PS13シルビアのオーナーですが、かれこれ2~3年位前からなんですがエンジンを始動させる時に(エンジンが冷えてる状態)「ジャ~」といった感じの音がします。
エンジンが温まって(水温,油温が温まった状態)再始動した場合は、音はでません。スターター周りが、怪しいかんじです。何度か、県内のニッサンデーラーに診てもらったのですが、ワカラナイ、お手上げといった感じで、挙句の果てには治すにはかなりの費用がかかると言われ、全く話しになりません。特にいまのところ音以外は支障はなくそのまま乗ってます。いったいどこがわるいのでしょうか?あるカー雑誌には、フライホイールのリングギヤが欠損しているとかかいてありましたが・・ ちなみにHKSの軽量フライホイールとニスモのクラッチカバー&デイスクがはいってます。このまま乗りつづけるとやばいのでしょうか?おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

キーをスタート位置から放した時に出る異音であれば、スターターモーターで間違いないでしょう。

該当車種のスターターモーターは内部にプラネタリーギアを使用した内部減速機構(アキシャル型リダクションスターター)をもっています。この減速機構に使われているグリスが固まってしまうと異音が出ます。ディーラーで解らないというのはチョット変ですが(この手のスターターでこのような症状が出ることは割と有名です)、処置の方は割と簡単です。

スターターモーターを車両から取り外し、スターターモーターを分解し、グリスアップしてやればOKです。この時ついでに古いグリスをきれいに洗い流してやれば、いっそう良いでしょう。

スターターモーターの取り外しや分解作業について詳細が必要であれば、その由を投稿してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スターターでしたか・・ 早速やってみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/04 23:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトルコンはフライホイールにどのように取り付けられていますか?

トルコンはフライホイールにどのように取り付けられていますか?
MT車は分解したことがあるので分かりますが、AT車は分かりません。
MT車でいうクラッチカバーのような感じで、フライホイールの割と外周側にM6くらいの多数のボルトで取り付けられているのでしょうか?何か写真か図があると良いのですが、なかなか見つかりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般的にAT車にはフライホイールは付いていません、トルクコンバータがフライホイールの役割も果たしますのでフライホイールは必要ありません。

ただしフライホイールに似た形状のリングギアの付いたドライブプレートが付きます。

ドライブプレートとトルクコンバータの取り付けはクラッチカバーの様に(ただしエンジン側から)ボルトで取り付けるものもありますし、溶接で結合させてあるものもあります。

トルクコンバータで検索すると画像は出ると思います。

QJZX90のフライホイールボルト用工具

JZX90のフライホイールボルトをはずすための工具を探しています。12角なんですが三重四角という名前ということしかわかりません。どこにも売っていないので困っています。どなたかご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

今晩は
三重四角=トリプルスクエア=スプラインと呼び名は違いますがみんな同じモノです。サイズが解らないので何とも言えませんが、KTCに有りませんか?
ドイツ車ではサスや等速ジョイントなどにも使われていると思います、コマですから価格もそれ程高価ではないと思います。
当然国産であると思いますが、上記の理由からハゼットあたりでもありそうに思います。自信はありませんので、
一度工具店に問い合わせてみてください。
工具店;原工具
http://www.haratool.jp/index.html

Qコンバインのエンジン始動

車ではないのですが質問させてください。コンバインのエンジンを始動させて、数分後一度止めて再度かけようとしたのですが、まったくかかりません。スターターも回る様子がありません。バッテリーの充電は大丈夫だと思うのですが‥‥‥。はっきりしたことは現車を見ないとわからないとは思うのですが、考えられる可能性の高い問題点というとどういったことがあるでしょうか?機種名は『クボタ スカイロードR1-12』で、20年以上前のコンバインだと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スターター回らないのなら、まずその原因追究すべき。
バッテリー、スイッチ、モーター、それらの配線、負荷がかかったまま?。
いずれにしても、今回初めてのトラブルであれば、原則なにがあってもおかしくありません。
しばしば起こるものなら・・・別ですが。

Qエンジンが始動しない

二ヶ月ほど動かしていない(トヨタカローラスパシオ
平成9年式)車で
バッテリーを充電してある元気なものにとりかえ
キーをまわすと
セルモーターは元気よく回ってくれるのですが、
エンジンがかかりません。
どうしたらよいのでしょう。

Aベストアンサー

プラグをみるのなあ車載工具に入っているプラグレンチを使ってください、エンジンの上側にあるプラグキャップを外しプラグレンチで左回しです、けっこう固いと思います
セルを回した後はずしてみて濡れていたら燃料はきてますので、ボロ布でふいてつけてください
またはずした状態でプラグキャップを付け、プラグのネジ部をエンジン等にアースさせセルを回せば点火の状態を確認できますが、へたをすると手に数万ボルトを食らうことになるので気をつけてください
これを確認してだめならやはり専門業者に依頼してください

Qディーゼルエンジンの始動について

車ではなく、私の農業機械(コンバイン)に搭載の、14馬力ディーゼルエンジンのことについて教えて下さい。周囲の気温の違いにより、エンジンの掛かり方がずいぶん違います。気温20℃くらいの暖かい時は一発ですが、冬などはなかなか始動してくれず、ブースターケーブルを使わないとバツテリーが上がってしまいます。理由は、「エンジンオイル類が堅くなるから」や「バツテリーの能力が落ちているから」とかを聞いたことがありますが、それだけではないような気がします。どの部分が冷えていることによって、始動が悪くなるのでしょうか。必要によっては今後、その部分を作業灯等で余熱してから始動してみようと思います。素人の私にも分かるよう、お教え願います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンのようにスパークプラグで強制的に発火させて爆発力を動力にするのと違い、圧縮された混合気が自然爆発することで動力になっています。
そのため、燃料もガソリンではなく気化しやすい軽油(灯油の一種)を利用して、一度気化させてから利用します。
ちょうど石油ファンヒーターが、スイッチを入れてから点火まで時間がかかるのと同じです。(灯油を気化させてガスにしてから燃やします)
もちろん車は、石油ヒーター並みの20秒も30秒も待てませんから、かなりの高温で暖めて気化させて始動します。
そのため外気温が寒ければそれだけエンジンが冷えているため、エンジンがかかりにくくなります。

余熱するのであればインジェクションのあたりでしょう。ただそのあたりはゴムホースも多いので気をつけてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報