敬語表現でお聞きしたいことがあります。

近ごろ、正しく敬語を使えない人が多いといいますよね。
(※わたしもその一人かもしれませんが。)

その代表的な例として、「くださる」と使うところを「いただく」にしている場合が挙げられると思います。

下記の(A)(B)は、どちらが正しいのでしょうか?
わたしは、(A)が正しいと思うのですが。どうなのでしょう。

(A):「会員登録をしてくださいまして誠にありがとうございます」
(または、「会員登録くださいまして誠にありがとうございます」

(B):「会員登録をしていただきまして誠にありがとうございます」
(または、「会員登録いただきまして誠にありがとうございます」

ネットなどで会員登録すると、(B)が目立つような気がするのですが、(A)が正しいのではないのでしょうか?自信がなくなってきました。

自分も正しく敬語を使いたいので、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「くださる」と「いただく」の使い間違いは非常に多いですね。


NHKのアナウンサーもJRのアナウンスも間違えて使っています。
ネット上の敬語サイトも、話し方の講師も、間違いだらけです。嘆かわしい。

ちょっと整理しましょう。

■「くださる」→「くれる」の尊敬語→主語は「あなた」
 「あなたがくれる」= 誰がもらうかは別にして、あなたがくれたという事実。

■「いただく」→「もらう」の謙譲語→主語は「私」
 「私がもらう」= 誰がくれたかは別にして、私がもらったという事実。

では、本題。
お客様が会員登録をしたことに対して感謝の意を述べます。
何に対して感謝するのでしょうか?
『あなたが登録した』という事実に対する感謝ですね。
「あなたが登録したことに対して私は感謝します」と言いたいですね。
つまり
「(あなたが)会員登録をしてくれたので、感謝の意を表します」すなわち
「会員登録をしてくださいまして、ありがとうございます」が正解です。

もしも「会員登録をしていただきましてありがとうございます」と言ったなら
どういう意味になるでしょうか?
「(私が)会員登録をしてもらったので、感謝の意を表します」
すなわち
「(相手は誰でも関係ないけど)私が登録してもらって
 (私のor店の営業成績が伸びたから)感謝している」ということになり、
「あなたの行為に感謝する」という意味が失われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。何に対して感謝するのかですよね。うっかりしていました。敬語自体に意識がいってしまい、何のために使っているのかを忘れていました。目から鱗です。

相手に対する感謝なら「くださる」
相手は関係なしで自社の利益になったことに感謝しているなら「いただく」でいいわけですね。

なるほど、よく分かりました。
相手に対して感謝しないというのはおかしいので、自分が使うときは、「くださる」を使いたいと思います。

明解且つ詳細なご回答ありがとうございました。心より感謝致します。

お礼日時:2010/03/09 19:13

どちらも正しいのではないでしょうか。


(A)の方は主語を「あなた」として「あなたは会員登録をしてくださいました」、(B)の方は主語を「私」として「私はあなたに会員登録をしていただきました」ととらえることが出来ると思いますので、どちらもいいような気がします。

検索したらこういうページがありましたので、ご覧になってみて下さい。
http://keigo-master.seesaa.net/article/10730699. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

主語がどちらかということですね。
明解なご回答ありがとうございます。
もう一度良く考えてみます^^

お礼日時:2010/03/09 19:04

結論を言えばどちらでもかまいません。



(あなたが) してくれた。

(私があなたに) してもらった。
も同じことを言っています。

前者は主語が「あなた」なので、尊敬語にすると、
(あなたが) してくださった。
になります。

後者は主語が「私」なので、謙譲語にすると、
(私があなたに) していただいた。
になります。

どちらも正しい敬語であり、同じことを言っています。

なお敬語のバイブルである「敬語の指針 平成19年2月2日 文化審議会答申」

http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin. …

の P40 には以下のように書かれています。

5 「いただく」と「くださる」の使い方の問題
【17】いつも,「御利用いただきましてありがとうございます。」と言ったり,書いたりしているのだが,「御利用くださいまして」の方が良いのだろうか。どちらが適切なのだろうか。

【解説1】「御利用いただく」は謙譲語I,「御利用くださる」は尊敬語である。つまり,「(自分側が相手側や第三者に)御利用いただく」,「(相手側や第三者が)御利用くださる」という基本的な違いがある。しかし,立てるべき対象は,どちらも同じであり,また,恩恵を受けるという認識を表す点も同様であるため,どちらの言い方も適切に敬語が用いられているものである。

【解説2】謙譲語Iの「御利用いただく」の使い方には,問題があると感じている人たちもいる。その理由としては,「利用する」のは相手側や第三者なのだから,尊敬語である「御利用くださる」を使うべきだということなどが挙げられているようである。しかし,「御利用いただく」は,「私はあなたが利用したことを(私の利益になることだと感じ)有り難く思う」という意味を持った敬語である。「利用する」のは相手側や第三者,「御利用いただく」のは自分側,という点がやや理解されにくい敬語であるが,自分側の立場から相手側や第三者の行為を表現した敬語であり,敬語の慣用的な用法として特に問題があるわけではない。ただ,このような「いただく」の用法に対しては,その受け止め方に個人差があり,不適切な用法だと感じている人たちもいる。
また,「御利用いただきまして…」と「御利用くださいまして…」のどちらが適切か,どちらが丁寧か,という判断や感じ方についても個人差が大きいようであるが,基本的には,どちらもほぼ同じように使える敬語だと言ってよい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらでもいいのですか。相手に対して「いただきまして」という謙譲語を使うのは謝りかと思っていたのですが。敬語のバイブルなるものからの引用もあり、迷ってしまうというのが正直な気持ちです。もう一度自分の中で考えてみたいと思います。
詳細なご回答感謝いたします。ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/09 18:59

「くださいまして」は、「尊敬語」。


「いただきまして」は、「謙譲語」。

この私も、時折「混乱」致します。
f(^^;
よく判らなくなった場合は、「あなた」と「わたし」の主語を付けてみると判るそうです。

会員登録するのが「あなた(お客様)」なら、
■「(会員登録)して、くださいまして」
の尊敬語。

会員登録するのが「わたし」なら、
■「(会員登録)させて、いただく」
の謙譲語。

従って、(B)は「誤り」ですネ。
お客様に対して、「いただきまして」の謙譲語を使用するのは間違いです。
でも、最近、耳にするコト、有るかも知れません・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、お客様に対して謙譲語は誤りですよね。
自分が使うときは気をつけようと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/09 18:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「お伝えします」と「申し伝えます」

敬語についての質問です。
以下のような状況において

● 電話で「Aさんからの伝言をBさんがCさんに伝える」

例)
A:では、Cさんに明日3時に伺うとお伝えください。
B:わかりました。そのように(Cに)〔    ★     〕。

★の部分は「お伝えします」ではなく「申し伝えます」が正しいと感じるのですが、その理由を説明できず困っています。どちらも謙譲語だと思うのですが。

どなたか明確に説明ができる方がいらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「お~になる」の尊敬語と混同されやすいですが、「お~する」は謙譲語です。ここでポイントになるのは、この表現は「話す相手」ではなく「~する相手」に対して敬意を表している、という点かと思います。
つまり、BがAに対して「Cにお伝えします」といった場合、敬意はB→Cの方向になります。Aに対しては「ます。」という丁寧語でしか敬意が表されていません。

しかしこの場面では、AにとってCはBの身内であるため、CがBに敬意を表することはマナー違反になります。CがBの上司でも同じです。
ですからここで「お伝えします」とBが言うのは間違いです。


対して「申し伝えます」とは、伝える人間(B)と伝えられる人間(C)の双方をAより下においた表現です。身内同士で使えるのはこちらです。ですから、この場合は「申し伝えます」が適切であると考えられます。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「遠慮なくお問い合わせください」の言い回し、表現

会社である報告を取引先にFAXするのですが、
最後に「ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。」
という意味のことを付け加えたいのですが、
何だか上記だと違和感があって(特に「遠慮なく」のところが)、よい言い回しが思いつかないのですが
うまい表現あったら教えてください。

Aベストアンサー

 「ご遠慮なく」でいいのではないでしょうか。

Q「とおっしゃっていました」と「とおっしゃいました」

日本語を勉強中の中国人です。ぱる出版出版の『ビジネス敬語が一夜づけで身につく本ーこれだけ敬語50フレーズの基本と応用』(浦野啓子著)を読んでおります。「とおっしゃっていました」と「とおっしゃいました」の違いがよくわからないのですが、どのように使い分けるのか教えていただけないでしょうか。

49ページから引用いたします。

「お客さまにお目にかかったら、⚪︎⚪︎とおっしゃっていました。お元気なご様子でした」
「お客さまが⚪︎⚪︎とおっしゃいました。早急にお返事を申し上げたほうが、よろしいかと存じます」

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

    基本的には

1。  「お客さまにお目にかかったら、⚪︎⚪︎とおっしゃっていました。お元気なご様子でした」

2。  「お客さまが⚪︎⚪︎とおっしゃいました。早急にお返事を申し上げたほうが、よろしいかと存じます」
 
    上記1と2の違いは「ていた」と「た」の違い(下記)が、それぞれ敬語になっているだけです。https://www.jpf.go.jp/j/japanese/survey/tsushin/grammar/

    ですから両者の違いは1が既存の状態または過去の進行、2が完了を述べている違いです。この場合大きな違いはないので入れ替えても全体の意味は大して変わりません。

Q『両方』の意味に『どちらか一方』という意味が・・

 『両方』という言葉を入れて文章を作った場合『どちらか一方』という意味が派生する場合がある事を発見したのですが、これ多分世界中の人が『どちらか一方』という意味は派生しないと思い込んでいると思うのですがちょっと国語が不得意な私からすると辞書を見ても今一つ掴めません。

・「『両方』という言葉を入れて文章を作った場合『どちらか一方』という意味が派生する場合がある」

事を証明出来る方是非書き込んで下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではありませんが…

> 『両方』という言葉を入れて文章を作った場合『どちらか一方』という意味が派生する場合がある事を発見した

ということは、質問者様はそういう文を見つけたか自分で考えついたかしたのですよね。
その文が意味の通る日本語の文になっているのなら、ご質問の内容は証明できます。
あることがらの存在を証明するには存在例を一例上げれば十分ですから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報