25年前に買ったスピーカー(オンキョーD-77)のエッジが破れてしまい新しいのを買おうかと思ってたのですが捨ててしまうのも可哀相で、自分でエッジ交換しようかそれともスピーカーユニットだけ買ってウーハーだけ交換しようか悩んでます。もしウーハーだけ交換するとしたらやはり相性とか気をつけないといけない事はあるのでしょうか?何も分からない素人なので詳しい方がいらしたらアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>> 自分でエッジ交換しようか //



不可能ではありませんが、失敗すればユニットを壊してしまう可能性があることも考慮しておく必要があります。その意味では「ダメもと」です。自分で修理すれば、なおいっそう愛着がわくでしょうが、自信がない、失敗しては困る、ということであれば、業者に依頼された方が良いと思います。

なお、当時のこのクラスのスピーカーは、ネットワークに電解コンデンサを多用している可能性が高いので、修理のついでに、同じ容量のフィルムコンデンサに交換してしまうことをお薦めします。電解コンデンサの寿命は室温でも15年程度なので、間違いなく劣化しているからです。

>> ユニットだけ買ってウーハーだけ交換しようか //

これは、全く同型のユニットが購入できなければ不可能だと思って下さい。

まず、D-77のウーファーはフレームの形状が一般的ではないので、取り付けが容易ではありません。

また、仮に取り付けられたとしても、到底まともな音質にはなりません。エンクロージャーというは、ウーファーの性能に合わせて最適なサイズ、形状、方式に設計されています。別のウーファーを付けても、そのウーファー本来の性能を発揮することができません。さらに、ネットワークもユニットごとの性能に応じて設計されているので、そのままではスコーカー、ツイーターとの繋がりがおかしくなります。

したがって、ユニットの交換は、1からスピーカーを設計でき、組み立てられるだけの知識と技術力がなければ不可能です。

ユニットの交換をするなら、難しいとは思いますが、同じD-77の中古品・ジャンク品から部品取りをして取り替えるのが現実的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。やっぱり甘い考えのようでしたね。電解コンデンサと説明を受けても何の事やら(大汗)古いが故にエッジ交換しても他に悪い所が出て来た時にはあっさりお手上げですね(笑)とりあえず新しいのを買う方向で考えて今使ってるのを自分で修理出来るように勉強したいと思います。そしたら次は自作に挑戦してみたいですね。その時は又良きアドバイスをお願いします。みなさんありがとうございました。

お礼日時:2010/01/25 13:56

D-77、良いスピーカーですね。


まずはエッジ修理に挑戦してみては如何でしょう?
お手本が、いろんなサイトに転がってますよ。
例えば↓
http://www.geocities.jp/otukadai/DIY/speaker/spe …

埼玉音研さん辺りに相談すれば、最適なエッジを推奨してもらえるはず。
必ずペアで交換しましょう。
自分で修理すれば、ますます愛着が湧くと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。エッジ交換を自分でしたらやっぱり今以上に愛着が湧くでしょうね。自分は器用な方だとは思うのですが前みたいな迫力のサウンドは蘇るのでしょうか?

お礼日時:2010/01/25 13:31

#1の者です。

個人でスピーカーを製作されている人もいますね。
http://ww51.tiki.ne.jp/~shigefumi/audio/sp/gaiyo …
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/3902/s …
http://www.mizunaga.jp/speaker.html
    • good
    • 0

おはようございます。

私もD-66EXだったかな・・・結局、片方が鳴らなくなりました。結局、お蔵入りです(鳴らないまま置いている)。気持ちはとてもわかりますが、昔”ステレオという雑誌で自作スピーカーなどを作っている人ならわかるでしょうね・・・なかなか部品及び加工等、知識必要になるので、残念ですが新しい物を購入を考えた方がいいかもしれません。定格は調べておく必要がありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。現行のD77が生産中止という噂を聞いたので買えるのもこれが最後かと思うと買い替えた方が良いのかとも考えるのですが捨てるのも忍びないんですよね。けれどエッジの張り替えをしてもこれまでのような音が出るのか不安もあるし自作スピーカーはどの程度の物を作れば良いのか全く未知の世界だし専門的な事はちんぷんかんぷんですからね。益々悩んでます(汗)

お礼日時:2010/01/25 13:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPIONEERのスピーカーS-9500のウーハーのクロスエッジの固さについて

PIONEER パイオニアのスピーカー S-9500 のウーハーのクロスエッジは、発売当初から固めだったでしょうか。中古で購入したのですが、何となく低域にキレはあれど伸びがないような気がして、クロスエッジが硬化しているのではないかと疑っています。S-9500の特性についてお詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

PIONEERのこのシリーズのクロスサラウンドは、元から少々固めのようです。このような
粘り気のない弾性剤を塗った類似のサラウンド(エッジ)は所有していたこともあって個
人的にもよく触りましたが、経年硬化するような印象はありません。

ただし、以下S9500がどうこうというのではなく、もう少し一般的な話をしておきます。

1960年代以前のフィックストサラウンドの時代ならばいざしらず、現代的な低域ドライ
バーにおいて、サラウンドがQms, Rmsに及ぼす影響は小さめです。一般的に、サラウンド
よりもスパイダーの方がずっと支持が硬いものです。したがってサラウンドだけを少々ゆ
るめにしたからといって、Fsはそんなに極端には下がりません(もちろん多少は下がりま
すが)。

機械的な支持の硬さは、スピーカーの場合はQms, Rmsといった数値になって現れます。

もっと言うならば、低域ドライバーにおいては電磁制動力の方が機械制動力よりもずっと
強いため、機械支持力を少々低下させただけでは低域特性にそんなに大きなインパクトは
ありません(程度の話で、もちろん多少は変わります)。

低域の伸びが不足とのことですが、これはある程度スピーカー設計上の限界と思います。
この時代のこのサイズの一般的なバスレフシステム+30cmドライバーでは、低域下限は多
少の改善は観られることはあっても、そんなに多くは望めません。

サラウンドの素材はFsやQtsのコントロールという視点でももちろん重要ではありますが、
どちらかといえばエッジ共振(周波数特性の乱れ)、リニアリティ(振幅直線性)といっ
た視点で大きな意味を持ってきます。

PIONEERのこのシリーズのクロスサラウンドは、元から少々固めのようです。このような
粘り気のない弾性剤を塗った類似のサラウンド(エッジ)は所有していたこともあって個
人的にもよく触りましたが、経年硬化するような印象はありません。

ただし、以下S9500がどうこうというのではなく、もう少し一般的な話をしておきます。

1960年代以前のフィックストサラウンドの時代ならばいざしらず、現代的な低域ドライ
バーにおいて、サラウンドがQms, Rmsに及ぼす影響は小さめです。一般的に、サラウンド
よ...続きを読む

Qスピーカーのウレタンエッジ交換

ウレタンエッジの交換をどの程度になったときに交換されていますか。ウィルソンシステム6を購入してから10年経過しました。見た目にも、触ってみてもまだエッジは大丈夫のようなのですが、システム6のエンクロージャーの前面には”ディフラクションパッド”というウレタンが張ってあり、それがそろそろ劣化し始めています。という訳で、ディフラクションパッドの交換とともウレタンエッジも交換したほうがよいか悩んでいます。また、セーム皮などに交換すれば寿命が長いとも言われていますが、如何なものでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして♪

スピーカー工作が子供の頃から好きで、今でも趣味の一つ。
私も、エッジ張り替えとか経験していますが、失敗も有りますので、最終的にアキラメが出来るユニットしか自分では行いません。

セーム皮エッジのユニットは、我が家にも先代から引き継いだ物が有ります。まだモノラルで真空管アンプと電磁石で動くユニット。おそらく50年以上昔の物でしょう。今も飾りになっていますが、エッジはパリンパリンに固く成っていますので、保存状態次第なのでは無いかと思います。

ウレタンエッジは5年から15年と言うそうですので、そろそろ時期でしょう。

http://www.auduo-1.com/newgoods/W-X/Wilson-Audio/system6/System6.html
あれ???

ウレタンエッジでしたっけ? 
ダイナ?スキャン? このウーファーユニットってたしかゴムエッジだったような、、、
(かなり曖昧なので、間違っている可能性もあります。違っていたらゴメンナサイ。)

Qスピーカーユニットのエッジ交換で音はどう変る?

エッジを交換する業者が増えました、交換キットも見受けられます。

繊細な動きをするコーンに着いているエッジが交換されると、材質にも因ると思いますが、新品と比べて交換後の音の傾向について教えてください。

Aベストアンサー

人間の聴力って、いい加減だと思っています。(私だけかも・・・?)
私も、現在使用しているスピーカー(JBL LE8T)を、30数年使用して2回取り換えています。(もちろん専用業者で)
エッジにもよりますが、10~15年位で、ボロボロになります。(ウレタンエッジ)、徐々になって来ますので、その音に慣れ違和感が薄れます。
修理して最初の感じは、最初締まった音になったかな・・・と感じた程度でした。  
また、別のスピーカー(壊れても良いスピーカーユニット)のエッジは自分で取り替えました、まあ~こんなもんかなと言った感じです。
それよりも、オーディオマニアとしては、見た目で感じる音が相当左右されます。(これも私だけかも・・・?)
専用メーカーさん(私の依頼した所)は、大変綺麗に修理して頂き、バクアップも良く、大変満足しました。
自分で処理したスピーカーは、少々汚いですから、後後飽きました。
結論になりますが、大事なスピーカーユニットは、専門業者に修理依頼した方が良いと思います(少々高くつきますが)後悔は無いと思います。

Qスピーカーのエッジ交換・素材選びについて

INFINITY Reference ONE のエッジが劣化したのでエッジ交換を検討しています。
http://audio-heritage.jp/INFINITY/speaker/referenceone.html

オリジナルはウレタンエッジなのですが、やはり交換はオリジナルと同じウレタン素材を選ぶべきでしょうか?
純正パーツではありませんがウレタンエッジなら2個で5000円程度で購入出来るみたいです。
なるべく安く済ませたいので自分で交換してみようかと悩んでいます。
スピーカーは今後何年使用するか分かりませんが5~10年使用する可能性もあります。
そう考えるとウレタンの場合、再びエッジ劣化の発生リスクがあります。

クロスエッジなどは耐久性に優れていると聞きましたが、音質などの変化はどの様な変化が予測されますでしょうか?

※ INFINITY Reference ONEのオリジナルの音質に強くこだわっている訳ではありません。
何社ものスピーカーを聴き比べて購入したのではなく、衝動買いみたいな感じで買い求めました。
CD再生のみで使用します。ジャンルはロック・ジャズ・フュージョンをメインに、特にギターを良い音で聴きたいと思っています。最近はクラシックも少々・・といった使い方です。

INFINITY Reference ONE のエッジが劣化したのでエッジ交換を検討しています。
http://audio-heritage.jp/INFINITY/speaker/referenceone.html

オリジナルはウレタンエッジなのですが、やはり交換はオリジナルと同じウレタン素材を選ぶべきでしょうか?
純正パーツではありませんがウレタンエッジなら2個で5000円程度で購入出来るみたいです。
なるべく安く済ませたいので自分で交換してみようかと悩んでいます。
スピーカーは今後何年使用するか分かりませんが5~10年使用する可能性もあります。
そう考えると...続きを読む

Aベストアンサー

ウレタン製エッジならばいくつかの業者を雑誌広告で見たことがありますし
人造セーム(化学繊維系)や天然セーム革のエッジは秋葉原のSPユニット店で取り扱いがあります。
ただクロスエッジ(織布)というのは記憶にありません。

クロスエッジが耐久性に優れると言いましても
ウレタンエッジの二倍程度の耐久性と考えられた方がよいです。
と言いますのも織布ゆえに通気遮断のため軟質樹脂コーティングされています。
この軟質樹脂が経年劣化で硬化したり剥離したりして寿命を迎えます。

人造セームは過去に4ペアのユニット補修に使いました。
外観上の経時劣化は無いですが音楽を鳴らし続けないと若干硬化する欠点があります。
天然セーム革は天然ものゆえに吸湿乾燥の影響を受けやすく
音楽を流し続けても硬化した、等の事例報告があります。

どれを使うにしろ費用対効果と耐久性をどこに求めるかによって変わってきます。
ウレタンエッジ、ワンペア5000円を耐久性5年と考えた場合、
クロスエッジはワンペアいくらでしょうか?
人造セームはワンペア二万円前後です。

参考URL:http://www.hino-audio.co.jp/main_set.html

ウレタン製エッジならばいくつかの業者を雑誌広告で見たことがありますし
人造セーム(化学繊維系)や天然セーム革のエッジは秋葉原のSPユニット店で取り扱いがあります。
ただクロスエッジ(織布)というのは記憶にありません。

クロスエッジが耐久性に優れると言いましても
ウレタンエッジの二倍程度の耐久性と考えられた方がよいです。
と言いますのも織布ゆえに通気遮断のため軟質樹脂コーティングされています。
この軟質樹脂が経年劣化で硬化したり剥離したりして寿命を迎えます。

人造セームは過去に4...続きを読む

Qオンキョーのスピーカーってどう?

現在オンキョーのミニコンポ(INTEC)を使っています。
スピーカーは後で買おうと思ったので、昔買ったソニーのミニコンポのものを使っています。

で、そろそろ懐もあったまってきたのでスピーカーも良いものを!と思い、今何を買おうか悩んでます。

個人的にオンキョーが好きなので、カタログにも載ってたD-102TXってのが妥当かな?と安易に決めようとしちゃっています。
でも、実際こんなもんでいいのでしょうか?実際に使っている方がいたら感想を聞いてみたいです。
もしくはもっといいのがあるぜ!っていうのがあったら教えて下さい。
ちなみに予算ですが、懐が暖まったと言ってもウン十万円もするようなのはちょっと無理っす・・・

Aベストアンサー

私はインテック275の、D-202AXlmtdを持っていますが、
No.3さんとは逆に、高域が若干派手目で、そこが
チャームポイントだと感じています。
とは言え、最近私が良く使っているモニターオーディオの
昔の型のスピーカーに比べれば十分大人しいですし、
聴いている人も違うので、No.3さんの感覚とは
異なる印象を持つのは当たり前なのですが。

D-102TXはあんまり聴いていませんが、
悪くはないと思いますし、ルックスも高級感が高いので、
買って失敗することは無いと思います。

それと他の人も述べていますが、近くにオーディオを大きく
扱っているお店があれば、一度試聴に行くのも良いですよ。
自分の好きな音を鳴らすスピーカーに会えるかもしれませんし、
参考URLにあるような、独特の外観を持ったスピーカーも多数ありますので、
こういった物を使って音を聴くのも楽しいことだと思います。

参考URL:http://www.kef.jp/kef_web_029.htm,http://www.marantz.jp/bw-speakers/lm/lm1.html

私はインテック275の、D-202AXlmtdを持っていますが、
No.3さんとは逆に、高域が若干派手目で、そこが
チャームポイントだと感じています。
とは言え、最近私が良く使っているモニターオーディオの
昔の型のスピーカーに比べれば十分大人しいですし、
聴いている人も違うので、No.3さんの感覚とは
異なる印象を持つのは当たり前なのですが。

D-102TXはあんまり聴いていませんが、
悪くはないと思いますし、ルックスも高級感が高いので、
買って失敗することは無いと思います。

それと他の人も述べて...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報