「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

屋根に断熱材を自分で貼ろうと思っています。専門の方、知識のある方アドバイスよろしくお願いします。

地域は兵庫県南東部 築3年の木造内断熱通気工法の家です。
屋根はカラーベストで2階にロフトがあり吹き抜けです。
ロフトから屋根裏点検口があり、屋根裏は2階の天井の上にグラスウールが敷いてあります。ロフトの周りの壁にもグラスウールが巻いてあります。

屋根の野地板とロフトの周りの壁に直接ホームセンターに売ってある断熱材(スタイロホーム等)を張り付けて隙間を発泡ウレタン(ホームセンターで売っているリホーム用スプレー)で埋めようと思っていますが、結露の関係から、野地板と断熱材の間に通気層と呼ばれる空間を作ったほうがよいのでしょうか?そのまま断熱材を貼っても問題ないのでしょうか?ホームセンターで売っているスタイロホームにも、25・30・40ミリとありますが分厚いほうがいいのでしょうか?断熱効果は出るのでしょうか?また別件ですがカラーベストに塗る断熱塗料とは効果はあるのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

設計屋です。

特に住宅性能表示、長期優良住宅、住宅版エコポイントは得意分野です。
住宅版エコポイント、性能表示等の考え方から言うと野地板にスタイロを貼るよりも2階の天井上の断熱材をさらに増し重ねした方が良いです。
>屋根裏は2階の天井の上にグラスウールが敷いてあります
という事はお宅の住宅の屋根直下の断熱の熱的境界は2階天井上です。

布団で寝ていて寒い為、毛布をもう一枚使用しようとした場合で例えると・・・・
【野地板にスタイロ貼の場合】天井に毛布を貼り付けた状態で効果無し
【天井上の断熱材をさらに増し重ねの場合】布団と体の間に毛布を2重にしたので凄く暖かくなった

という感じです(解るでしょうか?すいません説明が下手ですね)
更にグラスウールとスタイロでは材料費と比べて断熱効果がとても低く、性能面でもお勧め出来ません。
増し重ねでオススメの断熱材ははロックウールです。安価で性能が良い!!
私は設計相談を受けた場合はロックウールをイチオシしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的な意見有難うございます。ロックウールの重ね張りを検討します。貴重な意見有難うございました。

お礼日時:2010/01/11 22:34

実際建てた後で、断熱材だけでなく、窓も含めて高断熱化を図った具体例が以下のリンク先にあります。

ご参考に。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/kininaru/01-/45.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貼り付けていただいたURLとても参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2010/01/11 22:36

数日前に、似た様な質問がありました。


↓参照の事
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5551377.html

私的には、A.No.1さんに似た意見です。
グラスウール105mmを天井部既存グラスウールの上に重ねる(詳細は、↑の私の経験過去ログ参照)をした方が効果あります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4270940.html

http://www.mag.co.jp/pro/shohin/mj_d.php?shohin_ …
↑高性能H16K次世代省エネ基準対応105mm

スタイロフォームは、素人がカッターやのこぎりで切っても上手く切れません(切断)断面が垂直にならず垂木にぴったりと合わない。
プロは、電動丸鋸で切るのです。
工場でも、大きな塊を丸鋸でスライスして作っているのです。
例えれば、食パンを切る様に
上記の点で、納得行く施工は難しいでしょう。

それでも、チャレンジするのなら旭化成のサニーライトをお勧めします。

スタイロは、伸縮しませんがサニーライトは伸縮するので寸法が若干大きくても充填出来るのとカッターで綺麗に切断加工出来きます。

http://www.asahikasei-kenzai.com/akk/insulation/ …

私も、床下で普通の発砲スチロールでやりましたが、かなり難儀しますのでグラスウール重ねた方が良いですよ。

アストロホイールなどの類似品を垂木に張っても、さほど効果は感じられないでしょう・・・・
http://www.cc9.ne.jp/~simeji0405/zennbunn.htm
http://www15.ocn.ne.jp/~vantec/aru/alrex_f.htm

↑価格も、高いのでお勧めできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見有難うございます。グラスウール・ロックウールの重ね張りにしようかとおもいます。

お礼日時:2010/01/11 22:39

回答番号:No.1です。


不足がありましたので追加致します。
>スタイロホームにも、25・30・40ミリとありますが分厚いほうがいいのでしょうか?
断熱材は同じ種類の材料で比べると厚ければ厚いほど効果が高いです。
>カラーベストに塗る断熱塗料とは効果はあるのでしょうか?
すいません解りません。大きな効果があるとはあまり思えないです。建築で使う断熱材で考えると、
・より密度の低いもの=断熱効果が良い
・厚さ=厚ければ厚いほど良い
という考え方なので、塗料とは?発熱でもするのかな?って感じがします。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天井裏断熱材の追加について

こんにちは。 天井裏断熱材の追加についてお尋ねいたします。 

今2000年築の木造一戸建て(2X4工法 東京都内)に住んでおります。 夏の暑さがひどいので(2階の寝室は南に掃き出し窓、西に腰高の押し出し窓)窓ガラスをエコガラスに交換すると同時に天井裏の断熱材の追加を考えております。

今はロックウール厚75が入っているのですが、工務店に追加を依頼しましたところ「断熱材は安価なのでマットエースをご自分でひかれたらどうですか?」と言われ、旭ファイバーグラスの方にも「ロックウールに垂直に隙間無く並べていけば良いだけですので簡単です。」と言われました。

質問ですが

(1)ロックウールの上にグラスウールをのせるのは言われたように素人が簡単に出来るものなのでしょうか?
(2)追加に関して何か注意点などございましたら教えて下さい。
(3)追加予定のマットエース100mmと160mmでは効果の違いはかなりありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

追加で引くことは何ら問題はありませんが、マットエースを購入前に、一度天井裏を覗き込むだけでなく実際に上がられ隅から隅まで動き回って視察をされることをお勧めします。
敷き込みたい部分に、実際にもれなく行き来できるものかは最低限確認すべきです。

さらにその際に、具体的に必要とされる枚数に見込みを付けておくこと。

さらにはその点検口からある程度まとめて天井裏に搬入?するとして、一人で上げ下げは過酷な作業となります。
下からどんどん差し出してくれる助手となる方が一人いるだけで相当作業量は違いますよ。

さらに前の方々が触れていますが、この時期の天井裏は決死の覚悟がいります。
こもった熱気は半端ではありませんよ。
気をしっかり持たれ、出来るならば物の搬入、自身の出入りについても一カ所の点検口だけに頼らず、見つかるならば複数の口があるに越したことはありません。(二階とのことですし、そういくつもあるとは思えませんが、敷きつめる空間の広さによっては、平らな床をスタスタ歩くのと違い張りを伝って忍者のごとくとなりますので意外と重労働であり、奥まで行って帰ってくるのも一苦労、こっちに降りた方が早い!といったものは命拾いに匹敵します。

頑張ってください。
先日、大家族で住む家中を、各部屋インターホンを設置すべく、配線持って天井裏を這いずり回り、まさに死にそうになったばかりの実体験です。
冷房も付けていないのに、地上?に降りるたびに生き返るような涼しさを感じた物です。^^

追加で引くことは何ら問題はありませんが、マットエースを購入前に、一度天井裏を覗き込むだけでなく実際に上がられ隅から隅まで動き回って視察をされることをお勧めします。
敷き込みたい部分に、実際にもれなく行き来できるものかは最低限確認すべきです。

さらにその際に、具体的に必要とされる枚数に見込みを付けておくこと。

さらにはその点検口からある程度まとめて天井裏に搬入?するとして、一人で上げ下げは過酷な作業となります。
下からどんどん差し出してくれる助手となる方が一人いるだけで...続きを読む

Q天井にアルミシートを貼れば放射熱の遮熱ができますか

天井にアルミシートを貼れば屋根からの放射熱遮熱ができますか?

屋根からの放射熱が暑いので防ぎたいです。
天井に貼るときは屋根側が銀です。

実際やってみないとわかりませんが
効果の程は見込めますか?

消防法で引っ掛かりますか?

Aベストアンサー

効果は期待できません

屋根の上に(5cm以上隙間を空けて)張れば、屋根の温度が10~20℃下がることが期待できます

Q2階の天井裏に断熱材は有効ですか?

先程、2階の天井裏を見る機会がありました。ボードが貼ってあるだけで断熱材はなし。その上は空間あって屋根の板があるだけです。

ボードの上に断熱材を敷くと大きな効果はあるものですか。

Aベストアンサー

はい、外壁面に接する部分には、断熱材を入れるように設計されていると思います、

壁面で言うと、外部サイデング・構造用合板・断熱材・内部ボードとなります、

では、天井はと言うと、まず屋根(瓦やカラーベスト、セメント瓦や鋼板の屋根)
構造用合板や野路板・その下に断熱材が入り、天井のボードとなります、

屋根裏はかなりの高温になります、断熱が無ければ、その家は
夏など他の家と比べかなり暑くなりますよ、

現在の設計ですと、屋根裏には標準で断熱材が入ります、

Q発砲スチロールを断熱材に使用した場合の健康被害について

ご指導の程宜しく御願い致します。
古い造りで断熱材が一切使用されていない家に住んでいます。
冬は寒く夏は暑いので断熱対策をDIYで行いたいと考えています。
天井裏の構造が弱いので上がっての作業が出来ないため、発泡ウレタンやグラスウールを天井裏に敷き詰める事は出来ません。
そこで、ホームセンターなどで売っている発泡スチロール板を”室内側”の天井や壁に貼り付ける方法を考えています。
その場合、その発泡スチロール板の臭いや飛散物などは人体に対して健康被害があるのでしょうか?
食品トレーやカップラーメンのカップなども発泡スチロールと聞いているので人体には悪影響が有るはずがないと思いますが、なにせホームセンターの資材コーナーのレベルですので少し気になっています。
どなたか宜しく御願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
> その場合でも室内側に施工するのは人体に良くないのでしょうね。
・その点は、特に問題無いと思います。
倉庫を、そのまま売り場にした量販店などは、鉄鋼材やスレート板に直接、断熱不燃ウレタン吹きつけ、簡単に塗装しただけの天井も良く見かけます。

ただ、人の手に触れる壁面だと、材質がガラス繊維の製品だと、肌触りがチクチク感があって不快だったり、見た目を良くするために、ひと工夫必要になるなどの問題だけです。

Q天井からの輻射熱を防ぐにはどうしたらよいでしょうか

銀色のガルバリウム鋼板を葺いた片流れの屋根(東方向に下っている)を持つ二階建ての木造住宅に住んでいます.2階天井裏には100mm厚のグラスウール(上面がアルミホイル,下面が防湿フィルム)がひいてあります.7月から8月半ばの日中,午後1時も過ぎる頃から午後6時ぐらいまで,2階の部屋にいるとクーラーを入れて室温を26度程度にしても,天井(特に片流れ屋根の低くなっている東側の辺りの天井)から熱い熱線のような感じが顔に伝わってきます.遠赤外線という感じでしょうか.これを防ぐにはどのような方法があるでしょうか.
現状の100mmのグラスウールの上にもう一枚重ねる形で,100mmか150mmのグラスウールを敷けば,いくらかは和らぐでしょうか.その他,オススメの方法があれば教えてください.

Aベストアンサー

>現状の100mmのグラスウールの上にもう一枚重ねる形で,100mmか150mmのグラスウールを敷けば,いくらかは和らぐでしょうか.その他,オススメの方法があれば教えてください

私の家も、築24年の銅板葺き屋根で夏の2階の暑さに苦労しました。
既存は、10k50mmを部屋の部分のみ施工してありました。(廊下・押入れの天井は無しでした。)

2年程前に、自分でグラスウールを重ねて250mmにしました。

既存50mmの上に、逆向き方向(既存が縦に敷設なら新設は、横に敷設)に高性能16K100mmを敷き又、その逆向きに10k100mmの外面がアルミフィルムの物を自分で施工しましたが、かなり効果があり真夏の昼間に2階で昼寝出来なかったのが今では出来ますよ。
室温も、この夏一番の外気温35℃の日中でも室温30℃以上になる事は今までありません。

私の住まいは、長野県松本市なので家にクーラー等の冷房はありません。

A.No.4さんも言っている様に、吊木部分など隙間無く施工されているのが大前提ですが。↓施工例参照の事。
http://www.afgc.co.jp/dk/con_use/sekou_4_12.html

反射ストーブの後ろの反射板の様に、一番屋根側にはアルミフィルム付の断熱材を外にした方が輻射熱を跳ね返し当然効果があります。

↓の製品等も、参考にして下さい。

http://www.tyvek.co.jp/construction/product/silver/
http://www.cc9.ne.jp/%7Esimeji0405/zennbunn.htm
http://www15.ocn.ne.jp/~vantec/aru/alrex_f.htm

>現状の100mmのグラスウールの上にもう一枚重ねる形で,100mmか150mmのグラスウールを敷けば,いくらかは和らぐでしょうか.その他,オススメの方法があれば教えてください

私の家も、築24年の銅板葺き屋根で夏の2階の暑さに苦労しました。
既存は、10k50mmを部屋の部分のみ施工してありました。(廊下・押入れの天井は無しでした。)

2年程前に、自分でグラスウールを重ねて250mmにしました。

既存50mmの上に、逆向き方向(既存が縦に敷設なら新設は、横に敷設)に高性能16K100mmを敷き又、その逆向きに10k...続きを読む

Q素人が日曜大工で床下断熱できますか?

中古で戸建を購入しましたが、床下に断熱材が入っておらず下からの冷えをなんとかしたいのですが、日曜大工で断熱工事は可能でしょうか?中途半端で床下に湿気が溜まったり、結露したら大変なことになるし、よい方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。地面がむき出しですとこの寝板が使い    ずらいので、ブルーシートでも敷きつめたら
  -4発泡スチロールの幅を正確に切り、材木の隙    間に押し込む必要があります。これは発泡ス    チロールが落ちてこないので止め金具の負担
    が少なくなる事と、隙間が有ると、断熱効果
    が減少し、もしかして結露の原因に成るかも    しれません?
    発泡スチロールが落ちない為の金具を考える
    必要があります、例えば2*4に何か有るか    も、どなたか知恵を拝借!!
 一度床下に潜ってみて下さい 寝転んで30分も見 ていると色々な発想が湧いてきます、断熱が期待し たほどの効果が感じれ無かったとしても、自分でや れば費用も僅かだし、家族?は父ちゃん?やっ!!
 と言ってくれます、床下での作業は想像以上に大変 です、でも我が家で納期なしですから気長にやった ら。
 ちなみに私は、自作派です、困難な程フアイトが湧 きます、そしてケチです、材料と時間はお金を惜し まないけれど人件費は自分でやります。
    
   

床下に潜り、床板の裏側に発泡スチロールを床板を支えている木材の間にはめ込む作業になりますね。
材木の隙間は40Cm位で一定です、発泡スチロールは2~3Cmで良いでしょう、作業は2名以上、1人が床下に潜ります。
課題ー1床下の入り口は有りますか
  -2土台が貴方が希望している部屋まで行くのを   邪魔していませんか。 
  -3床下は寝転んで、移動出来る隙間は有ります    か、寝板(ベニヤ板にキャスターを付けた物    で)それで移動します。胸が支えなければOK    です。...続きを読む

Q一戸建ての暑さ対策

初めて質問させていただきます。不手際等ございましたらご指摘ください。
木造、2階建ての一戸建てに住んでおります。
夏の暑さ対策に有効なものは何があるか、教えていただきたいと思います。

毎年夏の暑さがひどく、1Fについては対策として夏の昼間、南側に
面しているサッシにヨシズを立てかけていますが、効果は今ひとつの
ような気がします。(その部屋の前はコンクリート打ちっぱなし)
また2Fはさらに暑く、夏の夜は一晩中エアコンをかけないと眠れない
ほどです。グルニエをのぞいてみると、今の時期(5月)でも晴れの日は
かなりの暑さになっており、天井裏に熱気がこもって2Fの部屋を暑くして
いるのかなと思います。
既出の回答では屋根裏に換気扇をつける等の対策が掲載されておりましたが、
この方法が一番効果的なのでしょうか。
また、コストはどれくらいかかるのでしょうか。

また、他に有効な対策があればお教えください。

恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>部屋の前はコンクリート打ちっぱなし
コンクリート打ちっぱなしが前面にある場合は、
・照り返し
・蓄熱による熱放射
の両面から室内に熱を加えます。

部屋への熱の侵入を防ぐには、
1.太陽からの直射日光を軒下にすだれをかけて防ぐ
2.コンクリートからの照り返しを、窓際に掛けたすだれで防ぐ
のダブル効果で防いでください。
すだれを室内に掛けたり、窓に密着させるとすだれが遮った太陽光の熱が部屋に侵入しますので、すだれは風が通る環境においてください。(重要!)
ヨシズは目が粗いために日光の透過がありますから、すだれとの併用を考えてください。

コンクリートの蓄熱を防ぐために、表面を緑化できると良いのですが、単に土を敷くだけでも違います。
人工芝を敷いて散水しても効果があります。

>夏の夜は一晩中エアコンをかけないと眠れないほどです
屋根裏にこもった熱気と壁が蓄熱した熱量が部屋を熱くしています。
機械的な屋根裏換気でなくとも、風の特性を考慮した通風孔の設置でも十分に緩和できることがありますので、気象台に問い合わせて地域の風向きの傾向を把握して、家の向きと合致するならば工務店に相談して開閉式の換気口を取り付けることも考えてください。

壁の蓄熱は、コンクリートの場合と同様に太陽熱にさらさないことが決めてですので、窓だけでなく壁の部分にもすだれを吊るせるかどうか検討して下さい。

また、陽射しの強い日には屋根に直接水を散布すると水の蒸発熱で屋根表面の熱が奪われます。
簡易的にホースとガーデニング用のスプリンクラーを設置するだけでもかなりの冷却効果があります。
DIYで取り付けても良いのですが、屋根の上のことですので危険と判断したら工務店に依頼してください。

植物がお好きな場合には、アサガオの栽培は日射の防御には最適です。
葉が直射日光を遮るだけではなく、葉からの水分の蒸発熱でさらに冷却します。

我が家は西面に10数メートルに渡り掃き出し窓の開口があり、直射日光をもろに取り入れるとまるでサウナのようになってしまいます。

アサガオ+ダブルすだれ+前面緑化・散水によって日光からの熱取得を抑え、
南北に風が抜ける地域性を利用して、妻の壁(切り妻屋根の△部分)の上部に『開口』を開けて自然通風で換気しています。
開口部からは熱風が吹き出してきます。
棟の頂部にも排気口があり、熱気の上昇気流を利用して排気しています。

これだけ対策したおかげで、夜は窓をあけ、蚊帳を吊った中で『扇風機』があれば快適に眠れます。
地域にもよりますが、クーラーの冷房に頼ることを前提としない工夫が可能です。

防犯のために窓を開けておけない地域の場合は、「ガラリ雨戸」があります。
換気用のルーバーが全面についた雨戸です。
これならば、締め切っても換気性能が確保されるので自然通風が可能です。

参考URLに省エネコンクールに寄せられた生活の知恵がぎっしりと詰まっているので、じっくりと検討してください。

参考URL:http://www.eccj.or.jp/smartlife/event/concours/concours.html

>部屋の前はコンクリート打ちっぱなし
コンクリート打ちっぱなしが前面にある場合は、
・照り返し
・蓄熱による熱放射
の両面から室内に熱を加えます。

部屋への熱の侵入を防ぐには、
1.太陽からの直射日光を軒下にすだれをかけて防ぐ
2.コンクリートからの照り返しを、窓際に掛けたすだれで防ぐ
のダブル効果で防いでください。
すだれを室内に掛けたり、窓に密着させるとすだれが遮った太陽光の熱が部屋に侵入しますので、すだれは風が通る環境においてください。(重要!)
ヨシズは目が粗いため...続きを読む

Q暑さ対策。屋根裏に換気扇は有効?

平屋です
日が照ると夜でもすべての部屋が異常に暑いのです
壁や屋根裏に蓄熱されてると考え上記の方法を試そうと思ってます

切妻で南北上部に換気口(ギャラリ)があります
ここに24時間タイマーで日中の熱を外に強制排気させようと考えてます
北側が高い位置にあるのでここに設置するつもりですがこの方法は有効でしょうか?

やはり壁の蓄熱が大きくやっても無駄でしょうか?

もひとつ、給水配管を設置し、電磁弁を使って一定時間おきに家全体(屋根と壁)にシャワーを浴びさせることも検討してます
これについてもご意見があればぜひ

Aベストアンサー

二階建ての場合、一階と二階とでは室温が大きく違うことから、屋根からの熱が室温に影響することは明らかです。

熱の伝わり方には、伝導と、対流と、放射がありますが、屋根裏の喚起は対流を防ぎ、放水は直接温度を下げることによって伝導と放射を防ぐことが出来ます。

特に放水による効果は大きいはずです。

Q天井の遮熱の仕方

天井が熱くクーラーが効きにくいのです。
遮熱のためには天井裏にアルミ箔を引くのがいいと 聞きました。
しかし、天井裏に入るのには なかなか難しいので 天井に何か
する事によって 遮熱をはかれないでしょうか。

Aベストアンサー

見栄えを気にしないなら部屋の中から天井板に10ミリ厚位の発泡スチロールの板を隙間無く貼れば効果は大きいと思います。
天井板からの熱放射を実用上ほぼゼロに出来ますのではっきり分かると思いますよ。

冬は寒さを防げるし良い事ばかりですが見栄えは一工夫が必要でしょうね。

Q2階の部屋の暑さをなんとかしたいです。

主人の両親と同居で、私達夫婦と一歳の娘は、主に2階で生活しています。
この時期、一階の屋根の瓦が太陽で熱くなり、2階の暑さは耐えがたいです。
窓を開けても、熱い空気が入ってきます。
夕方家族が一階の風呂に入ると、蒸し暑い空気が2階に上がってきて、
さらに室温と湿度が上がります。熱中症になりそうなくらいです。
娘が小さいので、できるだけクーラーは使いたくありません。
私自身もクーラーの温度差で、体の調子が悪くなります。

何かよい知恵はないものでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

娘さんが小さいからこそクーラーを使って温度を下げ、体調管理をしてください

家を工事して、屋根に接する面と天井に接する面に断熱材を入れ、天井の熱が室内に影響を及ぼさないようにします、また1階の湿気が2階に上がらないように工事します。

熱その物は、屋根にパイプを張り巡らし、そこから水を散水する事で気化熱により温度を下げる事ができます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング