外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

お願いします。

昨日、嫁が車検の為、今流行りのワンデー車検に行きました。
車はライフJB6です。
そこには今まで2回車検に出してます、その時からエアロも同じで
エアロの加工もしてません。
今までエアロは指摘されず車検も取りました。

しかしながら今回「全長が10cm長いから軽自動車の枠を超える
のでNGと言われたそうです」

腑に落ちなく電話をしたところ「検査官が帰宅して詳しく分からない!」と言われました。

去年あたり道路交通法が厳しくなりましたよね、それで今回NGに
なったとしたら納得できますが、1cmや2cmオーバーじゃなく
10cmもオーバーしてたら初回の車検の時に指摘されるはず!と思いまして。

1回目、2回目は違法車でありながら車検をとっていた事になりませんか?

道路交通法を見てみたんですがイマイチ絞りきれず、コチラに
投稿しました。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

全長がオーバーしていればどうしても通らないはずでこれまでの車検が見落としであったということでしょう。


指定部品とは「保安基準を満たしていれば届け出の必要はない」部品であるので長さ無制限ではありません
ちなみにテールランプは光色が赤である必要がありカバーは何色でも良し。ウィンカーも同じ
マフラー 車体からはみ出していてはだめ
検査でこういう例を通すと最悪その業者は指定取消処分なのですが実際そうなるのは暴走族の改造を幇助したとかそんな場合ぐらいなんですが。

ところで最初にそのパーツを装着した業者はなんと言ってるのか気になります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
最初に取り付けた業者は車を購入した中古車業者です、
納車前にハーフスポイラーを持ち込んで納車の時に
装着済みで引き取りました、ちなみに全長の事などは何も
言われませんでした。

回答して頂いた方の中で数人バッシングともとれる発言がありますが
私は、違法なら取り外して車検も受けますし、今回も通せ!なんて
言いませんし。
ただ2回も車検が通ってますし、今回はダメ!と言われたら私以外の方
でも、はっ?と思われる方はいると思いますし。
回答して頂いた、いなかのくるまやさんの参考URLを見る限りOKだと
思いますが、グレーゾーンに今回は泣く!と言うか勉強になりました。

1回目、2回目受けた時の検査官が正しいのか
今回の検査官が正しいのか、何とも分からないですね、
どちらも正しいんでしょうね。
グレーゾーンをハッキリ決めて欲しいと思いますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/01 19:23

いなかのくるまやさんがおっしゃっているのは、おそらく


ノーマルバンパー+スポイラー だと思います。
質問者さんの場合が、ノーマルバンパーを取り外して、バンパー一体のエアロパーツに交換している場合は、当てはまらないのでは?
    • good
    • 3

だったら他の所にもっていけばいいのでは??



俺も軽ですが、マフラーの音、ディラーでは
これでは無理といわれながらも、民間車検場
ではOKでした。

マフラーが車体よりはみ出ているのでA店
では無理といわれましたがB店ではOKで
した。

テールランプ、黒く色が塗ってあって、
A店ではダメといわれましたがB店や
ディーラーではOKでした。

ですので民間車検場によって独自のルール
もありでしょうからなにもワンデー車検に
こだわらずOKしてくれる所で車検受け
てはどうですか?
    • good
    • 3

いなかのくるまやは、参考資料として


以下のURLを添付いたします。
http://www.geocities.jp/jintan_ody/myody/hoan.htm

サイドステップはウルサイですが前後エアロバンパーは
間違いなく「指定部品」扱いで自由度が高いのです。

すなわち「デッパのエアロバンパー」はOKということ。

まさに「規制緩和」っちゅうやつですよ。

当然、軽自動車検査協会の職員ならびに指定部品を理解
している民間車検工場は車検OKとするわけなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申しわけありませんでした。
参考URL、参考になりましたm(__)m。

エアロとだけしか書かないでスミマセンでした。
ハーフスポイラーです。
ちなみにアイラインも、1回目、2回目装着のままOKでしたが
今回はNGでした。

車検に通らない物なら素直に外して受けますし
1、2回目もOKで今回はダメ!それも同じ業者のトコですし
私以外の方も同じく思う方がいると思いますし。

グレーゾーンはハッキリ決めて欲しいですね。

有難う御座いました、勉強になりました。
車検切れ間近でしたので他に出す時間がなく、そのまま受けました
が次回からは出しません(笑)

お礼日時:2010/02/01 19:43

いなかのくるまやです。



軽自動車検査協会での車検なら通ります。
中古新規ではなく継続検査なら確実です。

前後のエアロは「指定部品」なのでうるさくないんです。

軽自動車検査協会の検査場ではなく民間車検場には
変な「マイルール」が存在するのはよくある話です。
    • good
    • 2

残念ですが、今まで通っていたから、車検は通るというものではありません。


単なる見落としで通っていたというだけの話です。
裁判やったって通りませんので、担当した検査官に話をした所でまったくに無駄な話となるだけです。

どうしてもそのエアロで通したいと思われるのであれば、全長の変更を受けてください。
そうすればそのエアロが使い続けられます。

ただし、軽自動車の規格から外れますので、小型自動車になります。
ナンバーは白の5ナンバーで、長さが変わりますので、車庫証明も取り直し画必要、さらに、税金、自賠責保険、任意保険などすべて小型自動車のものになります。

最近は違法改造を行う人がふてえてきたため、車検場では以前より厳しく確認を行う形に変わってきています。
エアロなどで、長さや幅、高さなどが変わっているように見えるものは、どんどん測って車検証の記載から外れている車の継続を認めないようになってきています。
以前は、エンジン形式なんか見ませんでしたし、マフラーを変えていてもあまりうるさくなければそのままでしたが、今ではすべての車のエンジン形式を確認し、マフラーの変更がある車は、すべて音量測定を行っています。

改造する人が増えたために、検査するほうは、仕方なくどんどん厳しく確認をしていると言う事です。

以前はOKと言ったって、測定してもらってOKをもらった訳ではないでしょう?
測定されていれば以前もNGだった物を、今回測定したらNGであったというだけの物です。
法律の範囲内に抑えるように、是正されるもしくは、維持費が跳ね上がりますが、小型自動車として変更されることをお勧めします。

どちらにしても、今のままでは車検は通りませんからね。
    • good
    • 0

では 改造車扱いにして 普通車登録とするか、あるいはノーマルの車長に戻しましょう



いままで通っていたから今度も通せというのは理由にもなりません

世の中に酔っ払い運転やスピード違反もっとたくさんいるんだから 俺を捕まえるな と言っている酔っ払い運転者と同じ屁理屈です
    • good
    • 0

間違ったことを是正しただけでしょw


いろんな細かいことが問題になる近頃じゃ別に珍しくないですw
自分で自分の首をしめないようにするのが一番だと思いますよw
素直に法に従いましょう日本に済む日本国民ならばw
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアロがついていても車検って通りますか?

ふと思ったのですが、エアロがついていても車検って普通に通りますか?
ちなみに私の車には社外品のエアロがついているのですが、最低地上高は大丈夫な状態です。

Aベストアンサー

>車検の記載内容を変更すると通せる場合があります。

質問に「車検って普通に通りますか?」とありましたので、取敢ず記載変更や改造車検等は無視しました。
また、前の回答がちょっと分かりにくかったかも知れません。
つまり厳密には通らない可能性が高いが、余程の事が無い限り(装着の不備や明らかに幅が大きくなっているなど。)普通に車検に通ると思います。
先程も書きましたように各陸運局によって違うようですのでやってみないと解りませんが。

Q車検でのハーフスポイラーについて

先月、ユーザー車検を受けて疑問に思ったことがありましたので質問します。
長文になりますがよろしくお願い致します。

ホンダ ライフ JB1
エアロ(下方向に末広がり)全てボルト取付
Fハーフスポイラー
Sハーフスポイラー
Rエアロフルバンパー

の組み合わせで通したのですが
サイドステップよりもフロントハーフが外側に出ていて最外側になるため
フロントハーフのみ外さないとダメだと言われました。

前回、車検時は問題なかったです。


指定部品のエア・スポイラーの基準には

3.1 エア・スポイラーは、自動車の前部及び後部のいずれの部分においても
自動車の最前端又は最後端とならないものであること。
ただし、バンパの下端より下方にある部分であって、直径100mmの球体が静的に接触することのできる部分の角部が半径5mm以上であるもの又は角部の硬さが60ショア(A)以下の場合にあっては、この限りでない。

3.3 エア・スポイラーは、その付近における車体の最外側
(バンパの上端より下方にある部分にあっては、当該自動車の最外側)とならないものであること。

と記載があったのですがどちらが優先されるのでしょうか?

末広がりなのでノーマルバンパー下端より下が外に出ています。
半径5mm未満の角部はありません。
素材はFRPなので硬いです。

また、フロントハーフを外した場合サイドステップが最外側となってしまい
余計に危険な気がするのですが・・・

保安基準・車検に詳しい方、回答よろしくお願い致します。

先月、ユーザー車検を受けて疑問に思ったことがありましたので質問します。
長文になりますがよろしくお願い致します。

ホンダ ライフ JB1
エアロ(下方向に末広がり)全てボルト取付
Fハーフスポイラー
Sハーフスポイラー
Rエアロフルバンパー

の組み合わせで通したのですが
サイドステップよりもフロントハーフが外側に出ていて最外側になるため
フロントハーフのみ外さないとダメだと言われました。

前回、車検時は問題なかったです。


指定部品のエア・スポイラーの基準には

3.1 エア・スポイラー...続きを読む

Aベストアンサー

確かに抜粋なさっておられるように定められています。

かつて検査員講習時に個人的に疑問に思ったので
軽四輪のサイズ上限と何れが優先するのかを聞いたことがありますが
国の方からの回答は
軽四輪としての寸法が優先するという事でした。


>と記載があったのですがどちらが優先されるのでしょうか?
については
優先という概念はなく
共に満たさなければいけません。

現車を拝見しないと何もわからないのはやむを得ないことではありますが
写真を見る限り
Fは車体の最外側になっているように見受けられ
Sについては、写真を見る限りでは寸法的には問題ないように見えます。

尚、「常識の範囲内であればオッケー」などと言うことはありません。

Qエアロパーツの持ち込み取り付け工賃について

ネットで塗装済みエアロ3点セット(フロント、サイド、リア)を購入しました。

あとは取り付けるだけです。
説明書や必要部品もあるので、自分でやろうと思ったのですが、
もし変に付いたり割ってしまったりしたらと考えると、
ショップ等に頼んだ方が安心確実かなと思いお願いしようと考えているところです。

持ち込みでのエアロパーツ取り付けの標準的な工賃って3点セットでいくらくらいなのでしょうか?

ちなみにディーラーに電話して聞いたら、
フロント:9000円
サイド :15000円
リア  :9000円
合計  :33000円
だと言われました。。。

さすがにちょっと高過ぎじゃないかと思うのですが、こんなものでしょうか?
全国チェーンショップも同じくらい取られるでしょうか?

Aベストアンサー

車種にもよりますが、手間と時間を考えるとそのぐらいの料金だと思います。
まぁ、ディーラーよりは個人経営などのチューニングショップなどにお願いする方が安いかもしれないですね。大型店に行けば一律の料金設定になっていると思いますよ。

よく行くチューニングショップがあればそういったところでお願いするのもいいかと思いますし、近所の修理工場にお願いする方が安く仕上げてくれる場合もあります。ただし、時間がかかることもありますがね。

通販などで自分で購入する場合は安く購入できますが、自分の責任で取り付けできる技術力と工具がないと、逆に高い買い物になることもありますよ。

Qエアロパーツと車検

サイドステップというエアロパーツは最低地上高9センチ以上キープしていないと車検通りませんか?ライトが付いていないフロントバンパー、スボイラーのエアロパーツなら9センチ以下でもOKなんですが、サイドステップは?

Aベストアンサー

フロント、サイド、リアと形態に関係なく指定部品のため車検はOKです。
 ただし、対人対物に危害を加える張り出しや突起がある場合はダメです。
 加工などで一定範囲内を超えた場合は、車検証「記載事項の変更」申請が必要です。
 
 エアロは、ウレタンやFRPなどの壊れる、割れる樹脂でできていれば、フォグなどの灯火類が埋め込まれていなければ、最低地上高9cmの対象から除外されます。(5cmまでは車検に通ります。)

 装着に関しては、車両のサイズが全長±3cm、全幅±2cm、全高±4cmの範囲内であればOKです。
 取付はボルト装着ならOK、パテ埋めで取り付けると「恒久的取付方法」とみなされ車検証記載事項変更が必要です。
 
 ただ、車検の審査基準は各地方や、検査官によって差がありますので、角が鋭い為に人を傷つける恐れがある、取り付け方法が悪くガタつくなど、極端な理由がない限り、パスできない事は無いと思います。

Qフロントハーフで全長が変わると車検に通りませんか?

バンパーの下部にかぶせるフロントハーフと呼ばれるエアロなのですが、
装着すると、全長が長くなります。(正確にはわかりませんが5~10センチ以内)
これは車検に通らなくなりますか?
バンパーにかぶせるエアロの場合、
車高は規定の9センチ以下になってもOKというようなことを聞いた事があるのですが、
全長の場合の判定がわかりません。(ちなみに車高は問題ありません)
ご存知の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。
・構造等変更検査についてですが、車検を丸々2年使おうとすれば、
(例:H21・5/7に合格→H23・5/6まで)この場合、H23・5/6に受けなければならないということでしょうか?→その通りです。
・また、次回H23・5/1に車検を受けたとすると、満了日はH25・4/30となって、早く受ければ受けるほど車検有効期限は損をするということでしょうか?→その通りです。
・ちなみに構造等変更検査を車屋さんでお願いした場合、費用はどのくらい必要でしょうか?(参考意見でかまいません)→価格応談がほとんどで、価格を設定してるお店を私は知りません。仮に民間車検工場に依頼したとしても構造等変更検査は陸事に持ち込みになりますので良心的なお店でも通常の継続車検代+3万円以上は掛かるかもしれません。もしかすると、内緒で継続車検に通してくれる車検工場があるかもしれませんが違法改造車という事が付き纏います。

Qエアロは純正エアロに穴を開けて取り付けるのですか?

社外のエアロを取り付ける時は元々の純正バンパーなどに穴を開けてネジで留めるのでしょうか?
探して写真を見てみると、フルエアロという全部取り替えるエアロ以外は、そのようにして留めるしかできるように見えません。

ということはエアロを外したくなったら純正のエアロには穴が開いてしまっている状態ということでしょうか?

Aベストアンサー

 過去フロント・リヤ・サイドステップを社外エアロに換装していたものです

 車種にもよりますので絶対ではないですが、私が昔のっていたセリカの場合はエアロに穴が空いていて車体側のタップ(ネジ穴)にボルト締めするタイプでした
 社外エアロですとFRPが主流ですが、エアロにネジ穴ですと走行による振動で割れて脱落する恐れがあるためと思います。(品によっては、ナット等を埋め込んであるタイプもあるかもしれません)

>ということはエアロを外したくなったら純正のエアロには穴が開いてしまっている状態ということでしょうか?  
 フロント等のバンパーですと、絶対に脱落してはいけないので穴(ネジかバカ穴かはわかりませんが)が空いています。ハーフタイプのエアロは両面テープ、ボルト&ナットで締め付け、クリップ等もあると思われます

 参考URL…ハーフタイプエアロ取り付け例
 http://plaza.rakuten.co.jp/stage21/diary/?ctgy=1

 サイドステップ等はドアで挟み込んで落下しないのでボルト取り付けをサボっているセリカオーナーさんはいました(3ドアハッチバック等。4ドアタイプでは無理かな?)

>両面テープの厚み自体がかなり薄いものなのでしょうか?
 車に使用する両面テープは3M(スリーエム)製と思われるのでかなり分厚いはずです(1mm近く厚みあります)
 ちなみに、車売却時にエアロを外してバラで売ろうかと思ってお店に相談してみたのですが外す際にエアロが割れる恐れがあると言われました。車用の両面テープは非常に強力なようです

 >ものによっては全てボルト止めなんですね。ちゃんとしたもののようですね。ゴムがエアロとの間に入っても隙間はあかないのでしょうか。
 これは考え方が逆で、ゴムをはさんだ状態でぴったりフィッティングするようにエアロを調整(参考URLの様に削ったり)して取り付けていると思っていただくのがわかりやすいと思います。
 なお。エアロの取り外しは整備書にのってますので、ディーラーさんでお願いすれば該当場所のコピーを頂けると思います。それをみて、ネジどめなのか両面テープなのか判断されるのが確実かと思います。

 後、FRPですがサイドステップ等の長ものはねじれやすかったりします。他に安物ですと精度が悪かったり強度がないために歪んだりしますのでFRP=硬い訳ではないのでご注意を。高いエアロはFRPの層が厚く、安物は薄い傾向にあったりします

 とりとめなく書いてきましたが、参考になりますでしょうか?

 過去フロント・リヤ・サイドステップを社外エアロに換装していたものです

 車種にもよりますので絶対ではないですが、私が昔のっていたセリカの場合はエアロに穴が空いていて車体側のタップ(ネジ穴)にボルト締めするタイプでした
 社外エアロですとFRPが主流ですが、エアロにネジ穴ですと走行による振動で割れて脱落する恐れがあるためと思います。(品によっては、ナット等を埋め込んであるタイプもあるかもしれません)

>ということはエアロを外したくなったら純正のエアロには穴が開いてしまっている状態と...続きを読む

Qバンパーの破損。車検、前回は通ったのに今回通らない

バンパーの右側が破損していて、手でつかんで揺さぶるとグラグラするような状態です。
とはいえ、グラグラは軽度で、中央、左側はしっかりついています。グラグラしているところは応急手当として針金で止めてあり、走行中に落下するような様子はまったく見受けられません。

前回、前々回ともに車検はこの状態で通りました。前回はホリデー車検、前々回はガソリンスタンドです。

(引っ越してしまったので)前回とは別のホリデー車検に見てもらったところ、「落下の恐れ」などの理由で取り替えの必要がある、といわれました。
整備士(というんでしょうか?車を見る人です)によって基準が違う、ということですよね。
とおいので前回の車検場にいくという選択肢はないです。

とりかえるとしたら軽自動車なので5、6万円かかるでしょうか?
別の車検場にかえようか迷っています。とはいえ別のところにいっても車検がとおるとは限りません。自分でなんとかできないものかな、とも考えています。ヤフオクで中古のバンパーを買って自分で取り付けるとか・・できるものでしょうか?

というか、そもそもバンパーをとってしまった状態では車検通らないんでしょうか?車検の時だけ取り外して、終わったらもう一度つけて、みたいな。(多分無理ですよね・・)

どうするのが一番いい解決法だと思いますか?
よろしくお願いします。

バンパーの右側が破損していて、手でつかんで揺さぶるとグラグラするような状態です。
とはいえ、グラグラは軽度で、中央、左側はしっかりついています。グラグラしているところは応急手当として針金で止めてあり、走行中に落下するような様子はまったく見受けられません。

前回、前々回ともに車検はこの状態で通りました。前回はホリデー車検、前々回はガソリンスタンドです。

(引っ越してしまったので)前回とは別のホリデー車検に見てもらったところ、「落下の恐れ」などの理由で取り替えの必要がある、とい...続きを読む

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

私のとこは車検はすべて検査場への「現車持ち込み」でやって
いるんですが、経験上その程度のバンパー破損であれば、
なんらの指摘を受けずクリアしてきています。

昨今の車はバンパーといってもバンパーの役目はほとんどなく、
表面にあるものは「バンパーフェイス」といって、それそのものは
ほとんど衝撃に耐えうるものではありません。(ただのプラ樹脂)

前面衝撃に耐えうるものはクロスメンバーであったり、コアサポート
であったり、はたまたボディ前部そのものであったり。

バンパーフェイスは、ほとんど見た目をよくするのがその目的。

おそらくはずれかけているのは、最端部にあるフェンダーとの接合部
が割れているからではないかと思いますが、もともとその部位は単に
タッピングビス程度で留めてあるところなので、針金で固定していても
大幅に取り付け強度が落ちるってものでもないです。

現物を見てないので断言はできませんが、前述の通り、持ち込み
での車検なら指摘を受けることもないのではないかと思います。

持ち込み車検はユーザー自身かその代行業者、さらには認証工場
あたりがその対象となります。

今回のホリデー車検業者は現車持ち込みをしない「指定工場」では
ないかと思うのですが、指定工場は意外と検査基準が厳しいです。
(大義名分的には安全性を謳うものの、売上至上主義もチラリと・・)

今回は持ち込み車検してくれるところに依頼してみてはどうでしょうか。

もしそこで本当に「交換の要あり」と出るなら納得せざるを得ないでしょうし。

ここは「公的検査機関の判断を仰ぐ」というのが最も合理的だと思います。

いなかのくるまやです。

私のとこは車検はすべて検査場への「現車持ち込み」でやって
いるんですが、経験上その程度のバンパー破損であれば、
なんらの指摘を受けずクリアしてきています。

昨今の車はバンパーといってもバンパーの役目はほとんどなく、
表面にあるものは「バンパーフェイス」といって、それそのものは
ほとんど衝撃に耐えうるものではありません。(ただのプラ樹脂)

前面衝撃に耐えうるものはクロスメンバーであったり、コアサポート
であったり、はたまたボディ前部そのものであったり。

バ...続きを読む

Qエアロを両面テープで取り付けって普通ですか?

この度、はじめて社外エアロ(フロント、サイド、リア)を取り付けました。

取り付けるときに驚いたのですが、
取り付け方法が一部にビスとほとんどは付属の両面テープでの取り付けだったのです。
今まで社外エアロは装着したことがなかったのですが、社外エアロはこれが普通なのでしょうか?
(純正のエアロはは何センチかおきにビスで留められていました)

また、私は雪国在住のため、冬期間はエアロを取り外さなければなりません。
取り外したあと、春になって再度取り付けることになったときに、
カーショップなどにエアロ用の両面テープなど売っているものでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。
ちょっと拝見させて頂きました。

結論から申しますと、両面テープは普通です。
ちなみに純正エアロ(某○デリスタ)なんかのエアロは取り付け面の80%を両面テープで固定するように出来ています。

FRPでも両面テープは当たり前です。
少し前はFRPに両面テープは相性が悪かったのですが、現在は各メーカーもいろいろ工夫されております。
きちんと脱脂処理をすれば問題ないでしょう。

ケンスタイルは日本でも屈指のメーカーです。ケンスタイルのエアロもよく扱いますが全く問題ありません。
そもそもケンスタイルは「走り系」ではありませんから、空力等関係ありませんしね。

もし、取り付けが不安なのであれば業者に依頼されるのも手ですよ。

Qオートバックスでエアロ塗装&取付

先日近所のオートバックスへ行き店員さんにエアロの取付について値段を聞きに行きました。
塗装と取付工賃で30万+エアロ(本体)で合計最低でも45万、作業日数が早くて2~3週間、代車は貸し出してませんとの事でした。
友達に聞くと「高過ぎ!」と言われたのですが、どうなのでしょうか?
私も友達も車に詳しくないので、皆さんのご意見を聞かせていただけたら…と思い投稿しました。
よろしくお願いします。
車はライフ(JB5)で色は白です。

Aベストアンサー

ははん~ 足元見られた感じですねー

失礼ながら
質問者様の 態度や知識(知ったかぶり)などで値段も上がっちゃいますよ。チャラチャラブランド財布なんか持ってたりすれば金は出せるかなと!

エアロ特に社外品は、歪みタレ端末のチリ合わせなどこまかな修正が必要な場合が多いです FRP製ですと表面に細かな粒穴が無数にあるので 下地処理に手間も掛かります。
ただ取り付けるだけ 色合わせて塗るだけでは、綺麗にビシッと決まらないものでなんです。安くは上がりますが無様な仕上がり

取り付け+塗装代金およそ(普通車部品の計算)
F・Rバンパー 取り付け15,750円 塗装36,500円 ×2
サイドステップ  〃  21,000円 〃 31,500円
ウイング     〃  15,750円 〃 36,750円
Fグリル     〃   5,250円 〃 15,750円 

合計しても 230,500円ですねー 3割オートバックスが手数料を加えてると考えると 計算が30万に合います
通常まとめてオーダーならかなり割引されるものです。 例:まとめて18万とか
エアロパーツも 量販店って取り寄せだと 定価+送料(普通メーカーが持つもの)を請求されるようですねー

45万という金額が 車体価格の何割かを考えてみてください

お金を使うということは 品物の価値を知ってから 使うものです。
何しようと自由ですが 賢く生きるには 考える学ぶ事が必要です。

ははん~ 足元見られた感じですねー

失礼ながら
質問者様の 態度や知識(知ったかぶり)などで値段も上がっちゃいますよ。チャラチャラブランド財布なんか持ってたりすれば金は出せるかなと!

エアロ特に社外品は、歪みタレ端末のチリ合わせなどこまかな修正が必要な場合が多いです FRP製ですと表面に細かな粒穴が無数にあるので 下地処理に手間も掛かります。
ただ取り付けるだけ 色合わせて塗るだけでは、綺麗にビシッと決まらないものでなんです。安くは上がりますが無様な仕上がり

取り付...続きを読む

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング