時のメーカー出し出力管では厳密に合わせなくても良いからダイナコの製品では調整回路が省略されているのです。

中古でも英GEC製のKT88は貴重品ですから大切に御使用下さい。

Q「バイアスをかける」

「バイアスをかける」、「バイアスがかかったなになに」と言う表現をよく見かけます。
辞書を引いたり現代用語辞典で調べましたがいまいち正確に意味を把握出来ません。出来れば簡単な例文を使って説明して頂けると幸甚です。

Aベストアンサー

>バイアスをかける
というのは電気回路なんかで一定の電圧や信号を常にかけておく事を意味し、
たとえばカセットテープのノイズリダクションなんかはこれを応用し録音時にバイアスをかけ再生時にバイアス分を引く事でノイズを低減させてます、

これを文章表現に使う場合は、
政治や思想的(右翼や左翼的偏向とかジェンダー差別的)な考え方とかが意識の底にあり、
それが見え隠れした意見を主張している場合なんかに用いますね(女性第一主義で男性排除派の田○陽子センセなんかはバイアスなんて状態じゃないけどね)。

Q真空管パワーアンプのバイアス調整について

コープランド 社のプリメインアンプCAT401の出力管EL34を交換しました。バイアス調整の必要がなければよいのですが、必要・不必要、その方法等をご教示ください。当方全くの素人ですので、出来ましたらより具体的に教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

おしえてください

真空管(出力管)を変えた理由を教えて下さい。
交換された真空管はロシアースベトラーナ製のEL34(6CA7)のようですがなぜこの球にされたのかが知りたいです。

コープランド 社のこのアンプは真空管の規格表にある動作例そのままであったように記憶してます。
真空管規格表そのままの動作なので真空管の最大規格いっぱいで使っていたハズ・・・

添付の写真を見ると調整ボリュームが見えるので真空管を交換したら調整は必ず必要です。(絶対です)

Qバイアステープのこと(基礎的な話で、恐縮です(^_^;))

超!初心者のものです。
ソーイングの基礎なる本も購入し、一念発起で
裁縫を始めようと少しずつ材料なども集めているのですが、

「バイアステープ」について。。
市販のものを買おう思っています。
質問ですが、
Q1.バイアステープは、作成するものにあわせて
   何か変えなくてはいけないのでしょうか?
Q2.バイアステープの素材もたくさんありますが、
   本をみても、この服にはどの種類のテープを使うとか
   書いていないのです。
   基本的には、作成する生地を使うのがベストなんでしょうか?
   ほぼどんな服にも対応できる種類のテープってありますか?
Q3.ただのバイアステープと”共布バイアステープ”の違いは?
   共布バイアステープって売ってますか??
   ちょっとみたところ、”共布”とかいたテープはない。
Q4.用尺に”巾”とい漢字で書いてありますが、”幅”と同じ意味?

すみません、どうしても本に載っていないけど、自分にとっては、
重要で、、前に進めなくなってしまいまして、、、
宜しくお願いします。。(_TдT) シクシクアイーン

超!初心者のものです。
ソーイングの基礎なる本も購入し、一念発起で
裁縫を始めようと少しずつ材料なども集めているのですが、

「バイアステープ」について。。
市販のものを買おう思っています。
質問ですが、
Q1.バイアステープは、作成するものにあわせて
   何か変えなくてはいけないのでしょうか?
Q2.バイアステープの素材もたくさんありますが、
   本をみても、この服にはどの種類のテープを使うとか
   書いていないのです。
   基本的には、作成する生地を使うのがベス...続きを読む

Aベストアンサー

私の経験から分かるところだけお答えしますね。

Q1:例えば色です。見えなくなる部分ですが、裾をまつるときに、生地と同じ色の糸を使いますよね。同じ色のバイヤステープを使います。

Q2:これも、化繊か綿かによって、バイヤスの生地を変える必要があります。そうでないと、大げさに言えば、絹で作ったものに、化繊のバイヤスを付けるようなものです。洗濯などすれば、生地の性質が違うために、縮みやヨレが生じます。
どんなものでも使えるものがあるか?多分、ノリ式ですかね。ノリが付いた、薄い不綿布みたいなもので、ズボンの裾あげに、アイロンで付けられる!と言った感じのものです。あれなら、生地は関係ないですが・・・

Q3:共布バイヤスは、普通、その使った生地の一部分を、織りに対して斜め方向にとった布を使います。同じ生地、同じ色なので、バイヤスだけ買う必要がないのです。型紙などでバイヤスの部分も取ってあるものが昔はあったようですが、今はあまりないと思われます(バイヤスとして使う折り目を付けたりするのがメンドウなので)。

Q4:巾=幅で合っていると思いますよ。

私の経験から分かるところだけお答えしますね。

Q1:例えば色です。見えなくなる部分ですが、裾をまつるときに、生地と同じ色の糸を使いますよね。同じ色のバイヤステープを使います。

Q2:これも、化繊か綿かによって、バイヤスの生地を変える必要があります。そうでないと、大げさに言えば、絹で作ったものに、化繊のバイヤスを付けるようなものです。洗濯などすれば、生地の性質が違うために、縮みやヨレが生じます。
どんなものでも使えるものがあるか?多分、ノリ式ですかね。ノリが付いた、薄い不綿...続きを読む

Q真空管アンプ SCOTT 222B バイアス調整

只今真空管アンプ SCOTT 222Bを使用しております。
新しい12AX7真空管を買ったので差し替えようと思うのですがおそらくバイアスの調整が必要かと思うのですが何ボルトで合わせれば良いのでしょうか?
ネット上の回路図を見たのですがいまいちわかりません。
当方テスターは使えます。ご指導よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

12ax7はプリアンプ部で使用されており、自己バイアス動作ですので調整する個所は有りません。そのまま差し替えて大丈夫です。


人気Q&Aランキング