「意気衝天」は、辞書に載っていたり、漢字検定でも出題され問題集にも載っている四字熟語ですが、ネットで調べたところwikipediaに

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%9D%E7%AB%AF% …
座右の銘は「意気衝天」(溝端自身の造語)。

と出ていました。これは変だと思うのですが、本当の出典がわからないのでもやもやしています。出典について分かる方がいらっしゃったら、是非教えていただきたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

『五灯会元』が出典とのことなので、手許にある『五灯会元』を調べてみましたが、そのものずばりの「意気衝天」は見あたりませんでした。


一番似ている文言として、「丈夫意氣自衝天」(丈夫の意気、自ずから天を衝く)というものがあります。

ただ、この句は『五灯会元』が最初ではないようです。
先の回答者さんが示されているサイトにあるように、『五灯会元』は五つの灯史(禅宗の祖師方の伝記集のようなもの)をまとめたものです。
少なくとも、その中では一番古そうな『景徳伝灯録』の中にすでに「丈夫意氣自衝天」という語があります。

さらに、「丈夫意氣自衝天」ではなくても、「気、天を衝く」といった表現は、こういった禅録には頻繁に出てきますから、どこが最初の出典であるかを特定するのはむずかしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正直なところ、語源と言うものをちょっと軽く見ていました。全てが整理されていたり保存されているわけではないですよね。語源の特定に限らず、色々と調べてみようと思います。

話は逸れますが、前の方が「五灯会元というのがあるそうです」と書かれた次に、「五灯会元が手許にあるので調べてみました」と言う回答が寄せられたのにはびっくりしました。これはインターネットならではの驚きですね。わざわざ調べていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/17 05:52

こんにちは、疑問はつきませんね。



さてご質問の件ですが、手元の漢和辞典によると「五灯会元」が出典であると書いてあります。「中国南宋代に成立した禅宗の灯史で、1252年、大川普済(1179~1253)の撰によって完成した。」だそうです。
http://kotobaheya.seesaa.net/article/12966928.html

あいにく、その箇所は調べることができませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「五灯会元」ですか・・・。聞いた事がなかったです。漢和辞典は手元にないので助かりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/17 05:44

http://www.sanabo.com/words/archives/2004/10/pos …
に、『用 例: わたしはいそいそしてたんよ。あの子が見られるということで、意気衝天の勢いやったんよ。(米谷ふみ子「遠来の客」)』
とあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E8%B0%B7% …
「遠来の客」で文学界新人賞 (1985年)
とあるので、1985年にはすでに使われていた言葉ですね。

Wikiには「溝端 淳平(みぞばた じゅんぺい、1989年6月14日 - )」とあるので、オリジナルというのはちょっと無理。


http://kotobaheya.seesaa.net/article/22337442.html
には、
『※参考
  「衝天の気」というのが禅の公案(問題)にあります。』
という記述があります。

 正確な出典には今のところ到達できていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やはり元々あった言葉ですよね。単にwikipediaの記述が間違っているだけだと思いますが、ちょっとこんがらがってしまいました。

お礼日時:2010/02/17 05:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいき(粋・意気)がる、とは?

「いきがる」という表現があると思いますが、
辞書で調べてみると、『いかにもいきであるかのように振る舞う。』と出ます。
いまいち、よく解かりません(^^;
『いきがっている』というのは、もう少し具体的に噛み砕くと、どういう状態を指すのでしょうか?
また、良い意味ではなく、悪い意味で使う表現なのでしょうか??

出来れば、この言葉の正しい使い方を、例文などで教えていただけませんか?
一般常識的なことで、すみません!

Aベストアンサー

粋は今や半死語ですね。

昔の人は粋であることに生きがいを感じたようですが・・・現在はややもすれば浮いてしまい、粋が粋でなくなる可能性があります。それは粋を理解する人が減ったからでしょう。

粋とはスイとも言われ、洗練された美しさを演出し、その中にかすかな色気さえ感じさせるような高い文化に裏打ちされた様子を指します。

粋がるとはそのような教養、素養のない人が形だけ真似することです。自ら粋だと思っていることです。良い意味では使われません。

「ばかな奴だ。あれで粋がっているんだから」
「ここで粋がっても仕方がないだろう」
「あの粋がりようは見ておれないな」

本当の粋
「彼の着こなしはいつもながら粋だね」
「彼はいつも粋な計らいをしてくれる」(気が利いて、
打つ手に抜かりがない)
「ここの庭は粋なつくりだね」

Q「ほとんど」は何%? 「大部分」は何%? 「大半」は何%?

「ほとんど」、「大部分」、「大半」とは、それぞれ百分率で言えば100%中の何%から何%の範囲を表わす言葉なのでしょうか?

(ただし%の刻みは1%とします)

「議員の過半数が賛成した。」
「過半数」は、51%~100%。
これは皆さん異存がないでしょう。

では、

「議員のほとんどが賛成した。」→何%から何%が賛成?

「議員の大部分が賛成した。」→何%から何%が賛成?

「議員の大半が賛成した。」→何%から何%が賛成?

Aベストアンサー

「ほとんど」「大部分」「大半」は数値の範囲を明確に表す言葉ではないですから、人によって異なるだろうと思います。

しかし、これらの言葉を聞くと私なら、以下のような数値を、頭の中に思い浮かべます。

「ほとんど」 80%~99%
「大部分」 60%~90%
「大半」 「大部分」と同じ(但し、主観的な気分のとき使われるような気がする。)


>「過半数」は、51%~100%。
>これは皆さん異存がないでしょう

異存はないですが、私の頭の中に思い浮かべる数値は違います。
(100%を過半数と言うのは正しいですが、私の持っているイメージでは違います。)

「過半数」 51%~85%

Q造語「変態」の歴史

変態は明治期の翻訳語としての造語ですよね。
(1)翻訳語の造語を、一言で表現する言葉はありますか。
(2)二昔前の子供は昆虫の本などで変態という言葉を知ったと思いますが、性的異常者の意味でこの言葉を知るまたは親しむ人の方が昔から多かったのでしょうか。
(3)変態という熟語がなぜ二つの意味を持つのですか。歴史を教えてください。精神医学の方が後ならば精神医学は遠慮して別の熟語や造語にすべきだと思うのですが。精神医学というのは医者じゃない人がしていたのでしょうか。変態というのはどうもしっくり来ない漢字に感じます。外観的な議論をする熟語に思えますし異常性を感じさせません。

Aベストアンサー

http://www.aozora.gr.jp/cards/000048/files/43626_16782.html
とか
http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2135_21916.html
とか

http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/4435_13844.html

この段階では、学術的に心理学や昆虫学で「変態」を使っております。

変態が現在のような「変態」になったのは戦後、カストリ雑誌の文化の中で
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42866_35367.html
「そのくせ完全な変態で、自分は全く女のつもり」

「カストリ雑誌 変態」 で検索すると結構出てきます
http://www.f-kuronekodo.com/special/kasutori3.html

とか

1950年代においてすでに 変態の略号として H は使われておりました。

※ 1970年ころの少年マガジンか少年サンデーで「大H特集」というのをやっておりまして、小学生だった私はワクワクしながら読みましたが、ホンダのマークもHだ!とかちょっと肩透かしな内容でありました。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000048/files/43626_16782.html
とか
http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2135_21916.html
とか

http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/4435_13844.html

この段階では、学術的に心理学や昆虫学で「変態」を使っております。

変態が現在のような「変態」になったのは戦後、カストリ雑誌の文化の中で
http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42866_35367.html
「そのくせ完全な変態で、自分は全く女のつもり」

「カストリ雑誌 変態」 で検索すると結構出て...続きを読む

Q座右の銘

これは、自分を励ます言葉は何かという意味ですか?

辞書はこんな感じでかいてありましたが、

信念とかモットーとは違うんですよね?

例とかあったら教えてください

Aベストアンサー

確かに意味は「常に自分の心にとめておいて、戒めや励ましとする格言」です。
たしかに信念とは違いますが,モットーは「行動や努力の目標とする事柄。また、それを表した言葉」なのでほとんど同義とみてもいいんじゃないでしょうか。

ちなみに私の座右の銘は「巧言令色少なし仁」です。

Q「意味不明」は造語?

「意味不明」って日常でよく使う言葉じゃないですか。でも、(私の)辞書に書いてないです。皆さんの辞書には「意味不明」が書いてありますか?

「行方不明」と「不可解」は辞書に書いてあります。意味不明は喧嘩上等とか夜露死苦みたいな感じの言葉?意味不明は造語でしょうか?

意味不明と不可解と行方不明の差は何でしょうか?辞書の中の言葉の有無は目に見える確かな結果ですが、何らかの道理があってこのような結果が導かれているのでは?行方不明や不可解を辞書に載せて意味不明を辞書から排除するとは、一体どのような道理なのでしょうか?

辞書って改訂の多い本だと思いますが、10年くらい待てば、意味不明が載った辞書が出版されますか?それとも、130年くらいかかりますか?

Aベストアンサー

そもそも「行方不明」など辞書に載せる必要がないと思いますが、事故・災害のニュースで
「死者○○名、行方不明××名」
などと言うので、一つの術語として載せているのかも知れません。
いずれにしても紙幅の無駄遣いに近いと思います。
「消息不明」は載せていませんね。

「不可解」は、「不」「可」「解」の三文字の意味と漢文の文法の知識がないと、少し分かりにくいだろうという老婆心ではないでしょうか。
「不可能」「不可侵」「不可視」「不可欠」「不可避」などもたぶん載っているでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報