こんにちわ、タイトルの通りなんですが、フェントン反応について教えてください。どんな反応でどんなときに起こる反応なのか、何が生成されるのかなど教えてください。

A 回答 (2件)

過酸化水素が、細胞中の鉄イオン(Fe2+)や銅イオン(Cu1+)などの触媒作用で、ヒドロキシルラジカル(HO・)に変化する反応です。


 Fe2++H2O2 →Fe3++HO- +HO・ 

活性酸素とかと関係がある反応です。
質問に合致してはいませんが、URLを1つ載せておきます。フェントン反応というか活性酸素が説明されています。。 

 

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Beautycare/2308/sub2- …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。私たちの体の中ではいろいろな反応が起こっているんですね。興味が沸きます。

お礼日時:2003/07/14 18:18

鉄が触媒になって、ラジカルを作る反応だったと思います。


多分。
検索してみます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。ラジカルで検索してみたいと思います

お礼日時:2003/07/14 18:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄製のフライパンを使い始めたのですが・・・

自炊してるので料理はよくするのですが、今までずっとテフロン加工のフライパンを使ってました。
で、鉄のフライパンに憧れてたので、この連休中に使い込もうと購入したのですが。

今日で2日目ですが、けっこうこびり付きます。
でもそれ自体は想定してました。
油が馴染むまでは・・・という情報は得ていたので、そのために連休前に購入したわけですし。

心配なのは、取説についていた「焦げ癖」です。
焦げ癖のついた箇所は、洗ってもまだ焦げ付くため、一度洗剤と紙やすりで油膜を全て取り、
最初の空焼きからやり直す必要がある、とのことなのですが、
今の時点で焦げ癖が付いているのかどうかが判断できません。

使っていてこびり付く(焦げ付く?)原因が、「まだ油が馴染んでいないだけ」なのか、
「使い方が悪くて焦げ癖がついてしまっている」のか・・・
前者ならこのまま使い続けますが、後者なら一度リセットしなければならないわけですよね?
あるいはそもそも多少はこびり付くものなのでしょうか?
使い込めば(そして正しく使えば)テフロン加工並みにくっつかないとイメージしてるんですが。

ちなみに、こびり付いたのは、お湯で流しながらタワシ(付属の鉄フライパン手入れ用)でこすれば簡単に落ちます。
長文になってしまってごめんなさい。
鉄フライパンを使っていらっしゃる方、実際どんなもんですか?

自炊してるので料理はよくするのですが、今までずっとテフロン加工のフライパンを使ってました。
で、鉄のフライパンに憧れてたので、この連休中に使い込もうと購入したのですが。

今日で2日目ですが、けっこうこびり付きます。
でもそれ自体は想定してました。
油が馴染むまでは・・・という情報は得ていたので、そのために連休前に購入したわけですし。

心配なのは、取説についていた「焦げ癖」です。
焦げ癖のついた箇所は、洗ってもまだ焦げ付くため、一度洗剤と紙やすりで油膜を全て取り、
最初の空焼きか...続きを読む

Aベストアンサー

こびりつくのは使い方の問題だと思います。
おそらく調理の際の火加減か、もしくは油の量が適当ではないのでしょう。

使い込んで油がなじんでいても、火加減や油の量を間違うとこびりつきますよ。
逆にそのあたりを上手くできれば、油がそれほどなじんでいなくてもあまりこびりつきません。
もちろん、使い込めばさらにこびりつきにくくはなります。

私は餃子がすぐにこびりついて苦手だったのですが、
皮を別のメーカーのものにしたらこびりつかなくなりました。
そういうこともありますので、いろいろ工夫してみてください。

Q反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)について

先ほどもご質問させていただいたのですが、また質問させていただきます;熱化学方程式で、「反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)」という関係式があるのですが、このとき、「単体の生成熱を0として考える」とあります。その理由が、よくわかりません。

なぜそうなるのか、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

単体の生成熱を考えてもいいですが,それは何から作るときの熱と考えればいいですか?
ということで,最初の基準点は何か決めないといけないわけで,手っ取り早く単体から始めるように決めた,というだけのことです.

Q20代、30代の方、コンタクトレンズを使い始めた年齢は?

いまの20代、30代の人達の場合、コンタクトレンズを使い始めるのは、早くても高校生になってからと言われていたと聞きました。

実際、何歳からコンタクトを使い始めましたか?
当時は、中学生でコンタクトレンズを使い始めるというのは珍しかったのでしょうか?
中学校に入学する時に、メガネからコンタクトに変えるというのは、一般的ではなかったのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

32歳男です。

僕は中学3年のときからコンタクトを使い始めました。いったんメガネを購入したのですが,やはり年頃ですから,かけるのが恥ずかしかったためです。そのクラスでコンタクトを使っているのは僕1人だけだったと思います。目の悪い生徒は割と多くて,クラスの2,3割がメガネをかけていたような気がします。

しかし大学に入るともうそんな年頃ではありませんから,面倒になってメガネに変えました。やはりメガネは楽チンですね。しかも,僕の場合はコンタクトを使うとすぐ結膜炎になってしまうので,今思えば,我慢しないでもっと早くからメガネにしておけばよかったです。

Q熱化学方程式-ヘスの法則:反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式が理解できません。

問)メタン、炭素(黒鉛)、水素の燃焼熱がそれぞれ890,394,286kJ/molであるとき、メタンの生成熱(kJ/mol)を求めよ。
ただし、メタンと水素が燃焼したときに生じる水は液体であるとする。
答え
CH4(気)+2O2(気)=CO2(気)+2H2O(気)+890kJ
C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+394kJ
H2(気)+(1/2)O2(気)=H2O(液)+286kJ
なので、メタンの生成熱をxkJ/molとおいて
反応熱Q=(生成物の生成熱の総和)-(反応物の生成熱の総和)の公式から、
890=(394+2*286)-x ⇔ x=76
∴ 76kJ
なのですが、生成物・反応物の下に生成熱を書きこむと
左辺が76kJ,0kJ、右辺が394kJ,2*286kJ,890kJで
右辺の方が圧倒的に熱量が大きいので、意味が分からなくなりました。
何故、反応熱Q=(反応物の生成熱の総和)-(生成物の生成熱の総和)でないのか教えてもらえませんか?

*別解(組み立て、エネルギー図)は理解できています。

Aベストアンサー

えっと....
メタンでのみ疑問に思いました? 例えば
C(黒鉛) + O2 (g) = CO2 (g) + 394 kJ
の生成物や反応物の下に生成熱を書き込んでみる (普通しないだろうけど, 「してはいけない」ということもないですよね) と
・左辺は (単体だけなので) 0 kJ
・右辺は 394 kJ と 394 kJ で 788 kJ
になるんだけど, 何かおかしいと思いませんか?
で何がおかしいかというと, 「各物質の下に熱量を書き込むのはいいとしても, 書き込むべき熱量は生成熱ではなく『その物質が持っている (単体からの相対的な) 熱量』でなければならない」ということに気付いていないんです.
つまり,
C + O2 = CO2 + 394 kJ
に対して書き込む熱量は (3つの物質それぞれに対し) 0 kJ, 0 kJ, -394 kJ であるべきです. これなら等号で成り立ちますね.

Q最近あなた自身が使い始めた流行り言葉

最近あなた自身が使い始めた流行り言葉は何ですか。
これいい、と思ったのでもいいし、気がついたら知らぬ間に使ってた、というのでもいいです。

Aベストアンサー

「つむ」です。

将棋で終わりを指す言葉(だったと思います)からとった言葉で、
「テスト終わった(死んだ)わー」などを「テストつんだわー」と
言います。

終わり(死んだ)=つむ
と考えていただければいいです。

周りの男子が使い始めたのですが、うつってしまいましたね(笑)

Q錯生成反応、中和反応、酸化還元反応について

これら3つの特徴を教えてください。
友達同士とかだと中途半端な答えでもわかってもらえそうなのですが、改めて聞かれてみるとなんと答えれば簡潔でわかりやすく言えるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

錯生成反応:錯体を生じる反応(これじゃわかりませんかね?)

中和反応:酸と塩基が反応して塩と水を生じる反応。

酸化還元反応:原子の酸化数の変化を伴う反応。

簡潔にはしたつもりですが、わかりやすいかどうか・・・

Q中学生以下でコンタクトレンズを使い始めた方に質問!

中学生以下(中学生も入る)でコンタクトレンズを使い始めた方に質問です。コンタクト歴が長い人ほど、目のトラブルが多いと聞きました。

コンタクト歴は何年になりますか?
どういう理由で、早くからコンタクトレンズを使い始めましたか?
また、目のトラブルになったことはありますか?

Aベストアンサー

中学入学と共にコンタクトレンズ愛用者になりました。
現在で16年使ってます。

>どういう理由で、早くからコンタクトレンズを使い始めましたか?
眼の度が悪すぎて、瓶底メガネなんです。薄型・超薄型レンズにしても
フレームからドンとはみ出るくらいなので、イヤになりました。
メガネをかけてるとレンズが重たくて耳の後ろが痛くなりますし、レンズの重さで
しょっちゅうメガネがずれます。鼻が低いせいですが・・・。

>目のトラブルになったことはありますか?
むしろ、逆まつ毛なのでコンタクトレンズをしていないと、まつ毛が
眼にチクチクするので目ヤニがスゴイです。

コンタクトレンズを長年愛用してるからトラブルが起きるのではなく
コンタクトレンズを長年愛用してるので手入れがお粗末になることによって
トラブルが起きているような気がします。初心忘れるべからず。です。

Qフェントン反応について

過酸化水素の溶液を扱っております。
一般的な文献によりますと、金属イオンが存在すると、過酸化水素は、ヒドロキシラジカルを発生するとのことですが、下記のURLによると、水銀(Hg)、ニッケル(Ni)、鉛(Pb)、カドミウム(Cd)では、フェトン反応には寄与しないとのことなのですが・・・。
これってつまり、上記の金属イオンの共存下では、ヒドロキシラジカルが発生しないという理解になるのですが、そうなのでしょうか?

http://gtcw3.aist-nara.ac.jp/sano/student/gr/suzuki/katudou.html

わかる方おられましたら、お願いします。

Aベストアンサー

そのような理解で正しいと思います。
すなわち、文脈から考えますと、
(1)過剰のFeやCuはフェントン反応を引き起こす触媒になる。
(2)したがって、過剰のFeやCuは活性酸素種による酸化ストレスの原因になる。
(3)Hg,Niなどには、フェントン反応を引き起こすような触媒作用はない。すなわち、酸化ストレスの原因にはならない。
(4)しかし、細胞内での酵素の失活などの作用を引き起こす。
(5)また、Hg,Niなどの作用によって、FeやCuが遊離されるために、遊離したFeやCuが(1)で述べた「過剰のFeやCu」と同様の作用を起こし、フェントン反応を引き起こし、それが酸化ストレスの原因になる。

要するに、HgやNiが直接作用するのではなく、それらの作用によって遊離したFeやCuがフェントン反応を引き起こすということだと思います。

Qクリニークを使い始めましたが…

先日メイク用品を買おうとクリニークのショップへ行った際に、
BAさんに角質が溜まっていると指摘されいろいろ勧められて、
クラリファイングローション2とターンアラウンドコンセントレートとセブンデイスクラブの3点を購入して使い始めました。
私はTゾーンがテカリその他は乾燥する混合肌です。
以前、別のメーカーのBAさんに「べた付く部分だからといって保湿をしなくていいという訳ではないですよ。
乾燥すると毛穴が塞がって余計に皮脂が出てきますよ。」と言われたのでTゾーンも保湿をしていましたが、
今回クリニークのBAさんは「べた付く部分(Tゾーン)は保湿をしない方がいいです。
角質を取るお手入れをして下さい。」と言われました。
使い始めて1週間が過ぎますが吹き出物が増えてきていて、
特に額と顎のあたりが気になり少し痒い時があります。
私はもともと吹き出物(ニキビ)はあまり無い肌です。
クリニークのローションなどを使い始めると、最初はこのような感じになるのでしょうか?
今後はどれ位の期間で吹き出物が良くなっていくのでしょうか?
(1ヶ月位続けると肌の状態が変わるのでしょうか?)
それとも私の肌には合わなかったのでしょうか?
クリニークを使われた方、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

先日メイク用品を買おうとクリニークのショップへ行った際に、
BAさんに角質が溜まっていると指摘されいろいろ勧められて、
クラリファイングローション2とターンアラウンドコンセントレートとセブンデイスクラブの3点を購入して使い始めました。
私はTゾーンがテカリその他は乾燥する混合肌です。
以前、別のメーカーのBAさんに「べた付く部分だからといって保湿をしなくていいという訳ではないですよ。
乾燥すると毛穴が塞がって余計に皮脂が出てきますよ。」と言われたのでTゾーンも保湿をしていまし...続きを読む

Aベストアンサー

私もクリニークの製品を使用したことがありますが、刺激が強くて私の肌には合いませんでした。

使い始めてから吹き出物が増えたり痒みがあるというのは、恐らく貴方の肌に合わなかったのだと思います。速やかに使用を中止した方が良いと思います。

>「べた付く部分(Tゾーン)は保湿をしない方がいいです。
角質を取るお手入れをして下さい。」と言われました。
べたつく部分にも適度な保湿は必要です。そして角質を取るお手入れは確かに必要ですが、毎日やるお手入れではないと思います。角質を取り過ぎると肌を過敏にしてしまい、炎症がおこりやすくなるからです。現に貴方は元々吹き出物があまり無かったのに、毎日角質を取るお手入れを始めてからは、吹き出物に悩むようになったのですからね。

Qクロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応につ

クロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応についてお伺いします。
この反応は塩化水素が取れる反応のように思うのですが、塩基を加えてやった方が反応は進むのでしょうか。常温で両液を混合しただけでも反応は進むのでしょうか。

Aベストアンサー

>常温で両液を混合しただけでも反応は進む
もちろんある程度進みます。
塩基を入れれば反応は終点まで進みます。
乾燥空気をバブルして生ずる塩化水素を除いてやれば塩基無しでも結構進むと思います。
その場合もちろん強力な還流コンデンサーが必要ですし、空気を流しすぎないようにすることも、出てくる塩化水素をどう処理するかはドラフトの性能次第です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報