【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

はじめまして。

大日本帝国やその軍人の精神を学べる書籍を探しています。
精神論に重きを置いた内容の本だととても助かります。
大きな書店にしかないようなマイナーな本や絶版でもOKです。
ご回答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

もし既読であればご容赦下さい。



日本国家の神髄 (単行本)
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B …

GHQがその内容から発禁にした「国体の本義」を解説しています。
戦後のアメリカが日本を骨抜きにする為に選んだ、まさしく「骨」に該当した部分かと思われます。
戦時の日本の精神史を追う上で非常に価値のある本です。

滅多に自信ありとはしませんし、私の意見はまだまだ他の回答者様方の見識に負けるのでしょうが、是非読んで頂きたいという気持ちを込めて「自信あり」とさせて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アマゾンの評価もよい貴重な資料のようなので今度注文します。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/25 02:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書籍の参考と軍人勅諭全文ありがとうございます。
2のサイトは詳しく書いてあり大変参考になりました。

お礼日時:2010/04/25 02:25

 「教育勅語」と「軍人勅諭」ではないでしょうか。


 
 「教育勅語」は戦前の人は小学生以上なら皆そらんじていたそうなので、70代半ばより上の人はたぶん今でもスラスラと言えると思います。
 「軍人勅諭」も戦前発行されたものを手に取って見たことがありますが、薄い本だったので「教育勅語」もですが両方ともたぶんインターネットで全文がわかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そろそろ80に差しかかる祖母に聞いたところ教育勅語に関するいろいろな
エピソードを教えてもらえました。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/25 02:21

「葉隠」あたりが一番分かりやすいんでないですかね。

三島由紀夫が「葉隠入門」というのを書いています。さすが天才作家が書いただけあって非常に読みやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三島は愛読していますが『葉隠入門』は未読でした。
こんど注文してみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/04/25 02:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング