日本ザルのことを調べていましたら、学名が『Macaca fuscata』と
あって、思わず笑ってしまいました。
これはサルのお尻が『まっかっか』というとこからつけられた名前
なのでしょうか?

A 回答 (2件)

ニホンザルの仲間は「マカク属」といいますが,これはポルトガル語で「猿」を意味する macaco という語から来ています。

この語はさらにアフリカのコンゴあたりの言葉から来ているようですが,それ以上詳しいことは手許の資料ではよくわかりませんでした。というわけで,「まっかっか」とは関係ないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。語源はポルトガル語ですか。1つ賢くなり
ました。Aliasさんの語源は、マックのAliasからでしょうか?いえ、ちょっ
と気になったので。

お礼日時:2001/03/23 02:04

Macaqueマカク ((アジア, アフリカ産のサルの一種))から来てるんじゃないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。Macaque属ですね。もう少し調べてみたら
日本ザル以外にもたくさんmacacaってあったので、日本語の『まっかっか』
からではないなという気はしてました。

お礼日時:2001/03/23 01:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニホンザルのボス制について

以前「野生のニホンザルにはボスがいない」と
高校の授業で聞きました。

そこで、野生のニホンザルの社会構造について調べたいと思ったのですが、
適切なサイトが見つかりませんでした。

野生のニホンザルの社会構造について記載してあるサイトや参考になるサイトがあったら教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いわゆる、「力の強いオスがハレムを形成」というようなボスは存在しません。

野生ニホンザルの群れ社会は母系社会です。
また群れは排他的な縄張りを維持しているため、
他の群れと干渉することはあまりありません。
オスは一つの群れにとどまらず、群れから離れたり、
別の群れに加わったり、単独で行動したりを繰り返します。
ただし、群れの中心となるサルはいますが、それは
体の大きいオスではなく、年寄りのオトナメスです。

それと、霊長研は今でも野生群れを追跡調査していますよ。

Qラテン語学名の植物の日本語名訳の調べ方

植物の名前を日本語訳したいのですが、調べてもわからずに困っています。

ラテン語学名から検索できる、

・良い植物辞典
・ネット上のデータベース

をご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。


例えば、以下のようなものがわからず困っています。

こういったものがわかる辞典orデータベースを探しています。
Guazumae Folium
Orthosiphonis Folium
Camelia sinensitis Folium
Curcuma Cautkeridza
Murrayae Folium
Piperis betle Folium

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書籍なら
「最新園芸大辞典 全13巻」(誠文堂新光社 1982年~1984年)
塚本洋太郎氏監修「園芸植物大事典」(小学館、1988~1990)、
「同コンパクト版」(小学館、1994年)
を押さえておけばいいと思います。
ただし、これらでも和名が載っているとは限りません。

Webでしたら
http://www.yonemura.co.jp/
http://www.fb.u-tokai.ac.jp/WWW/hoshi/plant/plant.html
http://plaza.across.or.jp/~harikyu/herb/herb.html
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html
等がありますが、これらでは、数が限られています。

Google(http://www.google.com/intl/ja/)の
「日本語のページを検索」を利用されてはいかがでしょう?

ところで、参考として挙げられているものは、正しい学名でしょうか?
例えば一番下の「Piperis betle」は「Piper betle(和名:キンマ)」と言うことはありませんか?
図鑑には載っていませんし、Webでも情報が少ないようです。

植物の学名は、属名と種小名の2語から成りますが、
例として挙げられているものの中には3語のものがありますし、
偶然かもしれませんが「folium(葉の)」が入っているものが多すぎます。

「Orthosiphonis Folium」→「Orthosiphon の葉っぱ」?

「Camelia sinensitis Folium」→「Camelia sinensis(茶)の葉っぱ」?

「Curcuma Cautkeridza」→Cautkeridza は不明ですが、「Curcuma」はクルクマ(ウコン)属です。
http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/flower/yakugakuten/2000.YF/ukons.html

「Murrayae」→「ゲッキツ属の葉っぱ?」
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/nilas-a/jamu/seibun/

書籍なら
「最新園芸大辞典 全13巻」(誠文堂新光社 1982年~1984年)
塚本洋太郎氏監修「園芸植物大事典」(小学館、1988~1990)、
「同コンパクト版」(小学館、1994年)
を押さえておけばいいと思います。
ただし、これらでも和名が載っているとは限りません。

Webでしたら
http://www.yonemura.co.jp/
http://www.fb.u-tokai.ac.jp/WWW/hoshi/plant/plant.html
http://plaza.across.or.jp/~harikyu/herb/herb.html
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html
等が...続きを読む

Qニホンザルのハンティング

「ニホンザルの被害が深刻であり・ハンターへの駆除依頼も金がかかる」ということであれば、ニホンザルハンティングとして売り出してはどうでしょうか?白人向けに。
http://www.youtube.com/watch?v=RJfwAgXUKZ0

Aベストアンサー

「この痴れ者タワケポンチ目が!・・・・・・と言っている・・・・・
ゲーム帝国の語り部が脳内で、「この痴れ者たわけポンチめ」といっているのを感じます

動画のは弓・・・つまり「嬲り殺し」じゃないですか 
「銃は射程が長いから流れ弾云々・・・弓ならその点安全度が・・・・」は却下です、門前払いです、文明の未発達な部族社会でのみ許されるべきで、少なくとも日本の狩猟法では違反なのですよ、その白人様の国によってはやってるとこもあるのですが。
白人向け? 母国で免許をもってても、日本の狩猟法を修めてないものにもさせるのですか?
日本の狩猟免許の履修を条件にしても、わざわざやろうとするものは確実に絶無でしょう

駆除依頼に金がかかるといいますが、実際にはスズメの涙のお情け程度の手当てで手弁当同然だそうなのですよ

Q才能の遺伝子を調べられるとテレビで見たのですが日本でも調べられますか?

才能の遺伝子を調べられるとテレビで見たのですが日本でも調べられますか?いろいろな分野に興味がありすぎてそれらを絞るために調べられたらと思います。中国に行かないと無理なのでしょうか?またいくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

遺伝子検査のサービスを開始しようと、準備を進めている企業の者です。

代行などで、直接現地とやり取りする方法も、あるかと思いますが、
言葉の問題や、支払いのやり取りなど心配な点も多いのではないでしょうか?

当社では中国でサービスを行っている企業との提携を進めており、日本向けに遺伝子検査サービスを開始する予定です。1ヶ月以内にはホームページを公開する予定なので、もう少々お待ちください。

現在、検査キットを取り寄せて、サービス内容の検証を行っています。

参考URL:http://www.gentex-jp.com

Qニホンザル、兎は夜行性でしょうか。

ニホンザル、兎は夜行性でしょうか。

Aベストアンサー

ニホンザルは夜になると木に登って寝ます。
夜に見張りのサルを立てる事もありますが、集団としては基本的に日中に活動します。

ウサギは、基本的には夜行性といわれていますが、一番活発に行動するのは明け方と夕暮れ時です。
飼育されているウサギは、夜になるとケージで睡眠をとりますので、ある程度は人間の生活に合わせるようです。

Q学名で書かれている昆虫を日本語で知りたい!

今英語の論文を読んでいるのですが、その中に学名や英名で書かれた昆虫がたくさん出てきます。
和名のついていないものであることも多いと思うのですが、科、属だけでも検討をつけたいです。
英名でも、専門的なので普通の英和辞書で出てこないことが多く、困っています。
このようなときに役に立つ資料をご存知の方は教えてください!
(たくさんの文献に目を通さなければならないので、できればネットで調べられるサイトがあればとても助かります)
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私の場合は,まずは Google で「日本語のページを検索」を行うのがよいかと思います。
ここで学名全体,あるいは属名のみで和名がでてこなければ,属以下の和名がない可能性があります。
その場合,NCBI のページで taxonomy を検索します。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/
このページの search のボックスから taxonomy を指定して,
学名の検索をすると,その生物の分類が調べられます。
ここで科名などがわかれば,先ほどと同様に google で日本語検索を実行します。

これで出てこないものについては書籍を当たることもありますが,
おそらく和名は存在しないかと思います。
(一応,岩波の「生物学辞典」と,平嶋ら「昆虫分類学」(川島書店,1989)は確認しています)

なお,NCBI の taxonomy では英名からも引けます
(有名なものに限られるようですが)。

Qニホンオオカミ復活できませんか?

マンモス復活計画というものがあります。
映画「ジュラシックパーク」方式によるものらしいです。
でもニホンオオカミ復活計画というのは聞いたことがありません。
ニホンオオカミの剥製は残っているので、その歯に残っているDNAを利用すれば可能なのではないでしょうか?
マンモスなんかよりずっと実現性があります。
実際には難しいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1で言うように、多額のお金をかけてまで復活させることに意味があるのかということです。

マンモスの場合、保存状態のよい「生殖細胞」があるので、復活計画があるのです。
狼にはありません。
DNAだけでは、完全な復活は無理です。

仮に狼は復活させても野生に返すわけにはいきません。
どう考えても人間と共存できませんから、害獣扱いになります。
また、生態系にも影響がでます。

北米のバッファローは乱獲により絶滅寸前でしたが、保護により持ち直しました。
が、こんどは増えすぎたため、定期的に間引いたり、シューティングの的にされています。

ニュージーランドでは北米から移した鹿が増えすぎ、食害により害獣扱いになりました。

狼も同じ道を歩むことでしょう。

かといって、動物園だけだと「見世物」にするために復活させたことになります。
動物保護団体が騒ぐのは間違い無さそうです。

Q日本ザルの特質

先日、知識人から、
「ニホンザルのボスは、敵に対してあまり攻撃しないらしい。日本人と同様の性質だ」
と聞きましたが、信じられません。
日本ザルのボスの本当のことを知っておられる方、教えてください。

Aベストアンサー

地獄谷のサルのケツを追いかけていました京大の霊長研の研究者によれば、野生猿で抗争で死んだサルはほとんどいないと言うことでした。何しろ40年前のことですからサルも進化したかも知れませんので、できましたら原論文をご教示いただけたらと思います。

Qニホンザルは湯冷めしないのか?

寒い日々が続いていますね。そして、そんな寒い季節には温泉に入るのも格別だという人も多いでしょう。しかし、温泉が大好きなのは 人間だけでなく、ニホンザルも温泉を楽しんでいるは有名ですよね。
そこで疑問に思ったんですが、ニホンザルも温泉に入っている時は 温かくて気持ちいいでしょうけど、温泉から出て 湯冷めしないのでしょうか?

Aベストアンサー

普通に湯冷めすると思いますけどね・・・

猿が温泉に入りたいと思うというのは、やはり寒さに耐えていて
寒いと感じているからでしょうし、
その様な感覚があるのであれば、湯冷めもまた当然の事だと思いますし、
毛がある分、湯冷めも酷い気がするんですけどね。

ただ、その毛が保温効果もあるので・・・実際はどうなんでしょうね?

野生の猿の生息地に天然の温泉などがあって、
それで暖を取っている状況なのであれば、
湯冷めをしたらまた温泉に入る・・・という事を繰り返しているんじゃないでしょうか?

Q動物の学名の日本語表記を知りたい

1920年代ゴビ砂漠で恐竜などの発掘を行なったロイ・アンドルーズという人物の伝記(Dragon Hunter)の翻訳をしているのですが、そこに出てくる次の学名の日本語表記がどうしても分りません。教えてください。
1.Agkistrodon(マムシ類を表す学名のようです)
2.Struthiolithus(鮮新世末期か更新世初期に生息していた巨大なダチョウです)

Aベストアンサー

生物分類学では、大分類から 界・門・綱・目・科・属・種 に分けますが、
すべてラテン語として名づけられ、特に 属名・種名 を学名に使います。
ヒト科 Homo sapiens は、ヒト属サピエンス種ですが、ホモ・サピエンス
のまま使われます。

質問の語は、両方とも属名のようですが、種名らしきものが後ろに続いて
ないでしょうか。

Agkistrodon は、属名で 和名でマムシ属ですが、アグキストロドン属 の
方がいいと思います。括弧で マムシ属 と説明でしょうか。
(この属の代表が日本ではマムシ、アメリカでは copperhead と違います。)

Struthiolithus は、属名ですが 和名はないと思います。
Struthio が ダチョウ属 で、lithus が「石」の意味です。あえて訳せば、
カセキダチョウ属、ムカシダチョウ属などですが、認知されてません。
( 英語では fossil ostrich と言い換えてます)
ストルチオリトゥス属 (ダチョウの化石種グループ) でどうでしょう。


人気Q&Aランキング