ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

2017年現在、ヒューズボックスからの電源の取り出し方も多くwebサイトなどで紹介されているようです。

以下ではETCの取り付け方が写真を用いて説明しています。

Amon ETCの取り付け方
https://www.amon.co.jp/diy/index.php?mode=conten …

A 回答 (8件)

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。


私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。
    • good
    • 76
この回答へのお礼

>当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。

ディーラーなどで責任もてませんよ、といわれるのならわかります。

>十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

私にそれほどのスキルがあるかどうかはわかりませんが、普通回答するなら「○○のようなことも起こりえますから、ヒューズから取るのはやめた方がいいですよ」と書くことが親切だと思います。

私がした質問、ほかの方の質問の回答。
眼にした全てが理由は書かずに「ヒューズから取るのはやめましょう」でしたので、「何があるのか」知りたくなっただけです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/26 09:07

#3です。

返礼をありがとうございます。

ヒューズ自体信頼性は高いでしょう。ヒューズはあくまでも「安全部品」ですから、切れた場合は電気を供給しているライン以降に不具合が発生している場合が殆どです。
私の場合は過去30年間(複数車)でヒューズが切れた事は一度もありません。

さて、もし何らかのアクシデントで分岐ヒューズが切れた場合を考えると。

予備のヒューズ(本来の)があるので、切れた分岐ヒューズと取り替えるわけですが、(切れた原因等はここでは考慮しないで)ヒューズを取り替えて本来の姿に戻った状態で、車自体は従来通り走行可能になるが、分岐ヒューズから電力供給されたパーツは使えない状態のまま放置される事になります。

後から、また分岐ヒューズを購入して配線を引きなおして・・・の間、パーツが使えなくてもかまわないし、その程度の手間は苦にならないのなら、分岐ヒューズを利用する事は特別な問題を含んでいるとは思いません。
    • good
    • 58
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。
よくわかりました。

お礼日時:2010/03/28 10:53

ETCにもヒューズが付いてるわけだから、二重ヒューズ仕様を避ける、ということです。


例えば、運悪く元ヒューズが切れた時にゲートを潜ろうとすればNGになり、
元ヒューズ切れの原因解明と通電回復に時間が掛かります。
これはオーディオ配線からの分岐でも同じです。
トラブル現場で時間が掛かればドライバーも周囲も困りますからね。

キーシリンダーから分配してETCヒューズ単体で取れば、切れたときの原因は車体のメインヒューズかETC故障です。
メインヒューズならレッカーが理想ですが・・・

でも、通常の使い方で各部のヒューズはまず切れないから、質問者さんの仕様でも問題ないですよ。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/28 10:52

>ヒューズからは電源を取らないでください



本来、ヒューズというのは「過電流防止」のためのパーツであって電源を取るためのものではないから止めたほうがいいですよってことだけでしょうね。

実際、私も手間を考えてヒューズ取り出しタイプの電源を何度か使いましたがどれも半年もしないでダメになりました。

ヒューズが飛んだものもあれば取り出している線が断線したことも。

「便利グッズ」なだけであって安心して使いたいなら分岐させるのが一番ってことでしょう。

あと電源取り出しヒューズって高いから何度も切れると買うのがバカらしくなっちゃうんですよね。

最近の車はセンタコンソールも外しにくいしオーディオ外すのも一苦労だったりしますが、だいたい左右どちらかのヒューズボックスにテスタ当てればオーディオ用の電源も見つかるので私は確実に電源取るためにその配線から分岐させてます。

使っても問題ないから販売されているわけだから「使っちゃダメ」っていう理由はないでしょうね。
    • good
    • 30
この回答へのお礼

>使っても問題ないから販売されているわけだから「使っちゃダメ」っていう理由はないでしょうね。

私が思っているのもこれなんです。
ですからこの気持ちを覆すだけの理由が欲しいんです。
もちろん推奨できる接続ではないと思います、反対に「否定」するほどのものでもない気がするのです。

理由も書かずに「ヒューズからは取らないように」という回答が目に付いたのでこの質問をしました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/26 09:02

おっしゃるようにバッテリーから取ると言うのが理想だからだと思います。



質問者さんの取付で使用に問題は無いと思います、しかし今後どの様な状況になるか判りません何かのきっかけでそのヒューズを第三者が外した場合に上流下流を考えずに取り付ける場合があるかも知れません、またアクセサリーに問題がありヒューズが切れた場合の対応を考えると、原因を排除しても電源取り出しのヒューズが無い場合には機器の一方が使えない状況になりますので、一般に入手が容易で無い部品を使用するには注意が必要だと思います。

またトラブルシューティングの場合にも後付けの機器は配線の状況を明確にしていた方が良いと思います、ユーザーだけが知っていると言うのは、他人が扱う状況の場合には問題があります。

この様な考えからオーディオから電源を取ると言うのも私自身は反対です。
しかし、少し前までは機器を後付けすると言う事は少なかったですが、昨今はETCの取り付けが多いと思います、このためにリレーやヒューズを利用してバッテリーから取るという行為が必要かというと、その必要は無いと思いますし非現実的です、その場合にどこから電源を取るかと言うとオーディオとしている場合が多いのは確かです、容量がどうかという理由はわかりませんが昔からそうでした、そこから取っておけば後々に何かトラブルがあっても取り出しはオーディオだろうと想像が付きます、ディーラーではどこから取るかを決めているところもあるそうです。

確かに質問者さんの様に電気の流れを考え部品を適切に使用すれば、ヒューズからの取り出しで使用に問題は無いと思います、ただしこの取出しを推奨と言う形にすると色々な人間がいますので色々な不具合が発生する可能性があると思います、ましてこの様なサイトだと相手のスキルもわかりませんのでその様な電源の取り方を良く無いとするのは当然だと感じます。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/26 08:58

使用電流値を考慮して安全な部分から確実に取れば、ヒューズからでもかまわないと私は考えています。

(実際にヒューズからETC電源を引いています)

ですから、そのようなパーツを販売しているのでしょう。

ただ、走行中に分岐ヒューズが切れて、それに気が付かないでETCゲートを通過しようとする場合の事を考えると、「ヒューズから取らない方が良い」と言う事になります。(認証しました・・・等のメッセージを聞き漏らす可能性もあり)
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>ただ、走行中に分岐ヒューズが切れて

ヒューズ電源というのは信頼性が薄いということなのでしょうか?
理由も書かれていなくて、ただ「ヒューズからは取らないようにしてください」という回答が目立つので、ヒューズから電源を取ることに何か問題があるのか?と思って質問しました。

お礼日時:2010/03/26 08:55

こんにちは。


>オーディオの電源はかなりの余裕をもって設計されていると言うことでしょうか?

確かこのはずです。
つまりオーディオ回路の電源は通常の出力時の消費電流にに比べて数倍の余裕を見て設計されます。
これはオーディオ回路自体が能率が悪い為と、ピーク出力のために大幅な余裕をとって電源を設計しないと、音割れがひどくなるからです。

なので、車のシステムに影響を及ぼすような部分より、音が多少割れたりしても車の機能に影響を生じない部分から取るのはごく普通の考えだと思います。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

確かにオーディオは純正オプションとは限りませんし。
ディーラーオプションですらいろいろな種類があります。
そういう意味で電力に余裕を持たせておくというのは納得できました。

常時電源、ACC電源、イルミ電源と取りやすいというのもあるかもしれませんね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/26 08:46

3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由は15AのACCヒューズは15Aの負荷が既に接続されているため、3Aのヒューズを入れると18AのACCヒューズが無いと15AのACCヒューズが飛んでしまう可能性があるからです。

リスク覚悟でしたらお使い下さいということです。

この回答への補足

オーディオから分岐させるのとなんら理由付けとして変わりない気がします。
説明として弱いですね。
ヒューズの上流側から電源を取っているということは、ヒューズから先は15A以上は流れないということですよね。
問題としてはヒューズまでの配線が18Aに耐えられるかどうかです。
その程度の余裕もない設計になっているとは考えづらいですね。
しかも、ACCの15AもETCの3Aも余裕を持っていると思われます。
ETCが常に3A近い電流を消費しているとは考えづらいですね。

ですから「自己責任」なのでしょうが。
それならオーディオから分岐も同じ理屈だと思ってしまいます。

それとも、国産車はオーディオの電源はかなりの余裕をもって設計されていると言うことでしょうか?
電装追加を想定していると言うことなのでしょうか?

補足日時:2010/03/25 14:09
    • good
    • 16
この回答へのお礼

あくまでもリスク覚悟ならどんな電装追加も同じと思えます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/25 14:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電源ライン2線で、ACとDC電源を供給

まず、質問カテゴリーが違った場合は、ご指摘下さい。

興味本位ですが、電源ライン2線で、ACとDC電源を供給は可能でしょうか??
DC電源にアナログ・デジタル通信信号を乗せて通信している機器はあります。
また、AC電源にデジタル信号を乗せて通信している機器もあります。

でも今回考えたのは、AC電源とDC電源を電源ライン2線で供給できない物かと思いました。
電圧はAC・DCとも100vで組みたいのですが、電圧が高いのでいきなり混合回路を作っても、私には安全とは思えません。

私が考えた回路は、DC100vにAC100v(200Vp-p ??)の波形を加える物を考えたのですが、DC100vに影響が出て安定しないと思います。
でも、AC100vの方は電源トランスを入れれば、DC100v成分は除去されます。

私の考えでは、無理ではないかと言う結論に思えますが、もし出来るならご教授願います。
電源ラインを3線・4線にして、分離すれば良い事だとも思っています。
ですが、家庭用電源コンセントで実用化できないかと考えた次第です。

検索で「AC DC 混合電源」を調べた所、入力電源がAC電源かDC電源のどちらから、出力電源がAC電源かDC電源のどちらからしか出力できない物(プログラマブルAC/DC電源)の商品しか見つかりませんでした。

唯一見つかったのが、入力DC100v・AC100v混合電源をAC100v電源だけを抽出して、出力電圧をDC100v・AC100vに分けて出力する物でした。(機器価格約100万円、企業向け)

個人で電気・電子工作できて、出来るだけ安価で済ませられる回路が無いかと思っていますが、ネット検索では見つけられませんでした。

なぜこんな事を考えたかと言うと、ACスイッチングアダプターの動作テストと、無接触電流計の動作を調べたいと思ったからです。
DC100v・AC100v混合電源を使ったら、節電にならないかとも思ったのです。

電気・電子回路に自信のある方、大歓迎です。
簡単な回答から、難しい回答まで幅広く募集いたします。
思った事を、どんどん回答をお願い致します。 m(_ _)m

     

まず、質問カテゴリーが違った場合は、ご指摘下さい。

興味本位ですが、電源ライン2線で、ACとDC電源を供給は可能でしょうか??
DC電源にアナログ・デジタル通信信号を乗せて通信している機器はあります。
また、AC電源にデジタル信号を乗せて通信している機器もあります。

でも今回考えたのは、AC電源とDC電源を電源ライン2線で供給できない物かと思いました。
電圧はAC・DCとも100vで組みたいのですが、電圧が高いのでいきなり混合回路を作っても、私には安全とは思えません。

私が考えた...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして♪

理屈の上では、可能ですよ。

通常のAC(交流)は、0Vを基準にして、マイナス側、プラス側に変動する物です。
つまり、基準に成る部分をプラス側なり、マイナス側に設定する事で、合成が出来ます。

今回のケースですと、100Vの直流を基準とし、そこに100Vの交流波を乗せます。
実際の波形は、交流100Vというのは平均値なので、ピーク値はルート2倍の141Vほど。
このため、合成波はマイナス41Vからプラス241Vの範囲となります。

