レーシックを受けようかなと検査に行き、そのままZレーシックを薦められて、予約しまいたが、よくよく調べているうちに不安になりキャンセルしました。Zレーシックとは、フラップ作成時のレーザーがフェムトLDVです。イントラレーシックとは、FS60のようです。

フェムトLDVは
利点は、非常に精密で、周りの組織に影響なくフラップを作成できる。(が総エネルギーとしては、こちらの方が多いようです)
気になる点は、フラップの厚み・角度が固定選択という点です。
FS60は、
利点は、フラップの厚み・角度が選択可能。実績が多いで、
気になる点は、フェムトLDVよりは粗い(つまり、フラップがでこぼこ?)です。
お互い自分のところの方が良いと記載されています(当り前ですか)が、何に焦点を当てるかによって意見はかわると思いますし、利益に関係なく良い点・悪い点知りたいのです。

インターネットで調べた限りなので、間違いもあるかもしれませんが、質問は、
(1)それぞれスポット径はどの程度なのでしょうか?
(2)今後Zレーシックで厚み・角度が調整できるようになるものなのでしょうか?なるとしたら、目安はどの程度の年月でしょうか?
(3)Zレーシック・イントラレーシックの総照射エネルギーやその他周辺に与える影響としてはどちらがいいのでしょうか?現段階ではどちらがいいでしょうか?(2)がかなったとしてどちらがいいのでしょうか?
(4)その他、違いで注意する点はありますか?
(a)国内コンタクトでは違和感など感じませんが、カラーコンタクトだと、違和感・異物感を常に感じ、涙がとまりませんが大丈夫でしょうか?
(b)よく(1日数回)目の周りが痒くなるのですが、大丈夫でしょうか?
(c)以上の質問などをしても、丁寧に教えていただけそうな病院・クリニックを教えて下さい。

イントラ・Zのどちらにも短所・長所があり、こちらと決め付けるのは難しいかもしれませんが、ご意見で構いませんので宜しくお願い致します。

医療用ではありませんが、CO2レーザーやファイバーレーザーを扱っています。同じ照射条件でも様々な原因により毎回同じ物ができるわけではありません(もちろん、こちらの場合は照射角度も大きく変わるのですが。。。)。そう考えると、レーシックが怖くなってきました。もちろん、多くの方は成功なさるのでしょうけど、ごく少数派になるにしても全て納得の上でにしたいです…。今の段階で、イントラレーシックを受けるか、Zレーシック・またはイントラレーシックの更なる発展(待つとして10年15年程度)を待ち受けるかで迷っています。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問の内容的に正直Q&Aサイトで回答を得るのは難しいでしょう。


逆にインターネットの知識で判断するのはよくないように感じます。
やはりクリニックに行って納得されるまでお話される方がよろしいと思います。
ただしひとつのクリニックに限定せずに複数のクリニックで話を聞いてご自身で判断されるのはいかがでしょうか。

Zレーシックについては品川近視クリニック、イントラレーシックについては錦糸眼科や神奈川クリニック眼科、アイレーシックについては神戸クリニックと大手クリニックで聞いてみてはどうでしょうか。
実際に来院しなくてもメール相談もございます。

回答にならずにすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大手にも何件か行ったのですが、広い何台もある機械にぽつんぽつんの人で、ちょっと不安に感じました。。。
質問をしても、大丈夫・大丈夫。今後はもっと技術が進歩するから、問題が万が一起こっても大丈夫でしょう。。。とまで言われました。
確かに、問題が起きるのはほんのわずかの人ですし、そこまで考える私は臆病なだけかもしれませんが、20代半ばで・・・と考えると、もう少し考えてみようかなと思います。

回答がつきにくいかなぁと思ったのですが、医師の方も助言してられる場合もあったので、質問してみました。でも、何に重点をおくかによって変わりますし、難しい問題だとは思います。

もう少し待ってみて、回答がつかないようならしめきろうと思います。
わざわざ、ご回答いただきありがとうございます。

お礼日時:2010/04/09 12:30

(1)FS60は5.0~9.5mmで0.1mm単位で可変


フェムトLDVは8.5,9.0,9.5,10.0mmの4段階
(2)不明 角度可変や厚さや照射形式などは特許がからんでいるため.
(3)FS60は60kHz 1ショットのエネルギー650~1000nJ 1パルスの発振間隔 600-800fs 照射時間 20秒程度(エネルギー設定により増減可)
フェムトLDVは1000kHz 1ショットのエネルギー100nJ 1パルスの発振間隔 250-350fs 照射時間 40秒照射→20秒にバージョンアップ可能
総エネルギー量はフェムトLDV>FS60です.
(4)FS60はすでに最新機種のiFSが登場しています.また,フェムトLDVはフラップエッジが鋭角固定なのでフラップがずれやすく、また固定力が弱い(上から抑えて角膜を平面にするだけの構造のため)ので圧迫感が少なく患者さん側の受けはいいのですが、ショートフラップやボタンホールフラップなどのフラップ形成不全という合併症が起きる可能性があります.フェムトLDVの後継機種でどこまでクリアされるかがポイントですが、イントラレースがあらかた特許をとってしまっているので現時点での究極(エネルギー量が少なく照射が早い,フラップ強度が強くフラップ形状も可変)と思われるイントラの最新機種にどこまで追いつけるか、がんばりを期待したいところです.
(a)コンタクトの装用感はコンタクトのカーブ形状や酸素透過性や材質によりますからそいうったことが原因かと思います.
(b)状況を見ていませんが、角膜に活動性の炎症がなければ、レーシック上では特に問題はないかと思います.
(c)ドクターや混雑状況によって異なると思いますから、この病院がいい!といっても説明ができない場合もあるかもしれませんので回答を控えさせていただきます.

ご質問者様の参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を締め切ったので、ポイントはつけられませんが、わざわざご丁寧にありがとうございます。
色々と自分で調べ、考えた結果、あと5-10年くらい待とうかなと思ってたのですが、
まわりから「いくじなし~」なんて声もあり、意地になってしてしまいました。。。
今のところ、遠くはよく見えるのですが、建物の中に入ったら、全部ぼやけてお風呂の中にいるみたいです。ハログレアもひどく。。。う~~~ん。いっつも意地を張るといい事ありません(笑)
こればっかりは仕方がないので、後は経過がよくなる事を祈るのみです。(まだ、一週間たっていませんので・・・)
本当にわざわざご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2010/04/23 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報