両親が亡くなりました。
今まで、月命日は母が対応していたのですが
今後は私が対応しなければなりませんが、仕事の都合上
とても月2回の月命日は無理です。

月命日をやめる最良の方法を教えてください。

A 回答 (4件)

 こうした命日をどう営むかということは、


seiroganさんの住んでらっしゃる土地の風習、慣習
などとも深く関わってくる問題なので軽はずみなことは
言えませんが、お仕事の都合上、とても月2回は無理との由。
ならばここはお寺のご住職に率直にご相談なさるが
よいかと存じます。そのような事情を知って尚ご住職が
「それは困ります」と仰るはずがありません。
亡くなったご両親もあなたのお仕事の邪魔は絶対に
なさりたくないはず。ちなみに私は父の命日を母の命日に
合わせるようにしました(母の死去の方が遅かったので)。
月命日に必ずしもこだわる必要はありません。
大切なのはseiroganさんの、ご両親を偲ぶお気持ちなのですから、
それさえあるなら月命日をひとつにまとめても
何の問題もないと思うのです。形式をおろそかにしていい
とは申しませんが、生きている人にこそ様々な事情があるのですから、
そうした事情こそ最優先されるべきで、
そのような場合には「形」にこだわる必要はないと思うのですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

両親を偲ぶ気持ちを大切にして、形式を少し変えさせてもらいます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 00:01

masatoshi-mさんのおっしゃるように、土地の風習・宗教諸々があるので分かりませんが、


本当の命日である祥月命日だけにしてもらえるように住職にご相談されてはいかがでしょうか?

月2回は確かに負担ですから、相談されればいかようにでもしてもらえると思います。
(うちの嫁さんの実家は、みんな働きに出ているので、祥月命日に一番近い日曜日ということで、いつも相談しています。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
昔からの言い伝えや宗教儀式など、なかなか変えにくい面があり
困っていました。
早速住職に相談してみます。

お礼日時:2001/03/31 23:45

お父様の分とお母様の分でつき2回は大変なことと思います


うちの場合は父の月命日が18日なんですが こちらの日程の都合がありますんで毎月18日って事も無いんですよ
全然関係の無い日にお寺さんから来てもらうときもあります

やはりお寺さんに相談して来る 来ないを決めたほうがよろしいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近は夫婦で働いている家庭がほとんどだと思います。
お寺さんもそこの所はわかってもらえると思いますので
相談してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 00:30

毎月、故人が亡くなった日と同じ日が月の命日、「月命日」です。


以前は、「月忌法要」として毎月僧侶に来てもらいお経をあげてもらっていましたが、最近では「月忌法要」を営む事は少なくなっているようです。

お寺に事情を話して、どちらかを繰り上げて同じ日にするか、思い切って辞めてしまうか相談されたらよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに月法要を毎月営むことは少なくなって来ているみたいですね。
「これも時代の流れ」の一言でかたずける事なく、先祖を敬う心を
大切にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/01 00:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月命日って知っていますか。

月命日って知っていますか。

例えば今日誰かが亡くなったとしたら毎月6日が月命日です。

また月命日に故人のお墓や仏壇にお供えしたりお参りしたりしていますか。

私は月命日を知りませんでしたので世間でどれくらいの人が月命日を知っていて
実際にお参りをしているのか知りたいと思いアンケートしました。

Aベストアンサー

月命日は、そこの家の最後に亡くなった人の日にちを、そこの家の月命日としています。
だから、家族が亡くなる毎に、そこの家の月命日は、変わります。

自分の大切な人が亡くなった場合は、その日を月命日している人もいます。

お坊さんの中には、修行の一環で、月命日にそこの家に行ってお経を読んでいる人もいるようですが、
会社勤めの人たちにとっては、迷惑がる人もいるので、現在はほとんど行われていないそうです。

私の友達が坊主で、聞いた話です。

Q月命日・百か日法要をお寺で行う場合

義母が亡くなり間もなく百か日を迎えますが、義父(70歳)が子供達(40歳前後)が仲違いをしてしまいました。義父は一人暮らしで、仏壇・お骨の有る家に「誰も来るな」と言われました。
仕方なく義父抜きで子供だけでお寺にてお経をいただこうと思います。お寺は浄土真宗です。
お布施とは別に何かお寺におさめるものはありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。。

 いろいろワケありのようで・・・
 仏式の祭式・葬儀関連の業者です。
 
 お寺さんに、お堂の「使用料」みたいな規約があれば、それに沿った形で、御布施とお堂の使用料を用意いただければよいと思います。

 文面から、すでにお寺さんに法要の依頼が済んでいるのかいないのかはわからないのですが、お寺さんに事情をご理解いただかないといけないので、「相談料」というような気持ちで、ご本尊さまへのお供えを一包みご用意されてもよいかな、とは思いました。とくに、お堂の使用料などの設定がない場合、あるいはお寺さんが「使用料はいらない」とおっしゃった場合は、御一考されるべきと思います。(結局、家の内部事情でお寺さんに二度手間?をかけさせている、とも言えるので・・・)

 宗派的な違いなどはあるでしょうし、浄土真宗は教義的には追善供養という考え方はない(←極楽往生しているから)ので、お寺さんがどういう対応をされるかわからないですが、お世話になっているお寺さんによくよくご相談ください。
 ご参考までに私見を記してみました。報恩謝徳はどなたがどのような形でお勤めされてもよいとは思いますが・・・地域性やお寺さんのお考えなどいろいろですので、参考にならないようなら、ご寛容ください。では。

こんばんは。。

 いろいろワケありのようで・・・
 仏式の祭式・葬儀関連の業者です。
 
 お寺さんに、お堂の「使用料」みたいな規約があれば、それに沿った形で、御布施とお堂の使用料を用意いただければよいと思います。

 文面から、すでにお寺さんに法要の依頼が済んでいるのかいないのかはわからないのですが、お寺さんに事情をご理解いただかないといけないので、「相談料」というような気持ちで、ご本尊さまへのお供えを一包みご用意されてもよいかな、とは思いました。とくに、お堂の使用料...続きを読む

Q月命日っていつまでもするものなのですか。

うちに仏壇があるので月命日に兄弟がきます。

しかし毎月毎月来られるのは正直いって負担です。

一周忌をメドに月命日をやめたいのですが。
重要な法事をやっていれば月命日は必要ないと思ってます。

月命日って延々とするものなのでしょうか。

Aベストアンサー

これは「決まって居ません」

法事は「先祖が来世で楽しく暮らせるように祈る」ためのもので、「先祖とかに自分を守ってもらう」云々の発想はありません。月命日などの法事は「喪主が個人を偲び、祈る」ためのもので、喪主が「止める」と言えば止めちゃっても問題はないんです。もっとぶっちゃけて言えば、仏教的には法事を全部止めちゃっても「自分が死んだ時や死んでしまった人があの世で色々言われるだけで、現世の自分たちには何の影響もない」ことになります。

ということで、「喪主が止めたい」と思った時が止め時で、一周忌・三回忌などは、ちょうどいい機会だと思います。ただ、祥月命日だけは、せめて七回忌位まではやった方が良いような気がするんですけどね。

Q初盆・月命日・百ヶ日のお供えについて

よろしくお願いします。
お付き合いしていた彼が今年5月に亡くなりました。
8月に入ると初盆・月命日・百ヶ日と毎週行われます。
(家族の要望で初盆と月命日も別の日に行うことにしました)
お供えをさせてもらいたいと思っているのですが、
毎週お花を送らせて頂いてもいいのでしょうか?
毎週になるので、恐縮されることも考えられ
初盆だけ送らせてもらうった方がいいとか…
何かありますでしょうか?
どうしようか、困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お付き合いの深さにもよりますが、あなたの思いを彼に伝えるべきです。毎週、美しい花で・・・

Q月命日のお参りについて

月命日について。浄土真宗です。

この程 祖母が亡くなり、21日が月命日となります。
祖父はずっと以前に他界しており、月命日は16日です。

これまでずっと、住職に毎月 祖父の月命日のお参りに来ていただいておりますが、
このたび祖母が亡くなったので、今後、月命日は16日と21日の2度お参りしていただかなければならないのでしょうか?5日違いの月命日で、1週間以内に2度お参りに来ていただくのが普通のことなのか、あるいは1度来ていただいて両月命日のお参りをしていただいてもよいものでしょうか?

Aベストアンサー

毎月一回です。どなたかの命日にお参りしてもらえば良いかと思います。
戒名は二つ読んでもらって、将来的にさらに増えれば33回忌で打ち上げで、それ以上は読まない方法だったかと思います。

Q月命日はずっとお寺さんをお招きするもの?

昨年1月、義父が亡くなりました。
54歳という年齢での他界と、義父が懇意にしていたお寺さんがいらっしゃるので、
毎月、月命日にお寺さんがいらっしゃいます。
(こちらからお願いしているというよりは、お経をあげた後に「来月は○日でいいですか?」というような感じです)
月1回の事ですが、お経とその後の世間話が長い事で
正直な話、かなり月命日が苦痛です。
(義母に「月命日に家にいるのが、嫌です。」と素直に言えるわけもなく…)
私は長男の嫁ですので、もし義母が亡くなった時も
毎月しなければいけないのかと思うと、正直ゾッとします。

一昨年は私の伯父が亡くなったのですが、月命日にお寺さんをお招きしたのは1周忌までで、後は年忌の法要だけだと祖父母は言っていました。

その家のしきたりもあるとは思いますが、
義父には両親がなく、義母はお寺さんの言われるがまま
といった感じで、しきたりではなさそうです。

みなさんは月命日はどのようにされていますか?
また、月命日のお布施はいくら位包んでいますか?
(どのサイトも「気持ち」というあいまいな表現でなんの参考にもなりません)
また、お寺さんから言われる月命日のお経を断るとしたら、なんと言ってお断りしますか?

みなさんのご回答お待ちしております。
(申し訳ありませんが、
 「信心深くない!」等のご返答はご遠慮下さいませ)

昨年1月、義父が亡くなりました。
54歳という年齢での他界と、義父が懇意にしていたお寺さんがいらっしゃるので、
毎月、月命日にお寺さんがいらっしゃいます。
(こちらからお願いしているというよりは、お経をあげた後に「来月は○日でいいですか?」というような感じです)
月1回の事ですが、お経とその後の世間話が長い事で
正直な話、かなり月命日が苦痛です。
(義母に「月命日に家にいるのが、嫌です。」と素直に言えるわけもなく…)
私は長男の嫁ですので、もし義母が亡くなった時も
毎月しなけ...続きを読む

Aベストアンサー

我が家の場合は、月命日に関しては、毎月1回家に来ていただいて、お経をあげていただいています。
お仏壇には、祖父、祖母、母が入っていますが、1か月のうちで一番早く命日がくる母の命日(13日)にいらっしゃいますね。

私の場合も#3さん同様、子供の頃から(祖父が亡くなって30年なので)、「習慣」づいてますから、苦痛は全くないです。

お布施の額は、月5千円です。
かつて、お仏壇に入っていたのが祖父のみだった時は、3千円でしたが、3人(?)になったから増額されたのか、時代(物価)的な意味で増額したのかは分かりません。

我が家は、檀那寺がお隣のせいもありますが、とても仲良しのため、分からないことは全て和尚さま(といっても40歳代後半)にうかがっています。
葬儀・法要におけるお布施等についても、ずばり金額でおっしゃっていただけるので、こちらとしては大変助かっています。

ただ、お忙しい方(宗派の地区役員をされている&幼稚園を経営されている&お子さんが通っている小学校のPTA会長をされている)なので、月命日のお経をあげにみえても、10分以内で帰られることが殆どです。

月命日については、各ご家庭、地域、宗派によるのでしょうが、家に来ていただかずに、お寺でお経をあげていただく場合もあるようですよ。
分からないこと、疑問に思ったことは、お寺さまにお訊ねしても失礼にはあたらないと思います。
一般人が知らない「あたりまえ」があると思いますので、「お経の後の長い世間話」の折に、「こういったことには疎いので、教えていただきたいのですが…。」とか「無知を晒すようで恥ずかしいのですが…。」と謙譲して伺えば、

> 田舎のお寺さんのせいか、少々面倒見が良すぎるところが

ある方ならば、きっと喜んで教えてくださいますよ。

我が家の場合は、月命日に関しては、毎月1回家に来ていただいて、お経をあげていただいています。
お仏壇には、祖父、祖母、母が入っていますが、1か月のうちで一番早く命日がくる母の命日(13日)にいらっしゃいますね。

私の場合も#3さん同様、子供の頃から(祖父が亡くなって30年なので)、「習慣」づいてますから、苦痛は全くないです。

お布施の額は、月5千円です。
かつて、お仏壇に入っていたのが祖父のみだった時は、3千円でしたが、3人(?)になったから増額されたのか、時代(物価)的...続きを読む

Q月命日について

両親が亡くなりました。
今まで、月命日は母が対応していたのですが
今後は私が対応しなければなりませんが、仕事の都合上
とても月2回の月命日は無理です。

月命日をやめる最良の方法を教えてください。

Aベストアンサー

 こうした命日をどう営むかということは、
seiroganさんの住んでらっしゃる土地の風習、慣習
などとも深く関わってくる問題なので軽はずみなことは
言えませんが、お仕事の都合上、とても月2回は無理との由。
ならばここはお寺のご住職に率直にご相談なさるが
よいかと存じます。そのような事情を知って尚ご住職が
「それは困ります」と仰るはずがありません。
亡くなったご両親もあなたのお仕事の邪魔は絶対に
なさりたくないはず。ちなみに私は父の命日を母の命日に
合わせるようにしました(母の死去の方が遅かったので)。
月命日に必ずしもこだわる必要はありません。
大切なのはseiroganさんの、ご両親を偲ぶお気持ちなのですから、
それさえあるなら月命日をひとつにまとめても
何の問題もないと思うのです。形式をおろそかにしていい
とは申しませんが、生きている人にこそ様々な事情があるのですから、
そうした事情こそ最優先されるべきで、
そのような場合には「形」にこだわる必要はないと思うのですが…。

Q社長の御主人がお亡くなりになった場合

私が勤務している会社の社長のご主人様が危篤になりました。
ここ2~3日が山だとのことでした。

有限会社ですが、従業員は社長と私の2人です。
お亡くなりになった場合、社員としてやらなければならない事を
お伺い出来ればと思います。

・取引先に連絡をするのに文面は?
・花環や生花などは?
・通夜、告別式に包む金額は?
などなど…

参考になるサイトでも何でも結構なのでよろしくお願い致します。
ちなみに会社の経理等、お金の出し入れは社長がやっています。

Aベストアンサー

 もし万が一のことがあれば、喪主をつとめるのは奥様である社長になるでしょうね。

 喪主の考え一つでお葬儀は決まります。自分が社長をしていて仕事がらみもあり盛大な葬儀にするのか、一般的な葬儀にするのか、あるいは家族葬にするのか・・・それによって社員であるmanoa様のすることも異なってきます。

 社員がお二人ということなので社葬はないでしょうかね。。。

 一般的な葬儀をされるのでしたら、親族様の邪魔にならない程度で補佐的な役目をされたらいいと思います。一番の仕事は受付でしょうか。仕事関係で参列される方の応対が可能になります。
 取引先から供花をいただく可能性があります。それなのに自分の会社から供花がないのも。。。というならば会社名で供花を出します。ただし、社長の了解が必要です(おそらく社長自ら依頼されるだろうと思います)。

 家族葬にされる場合は、取引先なども参列されないでしょうから社員だからといってあえて何かしなければいけないということはないでしょうね。

 取引先への文面ですが、一般葬と家族葬では異なってきます。一般葬の場合は、葬儀社にお願いすると準備していただけます(専用用紙があり、日時と場所、故人名や喪主名を書き込むだけでいいようになっている)。それをFAXすればいいのではないでしょうか。
 家族葬であれば、連絡することの是非は喪主の気持ち次第となります(連絡しないことが多い)。

 会社からの香典は社長と相談するしかないですね。manoa様が個人的にだされる分は、ご自由にお決めください。私ならば1万円くらいでしょうか。多くても3万円までですね。

 もし万が一のことがあれば、喪主をつとめるのは奥様である社長になるでしょうね。

 喪主の考え一つでお葬儀は決まります。自分が社長をしていて仕事がらみもあり盛大な葬儀にするのか、一般的な葬儀にするのか、あるいは家族葬にするのか・・・それによって社員であるmanoa様のすることも異なってきます。

 社員がお二人ということなので社葬はないでしょうかね。。。

 一般的な葬儀をされるのでしたら、親族様の邪魔にならない程度で補佐的な役目をされたらいいと思います。一番の仕事は受付でしょ...続きを読む

Q没後3年目の命日をなんと呼びますか?

没後3年目の命日をなんと呼びますか?

仏教用語に関しての質問です。
没後2年が過ぎた命日を三回忌と呼びますが、その翌年(三年目・三回目)の命日はなんと呼べばいいのでしょう?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三回目の祥月命日
祥月命日(しょうつきめいにち)は亡くなった月日が同じ命日。

Q命日が9月13日の場合の百か日は?

数え方が分かりません。
お分かりになる方、教えていただけますか?

よろしくお願いいたします。
(12月になるとは思いますが、数え方が分かりません。)

Aベストアンサー

この度はご愁傷さまでした。
百か日は12月21日になると思います。

今後のために下記をお教えします。
http://cgi5.synapse.ne.jp/~todoroki/cgi-bin/houyou/ki.cgi

ご参考までに


人気Q&Aランキング

おすすめ情報