『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

急いでいます

中国式ペンの裏面にコルクは貼った方が良いのでしょうか?

貼ったときのメリットは何でしょうか?

また貼るとしたら何で貼るんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

コルクを貼る目的は、主に滑り止めです。


あるいはクッション。はたまたグリップの厚み調整。
何れの目的にせよ、グリップ加工の一環とされますので、全面に貼った場合は違反になるはずです。
必要な範囲にとどめて、その他の部分は#3さんの1.の様にしてください。
ラケットの両面は明確に判別出来る赤と黒の異色でなければなりません。
コルクを全面に貼ってはこれが達成できません。
ラケットシートのようにごく薄いものならラケットの性能に影響を与えないとされますが、コルク板ではブレード(ラケットの板)の加工とみなされます。
最近の日ペンで裏全面コルクの物ってないでしょう?

貼る方法は何でも構いません。
木工用ボンドでも、ラバー用接着剤でも、両面テープでも。
セロテープなどで縁を貼るのはやめておいた方が良いでしょう。
反射するようになるのでルール違反とされます。
ENEZ検査とかするような大会に出るのなら、ラバー用接着剤が無難でしょうね。
ENEZが分からないなら気にしなくて良いです。

コルクはどうしても貼らなくてはならないものではありません。
必要性を感じないなら貼らなくて構いません。
吉田海偉選手はラバーのスポンジを適当なサイズにして貼っています。
    • good
    • 1

 他の回答にもあるように、裏面にラバーを貼るか否かで決めるのがよいかと思います。

現行のルールでは、裏面にラバーを貼らない場合、表面が白木(何もしていない状態)のまま使用することはできませんので、

1:ラケットの表面を、表と異色(赤いラバーを貼っているなら黒、黒いラバーを貼っているなら赤)にする。
 →市販のラケットシートを貼るか、マジック等で塗りつぶす。
2:裏面全面にコルクシートを貼る。
 →両面テープ・ボンド等の接着剤で貼る。ただし、元の状態に戻すのは困難です。

 以上のどちらかの方法を選択する必要があります。
 こうすることのメリットは…裏面にラバーを貼らない分、ラケット全体としてあまり重くならないということくらいでしょうか。
 中には、打球感や重量の調整として一枚ラバーを貼る(打球するわけではない)人もいるようです。
 
    • good
    • 0

中国式ペンなら、裏面打法を覚えたほうが良いと思いますよ。

ペンのトップ選手も、ほとんどが裏面にはラバーを張って、裏面でスマッシュを打っています。
それに、中国式ペンにはコルクは張らなくても良いでしょう。コルクは、自分の手に日本式ペンのグリップが合わないときの調整用です。せっかく中国式ペンを使っているのなら、裏面にはやはりラバーを張りましょう。
    • good
    • 0

中ペンですと裏面打法を使わなければ張ったほうがいいと思います。


なぜかというと卓球のルールにそうあるはずです。
間違ってたらすみません。確認してみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

Aベストアンサー

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打球する、そんな戦型の人もいない訳ではありません。

前置きが長くなりましたが、要するに、ラバーを両面に貼っていれば、ペンかシェークかにかかわらず、どちらの面でも打球出来ます。
ラケットの持ち方にルールは無いので、ペンホルダーグリップで裏面(3本指側)で打球してもかまいません。

ペンの代表的な選手は、中国の王皓選手と馬琳選手です。
特に王皓選手。
バックハンドの打球はツッツキ以外は裏面打法です。


★一つだけ注意
日ペンの場合、裏に半円コルクがありますが、それに重ねてラバーを貼ると違反です。
コルクを剥がして貼ってください。

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打...続きを読む

Q日ペンドライブのラバーについて

趣味で卓球を10数年程前から続けているものです。日ペンで前・中陣ドライブでプレーしていますが、現状よりもさらにドライブがかかりやすく、扱いもそれほど難しくないラバーを求めています。

現在、ラケットはコクタクの単板角ペンを使用しており、ラバーは「スレイバーEL 中」です。個人的に「スレイバー EL」はとても安定しているように感じるので、このまま厚か特厚を選ぶべきなのかなとも思っていますが、回転がかかりやすいという「テナジー・05」が気になっています。「スレイバー EL」と比べると「テナジー・05」の難易度はかなり高いのでしょうか。

また、それ以外のラバーでもおススメいただける候補がある場合にはお教えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは、私も日ペンです、
スレイバー系は安定はありますがスピードが弱いと思います
ラウンデルを使ったことがおありなら飛び、スピンの数値を比べてみてください
同じメーカですので大体分かると思いますがテナジーの05は今まで使ったラバーの中で
一番回転が掛かります、「相手の回転も強く受けるのは当然です」がペンドラなら
細かいコントロールはシェークより楽ですから(私はシェークもやります、最近は裏ペンもやります)

 心配ないと思いますテナジー05はラウンデルより、かなり重いので05FXを
使って見ましたが回転もスピードも05の方が良いです、友人も中厚を使っていますが威力がありまよ、
今はバタフライ製品は割引率が少ないのが残念ですが(^_^)  

それ以外ではヤサカのラクザ7か、ラクザ7のソフトが扱いやすいです
価格も手ごろで現在使用中です中ペンと日ペンで私は特厚を使っていますが  

Q反転ペンの裏面に貼るおすすめの粒高ラバー

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦り上げられずにボールの質が表ソフトラバーの角度打ちのような感じになってしまっています。(回転は一応それなりにかかっているのですが、上がらないと言った感じです)

このままではマズいと思い、とりあえずアンチラバーに飽きてきたこともあり、裏面のアンチラバーを粒高に換えて(1枚ラバーか超極薄など)、ラケットの軽量化を図りたいと思っています。しかし、あまり粒高ラバーの経験が無いため、どのラバーが自分の希望に合っているかわかりません。そこで、皆さんからお勧めの粒高ラバーを教えて頂きたく、質問致しました。

自分の希望としては以下の通りです;

1. なるべく弾まない粒高ラバー(使用ラケットがバイオリンの為、結構弾む)

2. アンチとまではいかなくても、ツッツキ時あまり回転のかからないラバー(回転のメリハリでミスを誘いたい)

3. 粒高ということである程度の変化、及びナックルボールが出しやすいもの


自分としてはカールP-1R(特薄)かフェイントロング2(超極薄もしくはOX)で悩んでいるのですが、どう思われますか?

皆様の知恵を分けて頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。
 

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦...続きを読む

Aベストアンサー

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1.粒が細くて軟い方が弾まない。スポンジも柔い方が弾まない。アンチのなんかフニョフニョだろ?カールシリーズは硬いから、叩くと割とスピードが出る。でも所詮粒高、裏や表ほどにはどうしても、ね。

2.大抵の粒高は掛からないよ。アンチと違うのは、頑張れば掛かるってこと。それでも表ソフトの方がよっぽど掛かる。この、自分の意思で回転量が変えられるってところが、アンチが廃れても粒高は残っている理由だ。もちろん、アンチより扱いは難しくなるけどね。当たり具合で摩擦性能が変わらないアンチの方が扱い易くはある。

3.粒が曲がり易い方がナックルになり易い。たぶん。要するに回転を跳ね返さなけりゃナックルになる。氷みたいに滑る訳じゃないし。


まぁ、取り合えずカールP1Rじゃないかなぁ。
後は好みだし。
個人的にはフェイントSOFTかファントム008だけど。


P.S.
ニッタクの性能表見るとバイオリンはミッドスローなんだけど、そんなに弾むと感じてる?
ま、これも個人の打ち方とかで変わるしね。

角型が重く感じるのは長いからであって、ラバーの面積は角丸の方が広いか変わらない程度。
なので、グリップエンドに重りを付けると軽く感じられる。
試しに一円玉でも貼り付けてみればいい。

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1....続きを読む

Qペンの裏面の規定について

こんばんは。

久々に卓球をやりました。
自分はペンで黒のラバーです。
裏は木目の状態です。

けど、今は黒のラバーを貼った場合、裏面は赤のラバーとかシートを貼るか、マジックで赤に塗る必要があるという話を聞きました。
で、塗って済むなら、塗る方法がよいですけど、検索してみたら、よいのかどうかよく分かりませんでした。

ラバーやシートでないとだめですか?
教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

公式戦に出ない限りは異色にする必要はありません。
ですが、うるさく言う人もいるので、異色にしておく方が面倒が無いでしょう。

異色にする方法に規定はありません。
ラケットの性能が大幅に変わらない限り、問題ありません。
塗るのももちろんOKです。
ラバーは打球に使うので問題なく、シート(シール)もOKですが、板を貼るのはNGです。
マジックで塗っている人も良く見かけますが、無光沢であるとともに、ムラが無い必要があったと思います。
光沢はラバー以上でなければ構いません。
気になるなら軽くやすりがけをすると良いでしょう。

Q粒高の使いかた。

僕は学校で卓球をやっていて、
新しくラバー・ラケットと買おうと思い、
以前質問させていただいたのですが、
参考にした結果、ラバーはバンブーカールを使うことに決めました。
しかし、粒高は初心者なので、詳しく書いているサイト
もしくはうまく扱うポイントなどを教えていただけたらと思い質問しました。
卓球に詳しい方、粒高を使っている方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

粒高ラバーは、裏ソフトや表ソフトと違って、名前の通り、粒が高い(細くて長い形状をしている)ので、その分とてもコントロールが難しいです。しかし、その粒の細長さで、逆に打球に変化をつけることができ、しかも相手の回転の影響を受けにくくすることができます。なので、No.1の方の回答にもあるように、こすり上げて強打するよりも、角度をあわせて押して強打する方が良いと思います。


詳しい打球の仕方としては..........

上回転の玉を返すときは、かぶせるようにしておさえるか、浮いた玉の場合は押すように強打して返すと良いです。

ナックル性(無回転)の玉や、下回転の玉を返すときには、ツッツキの構えで玉の下までラケットを移動させて、そこから打球するときにかけて、手首を回転させ、ラケットを立てて返すと良いです。

動画や連続写真があると良いのですが、見つからないので、わかりにくいとは思いますが、文章での説明で終わらせていただきます。

自分も粒高ラバーを使い始めておよそ1年がたったところです。粒高をはじめて手にしたときは、思うように打球が返せずに大変でした。文章で説明するより、やはり自分でいろいろな打ち方を試し、経験する方が良いかもしれません。『慣れ』が大切だと思います。
(「バンブーカール」は、変化幅が大きく、ナックルボールを出しやすいようなので、慣れて使いこなせるようになれば、とても強い武器になると思います。自分のことで申し訳ありませんが、自分も次にラバーを変えるときには、「バンブーカール」にしてみたいと思います。)
頑張ってください!

粒高ラバーは、裏ソフトや表ソフトと違って、名前の通り、粒が高い(細くて長い形状をしている)ので、その分とてもコントロールが難しいです。しかし、その粒の細長さで、逆に打球に変化をつけることができ、しかも相手の回転の影響を受けにくくすることができます。なので、No.1の方の回答にもあるように、こすり上げて強打するよりも、角度をあわせて押して強打する方が良いと思います。


詳しい打球の仕方としては..........

上回転の玉を返すときは、かぶせるようにしておさえるか、浮いた玉の場合は...続きを読む

Qペンハンド、がっつり削りますか?

数年テニスをして膝の半月板損傷でテニスを断念、一昨年から水泳、1年半前から卓球をしています。
最近、上級者たちから指導を受け、ひとりひとり言うこと、指導法が違いますが、どの上級者からもフォア、バック、ドライブのラケット面を水平にするよう言われます。僕は今まで「テニス打ち」でラケット面が垂直に近く、初級・中級者相手だと別に困りませんでしたが、上級者相手だと強烈なドライブでアウトするし、自分が当てるドライブではなく、グリンと擦るドライブを打つ時も水平に近い角度が必要です。
今までペンのラケットでしたが、「テニス打ち」でラケット面が垂直に近い時はペンのグリップ角をちょっと落とすだけで、全然支障ありませんでした。でも、上級者何人かから 「もっと削れ。そうでないと初心者は水平な角度にしずらい。私は削ってないラケットでもそれに応じた握り方をできるが、初心者は削らないと難しい」と言われ、人によってはガッツリ削ってます。でも、ある上級者は買ったままでまるっきり削らず、「削らないで試してみたら、何も困らなかったので削っていない。別にそのままで良いんでない」と言ってます。
上級者でもいろいろ教え方が全然 違い、がっつり削る指導と、全然削らなくても良いという指導があっても驚きはしませんが、みなさん、どうしてますか?

* ただ、上級者たちはシェークも使え、シェークの方が握ったままの角度を使えるから楽というので、シェークにしてみたら、フォアもバックも楽に水平な角度にでき、シェークにしちゃいました。

数年テニスをして膝の半月板損傷でテニスを断念、一昨年から水泳、1年半前から卓球をしています。
最近、上級者たちから指導を受け、ひとりひとり言うこと、指導法が違いますが、どの上級者からもフォア、バック、ドライブのラケット面を水平にするよう言われます。僕は今まで「テニス打ち」でラケット面が垂直に近く、初級・中級者相手だと別に困りませんでしたが、上級者相手だと強烈なドライブでアウトするし、自分が当てるドライブではなく、グリンと擦るドライブを打つ時も水平に近い角度が必要です。
今ま...続きを読む

Aベストアンサー

>みなさん、どうしてますか?

学生時代に後輩の指導をした時は、
最初から余り削りすぎるなという風に言っていました。
自分もそんなにがっつり削るようなことはしていません。

初心者のうちは握り方やラケットの角度等に
神経がいきわたりませんし、打ち方も固まっていませんから、
最初から角度をつけすぎるのは好ましくないわけです。

特に初心者は手打ちになりやすいですし、
小中学校で卓球をやっていたという子は
そこそこうまくても手打ちでその先伸び悩むことが
分かりきったような子も多かったですから、
まずは身体の軸を使った打ち方に矯正するほうが
大変なわけです。

ペンを削るのはある程度打ち方が綺麗に固まってから、
どうしても、手に当たって痛い部分だけを少しずつ
削らしていきます。削りすぎたら元に戻せませんからね。

Q単板ラケットにあうラバー

卓球部の中三です。戦型は中陣ペンドライブ、卓球歴は3年です。

いまぼくはバタフライの閃光スーパー95というラケットを使っています。
ラバーを変えたいと思っているのですが、今考えている候補は海夫の藍鯨IIとandroのヘキサーです。
どちらのほうが単板に合うと思いますか?

また、週3~4日で1~2時間ほどの練習だと寿命はどのくらいでしょうか?

ちなみに今はJUICナノキャノンを使っています

Aベストアンサー

3度目ですね、お答えしたいと思います。

「藍鯨」というのは「藍鯨II」の事です。分かりにくい表現をしてしまい、すいません。
一番弧を描くのは、おそらく粘着ラバーだと思うので、藍鯨IIかな、と思いますよ^^
プライドか、ヘキサーか、と言うと、同じくらいです。ただ、プライドの方が強打向きかな、と思います。下回転の処理が少しやりにくいな、と感じました。

また更に書きますが、安定した曲線的な弾道を描き、さらにツッツキ、強打ともにやりやすいのは、エクシオンのヴェガ、というラバーです。

3日前に発売されたばかりでしたが、自分は昨日貼ってきました。
感想としては、物凄いループドライブが掛かります。
軽くこすっただけで、相手のブロックを阻止することが出来ました。
また、物凄く値段が安いです。(ヨーロッパ、アジアスポンジは3675円、プロは3990円です)

バックに貼ったのですが、普段あまり回転が掛けられず困っていたのに、すごく弧を描くループドライブが打てるようになりました。
また、強打やフリックもやりやすかったです。コントロール性能も高かったです。
ペンドライブの貴方にもおそらくピッタリかと思いました。
3種類ありますが、個人的にお薦めなのは、ヴェガプロです。
全部やりやすく、一番弧を描きました。(アジアスポンジと比べて)

ヨーロッパスポンジはまだ発売していないので、プロが良いかと思います。

新たにラバーの名前を出してしまって申し訳ないです。
弧を描く性能を表すと、(ヴェガシリーズ≧(=)藍鯨≧プライド=ヘキサー)です。

3度目ですね、お答えしたいと思います。

「藍鯨」というのは「藍鯨II」の事です。分かりにくい表現をしてしまい、すいません。
一番弧を描くのは、おそらく粘着ラバーだと思うので、藍鯨IIかな、と思いますよ^^
プライドか、ヘキサーか、と言うと、同じくらいです。ただ、プライドの方が強打向きかな、と思います。下回転の処理が少しやりにくいな、と感じました。

また更に書きますが、安定した曲線的な弾道を描き、さらにツッツキ、強打ともにやりやすいのは、エクシオンのヴェガ、というラバーです。...続きを読む

Q表ソフトラバーに最適なラケットの打球感について・・・

表ソフトラバーに最適なラケットの打球感はどれだと思いますか?(ソフト、ミドル、ハードのいずれか一つ)。
皆さんの回答をお待ちしております。
あと、よろしければ理由もお聞かせください。

Aベストアンサー

ハードです。表ソフトで打球感ソフトという組み合わせは普通ありません。
表ソフトは、前陣で、どんどんスマッシュを打っていく選手のために作られています。パチンと弾く感覚で使うので、打球感がソフトだと、ちょっと違和感がありますよね。
打球感がソフトなラケットは、両面裏ソフトラバーのドライブ型の選手が使うのが最適です。しなやかに、相手コートに弧を描いてドライブを打つには、ソフトな打球感の方が気持ちいいですよね。

ちなみに私も表ソフトを使用していますが、ラケットはバタフライの「SK7(打球感ハード)」です。

Q特殊素材ラケットは上達の阻害!?

特殊素材ラケットは上達の阻害!?
掲示板を見ていると初心者には特殊素材ラケットは上達の阻害になるという意見をよく目にします。どの位のレベルに到達すれば特殊素材ラケットを使用しても良いとなるのでしょうか?例えば、フォアラリーが100回、バックラリーが100回などご意見御座いましたら教えてください。ちなみに現在使用しているラケットはプリモラッツカーボンを使用しています。バックハンドブロックで対ドライブを止めることは出来るのですが、弾こうとするとオーバーしてしまい悩んでおります。オーバーするのであれば面をもっと被せるのが基本だと思いますが、木材合板に戻そうかとも考えております。皆様のご意見宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が空いてきました。(keykeykeykeykeyには何故か申し訳ない気がするのですが)
 
 カットを考えていると、王輝選手の技術説明でカットの変化をつけるのに、切る方法はラケットの下部でボールを捉えボールの後ろを切り下ろす。切れていないカットはラケットの上部でボールを捉え擦り切る距離を短くするのです。
 通常のロング打法やドライブなどはラケットのスイートスポットでボールを捉えることが原則ですが、カットはラケット面のどこでボールを捉えるかが大切なことだと気付きました。そうすれば中心部にスイートスポットが集約されている用具は?
 ラケットのどこでボールを捉えてもスイートスポットのない用具の方が合理的ではないでしょうか。サーブの方法でもこのような方法で変化をつける人がいます。

 現状、考え方がまとまっていませんが一言で片付けられない思いを持ち始めました。

 日卓に契約選手のカットマンは一時期ビオンセロを使用と添え書きがしていました。最近はティルナです。何故、ウィルトリアではないのでしょうか?それが疑問の始まりでした。

 

 特殊素材ラケットは上達を阻害する。と言う問いについて最近それは正しいか?疑問を感じています。ある範囲では「正しい」でしょうが、全ての範囲で「正しい?」と言う疑問です。

 実は、私は特殊素材ラケットを一本も持っていませんし、借り手長期間練習したことがありません。最近カットの練習をしたくなり実行しようか迷っています。今年4月から卓球教室に通い打つ練習をはじめ当面は攻撃タイプに専念しようと考えてきました。
 何故か理由は不明ですが、トレーニングジムに通うのが嫌になり退会し時間が...続きを読む

Q中ペン 表ソフト

卓球で中ペンに変えるとき、F面はテナジーとかを貼ります
裏で考えていて、チキータとか裏面打法をやりたいんですけど、裏ソフトのほうがいいですかね?
それとも、表ソフトのほうがいいと思いますか?

Aベストアンサー

ペンドラ(ラケットはテンパースピードS) から 中ペンに転身ですね

チキータって擦る打法だから、常識的に考えると裏ソフトでは?

表がテナジーだと重いし、裏もテンション系、粘着だとすごい重いよね

さらにラケットも吉田海偉だと、重くて振れないね!

でも、バタフライの DVD で 吉田海偉 が裏面打法してるのにはビックリ
でしたw

ラケットは何にするの?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング