ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

昨年の秋に新築マンションへ越して来ました。
引越しの当初、窓などを開けていなくてもやけにハート型の虫や蚊が飛んでるな…と思っていたのですが
そのまま寒い季節になり、虫は気にならなくなりました。
しかし、先日あたりからこちらの地方もだんだんと暖かくなってきて、目に余るほどの小さな虫が室内を飛びまくるようになってしまいました。

今飛んでるのは、蚊の小さいバージョン(胴が長くて細い)の虫です。主に台所に多くでます。
はじめは、ディスポーザーからあがってくるのかなと思っていたのですが、ネットで調べてみると24時間換気をつけていると虫が侵入しやすいとの記事を多く目にし、うちのそれなのかな…と思いはじめてます。

親戚が購入したマンションに賃貸で住んでいるので、購入時の説明を業者から受けていないため、24時間換気の仕組み等がよくわかりません。
お風呂場の入り口に、24時間換気のスイッチがあります。
そして、私の癖なのですが、台所の換気扇を弱でつけっぱなしにしています。
部屋の片隅に四角の空気出入り口のようなものがあります。でもこれにはきちんと目の細かいフィルターがついているのでここからは虫は入らないように思えます。
部屋のドアの下には隙間があります。

このような状態なのですが、虫はどこから侵入していると考えるべきでしょうか?
台所に多く発生するので台所の換気扇があやしいと思っているのですが、この場合、換気扇は「排気側」になるので虫が入る余地はないと考えるべきですか?
でも、換気扇から隣のお宅の料理の匂いとかがしてくるので、排気だけじゃないのかな…とも思っているのですが、つけっぱなしの換気扇から虫が入ることってあるんでしょうか?

また、24時間換気の仕組み自体が虫を吸い込んでしまうのであれば、それを消してしまいたいと思ってます。これはやはり危険でしょうか。
トイレや台所、お風呂場の換気扇は一日中つけっぱなしなのですが、それで賄えないもんでしょうか?

換気扇の家側にネットや不織布のような市販のレンジフードをつけて虫の侵入をおさえようかとも思っているのですが…
でも「排気側」に虫除けするのは無意味だし、効率も悪くなるとの記事も見かけて躊躇してます。

なにしろ虫が苦手で苦手で、毎日つらくてたまりません。
どうにかして虫の侵入を抑えたいです。
アドバイスいただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

発生してるのが、小バエでしたら、発生源を探し、腐敗物を除去が優先になりますね。


屋内で発生しているのか、外から入ってくるかによって、対策も変わってくるようです。

[虫知識.com コバエの生態と駆除方法]
http://mushi-chisiki.com/pest/kobae.html

A 回答 (7件)

防虫網入りのパイプフードに取り換えましょう。

もしくは、ホームセンターで金網を買ってきてパイプフードに取り付けることも可能です。
    • good
    • 6

専門家紹介

専門家プロファイル_大長伸吉

職業:不動産投資アドバイザー

アパート経営では相談が出来ることが少なく、虎の子の自己資金を使い、住宅ローン以上の融資を負い、不安が多いものです。小さな心配事を一つ一つ解決することが大事で、何事も気軽に確認し、入居者が快適に生活できるアパート経営を目指します

詳しくはこちら

専門家

24時間換気では、給気と排気を設置して換気をしています。

排気はおそらくトイレや浴室の換気扇になるかと思います。そこからは外へと出る空気の流れですので、虫等の進入は考えにくいと思います。その為、入ってくるとすれば給気口ですが、こちらは各部屋の壁面に設置されているものになります。給気口には防虫網タイプや花粉フィルタータイプ等様々なものが用意されています。防虫網タイプではキッチン用品のざる網程度ですので花粉等は防げず、ハエや蚊程度の侵入防止対策となります。花粉フィルタータイプはフィルターですので虫やホコリの侵入も防げます。フィルタータイプのほうが良く考えられますが、フィルターの交換コストがかかります。防虫網では金属製の網等が大半ですので交換コスト等はかかりません。 どちらも一長一短ですが、ご希望に合う商品をえらんで交換されると良いかと思います。 設置は日曜大工ができればご自身でも可能ですが、施工された工務店等にご相談いただくと良いかと思います。設置方法も教えていただけるとおもいます。
    • good
    • 10

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

>24時間換気のせいで虫が侵入しているようです



         ↓
24時間換気装置の方式が強制式【ファンで機械的に行う】なのか?
自然給排気式(室内外の温度差や湿度差を利用して自然に熱量交換)なのかにもよりますが・・・
その目的は湿度の調節がメインであります。

従って、24時間換気が原因という可能性は低いですが、開口部の穴の大きさや部屋への吸気が虫の侵入に繋がるケースも考えられますので→

◇強制式ならば運転停止すると却って侵入が容易になるので文字通り運転していると排気風によって虫の侵入は困難となる。
<我が家では、6ヶ月毎にフイルターの清掃交換をしてますが、虫の死骸が結構付いてます>

◇自然給排気式ならば、絶えず強制的に排気されているのでは無いので、給排気口の穴の大きさやフイルターの有無とか精細さが、虫の侵入阻止には問題だと思います。
<他の家庭にも同様の症状がないのか聞き込み、出来れば共同で管理会社に相談し、必要な対策を>

換気扇の問題ですが、屋内の空気は真空には成りませんので、排気に見合う吸気が必ず起こります。
その部分が虫の侵入路に成りかねませんので、換気は必要な場所で必要性に合わせ(煙や臭いの排出が目的だと思います)使用された方が、防虫・経済性(電気代や暖冷房効果)・騒音には良いと思います。


また、食品や衣類、洗濯物等に付着したり、人の出入りに伴う侵入があり、外部からの侵入だけでなく、家屋内に発生・増殖している可能性もあります。
虫【成虫だけでなく、幼虫や卵】の侵入&退治には、市販の防虫グッズの利用となります。
虫除けスプレー、防虫ネット、バルサン(思いついた商品名ですが)

それと、ベランダや家屋の近隣の発生・増殖場所のチェック、処理が必要な場合も考えられます。
排水溝・雑草・家庭菜園【ベランダの観葉植物・野菜のプランターとかコンテナ】及び土壌や肥料に虫の発生や寄生がありませんでしょうか?

家庭内のゴミ箱・風呂場やトイレの排水溝、小さいお子様がおられたら食べ物の食べかす等がカーペット裏や部屋の隅に残って繁殖したり、古本とか木製の家具にも発生します。
その他、押入れや床下収納庫、食品保管場所にも、卵の状態で持ち込まれ、孵化しての虫の発生の可能性がありますので、日ごろの清掃、定期的な点検と対策を行ってますでしょうか?


doredore00さまにおかれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、お悩みが解決され、安全安心で快適な暮らしが実現しますよう、心より祈念申し上げております。
    • good
    • 10

普通のマンションの24時間換気システムで虫が大量に侵入してくることは考えられません。


まず、バルコニーなどの壁・天井など屋外には虫がいますか?
いるのならば、管理会社に駆除を要請してもらってください。

築後どのくらいの期間か分かりませんが、室内で発生している可能性がありますので、排水口などの水廻りと、外壁、PSの内側を調査してください。

簡単な方法では、換気を一切止めてバルサンなどを終日焚かれることをすすめます。
    • good
    • 15

まず、何のためにトイレや台所やお風呂場の換気扇をつけっぱなしにしているのでしょうか?



これらは、一時的な局部の臭いや湿気を取り払うもので、つけっぱなしにする意味はないと思います。特に24時間換気システムが付いているのであれば・・・

まずはこれらの換気扇を止めたらいかがですか?特にトイレやレンジの換気扇てフィルターなどがあまりないためここから虫が入ってきていたり、換気扇を回しているからこそ、他からの空気の侵入を促進していると考えられ、虫が入ってきやすくなります。24時間換気システムはどのようなタイプのものかわかりませんが、通常の全熱交換型であれば排気と吸気にフィルターが付いているのでそこから虫が入って来ることははありません。我が家も付いていますが、フィルターの清掃をするとそこに虫がたっぷりと付いています。そこで遮られているはずです。夏の暑い夜、部屋の戸を開けて網戸にでもしておかない限り、虫は入ってきません。

24時間換気システムは、新しい空気の取り入れと払い出しを行っており、家全体の換気を行っているわけです。ですので、湿気も一定に保てることになるし、全熱交換型であれば部屋の温度を変えることなく換気を行うことができます。これを止めたからといってすぐに家に何らかの問題が発生するとは思いませんが、これは運転しておいた方が良いでしょう。
    • good
    • 7

そんなに気になる程虫がいるのはちょっと気持ち悪いですね。


そこまで大量発生しているなら一度管理会社に調べてもらった方がいいと思います。
24時間換気に関しては建築法?で決められているだけなので換気止めると危険という訳ではないと思います。
建前は24時間換気しておきなさいという事ですが、実際換気扇のon/offスイッチはほぼあるはずです。
ひとまず活動時間以外は換気扇を止めて様子を見つつ管理会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 3

推測での話ですが...



換気扇を1日中つけっぱなしにされているわけですよね。と、いうことは家の中の空気が、どんどん外に排気されているわけです。すると、家の中に空気がなくなってしまうわけですから、どこからか、家の中に空気の入り口があるはずです

つまり、その空気の入り口となっているところから虫が吸い込まれて家の中に入ってきていると考えると説明が付きます

換気扇を必要最小限の利用にとどめてはいかがですか?
    • good
    • 11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q換気口から虫は絶対に入らない?

賃貸マンションで、ムカデ他の虫の侵入に悩まされています。
網戸にモヘアテープをはるとか、ムカデが嫌がる臭いのする薬をおくなど、ネットで調べてできることは、自力でやっています。
換気口なども怪しいと思っており、他の問題の対応で来たリフォーム業者や、仲介不動産に質問をするのですが、「風呂場やトイレ他の全ての換気扇はオンにした時は強力に排気するので虫は入れないし、オフのときは弁が閉じているのでそこから虫が入ってくることはありえない。」と、絶対的に否定され、とりあってもらえません。
(虫以外の問題で取り替えたキッチンの換気扇には虫どころか鳥が入り込み、巣を作っていたことが発覚したのですが、それについては、強行突破されただけ、との回答でした)
換気口から虫が入るというのは、そんなにあり得ないことなのでしょうか?
(現実として、一度も窓を開けていない風呂場で毎晩のように虫がいるのを発見しています。窓以外は換気口以外に侵入口はないと思っているのですが...。)

換気口用の目の細かい金網ネットなどが販売されているようですし、絶対に入らないというのはどうかと思っているのですが...。

詳しい方、どうかわかりやすくご教示願えませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

賃貸マンションで、ムカデ他の虫の侵入に悩まされています。
網戸にモヘアテープをはるとか、ムカデが嫌がる臭いのする薬をおくなど、ネットで調べてできることは、自力でやっています。
換気口なども怪しいと思っており、他の問題の対応で来たリフォーム業者や、仲介不動産に質問をするのですが、「風呂場やトイレ他の全ての換気扇はオンにした時は強力に排気するので虫は入れないし、オフのときは弁が閉じているのでそこから虫が入ってくることはありえない。」と、絶対的に否定され、とりあってもらえません。
...続きを読む

Aベストアンサー

網つきのダクトの蓋はあります(防虫網付きベントキャップ)。防虫網付きという設定があるのは虫が入るのは常識だからです。でも既出の通り効率が悪くなりますし、清掃も必要ですから設置できない場合も多いです。
それからダンパーも付いてない場合は少なくないですし、あった所ですき間などいくらでもあります。
ですので換気扇の室内側に工夫して網をするのが良いです。製品によっては防虫網が付けられるようになっているのもあります。
掃除に気を使っていないと詰まってしまいますけれど。
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%98%B2%E8%99%AB%E7%B6%B2%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&hl=ja&client=firefox-a

それと運転中は飛ぶ虫だったら入り難いでしょうけれど這う虫でしたら楽勝です。どんな風が吹いていると思ってるんでしょうか… 集塵機やコンプレッサーではあるまいし、換気扇の風なんてまるでたいしたものではないです。ダクトがない場合は端っこからすいすい入れます。カタログ数値を見ても見当を付けることができます。風呂場やトイレのダクト式排気口でしたら吸気口にティッシュをかざしても貼り付かない程度の風で正常です。

ただし排水口や各種配管の穴と壁や床のすき間からも侵入の可能性はあります。配管パテなどでふさげます。
これを機会にまずは自分で全部の可能性をチェックしてスリーブ穴や配管がどうなっているのかを把握すると良いと思います。

私は「リフォーム業者」と称する人で専門的知識や技術を持っている人には会ったことがありません。ダクト屋さんや設備屋さんを頼むべきです。

網つきのダクトの蓋はあります(防虫網付きベントキャップ)。防虫網付きという設定があるのは虫が入るのは常識だからです。でも既出の通り効率が悪くなりますし、清掃も必要ですから設置できない場合も多いです。
それからダンパーも付いてない場合は少なくないですし、あった所ですき間などいくらでもあります。
ですので換気扇の室内側に工夫して網をするのが良いです。製品によっては防虫網が付けられるようになっているのもあります。
掃除に気を使っていないと詰まってしまいますけれど。
https://www.google...続きを読む

Q換気扇の防虫方法を教えてください!

キッチンの換気扇です。

外壁にはめ込んである換気扇の排気口から、虫(主にG)が侵入しないようにしたいです。

添付画像のようなタイプなのですが、何か良い方法はないでしょうか??

ちなみにメーカーでは、防虫網は作っていないとの事です。

詳しい方、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは~

換気扇本体の中に停止中は閉じていて、換気扇を作動すると風圧でダンパーが開くようになっていますが
それでも虫が侵入してきますか

防虫網入りのパイプフード(ベントキャップ)に取り換える
もしくは、ホームセンター等で金網を買ってきてパイプフードに取り付けることも可能ですが
台所のレンジフード用なら、防虫網付のパイプフードを取り付ける家は少ないです
なぜなら、レンジフードの排煙に含まれる油が金網に付いて目詰まりしやすく頻繁に清掃しないといけない
網が目詰まりすると排煙性能が下がり、さらに網に付着した油が流れて外壁を汚します
メーカーによっては「油煙を排気する台所等は目詰まりしやすいので設置を避けてください」と記載されています

かといって、目詰まりしづらいよう網の目を大きくすると、防虫効果はなくなりますね
防虫網入りのパイプフードは防虫網を取り外ずし清掃可能ですが、高い位置なら容易にできないですね
頻繁に清掃出来るようなら防虫網入りに取り換えるか、金網を取り付けるしか対策はなさそうです

こちらはパナソニックの防虫網入りパイプフードです
http://www.taroto.com/fan/national/VB-RWS.html

こんばんは~

換気扇本体の中に停止中は閉じていて、換気扇を作動すると風圧でダンパーが開くようになっていますが
それでも虫が侵入してきますか

防虫網入りのパイプフード(ベントキャップ)に取り換える
もしくは、ホームセンター等で金網を買ってきてパイプフードに取り付けることも可能ですが
台所のレンジフード用なら、防虫網付のパイプフードを取り付ける家は少ないです
なぜなら、レンジフードの排煙に含まれる油が金網に付いて目詰まりしやすく頻繁に清掃しないといけない
網が目詰まりすると排煙性能...続きを読む

Q換気口??空気口??虫対策の為に塞ぎましたが…

無知な私に、どうか教えて下さい(>_<)

二階建てのアパートの一階、2DKに今年から住んでいます
直径15センチぐらいの白くて丸い空洞??ツマミがついていて開けたり閉じたりできるものデス
それを、ガムテープを使って全部ふさいでしまいました。理由は、そこから侵入してくる虫(主にゴキブリ)を入れたくない為と、防音の為です

一つはキッチンのある玄関近くの部屋の下の方に。
もう一つは、2部屋あるうちのエアコンがついている片方の部屋に。計2個ついています
普段も、窓を開ける事は一切なく網戸にもしません(虫が入ってこない様に…)

お風呂とトイレの換気扇は、ほぼ付けっぱなしで、お料理する時だけ、コンロ上の換気扇もつけてます

この様に、生活してる上で、何か問題点などありましたら教えて下さい

空気の入れ替えが出来ないから体に悪い…など

換気扇の意味がない…など

あと、やはり、白い空洞(換気口??空気口??)を塞ぐのはやめた方がいいですか??
そこは、テープをしていても、耳を近づけると、外の音がよく聞こえてきます(x_x;)

無知な私に、どうか教えて下さい(>_<)

二階建てのアパートの一階、2DKに今年から住んでいます
直径15センチぐらいの白くて丸い空洞??ツマミがついていて開けたり閉じたりできるものデス
それを、ガムテープを使って全部ふさいでしまいました。理由は、そこから侵入してくる虫(主にゴキブリ)を入れたくない為と、防音の為です

一つはキッチンのある玄関近くの部屋の下の方に。
もう一つは、2部屋あるうちのエアコンがついている片方の部屋に。計2個ついています
普段も、窓を開ける事は一切なく網戸に...続きを読む

Aベストアンサー

重大な問題は特にないと思います。

建物によりますが、台所などで強力な換気扇を動かしていると玄関ドアがものすごく重たくなりますが、それらの通気口が空いていれば、少しはマシになります。

通気口が空いている方が、風呂、トイレ、台所などの換気扇による排気がスムーズになります。

という程度でしょうか。

換気扇の意味がないという事はないです。一般の住居、特にアパートなどのアルミサッシにはある程度の隙間がありますので。

Q回っている換気扇の隙間からゴキブリは入ってきますか

タイトルどおりです。

結露対策で換気扇を回しっぱなしにするしかないんですが、回っている換気扇の隙間からゴキブリが入ってくることってあるでしょうか? 結露も嫌だし、でも、ゴキブリが入ってくるのも嫌だし、ジレンマです。

Aベストアンサー

窓枠用にしろ、壁用にしろ、(トイレ・浴室用など小型ではじめから丸穴を開け差し入れる物は別として)、先ずは四角い穴を開けた中に丸く回るファンを中心にその隙間を埋める枠ごと取り付けます。

常に換気しっぱなしとしてファンが回り続けるとしたら、そのファンの隙間を換気風に逆らい進入してくるタフなゴキちゃんはいないでしょうが、そんな危険かつかなわぬことを飛行しながら試みるより、壁の外を這い上がり、取り付け枠となる建物の壁材と換気扇の枠がよほど几帳面な仕事をする職人でもない限りそれなりの隙間があるかと思われ、ここから入ってくることはありうるでしょう。

ここからなら羽ではなく足を使って確実に進入出来、換気風の影響も受けずにすみます。

Q戸を閉じたり、網戸を閉めても、虫が入る

実は、もともと虫が入るのがとてもイヤで、夏冬かまわず、
窓をあけることができません。

網戸をしようが平気で入ってきて・・
今でも、窓を全体的に閉めているにもかかわらず、
どんどん虫が入ってきます。

家の中であいている箇所はないはずなのに、どこから入ってくるのでしょうか?

また、対処方法があれば、よろしくお願いします。

#殺虫剤とかは使えません。

ただ、幸い、蚊だけは、この地帯が全体的に蚊が発生しにくように
決まりがあるために、1匹も入ってきません。

Aベストアンサー

進入経路か、発生源があるはずです。

ゴキブリやコバエは家の中で再生産されているかもしれません。

ゴキブリは排水溝やエアコンの室外機からも入ってきます
ドレーンの先や、排水溝に細かいネットなどをとりつけて
進入を防ぐとか
こまめに排水溝は塩素系の洗剤をつかって掃除したほうがいいです。

また、お風呂場。ユニットバスなら「エプロン」のしたなどが汚れていて
そこでコバエが発生することがあります。

あとは洗濯物、出入りのさい、通気穴、古い家なら家自体にどこか隙間が空いているなど。

虫が嫌いなにおいのグッズなどを家の入り口付近に置くとか
網戸にかける殺虫剤ならできますか?

あとは、誘引して捕獲するタイプのもの。家の中でこれを使うとよいのでは。

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Q小さな虫が部屋に飛んでいます。。困っています。

毎日暑いですね、
本文を開いていただいてありがとうございます。

数週間ほど前から部屋に小さな虫が飛んでいます。
虫の特徴は
・体長2mm、体幅1mmほど、色は黒っぽい
・主に台所で多く発見する。
・でも居間でも、よく視界を横切る。むしろ自分の体によくまとわりついている気がする。(しかも家族の中で自分にだけ(泣))
・フラフラ~スイスイーと飛んでいて、退治しようとすると、パッと視界から消えてしまう。
・おそらくコバエではないと思う。←羽が体長2mmに対して、1mmほどと小さめだから
・生ゴミなどのゴミ袋が台所にあるときは、そこにたくさん(だいたい5匹くらい)いるが、ゴミが無いときも、辺りを飛んでいる。

何が原因でこのような虫が発生するのでしょうか
部屋はまあまあきれいにしていると思いますが、どこかに原因があるのでしょうか
去年までは出ていなかったのに、急に出てきてストレスを感じています。
何か有効な対策方法を教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も同じ様な虫でストレスを感じています。
たぶん、ショウジョウバエかコバエだと思うのですが、台所の生ゴミから発生している様です。
テレビを見ていると顔や手足に向かって飛んできて、変にまとわりついてとても不快に感じます。
発生原因は生ゴミに違いないので、調理後の生ゴミはその都度薄く小さなビニール袋(スーパーで貰えるやつ)に入れて縛ってから捨てています。生ゴミを虫に触れさせないようにした事でかなり数は減りました。
さらに部屋に飛んで来ている虫は、自作の「蠅取り器」を作って処理をしています。適当に考えた物ですが、結構捕れます。
昔の「蠅取り紙」があればその方が捕れるのでしょうが、使った事が無いのと見た目で何となく使う気になれないので、簡易的に「蠅取り器」を考えたのですが、簡単なので一応作り方を書いておきますね。

1.綿棒の容器の様な内側のつるつるした容器を用意する。
2.果汁(私は葡萄のジュースを使いました)と水を1:1位の配分で1cm程度入れ、そこに台所洗剤を1滴入れる(洗剤で表面張力が減り入りやすくなる)
3.居間の虫をよく見かける所に置いておく。
4.1日1回は交換して下さい。中にうっすらと雲みたいな物が見えたら、たぶん卵だと思うので、早めに液を交換して下さい。

それだけなのですが、果汁の臭いで近づいてきて自分から落ちていきます。置き場所が台所では他の誘惑が多いようで、あまり効果がありませんでした。又、人工の甘味では効果がうすいみたいです。
取りあえず、発生させないことが一番重要みたいなので、流し台周辺の掃除と生ゴミの処理をその都度キチンするしかない様です。

私も同じ様な虫でストレスを感じています。
たぶん、ショウジョウバエかコバエだと思うのですが、台所の生ゴミから発生している様です。
テレビを見ていると顔や手足に向かって飛んできて、変にまとわりついてとても不快に感じます。
発生原因は生ゴミに違いないので、調理後の生ゴミはその都度薄く小さなビニール袋(スーパーで貰えるやつ)に入れて縛ってから捨てています。生ゴミを虫に触れさせないようにした事でかなり数は減りました。
さらに部屋に飛んで来ている虫は、自作の「蠅取り器」を作って処理...続きを読む

Q切実*ゴキブリがでない家にするには?

まだ新築して1年に満たない家なのですが、ゴキブリが出続けています。今までは小さめの茶色いヤツだったのですが、昨日なんと、黒い5,6センチくらいある巨大なのがでました。最初、携帯電話が高速で動いているのかとびっくりしたのですが、正体がわかった瞬間その100倍以上の衝撃が訪れました。巨大なのにもショックですが、とうとう黒いヤツまで出たことがショックです。すき間から入り込むレベルの大きさではありませんでした。今現在、コンバット系を至る所に置き続けています。1,2階の窓はほとんど明けません。家の中もかなりキレイにしています。しかし、家の基礎部分に普通は入っている防虫網というのが、入っていないようなのです。で、これについては工務店に尋ねても後からは取り付け不可だそうでどうにもなりません。。。家のすき間を徹底的に塞ぐという書き込みをよく見ますが、そういうお願いをできる業者をご存知でしたら教えて下さい。自分でコーキング等するにも限界がありますし、そもそもすき間がどこにあるかもよくわかりません。また、これも書き込みで「あしだかグモ」というのがゴキブリの天敵だから見かけたら殺さないようにというのを見ました。うちにもそのクモが結構でます。と、いうことはやはりゴキブリがたくさんいるということでしょうか?また、ゴキブリと並んでクモもものすごく嫌いで、そのままにしておくのは非常につらいです。(退治するのもいやな汗がいっぱい出て命がけですが、、、)何が原因でしょうか?何かいい方法や、業者、体験談などなどとにかく教えて下さい。いまはとにかく家に帰りたくありません。

まだ新築して1年に満たない家なのですが、ゴキブリが出続けています。今までは小さめの茶色いヤツだったのですが、昨日なんと、黒い5,6センチくらいある巨大なのがでました。最初、携帯電話が高速で動いているのかとびっくりしたのですが、正体がわかった瞬間その100倍以上の衝撃が訪れました。巨大なのにもショックですが、とうとう黒いヤツまで出たことがショックです。すき間から入り込むレベルの大きさではありませんでした。今現在、コンバット系を至る所に置き続けています。1,2階の窓はほとんど明けません...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
おそらく、家の中と外とを繋ぐ、ゴキブリの通り道があるんではないでしょうか?

私も新築の家に住んだその年に、毎日のようにGが出没しました。もちろん部屋は清潔にしていました。

我が家の原因は、まず換気扇まわり。換気扇の取り付け口付近を分解し、隙間を業者に板で塞いでもらうと、劇的に減りました。
そして次が網戸。窓を開けた時に網戸と窓の間に隙間ができないよう、スポンジをつけました。(注文品だったので。国産の規格品の網戸なら、普通隙間はできないと思います)
さらに、水周りです。排水パイプと壁との間に隙間ができないよう、パテで隙間を埋めました。(パテはホームセンターで購入)

以上のことを行っても、毎年2、3匹ペースで出るので、おかしいなと思っていたら、都市ガスの差込口と壁との間に隙間がありました。同じくパテで埋めました。

今年はより一層G対策を強化するため、家の床下、ベランダ、外の軒下にコンバットを20個ぐらい置きました。
今のところ、室内への侵入はありませんが、家の周りとベランダで死骸を発見しました。

新築の家に出る場合、どこで出没したかよく見極めてください。ゴキブリホイホイを仕掛けて、どこで捕まるか見極めるのもいいと思います。必ず、Gの出入り口があるはずです。外壁の隙間(大きな排水パイプのある、家の基礎部分など)から床下に入り、外壁と内壁の間を移動し、内壁のわずかな隙間から、室内に入り込んでいるのでしょう。

自分で書いてて気持ち悪くなりましたが、せっかくの新築ですので頑張って下さいね。

こんにちは。
おそらく、家の中と外とを繋ぐ、ゴキブリの通り道があるんではないでしょうか?

私も新築の家に住んだその年に、毎日のようにGが出没しました。もちろん部屋は清潔にしていました。

我が家の原因は、まず換気扇まわり。換気扇の取り付け口付近を分解し、隙間を業者に板で塞いでもらうと、劇的に減りました。
そして次が網戸。窓を開けた時に網戸と窓の間に隙間ができないよう、スポンジをつけました。(注文品だったので。国産の規格品の網戸なら、普通隙間はできないと思います)
さらに...続きを読む

Q玄関の虫対策を教えてください!(夜家に帰ると虫が一杯で入れません・・・)

昨年秋、現在の家に引っ越してきて始めての夏を迎えます。
秋口でもかなり虫が多かったのですが、今日家に帰ってビックリ!!

玄関に小さな虫の大群が玄関を覆っているではありませんか!
おまけにカナブンもブンブン飛び回っているし・・・

と言うのは、玄関の前の廊下に外灯がついているんです。
(ちなみに住んでいるのは三階建てのマンションの三階です)
引っ越してきた当初は、玄関の前が明るくて良い程度に
思っていたのですが・・・こんなことになるとは・・・。

玄関の虫対策について良いアイディアがあれば教えてください。

虫が寄り付かない方法があれば一番良いのですが・・・。
家に入る前に殺虫剤スプレーを玄関に噴きつけ、そのすきに入るのが
良いのかなとも思いましたが、それじゃ常に殺虫剤を持ち歩かないと
いけませんよね。
自分ではこんな方法しか思いつきませんでしたが、何か良いアイディアが
あればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

外灯が蛍光灯であれば、管理会社に頼んで参考URLの様な、防虫タイプに交換すれば多少は良くなります。

一番効果的なのは、質問者宅前だけを交換することなのですが、さすがに集合住宅では禁じ手だと思います。

後は、見た目が悪いのとメンテナンスの必要がありますが、電撃殺虫器を玄関から離れた場所に、吊るす方法があります。

参考URL:http://bouchu.jp/index.htm

Q15階建てのマンションの高層階に住んでいますが、虫がすごく多いです。

15階建てのマンションの高層階に住んでいますが、虫がすごく多いです。
15階なら、夏でも虫には無縁かなと思っていましたが、すごく多いです。

しかし、聞いてみると同じマンションでも
中層階や低層階は、ほとんど虫がこないとの事でした。
どんな理由で、そのようなことが起きるのでしょうか?

わたしの予想だと、屋上に水溜りとかがあって
ぼうふらみたいなのがわいてるのかな?と。

それか、わたしのマンションは変なデザインで
1階~12階までの壁の色が茶色で
13階~15階までの壁の色がそれより明るい
ベージュと言うか、くすんだ白をしています。

その壁の色に、寄ってきてしまうかという予想です。

どっちにしても、ベランダは虫やクモがいっぱいです。

虫コナーズという商品を使いましたが効果があまりありませんでした。
いま小さな子どもがいるので、あまり殺虫剤系は使いたくありません。
先日、電撃殺虫機を買ってきましたが、「バチッ、バチッ」と
音が大変大きく、すごくびっくりします。
虫の死骸も、気持ち悪いし、多いし片付けが大変です。

どなたか、虫が来なくなるいい方法をご存知の方いませんか?
大変困っています。よろしくお願いいたします。

15階建てのマンションの高層階に住んでいますが、虫がすごく多いです。
15階なら、夏でも虫には無縁かなと思っていましたが、すごく多いです。

しかし、聞いてみると同じマンションでも
中層階や低層階は、ほとんど虫がこないとの事でした。
どんな理由で、そのようなことが起きるのでしょうか?

わたしの予想だと、屋上に水溜りとかがあって
ぼうふらみたいなのがわいてるのかな?と。

それか、わたしのマンションは変なデザインで
1階~12階までの壁の色が茶色で
13階~15階までの壁...続きを読む

Aベストアンサー

・完全遮光のカーテンを使用する。
・二酸化炭素の排出を抑える。
・アロマテラピーや芳香剤、香りの強い製品の使用を控える。
・網戸用除虫剤や農作物用除虫剤を使用する。
・日除けや簾等に除虫剤をかけて室温を下げ、窓をカバーする。
・ベランダの排水溝を掃除する。
・ベランダの湿気やカビを防ぐ。
・ベランダに植物を置かない。
・部屋にバルサン等の虫用を焚いて部屋ごと除虫する。
・ベランダにゴミや荷物を置かない。
・虫の嫌う周波をベランダに流す。(デジタル蚊取りとも呼ばれています。)(コウモリの出す超音波と似た周波です。)(携帯やPCサイトでもあります。)
・コウモリを飼う。
・テルペン(みかんや甘夏の皮に含まれる成分)を窓に毎日塗る。
・ベランダで花火をする。
・虫よけハーブのキャンドルや線香をベランダで焚く。

などなど。

虫を集めて殺すような機械や薬剤は、殺虫は出来ますが、虫は集まります。
殺虫と除虫は意味合いが違います。寄せ付けない目的で使うのは除虫剤です。

また、空中の虫と床面に這う虫とでは、除虫や殺虫の仕方も変わります。
上記のような遮光等の対策をされたうえで、虫の種類に合わせた薬剤を用いて駆除される事を検討されてみてはいかがでしょうか。

・完全遮光のカーテンを使用する。
・二酸化炭素の排出を抑える。
・アロマテラピーや芳香剤、香りの強い製品の使用を控える。
・網戸用除虫剤や農作物用除虫剤を使用する。
・日除けや簾等に除虫剤をかけて室温を下げ、窓をカバーする。
・ベランダの排水溝を掃除する。
・ベランダの湿気やカビを防ぐ。
・ベランダに植物を置かない。
・部屋にバルサン等の虫用を焚いて部屋ごと除虫する。
・ベランダにゴミや荷物を置かない。
・虫の嫌う周波をベランダに流す。(デジタル蚊取りとも呼ばれています。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング