人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

当方、スライサーです。ドライバーのスライスによるOBで、いつもスコアを悪くしています。現在使用しているドライバーはタイトリストの907D2というドライバーですが、もっとスライサー向けの重心距離が短いドライバーにして、少しでもスライスを防ぎたいと思います。

重心距離の短いドライバーには、どの様なモデルがあるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スライスを防ぐということであれば、重心距離が短くて重心角が大きいドライバーが良いと思います。



重心距離が短くて重心角が大きいドライバーは、キャロウェイのドライバーが多いですね。

あと、シャフトは先端側が軟らかい先調子のものを選ぶと球の捕まりが良くなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/09 11:23

御質問の趣旨は良くわかります


回答1でも良い回答が出ています

問題は、そのようなクラブで
本当に直るのかどうかなのです
手で打ちに行くスイングならば
ドライバーを変えてもあまり効果は
出ないでしょう
仮に効果が出るスイングをされてい
たとしますと
薦められた重心距離で良いのかどうか
が問題になります
つまり、現在のスイングの傾向が
その数値で良いのかどうかは
誰も検証できません

次に、仮に、そのドライバーで
一時的にスライスが直ったとして
時間が経つとスイングが変わります
すると、また別のドライバーを
探す事になります
そんな条件の合うドライバーが
あれば良いのですが....

何度もお金を出し、時間を掛けて
苦労されるより
レッスンを受けられて標準的な
ドライバーを使用できるようになる
その方が将来的に見て効果があると
思われるのですが
いかがでしょうか?

アドバイスまで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本来ならば、スイングを改善してスライスを直すべきだとは思うのですが、ドライバーだけスライスがあまりにも多いので、ドライバーの変更で少しでもスライスが減らせれば、より楽しくゴルフができるのではないかと思った次第です。スライスしにくいドライバーを選んだ上で練習にも励もうと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/09 11:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘッド体積が小さいクラブの利点とは?

ゴルフ初心者です。

ある雑誌で最近のクラブはヘッド体積が大きく
その為慣性モーメントも比例して大きくなり、
お陰でスイートエリアが拡大し方向安定性が向上する。
と書かれてありましたが、
では逆にヘッド体積が小さい(慣性モーメントが小さい)クラブの
利点はあるのでしょうか?

素人考えだと、ひたすら大きいヘッドの物を
使用した方が良いようにしか思えないのですが・・・

Aベストアンサー

ヘッド体積が大きくなれば慣性モーメントが大きくなるので、飛距離が伸びます。
スイートエリアはヘッドが大きくなったため、重心調整がしやすくなるので広くなるのです。
スイートエリアが広くなるとヒット率が上がるので球筋が安定している思われています。
しかし、ヘッドが大きくなると重くなりますので振りにくくなります。
そのため、メーカは軽量化のため厚さを薄くしたり材料を替えて軽量化を図っていますが、薄すぎると強度が弱くなり直ぐに壊れてしまいます。
聞いた話では今の技術の最大は480cc程度が限界だと聞いたことがありますが、今は規制で460ccまでしか製造ができないはずです。
そのため、今のデカヘッドは逆に軽る過ぎるので安定したスイングが出来ないことから、ヘッドスピードがあるプロやシングルの人はデカヘッドより小さいヘッドを好みます。
その反面スイートエリアは小さくなりますが、スイングが安定していれば問題がないことになります。
それでは、デカヘッドを微調整すればよいと思われますが、慣性モーメントが大きいヘッドでは微調整が非常に難しいのです。
ですから、プロやシングルの人はリスクの少ない小さいヘッドで微調整をした方が良いのです。
その証拠にタイガーも昨年から460ccを使い始めましたが、球筋が安定しないのでティーショットのミスが多くなっています。
タイガーはスイング改造もしていますので、一概にティーショットのミスはヘッド体積の責任とは思いませんが、要因になっていると私は思います。
当初、タイガーはデカヘッド使用を拒否していたのですから。
でも、アベレージゴルファーでヘッドスピードがあまりない人はデカヘッドを使用するのは効果は大だと思いますが、ヘッドスピードがある人は効果の期待はできないかもしれません。
結果としてゴルフは感性ですので、その人が良いと思ったクラブが一番良いと思います。

ヘッド体積が大きくなれば慣性モーメントが大きくなるので、飛距離が伸びます。
スイートエリアはヘッドが大きくなったため、重心調整がしやすくなるので広くなるのです。
スイートエリアが広くなるとヒット率が上がるので球筋が安定している思われています。
しかし、ヘッドが大きくなると重くなりますので振りにくくなります。
そのため、メーカは軽量化のため厚さを薄くしたり材料を替えて軽量化を図っていますが、薄すぎると強度が弱くなり直ぐに壊れてしまいます。
聞いた話では今の技術の最大は480...続きを読む

Qドライバーだけがスライスします。

他のクラブは真っ直ぐ飛ぶのに、どうしてかドライバーだけが大きく円を描いて、スライスします。
いったい何がいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

私もそうでした。
アイアンは真っ直ぐ打てるのですが、ドライバーだけは超スライスでコースではよくドライバーを封印しました。
でも、今は時々スライスは出ますがフックになるようになりました。
なぜ、スライスからフックに変わったのか。
それは、アイアンの打ち方では全く気がつかなかったのですが、振り遅れで性悪の根元は手打ちなんですよ。
手打ちのため腰が回転する前に手がボールより先に行ってしまうのでスイライスするのです。
ハンドファーストの状態なのです。ハンドファーストにしなさいと雑誌等では書いてありますが、それはヘッドを先に出す人のレッスン方法で手を先に出す人用ではないのです。
これに、気づくのにはかなり時間が掛かりましたよ。
それと、小手先の筋肉を使いすぎているので大きな筋肉を使うことを覚えることです。所謂、ボディーターンです。
まずは、アイアンで極端にクラブを遅らせて素振りをして身体全体で振るようにします。
その他には竹ぼうきやホースで腕に力を全く入れないで振り遅らせて振っても効果があります。
それで、身体の使い方を覚えてから今度は腕に力を入れて腰が先行するようにボールを打って下さい。
そうすれば徐々にフックが出るようになります。
フックが出るようになればボディーターンが出来てきた証拠です。
また、フックしすぎるようになっても慣れるまでは暫くは我慢して下さい。
10球打って全て超フックになったら、ドライバーで打ってみて下さい。恐らく真っ直ぐに打てると思います。
でも、アイアンはフックになったままと思ってしまいますが、簡単な直し方はボールを右に置けばフックしなくなります。
なお、決して小手先で直さないで下さい、元に戻ってしまいます。
それでは、頑張って下さい。

私もそうでした。
アイアンは真っ直ぐ打てるのですが、ドライバーだけは超スライスでコースではよくドライバーを封印しました。
でも、今は時々スライスは出ますがフックになるようになりました。
なぜ、スライスからフックに変わったのか。
それは、アイアンの打ち方では全く気がつかなかったのですが、振り遅れで性悪の根元は手打ちなんですよ。
手打ちのため腰が回転する前に手がボールより先に行ってしまうのでスイライスするのです。
ハンドファーストの状態なのです。ハンドファーストにしなさいと雑...続きを読む

Qシャフト交換、なぜこんなに高いの?

先日、スイング測定してもらったところ、今のドライバーのシャフトが自分に合っていないとのことでした。
さほど飛距離に不満もありませんでしたが、
「40ヤード位損してます。」と言われると
つい欲が出てしまいます。
で、シャフト交換の費用を尋ねてみたところ、
3~4万円掛かると言われました。
やはりこれ位が相場なんでしょうか?
もし交換することになれば、ドライバーだけでは済みません。
自分にとっては高すぎて迷ってしまいますが、一般ゴルファーとして
当然の出費なんでしょうか?
クラブそのものを買う方が安くつきそうですが、薦められたXなんてあまり見たことありませんし・・
高い!でも交換したい。どうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

補足して頂き、ありがとうございます。
確かにT/Mバーナーの通常のシャフト(50g程度?)では柔らか過ぎるかもしれませんね。
まずH/S47mとの事で、普通に考えればお持ちのシャフトスペックが分かりませんが、SRフレックスで柔らか過ぎる可能性があります。弾道が高い事、バックスピン量が多い事等からも、フレックスが柔らか過ぎる、ロフトがあり過ぎる可能性が高いと考えます。
シャフト交換が必要と考えますが、費用がそれなりに掛かる、ヘッドとシャフトのマッチングの問題等ありますので、現在使用中のヘッドが非常に気に入っている場合でもない限り、リシャフト(シャフト交換)は対費用効果を得るのが難しいと個人的には思います。
使うヘッドに色々なシャフトを入れながら確認出来るのなら、ベストなシャフト選びが出来ますが、現実問題はトッププロ、トップアマでもない限り不可能と思います。
ショップに行かれて、お好きな現物(各メーカーの純正またはオプション装着されている状態)で、試打チェックされる事をお薦めします。その中でベストのものを選ばれるのがいいのではないでしょうか。その際は比較用にマイクラブを同時に待っていかれてデータ、フィーリングなど比較して下さい。シャフト重量が60~70g台でSかXがいいデータになると思われます。但し、シャフト重量が増える、フレックスが硬くなる、ロフトが少なくなるという事は、いづれもボールのつかまりが悪くなる要因ですので、スライス系のボールが出やすくなる可能性がありますので、バックスピン量だけでなくサイドスピン量についても注意する事が必要と思います。
店頭試打で合っていると思われる大体のシャフトの傾向が分かりましたら、新製品ではなく、同モデルの旧モデル品などを検討されると費用はある程度抑える事が可能と思います。リシャフト価格とほぼ同程度の価格か少し高いくらいで購入可能と思います。今月から1月頃まで新製品が多数発表発売されます=旧モデルの処分販売が多い時期です。旧モデルでいいのでしたら、お買い得な時期と思います。
アイアンについても、同様の可能性があるのでしたら、リシャフトではなく、買い替えをお薦めします。本数が多いので費用がかなり掛かりますので、旧モデル、中古品等で検討されれば買いやすいと思いますが。
よく考えられてベストなクラブが見つかる事願っています。
練習も頑張って、是非楽しいゴルフライフお送り下さい。

補足して頂き、ありがとうございます。
確かにT/Mバーナーの通常のシャフト(50g程度?)では柔らか過ぎるかもしれませんね。
まずH/S47mとの事で、普通に考えればお持ちのシャフトスペックが分かりませんが、SRフレックスで柔らか過ぎる可能性があります。弾道が高い事、バックスピン量が多い事等からも、フレックスが柔らか過ぎる、ロフトがあり過ぎる可能性が高いと考えます。
シャフト交換が必要と考えますが、費用がそれなりに掛かる、ヘッドとシャフトのマッチングの問題等ありますので、現在使用...続きを読む

Qドライバーのヒール当たり直してください

ヘッドスピード40m/s,オフィシャルハンデ18の一般的男性ツキイチゴルファーです。持ち球はフック系で(前傾が足りず横ぶりになっているとレッスンプロから指摘を受けて)最近縦振りを意識して直そうとしています。
ところが最近急にドライバーがヒールにしか当たらなくなりました。アイアンやユーティリティー/FW はちゃんと芯で当てられますが、ドライバーだけ何をやっても直りません。ショットマークを買って打点を確認するとフェースの中央からボール一個半ヒールよりでややトップ気味に当たっていて、信じられないくらい正確にそこに毎回当たります。
 レッスン書にかかれている突込み、右肩かぶり、前傾不十分、横振りが原因というのも全てたいさくしても全く同じ所にしか当たりません。
遠くに立ってアドレスしても悪化しますし、ティーの高さや左右位置を変えても効果がありません。
 これほど頑固なヒール当たりの直し方誰か教えてください。
(ひとつ不思議なのは、練習場でドライバーを打ち始める時はけっこう芯寄りに当たりますが、何球か打つとヒールに当たるようになります。何かのヒントになりませんか?)

ヘッドスピード40m/s,オフィシャルハンデ18の一般的男性ツキイチゴルファーです。持ち球はフック系で(前傾が足りず横ぶりになっているとレッスンプロから指摘を受けて)最近縦振りを意識して直そうとしています。
ところが最近急にドライバーがヒールにしか当たらなくなりました。アイアンやユーティリティー/FW はちゃんと芯で当てられますが、ドライバーだけ何をやっても直りません。ショットマークを買って打点を確認するとフェースの中央からボール一個半ヒールよりでややトップ気味に当たっていて、信じられ...続きを読む

Aベストアンサー

実際のスイングを見ないと何とも言えませんが、ティアップされているドライバーだけ、ヒールに当たるということですね。
スイングは縦振りに変えたことが原因だということですね。

以上の情報から推測すると、シャフトのしなりが原因かも知れません。

ドライバーが一番長く、アドレスもボールが一番左足寄りですから、ダウンスイングで縦振りしシャフトがしなり、さらにインパクト前にしなりが戻る逆しなり状態でインパクトを迎えます。
普通は、ヘッドの重さでトーダウンしますが、トーダウンの後に少し戻ったとしたらヒールに当たることになります。

以上は、あくまで推測ですが、貴方がスイング改造してシャフトが波打つような感触はないでしょうか?

原因が、シャフトのしなりでなかったとするとフトコロと手の動きの関係かも知れません。

横ぶりの手の動きのまま、縦振りをしょうとすると身体の動きで作られるフトコロが狭くなって、フトコロが狭い中で横ぶりの手の動きをすることでヘッドがインサイドアウトに出てヒールに当たってしまうのかも知れません。この対策としてはフトコロを作る動作つまり、バックスイングでは右腰を真後ろに引き、フトコロを作り、切返し以降は左腰を切る動作をして前傾を保つようにしてください。
これにより、フトコロが深くなり、ヒールヒット防止になるかも知れません。

実際のスイングを見ないと何とも言えませんが、ティアップされているドライバーだけ、ヒールに当たるということですね。
スイングは縦振りに変えたことが原因だということですね。

以上の情報から推測すると、シャフトのしなりが原因かも知れません。

ドライバーが一番長く、アドレスもボールが一番左足寄りですから、ダウンスイングで縦振りしシャフトがしなり、さらにインパクト前にしなりが戻る逆しなり状態でインパクトを迎えます。
普通は、ヘッドの重さでトーダウンしますが、トーダウンの後に少し...続きを読む

Qフェアウェイウッドでどれが一番使わないの?

ゴルフコースを回るとして、
フェアウェイウッドで、下記3本のうち、2本だけ選ぶとしたらどれを選びますか?

3番 5番 7番

選ばなかった 番手についての説明もいただければ助かります。

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
FWの番手選びですが、基本はコースの状況や自分の技量に合わせて選ぶべきと思います。
質問者様の技術レベルがわかりませんので、何とも言えませんが、2本を選ぶとしたら、5番、7番と思います。
3番は上級者の方でもフェアウェイから常にナイスショットするのは難しく、初級者レベルでしたら尚更です。ティーショットでの距離コントロール、方向性重視の際は使えますが。
とすれば、ミスの確率がより低い5番、7番を選択するのがベターでなはないでしょうか。3番と5番の飛距離差は上級者でないと出来にくいので、5番で3番の代用は充分可能とお思います。
ところで、疑問なのですが、なぜ3本使用ではなく、2本でのセッティングなのでしょうか?もし本数超過になるようでしたら、ロングアイアンを抜く方が実戦的なセッティングだと思います。

Qfwのスチールシャフトについて。

3wや5wでスチールシャフトを使用している方は見ませんが飛距離を考えてのことでしょうか?

Aベストアンサー

5Wはたまにおられますが、3Wはほとんど見ませんね!
おそらく重量的な問題かと思われます。


今現在、アマチュアでそこそこゴルフをされる方でH/Sもそこそこ速い(45m/s以上)という方がドライバーで選ばれるシャフトは大凡65g前後くらいです。それを総重量にすると約315~320g前後くらいになります。セッティングを適正にウェイトフローさせるとドライバーと3Wの重量差は10g前後重くなるのが理想的です。ドライバーより3Wのヘッドが少し重くなることもあって、リシャフトやカスタムされているような方は3Wにはドライバーと同じ重量のシャフトか10gくらい重いシャフトを入れられます。仮に10gシャフトを重くするとなるとシャフト重量は75g前後・・・・スチールシャフトで強度を持たせて作り難い重さになりますので必然的にカーボンシャフトのみの選択となってしまいます。


最近では滅多に見ませんが、ドライバーにスチールシャフトを入れられていたり、カーボンでも80g以上のシャフトが使える超パワーヒッターの方なら3Wに95gくらいの軽量スチールなんて選択もあるかもしれません。逆にアベレージ用のクラブの純正シャフトは大凡50g前後。となると3Wにスチールなんて使えるわけがありません。


5Wに関しても3Wより総重量が10gくらい重いのが理想的です。となるとドライバーで70gくらいのシャフトをお使いの方は90g前後のシャフトであれば適正となります=95gくらいの軽量スチールを使っても適正なウェイトフローできているということになります。更に補足すると、これくらいの重さが必要な方にとってはその次の番手(7Wや3UT)なんかはカーボンシャフトの選択肢が狭まり軽量スチールと言う選択が増えてきます。


シャフトのフィーリングに関しては個人差あると思いますが、一般的にスチールシャフトよりカーボンシャフトの方が長く組みますし、しなり量も大きいので飛距離の差は出ると思います。逆にしなり量が少ないということは方向安定性が高まりますのでスチールを入られられいる方は重さと方向性の両方を考えられているのではないでしょうか?個人的には非常に抽象的な感想ですが、スチールシャフトが長くなってくると『まったり』した感じが強くなるので好きではありません。

5Wはたまにおられますが、3Wはほとんど見ませんね!
おそらく重量的な問題かと思われます。


今現在、アマチュアでそこそこゴルフをされる方でH/Sもそこそこ速い(45m/s以上)という方がドライバーで選ばれるシャフトは大凡65g前後くらいです。それを総重量にすると約315~320g前後くらいになります。セッティングを適正にウェイトフローさせるとドライバーと3Wの重量差は10g前後重くなるのが理想的です。ドライバーより3Wのヘッドが少し重くなることもあって、リシャフトやカスタムされているような方は3Wにはド...続きを読む

Qグリップ側に鉛バランスを貼ると?

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻ります。

ここで自分なりに考えてみたのですが、グリップエンドに鉛バランスを貼って、フェースが返りやすいすればどうか? という事を思いつきました。

質問

1)この方法で本当にフェースが返りやすくなるでしょうか? 自分では「テコの原理」で、手元が支点になって、他の両方が力点・作用点になって動きが大きくなる、すなわちフェースが返って、かつヘッドスピードが早くなる ・・・ こんな事を考えています。

2)もしそうなら、ドライバーからFW,5IからSWまでのクラブに、どの程度(重量)の鉛を貼れば、パター以外13本あるクラブ全体のバランスが取れるでしょうか?

なお、今使っているドライバーとFWはカーボンシャフトのS,アイアンはNS950のSシャフトです。

他の注意点やアドバイスなど、ご教授、宜しくお願いします。

グリップ側に鉛バランスを貼ると?

最近スイングがおかしくなったので、以前からお願いしているプロの診断を受けました。 その結果、元々持っていた悪い癖、つまりインパクト付近でヘッドが返らず、左の肘が開いた状態でヒットする癖がまた出てきたとの説明でした。

その後、ダウンからフォローまでの間のグリップエンドの向きに注意するようにしました。 つまり、常にヘソを指すようにという事ですね。 

これでかなり改善されたのですが、油断すると、また以前に戻ってフェースが返らないスイングに戻りま...続きを読む

Aベストアンサー

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響させたいなら鉛はヘッドに貼るべきかと。
ヘッドのヒール~ネック寄りの箇所(もちろんバック側)に鉛を貼れば、
トゥ側が先行しやすくなり、フェースがカブリやすくなります。

ただし、鉛を貼るほどクラブの全体重量も重くなりますし、
適当に貼るとクラブ自体のバランスも無茶苦茶になってしまいます。

とりあえず試しに貼って打ってみるのは全然OKだと思いますが、
最終的には専門店で計測しながらバランスを出すのがベストです。
何グラムの鉛を貼るのが良いか、という正解はありません。
あなたにとって最も良い重さが正解ということです。

自分に合わないクラブにスイングを合わせていくよりは
自分のスイングにクラブを合わせるほうが理想的ではありますが、
それはスイングが完成しているシングル~プロレベルの話だと思います。
スイングに欠点があることが分かっているのであれば、
そこを修正した上で、クラブ側を微調整していく順序で考えないと
合わないバランスのクラブにスイングを合わせようとしてしまい、
本末転倒になってしまうリスクがありますのでご注意を。

グリップエンドというより、
グリップ寄りのシャフト上端に鉛を巻くと
ヘッド側が軽いバランスになりますから
確かにヘッドが走っていると感じられると思います。
質問文に書かれている通りヘッドスピードも若干上がるかもしれません。
ですが、左肘が抜けてしまってフェースが開くクセは
それはそれで修正しないと根本的な解決にはならないと思いますね。

ダウン~ボディターンのリズムがズレているために開くだけなら
クラブのバランスで解消できる可能性は十分にありますが、
フェースローテーションに影響さ...続きを読む

Q病的に遅いヘッドスピード

当方、53歳の身長180程度の健全な男です。体重も70近くあり、握力、腕力は多少劣るものの、同年代の一般男性に比べ、体力的にそんなに劣っていると感じることはないのですが、いかんせん、ヘッドスピードを計測すると 35程度で落胆してしまいます。
スイング自体に問題があるのかもしれませんが、どんなもんなのでしょうか?また、今後の努力でヘッドスピードを上げることはできるのでしょう。お教えください。

Aベストアンサー

アイアンのスイングを直してから質問されたらいかがですか?

7Iで150の飛距離があり、ドライバーのHSが35では、190ぐらいしか飛んでないことになります。

測定方法が悪いのか、あなたのコーチが悪いのか、道具が悪いのか?それともあなたの理解力がないのかもしれませんね?

53歳の方に、こんな基本的なことは言いたくないのですが、先の質問(アイアン)で多くの方が真面目に答えています。
しかも時間を使い、貴重な情報述べておられる方が多いのです。
それをただ一人の回答者を代表のように、お礼でなく、補足で答えているのでは、ゴルファーとしても父親としても失格でしょう。お礼率も低いですよね。
さらに、ご自分の身長を180程度と表現したり、190弱と表現したり、ご質問の内容からすれば、ここはそんなアバウトな表現をしてはまずいのが理解できないのですか?

回答をいい加減ととらえているから、こんないい加減な質問の仕方、お礼の仕方で、なんとも思わないのではないでしょう。

回答です。
回答者と、コーチの言うことをしっかり頭に入れてください。そしていかなる場合も感謝の気持ちと、「ありがとう」の言葉を忘れないでください。

アイアンのスイングを直してから質問されたらいかがですか?

7Iで150の飛距離があり、ドライバーのHSが35では、190ぐらいしか飛んでないことになります。

測定方法が悪いのか、あなたのコーチが悪いのか、道具が悪いのか?それともあなたの理解力がないのかもしれませんね?

53歳の方に、こんな基本的なことは言いたくないのですが、先の質問(アイアン)で多くの方が真面目に答えています。
しかも時間を使い、貴重な情報述べておられる方が多いのです。
それをただ一人の回答者を代表のように、お礼でな...続きを読む

Qプロは何故球を捕まえられるのか

ゴルフを始めて6ヶ月ほどのものです。
ゴルフ難しいです。27歳男、右打ちです。

よく自分のスイングを携帯で撮影するのですが、
自分のスイングは典型的な振り遅れだと思っています。
もともと強い左利き(左手の握力が右手の1.7倍くらいあります)なせいか、
ダウンスイングを左手で引っ張ってしまってるイメージです。
当然スライスします。
(ドライバーなんかは、打ち出し方向は右5度くらいなんですが、途中で90度右に曲がっていきます・・・)
また、フォローで左肘を背中方向に引き付けてしまいます。
プロのように左肘をビヨーンと伸ばした大きなフォローが取れません。

桑田泉氏の本を見て、ダウンスイング初期の段階で意識してリストターンする動作が載っており、
アイアンで試してみたところ、球が捕まる感覚?がありました。
まっすぐ飛ぶし、スライスのスピンが無いので飛距離も伸びます。
しかしダウンスイング初期で無理矢理右手が左手を追い越すようにするので非常に力が要ります。
バランスが重いドライバーではできません。

またそれをムービーで見てみると、シャフトが凄まじく立って降りてきます。
プロのような右肘が右わき腹についてシャフトがやや寝て降りてくるイメージとはまったく違います。

逆に、プロの右ひじを右わき腹につけたダウンスイングを自分が真似をすると
スライスやプッシュアウトにしかなりません。

なぜプロはあのような形できちんと球を捕まえられるのでしょうか・・・?

ゴルフを始めて6ヶ月ほどのものです。
ゴルフ難しいです。27歳男、右打ちです。

よく自分のスイングを携帯で撮影するのですが、
自分のスイングは典型的な振り遅れだと思っています。
もともと強い左利き(左手の握力が右手の1.7倍くらいあります)なせいか、
ダウンスイングを左手で引っ張ってしまってるイメージです。
当然スライスします。
(ドライバーなんかは、打ち出し方向は右5度くらいなんですが、途中で90度右に曲がっていきます・・・)
また、フォローで左肘を背中方向に引き付けてしまいます。...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>>プロは何故球を捕まえられるのか
漠然と回答すると本が1冊出来てしまいそうですので、質問者さんが挙げられているいくつかのポイントにフォーカスして回答します。

>>桑田泉氏の本を見て、ダウンスイング初期の段階で意識してリストターンする動作が載っている

私自身はこれがアマチュアを惑わす最大の『悪言』ではないかと思っています。

ウエッジを持ち、左腕が8時位高さまでテークバックしてください。リストはフルコックします。
ボディーと腕の位置関係アドレス時と変えてはいけません。その状態で左腕を『落としてください』
つまり、重力に任せて、左腕が4時の辺りまで移動します。8時から4時までの振り幅でアプローチする感覚です。しかし、4時の時点でも
・リストのフルコックは(全く)解かない。
・ボディーと腕の位置関係アドレス時と変えない。
左腕を『落としてください』と書きましたが、ボディーと腕の位置関係アドレス時と変えない以上、4時までもってくるには、ボディが回転しなければなりません。といいますか、プロのスイングとはこの8時から4時の範囲では腕は振りません。恐らく多くのプロは9時から3時の間でもそうです。


どうでしょう、フェースは地面から離れた(高いところで)右肩の前辺りで右を向いていますね?
ここから更にフォロー方向に体を回転させるとフェースが閉じていくでしょう?しかし、これではボールには届きません。

例えば現在(フックグリップ)のタイガー・ウッズのスイングとはこういう動きです。
・フェースを閉じるのはボディー
・リストコックはギリギリまで我慢!して、ちょうどいいタイミングでコックを解き、上空からヘッドを落としてボールに届かせる。

昨日初優勝した木戸愛もそうです。ブラント・スネデカー、マキロイ、石川遼、アダム・スコット・・・数えればキリがありません。といいますか、フックで握る人は皆そうです。
スクエアに握る人でもフェースを閉じるのはボディーが主役ですが、スクエアの人はテークバックで(グリップが)開いてしまいますから、それを元に戻す動きが必ず入ります。この動作がリストターンです。(フックグリップでリストターンさせたらどフックになります)

>>桑田泉氏の本を見て、ダウンスイング初期の段階で意識してリストターンする動作が載っている
このような意識のプロは皆無です!!!
これは、ボディーの動きが止まり、腕や手だけでクラブを振るしかない人に対するアドバイスです。
スクエアグリップのプロでも、ダウンスイングでグリップが腰の高さまで「落ちて」からでないと、リストターンはさせません。

賢明な質問者さんは既におわかりかと思いますが、リストターンが始まっても、リストコックはギリギリまで解きません。

>>ドライバーなんかは、打ち出し方向は右5度くらいなんですが、途中で90度右に曲がっていきます
>>プロの右ひじを右わき腹につけたダウンスイングを自分が真似をするとスライスやプッシュアウトにしかなりません。
>>(桑田の言うリストターン打法)はバランスが重いドライバーではできません。

全て、ボディーでフェースを閉じるの動きが無いからです。インパクトでフェースがスクエアかどうかと、掴まるかどうかは無関係です。事実、プロがフックやドローを打つときは、開き気味にインパクトしています。その後に、フェースを閉じられないために
>>途中で90度右に曲がっていきます
と、なります。
>>フォローで左肘を背中方向に引き付けてしまいます。

腕だけで、引っ張り込んでいる(3時の時点でボディーと腕の位置関係アドレス時と変わっているから)です。

質問者さんは確かインテリでしたね。私の稚拙な文章でも理解していただけるのではと思います。
まずは、上記のことを10yくらいのアプローチで練習されるとよいと思います。ボディだけではフェースがスクエアに戻りきらずシャンクしそうですが、実際には惰性でヘッドは回転してくるものです。決して、手で返そうとしない事です。

こんにちは。
>>プロは何故球を捕まえられるのか
漠然と回答すると本が1冊出来てしまいそうですので、質問者さんが挙げられているいくつかのポイントにフォーカスして回答します。

>>桑田泉氏の本を見て、ダウンスイング初期の段階で意識してリストターンする動作が載っている

私自身はこれがアマチュアを惑わす最大の『悪言』ではないかと思っています。

ウエッジを持ち、左腕が8時位高さまでテークバックしてください。リストはフルコックします。
ボディーと腕の位置関係アドレス時と変えてはいけませ...続きを読む


人気Q&Aランキング