ネットが遅くてイライラしてない!?

アンプのノイズ改善について。
古いアンプの、ブーンというノイズが大きいので、先日全ての電解コンデンサ-を一掃しました。
結果、ノイズの音質が変わっただけで、ノイズ根本の根絶にはなりませんでした。

プリのところに、トランジスタC693とK30Aがあり、互換表を確認したところ手持ちの1815Lが693の代わりに使えるのがわかりましたので交換してみました。
するとかなり改善されブーン音は小さくなりました。
これをさらに出ないようにしたいのですが、K30Aも交換すべきでしょうか。

もしくは、フィルムコンデンサ-等も交換してみるべきでしょうか?

A 回答 (9件)

回路構成が不明なのでいい加減な回答しかできません。



トランジスターにはPNP型とNPN型がありそれらでプッシュプル回路を構成しているものがあります。
PNP型とNPN型のそれぞれを動作特性を測定し近似値同士でペアを組まないと安定動作しまん。
トランジスターは同じ製造過程、同じロットでも個体差が大きく動作特性にバラつきが出ます。
同じロットで20個、30個、あるいはそれ以上の数で購入して測定と選別を繰り返しコンプリペアを探さなければなりません。(選別から漏れたらゴミ箱へ)
偶々手持ちがあるからと交換しまくっても問題は起きるのです。
回路の都合からPNP型かNPN型が単体で使われることがあります。
それであれば手持ちの素子でも問題は起きにくいです。
2s-K30Aも単体で使用されているはずですから交換を推奨します。

交換した後に調整が必要と回答したのは動作特性のバラつきを回路上の調整で吸収するためです。
通電直後と連続通電後とでは動作状態が変わるのでそれを見越した調整も必要です。
ただし調整範囲が限定的なので根本的なバラつきを押さえ込むには至りません。
古いアンプは基板上に調整トリムが多数装備されていますがどれをどの程度回すのか見当が付きません。
サービスマニュアルを片手にオシロと睨めっこになります。

電解コンデンサーならば数値の条件さえ満たせば遠慮なく交換できます。
しかしトランジスターは前述のごとくで事前に手順を踏まねばならず
交換後も調整が必要になるので機材を持たない素人がDIY修理するには敷居が高いのです。
修理が趣味ならば止める筋合いではないですが
実用品として見た場合にそこまでの投資に見合う成果は無いと考えます。
適当なところで見切りを付けましょう。

なおフィルムコンデンサーは経年劣化は起きにくいです。
劣化速度が極めて遅いので40年前のモノでも十分に使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ネットでも見たのですが高級アンプはトランジスタの周辺に調整用のボリウムがあるようですね、今回のものはそういった調整箇所がありませんのでそこまでシビアに作られている感じではなさそうです。

お礼日時:2018/11/12 08:53

私の回答には愛想をつかされたようですね。

(苦笑)

ともかく、基板全域でのハンダ付け個所を再ハンダしてください。
曲げ負荷のかかるコネクター、発熱源のダイオード、トランジスターはもとより
それ以外の個所もハンダの肉痩せでハンダクラックが起きていると疑うべきです。
アース不良によるハムもそれで改善するかも、です。

以上、あなたへの回答おしまい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございました、半田の見直しもしてみます。

お礼日時:2018/11/12 18:23

やみくもに部品を交換するのはおすすめできません。


せめてオシロスコープでも持っていてどこから出ているノイズなのかを突き止めてからにしましょう。

「機種名を書いてね」と言われているのに書いてくれないのでは適格な回答は得られませんよ。 

ブーンということは交流電源のノイズみたいですが、ならアースを疑うのが鉄則です。古いとシャシーアースが浮いちゃってるかもしれません。
ところでステレオアンプですか? ノイズは右・左の片方か両方か。(そういう情報も大切ですよ)
    • good
    • 1

ノイズ周波数が230Hz近辺と高いので可能性としてはハムよりトランジスタのジャンクション不良の可能性が高そうですね。

    • good
    • 1

Re: 回答No.4



> 音の周波数が商用電源からくるハムノイズよりも高い音のように思います。

ハムノイズはたいがい商用電源から来ていますが、必ずしも商用電源周波数(50/60Hz)とは限らず、その奇数次高調波(150/160Hz、250/300Hz、…)が重畳しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、そうなんですね、アプリでみたら、230ヘルツくらいでした。アプリなので正確性はわかりませんが。

お礼日時:2018/11/12 09:31

ついでに補足します。



ナカミチ製デッキの件は「オレンジキャップ問題」と呼ばれているます。
バイアス回路に付けられたオレンジ色のフィルムコンデンサーが故障するという事例で
ナカミチ製デッキでは高確率で起きるようです。
他社のアンプ、CDプレーヤー他の機器にもフィルムコンデンサーは使われてますが故障したとの事例はほとんど聞きません。
このことからもナカミチ製デッキの回路になんらかの問題が起きてフィルムコンデンサーの寿命を縮めたものと考えられます。

お持ちのアンプが回路上の問題が起きてフィルムコンデンサーに想定以上の負荷が加われば故障は起きます。
その「回路上の問題」を解決しなければ修理は完了しません。
増幅回路の設計技術者でもないとその原因特定は困難です。

万が一を考慮して予防交換をしておきたいのならば交換しても良いです。
ただし件のノイズとは無関係です。
トランジスター同士の特性が揃っていないので回路としての機能が不完全なのです。
    • good
    • 0

それはトランジスタアンプでしょうか。

電解コンデンサは年月とともに容量抜けし劣化しますが、半導体の劣化は極めてゆるやかです(温度に影響されます)。なので、ブーンというハムノイズが当初はなく年月とともに出るようになったのなら、トランジスタ以外のところにも原因があるかも知れません。

ハムノイズはシャシアースの取りかたやグランドの配線がまずくても出ます。年月とともにグランドの配線が変わることはありませんが、ハンダ付け不良が年月とともに出てそこが接触不良になることはあります。またシャシがアルミの場合は、年月とともにアルミの表面が酸化して酸化被膜(絶縁物です)を作りますから、それによってシャシアースが接触不良を起こしている可能性もあります。
シャシアースやグランド絡みの確認・点検もいります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます、ハムノイズと思っていましたが、音の周波数が商用電源からくるハムノイズよりも高い音のように思います。

昨日、プリ出力から、テレビのビデオ入力にいれてみたところテレビからも同様のノイズが出たので、プリから出ているのは間違いなさそうです。
アース回りも点検してみます。

お礼日時:2018/11/12 08:50

肝心なことを書き漏らしました。



プッシュプル構成であれば2SC693とペアを組むトランジスターはそのままのはずです。
残されたトランジスターと2SC1815Lの動作誤差が大きいのでノイズが出ているのでしょう。
ペア動作をしている素子を特定して2SC1815Lとコンプリペアとなるトランジスターに交換してください。


ともかく機種名を告知してください。
その方が№2さんのようなベテランからもアドバイスがもらえるので手っ取り早いです。
    • good
    • 0

まず、そのアンプの型名をお知らせください。

数十年前のアンプでもネットにはサービスマニュアルが存在する場合が結構ありますので運が良ければ回路図が入手可能です。回路図があればかなりの確率で対応が可能になりますから。

それから、フィルムコンデンサも故障する可能性があります。趣味でカセットデッキの修理をやったことがありますが、確かナカミチのデッキでやたらフィルムコンデンサが壊れてるって言うのを経験したこともありますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フィルムコンデンサが壊れる事もあるのですね。
古いとどの部品をみても壊れてそうに感じますね。

お礼日時:2018/11/12 08:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハムノイズ ハム音について。 オーディオ初心者です。 40年近く前のアンプを入手したので、さっそく使

ハムノイズ ハム音について。
オーディオ初心者です。

40年近く前のアンプを入手したので、さっそく使ってみたのですが、電源を入れると、ボリューム位置に関係なく、ブーンと音が出ます。
そこそこ大きくて、感じで言うとボリュームを9時~10時の位置に合わせて音を鳴らしている感覚です。

ボリュームに関係なく鳴るので、パワー段ではなくプリ段と見てよいでしょうか?
内部で、プリとパワーの間を切る事が出来るので切ってパワーだけにしたらハムノイズは鳴りませんでした。

プリ段のどういった部品の劣化が考えられますか?
電解コンデンサ-の不良や、トランジスタの不良等でしょうか。
ざっと見渡しましたところ、ほとんどの電解コンデンサ-の頭の部分(周りのシュリンクとアルミ筒のスキマに)に白い粉のようなものがついていました。
一先ずブーン音を出なくするためにこれからメンテナンスをしようと思います。

Aベストアンサー

すでに回答があるように、いちばん考えられるのは電解コンデンサの容量抜けです。電解コンデンサは年月とともに容量が減り、とりわけ使っていない(電源を入れていない)と容量抜けが進行します。

中でもハムノイズの原因になりやすいのが電源につけた平滑コンデンサです。ACをDCに整流するときにリップル(脈流)が発生し、これがハムノイズの原因になるわけですが、それを慣らし平滑にするのが電源の平滑コンデンサです。

全部の電解コンデンサを交換するのではなく、まずは電源についている平滑コンデンサ(いくつかあるかも)を良質なものにしてみてください。電源の平滑コンデンサはたいてい大容量(×××μFの×××が大きなもの。○○WVの電圧○○も大きなものが多い)で、それでも分からなければ寸法的に大きな電解コンデンサとおもっても、まあ、よいと思いますが。

良質な平滑コンデンサにするときに、古い電解コンデンサを取り外すのではなく、そのままにして並列に取り付けても宜しい。それで直れば、そのまま使ってもOKです。

これで直らなければ再度質問してください。

Q町内会のイベントでアンプを使いたいのですが何W程度必要でしょうか?100人程度の集会を広場で行います

町内会のイベントでアンプを使いたいのですが何W程度必要でしょうか?100人程度の集会を広場で行います。どなたか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拡声器かスピーカーの音量の心配でしょうか。

一部で回答があるように、拡声器やスピーカーから出せる音量の大きさは、それを駆動するパワーアンプの出力(W数)だけではなく、スピーカーの「能率」にも大きく依存します。この両方を指摘しない人は素人です。

スピーカーの「能率」はdB/W(dBはデシベルと発音する)で表現され、能率のよいスピーカーは93dB/Wだとか96dB/Wくらいになりますし、能率の低いスピーカーでは80dB/Wあたりの数値になります。

この能率が3dB/W違うと出る音量は2倍違ってきます。なので、87dB/Wのスピーカーを100Wで鳴らしたのと、90dB/Wスピーカーを50Wで鳴らしたのとでは理屈の上では同じだけの音量になります。

屋外のイベント会場で拡声器やスピーカーを使うのなら、93dB/Wのスピーカーに対してパワーアンプの出力は20Wもあれば足ります。84dB/Wなら160W、87dB/Wなら80W、90dB/Wなら40W、96/Wなら10Wですね。

Qバックロードホーンスピーカーのことを調べると全部木製ですが、アクリル板やプラスチック板で作ると音が悪

バックロードホーンスピーカーのことを調べると全部木製ですが、アクリル板やプラスチック板で作ると音が悪くなったりするんですか?やっぱり木製の方がいいですかね?

Aベストアンサー

バックロードホーン型はスピーカー自作派(の一部)が作るものとなっています。
入手し易さ、加工のし易さでは木材の勝る物はありませんからアマチュアが自作するなら木材一択になります。
アクリル板やプラスチック板でスピーカーを作るにも薄手の板材では強度不足であり、特有の固有共振の問題があるので使えません。
スピーカー用には木材並みの厚みかそれ以上の厚みが必要です。
しかし厚みのある分だけ加工が極端に難しくなりアマチュアが自作するにはハードルが高くなりすぎます。
加工の難しさは木材の比ではないです。

なお大手メーカーならばアクリル板やプラスチック板の加工は造作もないのです。
しかしバックロードホーン型は構造が複雑すぎることから手を出したがりません。
メーカーは「確実に売れて儲かる製品」しか作れないのです。
バックロードホーン型は儲かりません。

Q電源の平滑コンデンサ-の種類で、ノイズが増えたり減ったりしますか? 例えばニチコンのオーディオ用を使

電源の平滑コンデンサ-の種類で、ノイズが増えたり減ったりしますか?
例えばニチコンのオーディオ用を使用するとノイズが出にくくなるとか、何かそういった特徴はありますか?

Aベストアンサー

厳密に言うと、あります。

というのも、平滑コンデンサーは電解コンデンサーなのでしょうが、これは高周波特性がよくありません。周波数が高くなってもインピーダンスはある程度以下には下がらないんです。
なので多くの場合は平滑コンデンサー(電解コンデンサー)にパラ(並列)に高周波特性が良好な(容量は小さくても)コンデンサをかませています。

なお、電解コンデンサーは使わずに(電源を入れずに)置いておくと、年月とともに容量が抜けていき、それを平滑コンデンサーとして使っていると電源リップル(平滑不足による)によるノィズが出て来る場合があります。良質な電解コンデンサーで容量抜けが起きにくいのがオーディオにはいいわけです。

Qミニコンポのスピーカーですが、高音が出てないように思います。 他のスピーカーで聴いたところ、高音は普

ミニコンポのスピーカーですが、高音が出てないように思います。
他のスピーカーで聴いたところ、高音は普通に出てますのでアンプではなさそうです。
何が原因なのでしょう?
何かを、つまりコンデンサーや抵抗等を交換すれば直りますか?
ツイーターそのものが不具合でしょうか?
ちなみにスピーカーは、密封バスレフのツーウェイです。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の回答から、出ているが弱い(と感じる)ということのようですね。

高音というのは、かなり出しやすい音なのです。デカくしようとすれば簡単。今まで聞いていたのがドンシャリやシャリシャリの、高音強調スピーカーだった可能性は高いです。

逆に低音は出ません。小型スピーカーだと物理的に無理なので、いかに低音が出ているようにごまかすか、というところに力を注ぎます。バランス的に中低音をデカくすると、(出てない)低音が出ているように感じるものなので、そのようなスピーカーの可能性はあります。

それらを含めて、各メーカー・各機種ごとの”音作り”と言われたりもします。
故障でなければ、音が気に入らないなら、スピーカーを買いなおすほうが良いと思います。

Qアンプとスピーカーの接続

定格6オームのアンプに4オームのスピーカーを繋いだらどうなるのか?

Aベストアンサー

この手の質問が出る度に以下のような見解が出されます。
~スピーカーそのものは、音響周波数域でインピーダンスが大きく変化します。~
アンプに掛かる負荷として考えると誤った見解です。
一旦は記憶から削除してください。
このような見解を述べる方は思考のリセットをお願いします。
それによる弊害も机上の空論を述べているだけです。
それにかかわる前提条件も片手落ちの意見で与太話にしかなりません。
以下グダグダに説明しますが読みたくなければ最後の4行を読んでください。


※スピーカー側の事情
スピーカーに添付される仕様にはグラフが掲載されています。
周波数特性とインピーダンス特性が表されています。
そのインピーダンス特性の抵抗値は乱高下を繰り返し大きなうねりもあります。
「公称インピーダンス」は低音域で最も抵抗値が低くなる個所で表示します。
スピーカーシステム全体で見てもその地点が最も低抵抗となるのが通例だからです。

※アンプ側の事情
アンプは低音域信号の増幅の際は最大の電力を費やします。
また繋がれた負荷(スピーカー)が低抵抗であると余分に電流が流れてしまうので最大の仕事量をこなさなければならず、内蔵部品の発熱が増えます。
その度が過ぎればプロテクション回路が作動して音が出なくなります。
まれにプロテクション回路の作動が間に合わずトランジスターを焼くトラブルも出ます。

以上の事からスピーカーの公称インピーダンスはアンプの負荷が大きくなることを見越して表示されているので「音響周波数でインピーダンスが大きく変化」していても
低インピーダンスによるアンプの過負荷からは逃れられません。
ただしユーザーがどのような使い方をするか分からないのでアンプの回路には余裕を持たせて設計がされています。
ですから取説記載のインピーダンス値よりも低いインピーダンスのスピーカーを繋いでも問題が無くならせることは間々あります。
それとて内部の負荷が大きくなりすぎない事が前提です。
アナログ信号の増幅は数値を外れたからといっていきなり問題が起きることはないのです。
デジタルアンプも最終的にはアナログ信号へ置きかえているので同類です。


アンプの負荷インピーダンスの推奨値が6Ωであれば
ボリュームを上げすぎなければ4Ωのスピーカーを鳴らしても問題は起きません。
ただし常にボリュームを上げて聞いているのであれば保証はできません。
ボリュームが10時の位置より上か下かが分岐点と個人的に考えています。

この手の質問が出る度に以下のような見解が出されます。
~スピーカーそのものは、音響周波数域でインピーダンスが大きく変化します。~
アンプに掛かる負荷として考えると誤った見解です。
一旦は記憶から削除してください。
このような見解を述べる方は思考のリセットをお願いします。
それによる弊害も机上の空論を述べているだけです。
それにかかわる前提条件も片手落ちの意見で与太話にしかなりません。
以下グダグダに説明しますが読みたくなければ最後の4行を読んでください。


※スピーカー側の事情
ス...続きを読む

Qバイワイヤリングのスピーカーへの通常アンプからの接続

買おうと思っているスピーカーがバイワイヤリングなんですが、持っているアンプは通常接続のものです。アンプを2台使う予定もありません。この場合、このスピーカーは使用可能でしょうか?参考に、画像URLを貼っておきます。よろしくお願いします。 http://img.canuckaudiomart.com/uploads/large/1100967-kef-q1-speakers-in-superb-condition.jpg

Aベストアンサー

使用可能です。
Q1付属のジャンパープレートを外してバイワイヤ接続し
アンプ側スピーカー端子一個につき二系統のスピーカーケーブルを繋いでください。

アンプ側に二系統(A+B)のスピーカー端子が無ければ
バイワイヤ接続しても効果が無い、との意見があるようですが信じないでください。
スピーカーA端子とB端子のあるアンプでも内部では並列に繋がっています。
アンプ内部かスピーカー端子部分かの二系統に分配する場所が違うだけです。
ただし二系統の極太スピーカーケーブルをスピーカー端子一個に繋ぐのが難しい場合は
スピーカー端子が二系統装備されている方が接続しやすいと言えるでしょう。

ウーハーからの逆起電力がツイーターに流れこんで~バイワイヤリング優位説の根拠ですが
ウーハー、ツイーター共にネットワーク回路を介して音楽信号を受け取っています。
逆起電力のような微弱信号はネットワーク回路で減衰するはずでそのまま通過するとは考えられません。
音が良くなった、変わったとの意見はありますがそれ以外の変化点を見逃している可能性があります。

Qオーディオスピーカーについて

皆さん初めまして。
実はこの度の北海道での震災で、
我が家のオーディオスピーカーが転落し、
音のセンターがズレてしまった物があります。
いくらセッティングしても右寄りに大きくボーカルがズレます。
それから、もうひとつのスピーカーは高音がかすれて聞こえる様になりました。
もうひとつのスピーカーは、
落ちた他のスピーカーの角に倒れ込んだ様で、
丁度ウーハーのエッジにぶつかりエッジが破れてしまいました。
パワーアンプも音は普段通り出ていると思いますが、
パワーメーターが片チャンネルの針が動かないのですが、
プリアンプのボリュームを強く入力すると動くようにはなりますが、
一度止めると再度同じ症状になってしまいます。
恐らく縦揺れが強かったので、
細かく何度も振動が発生し、
何らかの不具合が出たのだと思います。

そこで質問なのですが、
このスピーカー3点のうち2点は1970年代のスピーカーですので、
現在は生産されてません。
地震保険は加入してますが保証は効くのでしょうか?
そして残り1点のスピーカーは現在も販売されている物です。
保証は現在の価値に合わせて査定するからわからないと言われましたが、
保険加入時にそこまでの話しはしてなかったのですが、
保険やさんにはもしかしたら1円も出ない可能性もあると言われました。
それならば、家財の地震保険部分は何の為に加入したのかわからなくなります。
iMacもガラスが割れて、HDDが壊れたらしく電源入れても動きません。
しかしこれも2009年モデルですので、これも出ない可能性があると言われました。
査定士が来るのですが、なにせ被害者が多いので数ヶ月待ちになるそうです。
しかし、全て保証無しになるのでしょうか?
それと、保証が出るとしたなら現存する物は買い替えで保証かな?と思いますが、
現存しないスピーカーとPCはどれくらいの金額になるのでしょうか?
建物の地震保険は必要ですが、これで保証されないのならば家財部分は必要では無いものかなと思い始めております。
つまらない質問ですが、アドバイス頂けると助かります。
よろしくお願いします。

皆さん初めまして。
実はこの度の北海道での震災で、
我が家のオーディオスピーカーが転落し、
音のセンターがズレてしまった物があります。
いくらセッティングしても右寄りに大きくボーカルがズレます。
それから、もうひとつのスピーカーは高音がかすれて聞こえる様になりました。
もうひとつのスピーカーは、
落ちた他のスピーカーの角に倒れ込んだ様で、
丁度ウーハーのエッジにぶつかりエッジが破れてしまいました。
パワーアンプも音は普段通り出ていると思いますが、
パワーメーターが片チャン...続きを読む

Aベストアンサー

火災保険、地震保険は生活必需品に対する補償は充実していますが
嗜好品に対してどこまで保証されるかはケースバイケーズです。
保険屋のさじ加減、査定士のさじ加減次第と考えた方が良いです。

補足コメントを読みましたがオーオタの鑑とでもいうべきですね。
何よりもオーディオ機器が大事との主張が伝わってきます。
しかしオーオタの主観は世間の常識とはズレていることが多々あります。
不本意な査定、判定をされても是とする覚悟は必要でしょう。

~スピーカーの役割として、外観よりも音の定位がズレたり、ノイズが入るなどの事の方が本来の主たる役割を果たしてないと評価して貰えるのか?~
本来の役割、音質を逸しているとオーオタでもない第三者が判断できるのでしょうか?
ど素人からすれば「音が出てるから動作品」とみなされる可能性が無きにしも非ず。
振動板が損壊している、エッジが破れている、音が全く出ていない、メーターが動かないなど素人目に見ても明快さが無いとゼロ査定されかねません。

~外観の傷が酷いだけで音質は全く影響が無い物の方が重度の破損となるのか?~
こちらの方が全損扱いと判定されやすいですね。

古いモノは基本的に資産価値ゼロです。
修理代の足しになる程度の金額が出れば御の字ではないでしょうか。

火災保険、地震保険は生活必需品に対する補償は充実していますが
嗜好品に対してどこまで保証されるかはケースバイケーズです。
保険屋のさじ加減、査定士のさじ加減次第と考えた方が良いです。

補足コメントを読みましたがオーオタの鑑とでもいうべきですね。
何よりもオーディオ機器が大事との主張が伝わってきます。
しかしオーオタの主観は世間の常識とはズレていることが多々あります。
不本意な査定、判定をされても是とする覚悟は必要でしょう。

~スピーカーの役割として、外観よりも音の定位がズレたり...続きを読む

Q新品のSPレコードは音質が良いのですか?電蓄でかけるとスクラッチノイズが出ないんですか?回答をお願い

新品のSPレコードは音質が良いのですか?電蓄でかけるとスクラッチノイズが出ないんですか?回答をお願いします、

Aベストアンサー

あなたの言う「新品のSPレコード」とは
CDにて復刻されたSP音源のことなのでしょうか?
そうであればデジタルデータ化した後にスクラッチノイズ、SP盤由来のノイズの除去を行っています。

「電蓄」というのも回答者に誤解を呼びます。
大昔のSP盤専用レコードプレーヤーを「電蓄」と呼んでいましたが
最近は「電蓄」と商品名の付いたステレオ再生機を指すようです。
これはレコード、CD、カセット、ラジオ、USB端子がワンボディに付いた複合機です。
この複合機にCD化されたSP音源を再生するとスクラッチノイズは出ない、目立たないようなります。

・・・・・簡潔な質問文ですがこれが災いして質問者の意図を汲みきれません。
ワードの意味、認識も世代によって変わってきますので止む無しですが
もう少し説明してくれても良かったのではないか、と思いました。
先の私の回答などはあなたにとってはノーサンキューですからね。

Qオーディオのスピーカーとアンプをつないでるケーブル

教えてください

今使っている、アンプとスピーカが同軸の先端を少し剥いて
赤、黒のボタン?のついた差込口がありボタンを押しながら挿し離すと固定されるものです
①この方式は何という名称のでしょうか?
②この方式は古いのでしょうか?
③アンプ側だけでもスタンダード的な赤白のコネクタにしたいのですが簡単にできるものなのでしょうか?
名称がわからず検索の仕方もわからなかったので質問させていただきました
よろしくお願いします

Aベストアンサー

①②についてはNo.1の方が答えているとおりです。

③についてですが・・

>「新しいコンパクトなアンプを探しているのですが、裏のスピーカーからの差し込み端子が、赤白のコンポジット端子が多かったので・・」

一般的なアンプのスピーカー出力端子は「先バラ接続用」の「ネジ式」や「プッシュ式」が普通です。スピーカー出力がRCA端子の製品は専用のスピーカーがあるはずです。あなたはオーディオの知識がほぼ無いようですが、別の端子と見間違いしている可能性もあります。
もし手持ちのスピーカーと新たに購入したアンプを繋ぐ場合、スピーカーのインピーダンスがアンプの対応範囲に入っていなければ使用できないし、アンプの出力とスピーカーの定格入力・最大入力との関係でも使用でない場合があります。この辺りを良く考えて選ばないとスピーカーを壊しますよ。

取りあえず質問の内容に答えると「RCAピンプラグ⇔先バラ」のスピーカーケーブルがあるので、これを使用すれば、あなたの言う「スタンダード的な赤白のコネクタ」と同じ形式で繋ぐ事はできます。つまりアンプのスピーカー出力がRCA端子の場合はこのケーブルを使用します。
念の為に書いておくと、あり得ない繋ぎ方ですがスピーカー出力を逆にアンプへ戻すような繋ぎ方をしなければアンプが壊れる事はありません。またスピーカーは入力オーバーにならなければ壊れる事はありません。

RCAピンプラグ⇔先バラケーブル
https://www.amazon.co.jp/8ONE-%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0-%E5%85%88%E3%83%90%E3%83%A9-2%E6%9C%AC1%E7%B5%84-ESC-130/dp/B002OSY5RU

①②についてはNo.1の方が答えているとおりです。

③についてですが・・

>「新しいコンパクトなアンプを探しているのですが、裏のスピーカーからの差し込み端子が、赤白のコンポジット端子が多かったので・・」

一般的なアンプのスピーカー出力端子は「先バラ接続用」の「ネジ式」や「プッシュ式」が普通です。スピーカー出力がRCA端子の製品は専用のスピーカーがあるはずです。あなたはオーディオの知識がほぼ無いようですが、別の端子と見間違いしている可能性もあります。
もし手持ちのスピーカーと新たに購入...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング