【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

「何をされてらっしゃるんですか?」という敬語は正しいですか?

A 回答 (7件)

二重敬語は避けるというのが美し言葉の鉄則です。

その基準で判断するとこれは明かな二重敬語です。何をされているのですか? か、何をしていらっしゃるのですか? のどちらかにするべきです。
    • good
    • 18

「れる(られる)」は受身、尊敬、自発または可能の四つの使い方があります。


このうち、尊敬の意味で「される」を使っているのであれば、二重敬語という稚拙な表現になりますが、他の意味で使っていたとしたら、そうとも言えません。

例えば、上司を誘拐した犯人から電話がかかってきました。
うしろでは上司の悲鳴が聞こえています。
そこで犯人に上司の声を聞かせて欲しいと頼んだところ、犯人が上司と電話を替わりました。
そこでアナタはこう聞きました。

「部長!犯人から何をされてらっしゃるんですか?」

もちろん、現実世界ではこんな状況に遭遇することはあり得ませんし、本当にそのような状況に遭遇したら「部長!ご無事ですか?!」などの言い方となるでしょう。
    • good
    • 5

「されてらっしゃる」は二重敬語です。


良い文章書きは、二重敬語を使わないものです。
二重敬語は「拙劣な文」であることは確かですが、「文法的に誤り」かどうかは、たいへん難しい問題です。仮に「大部分の人が使わないような表現を誤りとする」と定義してみても「みんなで渡れば誤りでない」と言えるかどうかは、たいへん疑問です。上記の「拙劣な文」という決めつけも、私の主観かもしれません。
    • good
    • 2

「する」の尊敬語は「なさる」「される」です。


動詞として辞書にも載っています。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/89892/m0u/% …

また、平成19年の文部科学省の文化審議会答申『敬語の指針』
http://kodomo.bunka.go.jp/bunkashingikai/soukai/ …
に、二つ以上の敬語を接続助詞「て」でつなげるのは二重敬語にならない
とあります。
「伺っていただく」「ご案内していただく」のように二つの敬語の敬意の対象が
バラバラになっているような場合は明らかに誤用ですが
「なさっていらっしゃる」であれば多少冗長ですが許容されます。

「らっしゃる」は「いらっしゃる」が省略されたものですから、厳密に言えば間違いですが
「見ている」→「見てる」のようなものなので、日常会話であれば許容範囲でしょう。
    • good
    • 2

専門家です。

あなたの例は「二重敬語」という誤用です。
文法的に詳しく説明します。

まず、敬語にする場合は、基本的に動詞の部分を変えます。

敬語化する前の元の言葉は「何をしているのですか。」です。
このうち、動詞の部分は「している」です。
これは「して+いる」と2つの部分に分けられます。
「して」は動詞「する」の連用形に「し」+接続助詞「て」
「いる」も動詞です。
このように動詞を2つつなげて使っているものを敬語にする場合は、
“後ろの動詞を敬語化する”のが原則です。
すなわち、後ろの「いる」を敬語「おられる」「いらっしゃる」等に変え、
「して・おられる」「して・いらっしゃる」が正しい敬語です。

※最近、前の動詞を敬語化して「されて・いる」「なさって・いる」等の言葉を
 用いられる方が多いのですが、誤用とは言わないまでも好ましくはありません。

よって、正しい敬語では「何をしていらっしゃるのですか。」となります。

2つ以上の動詞をつなげて使用している際に、
1つのみならず2つ以上の動詞を重複して敬語化してしまっているものを
「二重敬語」といいます。明らかに誤用です。
あなたが書いておられる「されて・いらっしゃる」がそうです。
また、回答#1、#2の方々が書いておられる
「何をなさっていらっしゃるのですか。」も
「なさって・いらっしゃる」と敬語が重複していますので
二重敬語(明らかに誤用)です。
    • good
    • 3

「される」は、「話される」というように助動詞なので、


一語で「される」は成り立たない。

「する」という動詞の尊敬語は「なさる」で、「いる」の尊敬語は
「いらっしゃる」。
これをつなげて「何をなさっていらっしゃるのですか。」
だと思います。
    • good
    • 2

何をなさっていらっしゃるのですか?



かなぁ…。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング