プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

こんにちは。

夏になると、たまに、床やベッドシーツ、その他棚などに小さい(2mm以下)羽虫がたくさん死んでいて困っています。
ちなみに、気づくとその状態になっていて実際に飛んでいる姿は見たことありません。

そこで二つ質問をしたいです。

(1)この虫の名前はなんでしょうか?画像添付します。小さくてはっきりと見えませんが。
  種類が分かれば、対策がとれるかもしれません。

(2)窓を閉めていても、お構いなしに進入してきます。エアコンだけ稼動しているので、エアコンから進入しているかもしれません。その場合、室外機全体に薄いメッシュを被せれば防げるでしょうか?

よろしくお願いします。

「床に小さい羽虫の死骸がたくさん落ちていま」の質問画像
gooドクター

A 回答 (5件)

対象となっている虫がどのような虫かは分かりますが、種類/名前はわかりません。


お役には立たないかもしれませんが、私の地元(静岡県西部)では、この憎き虫のことを「めつぶし」と呼ぶ高齢者が多いです。



対策について(5案)

1.室内の照明(蛍光灯など)には、紫外線カットの物を使用する。又は紫外線を遮断するフィルムを張る。

 光に集まる虫は、主に紫外線に反応して集まってきます。
蛍光灯などは、管内で電子を衝突させることより紫外線を発生させ、紫外線は管の内側に塗られた蛍光塗料を通過することで可視光に変化します。
しかし、可視光になりきらない紫外線もあり、虫たちはこの紫外線に反応して集まってきているとも考えられます。
故に、漏れ出た紫外線を完全に遮断することができれば、虫は室内に入ってこなくなると考えることができます。




2.室温湿度を一定にする。
3.天候が悪くなる前は扉の開閉を極力控える。

 質問の対象となっている虫は、特に天候が悪くなる前兆として多く見かけます。
これは、虫たちが気圧や気温の変化を何らかの方法で感じ取り、天候が悪くなる前に避難するために室内に侵入してくるとも考えられます。
そのため、室内の室温湿度を一定にし、天候が悪くなる前の外出など(玄関/扉の開閉)を極力控えれば、侵入してくる虫は減らすことができるのではないかと考えれれます。



4.ホームセンターで対策グッツを用意する

 「網戸に虫来ない」や「虫コナーズ」などの虫対策のグッツを試してみるのもいいかもしれません。



5.室内/部屋周辺のありとあらゆる物に対し、衛生管理を今以上に徹底する。

 僅かでも考えられる対策を考えてみようと思います。故に、大変失礼な表現となってしまいますが、室内/部屋の周囲に、植物やゴミなどはありませんか?
もしあるのでしたら、除草や片づけなどを、今まで以上に徹底してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

めつぶし、というのを少し調べてみました。
メマトイという名前の虫のことでしょうか。
この虫とも違うように思います。
もっと小さいんです。

たくさんの対策案ありがとうございます。
一つずつ試していこうと思います。

>室内/部屋の周囲に、植物やゴミなどはありませんか?
植物ならけっこう生えています。
除草も考えてみます。

お礼日時:2012/07/16 01:21

画像では確実な判断ができませんが、コバエ類の可能性も考えられます。

室内に植物があるようでしたら、キノコバエが植物の土壌に大発生することがあります。このキノコバエは、光に集まる習性がありますので、照明の下などに死んでいることがたびたび見られます。また、夜の建物の光に誘引され外から侵入することもあります。エアコンの室外機からとのことですが、室外機のドレンホース(水を排水するホース)から虫が侵入するケースはありますが、コバエの侵入は考えにくいので、他の場所から侵入していると考えられます。対策方法ですが、室内からの発生か、外からの侵入かによって対策は変わります。室内での発生の場合は、キノコバエの場合、住処となっている植木鉢の土壌の全交換(植え替え)が必要です。他のコバエ類でも、発生源の除去が最も有効な対策となります。外から侵入されてる場合は、室内の光が外に漏れないような対策(カーテンを閉めるなど)が有効です。
    • good
    • 3

専門家紹介

専門家プロファイル_南山和也

職業:住宅アドバイザー

株式会社テオリアハウスクリニック 代表取締役
公益社団法人日本しろあり対策協会 理事

シロアリ防除の専門家です。
「シロアリに食われて泣くよりまず予防」
をキャッチフレーズとしてシロアリ防除や住宅診断を行っています。

創業以来43年、累積施工件数29万件の実績からさまざまなケーススタディを蓄積。大切な住宅の寿命を伸ばすためのお手伝いをいたします。

2007年にダイヤモンド社より
『我が家を守る簡単アンチエイジング/シロアリと腐れを防いで100年もたせる!』を刊行しました。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

075-956-4919

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

no.2です。



もっと小さいとの事なので、『ホシチョウバエ』かなぁ?
もしそうなら住宅の水周りで繁殖したりするので、
外からやってくるのではなく、水周りでの駆除が必要です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
『ホシチョウバエ』
調べてみました。色、形など違う気がします。
黒色の虫なんです。
本当はもっと拡大した画像を載せたいんですが、
これ以上はボヤけてしまうので、、

お礼日時:2012/07/18 22:22

クロアリの羽アリではないでしょうか?



この時期ですと結婚飛行でしょうね。

夜は明かりを求めて飛んでくるので、些細な隙間からでも進入してきます。
窓枠などに殺虫剤を撒いておけば少しは侵入を防げるかもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

画像検索で見てみました。
確かに、毎年、この時期網戸に張り付いているのをよく見かけます。
なるほどあの虫はクロアリの羽アリだったのですね。

ですが、私の部屋にいた虫とは別のような気がします。
もっと小さいんです。黒ゴマより一回りも二回りも小さいです。

殺虫剤は撒いてみます。
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2012/07/16 01:08

ショウジョウバエ?!


…蝿て“死体に一番最初につく虫”と言います
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ショウジョウバエを画像検索で見てみましたが、
別物であると思います。

死体はありません。一応。

お礼日時:2012/07/16 00:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング