ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

スピーカーの左側からのみノイズが出てきます。
砂嵐のようなザーーーーとバリ・・・・バリ・・・・
が同時に鳴っています。
ボリュームは関係ありません0でも最大でも同じノイズで同じ大きさの音で鳴ります。

電源ケーブルの交換スピーカー以外の機器を外す等しても消えないので
アンプが原因だとは思います。

アンプ側の左側スピーカーのバナナプラグのRもしくはLの片方を外すとノイズはピタッと止まります。
別のスピーカーにつなげてみても同じなのでスピーカーケーブルによる物だとも思えません。

一度メーカーに返したのですが症状が見られませんとのことでした。

必ず左側に現れること、問題ないときは全く問題ない。

家の前で新築の工事が始まってからノイズが出始めたのですが
何か電波障害のようながあるのでしょうか?
アンプはメーカーを変えればノイズが収まることもあるのでしょうか?

ノイズ対策や他に考えられる原因などがあれば教えていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは、


お話からすると、
1) アンプが発振している。
2) スピーカーラインに乗った外来ノイズがアンプ内部を逆走したのちにAM変調されてスピーカーからノイズ
3) ハンダ付け不良
の3つの可能性が高いと思います。(高周波領域では、ハイインピーダンスですので、2)を否定するのは間違いです。)
ノイズの出ているときにアンプをコンコンと叩いてみてノイズが変わるようなら、1)か3)
気温や湿度の影響があるようなら1)か3)
スピーカー端子に手で触れてみてノイズが変わるなら1)…確認項目は一杯あります。
2)の判断をするには、実験しないと分かりません。スピーカーケーブルにTV用のアンテナケーブルを使ってみる。
さらにEMI対策部品(リングコア等の名前で調べると出てきます。)を追加するなどですね。
電源ラインにリングコアをつけるとノイズが止まる例もあります。
ガレージメーカ製とのことですので、発振対策や温度試験が不十分な可能性は否めません。
以上のような調査に加えてノイズ発生時の気温、天気などの情報を蓄積してメーカーに依頼されるべきかと思います。
    • good
    • 12

インピーダンスの低いスピーカーケーブルに電磁波が乗る


というのはまず考えられません。100メーター以上のケーブルを
繋いでそれをコイル状に巻いていればあり得るかもしれませんが、
それでも耳に聞こえるほどのノイズにはならないでしょう。

問題は左チャンネルだけですよね。ノイズレベルとボリュームの
位置が無関係との文面から、故障箇所はアンプ内部のLch信号系統、
それも音量ボリュームから後の部分と断定できます。

更にセレクタースイッチやトーン調整等の操作回路も普通は音量
ボリュームの前段にあるので、これも疑いから除外。となると
プリント基板にある部品不良、あるいは接触不良ということに
なります。

>一度メーカーに返したのですが症状が見られませんとのことでした。

これは一旦修理に出したものの、メーカー側ではその現象が現れ
なかったということですか? だとするとおそらく自宅でもノイズが
出たり出なかったりという状態ではないかと思います。
実はこうゆうの厄介なんですよ。常にその症状が出ていてくれた
ほうが治す側ではありがたいはずなんです。

で・・・どうしたらいいかというと、ここはしばらく様子を見ながら
使うしかないでしょう。できれば問題のノイズが出たらその状況を
なるべく詳しく書きとめておくといいですね。例えばスイッチを
入れて何分後に出たとか。
このようなトラブルはその出方がだんだんと頻繁になってくる
はずです。そうなったところで先ほどの臨床データを添えて
もう一度修理を依頼するのがよさそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おはようございます。

そうなんです一度メーカーに戻したときは症状が出なかったということでした。

自宅で今も使っていますが症状は出ていません。
昨日質問したときは出ていたのでAVアンプ使っていました。

長時間使用したときに出やすい傾向があるので暫く使い続けてどれくらいでノイズが出始めるか
確認してみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/22 05:43

真空管なのかトランジスターなのか、いつ頃の物なのか


肝心のアンプの情報がないので特定が難しいのですが。
片チャンネルからとの事なので、ノイズは内部の発生と
診断します。
10年以上の代物なら、ヴォリューム、トーンコントロール
などの可変抵抗器とセレクトスイッチを疑います。
修理屋のイロハのイです。
骨董級の物なら
作業の(1)として、可変抵抗器を動かし変化を見ます。
(2)は入出力の端子を接点復活剤などを使用して整備します。
(3)はセレクトスイッチの手入れです。
(4)気持ち的には可変抵抗器を交換したいが確証がないです。

雑音の表現から察すると、所謂、ガリ音で可変抵抗器の接触不良
か電源周りの電解コンデンサーの容量が抜けかかっている時の
現象なのですが・・・

電気機器に限らず自動車などのメカニカルの世界でも修理作業は
経験と勘の世界ですので、誠にやっかいで難しいのです。
修理する時に私がしてきた経験上の基本の事を書いてみました。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

おはようございます。
つい最近作っていただいたガレージメーカーのディスクリートアンプです。

10年とは言わず5年でも経っている物なら諦めて交換してしまうのですが
何せ2ヶ月しか経っていないので、あきらめの付かないところです。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/22 05:40

ランダムノイズでしょうかね。


天然のランダムノイズは雷とか雨などです。
アンプでも発生します。
原因はたくさんありますが、見つけにくいものが多くて困ります。
トランジスタの熱特性の変化(故障)、これはスピーカーの線を瞬間的にショートさせたりした際に部分的な焼損ができた場合にも起きます。
その他端子やプリント配線間のトラッキング(回路外放電)でも起こります。コンセントのトラッキング火災同様に埃と湿度・あるいはカビが発生原因だったり、部品の表面や樹脂内に電離物質が集まり端子間のトラッキングを起こしたり(1980年頃までの国産樹脂では異様に多かった)、回路上どこにでも発生しますし、環境の要因が大きいので一箇所だけと思っていると別の箇所で再発する事もしばしばありました。トランジスター全交換が修理のセオリーだった時代もあります。
振動や発熱状況で症状の出方が変わる場合があります。叩けば直る(一時的)ことも良く有るので故障箇所発見を難しくする要因になっています。
ある意味寿命なのですが、発生源を特定できれば、そこを交換すれば修理は可能です。

Good Luck!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

おはようございます。
つい最近作っていただいたガレージメーカーの物なので
寿命や劣化は考えられないと思います。

コレが大手メーカーの物ならばさっさと乗り換えてしまうのですが
出力5Wで低消費電力低発熱と他に見られない仕様で今のところ変わるメーカーが見あたらなくて。

なんとか原因が見つかるようにがんばります。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/22 05:35

はじめまして♪



アンプは基本的に入力信号を大きく増幅し、その間にいろんな部分で調整しています。

ボリュームを絞っても同じと言う事は、回路内でボリューム位置以降の部分でしょう。

回路内にはあちこちからの電磁波(電波)を運悪く受けてしまい、その影響が出ている場合も有り、其の場合は隣の家へ持って行くと正常だったりします。

「家の前で新築、、、、」
可能性としてですが、そのお宅の設備機器による影響の可能性は否定出来ません。
しかし、現在の法律上から設備機器が大きく電磁波をまき散らす事も無く、それを確認するのも非常に困難です。

また、電源事情による影響の場合、電源ケーブルを換えてみた程度では何も変化が無いのが当たり前で、電源の電圧や本来は奇麗なサインウェーブのはずが、どこまで波形が崩れているか等を観測します。

電圧自体は簡単にテスターで簡易測定が出来ますが、波形となるとちょい面倒ですね。

アンプに直接電磁波が影響している場合は、アンプの周辺に電気を通すトタンや金網でシールドする実験も可能でしょう。

また、ノイズがアンプをコンコンと軽く叩いてみて影響が出るようなら、どこかの部品の接触不良、この状態もメーカでの検査などで、其の時たまたま症状が出なくて正常と言われる事も少なく無いですね。

ちなみに、、、
「アンプはメーカーを変えればノイズが収まることもあるのでしょうか?」
同じメーカーで同じ機種でも、ノイズが出なく成る事も有りますし、他社製品でも原因が外に有るなら、同じ様な状況の場合も有ります。

前後機器の接続による影響も、電波という外来原因の場合には考慮が必要です。

まさか、アンプなどのアナログ機器の近くにデジタル機器や、高電圧を扱う電子レンジやテレビ、発振回路が有るラジオなんて一応検討してますよねぇ。

インバーターやコンプレッサーが有る家電製品とか、一部の調光可能な照明機器も一応警戒してみましょう。

また、ご利用中のスピーカーが非常に高能率の場合、アンプメーカーとしては基準値以下のノイズが耳障りに聞こえる場合も有ります。スピーカーの能率次第では100倍の音量差があるので、、、

なお、どんなセットでも、シーンと静まり返った静寂の中では、スピーカーに耳を近づけますと有る程度はノイズが聞き取れる物です。(最近は、このノイズが聞こえない程スピーカーの能率が悪い製品や、室内外の環境ノイズが多い部屋が多くて、ノイズを聴こうとがんばっても聞き取れない場合があります。)

ノイズの発生源、又は影響を受けている部分を見つけませんと、根本的な解決にはなりませんが、いろんな実験から対処法は見つけられる事が有りますので、がんばってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
全く同じ状況ですがAVアンプやコンポではノイズの確認は出来ていません。
特にAVアンプはメーカーに送っていた間使っていたのですがノイズはありませんでした。

>>前後機器の接続による影響も、電波という外来原因の場合には考慮が必要です。
これは全て外してもノイズが出ることを確認しています。


>>まさか、アンプなどのアナログ機器の近くにデジタル機器や、高電圧を扱う電子レンジやテレビ、発振回路が有るラジオなんて一応検討してますよねぇ。

ラックの中に入れてますのでレコーダーやプレイヤー、DACが近くにあります。
またPCオーディオで使っていますのでモニター代わりに37インチ液晶テレビを使っていますので
近くといえば近く直線距離で1m-1.5m位の所にPC本体と液晶テレビがありますが
どちらも完全にコンセント引っこ抜いた状態でもノイズが出てしまっています。

>>また、ご利用中のスピーカーが非常に高能率の場合
84dbなので能率は高くないです。

>>なお、どんなセットでも、シーンと静まり返った静寂の中では、スピーカーに耳を近づけますと有る程度はノイズが聞き取れる物です。
2m距離とってもばっちり聞こえるくらいのノイズになります。

何とかがんばって解決したいと思います。

お礼日時:2011/07/21 21:03

非常に希なのですが、スピーカーとアンプをつないでいるコードの長さがちょうどその工事の機械が発する電磁波の周波数に共振してしまっているのではないでしょうか。



アンプにつないでるコードを左右逆にして、それでも左側のスピーカーからノイズがでれば可能性が高いです。

さらに、左右のスピーカーを交換しても左側に置いたスピーカーからノイズがでれば確定です。

対処法は、コードの長さをちょっと変えます。長くしても短くしてもいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ご指示のとおりにアンプに繋いでるコードを左右逆にしてみたところ
右側からノイズが出るようになりました。

またAVアンプに繋いでみたところ特に問題はないようでした。

また工事が終わってもノイズが出てきているところを見ると工事が原因
とも思えなくなってきました。

今回は違いましたが知識として覚えておこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/21 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプの雑音(ガサガサ、バリバリ音)について

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることがわかりました。
電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。
どうも、機器が暖まってくると雑音が発生してしまうようです。

このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか?
また、その場合、パワートランジスタの劣化が原因なのでしょうか、それとも前段の基盤上の2SC1345などのトランジスタが原因と考えるべきなのでしょうか。
はたまた、コンデンサーなど、他に原因があるのでしょうか。
どなたか、お詳しい方、ご教授のほどよろしくお願い致します。

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることが...続きを読む

Aベストアンサー

経年機に生じる症状の一つ、スピーカーOFFスイッチがあればそれをOFF
で通電持続(無い場合はアンプ裏面の出力端子で配線を外す)アンプをある安定状態(温度的に、素子等の構造体、物性の関係)にすると解消する場合が多い。
特に寒冷時期に多いトラブルです。
試して診て下さい。
経年機はとにかく通電してやることです。
私は対策としてアンプは連続通電しています。
(何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です)

Qスピーカーから出るノイズの原因はなんでしょうか?

度々の質問失礼します。
先日購入したYAMAHAのMSP3なのですが、使用していてよくよく近づいて聞いてみると右側のスピーカーからブーと言ったノイズがしています。ボリューム等ツマミは全て0にし、その他の接続している機器も外しましたが、電源を入れるだけで鳴っています。
家の中の違う場所のコンセントも使ってみましたが、同じ様にノイズが出ます(これは何の確認にもならないかも知れません・・・)。
左側のスピーカーではノイズはほとんどしておりません(ボーっという音が出ているといえば出ているという位でノイズとは言えないレベルだと思います)。
上記の場合、問題は電源なのでしょうか、スピーカーの内部の故障なのでしょうか?
お分かりになる範囲で結構ですのでアドバイスいただけますと幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アンプのパワー・アンプ段に問題が生じているように思います。

>ボリューム等ツマミは全て0にし、その他の接続している機器も外しましたが、電源を入れるだけで鳴っています。

これによりアンプのパワー・アンプ段以前の回路から出るノイズはほぼゼロになりますので、残る原因部はパワー・アンプ段とそこに電気を供給する電源部ということになります。

アンプは入力信号のインピーダンス (交流抵抗) を整えて電圧を増幅するプリ・アンプ段とトーン・コントローラやボリューム・コントローラなどの制御部を経て電流を増幅するパワー・アンプ段、各々に電源を供給する電源部に大きく回路を分けることができますが、ボリューム・コントローラはパワー・アンプ段の直前に設けられていますので、御質問者さんの試験により問題箇所はパワー・アンプ段とそれを駆動する電力を供給する電源部に絞られます。

>家の中の違う場所のコンセントも使ってみましたが、同じ様にノイズが出ます(これは何の確認にもならないかも知れません・・・)。

これによりアンプ内部の問題なのか、アンプ外部の問題なのかを切り分けることができます。

アンプは 1V/10kΩ (0.1mW) を 20W などに増幅する機器ですので入力信号の電力を (20W÷0.1mW=) 20 万倍近くにも増幅する能力を持っています。

電波を受信するアンテナは 100mV/300Ω (0.03mW) ほどの電力しか受信していないのですが、それでも上記の電力増幅率を当てはめると 20 万倍の 6W に増幅できるのですから、例え 1/1000 のノイズが混入したとしても 6W÷1000=0.006W (6mW) とスピーカーに耳を当てればブーンとかシャーとかいったノイズが聴き取れるようになってしまいます。

ボリューム・コントローラ以前の回路にノイズが混入して場合は音楽信号と共にノイズもボリュームで絞られますが、パワー・アンプ段でノイズが発生するとボリューム・コントローラが効かずに常にフルパワーでノイズを増幅してしまいます。

もしもノイズの原因が冷蔵庫やクーラーのような電源 (コンセント内) 電流を揺さぶるノイズを発生させるものによる影響であったり携帯電話や電灯或いはリモコン制御機器の待機状態のような電波を発するものによる影響であるならば、異なる電源及び電波環境になる筈ので別の部屋で試験することによって原因を切り分けることができるのですが、御質問者さんの試験によって電源コンセントからのノイズ混入や電波ノイズの混入ではないという推測ができます。

>左側のスピーカーではノイズはほとんどしておりません(ボーっという音が出ているといえば出ているという位でノイズとは言えないレベルだと思います)。

YAMAHA MSP3 はいわゆるパワー・アンプ内蔵スピーカーですが、パワー・アンプと言えども上記のように入力信号のインピーダンス (交流抵抗) を整えて電圧を増幅するプリ・アンプ段とボリューム・コントローラの制御部を経て電流を増幅するパワー・アンプ段、各々に電源を供給する電源部が入っている筈です (トーン・コントローラは入っていませんが・・・)。

パワー・アンプ部の最大出力は 20W となっているものの最大出力音圧に関するデータがありませんので、あくまでも推測ですが、1W 入力当たりの出力を 90dB-SPL/Wm と仮定した場合、最大出力音圧は 103dB-SPL/m となり、スピーカーから 5~6cm まで耳を近付けた際の最大出力音圧は計算上 115dB-SPL となることから、実効 S/N 比 (シグナル/ノイズ比) を 75dB と仮定すると 115-75=40dB-SPL のノイズが出てきてもおかしくはないことになります。

一般にトランジスタ/IC 方式アンプ部の S/N 比は 100dB とか 110dB とカタログ表記されるものですが、ボリューム・コントローラの抵抗変化やアース問題によって実効 S/N 比はボリューム・コントローラ位置によって変化するものであり、コントローラを絞った状態でもカタログ表記の 20dB から 30dB は悪い値を示すものと考えた方が無難です。

・・・とは言え、カセット・テープの再生音がドルビー HX NR をかけても実効 S/N 比 50dB 台 (ピークで 70dB 近く) なのですから 50dB の S/N が取れていれば音楽信号の中にノイズがあるとはなかなか気付かないものです。

通常、音楽を聴く時の音圧レベルは最大音量時でも 90dB-SPL ぐらい (耳の位置での値) ですので 50dB 低い位置にある 40dB-SPL のノイズは環境ノイズ (家の音から聞こえる音や衣擦れ音) に掻き消されてしまって気になるものではありません。

ヘッドフォンで聴いても 30dB-SPL 付近にある耳内血流音や自分の呼吸音が環境ノイズになりますので、70dB の S/N 比があればノイズがあるのかどうかも判らなくなるものです。

しかし、スピーカーに耳を近付けてしまえば上記仮計算のように正常なパワー・アンプ内蔵スピーカーでも環境ノイズとの違いを聞き分けられる 40dB-SPL ほどのノイズを間近で聴けるようになります。

ノイズ量が製品個体差の範囲内に収まる許容範囲にあるものなのか否かの判断は難しいところですが、左右でノイズ量が違うとのことですので、個体差の大きな製品を手にしてしまったということなのでしょうね。

>上記の場合、問題は電源なのでしょうか、スピーカーの内部の故障なのでしょうか?

上記の説明により、問題はアンプ内部にあり、スピーカーには問題がないと推測できます。
(スピーカーに問題があるかないかは「別のアンプ」に繋ぐことで確認できます)

「ボリューム・コントローラや入力端子とは無関係に、電源を入れただけでブーというノイズがスピーカーから聞こえ、ノイズ量は左右 (製品) 間で大きく異なる」という場合の原因ですが・・・

「ブー」あるいは「ボーっ」というノイズは上記の説明や文字表現から電源ノイズではないと思います。

電源ノイズは 50Hz または 60Hz が主原因となりますので「ブーン」というように最後に「ン」の文字を加える「唸り音」で表現するものですが、ブー」あるいは「ボーっ」では電源ノイズよりも比較的高い周波数領域まで幅広くノイズが分散していると推測できます。

このようなノイズである場合はアンプ (パワー・アンプ段) の内部回路で発信 (ノイズを発生) が起こっていると考えられるのですが、回路上にはトランジスタやコンデンサ、レジスタ (抵抗) といった素子が無数に接続されていますので、どの素子が発信しているのかを特定するのは「測定器」がなければ推測できません。

対策は「製品を換える」以外にありません。

個人的見解ですが、数万円以上のアンプに接続したスピーカーに耳を近付けるとノイズが感じられるというのであればアンプの異常を疑うのも「アリ」ながら、1 本¥18,000 のパワード・スピーカーのスピーカーに耳を近付けると「ブー」とか「ボーッ」といったノイズが聞こえるのは当然だろうと思います。

ちなみに真空管式アンプですと何十万円もする高額アンプでもパワー・アンプ段の S/N 比は 100dB にも満たないものですので、実効 S/N 比を下げるボリューム・コントローラや各種回路部をよほど気を付けて設計しないことにはスピーカーに耳を近付けた時に「ブー」とか「ボーッ」といったノイズが聞こえるのは当たり前ですよ(笑)・・・トランジスタや IC 式では 100dB 以上の S/N 比が当たり前なのでさすがに問題視する場合もありますが、1 本¥18,000 のパワード・スピーカーを問題視するのは贅沢かもしれませんね(笑)。

これも個人的見解なのですが、YAMAHA MSP3 のようなスピーカーはパワード・モニター・スピーカーと言っても「広い周波数帯域に渡って細かい音色変化を聞き分けるモニター・スピーカー」ではなく「楽器音の音量バランスが整っているかどうかを聞き分けるモニター・スピーカー」ですので、再生帯域がナロー・レンジであろうと多少ノイズが混入していようと問題視するようなカテゴリーの製品ではありません。(御質問者さんの環境ではおそらく「細かい音色変化のチェックはヘッドフォンでするべき」だろうと思います)

このようなスピーカーは何百万円もするようなモニター・スピーカーとは別に「ラジカセやミニ・コンポなどではどう鳴るかを調べるために」ミキシング・コンソール上にチョコンと置かれているもので、何百万円もする JBL や Ray Audio といったスタジオ・モニター・スピーカーが知られるようなったオーディオ全盛期の 1980 年代には AURATONE 5C というカー・ステレオにも採用されそうもない小さなスピーカーをよく目にしたものです・・・下記参照 URL

参考URL:http://speaker.kir.jp/hoka-f/5c.htm

アンプのパワー・アンプ段に問題が生じているように思います。

>ボリューム等ツマミは全て0にし、その他の接続している機器も外しましたが、電源を入れるだけで鳴っています。

これによりアンプのパワー・アンプ段以前の回路から出るノイズはほぼゼロになりますので、残る原因部はパワー・アンプ段とそこに電気を供給する電源部ということになります。

アンプは入力信号のインピーダンス (交流抵抗) を整えて電圧を増幅するプリ・アンプ段とトーン・コントローラやボリューム・コントローラなどの制御部を経...続きを読む

Qアンプの電源ONでスピーカーからブーンと音が

アンプの電源を入れるとスピーカーからブーンと耳鳴りのように鳴り続けます。
ボリューム0でも鳴ります。
何か対処方法はあるのでしょうか?
素人です。よろしくお願いします。


マクサー電機:商品名 MSC-SB
機能 マルチメディアサブウーハースピーカーシステム
●最大出力:総合24W(ウーファー18W+フルレンジ3WX2)●100mmサブウーファー●87mmフルレンジスピーカー●防磁型●4ピースレイアウトフリーシステム

Aベストアンサー

ノイズ自体がいろいろな場所から発生するものなので一概にこれが原因です。
ということが出来ません。申し訳ないです。
考えられる要因をひとつひとつクリアにしていくことが原因究明の近道だと考えられます。
電源の取口を変えてみる
1 家庭のコンセントの口ってあちこちにありますよね?例えば隣の部屋から延長してくるなどして見てください。
それで、ノイズがなくなるようならもともと繋いであるコンセントと同系統のコンセント口からとっている機器の干渉などが考えられます。今度は元々繋いであったコンセントにもどしてノイズ出しっぱなしにしておきます。
近くの機器のコンセントをひとつずつ引き抜いてみてノイズが止まることがあれば止まるときに抜いたコンセントの機器がノイズ発生源に成っていることもあります。
あと、蛍光灯のノイズなどということは?などなど考えればキリがないです^^;
とりあえずブーン=電源系を疑ってみたほうが良いですかね。
頑張ってみてください。
結果お待ちしてます。

Qボリュームを回すとガリガリ音が出る時の直し方?

ボリュームを回すとガリガリと音が出る時の直し方を教えて下さい。
メーカー製のパソコンを買った時によく付いてくる、アンプ内蔵のスピーカーについての質問です。
アンプ内蔵のスピーカーについているボリュームつまみを回して、音量を上げ下げすると、
ガリガリと大きな音がスピーカーから出ます。
ボリュームの抵抗体にDC(直流)が流れると、そうなりやすいと聞いたことがあります。

この直し方として次のどちらが根本的な修理方法なのでしょうか。
1.ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。
2.ボリュームを交換し、ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。

Aベストアンサー

すでに模範的な回答が出そろっていますので、補足の意味で
書き込みさせていただきます。

バリオーム(可変抵抗器)のイメージは左の図のとおりです。
カーボン皮膜を施してある面を摺動片が移動して抵抗値を
変化させる構造ですが、この面にゴミがとかキズが付くと
摺動片がそこを通過するときに「ガリ!」という不快な音を
たてます。

それならばゴミをとってやれば治りそうですが、これが
なかなかそう簡単にはまいりません。分解ができないのが
多いんですよ。
実際の部品は右図のような形をしています。小さな穴でも
あいていればそこから接点クリーナーを噴射してやれば
一時的に治ることもあります。でもしばらくするとまた
同じ症状が出てくるでしょうね。同形で同じ値の物と交換
するのがベストです。

余談ですが最近の器機はとことんコストダウンしているせいか
ここがすぐダメになるようです。安くなるのは歓迎しますが、
あまりに粗悪な部品を使うのはいかがなものかと思うんですが・・・

Qアンプ 歪みやノイズの原因

タイトル通り、アンプの歪みやノイズの原因を教えてください。
と言うのは、久しぶりに引っ張り出してきたアンプ(ソニーTA-F3)を作動させたのですが、Rchの音がもの凄く歪んでて、ノイズが大きいです。メーターも振れません。しかし、Lchは問題ありません。
詳しく説明すると・・・
・小音時 Lch:正常 Rch:音でない
・大音時 Lch:正常 Rch:盛大に歪む
・無音時 Lch:正常 Rch:大きなノイズ
こんな感じです。

30年前の機種ですので、修理する予定はありません。
この症状の原因を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

補足いただきましたので一つ一つ検証してみます。
(内部の信号を拾ってゆけば故障箇所がハッキリしますが
専門分野なので最も可能性だけの答えになりますが。)

・バランスボリュームをR側にすると、音が完全に消えます。
    音量を上げてもまったく無音(ノイズも無)の状態の場合
         入力端子接続ミス及びケーブルがしっかり差し込まれてないか断線
         ソース・テープ・セレクタSW接点不良(接点復活剤で改良可)

・問題のRchは、1W位(?)流さないと音が出ません。
     ANo.3さんのご指摘の保護リレーが有力ですね。直し方が過激ですが・・一過性で終わります。
    1. リレーを取り替えるのがベストですが分解して接点を磨く方法もあります。

・ボリュームを絞ると、音が出ません。
     ノイズも消えるのであれば正常なんですが・・・・
     2. ノイズが大きい場合はパワーアンプ部の故障など
      
・低音はかなり歪んでいます。
     1か2の可能性と単純にSP端子の接続ミスとSP故障もありうる(左右入れ替えてみればハッキリします。)
     
・ボーカルも同様に歪んでいます。
      上記と同じ

専門的な部分は別としてお答えしました。
この様に古いアンプの場合、完全に修理するとなるとアンプを買うより高く付きます。
Rchだけおかしいのであれば入力のコードからスピーカコードまで左右入れ替えたりツマミを動かして診てゆくと、どの部分がおかしいか見えてきます。

補足いただきましたので一つ一つ検証してみます。
(内部の信号を拾ってゆけば故障箇所がハッキリしますが
専門分野なので最も可能性だけの答えになりますが。)

・バランスボリュームをR側にすると、音が完全に消えます。
    音量を上げてもまったく無音(ノイズも無)の状態の場合
         入力端子接続ミス及びケーブルがしっかり差し込まれてないか断線
         ソース・テープ・セレクタSW接点不良(接点復活剤で改良可)

・問題のRchは、1W位(?)流さないと音が...続きを読む

Qホワイトノイズの原因と対策を教えてください。

現在,お気に入りの4ΩのSPを駆動するために,
ミニコンポをCD,MDプレーヤー,プリアンプとし,LINE OUT端子がないため,ヘッドホンジャックからパワーアンプにつないでいるのですが,ホワイトノイズが耳につきます。
CD,MD再生時に,ポーズにすると変わらずホワイトノイズが耳につくのですが,
無入力状態にすると聞こえないので,パワーアンプではなくミニコンポ側に問題があるように思います。
ミニコンポ附属のSP,ヘッドホンで聴いても,ホワイトノイズは聞こえません。
その他に,CDのポーズ時にボリュームをあげていくと,心臓の鼓動のようなパルス音も聞こえてきます。
こちらの方はミニコンポ附属のSPやヘッドホンにも出てくるので,
対応のしようがないように思うのですが,原因はなんなのでしょうか? 
パルス音はともかく,ホワイトノイズは何とかしたいと思いますので,
詳しい方,是非とも原因と対策を教えてください。

Aベストアンサー

ミニコンポのSP出力・ヘッドホン出力とも、ボリュームの大小に関わらず、常に一定のノイズ(ホワイトノイズ)が出力されています。

通常のSPやヘッドフォンで聴く場合は、ノイズ信号よりも音楽信号の方が遥かに大きいので、ノイズは聞こえません。
しかし質問者様のように、更にパワーアンプを接続した場合、ヘッドホン出力端子における音楽信号が通常時よりも小さくなっていて、相対的にノイズが大きく聞こえるのです。
(音楽信号はボリュームを絞ると小さくなるが、ノイズレベルはボリュームを絞っても小さくならないため)

パワーアンプ接続時のミニコンポのボリュームは、通常SPやヘッドホンで聴く時よりも低くなっていますよね? 要は、それが原因なのです。

解決法は、ミニコンポのボリュームを上げる(=上げられるようにする)こと。
手っ取り早いのは、No.1氏の回答の通り、抵抗入りの接続ケーブルを使うことです。
またハンダ付けOKなら、ご自分で固定アッテネーターを作っても良いでしょう。ヘッドホン出力の信号線とアースの間を2本(LRで計4本)の抵抗で接続し、抵抗の中点とアースから線を延ばしてパワーアンプに接続します。減衰比(≒2本の抵抗値の比)は1/10~1/20程度、抵抗値の合計は20~100Ωくらいになるようにすれば、市販の抵抗入りケーブルよりはずっと質の良いものが出来ます。
(但し、最低限押さえるべき箇所というかコツがあるので、若干の知識は必要です。難しくはないけれど・・・)

> 私は,ヘッドホンジャックには,ミニコンポ内のプリアンプ部を出た信号が出てくるのかと思っていました

違います。
ヘッドフォン出力は、小さいとはいえ「電力出力」が必要です。プリアンプは「電圧出力」で、電流は取れません。
また、プリアンプの方が圧倒的にノイズが少ないです。次にパワーアンプでもう1度増幅されるのが前提ですから、その分ノイズも小さいのです。

> ミニコンポのヘッドホンジャックのインピーダンスを実測してみますと,55KΩくらいでした。

これは、いわゆる「出力インピーダンス」ではなくて、単なる直流抵抗値ですね。
出力インピーダンスは間違いなく1Ω以下(多分0.1Ω以下)のはずです。もちろん、テスターでは測定出来ません。

> 普段聞く音量での,電圧は30~50mVでしたから,抵抗付きのコードを使うのはどうかなという気がしております。

「普段」というのが、どの接続状態(パワーアンプ有・無)の、どの出力(ヘッドフォン・通常SP・パワーアンプSP)なのかが分かりませんが。
レベルを合わせるための抵抗ではなくて、ノイズを減衰させるための抵抗と考えて下さい。

> でも,,貧乏なのです(恥)。

動作保証のない中古品なら、5000円位でかなり良いものが買えますが・・・無理ですかね?

ミニコンポのSP出力・ヘッドホン出力とも、ボリュームの大小に関わらず、常に一定のノイズ(ホワイトノイズ)が出力されています。

通常のSPやヘッドフォンで聴く場合は、ノイズ信号よりも音楽信号の方が遥かに大きいので、ノイズは聞こえません。
しかし質問者様のように、更にパワーアンプを接続した場合、ヘッドホン出力端子における音楽信号が通常時よりも小さくなっていて、相対的にノイズが大きく聞こえるのです。
(音楽信号はボリュームを絞ると小さくなるが、ノイズレベルはボリュームを絞っても小...続きを読む

Qスピーカーからの「サー」というノイズ

こんにちは。このたび、ONKYOの「INTEC205 BASE-T3X」というコンポを購入したのですが、
アンプの電源を入れると、たとえボリュームを0にしていてもスピーカーから「サー」をいうノイズが聞こえるのですが、これにはどのようにすれば消えるのでしょうか?
初歩的な質問で申しわけありませんが、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

>ところで、モンスターケーブルの様な高級なケーブルや、インシュレーターはこのようなノイズの軽減に役立つのでしょうか?

モンスターケーブルはおそらく刺さらないと言うか使えないと思います。使えればもちろんノイズ軽減にはなるとは思いますがせっかくのミニコンポなのにケーブルの取り回しがきついのではないでしょうか?

インシュレーターはノイズ対策用の物ではなくて音の良さを追求するための物ですのでこういったノイズ対策にはならないかと思います。

あまり高級じゃないパワー部分の部品を使っている物だとこういったケースはありますのでたぶんアンプ自体の問題ではないかと思います。

Qアンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法

アンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法を教えてください。 トリオのアンプKA900の修理中ですが、電解コンデンサーの容量抜けでDCもれが出ているようです。テスターでチェックできるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4ですが、さらに補足します。

アンプを適切に修理できるためには、少なくとも簡単なアンプの回路であればご自身で設計する程度のスキルは最低限でも必要になります。例えばその故障箇所が、ボリウム、セレクタ、リレー等の単純な機械接触不良のような故障であれば修理できるケースもあります。しかし半導体が故障して大きなDCオフセットが生じるようなケースでは、修理に危険も伴いますし、最低限でも回路を推定するくらいのスキルは必要になります。

例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初段の差動FETだな。これは初段にぶらさがるカレントミラーブートストラップだな。これは温度補償用のサイリスタだよね。これはバイアス調整用のTr。これはドライバー段の石だよね。そしてこれが終段のエミッタ抵抗だよね。
と、プリントパターンを追わずとも、かなりの部分まで推定できる必要があります。

だから一切手を出すなというのではなく、性急に修理結果だけを求めるだけでなく、回路を勉強するための書籍等はいくらでもあるわけですから、それらを勉強してから修理に臨んでも遅くないし、のちのち役立つと思います。

余談になりますが、過去の松下やヤマハはその回路よりもずっと複雑な歪み打ち消し回路等を含む膨大な石数で構成される魔窟のごとき複雑回路を組んでいました。単純なDCアンプの回路も推定/修理できないのであれば、むろんこれらには歯が立ちません。(もちろん私もそんなのを修理するのはマッピラゴメンです)

No.4ですが、さらに補足します。

アンプを適切に修理できるためには、少なくとも簡単なアンプの回路であればご自身で設計する程度のスキルは最低限でも必要になります。例えばその故障箇所が、ボリウム、セレクタ、リレー等の単純な機械接触不良のような故障であれば修理できるケースもあります。しかし半導体が故障して大きなDCオフセットが生じるようなケースでは、修理に危険も伴いますし、最低限でも回路を推定するくらいのスキルは必要になります。

例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初...続きを読む

Qスピーカーからの音が割れる

JBLのスピーカーを愛用し、20年近く経過しました。
ここ数年前から、音が割れます。ビビリ音です。
JBL(現在はハーマンint)に問い合わせしたところ、ウーファーの劣化ではないかと言われ、サランネットを開けてみると、やはりウーファーのスポンジ部分がぼろぼろで交換しました。
時期はずれたものの、左右2個ともコーン紙ともども交換しました。
それでも、音割れには関係ないようでした。
ヘッドフォンでは正常に聴けます。

音割れ解消法としては、CDをplayにした後、アンプのボリュームを素早く大小に回し、いわゆる大きい音を何度か入れてやると何故か音割れがしなくなります。
それでもソースによっては時々ビビリ音が入る時もありますが、ほぼ普通に聴けるレベルです。
ウーファーは新装してるので、ツイーターに問題があるのでしょうか?
ウーファーは簡単に取れるのですが、ツイーターは素人では無理な感じです。

それともスピーカーケーブル?アンプが原因でしょうか?

どなたかお分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

アンプにスピーカーの切り替えSWが付いていませんか。A、B、A+B、OFFとか。その接点が接触不良気味になると今の様な症状が出ます。大出力を送った時に酸化被膜が飛ばされ一時接触が良くなるが又再発の繰り返しではないでしょうか。でなかったら皆さんのいうようにアンプでしょう。プリメイン分離状態でLR逆にコードで接続して入れ替わればプリ部。同じだったらメイン部でしょう。

Qカーオーディオのノイズが原因は?

ヘッドユニットから外部アンプにウーハー用のRCAケーブルをつけてもらいました。ただエンジン始動して音楽を聞くとヒューンという感じのノイズが聞こえるようになりました。エンジンが回転していないときにはノイズはしません。
このラインは車の元々の電源線のそばを通しています。
このノイズは、この電源からのものなのか?それともエンジン回転による、アンプの電圧不足によるものでしょうか?
キャパシタはつけておりません。

Aベストアンサー

おそらく、ダイナモでの発電時に起きてるノイズが乗ってると思います。
電圧不足とか、キャパシターが無いからとか関係ないことになります。

一応、対策はないことないのですが、ノイズを殺す代わりに音質の良い所も消えてしまう可能性が有ります。
http://minkara.carview.co.jp/userid/121345/blog/15551011/
人様のサイトですがこんな感じでノイズを消す事ができます。
参考にされたらいかがでしょう?

ま、書かれてるとおりです。
バッ直とか、アース落とし位で消えればラッキーぐらいで思ってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング