gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

非安定型マルチバイブレータの動作原理について教えてください。

gooドクター

A 回答 (1件)

電気的な話ですよね。



まず、2組のエミッタ接地回路があるとしましょう。
(電源とアースは共通です)
この回路にはコレクタ抵抗とバイアス用のベース抵抗が各々存在し、直流的に安定している状態です。
バイアス電圧はトランジスターが動作し始める手前ぎりぎりにしていきます。

ここで便宜上回路中のトランジスタにAとBと名前を付け、AのコレクタからBのベースへ、次にBのコレクタからAのベースへコンデンサーを各々繋ぎます。
これで回路は完成です。
この状態で電源を供給すれば、回路部品のばらつきでどちらかのトランジスターがONになります。
仮にAがONになった場合、Bのベース電流はコンデンサーを介してAからアースに流れ、BのトランジスターはONになる事はありません。
この状態ではAが動作するベース電流はBのコレクタからコンデンサを介して供給されています。
しかし、時間が経ってAのベースに繋がっているコンデンサに電気が貯まってくると、Aのベース電流は減りAは最後にはOFFになります。

AがOFFになれば、Aのコレクタ電圧が上がりBの方へ電流が流れ始めBがONになります。この時Aのベースに繋がっているコンデンサーに貯まった電気はBがONになった事で放電されます。

そして暫くすると、Bのベースに繋がったコンデンサーに電気が貯まりBのベースへの電流が減りBがOFFになる。そうすれば今度はAがONになる。

非安定マルチバイブレータこれを繰り返して発振行われます。
説明が解りにくくて申し訳ないですが、お判り頂けたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんとなくわかりました
ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/13 00:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング