スーザン・ボイルはスコットランドの片田舎に住む決して容姿端麗とは
言えない平凡なオバサンです。
彼女は歌手のオーディション会場に現れ、審査員・観客から失笑を
買われつつもその歌声を披露した途端、その美声に皆圧倒されました。
このエピソードはYouTubeで発信され、世界中に衝撃を与えました。

さて、ここでちょっと疑問に思った事があります。
スコットランドはロンドンから非常に遠いため、方言が強く標準語との
差が大きいと予測されます。
おそらく、スーザンの喋りは「いかにも田舎のオバサン」な感じだったと
思いますが、英語を理解できない私にはその微妙なニュアンスが伝わりませんでした。


スコットランド方言とは、標準語に比べやはり「訛った感じ」はあるのでしょうか?
また、どんな特色がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>>スコットランド方言とは、標準語に比べやはり「訛った感じ」はあるのでしょうか?



 というご質問を読んで「うーん」と思いました。こういう前提では処理出来ないように思います。いわゆる英語とスコットランド語は、標準語と訛りという、主従の関係にはなく、日本には無い対等の関係のような気がします。

 もちろんジョンソン大統領が、地元テキサスで話す時と、米国議会で年頭教書を読む時は、別人の感があったように、スコットランド出身の人々は時と場合で使い分けています。

 歴史のお話がありましたがイングランドとスコットランドの間には「国境」border があって、それぞれ対等の君主が君臨していました。この国境には border ballad などという緩衝地帯の文学も生まれました。

 言語の歴史ではここ国境の北側では Celtic が話されていて、その古い言語層は、マン島の Manx、コーンウォール の Cornish、ウェールズ の Wellish、アイルランドの Irish、フランスの北西部で話されている Bretonと同系ですから、スコットランドの人たちが、イングランドを、「新参者」と見るのは一理あります。

 http://www.omniglot.com/writing/gaelic.htm

 移住の後もこの誇りは強く、カナダに旅行された方は、バッグパイプにキルト(男性のスカートのようなもの)姿の、民族の祭りに多くの参加者がいるのをご覧になったことでしょう。

 こういう文化や言語の誇りに、変化をつけたのは、英語学者、エルフィンストンでしょう。The Principles of the English Language Digested for the use of Schools (1766)という、自分の出身地であるスコットランド向けの本を書いた人です。

 でもスコットランドの人に聞いたら、自分たちは「訛って」なんかいない、というのではないでしょうか。特色はもう皆さんが御指摘になった通りです。
    • good
    • 1

UKの会社と良く一緒に仕事します。

その中にスコットランド出身の人がいますが、めちゃめちゃ訛っています。良く聞き取れず、何度も聞き返す事多々。イギリス人通しでも分からない時があると言っていました。スコットランドとかアイルランドとかの人の英語は、訛りが非常に強い時は初めは英語を話していると気がつかないぐらいの時もあります。

スコットランドやアイルランドぐらい訛っていれば、私も訛りと分かりますが、厳密にはもっと細かく訛りがあるそうです。出身階級でも違うし、ロンドン近郊でも違うそうです。私にはこの違いはあまり分からないのですが、イギリス人はすぐに分かるそうです。
    • good
    • 1

イギリスの標準語は、一応BBCで話されている英語だが、それも色々しゃべり方が統一されなくなってきたので、分類は難しい。

正しくはクイーンズイングリッシュだけれど、これでは、ほぼ数パーセントの人しか正統な英語を話せなくなってしまう。これだけでも種類は豊富だが、スコットランドも同じくらい、場所によって話すアクセントが違う。グラスゴーの人は、同じスコットランド人、もしかしたらグラスゴーの人間ですら理解できない発音がある。当然イングランド人等も分からないことがある。日本の鹿児島、津軽と同じほどのギャップあり。
面白いのは現首相のブラウン氏はグラスゴー出身だが、結構標準語を話している。女優のユアン・マクレガー、俳優ショーン・コネリーもスコットランド出身。訛りはあるが、標準語に近いスコッティッシュ。

rの発音がルルルと言った感じ。全体的に東北地方の口ごもった、プルップルッという感じ。iの発音もaとoの間に近い音。erなどは、airに近い音。文末が微妙に高低する。
例えば"today"などは"twudeei"という感じの発音。

アメリカ人とスコットランド人の違いは、以下のところで十分出てます。
(最初の人がアメリカ人)

この人は割りとバリバリのスコットランド人。
http://www.youtube.com/watch?v=v90t0BIjR-4&featu …

これらの人達と、スーザンのオーディションに出ていた審査員の発音を比べると、かなり違うと思います。

そもそもイギリスでも北に行けばいくほど、田舎臭く思われる。ただし、イギリスの場合(ヨーロッパはそうだと思うが)、大都市から30分でも離れれば十分に田舎に該当してしまう。彼女の場合はエジンバラから1時間は離れた場所なので、十分に田舎者になってしまう。

スコットランド人は主にケルト人を祖先に持つ。このために単語もやや違うことがあり、こだわる人、あるいはあまり教育を受けていなかったりすると、地元の単語が出ることが多い。音としてはドイツ語にも近いかも。有名なのはネス湖は Loch Ness(ロッホ(loch)ネス(Ness))。ローモンド湖はLoch Romond。かなりの確立で聞くのは標準語でいうknow のken。
Do you know her name? => Do you ken her name?
珍しいのはAuld Reekie(オールドリーキー)。これはエジンバラのスコットランド語。

日本人に馴染みのある「蛍の光」は元々はスコットランド民謡。この詩を見ると、あちこちスコットランド英語が出てきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC% …

日本でもCDが出ているバンドは、クランベリーズ、パンクならポーグス。スコッティッシュ、出てます。
    • good
    • 0

ばりばり訛ってますよ。


発音やアクセントがちがいます。
なんか全体にクチュクチュしてるってかんじかな。。
うまく説明できなくてすみません。。

エジンバラの大学やホテルの従業員の人たちは
意識して標準英語をしゃべってくれますが、
スコットランドの一般の人たち同士の会話はとっても
聞き取りにくいです。

どんな特色かといわれると説明しにくいのですが、
YOUTUBEにビートルズがスコットランド訛りバージョンで
“Two of us ”という曲を歌っているのがUPされているので
、通常バージョンと聴き比べられるととてもよくわかりますよ!!

それとスコットランド出身の往年のアイドルグループ
Bay City Rollersというバンドも一度聴いてみてください。
英語なんですが、やっぱりクチュクチュしてますよ!
    • good
    • 1

日本では意外に知られていないと思いますが、英国という国自体、大変訛りの種類が豊かな国だそうです。


ロンドンのような各地方から人が集まる大都市に多様な訛りが存在するのは勿論ですが、ロンドンから程近い郊外でも、ほんの十数km圏内に特有の訛りを持つ地域が複数あっていたりして、それが英国の言語の際立った特色の1つにもなってるようです。
実際、別の地域出身者に同じ言葉を発音して貰い比較する場を目にしたことがありますが、日本人からしてもそれぞれはかなり違ったものになっていました。

このことからも、「スコットランドの片田舎」とひとくくりにするのも的外れということになるのでしょうが、少なくともスーザンが住んでいた地域にもそれ特有の「訛り」があるのは確かでしょうね。具体的にどうなののかはわかりませんが、参考までに・・・。
    • good
    • 1

イギリスとは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(英:United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称イギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドから構成されている王国であり、英連邦王国の一国であるため、方言があって当然なり。


津軽弁と、薩摩弁が、シックリいかんのとオンナジよ。
後は、御自分でお調べください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英仏旅行してきました。両国民の性格の違いにビックリしてます

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と聞くと「why not?」とニッコリしてくれました。朝食は泊まった翌日からと思ってたので、嬉しかったです。雨でびしょぬれで空腹でしたし。部屋で濡れた服を着替えて、朝食を頂き、それからロンドン観光出来ました。
あと、ロンドン在住の日本人の方とかに「道お困りですか?」とか教えてもらったり、外国(多分どこかヨーロッパ)の観光の人に道を聞かれて、余ってたマップを上げて道も教えて上げたらとても喜ばれたり。ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。

<フランス編>
エッフェル塔や凱旋門、モンマルトル・・・書ききれないくらい、すばらしい観光地があるのに、チケット売り場の人はどこでもチケット投げるし、目も合わさない。プレゼント用の簡単なプラスティック製の箱に入ったマカロン詰め合わせを買ったのですが、紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま(環境の為に包装を節約してるという風でもなさげでした)。エッフェル塔で記念写真を撮ろうとしてると、カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人。北駅からドゴール空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・・。駅でたらいまわしにされてチケットがなかなか買えませんでした。チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。あと、いろいろと、フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。(一応、どこでも「ボンジュール、メルシー、オルヴォワー」は行ってましたが)

でも、フランス旅行が楽しくなかったという意味ではありません。旅行イコール勉強だと思ってます。ロンドン、フランスとも最高に楽しかったのにはかわりありません!

ただ、「どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?」て、逆に面白く感じたからです。同じように感じた方や、両方の国民性に詳しい方のお話が聞きたいです。

先日、ロンドン&パリを駆け足で1週間旅行してきた者です。スケジュール的にはかなりタイトな旅行だったのですが、信じられないくらい順調にスケジュールをこなし、私たち的にはマストな場所は全部回れました。

ここで、感想&質問です。

<ロンドン編>
最初にロンドンに早朝に着いたのですが、ホテルチェックインの前でしたので、荷物だけ預けて観光だろうなぁと思ってたら、フロントの人が「部屋が空いてるのでインしていいよ。あと、おなかすいてる?」と言ってくれました。「今、食べていいの?!」と...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など、いろいろな要因がその違いを作り出しているように感じます。


ご質問2:
<ロンドン編>~ブリティッシュミージアム近くで英国人に道を聞いても、とても紳士的でやさしかったです。イギリス人が観光客に対して、また、観光客同士の交流も楽しかったです。>

1.観光客には優しいです。

2.旅行、短期滞在、長期滞在、仕事での駐在などによっても、イギリス人に対する印象はいろいろ変わってくると思います。

3.大学院留学経験では、成績を争う学生同士、ライバル意識から情報を提供しない、抜けがけする、間違った情報を与えるなど、策略的な小賢しい頭の働かせ方をするイギリス人が結構いました。利益を争う職場の同僚同士も同様です。

4.長期留学の前、学生時代に英国へ短期留学もしたことがありますが、ホームステイ先の家庭は、英国では低所得家庭がお小遣い稼ぎにする仕事なので、暖かい歓待、といった印象ではありませんでした。

6.また、イギリス人は薀蓄たれで視野が狭いなと感じることもありました。つまり、自分の関心のあること以外、上も下も右も左も見ない、狭視覚的なものの見方をすると感じていました。
例:
某有名大学の英人学生の弁「日本?興味ないから行くこともないな」

7.そういった点では、フランス人は、イギリス人に比べると単純で素直だと感じます。


ご質問3:
<フランス編~紙袋はおろか、ビニール袋にも入れてくれない、裸のまま~>

1.フランスパンも、そのまま手渡しが、小さな巻き紙を添える程度です。フランスパンが剥き出しの、パリらしい紙袋の風情も実を言えば不潔なだけなのです。日本のフランスパン用の長い紙袋が懐かしいです。食事だけに限らず、フランス人の衛生観念は、日本人の半分ぐらいだと思います。むしろ日本人が過剰といって笑います。

2.食べ物に限らず、余程の老舗でなければ、プレゼントの包装なんてものもクリスマスシーズンしかありません。それも包装の訓練も受けていないから、包み方が下手です。自分で包装した方がまだましです。

3.スーパーではレジは入れてくれません。自分で入れます。環境対策から、ビニール袋のないスーパーも増えています。よく行くカルフールには、予め大き目の袋を2~3枚用意しておきます。

4.フランス人は無駄な包装に、日本人が抱くような美意識を感じていないようです。ですから、クリスマスプレゼントなどを開ける際でも、日本人のように丁寧に包みを開けるのではなく、ビリビリ破きまくります。


ご質問4:
<カメラの前に出てきて邪魔をするフランス人>

1.日本人にちょっかい出すのが好きな、不良少年達は多いです。住めばいやな目にあうことも沢山あります。

2.仏人の夫が初めて東京に来た時、ミニスカートをはく少女達など、渋谷のファッションに驚いていました。と同時にそんな自由なファッションが楽しめる東京を絶賛していました。パリでは、そんな格好の女の人はすぐに不良少年達にからかわれ、不快な思いをするからです。


ご質問5:
<空港に行く時、RERのチケット売り場を聞いても、黙って指で指す(上の階)とか・・>

1.こちらは客は神様ではありません。客のために「働いてやっている」と思っていますから。

1.労働者は客より「上」なのです。例えば、売り子に落ち度があって、客が売り子などに文句を言おうものなら、責任者がとんできて、売り子をかばいます。決して店の責任にはしませんし、もちろん謝罪もしません。「言い訳」が際限なく続きます。


ご質問6:
<チケット売り場にやっと着いても、長蛇の列。なんか、ひとりひとりのフランス人がチケットブースでいちいちごねてて、チケット買う順番の回転が悪くなってたようです。>

こんな風景は日常茶飯事です。フランスに住む日本人の苦労がわかってもらえるでしょうか(笑)?

要領は悪いし、手際もよくありません。これはスーパーなどのレジでもよく見かける光景です。彼らは、限られた労働時間をできるだけ労働量を消費しないよう、給料に合わせてマイペースに仕事しているのです。余計なエネルギーを労働に使うのは、彼らにとってもったいないのです。


ご質問7:
<フランス人って・・・冷たい、上から目線、だらしない、めんどくさそう・・・と思いました。>

おっしゃる通りです。最初にフランスに来られた旅行者は、一様に同じような感想を抱くようですね。私も初めてパリ旅行した時は、同じような印象を抱きました。でも、それは印象ではなくて、今でも実感する事実なのですから、どうしようもありません。汚いものには蓋、真似をしなくていいものです。

先の質問でも答えましたが、フランスで体験された不快な、信じられない出来事は、フランスでは日常茶飯事なのです。そのギャップから精神的に参る日本人も多く、「パリ症候群」といわれる心の病もあるほどなのです。

ちなみに、「なぜフランス人の働きぶりはこうなのか」という点について、理由の一部は以下の通りです。
1.安い月給。20年前からあまりupしていません。
2.それなのに物価は上がる一方。ユーロの以上高値も、フランス人の生活を直撃。
3.なんといっても高い税金。所得の半分以上は税金に消えます。高所得者は税金対策に必死です。
4.どの職種も給与などの労働条件の改善を求めてストするので、労働サイクルが悪く、経済効率もよくありません。こちらでは、警察、医者、看護婦、教師、生徒、公共交通、などがストで営業ストップもしばしば。

などなど悪いことを挙げればきりがありません。


長々と、英国・仏国のマイナス面を強調しましたが、勿論いい面もありますので、うまく適応してそれなりに楽しいフランス生活を送っております。結論としては、イギリスもフランスも、また日本や他の国も、旅行だけではその国の一部しか覗き見ることができず、全てを語ることはできないということです。

でも、最初の印象は大事ですから、その意味ではフランスはイギリスより損していますね(笑)。フランスは、観光客にサービス・笑顔を振舞わなくても、世界一の観光大国の座は揺るぎありませんから、努力もしなくていいのでしょう。歴史=過去にあぐらをかくフランス人、その姿勢が現在のフランス社会の不安の種となっているのです。

長々と失礼しました。以上ご参考までに。

はじめまして。

現在はフランスに長く在住していますが、英国にも数年住んでいましたので、ご参考までに回答させていただきます。

ご質問1:
<どうしてこんなに、イギリス人とフランス人は違うの?>:

1.人種、歴史が違います。イギリス人はゲルマン系で、フランス人はラテン系です。イギリス人はフランスが好きですが、フランス人は(一般に)イギリスとイギリス人が嫌いな人が多いようです。

2.両国に暮らしてみると、その違いは歴然とわかります。それは、人種だけでなく、社会、気候など...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報