[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

初めてのチューリップの球根を2か月ほど前に購入し、プランターに深植えしたのですが、本来は浅植えだったと知りました。
プラスチック製のごく普通の長方形プランター(深植え用でない)なのですが、今から植え直しほうが良いのでしょうか…。あまりいじらないほうがよいのでしょうか。
合わせて、芽が出るまでの水やりと置場についても疑問が…。
当初日陰に置いていたのですが、土(市販の培養土)の表面が乾く気配がないので日向に置いていますが、それでもほとんど土は乾きません。
加湿はよくないかと見守っていますが、水やりの目安が知りたいです。ちなみに東京在住です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

チューリップって結局適当に栽培されても奇麗な花が咲くのでいろいろな栽培方法の例があるのですが基本と言われているものを書かせていただきます。



鉢植えの場合球根のてっぺんが表面から2センチ程度の場所に来るようにします。
球根間は最低でも球根1つ分程度あけて並べます。
しかし今年だけ使う球根であれば、プランターに敷きつめて育てるとゴージャスな鉢植えになります。

植え付けは10月頃が良いです。

根は傷めると生長せず、傷口からのウイルスにも注意が必要です。
根がしたに伸びようとするとき多少球根が浮き上がるので、今年はそのまま植え付けて、横に根が伸びることを祈りましょう。

冬場も水やりが必要です。
ユリの場合怠ると最悪枯れますが、チューリップはそこまではいきません。しかし表面が乾いたら水を与えます。
凍結は極力避けるため水やりは朝方に行い、夕方以降は避けるのが賢明です。

芽が出るまでは日陰でもかまいませんが、来年も球根を使うのであれば、日当たりのよい場所に置きます。
冬場も室内に取り込んではいけません。
ユリと同じで、寒さ当てないと正常な発育が行われません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答をありがとうございます。
根が横に伸びることもあるのですね。球根間は充分にあけて植えたので、隙間を縫って広がってくれることを祈りたいと思います。
あまり神経質にならなくても育ってくれる花だと分かり、安心しました。

お礼日時:2009/11/14 23:06

No2です。

最近はチューリップは植えてませんが、昔は沢山植えてました。その経験からでは、現在は休眠状態です。
土に埋めずに完全露出状態で冬期を越させてても、2月末から3月上旬頃になると芽が出て来ました。
それから植えても4月には立派な花が咲きます。
チューリップに関しては、寒さを与えなければ立派な花は咲きません。
温室栽培のような育て方は厳禁です。球根が凍る寒さが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
土に埋めずとも芽が出るなんて、チューリップの生命力はすごいですね。厳しい環境を超えてこそ立派な花が咲くのですね。
その生命力を信じてみたいと思います。

お礼日時:2009/11/14 18:58

微妙なタイミングですね


植えない球根は#2さんの言うように変化が少ないが
さすがにはるまで何の変化もなくは無いです

透明な容器で水栽培すれば判りますが早い時から根は伸びます
根は1度折れると再生長しません

根が伸び出している段階での植え替えは根の回復不可能な深刻なダメージを与えかねません

植え替えしないことを推薦します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。根が出始めていたら植え替えしないほうがいいのですね。慎重に探ってみたいとおもいます。

お礼日時:2009/11/14 11:27

まだ間に合います。

球根は何の変化もしてないはずです。
球根の先端部が隠れる程度で充分です。水やりも不要です。
チューリップに必要なのは寒さなのです。寒さを与えないと春に花が咲きません。春先に芽が出て来たら、水やりを始めて下さい。
それまでは、土が乾いても大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そーっと様子を見ながら植え直しを検討してみます。芽が出るまで水やり不要とは…#1さんと正反対なので迷ってしまいますが、tpg0さんはその方法で毎年成功させていらっしゃるのでしたら心強いです。

お礼日時:2009/11/14 11:25

購入して直ぐに植え付けをされたのでしょうか。

もしそうなら早過ぎま
す。基本的には10~12月中旬が植付け時期ですから、もしかしたら
根も出ていないかも知れません。基本的には年内中に根が伸び揃うと言
われているので、出来れば植え直された方がいいかも知れません。

花壇などの地面に植える時には、球根の3個分の深さにします。植木鉢
やプランターの場合は、球根の芽が出る先が少し地表に出るように植え
付けをします。植木鉢やプランターでは土の量が限られていますから、
深植えにすると根が広がるスペースが無くなってしまいます。

チューリップの場合は冬場でも根が生長するので、用土は乾燥気味にさ
せないように水遣りには注意が必要です。他の植物に関しては多少は土
が乾く事も必要ですが、種類によっては用土を乾燥させない方が良い事
もあります。

水遣りの目安ですが、これは難しい質問ですね。
栽培をされる方が住む地域の気候や環境、用土の種類によって水遣りの
方法が異なります。チューリップだけでなく他の鉢植え植物の乾き具合
を日頃から良く観察して、時期によって乾き具合が変わる事を調べる事
が大切です。水遣りは簡単に思う方が多いのですが、実際は水遣り一つ
で植物を生かすも枯らすも決まってしまう重要な作業になります。
水遣りが上手な人は、栽培も上手だと言われます。
誰でも鉢土の内部の湿り具合は分かりません。千里眼を持つ人なら鉢の
中がどうなっているのかわかりますが、この世の中に千里眼を持つ人な
んていませんから、僕が日頃から行っている方法を試されて下さい。
方法は簡単で、バーベキュー用の長い竹串を鉢底まで挿すだけです。
定期的に抜いて見て、自分の乾いた指先で湿りを確かめます。再び挿す
時には、別の乾いている竹串を挿すようにします。湿った竹串は乾かせ
ば再び使用可能です。この方法は全ての鉢植え植物に使えます。

この回答への補足

詳しいご回答、ありがとうございます。
植え付けは10月に入ってから行いました。12月までできるのですね。そーっと堀りなおして様子を見てみます。

補足日時:2009/11/14 11:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチューリップは植え替えられるか?

ガーデニング初心者です。
昨年初めてチューリップを栽培しましたが、どれもキレイな花を咲かすことができました。ただ花壇の構造上、一方向からの日照しかないためチューリップが全部斜めに伸びてしまい、少々不恰好になってしまいました。
そこで考えたのが、今年は大き目のビニールポットで1つ1つ栽培し、ある程度育った(蕾がつく直前まで)後に花壇に植え替えしようかと思っています。
そういう栽培は可能でしょうか?チューリップは植え替えが向いていないと聞き、迷っています。
どうぞアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

出来なくは無いとは思いますが色々問題が

プランターに植える時もですが 球根の頭がでるくらいに植えます
なるべく根の伸びるスペースを確保するためです
浅く植えつけると 根の伸びる力で球根が持ち上げられてしまうことがあります
球根の根は1度折れると生長が止まってしまいます 枝分かれはしません
根の伸びるスペースが少ないと根が張れず 地上部の生育が鈍化します
地下は温度変化が少ないけど ポットだと 外気の影響をもろに受け ストレスとなる

こう言うことを覚悟の上なら・・・・

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Q鉢植えのバラが枯れたのを復活させる方法

鉢植えのバラ(つる性)を購入し、水のやりすぎに注意するように言われました。
これから花が咲き、その後、花壇に植え替える予定でいました。

しかし、ふと気が付くと、枯れたような感じ(茎は青々としているんですが、葉がしおれ、カレカレになっているところも多い)になってしまったんです!
もちろん、土は乾いています。。。

おととい気が付き、水は欠かさずやっていますが復活する兆しがありません(泣)

どうしたらいいのか、何か方法がありましたら教えていただきたいのです。
復活は無理でしょうか??

Aベストアンサー

水のやりすぎかもしれません。表面が乾いたら下から水が流れるくらいたっぷりとやってください。どのくらいの大きさの木かわかりませんが枯れかかっていると思われます。えだを30CMくらいまで切り詰めた上で新しい鉢に植え替えて、来年の芽ぶきを期待しましょう。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qチューリップの芽が出ない場合

植えてから1ヶ月はたっていると思いますが(はっきり覚えていません)、鉢に植えたチューリップの球根から芽が出てきません。
参考にしたサイトでは1ヶ月ほどで出てきたようなので、気になり掘り返すと買ったままのような感じで芽も根も出ていませんでした。
腐った状態も知らないのですが、硬く色も白かったので腐っては無かったと思います。
とりあえず土の中に戻しました。

深い所に植えたつもりですが、地上から3センチくらいの所だったのがダメだったのでしょうか?
温かいと芽が出ないみたいなことを書いていたので、10月はまだ暖かかったからそのせいでしょうか?(関西在住です)

この場合、もう一度土を替え、植え直した方が良いのでしょうか?(同じ土で良い?)
それとももう1ヶ月ほど様子を見たほうが良いのでしょうか?
アドバイスをいただきたいです。

よろしくお願いします。

ちなみに球根はコー○ンで40円ほどで買った球根です。
日当たりの良い所に置き、水も表面が乾いたらあげていました。

Aベストアンサー

掘り返して埋め戻した時が植え付けた時として2月頃まで待ってください。
勿論、屋外において。

今、球根内の養分を芽に集めて、葉、茎、花の成長が一気に出来るように準備して、時を待っています。
何もしないのが一番の養生です。
この時期に何かやってしまうと、葉に奇形が出たり、花が上手く開かなかったりします。

育てる方もじっと我慢の時期です。

ちなみに、わたし、クリスマスが終わってから苗木屋から表向き一つ10円で買ってきます。
1000円払うとありったけ押しつけられます。200個位有りますので、一つ5円になります。
時々品種改良したすごいのが混じっていますが、花びらが尖っていたり、何か気味の悪い感じのもあります。
正月前に植えますが、他の方々と開花時期が遅いと言う事もありません。(地植ですが)

Q花が咲かなかったチューリップの球根

昨年の秋にチューリップの球根を鉢植えしたのですが、葉と茎までは出てきたものの、とうとう花がひとつも咲きませんでした。このような球根は堀上げて今年の秋に植え直しても花は咲かないのでしょうか?条件が異なれば、咲くようになるのでしょうか?

花が咲かなかった原因も合わせて教えていただけると参考になります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>とうとう花がひとつも咲きませんでした。
>>花が咲かなかった原因も合わせて・・

購入した球根が余程小さくなければ、まず花は咲くはずです。一般的な園芸種の場合、親指と人さし指で輪を作って、その輪を通らなければ十分開花が期待できます(実際はもっと小さくても咲きます)。原種系の場合、更に小さく、ラッキョウ位の大きさでも大抵開花します。

そのくらいのサイズでも開花しなかったとしたら、植えるのが早すぎたか遅すぎたか(寒くなってから~年内までが良い)、開花前に過度に乾燥させてしまったか、密植しすぎて十分根が張れなかったか、鉢に深く植えすぎて根の張るスペースが足りなかった(地植えなら、下にいくらでも土があるので深植えで良いが、鉢で深植えにすると結果的に球根下の土が少なくなってしまう)か、日当たりが極端に悪かったか、土が合っていなかった(酸性が強い土はあまり向かない)か・・などが考えられそうです。どれか一つが原因という訳ではなく、いろいろな要因が重なってそうなったのではないでしょうか。

もしかしたら、買った球根に花芽が出来ていなかったという可能性もあります。普通、球根には既に来年の花芽が出来ているのですが、育成の失敗でそれができていなければどうしようもありません。

>>今年の秋に植え直しても花は咲かないのでしょうか?条件が異なれば、咲くようになるのでしょうか?

今年花は咲かなくとも、自然に枯れるまでしっかり陽にあてて新しい球根に栄養を貯めれば、来年咲く可能性は十分あります。うちでは、掘り上げた球根で何年も咲いていますし、原種系といわれるチューリップ(レディジェーンやライラックワンダーなど)は庭に植えっぱなしでも、しぶとく花を咲かせます。

今回どういう植え方をしたのかわかりませんが、鉢植えにするなら、水捌けの良い土を使う、土に石灰(消石灰、苦土石灰など)を適量混ぜてみる、過度に密植しない(球根同士に2個分以上の間隔を空ける。他の植物と寄せ植えにする場合も同様)、11月~年内に植える、球根を植えたら、土を芯まで乾かさないように適度に水をやる(やりすぎは逆効果)、十分陽にあてる、などに注意すればきっと花は咲くはずです。

ちなみに、球根には開花までの養分は十分蓄えられているので肥料がなくても花は咲きます。来年も咲かせたい場合は、新しい球根を太らせるために花後に肥料をやります。植え付け時に肥料をやっても生長する頃には殆ど効果がなくなっていますから、花後に置き肥や液肥で与える方がベターです。もし植え付け時に肥料を混ぜたいなら、半年~1年効果が持続する肥料(マグァンプなど)を使用しましょう。

>>とうとう花がひとつも咲きませんでした。
>>花が咲かなかった原因も合わせて・・

購入した球根が余程小さくなければ、まず花は咲くはずです。一般的な園芸種の場合、親指と人さし指で輪を作って、その輪を通らなければ十分開花が期待できます(実際はもっと小さくても咲きます)。原種系の場合、更に小さく、ラッキョウ位の大きさでも大抵開花します。

そのくらいのサイズでも開花しなかったとしたら、植えるのが早すぎたか遅すぎたか(寒くなってから~年内までが良い)、開花前に過度に乾燥させてしまったか...続きを読む

Qペチュニアの挿し芽

ペチュニアとかサフィニア(一般的なタイプ)を挿し芽する時の、コツを教えて下さい。

赤玉土の中粒で、花芽を取った4~5センチの先を、ポットにさして、部屋に置き、時々霧をふきかけてるのですが、どれも根づきません。
2週間ほどもって、大丈夫かなと思ってたら、やっぱり、葉が黄色くなってきて、挿したところが、くさってきてました。

一度、使用した後のポットを使うのがいけないんでしょうか?
同じ方法で、ゼラニウムだったら、たいてい、根付くのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。
挿し木には剪定バサミで5~10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
花芽が付いてる枝ではなく花芽の付いていない枝の先端で葉は上の方の葉を1~2枚だけ残し他は鋏などでカットして挿します。
挿し木は前もって水を含ませた土に1時間ほど水揚げをした枝を割箸等で穴を空け全体の2分の1から3分の2を土に差しぐらつかないようにして半日陰で1~2か月すると発芽発根しますので定植しますが、その際込み合って植えている場合は細根を切らないように一寸水遣りを控えて乾かし気味にして隣の根と絡まないようにしますが、そうでなく離れている場合は湿った状態で多少広め深めに根を切らずにシャベルで取り出して植付けます。
ペチュニアは春と秋に挿し木ができますので再度チャレンジしてみた下さい。
下記参考URLにペチュニアの育て方のHPを添付しましたのでご参照下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/he_00001g.htm

挿し木には細菌などがいない清潔な土で肥料分が無いものを使うのが良く園芸店で売っている挿し木用の土やパーライト、バーミキュライト、赤玉土などが適切です。
挿し木には剪定バサミで5~10cm程の長さに切り揃えて土に挿す部分を良く切れるカッターで斜めに切り直します。
ハサミで切るとどうしても形成層を潰しまってカッターで切り直した時に比べて発根が劣ることがありますのでカツターを使用することをお勧めします。
そして斜めに切るのは水管の表面積を大きくして吸水し易くするためです。
花芽が...続きを読む

Qチューリップの茎がのびません

昨年、10~11月ごろに花壇に、チューリップの球根を植え、発芽したので成長を見守っていたのですが、茎が伸びず全長10センチ(地面から花の頭まで)ほどで花が咲いてしまいました。
私としては、良く見かける茎の長いチュ-リップを期待してたので少々がっかりです。
何がいけなかったのでしょうか?
ガーデニング初心者なので、球根植え付け時には、球根を購入したホーム用品店のガイドブックを見て植えました。
それと、20球以上植えたような記憶があるのですが、10球ほどしか、まだ発芽していません。
これからの発芽は、期待できるでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

矮性(背が低い)の品種もありますが、それではないですか?それから、原種系も小さいです。

ではないとしたら、はっきりわからないのですが、チューリップなど秋植え球根の大半が、低温と水分を必要とし、また植え替えができません。
お住まいがどこかわかりませんが、非常に温暖な地域でしたら、うまく行かない場合があります。
また、生育中に水切れがあるとこれもうまく行きません。
植え替えしてしまうと、これもよくありません。

これらについてお心あたりはありませんか?

芽が出ていないのは・・・残念ですがこれからの発芽はあまり期待できないと思います。
植えたあたりをそっと掘ってみて、球根があるようなら来年(というか、今年の秋ですね)出てくるかもしれません。
でも、たぶん溶けてなくなっているのでは??
溶けた原因は、病気、過湿(水はけが悪くて腐った)などでしょう。

来年もチャレンジして下さいね。今度はきっときれいに咲きますよ!^^

Q6月に植える花(苗)でよいものを教えてください

いまから花の苗を植えようと思います。
パンジーのころまで咲く花で、今植えるのに適している花を教えてください。

少し前(4月ごろ)に調べたのでは、
ニチニチソウ、なでしこ、ほうせんか、百日草、八重咲きまつばぼたん、千日紅、早咲きコスモス、ミニひまわり、ベゴニア、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、スイートアリッサム、インパチェンス、ポーラチュカ
があったんですけど、この中で、最も適しているのを教えていただいてもありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。その他に秋まで楽しめるのは
★色がブルーでさわやかな
アメリカンブルー、イソトマ、ブルーサルビア(サルビアの種類ですがラベンダーに似ています)
http://www.botanic.jp/plants-ha/blusal.htm  http://www.jtw.zaq.ne.jp/tanakun/watch3/isotoma.htm
★ポイントに色が鮮やかな
カザニア、ペチュニア、ミニバラ
http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html
★ハンギングに
サフィニア、バーベナ、花手毬

参考URL:http://www.kcat.zaq.ne.jp/f_nakamura/toshi/photo/hana_kesiki/2002P5260606a.html

ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、
は花壇に適していると思います。

八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、
は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。

スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。春に咲き、秋にもう一回咲きます。
なでしこは種類によっては春だけです。

私は冬はビオラ、春になるとニチ...続きを読む

Qガーデニングの寄せ植え 終わった後は、、?

寄せ植えに興味があるのですが、一度もやったことがありません。
あれは、一回作ったらワンシーズンとか1年とか、それくらいのものですよね?

観葉植物や花の植木鉢は、結構1年もしないで鉢底いっぱいに根が回って、よく鉢を大きいのに変えたりしているので、
寄せ植えを見ると不思議でしょうがないんです。
たくさんの種類の植物が込み入ってるみたいに見えるので、、。

終わった後、植物どうしが絡まったりして苦労したとか、「寄せ植え その後」みたいなのが知りたいです。

お薦めのサイトなどもあれば、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

寄せ植えやハンギングバスケットが好きで一年を通してよく作っています。

全く手を入れない状態で一年持つ寄せ植えというのはないと思います。
(常緑のリーフだけのものは別ですが)
条件を整えれば半年くらいは持ちますがそれが最長くらいでしょうか。(パンジーやビオラです)

ですので、一年を2~3クールくらいに分けて「その時期に同時に花が咲く」「好む環境が似ている」ということに留意して寄せ植えを作っていくとよいと思います。とかく最初は自分の好きなものばかり、色合いがいいものばかり集めて一つの鉢に合わせてしまいがちですが、結局きれいなのは最初だけ、一種類だけが生き残る寂しい鉢になってしまうという結果に終わります。(爆)

日陰が好きなものと日向が大好きなものは一緒に出来ませんし、乾燥が好きな種類と保湿の必要のある種類は一緒に寄せ植え出来ません。
下でのご回答のように一年通して使える宿根系のもの(大体主役でなくあしらいになる、たいがいの環境に適応できる)に季節ごとの花を植えていくのが理想的ですが、あとで根が回ったりしてそれを引き離したりきれいに植え付けし直すのがなかなか難しいです。
(まあ根が張って困るようなものは植え直しの時に多少手荒く扱っても枯れたりしませんが。爆)
最初はいっそのこと、1クールごとに全とっかえする寄せ植えのほうがいいと思います。枯れる時にはいさぎよく全部枯れてしまうほうがあれこれ悩まなくて済むかも。(爆)

これからの夏はサフィニア(ペチュニア)、ニチニチソウ、マリーゴールド、トレニア、サルビア、アメリカンブルーあたりから始めてみましょう。これらは上手に管理すれば10月くらいまで持ちます。そして次にパンジー、ビオラ、冬知らず、ガーデンシクラメンなどを植え込むと次の5月いっぱいまで持ちます。
自分も基本はこれであとは期間の短い寄せ植えのバリエーションをいくつか組み合わせています。

あまり最初は失敗を恐れないでトライしてみて下さい。(笑)
失敗して初めて掴めるコツというのもありますから。寄せ植えの実例を見たかったら、グーグルあたりからいくらでも検索できます。
「夏」「寄せ植え」「ペチュニア」などの検索語句を入れて探してみて下さい。寄せ植え自慢さんのたくさんの実例を見ることが出来ますよ。(笑)
下はそうやって出してみた一例です。ご参考までに。

参考URL:http://www.geocities.jp/gardeningclubjp/summer.htm

寄せ植えやハンギングバスケットが好きで一年を通してよく作っています。

全く手を入れない状態で一年持つ寄せ植えというのはないと思います。
(常緑のリーフだけのものは別ですが)
条件を整えれば半年くらいは持ちますがそれが最長くらいでしょうか。(パンジーやビオラです)

ですので、一年を2~3クールくらいに分けて「その時期に同時に花が咲く」「好む環境が似ている」ということに留意して寄せ植えを作っていくとよいと思います。とかく最初は自分の好きなものばかり、色合いがいいものばかり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報