【映画】『グリーンブック』アカデミー賞作品賞!!傑作の理由 >>

余剰電力の活用or処分方法に関し教えてください。
電力の供給は基本的に需要と同時同量で均衡させていると伺っていますが、厳密に過不足なく調整することは困難と思います。供給能力以上のものは発電できませんが、供給責任をもつ各電力会社は足りなくなると大変ですので常に余裕をもってオペレーションしていると想像します。そこで、結果的に余分であった電力はどの様に活用or処分しているのでしょうか?事前に正確な余剰量が把握できれば揚水発電用に使用することは可能ですが、余剰を把握してから処理方法・量を決めてもタイムラグがあり、完璧に出来ないはずです。恐らく企業秘密であるので電力会社でも限られた人だけが知っているものと思います。既に大規模な二次電池が導入され蓄電しているのでしょうか?それとも地中に放電しているのでしょうか?WEBで検索してもどこにも関連したコメントがないので、どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

秒オーダーで需要量に応じた電力を発電しています。


 例えば、ある工場が終業時間を迎えてスイッチを切り電力の消費を止めると、発電機の負荷が軽くなり、そのままでは発電機の回転速度が上昇しようとします。発電機の回転数が上がると、発電する電力の周波数が高くなろうとします。このため、発電機の周波数をリアルタイムで監視して、周波数が上昇しそうになると水力発電所なら水車への弁を閉め加減として、水流を下げ発電量を落とします。逆に、発電周波数が下がりそうになったら、水車への弁を開き加減にして発電量を増やします。このようなことを自動調整しています。
 火力発電所も同様に蒸気のバルブを調整して、蒸気タービンへの蒸気量を調整して発電量を調整します。しかし、火力発電所の場合、蒸気バルブを閉めるとボイラーの蒸気圧が上昇するのですぐに燃焼燃料も供給を減らし火力も下げなければなりませんが、急に火力は下げにくいですし、火力を落しても余熱で蒸気の発生はすぐには下がらず、ある程度以上蒸気圧が上昇すると安全のため自動的に蒸気を無駄に大気中に放出せざるを得なくなります。逆に、急に電力需要が増え、周波数が下がりそうになって、火力発電所で蒸気バルブを開いても蒸気圧が下がってすぐには発電量を大幅には増やせません。同時に燃料供給も増やして火力を上げても蒸気圧が上がるには少し時間がかかります。
 このため、もっとも細かな秒単位の負荷変動に対応する発電量の調整を、リアルタイムに発電量の調整できる水力発電所が受け持ち、数分~数時間程度の変動は火力発電所が一般的に受け持っています。一方、原子力発電所は安全のため常に一定量の発電を行なっています。本来、設備投資の割に発電量の小さな不経済な水力発電所など廃止して、発電単価の安い方法に統一したらいいように思いますが、負荷変動に対応するために負荷調整のできる各種発電方式を持たざるを得ません。負荷調整のできない原子力発電所を増設すると、合わせて自由に負荷調整できる水力発電所(揚水発電所)等を増設しなければならないと言われています。
 太陽電池による光発電や風力発電、潮力発電、流れ込み水力発電などは、自然エネルギーでいいですが、電力会社にとっては、気象条件等によっていくら発電できるかもわからず計画しにくく、また現在のように発電した電力を無理やり買わされるのでは大変だと思います。ほんとうは、負荷が増えた時だけリアルタイムに不足する電力量のみを買いたいのに、そのような調整は非常にやりにくい発電方式だと思いますので、このような発電方式の規模が大きくなるといろいろ問題が出ると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
電源毎の調整の仕方、得手・不得手の解説有難うございます。
揚水発電は自分の出力した電力の1.5倍の電力を使用して揚水しているので不経済ですが、昼夜間の電力料金に2倍の差があるのでOPEXはPAYしている(CAPEXの莫大な費用は回収できず、これは原発のコストにonすべきですね。)
この世の中に電気がなければ、こんな心配はしなくて済んだのでしょうね。テレビもパソコンも携帯もない世界。自然回帰主義ではないのですが、夜遅くまでPCに向かって残業することなど無く、家族団らんの世界に憧れます。人間の果てしない欲求に応じて技術開発がされてきて、便利は便利ですが、それで何なの(いつまで経っても楽にならない)と思ってしまいますね。

お礼日時:2010/05/31 19:22

>電力の供給は基本的に需要と同時同量で均衡させていると伺っていますが、厳密に過不足なく調整することは困難と思います。


どれくらいのタイムオーダーで言われていますか 
秒単位では行われていますよ。
困難ですが、やらないと 周波数が狂ってしまうのです。

>常に余裕をもってオペレーションしていると想像します。
常に余裕を持っているのは電力ではなく発電力です。例えば車のアクセルを踏みこむ余地を残しているようなイメージです。 発電する電力を実際より多くするのではなくて、発電できる力に余裕を見込むのです。

>そこで、結果的に余分であった電力はどの様に活用or処分しているのでしょうか?
ですので電力としては瞬間的には余っていません。

>事前に正確な余剰量が把握できれば揚水発電用に使用することは可能ですが、
電力の供給と需要の予想からしています。その日の曜日、温度、天気、イベントなどなどいろんな要素を盛り込んで1日のカーブを作ります。 

>余剰を把握してから処理方法・量を決めてもタイムラグがあり、完璧に出来ないはずです。
余剰というのは例えば、原子力などのベースを担う発電設備を同じ出力で発電しておくために余剰が生じるのです。
発電する電力を余剰にするものではありません。
そういう意味で余剰電力は先に述べたとおり電力の需要の予想があるのでどれくらい余剰がでるのか 予測することができます。

>恐らく企業秘密であるので電力会社でも限られた人だけが知っているものと思います。
電力関係の研究は電力会社以外でも行われています。質問内容に関して言えば電力会社だけの企業秘密などありえないと思います。

>既に大規模な二次電池が導入され蓄電しているのでしょうか?
揚水発電などがありますので大きな意味で蓄電といえるかも知れません。

>それとも地中に放電しているのでしょうか?
地中に放電する電力をいくらくらいと想定されていますか?
もし、本当に地中に放電しているのならどれくらいを想定されていますか? かなり大きいのではないでしょうか? それを安全に地中に放電するほうが難しいと思います。 地中に放電といえば安全そうに聞こえますが、送電線の地絡事故と同じです。

>WEBで検索してもどこにも関連したコメントがないので、どなたか教えてください。
こういうことは 行われていないので 検索してもないのです。

少し多めに作って捨てているのではなくて、本当に常に発電と消費の量を合わせているのです。
仮に電力が余ると周波数が上昇します。 不足すると周波数が下がります。
一瞬、一瞬ですよ。それを トータルで決められた周波数になるように調整しているのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
1秒単位で需要変動に供給をマッチング(負荷追従)させているのですね。すごい技術ですね。これは電力会社毎に中央給電司令所にて、供給エリア内の全ての発電所から配電板に至る送配電網の電圧・周波数を安全性・経済性を考え統括コントロールしており、各拠点からの需給バランスに関する情報は光ケーブルにて瞬時に中央給電に届き、コンピューターによる自動制御されている訳ですね。どの電源で調整するかの優先順位は様々な状況に応じて決められているものと推測します。最終的には、末端需要家の使用する電力の電圧を一般家庭であれば101V±6Vの許容範囲に抑えれば良い。(ということは、コンピュータ制御ができなかった時代には、需給調整は非常に難しかったものと想像されますね。)
所内で使用する電力や送電・変電ロスは電事連の統計データによれば電力10社totalで約10%でありますが、これら(特に所内電力)は余剰電力を処分しているわけではなく、発電所のオペレーション上必要な電力消費であると理解して宜しいでしょうか?

お礼日時:2010/05/31 09:47

電力会社は過去の需要(給電実績)データを分析して、地域や月日・曜日・時間帯・気温などによってどの程度の需要があるのか、つまり給電量をどの程度とすべきかを計算しています。


企業を含めて人々の諸活動は周期を持った行動をしているので結構正確に予測できます。
(例:会社の始業・終業時間や電車の運転ダイヤなど時間でほぼ毎日同一の電力消費)
余剰や不足を出さないように実績値による予測制御です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
需要予想をして確か30分単位で売買しているものと思いますが、想定外の需要変動にどのように対応しているのかを知りたかったのです。

お礼日時:2010/05/31 10:08

日本は定格100Vとなっていますが、正確に100Vぴったりなわけではなく、数%の誤差が認められています。

よって需要にそこまで正確に合わせているわけではなく、1%くらいの誤差があっても問題ないわけです。
電球が1%明るくなったとか暗くなったとか、誰も気づかないだけです。

余裕をもった発電というわけではないですよ。
急な需要増に対する瞬間的な対応で一番早いのは、NAS電池システムあたりの化学電池でしょう。
これで数秒耐えることさえできれば、火力でもガスタービンあたりの発電は非常に反応が速いので、これで対応できるのではないでしょうか?


企業秘密どころか市民に積極的に知ってもらいたい話なので、東電あたりに質問を出せば、教えてくれると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
太陽光発電、風力発電などが増えると二次電池の需要は急増しますね。
中央給電のシステムや、一日の中の需要変動、季節変動(MINI/MAX対応)に対して電源構成をどうのように変動させ対応しているのか東電等に聞いてみます。
夜間でもベース電源である流入式水力や石炭火力、原子力は一定の稼働率を維持していると思いますが、ミドル対応のLNG火力では最先端のコンバインドサイクルでは出力を60%以下にすると燃焼効率が極端に落ちると聞いていますので、今後原子力14基を新増設すると夜間に余剰電力が発生する可能性大で、その有効利用方法を検討する必要が出てくるのではないかと考えています。

お礼日時:2010/05/31 10:31

別に企業秘密にする必要はないでしょう。


電力は基本的に需要と供給を一致させる必要があるのはその通りです。火力発電は比較的細かい調整ができるので、調整は主に火力発電で行います。原子力発電でもタービンに供給する蒸気の調整で負荷に追随することも可能なのですが、日本では行っていません。
また、揚水発電についても揚水時にモーターを定格で回す必要はなく、余剰電力に合わせて運転することもできます。
これらで吸収しきれない部分は、送電経路や変電設備で調整され、余剰なエネルギーは最終的には熱の形で捨てられることになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
原子力の負荷追従はその比率の高いフランスでは導入済みですね。日本も現在計画されている原発14基が稼動し、石炭、LNG火力も最新式コンバインドサイクルに設備更新し、太陽光発電を2800万kWも導入したら、原発を負荷追従に対応させないと余剰電力が発生することになると推測されます。しかし、負荷追従にするとメインテナンスが大変になるらしいですね。最近、フランスでは原発の稼働率が落ちてきていると聞いています。
「送電経路や変電設備で調整され、余剰なエネルギーは最終的には熱の形で捨てられることになる」ということは本当でしょうか?送電・変電ロスは物流上必要な消費電力と理解しているのですが、
余剰が発生するとロスを必要以上に増加させるのでしょうか?

お礼日時:2010/05/31 10:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q余剰電力についての疑問

ふと疑問に思ったのですが、
各電力会社は、電力供給が足らなくならないように、常に需要よりも余裕を持って多く発電し、送電しているのですよね?もし、そうだとしたら、その過剰な分の電力(余剰電力)は、利用されなかった場合、どうなってしまうのでしょうか。そのまま、ただ単に廃棄され、無駄になっているのでしょうか。それとも、何かうまい仕組みがあるのでしょうか?
できるかぎり詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

訂正ですm(__)m
>余剰電力というのは発電の能力が需要を上回ってしまった場合をいいます。
需要を上回るのは「発電の能力」ではなく、「発電しようとしている電力」です。
発電の能力は余裕を持っておかなければなりません。
しかし、能力があるからといって需要以上に発電してはいけません。
前述したように原子力発電や火発電は需要が下がったからといって簡単に供給電力を下げるわけにはいきません。
そこで、「そのときの」需要を上回る供給電力をうまく利用して、電力供給が不足しそうになるときに使えるようにするのが、前述した「揚水発電」「深夜電力温水器」「エコアイス」です。

さらに補足しますと、
揚水発電は電力需要が高まったときに、需要に追いつけるように発電・送電するための手段です。
深夜電気温水器やエコアイスは、電力需要が高なる時間帯の電力需要を抑えるための手段です。…「ピークカット」と言う言葉がありますが、発電・送電の設備は需要が最大になる瞬間に備えなければなりません。最大になったときの需要(ピーク)を下げるのが、ピークカットです

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q作ったのに余った電気はどうなるのですか?

小学5年生の娘からされた質問です。

娘の質問をまとめると
1.電気の供給量<電気の使用量 になったら全部停電するの?
2.1.が正であるならば、普段は、 電気の供給量>電気の使用量 となってるはず、この、 供給量-使用量 の電力はどうなってしまうのか?

ということらしいです。
わかりやすい説明の出来る方、お願いします。

Aベストアンサー

川の水にたとえるとわかりやすいかな。

一番上に湖があります。(発電所の燃料など)
川の入り口にダムがあります。
ダムから、一定量の水を流します。(発電所)
川の各地点で水を取ります。(各家庭や企業)
普段は、河口から海へ流れていってしまいます。(捨てています。2の答え)

途中でとりすぎると、河口の手前で水がなくなります。
なくなったところ以下は水がこない(停電)
でも、なくなっていないところでも、
水位が下がって、取水口より下になったところはとれない。(ここも停電)
水位が下がって、取水口の半分しか水が入ってこなくなったところは、
正常に水が供給されないので異常が発生する。
(電圧低下、周波数の異常⇒時計が遅れる等動作不安定や異常電流により火災等がおきることも。)
異常発生を防ぐために取水口を無理やりふさいでしまうこともやります。
(変電所の送電停止。⇒停電)

子供向け説明ということで実際と多少違うかもしれませんが、
おおむねこんな感じでどうでしょう。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Qマイナスの電圧ってどういう事でしょうか?

申し訳ありません。
基礎中の基礎かもしれませんが、忘れているのか、悩んでます。
まず電流や電圧にマイナスなんてものはあるのでしょうか?-500Vとか-500Aとか・・・
これはどういう事を示しているのでしょうか?

事の発端は、あるメーカの電位治療器というものを見たのです。
-500Vの直流電源によってマイナスの電界を作り、その中に人間が入る事によって治療を行なう。(つまりマイナスイオン化する?)
マイナスの電圧?それによってマイナスの電界?
どういう事なんでしょう?
それにマイナスの電界が発生するとなんで治療になるんだ?
と疑問が山積みです・・・

せめてマイナス電圧だけでもいいので教えていただけませんか?

Aベストアンサー

電圧 という意味なら押す方向が逆になってるだけ。(電池が逆)

言っているのはマイナスの電荷では?(マイナス電子の集合)

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q交流の接地側とは何でしょうか?

家庭用交流回路には、接地側(白線)と非接地側(黒線)があり、「白線は安全」、「黒線は感電の危険あり」ということになっています。私の疑問は、「交流とは、プラスとマイナスが交互に入れ代わるもの」と記憶していますので、「接地側も、非接地側も交互に入れ代わるのでは?」と思った次第です。この辺りを理解したいのですが、よろしく御願い申しあげます。

Aベストアンサー

>高電位のトランスを接地させる=ショート…

#3です。
通常は片側しか接地しませんから、接地された側が大地と同電位になるだけです。電流は電位差のあるところに流れるのであって、同電位のところには流れません。したがってショートするとは言いません。
なお、その接地したところ以外で、電線が垂れ下がったり、機械の絶縁が壊れたりするとショートします。これを地絡事故といいます。

>電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れている…

一般に電気は抵抗の少ないところに流れます。アースの抵抗は、電線の抵抗に較べればはるかに大きいものです。通常は、抵抗の少ない電線の中ばかりを流れ、アース線に電流が流れることはありません。
ただ、電線も負荷機械もすべて絶縁してありますが、人間の作るものに完璧なものはありません。どんなに丈夫な絶縁を施しても、ごくわずかな電流は漏れます。ふだんはこのわずかな漏れ電流が、電柱のアース線を通って、電源へ帰って行っているのです。

Q原爆投下地の広島・長崎では何故、人が暮らせているのですか?

チェルノブイリでは、石棺を建造したり現在も人が近寄れない状況であるのに、広島や長崎ではなぜ、戦後から現在に至るまで人間が暮らせているのですか?
広島や長崎ではガンや先天異常等、人体への影響は出ていないのでしょうか。それとも原発事故と原子爆弾では、発生する物質やその後の展開が異なっているのでしょうか。
放射性物質の半減期はすごく永いと、昔理科の時間に習ったような気がしますが、それなら広島と長崎の環境は、現在も人体に深刻な影響があるのではないでしょうか。

当方素人で、恥ずかしながら見当もつきません。どなたかご存知の方、お答えよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 広島に落とされた原爆には64kgのウラン、長崎に落とされた原爆には6.2kgのプルトニウムが搭載されていました。これに対し、チェルノブイリ原発には3.6トンのウランがあり、事故により0.2トンが空中に放出されました。ですから、チェルノブイリ原発の内部には広島原爆の実に53倍にも達するウランが残ったままになっています。このため、コンクリートで封入しておく必要があるのです。
 核爆発で生成される放射性物質には様々な種類があり、半減期の長いものとしては90Srや137Cs(両者とも30年程度)があげられます。これらは死の灰となって降り注ぎましたが、数日で雨や風などによって流されましたので今は影響ありません。核分裂をせずに残ったウラン(半減期は数億-数十億年)やプルトニウム(半減期は数十万年)も同じです。
 放射線被曝により、数年-数十年後にガンの発症率が上昇することは、原爆被爆者の調査により証明されています。これは被曝量に比例し、放射線源(原発事故、原爆、水爆、宇宙線など)には関係しません。
 胎児が被曝すると小頭症や発育不全が起きます。これも被爆者の調査で証明されています。四肢欠損などの体表奇形は証明されていません。
 放射線被曝後に妊娠した場合、とくに先天異常は起きません。これは被爆者でもそうですし、骨盤部レントゲン検査などで生殖腺に被曝した場合もそうです。
 なお、放射線測定用のガイガーカウンターは安いもので4万円弱から市販されていますので、本当に放射能がないかどうか自分で測定することもできます。

 広島に落とされた原爆には64kgのウラン、長崎に落とされた原爆には6.2kgのプルトニウムが搭載されていました。これに対し、チェルノブイリ原発には3.6トンのウランがあり、事故により0.2トンが空中に放出されました。ですから、チェルノブイリ原発の内部には広島原爆の実に53倍にも達するウランが残ったままになっています。このため、コンクリートで封入しておく必要があるのです。
 核爆発で生成される放射性物質には様々な種類があり、半減期の長いものとしては90Srや137Cs(両者とも30年程度)があげられ...続きを読む


人気Q&Aランキング