AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

他県に住む父(85歳)の痴呆が段々酷くなってきました。
今は母(80歳)と二人暮しですが、母もあちこち弱って来ていて、このままの暮らしを続けるのは、いずれは難しくなると思われます。
その時、次女である私や長女である姉が住む隣の県の施設入所を考えているのですが、その場合、自治体が主体である介護保険は使えるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先ず、結論から書きます。


他県の施設を利用しても介護保険は使えます。

介護保険制度に限ったことではありませんが、
国や自治体の定める制度というものは、
利用者側(私たちひとりひとり)が詳しく調べて、学べば学ぶだけ賢い利用方法が見つかります。
残念なことに、国や自治体からは大まかなことしか発信されません。
制度の解釈についても例外についても、調べて申請をした者にしか恩恵を受けられないことが多くあります。
是非、ご両親の為にも、ollimylove様やご家族の為にも、制度を賢く利用なさってください。

余談を書きます。
自治体によって介護保険料金が違いますので、
介護保険料は自分の自治体に納めてくれて、他自治体のサービスを利用してくれるのが、自治体にとっては嬉しいのです…。

ollimylove様にとって参考になれば…と、今後の手順を書きます。
・お父様を入所させてあげたい施設は具体的に決まっていますか?
・複数の施設を見学されて、職員(相談員を指名してください)から説明を受けてください。(何か所でも、何回でもいいのですよ)
・特養やグループホームなど、施設のタイプについても、現在のケアマネさんとも相談なさってください。
・候補が決まったら入所申し込みをして、待機者リストに入れてもらってください。
・同時に複数の施設に申し込んで、空きを待つことも可能です。

・独居になってしまうお母様の今後についてもご検討なさった方がよろしいと思います。
・今は自立判定でも、独居となると介護度がつくことが予想されます。
 弱りながらも二人でいるから在宅での生活が出来ているケースが多いです。
 つまり、1+1=1(二人で一人)  1+0=1未満(独居は厳しい)ということです。

今、現在、ご両親のどちらかに介護度が付いていると仮定して書きます。
・もし、歩行に介助が必要な状態の場合…
 出来れば車イスを今のうちに介護保険制度を利用して購入しておくことを、ケアマネと相談してください。
 施設入所の場合、車イスは自前(全額自己負担)と言われることが多いです。(入所の場合の車イスは介護保険の該当外です)
 
入所が決まったと仮定して書きます。
・施設のタイプによって、月額料金が違います。
 どなたかの世帯の扶養になっている場合や、世帯主、ご本人の収入(年金額)の額によっても違う場合があります。
・住民票を施設に異動することによって、金額が低くなる場合があります。(施設のタイプにもよります)
・入所後も、なるべく足繁く面会に通って、ご家族でなければわからない変化に気付き、心配な点は施設職員にどんどんお伝えください。
・お父様に、より快適に、心穏やかに過ごして頂くためには、職員とご家族との信頼関係がとても大切です。
 
これらのことを予備知識として、
ケアマネ、施設の相談員、両市区役所の担当者と十分に相談なさってください。
私が書いたことは、100パーセントの正解ではありません。
自治体、施設、ケアマネの力量、担当者の解釈などによって、差があります。
「施設」のカテでも、つい先日、「特養での入所前面接終了後の待機」のご質問にも長々と書き込みをしましたので、参考までに読んで頂ければ…。

手続きなどでいろいろと大変なことが多くなることと思いますが、
くれぐれも、ollimylove様ご自身の体調管理にも十分に気をつけて頑張ってくださいね。
長々と失礼しました。 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
具体的なアドバイスありがとうございました。
姉兄とも相談して、家族みなにとって一番いい方法を探していきたいと思います。

お礼日時:2010/04/12 09:15

いい点に気付かれましたね。



>自治体が主体である介護保険は使えるのでしょうか?

介護保険は全国どこでも使えます
が!!!!
気にされた通り、一部に制約があります。

それをクリアする為に、お父様をご親族が住む街の施設へ…
完全に決まったら
(1)お父様の住民票をご家族の住所に移して下さい。
娘さんの家に住民票を移して、介護保険証も新住所で発行してもらいましょう。

(2)新住所の住民票、介護保険証で施設と契約します。

これは、地域密着型のサービスを受ける場合に必要なことです
スムーズに施設へ入居する為に必要だと考えて下さい。
*難しい話しになると住所地特例や保険者間の連携等がありますが、それを全て簡単にクリアする方法です。

認知症が進行して…
一番に考えるのが認知症対応型グループホームですね。

●気になることが…
言葉、方言、昔言葉
これは住み慣れた街だたら通じます
職員も一緒で、お父様の訴えが方言を含めて理解されません
ご家族が定期的に訪問して、是非とも代弁してあげて下さい。
同じ日本の中ですが、方言は様々です

ご家族の心労は大きいので、続けられる予定を立てて下さいね。
ご無理をされないように…
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
住民票を移動する>そういう技があったんですね。参考にしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/12 09:17

制度のことを説明しますと、わかりにくくなると思われますので…。



簡単に答えますと、介護保険は使えますし、子供の居住地の施設にも入所できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

端的な回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/16 13:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q介護サービスを受けるために住民票を移動しなければ駄目か?

遠方の実家に住民票のある母が、介護の必要な状態になってしまったため、私の住んでいる東京に呼び寄せて東京で介護することになりました。
介護保険料はこれまで実家のある市に支払っているのですが、東京で介護サービスを受けようと思うと、東京に住民票を移動させなくてはならないのでしょうか?

できればそのままで受けられるとよいのですが・・。

ご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

住民票を移さなくても介護サービスは受けることができますよ。

もう介護保険の認定は受けていますか?
まだ受けていないようでしたら、介護保険の認定申請手続きは住民票のあるご実家の市町村ですることになります。手続きは郵送でのやり取りができると思います。認定のための調査は、質問者様の住んでいる東京まで来てもらえます。

認定を受けているなら介護サービスの利用手続きですね。
介護サービスを利用するためには、居宅介護支援事業所のケアマネジャーにケアプランを作成してもらい、サービスの斡旋をしてもらうことになります。
そのためにはお母様の世話をしてくれる居宅介護支援事業所を探す必要がありますが、居宅介護支援事業所は東京の事業所でかまいません。(そのとき、お母様の住民票が東京にないことを事業所さんにあらかじめ伝えておいてくださいね。)

居宅介護支援事業所が決まったら、その事業所を市町村に登録しなければなりません。その登録は住民票のある市町村で行いますが、これも郵送でのやり取りができると思います。

Q特別養護老人ホームのあき待ちをどう過ごすか?

今、10年来アルツハイマーを患っている義父78歳(要介護5)を義母75歳がずっと介護しているのですが、いよいよその義母も
変形性膝関節症になりヒアルロン酸注射を2週に一度打つ状況になり、そろそろ介護も限界だということで特別擁護老人ホームを
検討し始めました。
もちろん今までにもデイサービスやショートステイは定期的に利用していました。
ゆくゆくは特養を考えていましたが、問い合わせなど具体的に調べたことはなく、初めて今回聞いたところが、近くにある2軒では
100人待ちとのことでした。日数でいうと、かなりの期間待ちになるのでしょう。こんな事ならもっと早くに申し込むべきだったのではと思っています。
あき待ちの同じような境遇の方にお聞きしたいのですが、
今からでも入所したい状況になっているのに、この待っている期間をどう過ごしていくか?費用的にも負担をかけずに何か工夫していらっしゃる方おられましたらお尋ねします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 うちは母がアルツハイマー型の認知症で要介護4で、父が自宅で介護していたものの苦しくなり
週に5日のデイサービスを受けていたのですが、
その父が急死し遠方で暮らしている娘の私は途方にくれました。

 まず、100人待ちということですが
早く申し込めば順番が回ってくるというたぐいのものではありません。
待機リストに載っていても、緊急度の高い方が出てくるとあっさり飛ばされます。
皆さんがおっしゃるようにダブって申し込む方も多いのでその数を鵜呑みにはできませんが
のんびり待っているだけではいつ回ってくるかわかりません。
現在はお義母さまが介護していらっしゃるということですから
身寄りのない方や収入が少ない方が優先されてしまうでしょう。
うちは介護の手をなくし、とりあえずデイサービスに通っていた施設にショートステイさせてもらいましたが
3日以上はベッドが空いていないということで行き先を探す羽目になりました。
こちらの施設のケアマネさんから、特養には空きはないが
老人保健施設で2ヶ所空きベッドのあるところがあるから申し込みなさいとアドバイスされました。
老健でも急な申し込みに渋い顔をされましたが、必死で頼み込み何とか入所を許可してもらいました。
うちも必死ですが、行き場をなくした老人を放棄するわけにはいきませんからケアマネさんも必死です。
正直、rocuchanさんのところはまだ先の話だと必死さが足りないんじゃないでしょうか。
要介護4でも、この状態の人間を自宅で一人で介護するなんて信じられないと驚かれたくらいです。
要介護度5だったらお義母さまはもっと大変なんではありませんか?

 ヘルパーをやっている方の話ですと
ケアマネさんというのはこういうふうにしたいと頼まないと何もやってくれないんだそうです。
家族の希望を聞いて初めて、それを実現するために方策を考えるというやり方をとるのだとか。
こちらの事情をおもんぱかって先回りして考えてくれることはないから
希望があれば遠慮しないでどんどんお願いすることが必要だと聞きました。
お義母さまの負担が重過ぎるので施設への入所を急ぎたいとお願いしてみてはいかがでしょう。
もちろん特養はベッドが空いていませんから待機が必要ですが
要介護5で、介護をする人間が高齢で健康を害しているとなれば、かなり上位に繰り上げてもらえるはずです。

 それで本題の待機期間をどうするか?ですが
やはり老健で空きを見つけて入所させてもらい、順番を待つというのが一般的ではないでしょうか。
地域によって違ってきますが、基本的に老健は3ヶ月が一区切りです。
東京や愛知県は厳しくて、3ヶ月ごとに別の施設に移ることの繰り返しを余儀なくされますが
地方だとそこまで厳しくありません。
グループホームは基本的に自立できる人を対象にしているので
要介護5で入所できるのでしょうか、疑問です。
介護者はユニットに一人が原則なのに、ほかの入所者にかまう時間がなくなりますから。
有料老人ホームだと最低でも月20万円は必要ですし、
お金に糸目はつけないといっても、要介護5だと入所は難しいのではないでしょうか。
とにかくケアマネさんの情報網を活用するのが一番です。
結局うちは9時間かけて母を東京の特養に連れてくることができましたから
居住地以外の施設に申し込みができないということはありません。
ただ、大阪の特養で相談したところ、1年の待機で入所可能だろうといわれましたが
入所に当たって面接が必要だがケアマネが行くことができないのでこちらまで連れてきてくれと言われました。
連れて行くのはいいですが、もう一度5時間ほどかけて戻すなんてできっこない話でした。
とはいえ、東京の施設では、遠方でもケアマネを派遣しますし面接しなくても大丈夫ですという対応でした。
地方によって対応が違いますが、移動可能な場所でしたら考えることはできませんか?

 療養病棟・・・東京では介護可能な娘の私がいる限り特養への入所は事実上無理といわれ
紹介されたのが老人性痴呆症疾患療養病棟でした。
わらをもすがる思いで入所を申し入れたところ、待機の1番だと言われほっとしたのもつかの間
施設を案内してもらって初めて知りました。ここは精神病院なのだと。
老健などでは入所を断られるような重症の人たちの入るところで
介護の職員の手も足りず、設備は明るかったもののそこは死を待つだけの場所でした。
ほかに道はないとは理解していても、まるで母を捨てるかのような思いがして本当につらかったです。
他人に迷惑をかけるような状態でないのなら、とりあえずの行き先として選ぶような場所ではないと思います。
ケアマネさんに事情をアピールして、ほかの道を探ってみることはできませんか?
取り急ぎのお答えで失礼な点や言葉足らずの部分、どうかお許しください。
お義母さまの負担を少しでも早く取り除いてあげられることを心からお祈りしております。

 うちは母がアルツハイマー型の認知症で要介護4で、父が自宅で介護していたものの苦しくなり
週に5日のデイサービスを受けていたのですが、
その父が急死し遠方で暮らしている娘の私は途方にくれました。

 まず、100人待ちということですが
早く申し込めば順番が回ってくるというたぐいのものではありません。
待機リストに載っていても、緊急度の高い方が出てくるとあっさり飛ばされます。
皆さんがおっしゃるようにダブって申し込む方も多いのでその数を鵜呑みにはできませんが
のんびり待って...続きを読む

Q世帯分離して生活保護を受けたい!

今回の質問は、両親の生活費の費用負担が重く、出来る事なら、両親に生活保護を受けさせて、生活を少しでも、楽になりたいのですが、出来るかどうか?です。

私には2世帯住宅で暮らす、両親が居ます。両親は、2人足しても一ヶ月の支給額が8万円くらいです。

今度、母親が75歳になり後期高齢者保険になります。医療費の1割負担は変わりません

しかし先日まで、私の扶養家族になっていたので保険料負担は無料だったのですが、市の担当者に聞くと、母親一人あたり、年間4万円以上の保険料負担になるそうです。

さらに、数年後、父親も75歳になるので、同じような金額。

そうなると、年間8万円以上の負担。。。。。。。

担当者によると、この保険料は千円以上、値上がりする傾向があるそうで、しかも、保険料の計算には、年金支給額もあるようですが、むしろ私の年収のほうが、計算に大きな影響があるようです。

さらに、現在、家のローン、2人の受験生を抱えており、生活に余裕がありません。

友人に話すと、世帯分離して、生活保護を受けさせたら?と、アドバイス。

生活保護は、税金の世話になる事で、非常に恥ずかしい事だと思っています。出来る事なら、生活保護は受けたくありません。

しかし、生活がこれ以上、苦しくなると、選択肢として、出てくるかも?と思い、質問してみました。

今回の質問は、両親の生活費の費用負担が重く、出来る事なら、両親に生活保護を受けさせて、生活を少しでも、楽になりたいのですが、出来るかどうか?です。

私には2世帯住宅で暮らす、両親が居ます。両親は、2人足しても一ヶ月の支給額が8万円くらいです。

今度、母親が75歳になり後期高齢者保険になります。医療費の1割負担は変わりません

しかし先日まで、私の扶養家族になっていたので保険料負担は無料だったのですが、市の担当者に聞くと、母親一人あたり、年間4万円以上の保険料負担になるそうで...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
世帯分離=所帯が分かれる=広報などが別々に送付
される。介護施設へ入所した時に食事代が100円程度
安くなる。くらいのメリットです。
他人にはなれませんので、住宅を持つ現在状況では
生活保護は受けられません。
役所の説明は、後期高齢者保健額が後期高齢者のみで
負担する仕組みなので、今後上昇する金額を言って居ます。
支給年金からの天引きがされて居て、ご両親が受け取る
年金額が減少する金額の説明です。
質問者さんの扶養家族にご両親がなって居ますと
同居の高齢両親お2人で年末調整で幾ら控除になって居るか
良くお調べください、たぶんソ~ト~な金額が質問者さんの
収入になって居るはずです。デメリット!?
市民税額!なども計算してください。健康で元気ならば
感謝しましょう!!!!!
それを捨てるなど勿体ないと思います。

Q介護施設を転所する場合、住民票を移動した方が良いのでしょうか?

母(79歳)は現在、地元の老人保健施設に入所しています。なにぶん遠方のため、私の住まいに近い、別の老人保健施設に今年中に転所することを検討しています。
そこで、転所が決まった場合に、私の住まいに住民票を移動した方が良いのでしょうか?
もしくは、移動することで今後、他施設への入所に不利にならないでしょうか?ゆくゆくは、特別養護老人ホームへの入所を望んでいますので。
というのは、母は一人暮らしで、介護者がいないため、現在の施設に入所できたと思うからです。住民票を移動することで、実際には住んでいなくても、形の上では、主人が世帯主で、そして私との同居になり、私が介護者になると判断されるのではないでしょうか?諸事情から同居できる状況ではないのですが...
かといって、要介護認定は、住民票のある地域が担当すると聞いてますので、転所後も移動しないでいるわけには行かない、とも思ってしまいます。

Aベストアンサー

回答の前に、住民票はどこにあってもかまわないので、ご家族と別世帯にしておくことをお勧めします。お母様が単身で市町村民税世帯非課税であれば、10月からの介護保険施設利用料の限度額認定が受けられます。このたびの利用料改定は利用者にとっても施設にとってもまったく納得のいかないとんでもない改定です。現役の世帯と別にしておかない目の玉がとび出るような自己負担増額が待っています。世帯非課税であればそれなりに納得させられそうな程度の増額でおさまります。今のうちに世帯分離と、限度額認定申請を住所地の役場に提出してください。社会福祉法人による減免の申請もとりあえずしておくことです。そこでご質問への回等ですが、事情を特養の相談員(入所相談担当)に何度も訴えることですね。すでに申し込み順の過去の原則はなくなっていますから。特養は緊急性、重要性の高い順に入所となります。とにかく困っていることをアピールしてください。もうそれしかないと言っていいでしょう。行政は申請しないと制度を適用してくれません。施設は困っている人から助けになりたいと思いながら、遍く困っている人の情報は得られません。とにかく困っている現状を行政と施設と担当のケアマネージャーにうったえることです。

回答の前に、住民票はどこにあってもかまわないので、ご家族と別世帯にしておくことをお勧めします。お母様が単身で市町村民税世帯非課税であれば、10月からの介護保険施設利用料の限度額認定が受けられます。このたびの利用料改定は利用者にとっても施設にとってもまったく納得のいかないとんでもない改定です。現役の世帯と別にしておかない目の玉がとび出るような自己負担増額が待っています。世帯非課税であればそれなりに納得させられそうな程度の増額でおさまります。今のうちに世帯分離と、限度額認定申...続きを読む

Q年金+生活保護受給者が特養に入所する場合

基礎年金満額受給者(6~7万円)で不足分を生活保護受給している場合の特別養護老人ホームに入所する場合について。

生活保護を受給中の高齢者が特別養護老人ホームに入所した場合、生活保護の「生活費」が居宅で生活してる方(第一類・第二類)から介護施設に入所している方に変更になると思います。

そこで質問ですが、

1. 住所は施設に移すのですか?
その場合、回復の見込みがないなどの判断が出た場合ですか? いきなり?

2. 資料によると(3)介護施設に入所している方の9890円以内と (4)の加算の介護施設入所者加算9890円以内とあり同額ですがミスプリントですか? それとも両方出るのですか?

3. 施設に問い合わせたところ、「多床室であれば非課税世帯で基礎年金満額受給ならおつりがくる」との事でした。
結果的に施設に入所と同時に生活保護は廃止でしょうか?


以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私のお答えできる範囲で回答させていただきます。

1.住所は施設に移すのか

生活保護行政上は、住所が施設にあろうがなかろうが、特養に入所していることを確認できれば問題ありません。
あとは、ご本人、ご家族、施設、その他関係者と話し合って決めることになると思います。
もちろん住所は今住んでいる場所に置くことが大原則ですので、その点から担当ケースワーカーの指導が入る可能性もあります。その場合は、ケースワーカーに根拠を尋ねて納得できれば指導に従ってください。

2.(3)の9,890円と(4)の加算9,890円はミスプリントか?

ミスプリントではありません。
(3)は介護施設入居者基準額といって9,890円です。
(4)は介護施設入所者加算といってこれも9,890円です。
ですので、合わせて19,780円が介護施設入所者の方の最低生活費になります。
ただし、障害者加算がついている方には、(4)の介護施設入所者加算がつかず、その代わりに障害者加算(入所基準)の額(この額は9,890円より高額です)のみ付くので、(3)の介護施設入所者基準9,890円と障害者加算の額の合計が最低生活費になります。

3.結果的に生活保護廃止でしょうか?

施設からの回答が「基礎年金満額ならおつりがくる」ということであれば保護廃止でしょう。
ただ、保護廃止かどうかを決めるのは、生活保護の担当ケースワーカーですし、決める前には収入・支出(国民健康保険(もしくは後期高齢者医療保険)の保険料や介護保険料、今後必要となる医療費や介護サービス自己負担額など)を考慮します。
ですから、保護廃止になったからといって経済的に苦しくなる、ということはありません。
また、いったん保護廃止になっても、今後の状況の変化、たとえば病気をして医療費が高額になってきた、場合などは、生活保護の再申請もできますので、そんなに心配される必要はないと思います。
また、ご心配なことがあれば、担当ケースワーカーにお尋ねになるのがよいかと思います。

私のお答えできる範囲で回答させていただきます。

1.住所は施設に移すのか

生活保護行政上は、住所が施設にあろうがなかろうが、特養に入所していることを確認できれば問題ありません。
あとは、ご本人、ご家族、施設、その他関係者と話し合って決めることになると思います。
もちろん住所は今住んでいる場所に置くことが大原則ですので、その点から担当ケースワーカーの指導が入る可能性もあります。その場合は、ケースワーカーに根拠を尋ねて納得できれば指導に従ってください。

2.(3)の9,890円と(4)の加...続きを読む

Q生活保護者の住民票の移動について

生活保護を受け脳腫瘍の後遺症の為、介護老人保健施設に入所中の叔母(62歳)がいます。
入所してから、施設のケースワーカーと相談して入所を続けるため生活保護をうけました。
現在は、神奈川県A市の高齢者専用住宅に住んでいる祖母(85歳)の住所に叔母の住民票が置いてあり、生活保護の申請も祖母の住宅の住所でしてあります。
(祖母とは世帯分離をして、単独で叔母のみ生活保護を受けられています。)
祖母も自立の生活に不安がでてきたため、ケアハウスなど他の施設への入所を考えていますが、叔母の住民票を移せるところがなく困っております。
祖母は神奈川県B市のケアハウスへ入所したいのですが、祖母の住民票と一緒に叔母の住民票を別の市へ移動すると生活保護は再申請になってしまうのでしょうか。
叔母の住民票を介護老人保健施設に移し、そのまま生活保護を継続することはできるものなのでしょうか。
万が一、祖母が亡くなってしまった場合なども叔母の住民票をどうしたら良いものかと今から心配です。
他にも何か方法があれば、ぜひ教えていただきたいと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます

叔母様の事ご心配ですね。

一番簡単な方法は入所施設(所在地は 神奈川県A市ですよね)に住民票を移して、生活保護を継続することですね。
問題は、施設が住民票を置かせてくれるかですね。施設のソシャールワーカーさんと相談が必要です。住民票を移した場合には、生活保護のワーカーさんにも報告しますから、ワーカーさんにも事前に相談する必要があると思います。

市外に転出する場合に、転出先が特別養護老人ホーム等の場合には、特例措置で生活保護の継続は可能な事もありますが、生活実態が無いケアハウスではどのように判断されるかわかりませんね。

お祖母様がご高齢な事を考えると、ケアハウスに住民票を持っていくのは得策ではないような気がします。


お世話をしている方で、長期入院(5年程度)されている方の住民票を置くところが無くて、病院長にお願いして、病院において頂いている方があります。
特例中の特例です。
施設との交渉がいるかもわかりませんね。

とにかく生活保護のワーカーさんにご相談されてはいかがでしょうか。

失礼しました。

Q高齢者は、賃貸マンションを借りることが出来ないの?

70才以上の高齢者が、単身で賃貸マンション(マンションに限らず、アパートやハイツなどのいわゆる賃貸物件のことを指しています)を借りることは、不可能ですか。
不可能だとしたら、その理由は何ですか。
高齢者だから、何か面倒なことをされたら困るからですか。
それとも、経済的な要因でしょうか。

内の母が、一人で住むことを考えているので(まだ迷っている段階ですが)。
母は、経済的には全然困っていません。
また、いまのところ病気もなく元気です。

それでも、高齢者が単身でということ自体が嫌がられるのですか。
私(長男)が、保証人になってもダメですか。

ご存知の方がおられたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どの賃貸物件でも高齢者に貸し出すというわけにはいかないようです。
理由の一つとしては今は元気かもしれないけど、数年後には何があるかわからないというのがあります。実際に高齢者による自宅での事故は多く、単身者だと発見されることなく死亡というケースもあります。
お風呂での転倒やガス火からの火事など、さまざまな事故があります。

その代わりに高齢者向けの賃貸マンションがあります。そういうところは大体が居住階が1階で、調理は電気式、室内はバリアフリーになっています。また病院とすぐに連絡が取れるシステムが備えてあるマンションもあり、内容が充実しています。
ただし一般の賃貸マンションに比べると賃貸料が割高で狭いことが多いです。老夫婦2人暮らしを想定しているので、広い間取りは少ないようです。
そういうマンションでさえも『高齢の単身者は不可』となっている場合があるので、条件をよく読まれたほうがいいです。

もし経済的に困っていなければ、マンションを借りるのではなく、買うことをおすすめします。買うならば年齢制限がなく、好きな条件で選べますから。
最近は高齢者を視野に置いた分譲マンションが売られております。親戚が買った新築マンションだと全室バリアフリーでトイレには車椅子で入れます。すぐ近所に大きな病院があり、何かあればすぐに連絡が取れるシステムになっています。
わざわざ買った理由を聞いてみると、20年経てば賃貸でも同じぐらいの金額が必要だし、いざとなればマンションを子供の名義にしてしまって自分達は施設に入ればいいからということでした。
ただし年齢が高いので、ローンが組めません。現金で一括払いをなさるか、子供の名義でローンを組むかです。

どの賃貸物件でも高齢者に貸し出すというわけにはいかないようです。
理由の一つとしては今は元気かもしれないけど、数年後には何があるかわからないというのがあります。実際に高齢者による自宅での事故は多く、単身者だと発見されることなく死亡というケースもあります。
お風呂での転倒やガス火からの火事など、さまざまな事故があります。

その代わりに高齢者向けの賃貸マンションがあります。そういうところは大体が居住階が1階で、調理は電気式、室内はバリアフリーになっています。また病院とすぐに連...続きを読む

Q厚生年金・夫死亡後の妻の受取額について

妻の両親が厚生年金を受給しています。
(本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください)
父親は69歳で厚生年金を11.5万円/月、母親は63歳で厚生(おそらく)年金を3.0万円/月受給しています。
両親は田舎に住んでいますが、現在でも生活費に事欠く状況です。
今後、仮に父親が先に他界した場合、母親の受給額はいくらになるのでしょう。
生活費の援助が必要になると思いますので、今から考えておきたいと思います。
遠隔地に住んでいるため、厚生年金の種類などは確認できていません。
本来は社会保険庁に問い合わせるべきでしょうが、もし詳しい方でおよその事が簡単に分かる方がいらっしゃれば、
ご回答願います。

Aベストアンサー

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。

b)妻:63歳、厚生年金3万円受給
これは特別支給の老齢厚生年金と呼ばれる物で、厚生年金独自の給付です。
金額からすると長期ではないが一時会社員として働いたことがあると思います。

まず将来について考えますので妻が65歳以降の場合について考えます。

A)夫、妻共に健在の場合
夫の年金額は変化はありません。
妻の年金は自分自身の「老齢基礎年金」及び「老齢厚生年金」を受給するようになります。
金額はご質問内容からはわかりません。
というのも妻の年金加入期間が満額の40年あれば基礎年金だけで月6.5万円ほどもらえますが、加入期間は現在の特別支給の厚生年金の金額からは推測できないのです。
妻はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金をもらいます。ただ金額は現在の受給額よりも少なくなるでしょう。

B)夫が死亡したとき
妻は3つの選択肢があります。
1)自分自身の老齢年金をそのまま受給する。しかし今回の例では金額的に損になると思われます。
2)自分自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金金額の3/4)
3)1,2の中間です。夫の遺族厚生年金の2/3と自分の老齢厚生年金の1/2を受ける

上記のうち一番金額の大きい物を選択します。
なお、夫が妻65歳以前に死亡した場合は中高年寡婦加算がもらえ、その後65歳からは経過的寡婦加算がもらえるのですが、妻が65歳以降に夫が亡くなった前提ですから今回は算定に含めませんでした。

どちらにしても夫・妻が健在(且つ妻は65歳以上)の場合よりも少なくはなります。
ただどの程度減額になるのかは夫と妻の加入歴次第で変わります。

これ以上のご回答を知りたい場合は、まず夫、妻の加入歴をきちんと調べるしかありません。
年金制度は複雑ですから、夫、妻の生年月日と加入歴がわからないと金額的にも相当異なる答えが出てきてしまいます。
なお本人以外が社会保険庁に問い合わせても教えてはくれません。(当人がいけない場合は代理人となりますが、詳細は社会保険庁に問い合わせて下さい)

では。

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間がある...続きを読む

Q両親介護等のための銀行預金のおろし方について

両親が、一人は病院に長期入院、もう一人は痴呆で介護施設への長期入所が必要となりました。子どもである私が通帳を預かっていますが、相当額が必要で定期預金を解約しなければなりません。今、本人確認が厳しくなってきている中、本人を金融機関につれていくこともできませんし、どうすれば、預金をおろせるでしょうか?

Aベストアンサー

銀行によって扱いが異なるかと思いますので、あくまでも参考例です。
お一方が痴呆症とのことですが、家庭裁判所に『精神衛生福祉法』に基づく「保護者」(成年後見人) の申し立てをしてください。
家裁の審判が降りれば、多くの金融機関は代理人として認めてくれます。

なお、この申請には精神科医の助言が必要ですから、親御さんが入所している施設の方とご相談ください。

Q施設入所者が病院にかかる際の医療費について

老人保健施設に入所している者は検査代が全額自己負担というのは本当でしょうか。
父(90才)が血尿が出たと施設から連絡があり、施設が指定した泌尿器科の個人病院で診察を受けました。その病院での初回の支払い額の内訳を確認したところ、検査代は保険がきかないので全額自己負担と言われました。
父は(1)老人保健法:医療受給者症(1割負担との記載あり)
  (2)国民健康保険被保険者証
  (3)介護保険被保険者証
を持っており、病院側も1割負担が可能なものは1割負担にしているが
検査は保険がきかないと決まっていると言って、厚労省が決めたものだというリストを見せられました。コピーを依頼すると父とは違う施設の書類だからと断られました。そして、この件については施設から説明を受けるように病院の受付の方から言われました。
役所の介護保険係に問い合わせたところ「検査は医療行為のひとつで保険がきくはずですよ」との回答でした。
初回検査内容は聞けなかったのですが、次回する予定の検査は「点滴排泄腎盂検査(レントゲン)」「膀胱鏡」です。これについても病院受付で「全額自己負担ですから1万円以上はかかります」と予告されています。
当方も年金生活で毎月の施設代だけでも苦しく、高齢者のため病気にかかることは仕方ないのですが、今回の件は合点がいかなく、病院側が言っていることが本当に正しいのか教えて頂きたく質問させて頂きました。よろしくお願いします。ちなみに血尿が出てからこれらの検査をするまでの期間は20日間もあり、未だに病名も処置もなされていません。急を要しないとの医師の判断なのでしょうが、この点でも不安に感じています。

老人保健施設に入所している者は検査代が全額自己負担というのは本当でしょうか。
父(90才)が血尿が出たと施設から連絡があり、施設が指定した泌尿器科の個人病院で診察を受けました。その病院での初回の支払い額の内訳を確認したところ、検査代は保険がきかないので全額自己負担と言われました。
父は(1)老人保健法:医療受給者症(1割負担との記載あり)
  (2)国民健康保険被保険者証
  (3)介護保険被保険者証
を持っており、病院側も1割負担が可能なものは1割負担にしているが
検査は保険がきか...続きを読む

Aベストアンサー

細かな規定があって非常に説明しにくいので
少し整理して、細かな例外を省いて「原則」を
説明します。

老人保健施設:常勤の医師がいる
→入所中の基本的な医療は老健で担うことになっている
(入所中の医療も介護報酬に含まれているということ)
→外部の医療機関に受診した場合、定められた医療行為(例えば緊急度の高い手術など)以外は医療保険で請求できず、施設側の負担となる

特別養護老人ホーム:医師の配置義務はあるが非常勤でよい(嘱託医として入所者の健康管理を行う)
→日常療養上の医療は施設の医師が行う
→嘱託医の専門外科目への通院や入院加療が必要な場合の医療費は医療保険から支給される

このように、同じ介護保険を利用する施設であっても、医療に関するスタンスは大きく異なります。介護保険係へのお問い合わせの際に、この点が正確に伝わらないと、回答は異なってきます。

補足でおっしゃっている
・「介護保険を使っていると」医療保険を使える物と使えない物がある
・「施設入所者」の医療費は介護保険から賄われる
→あくまで「老人保健施設に入所中は」「老人保健施設入所者」ととらえる必要があります

病院側が「検査は保険がきかないと決まっている」といったとすればこれは誤解を招く表現ですが、正確に言えば
「老健入所中の方が老健外の医療機関で受ける殆どの検査は保険請求が出来ず、原則施設側の負担である」となるでしょう。

参考
「介護老人保健施設入所者に係る往診及び通院(対診)について」(平成12年3月31日老企第59号)
http://www2.airnet.ne.jp/fno/Acrobat/rouki20000331_59gou.pdf


ここからは私見です。
受診した病院が老健の併設病院だと扱いは別ですし、本人やご家族が強く検査を望んだ場合などは微妙なところですが、今回の件に関して言えば老健側の説明不足(または理解不足)が大きな原因のように感じます。

まずは施設の相談員とよく話をなさることと、お父様の次回受診については、現在の病状の説明を受け、受診や検査の緊急性を医師に確認してから判断されるといいと思います。

細かな規定があって非常に説明しにくいので
少し整理して、細かな例外を省いて「原則」を
説明します。

老人保健施設:常勤の医師がいる
→入所中の基本的な医療は老健で担うことになっている
(入所中の医療も介護報酬に含まれているということ)
→外部の医療機関に受診した場合、定められた医療行為(例えば緊急度の高い手術など)以外は医療保険で請求できず、施設側の負担となる

特別養護老人ホーム:医師の配置義務はあるが非常勤でよい(嘱託医として入所者の健康管理を行う)
→日常療養上の医療...続きを読む


人気Q&Aランキング