交流分を得るには、直流分を遮断すれば良い。
(コンデンサーで、直流カット)
直流分を得るには、交流分を遮断すれば良い。
(コイルで、交流カット)

現実的な部分で、コンデンサーで直流カットは比較的簡単、コイルに依る交流カットは電源周波数がよほど高く無ければ、ほぼ非現実的。

また、このような電源状態では、通常のトランスが利用出来ません。
トランスはコイルをコアに巻いて、相互の巻き線比で電圧変更を行う物ですが、直流分がコアの磁化に悪影響を与え、磁気飽和を起しやすく成るため。
磁気飽和に耐えるため、100倍くらい大型のトランスを用いれば、使えなくは無いかもしれませんが、巨大なトランスだと内部損失も多く成るので、ムダが多く成るだけです。

また、合成波が241Vに達するので、一般的な電源用プラグやコード類、ほとんどが耐圧125V等なので、一般家庭用の汎用品は使えなく成ります、最低でも250V耐圧仕様が求められます。

結果として、設備機器のコストが膨大に成る、いろんな面で電力のロスが多く成る。

家庭用のコンセント電源等で、直流が使われないのは、電線の長さが長く成ると、電圧降下が多く成って、正しい電圧を得にくい、という事情からです。
実際に、エジソンが押し進めた直流の送電網は敗北し、交流配電網が一般化しています。

交流でも電圧降下はアリます、しかし変圧器(トランスフォーマー)を使えば、随時戻す事が可能、直流伝送では電圧変換がなかなか難しい(変電所設備が必用)ため、電圧変動率から、送電可能範囲が狭く成ってしまうんです。

現状の電源設備では、発電所から変電所まで、高圧で伝送され、変電所から中間電圧にして電信柱と通って来ます。数キロごとに電圧降下分を補う変圧器を用いて、送電しています。
各家庭には、中間電圧から変圧器を用いて低電圧とし、その部分から一定範囲の各家庭に送電されています。

このように、トランスを活用する事で、低コストで広範囲に良質な電源供給が可能、というのが交流の最大メリットです。

直流分を重複させると、これらのメリットは得られませんし、直流のみの状態よりも、さらに設備が複雑化して、その上ロスも多く成ってしまう。

このため、御質問者様が発想した方法も、実用性が無く、ネット検索してもなかなか関連する情報が出て来なかったのだと思います。

電源という部分では無く、小電力の範囲なら、わりとこの手法が応用されています。
古くは電話網、一定の直流電圧で電話機の最低動作を確保し、音声信号とパルス波を組み合わせて実用化されました。(パルス波はダイヤル番号の感知や、呼び鈴(ベル)駆動)
この配線網に高周波信号を用いたのがADSL。
この他に、コンデンサーマイクもあります。
マイクが動作する為の電源(DC)と音声信号(AC)を重複させています。
(現在では接続間違い等で事故を防ぐため、あえて3線式接続が主流です。プロ現場用では電源を必用としない範囲でも、より安定動作を目的とし、3線方式が普通に使われています。民生用では、プラグインパワー方式のマイク(PC用マイクは、ほぼコレです。))

伝送距離があまり長く無く、取り扱う電力が大きく無い、という分野では、活用範囲が有る方法です。
音響とか、通信という範囲には、上記の様な身近な物も有るのです。

はじめまして♪

理屈の上では、可能ですよ。

通常のAC(交流)は、0Vを基準にして、マイナス側、プラス側に変動する物です。
つまり、基準に成る部分をプラス側なり、マイナス側に設定する事で、合成が出来ます。

今回のケースですと、100Vの直流を基準とし、そこに100Vの交流波を乗せます。
実際の波形は、交流100Vというのは平均値なので、ピーク値はルート2倍の141Vほど。
このため、合成波はマイナス41Vからプラス241Vの範囲となります。

交流分を得るには、直流分を遮断すれば良い。
(...続きを読む

QヒューズボックスからACC電源を取りたい。

こんにちは。ヒューズボックスよりACC電源を取りたいと思っております。
ホンダのフィットに乗っていて、ヒューズボックスの中を触るのは初めてなのですが、これは可能でしょうか?市販のヒューズボックスから取るタイプで、ACC電源は取れますか? また、イルミ電源もヒューズボックスから取れますでしょうか?どうかよろしくお願い致します。使用電流は1アンペア程度です。(LEDライト)

Aベストアンサー

ヒューズボックスからACC電源を取るのは簡単ですよ。そのものズバリの ACC となっていたりラジオ・シガーライター などとの表示がある場所から取ればOKです。1A程度であれば容量も気にしなくても大丈夫でしょう。

イルミの電源はヒューズボックスよりもライトを点けると点灯するパーツの配線に割り込ませるのがいいでしょう。テスターがあれば簡単なのですが。

参考URL:http://www.amon.co.jp/autopage3/cgi-ssi/whatnew_view.cgi?cmd=preview&seq=000014

Q直流電源(DC)と交流電源(AC)について

みなさんの知恵をお貸しください。
電気製品の仕様で見かけるAC電源(AC100V/AC200V)、DC電源(DC-48V)って見かけます。このAC電源は普通のコンセントから電気を供給すると思いますが、DC電源の方は、なぜ「-48V」なのでしょうか?-48Vが標準なんでしょうか?また、ほかにDC電源の値はありますでしょうか?
色々調べてみましたがわかりません。

教示願います。

Aベストアンサー

pcのusb端子にはDC5vが走ります。
車のバッテリーはdc12vです。トラックは2個繋いで24vとして使用しています。

通常の電化製品は、ac100vを変換してdcとして使用しています。
dcは直接触れると低電圧でも事故を起こします。
電気を運ぶにはacの方が効率が良く安全なのです。

Qヒューズ電源15Aから取り出す電流のことで

本日、ヒューズ電源15Aから取り出すシガーソケットみたいなツールを買いました。2連常時電流用とアクセサリ電流用、最大5A、と書いていました。700円でした。
買わなかったタイプは、3連の最大10Aと書いていました。1000円です。
教えてもらいたいのは、5Aと10Aのは、10Aのほうが消費電流の大きな機器が使用できる、という理解でよいでしょうか。
それと、今回購入したものには、インバーター(家庭用電源に変換)をつけて、その下に、ポータブルCDプレイヤー(イヤホンで聞くタイプ)と家庭用電源からとる小型スピーカー(靴ぐらいの大きさ)の2つをつけています。
で、これって大丈夫?でしょうか。無理してないでしょうか。

Aベストアンサー

5Aと10Aのは、10Aのほうが消費電流の大きな機器が使用できる、という理解でよいでしょうか。
その通り2倍使用可能です。

インバーター(家庭用電源に変換)をつけて、その下に、ポータブルCDプレイヤー(イヤホンで聞くタイプ)と家庭用電源からとる小型スピーカー(靴ぐらいの大きさ)の2つをつけています。

計算上は12V*5A=60W ですが、インバーターの効率などを考え40W程度は大丈夫
DVDとスピーカーも大した消費電力ではありませんので大丈夫
但し、エンジンを掛けない状態では1時間程度にしておきましょう、バッテリーが消耗し、エンジンが掛からないと困りますね、
エンジンを掛けた状態では問題ないと思います、
然し、ヘッドライト、エアコン冷房(暖房は問題ない)を付け、更にインバーターを動かすのはきついです。

QAC/DCアダプター電源供給について

こんばんは。
ずっと使っていたラジカセ(BOSE AW-1)の電源が入らなくなりました。
いろいろ試したところ、車のシガーケーブルからDC電源は入る事が分かりました。
そこで、家庭用コンセントで、AC/DCアダプターを使用して、DC電源供給をしようと考えていますが、どのアダプターを購入していいのか分かりません。

本体には「15V」、メガネタイプの電源ケーブルのコンセント側には「12A 125V」、本体差し込み側に「3A 250V」とあります。
シガーケーブルには「FUSE 5A 125V」、説明書には「AC電源は100Vを・・DC電源は+12Vを」と書いてあり、素人の私にはさっぱり分かりません。

自分自身で調べ「スイッチングAC/DC電源 12V 5A」というのが近いのかな?と思いましたが、確証が得られず困っております。
どなたか詳しい方、ぜひ教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

内外Webを調べてみましたが質問で記述されている消費電力80W程度しかわかりませんでした。
最大80Wですので12V5Aまたは15V5A程度のDC電源で十分です。
またACでの作動復旧対処としてプラグコードの確認(両端末付近を圧縮し内部断線状態の接触を試みる等)内部ヒューズ(温度ヒューズも含め)等チェックしてみて下さい。

Q原付バイクの常時電源とACC電源の取り方について

取り付けたいパーツがあるのですが、
購入前の簡単な説明文を読むと、常時電源とACC電源及びアースの3箇所の配線でOKとあります。
原付バイクの場合、ACC電源ってあるのでしょうか?
具体的に常時電源とACC電源はどのあたりの線をさすのでしょうか?
電気系が苦手でわかりません。どなたかご教授願います。

Aベストアンサー

電装系をいじった経験が無いと、配線図を見ても良く分からないかもしれませんよ。

それよりも、検電テスターを使うと比較的簡単に通電箇所を探し出せますよ。リンク先は用品メーカーが販売している製品で、車やバイクの用品店に行くと販売していますが、コードとクリップ、12V用の電球があれば自作も出来ます。要は、クリップをフレーム(アース)に繋ぎ、もう一方を各配線の繋ぎ目やカプラーの端子に接触させていけば、通電していれば電球が光って分かるという原始的なものです。サーキットテスターの様に電圧を測る事も出来なければ、抵抗値も測れませんが、電装品を付ける際に通電を調べるだけなら簡単で使い易いと思います。
※もっと簡単に言うと、12Vの電球とそれに使うソケットが有れば、直接コードをアースと各ハーネスに繋いでも同じ事なので代用できます。
エーモンhttp://www.amon.co.jp/seihi/seihi_data.php?id=2049

車の場合は、12Vが流れる部分もあれば、5Vが流れる制御系も有りますが、バイクのハンドル周りはほとんど12Vだけですから、通電の有無だけを確認できれば十分です。肝心の電源となるハーネスは、常時電源は大体赤いコードがそうです。特に、他よりちょっと太く赤いコードがあれば間違いなく常時電源だと思います。
ACC電源、これは実際にキースイッチのON/OFFによって通電状態を調べないと分かりません。
アースは、マイナスはボディアースとなっていますので、フレームやそれに取り付けられている金属製のステー等に使っているボルトを利用すれば大丈夫です。

電装系をいじった経験が無いと、配線図を見ても良く分からないかもしれませんよ。

それよりも、検電テスターを使うと比較的簡単に通電箇所を探し出せますよ。リンク先は用品メーカーが販売している製品で、車やバイクの用品店に行くと販売していますが、コードとクリップ、12V用の電球があれば自作も出来ます。要は、クリップをフレーム(アース)に繋ぎ、もう一方を各配線の繋ぎ目やカプラーの端子に接触させていけば、通電していれば電球が光って分かるという原始的なものです。サーキットテスターの様に...続きを読む

QDCアダプタとACアダプタの違い

この間ギターのエフェクターを買ったのですが、
充電の差込口にDCアダプター9Vと書いてあって
あいにく5VのACアダプタしかもっていません
ACアダプタとDCアダプタの違いって何ですか?
9V対応のACアダプタを買っても使えますか??

Aベストアンサー

用語が正確に使い分けれているかにもよります

家庭用AC電源(100V)を使用した直流電源のことを
ACアダプタと言う人もDCアダプタと言う人もいます

そのアダプタには、入力と出力の規格が記載されているはずです
入力(input)AC80~120V 出力(output)DC6V1A のように

そのエフェクタの説明書を読んで DC9Vで何Aかを確認してください

出力が DC9Vで 電流がエフェクタの必要とする電流以上のアダプタが必要です

注意しなければいけないのは
単なる電源で 使用電流が増えるほど出力電圧が低下するものがあります、この手の物は、電流が少ないと記載されている電圧より上がってしまいます(出力電流が多すぎるものは、避けた方が無難です)
もう一点は 接続プラグの形状(外径・内径・ピンの径)と電圧の極性(中心が+/-)です

さらにややこしいのは 出力がACのアダプタも有ることです

これを読んで良く判らない場合は、そのエフェクタ専用のアダプタを購入してください(高価と思いますが)

QACC電源はわかった。あとはイグニッション電源の取り方

 こんにちは。
フィットに乗っています。
フィットに限らず、国産車でどんな車でも良いのですが、イグニッション電源(エンジンをかける寸前のキーの位置)のとりかたはどうすればよいですか?
 できればヒューズボックス(キーシリンダーからの電源取り出しはイモビライザー付きなのでできればやりたくないです・・・(∋_∈))

 一般的にはどこから取るのが良いのでしょう・・・

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

何を取り付けたいのでしょうか?
マイナスコントロールの事も質問しているので、リモコンE/Gスターター、盗難防止装置の取り付けかな?

イグニッション電源がある、ヒューズボックスから取れば良いです。

Q白熱電球は、ACまたはDC電源どちらでも使用することができるのでしょう

白熱電球は、ACまたはDC電源どちらでも使用することができるのでしょうか?

Aベストアンサー

>非常灯(DC電源)へは、普通の白熱電球を使用し、蛍光灯電球やLED電球(ACアダプタ内蔵)は使用できないということでよろしいのでしょうか?

その認識で間違いないと思います.
私のオフィスで使用している非常灯は蛍光灯タイプなのですが,
DC電源でも動作する点灯回路(インバータ)が入っていました.

しかし白熱電球が前提の非常灯では,
そのような回路は入っていないと考えるのが自然です.
市販の電球型蛍光灯やLED電球は直流電源で使用できないでしょう.

Q常時電源とACC電源とイルミ電源は同じ電流が流れますか?

私が持っているカーオーディオには常時電源とアクセサリー電源とイルミ電源の三種類がついています。

質問です。この三種類には同じ大きさの電流が流れますか?それともイルミとアクセサリーはデッキがアクセサリーとか夜とかを判断する信号だけが流れますか?

このデッキの消費電流は10アンペアです。
バッテリーからのプラス電流(常時電流)は最大10アンペア流れるのは間違い無いと思うのですが。
アクセサリーとイルミにこれだけのアンペア流れるのかなぁ。と疑問に思いました。

Aベストアンサー

追記しますm(__)m

私の質問の解釈が変だったので
NO.1は忘れて下さい

消費電流10Aの機械は殆どがACCで使用されます
何故なら車の構造上常時電源は
時計などのメモリーに使うだけなんです

ですからオーディオの常時電源も
時計などのメモリー用の電源になります

通常の作動電源はACCから供給されます
イルミネーション電源は
イルミネーションのオンオフで夜間用の照度に変わったり
夜間用の照明が追加点灯されます

試しに常時電源とイルミネーションを
接続しないままスイッチ入れてみて下さい
普通に鳴りますから


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング