出産前後の痔にはご注意!

感知器の断線がどの警戒区域で発生しているか、警報を鳴らさずに確認する方法として
「自火報の主音響と地区音響を停止して発信機を押し、自火報の地区火災発生表示ランプを確認、点灯していない所が断線している」という方法と判断は間違いでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

甲4保持者です。



古い受信機ならダイヤルスイッチを使って「導通試験」で判断できます。
1983年法改正以降の蓄積型受信機なら、自動断線検出器がありますので、断線していれば地区表示灯が点滅して警報音が出ているはずです。

発信機を押して確認するのも間違いではありませんが、発信機よりも終端側で発生していればそれも無駄です。

状況が良く分かりませんので、この説明で分からなければ補足してください。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。
警報音は確認しておりますが、同時に地区表示灯が点滅するとは思っておりませんでしたので、うかつにも
確認しておりません。
頻繁に警報・復帰を繰り返していますので、次回確認いたします。
発信機を押しての確認の件ですが、終端抵抗が発信機に取り付けられているという前提です。
説明が足りなくて申し訳ありません。
この件に関して、現場で思考しながらということになりますので、度々の質問があろうかと思いますが、よろしくご指導お願い申し上げます。

補足日時:2010/01/29 19:18
    • good
    • 2

補足ありがとうございます。



>警報音は確認しておりますが、同時に地区表示灯が点滅するとは思っておりませんでしたので、うかつにも
確認しておりません。
頻繁に警報・復帰を繰り返していますので、次回確認いたします。

警報音とは、受信機から出る異常警報のブザー音でしょうか?そうならば、自動検出機能が働いているということですね。また、頻繁に警報・復旧を繰り返している、というのも「断線警報」が断続的に出現・復旧するということでしょうか。
でしたら、断線よりもまず「終端抵抗」を疑うほうがいいと思います。
各地区線の終端抵抗の値を調べてみてください。ただし、ニッタン製の場合は終端器が特殊で、終端抵抗を測れませんので、まず交換して現象が収まるかどうかを確認するほうが早いと思います。特にニッタンの場合は終端器が壊れて断線警報が出ることが他社よりも多いというのが実感です。

この回答への補足

断線警報が受信機(自火報盤)で頻繁に発報し、その度に警報SWをOFFにして発報音を停止、断線表示ランプが消えたらONとしています。
当自火報はホーチキ製です。
いろいろとご親切にご指導いただきありがとうございました。
対応として、どの警戒区域であるかを確認し、しかる後にその警戒区域の終端抵抗を疑うという方法を検討したいと思います。
なお、未だに警報の発報と自己復帰が繰り返される理由がよく分かりません。

補足日時:2010/01/30 23:47
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感知器について

お世話になります。
感知器の終端抵抗ですが、感知器末端につける場合と、
配線を総合盤まで戻し(または4C配線)、総合盤内に設置するのは、何か使い分けの理由があるのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

火災報知設備が義務設置になったころは、回線の末端に回線試験機を設けることが義務になっていて、発信機がある場合はそれで代用できるという規定でした。
そのため幹線からの分岐点は通常、総合盤の中ですからそこまでぐるっと戻るために4Cを使いました。
ですので未だに、その方法じゃないと許可をおろさない消防もあります。
私が施行する場合はすべて4Cで引きます。保守の容易さはかなり大きな違いになります。

4Cで引くと有利な点は#1さんが書かれたとおりです。

Q火災受信機 警報盤 の切り方について

大至急教えて頂きたく投稿しました。
私は消防設備の仕事にかかわっております。特に水関係(スプリンクラー設備など) そこで困っていることがあります。
よく既設の工事があり、火災受信機を停止して工事しなければなりません。しかしいろいろな受信機、警報盤があり 操作の仕方がわからない状態です。最近では液晶などがもでてきてますし・・・。
そこでいろいろな警報盤の切り方など 詳しくおしえていただきたいのです。どうしたらよろしいでしょうか・・・宜しく御願いします。

Aベストアンサー

補足拝見しました。

そうなんですよ。メーカーによっても年式によっても結構違うんですよね。しかし共通点もありますのでポイントと注意点を書きます。

・スイッチかボタンか。
前に書いたように、1997年以前と以降では再鳴動方式という違いがあります。これに各社対応するために1997年以降の受信機は「ボタン式」になっています。
スイッチ式の場合は、「地区音響」が一度停止するとずっと停止しており、「主音響」「警報ブザー」のスイッチは押すと戻るタイプになっています。この部分は全社共通で赤色をしていますし、「主音響」「警報ブザー」のスイッチはなにかを挟んで下側でとまるようにしておかないと、なにかあったときに鳴ってしまいます。

ボタン式は、地区音響が一時停止しか出来ないようになっており、点検時などで長時間停止したい場合の操作方法がむずかしくなっております。これには各社特徴があります。
・能美防災製 「保守」ボタンがありますので、「保守」→「主音響」または「地区音響」(LEDが点滅するまで長押し)で停止。解除は同じ順番で操作
・ナショナル製 「保守」モードボタン→モード選択
・ニッタン製 内部の基盤に「保守停止」とか「音響停止」の小さなスイッチがあり、それを押す。解除はスイッチを戻すだけだが、時々LEDが点灯しっぱなしの受信機があるので、その場合はバッテリーのコネクターをはずしてから電源をOFFにして、再度ON、コネクター戻しの順番で電源操作する。
・ホーチキ製 主音響停止とブザー停止は専用スイッチが蓋の内側にある。地区音響停止は「地区音響」ボタンとその直近の同じ色のボタンを同時押しで長押しすると、「地区音響保守停止」インジケーターが点滅し、停止になる。(受信機によって違いますが、大体「主音響」「地区音響一時停止」の縦に並んでいる二つで大丈夫なはずです。

その他のメーカーの受信機の場合も、この4社の受信機のことが多いです。

連動停止に関しては、建物ごとの差が大きいので、スイッチを良く見るか、リレーなどの回路を良く見てくださいとしかいえません。

補足拝見しました。

そうなんですよ。メーカーによっても年式によっても結構違うんですよね。しかし共通点もありますのでポイントと注意点を書きます。

・スイッチかボタンか。
前に書いたように、1997年以前と以降では再鳴動方式という違いがあります。これに各社対応するために1997年以降の受信機は「ボタン式」になっています。
スイッチ式の場合は、「地区音響」が一度停止するとずっと停止しており、「主音響」「警報ブザー」のスイッチは押すと戻るタイプになっています。この部分は全社共通で赤色...続きを読む

Q消火器の放出点検について

消火器の放出点検について疑問なことがありましたので教えてください。
ある会社の話です。(ということにしておいてください)

 3年を過ぎた消火器は、ロット毎に分け半年に一度放出点検を10または20%行う必要があると思います。これは、サンプリングで消火器の機能を確かめる目的と、8年過ぎるまでに中身を詰め替える目的だと理解しています。
 前回の消防点検の際に業者の方が「二酸化炭素消火器は温室効果ガスを大気中に放出することになるから放出点検は行わない」と言い結局放出はされませんでした。このときは放出対象にしていた消火器を破棄(リサイクル)し新しいものに取り替えました。これは消防法違反にならないのでしょうか。
 ちなみにその職場の場合、詰め替えを実施するよりも、放出点検時に新しく消火器を購入する方が経済的ということで詰め替えは実施していません。

話は変わりますが、もう一点。
 大型消火器(たとえばヤマトのYA-100)は中身の薬剤が多く放出・詰め替えが大変ということで放出点検をされていません。
これって法律的にまずいですよね?

 私は消防設備のことにしては無知でして、点検ハンドブックを眺めてみたり、会社の手引きを見てみたりする程度で、資格は一切持っていません。それ故、間違って言ってることがあるかもしれませんがご容赦願います。

消火器の放出点検について疑問なことがありましたので教えてください。
ある会社の話です。(ということにしておいてください)

 3年を過ぎた消火器は、ロット毎に分け半年に一度放出点検を10または20%行う必要があると思います。これは、サンプリングで消火器の機能を確かめる目的と、8年過ぎるまでに中身を詰め替える目的だと理解しています。
 前回の消防点検の際に業者の方が「二酸化炭素消火器は温室効果ガスを大気中に放出することになるから放出点検は行わない」と言い結局放出はされません...続きを読む

Aベストアンサー

消防法の専門家です。

消防法では以下のように定めています。
「3年を越え8年以内の消火器を1ロットとし、その全数を5年以内に機能点検し、内50%を放射試験とすること」
つまり全部点検しても放射試験(つまり詰め替え)は半分だけです。
しかしこれは粉末消火器の場合で、強化液などの場合は
加圧式のとき全数の10%の放射試験
蓄圧式のとき抜き取り数の50%の放射試験(粉末と同じ)
で、ガス式の二酸化炭素やハロン消火器は、指示圧力計か重量によって可否が判断できれば、放射試験は免除されています。
ということで、理由は違いますが二酸化炭素消火器の放出試験は必要ないのです。

うちでも原則詰め替えをせずに新しい消火器に交換しています。理由は放射試験の費用より、新品のほうが安いことと、消火器の構造上、放射してから詰替した場合、詰替えた後も放射能力が維持できるのか本当はもう一度放射してみなくては分からない、からです。

また二酸化炭素消火器の場合は、これとは別に高圧ガス保安法による容器の耐圧試験というのがあります。これも消火器に関しては適正な維持管理(消防法による点検のこと)がされていれば免除という通達が出ています。

大型粉末は詰替えないとまずいですね。。

消防法の専門家です。

消防法では以下のように定めています。
「3年を越え8年以内の消火器を1ロットとし、その全数を5年以内に機能点検し、内50%を放射試験とすること」
つまり全部点検しても放射試験(つまり詰め替え)は半分だけです。
しかしこれは粉末消火器の場合で、強化液などの場合は
加圧式のとき全数の10%の放射試験
蓄圧式のとき抜き取り数の50%の放射試験(粉末と同じ)
で、ガス式の二酸化炭素やハロン消火器は、指示圧力計か重量によって可否が判断できれば、放射試験は免除...続きを読む

Qスプリンクラー閉鎖型二次側圧力が高くなり末端試験弁で水を抜く場合、 

スプリンクラー閉鎖型二次側圧力が高くなり末端試験弁で水を抜く場合、 
1・チョロチョロ水を流すだけだと流水検知装置が働きますか? 
2・それと同時に地下にある起動用圧力タンクの圧力が下がりスプリンクラー起動となりますか?(4kg    以下で起動に設定あり)
3・これって作動すると火災警報となるのですか?(スプリンクラー起動となるだけと思っていますが
実験した事がありません)業者の方にお聞きしたのですが「そこの設備によって違うから・・・」と     何とも不明な回答でした。

Aベストアンサー

専門で有資格者です。

1.流水検知装置とは、アラーム弁の機能としての流水検知装置でよいでしょうか。
でしたら、2次側圧力が1時側よりも低くなって、アラーム弁のバルブ開放(1次→2次側へ水が流れる)が無ければ、流水検知装置は働きません。
水を抜く場合は、アラーム弁の2次側バルブを閉め、1時側よりも低くならないように調整しながら水を抜きます。

2.1.で説明したのと同じことですが、そのまま水を抜けばちょろちょろでも圧力は下がりますので、起動するレベルまで下がればポンプ起動します。

3.スプリンクラーの作動は、火災報知機の作動と同等に扱われ、音響・ベルなどが鳴動します。
しかし古い設備だと、火災報知設備と連動しておらず、ウォーターゴングなどの専用の音響装置が働くだけです。
これを確かめたければ、火災報知設備の受信機に行って、スプリンクラーの地区窓「○○階」とか「厨房・食堂」などの表示があるか、下のスイッチに「消火音響」という名称のスイッチがあるか、確認してください。

ただ、圧力があがるからといって、単に圧力を抜けば良いというものではありません。本来は、専門の点検業者が半年ごとの点検で状態を記録し、不具合を見つて対処する内容だからです。
また、スプリンクラーをはじめとする水系設備は、案外構造上のすり合わせのところがありますので、あちらを修繕するとこちらの不具合が発生する。ということになりかねません。
全体の調整が出来る点検業者でないならば、出入りの業者を変えるべきです。

私の経験程度で且つ質問内容だけでこれだけ回答できるのですから、「そこの設備によって違うから・・・」程度の説明しか出来ない業者は、スプリンクラーのことを(専門的には)何も知らない素人レベルですよ。

専門で有資格者です。

1.流水検知装置とは、アラーム弁の機能としての流水検知装置でよいでしょうか。
でしたら、2次側圧力が1時側よりも低くなって、アラーム弁のバルブ開放(1次→2次側へ水が流れる)が無ければ、流水検知装置は働きません。
水を抜く場合は、アラーム弁の2次側バルブを閉め、1時側よりも低くならないように調整しながら水を抜きます。

2.1.で説明したのと同じことですが、そのまま水を抜けばちょろちょろでも圧力は下がりますので、起動するレベルまで下がればポンプ起動しま...続きを読む

Q自火報受信機の点検

点検資格者のタマゴより
自動火災報知設備の受信機の点検について教えてください。
L,Cラインの絶縁抵抗試験で、あるメーカに問い合わせたところ、端子板から全部のラインを外してから、メガー50Vで点検して下さいとのことでしたが、もう少し簡単な測定方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

あるメーカーとは、ニッタンのことでしょう。

そうだとすれば、メーカーの指定する方法でやってください。他の方法は絶対にダメです。基盤が壊れます。
私の周りでこのメーカーの基盤をメガーで壊した人は数知れません、斯く言う私もわなにはまった一人です。

またこのメーカーは落雷にも非常に弱く、夏になるといろんなところで基盤交換が発生します。

ということで、簡単な測定方法はありません。

Q自動火災報知設備について

某消防署で勤務している者です。

昨日、後輩から「自動火災報知設備の送り配線って何ですか?」と質問されました。

正直わかりませんが、後輩には「後で教えてやる」って答えてあります。

どなたか、分かりやすく教えて下さいませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひとつの感知器から線を出して2個目の感知器へとつないでいくやり方です。
そのように配線しておけばすべての感知器がつながっているので、どこが断線してもひとつの受信機で断線が検知できるというわけです。

※広い部屋の天井に設置する複数の照明の100V電源なども普通はそのように送り配線をします。
器具には感知器同様送り配線のための端子が設けてあります。
この場合は電線の節約と工事の効率化が目的ですが。

Q誘導灯の設置に必要な書類はなんですか?

誘導灯を設置するにあたって、届出として必要な書類はなにがあるのでしょうか?
自分で調べた限りでは

消防用設備等(特殊消防用設備等)設置届出書
誘導灯及び誘導標識試験結果報告書
配線の試験結果報告書

以上の3つですが、他にもあるのでしょうか?教えてください、おねがいします。

Aベストアンサー

誘導灯の設置だけ単独で書類を作るなら

1消防用設備等(特殊消防用設備等)設置届出書
2配置図(建物の場所を示す地図)
3対象物概要表
4誘導灯概要表(消防のよっては必要)
5誘導灯及び誘導標識試験結果報告書
6配線の試験結果報告書
7設置した誘導灯の承認図
8配置および設置図面(平面図)

です。
また設置届けには電気工事士の資格で届出できます。

Q消火設備のシンボルマーク

会社建物の消火設備(センサーなど)の配置図を作らなければならないのですが、シンボルマークが良く分かりません。(各種感知器、誘導灯、消火器など)何か決まったものがあると思うのですが。シンボルマークの一覧などがあるサイトがあればお願いします。

Aベストアンサー

このサイトでだいたい載っていると
おもいます。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7953/

Qマンションでの火災警報に対応するインターホンシステムの誤作動?

築6年弱のマンションに住んでいる者です。
マンションの火災警報対応のインターホンシステムが誤作動する事にはどんな原因が考えられるでしょうか?
一昨日の朝3時頃突然インターホンの火災警報が鳴り、赤いマークが表示されました。何の心当たりもなかったものの部屋中をチェックしてまわりましたがやはり目に見える範囲では異常は見つけられませんでした。
15分後ぐらいには表示されていた警告のマークも消えたので単なる誤作動だったのだと安心した途端また同じように警報が鳴り火災のマークが表示されました。このような事が2時間近く続きその後はピタッとおさまりました。
安心したのも束の間、その日の昼頃にまた同じような状況になってしまいました。早速管理人さんを通してメーカーさんに連絡してもらったのですが、配線の断線が原因なのでメーカーは関係ないとの返事でした。急いで配線工事をする業者さんに見てもらったのですが配線の異常はないそうです。次こそはメーカーさんが来てくれるものと期待してるのに今度来るのは天井に取り付けてある火災報知器の会社の方だそうです。なんだかもうじれったいって感じです(-_-メ)
昼から19時ごろまでの間に5回ほどまた警報音が鳴りました。その都度1階の管理人室の親機の方から我が家の部屋ナンバーと警告メッセージがフロア中に大音響で流れるので、他の居住者の方に対してとても恥ずかしく申し訳ない気分でいたたまれなくなってしまいます。
始めに点検してくださった配線工事の方はこういった不具合は初めてと仰ってました。早く原因を突き止めて不具合を解消したいので、私からも来てくださる業者さんにいろいろ原因の可能性を提起してみたいので、どんな事で誤作動が生じるのか例がありましたらお教えください。
よろしくお願い致します。長々と申し訳ありません。

築6年弱のマンションに住んでいる者です。
マンションの火災警報対応のインターホンシステムが誤作動する事にはどんな原因が考えられるでしょうか?
一昨日の朝3時頃突然インターホンの火災警報が鳴り、赤いマークが表示されました。何の心当たりもなかったものの部屋中をチェックしてまわりましたがやはり目に見える範囲では異常は見つけられませんでした。
15分後ぐらいには表示されていた警告のマークも消えたので単なる誤作動だったのだと安心した途端また同じように警報が鳴り火災のマークが表示され...続きを読む

Aベストアンサー

専門家です。(火災報知設備が専門です)

断線でなければ、まず間違いなく質問者様の部屋の火災感知器か、インターホンの内部に取り付けてある「終端抵抗」が故障しています。
私の経験からいうと、感知器より「終端抵抗」のほうが怪しいです。(感知器は性質上、故障して鳴り出すと止まらなくなります)
また、お部屋で感知器が鳴る直前に、暖房器具をつけたり、鍋料理をしたりしていないでしょうか?
その場合は、感知器もかなり疑わしいです。

最近のマンションは、不在の部屋のときのプライバシーを守るために、火災報知機が火災を感知したときに、感知した部屋のインターホンを慣らす仕組みになっています。
ですので、火災感知器がインターホンと同時になったのであれば、インターホン側でなく、火災報知機側の故障の可能性が高いのです。

Q誘導灯の取替に消防設備士の資格は必要か

タイトルの通りですが、誘導灯の取替に消防設備士の資格は必要ですか?
電気工事士とかも必要ですか?

いろいろ検索してみたのですが、必要という回答もあれば不要という回答もあり、複数の業者に聞いてみても同様の回答が得られるので困っています。

法の解説のHP等があれば参考に教えてただけると助かります。

Aベストアンサー

同型型番のものに交換する場合だけというのは何で決められているのでしょうか。

消防法の規定で、消防設備士が出来ない仕事、電気工事士の仕事や電話工事などの範疇は、消防設備であってもそれぞれの有資格者が行うことになっております。
たとえば誘導灯の器具付け(電気工事士が必要)や火災通報装置の電話部分(電話配線工事など)などです。

誘導灯の場合、消防に届出が必要になるのは、工事の場合です。この場合の工事とは、誘導灯を新設・増設したり、配置を換えたりすることが主なもので、要するに消防の審査を受ける必要があることをすることを言います。
ですので、同じ場所に付け替える場合でも、新型のものだと表示の方法や予備電源の取り方が適正なものか審査が必要になります。特に最近は高輝度型に交換することが多いですので、従来の蛍光灯を使用したものとは型番がかわってしまい、バッテリー容量や器具の種別(大きさなどでABCと3種類ある)などが適正なのか、消防に届けて許可をもらう必要があります。

また工事自体は電気工事士が行い、書類だけ消防設備士の方にやってもらう方法もあります。
ただし、「実際の工事をする方は資格が無くても、工事を管理する業者に資格者がいれば問題ありません。」の回答にもなりますが、現場に来ない者の資格では本来ダメです。
なぜなら、誰が器具を付けようと、消防設備士が現場で確認して、検査を行った届出をするからです。
適正に行わないと、消防設備士の免許に傷がつきます。

同型型番のものに交換する場合だけというのは何で決められているのでしょうか。

消防法の規定で、消防設備士が出来ない仕事、電気工事士の仕事や電話工事などの範疇は、消防設備であってもそれぞれの有資格者が行うことになっております。
たとえば誘導灯の器具付け(電気工事士が必要)や火災通報装置の電話部分(電話配線工事など)などです。

誘導灯の場合、消防に届出が必要になるのは、工事の場合です。この場合の工事とは、誘導灯を新設・増設したり、配置を換えたりすることが主なもので、要するに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング