ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

先程、黄金虫を捕まえました。
あまりに綺麗なので飼育したいのですが、方法が判りません。
ご存知の方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、種類を調べましょう。

色と大きさを教えてもらいたいと思います。ひょっとするとコガネムシではない可能性もあります。昆虫類については画像がないとまず、種類はわかりません。画像があってもわからないこともあります。とにかく図書館の図鑑などで調べてください。

カナブンなどの大型のハナムグリ類ならば、カブトムシやクワガタムシと同様にすればよいでしょう。果物でも与えればよいと思います。
小型のハナムグリはその名のとおり「花」の蜜や花粉を食べます。
植物の葉を食べるものもいます。コガネムシを捕まえた場所の葉を与えれば良かろうと思います。子孫を育てるつもりでなければ、大した装備は不要だと思います。
センチコガネなども奇麗ですが、いわゆる糞虫というもので飼うにはそれなりの覚悟がいると思います。わたしは飼ったことがないので詳しくは知りません。
    • good
    • 1

こんばんは。



できるだけ大きい入れ物に、市販の昆虫マットや、園芸用の土などを入れます。

えさは、腐葉土をこまめに買えて主食となる広葉樹の葉をを切らせないことと、湿気を保つことです。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~kamijima/siku/kogane …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
本日、早速購入してみます。

お礼日時:2003/07/13 09:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカナブンの飼い方について

この手の昆虫が好きなので、毎年ベランダなどにやってきたやつを捕まえてかってます。
カナブンとシロテンハナムグリを飼っているのですが、カナブンはいつも1か月ほど飼うと死んでしまいます。卵も産まないです。
シロテンハナムグりのほうはてちゃんと3・4回の冬を越し、卵も産むので幼虫から孵したりもしています。
なぜカナブンはすぐに死んでしまうのでしょうか。シロテンと同じようではだめなのでしょうか。もともと寿命が短いのなら仕方ないですが…

Aベストアンサー

参考のところが一番詳しいですが、
検索かけましたら似た質問を発見しました。

http://lpet.petpet.co.jp/pet/bbs/detail.php?gid=7&tid=34622

参考URL:http://atoz2000.dip.jp/siikuhouhou/koku-kogane/koku-kogane-kanabunn.htm

Q昆虫マットがカビだらけになってしまいました

カブトムシの幼虫を飼っています。
市販の昆虫マットを使用していますが、中まで白いカビ?だらけになってしまいました。
幼虫は元気そうだったので別のマットに移しましたが、このカビだらけになったマットはもう使えないのでしょうか?かなり多量なので捨てるのがもったいないです。日光消毒したら大丈夫ですか?
あるいは、このカビ?は無視してこのままこのマットで飼い続けても大丈夫なものなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
「白いカビ」ですか?どんな状態のカビでしょう?
もし糸状に張るものでしたら交換の必要はありません。マットが上質の証拠です。
主に白カビの種はクワガタやカブトに対して害になるものはありません。
(青カビ発生はマットの品質が下がった証拠なので即交換です)
ウチでも発酵マットには糸状の白いカビが大量に出ますがムシ達はとても元気です。
ショップからも「ムシ達の栄養素となる」(幼虫の場合)と説明を受けています。
なので、大丈夫だと思いますよ!

ただ、「大量」と書いていらっしゃるので1つアドバイスさせて下さい。
カブト達も糞をします。それを長い間放っておくと匂いや青カビ、ダニやコバエの発生源になります。
マットは周期的に交換か、もしくはフルイ等に掛けて半日天日干し等をすればまた使用出来ます。
ちょっと手間が掛かりますが、そこがペット飼育のいい所でもあります(笑)
大事に飼って上げて下さい♪

Qカナブン、それともコガネムシ?

ベランダ菜園を始めたのですが、こんな幼虫が出て来ました。
(添付画像)

家族は「カナブンだね」と言ったのですが、
友達になんとなく話すと
「コガネムシじゃないの?根を食い荒らされて枯れたことがある」と言いました。

ネットで調べてみたのですが、カナブンなら大丈夫そうですが
コガネムシはガーデニングなどの害虫として知られていることを知りました。
やはり根などを食べると書いてありました。

この画像の幼虫は、何の幼虫かどなたかおわかりにならないでしょうか?


(根を食うなら、庭の雑草の生えてる土に植えようかな。
そしたら雑草の草抜きしなくてすむ。あ・・なんでもないです。)


この幼虫の特徴を少し書きます。

・3センチくらい
・口にハサミのようなものをもつ
・足が前側についている
・つつくと死んだふりする
・ホクロが体に均等についている
・土の中に いつのまにか10匹以上はいた

Aベストアンサー

カナブンはコガネムシ科の一甲虫です。
主に樹液と桃やいちじく等の熟れた実を食します。
カナブンにはアオカナブンやクロカナブンの種類があり、コガネムシ科には、大型のカブトムシはじめ、コアオハナムグリやヒメコガネなど様々な種類がありますが、ブドウの葉っぱ等に大量発生するドウガネブイブイとアオドウガネが、害虫として一般に知られています。

大半のコガネムシ類は、土中で写真の幼年期を過ごし、植物の根を食べて成長します。

ただあまり過敏になるほど、食物被害が出ることは少なく、我が家でもプランターの中にいることは、知っていますが、うじゃうじゃのレベルでなかったら、また土に戻してやります。
多すぎる時には、掘り出した幼虫を近くの草の生えた空き地に、捨てにいくだけです。

紛らわしいのは、アオドウガネをカナブンという人が多いことです。

食性が全く異なるコガネムシを、そう呼ぶことに子供の頃の私は、よく訂正していたのですが、通称としてのカナブンは、ハネの色が金属光沢でブンブン飛んで来る虫の愛称だろうと、拡大することにしました。

コガネムシに金持ち願望をかけた楽しい童謡があるように、日本は虫も自然風景の一部として見る国なので、僕は無闇に殺生することは、苦手です。そっと野に放ってやれば、けなげに生きていきます。

では、失礼いたします。

カナブンはコガネムシ科の一甲虫です。
主に樹液と桃やいちじく等の熟れた実を食します。
カナブンにはアオカナブンやクロカナブンの種類があり、コガネムシ科には、大型のカブトムシはじめ、コアオハナムグリやヒメコガネなど様々な種類がありますが、ブドウの葉っぱ等に大量発生するドウガネブイブイとアオドウガネが、害虫として一般に知られています。

大半のコガネムシ類は、土中で写真の幼年期を過ごし、植物の根を食べて成長します。

ただあまり過敏になるほど、食物被害が出ることは少なく、我が...続きを読む

Qアオドウコガネのエサは???

アオドウコガネを捕まえました。

餌は何を食べるのでしょうか??

とりあえず、
プラケースにキッチンペーパーをしいて、
軽く湿らせて、キュウリをあげました。

昨年飼ったときは、
エサがわからず、昆虫ゼリーをやってました。
でもあまり食べず、2週間で死んでしまいました。
焼き芋は少し食べていました。

Aベストアンサー

 追加。
 コガネムシは口の形状(或いは飛び方)によって「食糞性」「食葉性」「吸蜜性」の大きく3つに分かれ、ゼリーは吸蜜性の虫用です。口がカブトムシやクワガタみたいにブラシになっている虫用です。アオドウガネは食葉性で、かじる口をしています。共通に使えるえさはりんごです。りんごは万能です。なお、吸蜜性のコガネムシはカナブンやハナムグリというもので、固いさや羽を閉じたまま薄い後ろ羽だけを出して飛びます。カブトやドウガネなどはさや羽も開いて飛びます。

Qオオクワガタの幼虫が死んでしまいました

成長過程が見たいので、産卵木から割り出し、プリンカップでマット飼育していたのですが
カップに移してから一週間後くらいに様子を見たら、6匹中5匹が死んでいました
(もちろん個別飼いで水分も与えていました)

残りの1匹では不安なので、もう一度、産卵させようと思うのですが同じ繰り返しが不安です

幼虫が死んでしまった原因は何でしょうか。マット飼育のコツがあったら教えてください
ある程度の大きさになったら菌糸ビン飼育にする予定だったのですが、最初から菌糸ビンの方がよいのでしょうか?

初めての幼虫飼育なので、できれば成長過程が見たいのですが。

Aベストアンサー

>幼虫が死んでしまった原因は何でしょうか。

一番は、マットの質です。
まさかカブトマットを使われたということはないと思いますが、10リットル300円クラスは避けてください。一般に粒子が粗すぎるものが多いです。私が使うのは三晃(サンコー)の「育成クヌギマット」です。(袋にクワガタの写真のあるもの)
もっと良いのもあるのですが、上記のものはホームセンターで簡単に入手できます。
同じ商品でも、袋の透明部分から見えている色がこげ茶色のもののほうが良いです。
間違いやすいのは、「育成マット」です。これはカブトムシ用です。
クワガタ幼虫用のマットは、カブトムシの幼虫も食べますが、逆はいけません。
カブトムシ幼虫飼育用のものは、クワガタは食べない場合があります。カブトムシは腐葉土などの「土」も食べますが、オオクワガタの幼虫は、「土」は食べないので、入れるとスグに死亡します。
また、割り出し直後に菌糸ビンに入れることは死亡リスクが少し高くなりますが、より大きな成虫が得られます。死亡する場合は、たいていの場合、潜れずに菌糸ビンの表面で干からびて死亡します。
菌糸ビンは、購入したら表面の膜状の真っ白い部分を消毒したスプーンでかきとって、凹みを作ってから幼虫を投入します。購入したては菌糸が十分に回っていないものもあるので、眼力に自信が無い場合は、1週間ほど放置してから使うほうがよいです。菌糸ビンを扱うときには、使う道具手指の消毒を忘れないようにしてください。消毒にはアルコール(エタノール)を使いますが、乾かないものが菌糸に触れると菌糸が死にます。

水分を与えてました、というのも気になります。
マットに適切な水分があれば、毎日霧吹きの必要はありません。
あとは、温度が上がり過ぎたのかというくらいです。

それから、人工飼育下の昆虫の天敵は、飼育者の過剰観察と言えます。
掘り返したり、ひっくり返したりということが、昆虫には迷惑ということです。
菌糸ビン飼育の場合は、現在の主流はオスで800cc→1500cc→1500ccの三本かえしですが、菌糸ビン交換のときの体重測定以外は、そっと放置しておくのが一番大切です。
初年度は、とにかく様子が見たくてたまらないのですが、そこをぐっとこらえるのが飼育のポイントになります。(とてもつらいですが)
2~3年して幼虫飼育が面倒くさくなった頃に驚くような大型が得られるものです。

それから、産卵をもう1ロットさせることをお勧めいたします。
あと1匹が成虫まで無事に育つ可能性は低いです。どんなに大切に飼っていても、死ぬものは死にますので、初令で10頭はほしいです。それで半分羽化したら初年度としては上出来です。

>幼虫が死んでしまった原因は何でしょうか。

一番は、マットの質です。
まさかカブトマットを使われたということはないと思いますが、10リットル300円クラスは避けてください。一般に粒子が粗すぎるものが多いです。私が使うのは三晃(サンコー)の「育成クヌギマット」です。(袋にクワガタの写真のあるもの)
もっと良いのもあるのですが、上記のものはホームセンターで簡単に入手できます。
同じ商品でも、袋の透明部分から見えている色がこげ茶色のもののほうが良いです。
間違いやすいのは、「育成マット...続きを読む

Qめだかと金魚を同じ水槽で飼ったらダメですか?

以前からめだかを水槽に入れて飼っております。
水草も入れておりますし、空気も送ってます。お部屋に置いてあるので決まった時間に餌をあげたり水が濁れば取り替えるなどして、めだかは元気でした。

しかし、数日前子供が金魚すくいをしてきまして、3匹だったので同じ水槽に入れてしまいました。
ただし、水槽の真ん中にネットを張って魚どうしが喧嘩等しないように気を使ってました。
ところがだんだんとめだかの元気が無くなり、餌もあまり食べなくなったんです。そして今日めだかが数匹死んでました。
金魚に変わった様子は見られないのですが、網を張ってあったとしても同じ水ではめだかと金魚は飼えないのでしょうか?このままにしておくとめだかが全滅してしまうのではないか心配です。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境等で、ある程度飼育できる魚の数やサイズ
が決定します。一定の数を超えての飼育は著しく環境を悪化させることがあるため、
それが原因の可能性があります。このサイズの水槽なら何匹といった、絶対的な数
値はありませんが、下記URLを目安に考えてみてください。
参考URL http://www.koketaisaku.com/sakananokazu.html

次に寿命、めだかの寿命は一般的に二夏一冬といわれ、一年程度です。5年近く生
きる事もありますが、環境がよくても2~3年程度が普通ですので、去年生まれた
めだかであれば、寿命を全うしたと考えることも出来ます。

他にも、ネットを張ったとありますが、ネット付近に近づいためだかが、金魚につ
つかれた可能性も考えられますね。(すみません、勝手に柔らかいネットを想像し
てます)

私が思いつく原因はこれぐらいでしょうか・・・

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境...続きを読む

Qハエトリグモ飼育のための羽虫捕獲。

屋内でイエグモを捕獲しました。それで、飼育しようと思います。

虚空を見つめてはジャンプしているのでネットで調べたらハエトリグモの一種らしいと分かりました。餌はショウジョウバエと何の問題もなさそうに書いてありましたが、生け捕りは難しい……。

飛びまわる羽虫の捕獲の仕方がよく分からないので簡単な罠を教えてもらえませんか?

ショウジョウバエはあまり見かけません。
近所にちょっとした草むらがあるので蚊やそれに近い羽虫は見つかります。

光に寄せられる性質を利用したものなどを考えていますが、具体的な構造は分かりません。蚊はドライアイス(二酸化炭素)を発生させるといいらしいですが、ドライアイスはあまり簡単には入手できないので、やはり手ごろなのは光でしょうか。

皆様のナイスなアイディアを募集してます(^-^)

Aベストアンサー

今からだと,生ゴミを捨ててあるところに集まっているショウジョウバエを捕るのが最も効率的です.変人と思われますが,それはムシを飼う人の宿命です.
大型のペットボトルの太い部分の上の方を切り取ります.で,底のある方に腐りかけた果物(発酵臭がするもの)をいれます.切り取った部分のねじ部は切り捨ててしまい,これを逆さまにして,果物を入れた部分にはめ込みます.ショウジョウバエは,においに惹かれてねじ部からボトルの中に入りますが,逃げ出しにくいので,ボトルにたまります.これは置き場所に工夫して下さい.
夜,門灯や窓ガラスに飛んでくる蚊などの仲間でもよいです.ドロボーと間違われることがありますが,それはムシを飼う人の宿命です.わざわざ青色蛍光灯を使って一カ所にそんなに集まるものでもないです.
餌にはハエの他,脱脂綿にしみこませた水もあげて下さい.

Q家族4人 食費7万 おかしいですか?

主人が家計管理しています。話をしていて、「食費が家族4人一ヶ月6万って贅沢だよな。節約していない」とよくいわれます。そうでしょうか?
子供6歳と3歳は男の子だから?よく食べますし、私も食事でひもじい思いはさせたくありません。今時、生鮭切り身4切れ600円くらいするし・・一日2000円以内と心がけてますが・・むしろ増やしたいくらい。過食で肥満児でもなくあばら骨がみえてるくらいですがよくたべるんです!私も痩せてるし。お菓子だって1人50円と決めてます。米・主人のビールは別です。私って贅沢なんでしょうか?ちなみにココは横浜市です。物価は高くもないですが安くも無いかな・・。牛乳1本178~198ってとこです。安いとき158円です。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も横浜在住です。

>主人が家計管理しています。話をしていて、「食費が家族4人一ヶ月6万って贅沢だよな。節約していない」とよくいわれます。

これって管理とは言わないのでは??
単に文句つけているだけだと思います。

「管理」というからには、「ここをこうしろ、ああしろ」というレベルまでしてもらわないと・・・。

と、いうことで1週間分(1ヶ月だと見る気もなくなりそうなので)のレシートをだんなさんにつきつけて、「どこを減らせばいい?」と、聞いてみたらどうでしょう?

Qカメムシの餌は?

昆虫好きの友人がカメムシを飼おうとしてるのですが餌が解らず悩んでます。林檎やゼリーをやってもたべないという事です。飼育は無理なのでしょうか?また何を食べるのでしょうか?種類は解らないのですが大型で森にいるタイプという事です。

Aベストアンサー

カメムシには肉食のものと草食のものがいます。
いずれもあの細い口吻を突き刺してちゅうちゅう吸う、という摂食方法です。

そのカメムシがどちらの食性かわかりませんが、草食だとしたら捕まえた場所の環境をできるだけ再現してやるしかないように思います。
肉食だと...生餌をやるしかありませんね。

詳細はリンク先で

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A0%E3%82%B7

Qセミのえさは何ですか?

セミは何を食べて生きているのでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

木の汁を吸う以外に何か食べたりしないかという質問でしょうか。

♯1さんも仰ってますが、
セミの種類にもよるもののだいたい木の樹液を吸って生きています。
他に何も食べません。
幼虫は、木の根の樹液、成虫は木の枝や幹の樹液を吸います。
時に草の樹液を吸います。
成虫のセミの頭部が木にめりこんで、おしりをつきあげるような格好をしている時はたいていお食事中です。樹液が流れている層まで口を深く刺しているのでしょう。よく観察してみてください。

ものをむしゃむしゃ食べているわけではないのでそれだけで生きていけるのか不思議に思われるかもしれませんが、樹液だけで生きていけるよう特化した体のつくりをするよう進化してきたのでしょう。

セミはほぼ全ての栄養素(タンパク質、脂質、糖質、核酸など)を植物(木)から摂取して自分の体を作ったりエネルギーにしたりしているといえます。
樹液の糖やタンパク質がセミの硬い外骨格を形成することになるので、本当に不思議ですよね。それだけ木の汁には栄養がたくさんあるのでしょう。もちろんセミは大量の樹液を吸っていることでしょう。

樹種や木の高さや日照、気温などによって、セミは種類ごとにある程度住み分けているようです。
セミの種類によって、吸う木の樹液の種類をえり好みするみたいです。

ジャガイモなどのイモ類で育つ場合もあります。

イワサキクサゼミなどのクサゼミは、サトウキビなどの汁を吸います。

木の汁を吸う以外に何か食べたりしないかという質問でしょうか。

♯1さんも仰ってますが、
セミの種類にもよるもののだいたい木の樹液を吸って生きています。
他に何も食べません。
幼虫は、木の根の樹液、成虫は木の枝や幹の樹液を吸います。
時に草の樹液を吸います。
成虫のセミの頭部が木にめりこんで、おしりをつきあげるような格好をしている時はたいていお食事中です。樹液が流れている層まで口を深く刺しているのでしょう。よく観察してみてください。

ものをむしゃむしゃ食べているわけではな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報