マンガでよめる痔のこと・薬のこと

最初は時々左チャネルからバリバリと小さな音が出ていた。この時にヴォリュームを0にしても入力ソースを色々変えても雑音に変化はなかった。そのうち、だんだん雑音が大ききなってきてついに電源オン後10秒ぐらいすると電源オフになる現象になってしまった。右側のチャネルは正常でヘッドホンでは問題なく音声が出る。何が主原因なのでしょう? 機器はONKYO A-933です。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    おっしゃる通り保護回路が働いているのだと思います。 プリアンプかメインアンプかの切り分けのため他機のプリメインアンプを入力としてA-933のメインアンプに入力しても現象は全く同じでした。
    コンデンサーやリレーを交換すれば治るのであれば廃棄すると思えばやってみたい。 どのように切り分けすれば問題の部位が分かるものなんでしょう?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/02/11 11:56
  • うーん・・・

    気まぐれです。 今、左右のSPをつなげて音楽を聴いてみたら、左SPからは少しザーという雑音がはいるものの音量を上げれば気にならない程度、但し、右SPは音量が小さい。 音量と音質は左SPが正しいと思われる。これで右側SPが正しい音量と音質になれば細かいことを言わなければ我慢できるレベル。 でも根本的に治っていないのであるから、また、おかしな現象になるでしょうが。。
    このように不安定なのは、やはり電流インバーターの故障なのでしょうね。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/02/11 17:25
  • うーん・・・

    その後、カバーを開けてあちこち軽く叩いてからは、ほんの僅かのノイズが感じられますが、まあまあ使えてます。 リレー(F4AK012T 2個)と電解コンデンサー(ELNA 12000uF 63V 2個)を折角発注したのに。。 まあ、いいか。 いつかまた、おかしくなるだろうなあ。。面倒なので、今度おかしくなったら破棄だな。

      補足日時:2019/02/17 16:31

A 回答 (4件)

語弊のある記述になってしまいましたが


私のデジタルアンプの理解度はその程度とお考え下さい。
デジタルアンプはメーカーごとに動作概念や動作理論は様々ですが
門外漢が俯瞰してみるとインバター回路(シロモノ家電用の応用)でしかないな、と。
専門知識を有する方が私の回答を読んだら指摘と罵倒を受けることは間違いないです。

デジタルアンプは基本的にDC漏れを起こさない回路と考えていました。
しかしあなたの質問を読んで、A933を調べて驚きました。
VLdigitalの「VL」が何の略称かは読み漏らしましたが
電圧を扱う回路に由来するものならばDC漏れが起きても不思議ではないです。

使える物ならば使い続けたい気持ちは理解できますが
DC漏れはスピーカーを壊すので早い時期に買い替えた方が良いです。
VLdigitalはオンキョウの自信作のはずで残念です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろとありがとうございました。
DC漏れはスピーカーを壊すというのは分かります。なんせ、スピーカ保護回路が働いて電源OFFになることもあるのですから。時に大きなバリバリにはびっくりします。ヘンテコですがLチャネルがダメなのでA+BスピーカのRチャネルだと何の問題もなく聞けます。
無論ステレオにはならないのでモノラル用途に限定ですが、サブウーファがつなげるので気に入ってます。まあ、意味がないので近々に廃棄かダメもとで電解コンデンサとリレーを交換でもしてみようかと。。 DC漏れの原因は多岐にわたるので素人ではそれぐらいが限界でしょうし。
狭い部屋なので気に入ってる小型のスピーカー(D-202AXLTD)が壊れても困るのでほどほどにします。
多謝です。

お礼日時:2019/02/13 10:09

申し訳ありません。


オンキョウの他のアンプと勘違いしていました。

A933はVLdigitalと呼ばれるデジタルアンプの一派ですね。
原因個所はパワーアンプ部で変わりないのです。
A/Dコンバーター部と電流インバーターの二段構成ですがおそらくは電流インバーターの故障です。
インバーター電源は直流(DC)駆動ですが故障によりスピーカー端子にDCが漏れています。
そのため保護回路が働き電源OFFになるようです。(これはアナログアンプには見られない仕様です)
この修理にはインバーター制御回路を点検するしかなく制御ICが故障していればお手上げです。
メーカー修理に出すか廃棄にするしかありません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バリバリ、ガリガリと大きな音が左SPから出て10秒程度で電源OFFになるので、ご指摘通り電流インバーターの故障の可能性大かもしれません。とても素人では手に負えないので修理は断念します。 ヘッドホーン端子からの音出しは正常なので暫くヘッドホーン用にして破棄しようと思います。 ありがとうございました。
ただ心配なのは、最初は時々小さなバリバリ音だったのが数日で大きな音になり電源OFFに至ったので、このまま使うと危険(火災など)かもしれないと。。。直ちに処分がいいのかも。

お礼日時:2019/02/11 16:05

切り分けによる故障個所の判断は出来ていますよ。


それ以上の深入りはプロでもないとできません。

DC漏れが起きています。
バリバリ音が出ていたのはそれの前兆現象です。
メインイン入力でも同じ現象が起きたのであれば
パワーアンプ部の左chのトランジスターのどれかが壊れています。
搭載されているトランジスターの一個一個を点検、測定して異常の有る素子を見つけること。
同じ型番か互換品のトランジスターへ交換する。
オシロで出力波形を見ながら調整を行わないと治りません。
コンデンサーやリレーのように付け替えるだけでは修理完了にならないので非常に厄介です。
専門業者に依頼するか廃棄した方が良いです。

オンキョウのアンプはDCサーボが万全でDC漏れは起きにくい回路構成です。
それにもかかわらずDC漏れが起きたのは相当に重症であると言えます。
ですので素人の手には負えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素人では手に負えないという事が分かりました。 A-933は筐体が小さいながらトロイダル型トランスという機器の半分を占めると思うほど大きくて重いのが2つもあり、見た目頑丈そうで電解コンデンサ(12000μF 63V)もきれいな状態で、内部はきれいだったので何とかならないかと思ったのですが。。 破棄するしかなさそうです。
「パワーアンプ部の左chのトランジスターのどれかが壊れています。」に納得です。
ありがとうございました。

お礼日時:2019/02/11 15:45

状況からして、左チャンネルのプリアンプ部のどこかが壊れて、異常信号が左のメインアンプに流れこんでいる状態なのかも?


で、雑音が大きくなって、電子回路やスピーカを守るため、保護回路が働いて電源オフになっている。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの配置について、教えてください。 7.5畳(約3.5m × 約3.0m)という部屋にスピー

スピーカーの配置について、教えてください。

7.5畳(約3.5m × 約3.0m)という部屋にスピーカーを置こうと思っています。

部屋の長辺に置くのと、短辺に置くのでは、それぞれどういった利点・欠点があるでしょうか?

Aベストアンサー

長辺に置くと壁の影響が減らせるがリスナーとの距離が取れない
短編に置くと壁の影響がでるけどリスナーとの距離が取れる
の違いがあります。
部屋の影響とはほとんどの場合が壁に反射してリスナーへ届く音を言います。
スピーカーからの直接音と重なって音が濁ったりステレオイメージの再現性が落ちます。
ですのでスピーカーの周りには何も置たくありません。
スピーカーとリスナーが接近すると中高音が耳に付きやすく低音感が不足します。
ある程度の距離を置いた方が低音感がよくなります。

なお部屋の影響としては他に定在波、フラッターエコーなどもありますが
実際に部屋で音を出さないと分からないのでここでは触れません。

部屋の影響を減らすと称する衝立状のアイテムが売られていますが個人的には眉唾モノです。
部屋が狭くなる、移動・再設置に手間がかかる、未使用時の収納に困る、意外に高額である等でお勧めできません。

仰せの部屋が直方体の空間なのか柱や梁が突き出て凹凸のある部屋なのか
家具や雑貨がどのように置いてあるのかでも変わってきます。
オーディオ専用の部屋でもない限り自由度が低いはずで実情を見据えながら設置してください。
強いて言えば短辺側にスピーカーを置いてください。
3mと十分な幅がありますから壁からの反射音は比較的軽いと考えます。

長辺に置くと壁の影響が減らせるがリスナーとの距離が取れない
短編に置くと壁の影響がでるけどリスナーとの距離が取れる
の違いがあります。
部屋の影響とはほとんどの場合が壁に反射してリスナーへ届く音を言います。
スピーカーからの直接音と重なって音が濁ったりステレオイメージの再現性が落ちます。
ですのでスピーカーの周りには何も置たくありません。
スピーカーとリスナーが接近すると中高音が耳に付きやすく低音感が不足します。
ある程度の距離を置いた方が低音感がよくなります。

なお部屋の影響と...続きを読む

Qレコードプレーヤーの針圧についての質問です。 使っているレコードプレーヤーはONKYOのCP-105

レコードプレーヤーの針圧についての質問です。

使っているレコードプレーヤーはONKYOのCP-1050 です。
このプレーヤーのカートリッジの仕様はー


カートリッジ部(OC-105)
形式
MM 型
負荷抵抗
47kΩ
出力電圧
2.5mV ±3dB
針圧
3.5g ±0.5g
交換針
DN-105ST
カートリッジ質量
5.0g
ヘッドシェル質量
10g

とあります。
市販の他のメーカーのカートリッジの針圧に比べると、少し重めなのですが。

針圧が重いと、素人考えではレコードの溝の痛みが早いのでは?と思ってしまいますが、どうなのでしょうか?

それからー

それぞれのカートリッジにあった針圧なのでしょうから、OC-105の針圧はこれが適正なのでしょうが、プレーヤーでレコードをかけていて音量を大きめにしたとき、レコード盤面の音が少し気になったりもします。

たとえば針圧の軽いものにヘッドシェルとカートリッジを交換すると、このようなレコード盤面の音は軽減されるでしょうか?

ちなみにプリメインアンプはmarantzのPM5005です。このアンプのボリュームツマミを11時くらいの位置まで上げたときに、レコード盤面の音が聴こえてきます。

できることなら、この盤面の音を軽減したいと考えています。
技術的に詳しい方がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

レコードプレーヤーの針圧についての質問です。

使っているレコードプレーヤーはONKYOのCP-1050 です。
このプレーヤーのカートリッジの仕様はー


カートリッジ部(OC-105)
形式
MM 型
負荷抵抗
47kΩ
出力電圧
2.5mV ±3dB
針圧
3.5g ±0.5g
交換針
DN-105ST
カートリッジ質量
5.0g
ヘッドシェル質量
10g

とあります。
市販の他のメーカーのカートリッジの針圧に比べると、少し重めなのですが。

針圧が重いと、素人考えではレコードの溝の痛みが早いのでは?と思ってしまいますが、どうなのでしょうか?

それか...続きを読む

Aベストアンサー

>針圧が重いと、素人考えではレコードの溝の痛みが早いのでは?と思ってしまいますが、どうなのでしょうか?

レコードの溝の表面をダイヤモンド針でこするのですから、「摩耗」が起こるのは当然です。それを覚悟の上での「アナログ盤」ですから。溝の痛みを気にするのであれば、「聴かない」のが一番という哲学的な悩みに立ち至ります。(刀を抜かずに相手に勝つ、みたいな)

それはさておき、「ダイヤモンド針」はずっと連続してレコード面と接触していますが、レコード面からすればその場所が針と接触するのはほんの一瞬です。それからすると、レコード面と針のどちらの消耗が大きいか、などと考えて、レコード面の消耗は針に比べれば格段に小さい、と慰めつつ音楽を聴くしかないと思いますよ。

逆に、針圧を軽くするとレコード面の凹凸でカートリッジが吹っ飛ばされ、その反動で針がレコード面に衝突するという現象を繰り返すことになるので、かえってレコード面やカートリッジに局所的・瞬間的な過大圧を加える可能性があり、昔から「きちんとトレースさせたかったら、針圧は「適正針圧の範囲内で重い方にする方がよい」といわれています。その方が「レコードと針が均一に接触を維持できる」ということです。当然、平均的に見たレコード面、針の消耗は少し大きくなると思いますが。

アナログを扱うには、使えば使うほどすり減るという宿命を甘受して使うしかないと思います。その中で、何の価値を最大限に引き出すかという「哲学」が必要になります。

当たり障りなく、気楽に気軽に楽しむなら、デジタルが一番です。

>このアンプのボリュームツマミを11時くらいの位置まで上げたときに、レコード盤面の音が聴こえてきます。

レコード面が「全く凹凸のない鏡面」でない限り、アナログなら必ず音がしますよ。レコード面の「S/N比」です。
レコード溝のカットを大きくすれば「S/N比」は向上しますが、記録時間は短くなります。そのトレードオフです。
それがアナログの宿命なので、それが気になるならデジタルにすることです。

>針圧が重いと、素人考えではレコードの溝の痛みが早いのでは?と思ってしまいますが、どうなのでしょうか?

レコードの溝の表面をダイヤモンド針でこするのですから、「摩耗」が起こるのは当然です。それを覚悟の上での「アナログ盤」ですから。溝の痛みを気にするのであれば、「聴かない」のが一番という哲学的な悩みに立ち至ります。(刀を抜かずに相手に勝つ、みたいな)

それはさておき、「ダイヤモンド針」はずっと連続してレコード面と接触していますが、レコード面からすればその場所が針と接触するの...続きを読む

Q音響スピーカーを見に行ったら、オンキョー&パイオニアというメーカー名になっていました。 ONKYOが

音響スピーカーを見に行ったら、オンキョー&パイオニアというメーカー名になっていました。

ONKYOがPioneerを買収したのですか?

オンキョーとパイオニアが合体した如何にも凄い良い音が出るであろうオンキョー&パイオニアの音を聴いたら、DENONのほうが良い音を出していたのは気の所為でしょうか?2社が合体しても勝てないくらいに日本の音響メーカーのレベルは世界的に見て低いのですか?

隣のYAMAHAのスピーカーから出てる音もしょぼかったです。

Aベストアンサー

どこの店舗にオンキョウのスピーカーを見に行ったのでしょうか?
どこの店舗でみてもオンキョウはオンキョウブランド、パイオニアはパイオニアブランドで販売されています。
{オンキョー&パイオニア}などと言うブランド名は存在しませんから店頭POPにもダブルネームで表示されてはいません。
どこを見てきたのか非常に不思議。
カタログ裏面の発売元表記には{オンキョー&パイオニア}となっていますがそれに気が付く人の方が稀でしょう。

{デノン}は以前は{デンオン}と呼ばれていました。
大昔は{電子音響株式会社}と称するれっきとした日本のメーカーです。
一時期は日立コロムビア傘下のオーディオブランドでした。
紆余曲折あって現在ではマランツと合併しD&Mを経営母体としています。

三社ともにオーディオ黎明期の1960年代から続く老舗オーディオメーカー、ブランドですが
オーディオバブルで拡大方針を取ったのが失敗の元で分不相応な会社規模にしてしまいました。
バブル崩壊、リーマンショックで販売数激減、オーディオ不況を乗り越えられずじり貧状態が続いています。
単独メーカーでは採算が合わなくなり吸収合併が行われ複雑な会社形態になっています。
製品面でいえば販売数量が低留まりで開発費用が潤沢ではありません。
かつてあった技術力、製造能力を放棄するしかなく、その面で低下傾向にあるのは否めません。

なお、音に対する嗜好は人それぞれであり好きか嫌いかで判断します。
あなたが悪いと感じた音も他人からすれば好きな音になることもあります。
あなた個人の判断を元に世の趨勢がそうであると判断してはいけません。

どこの店舗にオンキョウのスピーカーを見に行ったのでしょうか?
どこの店舗でみてもオンキョウはオンキョウブランド、パイオニアはパイオニアブランドで販売されています。
{オンキョー&パイオニア}などと言うブランド名は存在しませんから店頭POPにもダブルネームで表示されてはいません。
どこを見てきたのか非常に不思議。
カタログ裏面の発売元表記には{オンキョー&パイオニア}となっていますがそれに気が付く人の方が稀でしょう。

{デノン}は以前は{デンオン}と呼ばれていました。
大昔は{電子音...続きを読む

QフルレンジスピーカーのDCRについて

オークションで、スピーカーを求めています。説明に「DCRが左右の数値がほぼ同じで、マッチングよし」とあるのを見かけます。このDCRの数値の誤差の重要性、誤差の許容範囲、誤差による音質への影響など、教えてください。

Aベストアンサー

自分の回答を読み返してみたら・・・・・訳が分からん。
要約して書き直します。

DCRはボイスコイルの直流抵抗のことです。
純抵抗値になるので公称インピーダンスとは違う値になります。
スピーカーユニットの個体差を押し測るのにDCRは一つの指標になります。
しかし数多くある要素の一つでしかなく
電気特性だけを見て音質がどうなるかまで推し量ることは困難です。
DCRが直に影響するのはインピーダンスですがそれとて数値上で高いか低いかの違いしか分かりません。
数値が高ければ能率が落ちる、数値が低ければ能率が上がる程度の違いしか言及できません。

スピーカーはスペック上の数値だけでは音質が分かりません。
DCRが揃っているから音質も揃っているとは限らないのです。
許容誤差範囲内であるとする出品者の言い分を信じるしか無いです。

DCRの重要性について個人的見解。
一定水準の品質管理が出来ていれば左右での差は微々たるものでしか無く人の耳ではまず判断不可能。
従って気にする必要性を感じないので重要ではない。

Qオーディオアンプが壊れた?

KENWOODの古いオーディオアンプを使っています。
品番はKAF-7002で、購入は1993年ごろだったかと記憶しています。

先般、いつものように電源を入れると、いったん各インジケータが点灯したあとすぐにパチンという音とともに電源が切れて電源ボタンについているインジケータが点滅しました。
何度も同じ状態を繰り返したのち、やっと電源が安定して音がなりました。

昨日、本日とも同じ状態です。
説明書にはスピーカーがショートしているためにスピーカープロテクションが働いているためだと書かれていますが、スピーカーのケーブルにそれらしい箇所はなく、試しにスピーカーを外していても同じ症状です。
根気よく電源を入れたり切ったりしてやれば音が出せるようになりますが、これは説明書にあるようなスピーカーのショートではなく別の故障だと考えているいいでしょうか。

ひとつ心当たりがあるとすれば、昨年の秋にスピーカーからボリボリという音がして、あれ?と思った瞬間ボンという音で電源が落ちたことぐらいですが、その後は普通に使用できていました。

Aベストアンサー

明らかに電源か電源用リレーの故障です。その内に全く電源が入らなくなるでしょう。
そのまま使っていると他の部分まで故障する可能性が有るので使わない方が良いでしょう。
1993年製ではもうとっくに部品の供給はされないので同じアンプをオークションなどで探すか
他のアンプに買い替えするしか無いでしょうね。
自分で分解して直せる自信が有るなら別ですが。

Q自宅に40年前のパイオニアの大きなステレオがありますが、今中古で売っても全然買取額はつきませんよね?

自宅に40年前のパイオニアの大きなステレオがありますが、今中古で売っても全然買取額はつきませんよね?
そもそもこんなに大きなものは必要ない?

Aベストアンサー

40年前のパイオニアかぁ
スピーカーはエッジにウレタンが使われている可能性が高く、その場合はエッジが朽ち果てているので張替えが必要になります=ジャンク品
レコードプレイヤーは動けば使える可能性が高いものの1つですが、回転数がまともなら利用できるかな。リニアトラッキングなら絶望的だけど。でも動いても高値は期待できそうにない。1000円とか。
他のは、まず使えないかなぁ、コンデンサーがダメになりますからね。ジャンク品

意外と、ラックとかは使えるので、値段が付きますw

近くにハードオフっていう(古本で有名なブックオフの系統?の店)のがあれば、最低でも1円で買い取ってくれるはず。取りに来てくれるとかあったとおもうので店に聞いてみるのがよいです。
ジモティー?とかメルカルとかヤフオクとか、適当にさばくのも良いでしょうが、手間だと思います。10代の若い人に、タダであげるからバラして遊びな、みたいに使えれば一番なのですが。

捨てるなら有料になると思うので、なるべくお金をかけずに処分したいところですよねw

Qスピーカーの左右の音量が違う

スピーカー(YAMAHA NS-BP200)とAVアンプ(YAMAHA DSP-R795a)を買ってTV(2年前購入の4K)につなぎました。
ところがスピーカーの左からしか音が鳴らないのです。

スピーカーてアンプは付属のケーブルでつないでいます。何度も説明書で確認したので接続は間違いないです。
アンプとテレビは片方がRCA、もう片方はイヤホンステレオジャックなので、テレビのイヤホンジャックに挿しています。

対処としましては、
1.スピーカーを左右入れ替え
2.もう一度ケーブルをしっかり接続
3.イヤホンジャックの抜き差し

をしましたところ、3をすればなおることがわかったのですが、時をおいたり、機器の電源を落としてまた入れるとやはり右側が鳴ってない、もしくは音が小さくなっているのです。

RCAケーブルは新品ですし、接点復活剤なども使いましたが3を繰り返ししている状況です。

アンプだけ特に古く、中古だということも気になりますが、テレビのイヤホンジャックの抜き差しでいったんは改善されるので…

何か原因および改善策はあるでしょうか?
オーディオにそんなに明るくないのでできればわかりやすい言葉でアドバイス頂けないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

スピーカー(YAMAHA NS-BP200)とAVアンプ(YAMAHA DSP-R795a)を買ってTV(2年前購入の4K)につなぎました。
ところがスピーカーの左からしか音が鳴らないのです。

スピーカーてアンプは付属のケーブルでつないでいます。何度も説明書で確認したので接続は間違いないです。
アンプとテレビは片方がRCA、もう片方はイヤホンステレオジャックなので、テレビのイヤホンジャックに挿しています。

対処としましては、
1.スピーカーを左右入れ替え
2.もう一度ケーブルをしっかり接続
3.イヤホンジャックの抜き差し...続きを読む

Aベストアンサー

~HDMI変換での接続にした場合テレビリモコンで音量調整はできるでしょうか?~

不可能です。
HDMI-RCA変換器で出力されるのは映像と音声の信号のみです。
システムコントロール信号は変換器から先へは出力しません。

イヤホン出力はTV側で音量調整可能です。(従ってTVリモコンで調整可能)
RCA出力(が装備されていたとして)や光出力の信号はTV側では音量調整できません。
RCA出力、光出力で繋いだ場合はAVアンプのボリュームで調整します。

ARCは{オーディオ・リターン・チャンネル}のことでHDMI端子の末席にアナログ音声信号の経路が設けてあります。
今回の音量調整不可の事象とは無関係です。

TV側HDMI→AVアンプ側HDMIで接続した場合にのみ
システムコントロール信号を共有できるのでTV用リモコンでAVアンプの音量調整が可能になります。
HDMI端子同士で接続すると色々と利便性が向上します。
個人的には新型AVアンプの購入をお勧めします。

Qアンプのノイズ改善について。 古いアンプの、ブーンというノイズが大きいので、先日全ての電解コンデンサ

アンプのノイズ改善について。
古いアンプの、ブーンというノイズが大きいので、先日全ての電解コンデンサ-を一掃しました。
結果、ノイズの音質が変わっただけで、ノイズ根本の根絶にはなりませんでした。

プリのところに、トランジスタC693とK30Aがあり、互換表を確認したところ手持ちの1815Lが693の代わりに使えるのがわかりましたので交換してみました。
するとかなり改善されブーン音は小さくなりました。
これをさらに出ないようにしたいのですが、K30Aも交換すべきでしょうか。

もしくは、フィルムコンデンサ-等も交換してみるべきでしょうか?

Aベストアンサー

回路構成が不明なのでいい加減な回答しかできません。

トランジスターにはPNP型とNPN型がありそれらでプッシュプル回路を構成しているものがあります。
PNP型とNPN型のそれぞれを動作特性を測定し近似値同士でペアを組まないと安定動作しまん。
トランジスターは同じ製造過程、同じロットでも個体差が大きく動作特性にバラつきが出ます。
同じロットで20個、30個、あるいはそれ以上の数で購入して測定と選別を繰り返しコンプリペアを探さなければなりません。(選別から漏れたらゴミ箱へ)
偶々手持ちがあるからと交換しまくっても問題は起きるのです。
回路の都合からPNP型かNPN型が単体で使われることがあります。
それであれば手持ちの素子でも問題は起きにくいです。
2s-K30Aも単体で使用されているはずですから交換を推奨します。

交換した後に調整が必要と回答したのは動作特性のバラつきを回路上の調整で吸収するためです。
通電直後と連続通電後とでは動作状態が変わるのでそれを見越した調整も必要です。
ただし調整範囲が限定的なので根本的なバラつきを押さえ込むには至りません。
古いアンプは基板上に調整トリムが多数装備されていますがどれをどの程度回すのか見当が付きません。
サービスマニュアルを片手にオシロと睨めっこになります。

電解コンデンサーならば数値の条件さえ満たせば遠慮なく交換できます。
しかしトランジスターは前述のごとくで事前に手順を踏まねばならず
交換後も調整が必要になるので機材を持たない素人がDIY修理するには敷居が高いのです。
修理が趣味ならば止める筋合いではないですが
実用品として見た場合にそこまでの投資に見合う成果は無いと考えます。
適当なところで見切りを付けましょう。

なおフィルムコンデンサーは経年劣化は起きにくいです。
劣化速度が極めて遅いので40年前のモノでも十分に使えます。

回路構成が不明なのでいい加減な回答しかできません。

トランジスターにはPNP型とNPN型がありそれらでプッシュプル回路を構成しているものがあります。
PNP型とNPN型のそれぞれを動作特性を測定し近似値同士でペアを組まないと安定動作しまん。
トランジスターは同じ製造過程、同じロットでも個体差が大きく動作特性にバラつきが出ます。
同じロットで20個、30個、あるいはそれ以上の数で購入して測定と選別を繰り返しコンプリペアを探さなければなりません。(選別から漏れたらゴミ箱へ)
偶々手持ちがあるから...続きを読む

Qネジでないカメラ三脚の雲台、用途は?? 教えてください。

4段、エレベータ付きの小型の三脚を入手しました。小さいだけでなく、軽く全体にきゃしゃで、安っぽい印象です。
問題は写真の様に雲台のネジがなく、長さ4mmの棒状の物になっていることです。太さはカメラ本体側の雌ネジに全く入らない径です。
これは何に使う雲台なんでしょうか?
単なるエラーなんでしょうか?
是非、ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三脚ネジになるはずだった部材がネジ山加工の工程をすっ飛ばして雲台部に付いちゃったのかなぁ・・・だとすると検品も相当いい加減だろうから、勉強代と思って、真っ当な三脚を買ってきた方が(^-^;

説明文的に凝った造りじゃ無いんで考え難いコトだけど・・・「カメラの三脚ネジ穴に入らない」「ネジ山が無い」のなら、ネジ山を保護するキャップが付いたままとか・・・実際に保護キャップが付いた雲台も珍しくないんだけど、それらのキャップはプラスチック感満点、見るからに「保護キャップで~す」って顔で鎮座していたからなぁ。
試しに中央の突起部をペンチで摘まんでねじってみたらどうなるんだろう?


因みに、写真の右側にある小さな突起は、「ビデオボス」といって、ビデオカメラを載せたときにボス穴に引っ掛けてカメラの回転防止・水平出しに使用するための突起。
ビデオボスの多くはボス用の穴のないカメラを載せたときに引っ込むようなバネ仕掛けになっているけど、裏側からネジを回すようにしてして抜く半固定式のビデオボスを載せたモノもある。

QBCASカードなしで中古の地デジチューナを買ったのですが

既に使っている地デジチューナのBCASカードを取り外して
中古の地デジチューナに挿入すれば
この中古の地デジチューナは使えるようになるのでしょうか?
またその後、元の地デジチューナにBCASカードを戻した場合に
元の地デジチューナも使えるでしょうか?

つまり、同時に使わなければBCASカードを差し替えすることによって
2つの地デジチューナに1つのBCASカードを共用できるでしょうか?

Aベストアンサー

出来ますよ


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング