辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

アンサープラス

それぞれの意味について載せておきますね。

参考にしてみてください。
【該当】http://dictionary.goo.ne.jp/srch/all/%E8%A9%B2%E …
【当該】http://dictionary.goo.ne.jp/srch/all/%E5%BD%93%E …

A 回答 (5件)

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、



○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 162
この回答へのお礼

該当と当該、よく似ているのに用法ははっきり違っているんですね。
間違った例が大変わかりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/19 15:46

慣用的視点のみから回答します。

あしからず。

「該当」には名詞的用法がない。ほとんどの場合、「~は~に該当する」のように使われる。

「当該」には動詞的用法がない。ほとんどの場合、「当該・・は~である」のように使われ、「・・」に該当するのは名詞である。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

「当該」には動詞的用法がない・・・先のご回答にもありましたが目から鱗でした。
わかりやすく文法上の違いを説明をしていただきさらに理解が深まりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/19 15:38

こんにちは。



会社で使い分けを教わりました。

「当該」は、すでに述べられている「モノ」、「コト」を示すときに使います。
例)昨日、列車にはねられました。当該列車は特急列車でした。

「該当」は、kyonnさんがお調べのとおり、ある条件にあてはまる状態を示すときに使います。
例)受験票を忘れた方は受験できません。該当者は退室してください。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

会社で使い分けを教わるということは、私に限らず他の人にとってもそれだけ間違いやすい言葉なのでしょうか。少し安心しました。
「当該」は、すでに述べられている「モノ」、「コト」で、「該当」はある条件にあてはまる状態・・・ふむふむ。「当該」は、“あてはまる”というより、すでに述べられたそのモノを指すのですね。
挙げていただいた例を何度も反芻してみると、その違いがじんわりと見えてきました。
わかりやすい例をありがとうございました。

お礼日時:2003/06/19 15:31

「該当」よくあてはまること。

適合すること。
「当該」そのことに関係があること。

動詞的な使い方と,形容詞的な使い分けと思います。
「該当する」とは言いますが,「当該する」とは絶対に言いません。
ただし,「該当の」と「当該の」は両方とも使いますね。
「該当の」の場合は,多くのものを指す場合,これに対して「当該の」は一つのものを指す場合でしょうか?

自信はまったくありません。(だったら回答するなよ)
    • good
    • 12
この回答へのお礼

「当該する」とは言わないのですか!?いや~知らないってオソロシイですね。
「該当」はそれにあてはまる多くのもの、「当該」はそのものということでしょうか。
少しずつ違いが見えてきました。
「当該する」とは言わないという衝撃の事実(?)を教えてくださって本当に助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/19 15:12

私のつかいわけの例です。


自信はありません。

(ある事件について会議をしていて)
「当該事件の関係者の証言を総合すると、身長170cm以上で、移動手段として車がつかえなければならない。この条件に該当する容疑者は、……」
    • good
    • 10
この回答へのお礼

Joshua0440さんの例を拝見すると、なんとなくニュアンスの違いはわかりますね。
でもいざ自分が使おうとするとき、どちらが適切なのか、またどう人に違いを説明するかわからなくなってしまいます。
お早い回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/19 15:01

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qwhen i will see you again

when i see you again
when i will see you again

二つの意味の違いを説明願います

https://www.youtube.com/watch?v=T6fVDAjs9f0

Aベストアンサー

歌を聴きましたが、歌詞は
When will I see you again?
です。この場合、whenは疑問詞です。

従って、この場合、動画のキャプションが間違っていますね。

when I see you againはもちろん、副詞節として、条件を意味するときに使います。つまり、文の一部ということになります。しかし、このビデオでは、疑問詞を使って1つの文として成立しており、文の一部ではありません。
when I will see you againというのは普通使いません。強いて言えば、自分がどうしてもあなたにもう一度会うつもりならーーという意味になるかなと思いますが、この文を使う状況が浮かびません。

以上、ご参考になればと思います。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q教職員採用における「キリスト教教育に理解がある者」「賛同する者」の持つ意味について

とある学校法人の教職員の募集に応募を検討しております。そちらはキリスト教系のミッションスクールに位置づけられるものですが、応募条件の一つに
「キリスト教教育に理解のある者」「キリスト教教育に賛同する者」
という記述があります。

率直な状況を申しますと、私は特定の信仰を持っておらず、キリスト教に反発を覚えることもないのですが、現時点での知識はほとんどありません。もしそちらに勤務をすることができるならば、それを機会に理解を深めていこうという姿勢は持っているつもりです。

このような姿勢を持つものとして、以下のような疑問を持っております。よろしければご教示いただければ幸いです。

1. キリスト教を否定しないという意味で当該の応募条件はクリアできる、と理解してもいいのでしょうか。
2. 採用試験において、キリスト教(およびその学校法人が属する伝道団体や教派、教会)への信仰が厚い方から優先される可能性があるものでしょうか。
3. 幸いにして採用されたのち、キリスト教への理解の証として洗礼を受けるなど具体的な信仰を要求されるものなのでしょうか。


また、そもそも当該の応募条件について、その意味するところ・含んでいるものなどを解説していただくか、解説されているサイトなどをご紹介いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

とある学校法人の教職員の募集に応募を検討しております。そちらはキリスト教系のミッションスクールに位置づけられるものですが、応募条件の一つに
「キリスト教教育に理解のある者」「キリスト教教育に賛同する者」
という記述があります。

率直な状況を申しますと、私は特定の信仰を持っておらず、キリスト教に反発を覚えることもないのですが、現時点での知識はほとんどありません。もしそちらに勤務をすることができるならば、それを機会に理解を深めていこうという姿勢は持っているつもりです。

こ...続きを読む

Aベストアンサー

信仰の自由が保障されているので
>「キリスト教教育に理解のある者」「キリスト教教育に賛同する者」
という緩い記述しか出せないのです

学校法人が属する伝道団体や教派、教会への信仰が厚い方が優先されるに決まっていますがそのパイがないのであれば、変に他信教にかかわっていないほうがましともいえます

>具体的な信仰を要求
>特定の信仰を持っておらず
職員であればどうにかなるでしょうが教員ならばそれなりに覚悟が必要です

毎日ミサをやっているでしょうし、日曜には教会にも行かされるでしょう(授業の一環として生徒の出席を管理するため)
そういう環境での、心地のいい救いの御言葉の前では誰でも進んで宗教にはまってしまうのです
いまはやりの癒しの何倍もの効果があるので誰もあがなえなくなるのです、
またそういうことを実践する学校なので、長く勤める気ならばよほどしっかりしてなければ避けられないと思います

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qカッコ悪い使い方

カッコ悪い使い方ってあると思います。
モノの使い方、言葉の使い方、ファッション、
店の利用の仕方、あるいは、このサイトやネットの使い方etc
皆さんの考える「この使い方はカッコ悪い」を教えて下さい。

Aベストアンサー

ものの使い方ではないんですが、ひとつ挙げるとすれば、その人が外見的にカッコ良い人でもそうでなくても、いかにもカッコつけた態度をとっている人、つまり自意識過剰が見え見えの人はカッコ悪いと思います。

逆に言えば、自分に自信が持てるってことは、すごく幸せなことかも。
ま、それがその人の性格だったら、どうしようもないですけど・・・(-_-;)

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q業務規定に該当するのか教えてください

「当移設他に対する誹謗中傷的行為は罰則も郁は解雇に該当する」という旨の記載があります。
しかし、現在、職場でのパワハラ、モラハラに該当るのではという扱いを受けており、地域の人権擁護委員会などに相談をし、mailにて「職場のパワハラの意識が薄いようですね」というコメントをいただき、人事・総務の担当者に手出しました。
この私の外部機関に助けを求める行為および外部機関からの意見を提出することは施設にとっての「施設の評判を下げる行為」に該当いますか?
是非、ご教授をp願い申し上げ上げます

Aベストアンサー

この私の外部機関に助けを求める行為および外部機関からの
意見を提出することは施設にとっての「施設の評判を下げる行為」
に該当いますか?
   ↑
こういう規則は法令などに違反する場合は
効力を持ちませんし、法令に違反しないように解釈
されるのが通常です。

従って、パワハラ、モラハラが客観的に存在するのであれば
該当しません。

ただ、こういうことで会社とトラブルと、色々な
嫌がらせを受け、結局会社を辞める羽目になるのが
通常です。

事実、過去の例では、ほとんどの人が二年以内に
辞めています。

その点が心配になります。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング