ちょっと変わったマニアな作品が集結

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

かなりややこしい問題です。

はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

luune21さん
ありがとうございます。

そうなんです。私もそこでどちらなのかはっきりせずにモヤモヤしてました。
私の考えを判って貰える方がいて嬉しいです。

その言葉自体が 

『初め』→first

『始め』→start

どちらを指すかってことですね。

この場合はやはりひらがなを使う方が無難なのかもしれませんね。
少しすっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/23 16:46

「始め」です。

    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/23 16:48

始めではないでしょうか。


初めの場合、時間的に最初で使い、始めの場合は一般的な意味に使用しているはずです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/23 16:49

「始め」です。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/23 16:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q始めとする、初めとする どちらが正しいのでしょうか?

日本をはじめとするアジア諸国は。。。
のような使い方をする際の「はじめとする」は
「始めとする」と「初めとする」のどちらの表現の方が正しいのでしょうか?
日本語に詳しい方がおられましたら教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらでもOKです。
NHKではこうした揺らぎのある表現については
ひらがなが望ましいとして、ニュースの字幕など
ではそのように取り扱っています。

Q初めとして? 始めとして?

どちらが正しいのでしょうか。
あるいはどちらでも良いのでしょうか。

辞書を見てもはっきりしませんし、
ネット検索では、
「彼を始めとし」121,000件
「彼を初めとし」 58,300件
でした。

ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「自信なし」ですが、

「初め」は時間的・瞬間的なことを指し、
「始め」は何かをはじめる起点、というニュアンスがあるように思います。

また、「初める」という動詞は(一般的には)無く、
「初め」は時間的表現にかかる修飾語・副詞として使い、特別性があると思います。

対して「始める」は一般的な動詞です。ですので「始め」も動詞的な表現に用いるのだと思います。より一般的表現という点は、検索ヒット数が多いことからもうなずけます。

よって、「彼を初めとし」は、彼がまさに最初に行った人であると彼を特別に強調して、

「彼を始めとし」は、彼が始まりであり、その後、順々と続いていくという
「流れ」そのものを表現していると思うのですがいかがでしょうか?

日本語って難しいですね~

Q先生方は間違い??

現在、卒園式の台本を作成中なのですが・・・
知人に「先生方」は間違っていると指摘され、先生全員を表す言い方がわからず、困っています。

「先生方」という言い方は、一般的にはよく言われていますが、これは間違いですか?
もし間違いであれば、他にどのような言い方がありますか?

ご教示ください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

広辞苑で調べました。

がた【方】≪接尾≫
(1)敬意を含んで複数を示す。「先生方」
(2)その仲間・所属であることを示す。「幕府方」
(3)おおよそのところの意を示す。「夜明け方」「三割方高い」

ということで、「先生方」は広辞苑に使用例として挙げられています。
敬意のある正しい言葉遣いです。

あなたはご友人と広辞苑のどちらを信用なさいますか?

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q"初め"と"始め"の使い分け

goo 国語辞典 [ はじめ ]の完全一致での検索
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%CF%A4%B8%A4%E1&kind=jn&kwassist=0&mode=1

(1)はじめること。 ⇔終わり
「仕事―」
■始め

(2)はじめたばかりの段階・時。副詞的にも用いる。
「―にお断り申し上げます」「―気がつかなかった」
■初め

(3)起源。起こり。また、先例。
「国の―」「これを―とする」


(4)多くのもののうち、第一番目のもの、また、先の方のもの。
「―が男の子で次が女だ」「―の五首が良い」
■初め

(5)それが代表的な例であることを表す。
「社長を―として社員一同」



この(1)~(5)の例に適切な"はじめ"という漢字はどちらなのでしょうか…?
或いは他の漢字、または平仮名が適切なのでしょうか。
(1)(2)(4)の漢字は私が適切であると思った方を書いたのですが、これについても誤りや意見がありましたらご教示お願いいたします。

「どちらでも不適切でない」や「漢字の意味からこちらは不適切」というような意見を頂きたいと思っております。

goo 国語辞典 [ はじめ ]の完全一致での検索
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%CF%A4%B8%A4%E1&kind=jn&kwassist=0&mode=1

(1)はじめること。 ⇔終わり
「仕事―」
■始め

(2)はじめたばかりの段階・時。副詞的にも用いる。
「―にお断り申し上げます」「―気がつかなかった」
■初め

(3)起源。起こり。また、先例。
「国の―」「これを―とする」


(4)多くのもののうち、第一番目のもの、また、先の方のもの。
「―が男の子で次が女だ」「―の五首が良い」
■初め

(5)それが代表的...続きを読む

Aベストアンサー

 基本的に、初め=first、始め(る)=start

 と考えると判断しやすいと思います。

 
仕事始め=仕事の始まり=start

初め気がつかなかった=最初=first

国の始め=国が始まる=start

初めが男の子=一番目=first

社長を始めとして=社長がstartの存在


 だと思います。コンピューターの辞書にも説明が出ますよ(Windows XP)。

初め=時間的に関して
始め=物事に関して

 とあります。

Q~をはじめ、~をはじめとしての違い

文法の問題です。”~をはじめ、~をはじめとして”はどちらが違いますか?中国語に翻訳すれば、ほぼ同じですが、お分かりになる方は、どうぞお教えてお願いします。

Aベストアンサー

~をはじめ=列挙する場合の出発点・開始点を表す
~をはじめとして=意図的にそこを出発点・開始点と定めた上で列挙することを表す

意図的か否かの差です。

Q「取組」と「取り組み」の違い

文章の校正をしているのですが、「取組」と「取り組み」と「取組み」の使い分けがわかりません。名詞と動詞で区別するというようなことを聞いたこともあるのですが、名詞と思しき箇所にも「取り組み」とあり、迷ってしまいます。
どなたか、違いのわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。
そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。

【通則 6】
本則は「取り組み」
複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。

許容は「取組み」
読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる

【通則 7】
「取組」
複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。
(1)特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。

詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
「参考資料」→「国語表記の基準」→「送りがなの付け方」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q「よいお年を」に続くのは「お迎えください」ですか。それとも「お送りください」ですか?

タイトルのとおりです。それとも二つとも間違いでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年末におくる言葉ですね。
「良いお年をお迎え下さい」が正解です。

今、ちらっと検索したら、今年の残り数日を良い年としてお過ごし下さいのような、
ちょっとへんてこな文脈で覚えてらっしゃる方がけっこういらっしゃるんですね。
その意味で使うなら、「お送り下さい」よりも、「お過ごし下さい」だけど、
「良い年末をお過ごし下さい」もちょっと変な気がします。

似たようなQ&Aを発見したので、おまけで記載させていただきました。

参考URL:http://www.hatena.ne.jp/1105010059

Q間隔は「開く」?「空く」?

今日の新聞の夕刊に「間隔は開かない方がいい」という文章がありました。
この場合、「開かない」は「ひらかない」であって「あかない」ではないですよね?

間隔を「あける」時は「空ける」で、間隔を「ひらく」時は「開く」という漢字の使い分けでいいのでしょうか。
また、そもそも「間隔を開く(ひらく)」という表現はありますか?
間隔が主語ならいいのかな……

考えれば考えるほど混乱してきました……普段使っているような使っていないような……

Aベストアンサー

「開かない」の読み方ですね。

「あく」に使う漢字は、
空(あ)く=からになる。席が空く。間が空く。手が空く。
開(あ)く=ひらく。穴が開く。戸が開く。幕が開く。店が開く。
明(あ)く=ひらいて見える。目が明く。埒(らち)が明かない。

よって、意味から考えると「空(あ)く」を使うべきでしたよね。

開(ひら)くと使う場合は、扉(を)開く。大会(を)開く。本(を)開く。店(を)開く。
となります。反対語が「閉じる」である事から、
閉じないものをひらく様な使い方には使わないと思います。
「間隔」は、詰める事はあっても閉じるとは言わないので、
「あかない」と読む事例ではないですね。

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング