C.E.Cの ちょい古 ステレオアンプを使ってますが、急に片チャンネルから出力しなくなりました。
左側は普通に出てますが、右からがナゼか出ません。
この場合、原因はどこらあたりの不良が多いのでしょうか?

メーカー修理も考えてはますが、どこかの接触不良ということもありませんか?
アンプ修理に詳しい皆様 知恵をお貸しください。
個人的にはボリュームかなと? と思ったりしてるんですが・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

この類のご質問多いですね。

アンプの故障も考えられますが
ピンケーブル等の単純な接触不良だったということもあります。

まず右が出ないのは全部の入力ですか?CD、FM、AUXすべてでしょうか?
もしも「CDだけしか使ってないよ」ということでしたら、右と左の入力を
差し替えてみてください。結果今度は左が出ないぞ、となったら犯人は
アンプではなく、CDプレイヤーかそれをつなぐケーブルということに
なります。

入力を差し替えてもやっぱり右が出なければ、今度はアンプに
備わっているツマミを全部一旦動かしてみます。普段は
使わないところも含めて全部です。特にスピーカーA-Bの切り替えは
使用頻度の低いこともあってか時々接点不良を起こします。

別のスピーカーをつないでもやっぱり右が出なかったんですよね。
ヘッドフォンをお持ちでしたら、これを差し込んでみてください。
ここのジャック部分もサビがついていることがありますので、
プラグを軽く廻すようにして、右のイヤーパッドから音が出ないか
確認します。

これだけやって、どうしても右が出ない!ウンともスンともいわない!
であれば、単純な接触不良ではなく、アンプ内部の電気的故障が
考えられます。どこそこの部品が怪しいなどと簡単には言えません。
大切なアンプならメーカー修理をお勧めします。

ちなみにですが、信号の増幅経路にダイオードは使われません。
使うとすればバイアスの設定箇所だけです。またLINEからの出力
は交流電圧のレンジで測定しますが、これは一般のテスターでは
無理です。電子電圧計(ミリバル)を使います。
    • good
    • 9

型式が不明ですがオーディオの足跡に出ている機種の中に同機種があれば、構造的には普通のメインアンプにセレクターを付けただけの物の様です。

出力としてテープ出力(REC OUT)は有りますが、セレクターで選んだ入力がパラに出るだけですのでバッファーアンプが入っている訳でも無し、有ったとしてもそれを介してメインに入力されるものでもありません。従いまして右チャンネルのパワーアンプが故障という事に成ります。スピーカー端子をショートさせたりしませんでしたか、保護のヒューズが飛んだとか(古い保護方ですので無いかもしれませんが)。
    • good
    • 5

addressX 様、お邪魔します。



まずアンプの型番が知りたいところですが、
接触不良程度ならご自分で修理されるということでしょうか?

まずプリ部とメイン部に分けて判断したいと思います。
プリメインアンプならばプリ出力かもしくはREC出力端子が
あると思いますのでその出力からLINE出力をもらって
テスターで出力の有無を調べるか、イヤホンなどに接続して
左右の音の確認をして見ます。
左右とも聞こえるならば、メイン段に問題ありです。
同じ方チャンネルが聞こえないならプリ部の故障、断線、接触不良かと
思います。
故障部位がわかれば、物理的に線が離れてたり燃えていたりしていないか
調べます。
後は電気的に破損しているわけですから、修理依頼をすることになると
思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

nokata様 かなり高度なチェック方法ですね。
まずはテスターを買いそろえなくては・・
詳しくありがとうございました。

お礼日時:2014/07/03 01:32

プリメインアンプには、ステレオ出力とモノラル出力の切り替えがあるかとは


思うのですが、L側・R側のどちらかで音声が出ない場合は、一度モノラル
出力に切り替えてみる。
それでも出力がない場合は基盤にあるR側のダイオードが破損をしている
可能性があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

モノラル出力にしてダイオードが破損をしているかを判断するとは凄く勉強になりました。
noname#196016様ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/03 01:29

まず「原因の切り分け」をしましょう。



スピーカーの接続コードがアンプに繋がっていると思いますが、アンプに繋いである部分で「左右逆」にしたら、どうなります?

・鳴らないスピーカーが左右で入れ替わった場合

スピーカーは正常なので、アンプの「右のスピーカー出力」から出力が出てないと判る

・鳴らないスピーカーが左右で入れ替わらない場合

アンプは正常で、右のスピーカーケーブルが断線したか、右のスピーカーが壊れたと判る

この回答への補足

判断コメントありがとうございます。
スピーカーを左右で入れ替はしませんが違う他のスピーカーの組み合わせをいくつかして 同じ症状です。

補足日時:2014/07/02 16:48
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビクター製オーディオアンプの左側ボリュームが働かず、スピーカーから大音量が出ます。

ビクター製オーディオアンプ(AX-S550)の左側ボリュームが働かず、
左側スピーカーから大音量が出ます・・・・・ボリュームの位置に関係無く。
又無信号時左側ボリュームを左一杯にした時、大きなガリ音が発生します。
アンプのカバーを外しボリュームを確認しますと、アルプスの刻印の上にゴム印にて
QVD8A7B-AF5VA 250KΩBX2 の捺印が有りますが
ボリュームを交換する必要が有るかと思い、調べても該当商品が御座いません。
良い対処の方法が御座いましたらお教え下さい。
多少ですが仕事の関係上電気の知識は御座います。

Aベストアンサー

http://audio-heritage.jp/VICTOR/amp/ax-s550.html

ここでは在庫無し 16ドルぐらいだったようですね。2000円に海外からの送料
https://www.encompassparts.com/item/4652866/JVC/QVD8A7B-AF5VA/V.resistor
ここも在庫無し
http://www.pacparts.com/part.cfm?part_no=QVD8A7B-AF5VA&mfg=JVC

オークション
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p496569690 あと3時間 4500円

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p495304279 5000円で終わり


もう四半世紀前のビギナー向けオーディオ製品
このころで既に若者のフルサイズのコンポーネント熱は冷めていました。
日本の一般向けオーディオ界が凋落し始めた時期ですね。

長くもたれるなら、修理できる能力がおあり(もちろん自己責任、もはやメーカーも責任持てません)だとして
ジャンク品をストックされたほうが良いですね。
いわゆる ニコイチ サンコイチ です。
現在代替品すら買うこともできないテープデッキを維持される志がある方は部品取りの為のジャンクを買い集めています。

http://audio-heritage.jp/VICTOR/amp/ax-s550.html

ここでは在庫無し 16ドルぐらいだったようですね。2000円に海外からの送料
https://www.encompassparts.com/item/4652866/JVC/QVD8A7B-AF5VA/V.resistor
ここも在庫無し
http://www.pacparts.com/part.cfm?part_no=QVD8A7B-AF5VA&mfg=JVC

オークション
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p496569690 あと3時間 4500円

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p495304279 5000円で終わり


もう四半世紀前のビギナー向けオーディオ...続きを読む

Qアンプのボリューム接触不良?

ボリュームを絞った状態からスタートすると最初左側が音が出ず8時以上の位置になると左右より出ます。ボリュームの接触不良でしょうか、ボリュームを注文し自分で交換したいと思います。問題ないでしょうか。SONY TA-F333ESGです。電気関係の修理経験少しあり。

Aベストアンサー

それはしかたのないことだと思いますよ。私も昔その症状で悩んでましたが結局メーカーの技術部門の人に聞いたところ、やはりかなり高級機種にならないとそれぐらいの差はあるとのことでした。8時以上で左右からでて9時までにヘッドホンでも左右の差が確認できないようであれば正常でしょう。それでもきになるようであれば一度メーカーのサービスの方に確認されてみてはいかがですか?交換はそれからでも遅くはないと思います。私も実際交換したことありますがやはりかわりませんでした。もしそれでも交換するのであれば、どうせならランクアップしてみてはいかがですか?端子類もいろいろ共通部品がありますのでサービスの方に相談されてみてください。

Qパワーアンプやプリメインアンプ修理の際のバイアス調整はアイドリング電流とは違うのですか?

パワーアンプやプリメインアンプ修理の際のバイアス調整はアイドリング電流とは違うのですか?

Aベストアンサー

アドリング電流を適正にするために、
バイアスや、オフセットの調整を行う。

Qデジタルアンプのボリューム

ケンウッドのR-K1000Nを使用しています。どうしても理屈が理解できないことがあり、質問しました。

フルデジタルアンプなので、ほとんどデジタル入力(SP/DIF)を使っていますが、CDプレーヤーのように出力信号が一定な機器はともかく、itunes等演奏機器(ソフト)側でレベル(音量)を変えられるものを演奏させた時、演奏機器側でできるだけレベルを低くして、アンプ側のレベルを上げる(下げない)で演奏さした方が反対のときより確実に音がいいのです。増幅方式はパルス幅変調アナログ化式です。

Aベストアンサー

はじめまして♪

デジタル接続環境と言う前提で、スピーカー直前までデジタル信号と言う状況だとしますと、かなり疑問点が有りますねぇ。

デジタル信号上でボリュームを絞ると言う事は、ビット数を減らす行為になります。

CDなら16ビットで最大値、ボリュームを絞って行けば、最大値が14ビット、12ビット、10ビットとなります。(つまり、情報量が欠落して行きます)

そのデータ欠落した信号をアンプ側のDSP(デジタル シグナル プロセッサ)で中間値や演算による予測値などで補完します、残念ながらオリジナルデータの状態が不明なので一致しない可能性があります。


この様な状況の方が「確実に音がいい」とおっしゃるなら、R-K1000NのDSPアルゴリズムがオリジナルより良い音を作り出す能力が有るのか、もしくは聴いた時に有る程度聴きやすいように演出された音に変わっている。他には、多少データを失い整理された状況の方が聴きやすく感じただけの勘違い? 

まぁ、音楽は芸術表現なので、演奏者のその場の音を出来るだけオリジナル通りに再現するのもオーディオの目標の一つですし、個人の好みに有った音で楽しむ「好音質」と言う方向も有りますので、音の善し悪し、好みと理論的な科学では違った結果に成る事が多々有りますからね。

例えば、奇麗な風景を高解像度の写真と、腕の良い画家の絵、どっちが高画質?って比較する方が間違いです。 写真も絵も見て楽しむ物で、オーディオも結果の音を楽しむ(だから音楽ONGAKU♪)物ですね。

私の様などちらかと言えばいまだにアナログ音源も好む場合、デジタル音源に関してはオリジナル性を根底に考えてしまいます。 先入観とも言えるでしょう。
御質問者様のように、疑問は有るけれど聴いた感じで直感的に評価されるのは重要な事でしょう。
特に最近のDSPは高度なプログラミングとアルゴリズムで、各社競争していますから、理論上とか数値上など科学的根拠以外にも聴いた時の感性による補完補正まで到達したのかもしれません。

オーディオは絵画の鑑賞と似ていて、同じ音でも人によって評価や感受性がちがってしまいますから、私のように論理的な解釈から視た場合、「こんな事あり得ない」と言い出す人も居るでしょうから、そういう人に自分の考えをぶつけて口論にならなようにしてください。

私はスピーカー工作が趣味の一つで、組み立てたら動かせなく成った大型スピーカーから、低音も高音もたいして出ない小型スピーカーまでそれぞれ楽しんでいます。同じ曲でも違った音で聴くと曲の違った良い部分が聞こえたり、あるジャンルの曲の個性的な演奏を楽しむ為にはアッチのスピーカーなんて言うのも楽しい物です。
個人的にはデジタルアンプのキットを組み立てたり、借用物でプロ用のデジタルパワーアンプを数ヶ月利用した経験も有りますし、真空管アンプも聴いた事があります。それぞれ特徴が有り、全部の良い面だけって言う機器は無いと言っても良いかと思います(あまり裕福じゃないから、他人の高級機は聴けても、車を買えるクラスのアンプなんて持ってませんけれどね。)

なお、ケンウッド製品は軽トラックのコンポと、旧社名のトリオ時代のFMチューナーを利用してます。 
通信機器が主流だったトリオ時代に社内のオーディオ好き技術者が独立したケンソニック(今はアキュフェーズ)と言う会社も、超高級オーディオで、世界に通用するメーカーになっています。
蛇足?余談? ついでに、社名がトリオの時代に、アメリカに販売する時、トリオブランドが商標問題で使えなかったので、大昔からアメリカではケンウッドブランドだったそうです。それで、トリオからスピンアウトした人たちの社名がケンウッドと音のソニックを組み合わせたケンソニックだったらしいですよ。

脇道かきこみが多く成り過ぎてごめんなさい。

演奏者の音を忠実に再現というハイファイ(Hi-Fi)高忠実度再生と言う考え方から理論的に考えますと、異論が多く成る状況でしょう。 しかし聴いてみて良かったと言う個人的感想は、きっと間違いなく「好音質」と言えますし、最近のDSPが非常に良く出来ていると言う技術的進歩の検証結果に成るかもしれません。

文字上で音を客観評価出来ませんし、まして同じ音を同時に体験しても人それぞれの意見が出るのが趣味の世界ですから、自分が良いと感じたらそれでオッケーです。

それにしても、理論的に考えがちな私を含め、面白い実験比較されましたねぇ。私ももっと柔軟な発想が出来る「やわらか頭」に成れるようガンバラナクチャ♪

はじめまして♪

デジタル接続環境と言う前提で、スピーカー直前までデジタル信号と言う状況だとしますと、かなり疑問点が有りますねぇ。

デジタル信号上でボリュームを絞ると言う事は、ビット数を減らす行為になります。

CDなら16ビットで最大値、ボリュームを絞って行けば、最大値が14ビット、12ビット、10ビットとなります。(つまり、情報量が欠落して行きます)

そのデータ欠落した信号をアンプ側のDSP(デジタル シグナル プロセッサ)で中間値や演算による予測値などで補完します、残念ながらオ...続きを読む

Qパワーアンプ クラウン D45 ボリュームについて

音楽を聴いて、音量をゼロにするとき・・・、対応するボリュームのゲージの目盛の数値は”0”ではなく”∞”となります・・・(汗)、


表示目盛は、一番右が0で、0から時計の逆回りに回転させると0から10、20、30、40、50と進み、最後は∞なのです。
ごく自然に考えると音が聞こえない状態が0で、時計の逆回りにボリュームをまわしてどんどん音量があがっていくように思うのですが、なぜか、逆なのです。

∞から、0へ向けて、時計回りにまわすと音が大きくなるのです。

故障又は配線の不具合なのでしょうか?ご存知の方お願いいたします。



最小の目盛で音を聞くと少し大きめの音なので、
最小の目盛の音をもう少し小さくしたいのですが
方法をご存知のかたがいましたら助かります。

たとえば、
プリメインアンプ以外の音響機器ででミキサーをつなげると良いと聞きました。
たとえば、D45はどんなミキサーで、配線はどのようにしたらよいのでしょうか?

夜も静かに音を楽しみたいと思い、質問しました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

A No.1 HALTWO です。

ありゃりゃ、Attenuator (減衰器) と言ってしまうと誤った使い方をされる可能性があるかなと思って Attenuation (減衰量) と Adjuster (調整器) とに言葉を分けたのに(汗)・・・。

まあ一般的には Level Attenuator とも言うのですが、Attenuator は元々 Resister (抵抗器) をパチパチ切り替える Rotary Switch であったことから、Rotary Switch の Image で言ってしまえば一番右側の「0」の位置が最も良い音になるのですが、D45 の場合は違います。

Rotary Switch 式ですと一番右側は Resister 素子のない Defeat (直結状態) となるのですが、D45 の場合は Potentiometer と呼ばれる可変抵抗器を用いた Controller になっていますので、一番右に回しきっても Resister を迂回した Defeat 状態にはなりません。・・・ちなみに一番左側に回しても回路を遮断するわけではないので実は ∞ にはならず、ほんのちょっと音が出ます。

9 時や 8 時の状態で用いるということは大きな抵抗状態で駆動させるということですのでほんの少し Controller を回しただけでも大きく音量が変わってしまう上に、僅かな障害 (Short 等) でも大きく音が変化してバリバリという Noise が出易い状態になります。

一方 3 時や 4 時といった全開付近で用いると今度は入力過多で歪が発生する可能性が出てきますし、そのような微弱な信号を扱っては初めから信号に Noise が混入していることでしょう。

D45 は LEVEL と記された 2 つの Controller の間に SIGNAL (緑) と IOC (赤) の Indicator がある筈ですが、Controller を右一杯に回してしまうと IOC (赤) の Indicator が点灯し易くなってきます・・・ちなみに IOC は Input Output Comparator のことで、入力信号と出力信号とを比較して出力信号に 0.05% 以上の歪が発生していると点灯するようになっています。

・・・ということで、D45 の場合は Pre-Amplifier や Mixer 或いは Pre-Main Amplifier の Pre-Out に繋いで D45 の Level Adjuster は中点位置で使うのが基本であり、必要に応じて 9 時から 3 時ぐらいまで回して他の機器に付いている Volume Controller を使い易い状態に調整してあげるのが正しい使い方です。

・・・しかし Level Adjuster を Volume Controller 代わりに用いたところで、そう簡単には壊れないようにしっかりとした保護回路や Fail-safe 機構を搭載しているところに特徴がある Pro' 用機器ですので(汗)、心配は要りません。

A No.1 HALTWO です。

ありゃりゃ、Attenuator (減衰器) と言ってしまうと誤った使い方をされる可能性があるかなと思って Attenuation (減衰量) と Adjuster (調整器) とに言葉を分けたのに(汗)・・・。

まあ一般的には Level Attenuator とも言うのですが、Attenuator は元々 Resister (抵抗器) をパチパチ切り替える Rotary Switch であったことから、Rotary Switch の Image で言ってしまえば一番右側の「0」の位置が最も良い音になるのですが、D45 の場合は違います。

Rotary Switch 式ですと一番右側は Re...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報