【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

イベントにおける主催と主管の法律上の取り扱いについて

高槻市で行われたサッカー大会で発生した落雷事故について、高槻市体育協会は主催者として、責任が存在するとされたことから、主催者にはイベントの実施に対して法律的な責任が存在することはわかります。

ところで、スポーツ大会等のイベントでは、主催○○と主管××と、異なる団体等の名前が記載されていることが多いです。

このように主催者と主管者がいるイベントにおいて、主催と主管では法律上取り扱いや、責任範囲が異なるのでしょうか?
異なるのならどの様に異なるのか教えて下さい。

なお、主管の方が主催より上位の団体であることが多く、実際は主催団体がほとんど仕切っていることが多いです。このような場合だと、法律上に違いが出てくるものなのでしょうか?

A 回答 (1件)

 「主催」や「主管」は法律上の用語ではありませんので、法律上の責任の範囲がそういった用語のみによって一義的に定まるわけではありません。


 ただ、一般的にイベントの「主催者」というのは、そのイベントの行為主体を指すことから、そのイベントの実施にあたり必要な注意を怠り第三者に損害を与えた場合は、民法709条に基づく損害賠償責任を負うと解されるのに対し、「主管者」というのは、本来「主導的な立場に立ってその仕事を管理する人」というような意味であり、必ずしもそのイベントの実行主体というわけではありませんから、そのイベントで何か事故が起こったとしても、当然に責任を負うというわけではありません。
 もっとも、そのイベントの実施に「主管者」もかなり積極的に関与しており、その「主管者」もイベントの共同実施者であると言えるような実態があれば、その「主管者」も法的責任を負う場合はあり得ますが、そのように認定されるのはかなり稀なケースでしょうね。

この回答への補足

>そのイベントの実施に「主管者」もかなり積極的に関与しており、
たとえば、イベントの案内を関連団体などに送付する際、主催者ではなく、主管団体名で発送したような場合は、責任が発生する可能性が出てくると解釈してよろしいでしょうか?

補足日時:2010/07/06 13:22
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ主催と共催を並べて書いてあるの?

イベントを実施しているポスターを見ると、主催 ○○実行委員会 共催 国、自治体等を並べて書いてあるケースが見受けられます。
共催とは共に主催することと国語辞典には書いてあります。
となると、共催又は主催の一つを記載すればいいのではと考えてしまいます。
主に力を入れている団体は太文字にしたり、主管団体と記載すれば良いと思うのですが、みなさんはどう思われますか?
国が実施しているポスターにも同様の記載が見受けられますが、使い方に間違いはないのでしょうか?

Aベストアンサー

私の感覚では間違いです。
複数の団体が催しを主催する場合、どの団体もが主催者であり、それらの団体の共催でその催しは行われると感じます。主催が甲で共催が乙という表現は、とんでもなく言語感覚の鈍い業種の人の用語なのではないかと想像しています。

しかし、言葉は、間違って使う者の間では正しいのです。(彼らからすれば私が間違っているんでしょう。間違っていることに気づかない人とは私は親しくしたくないと思いますが……。)

この例では、「主催というほど主体的ではないが協賛・後援とも違う」という差異を表したい担当者には都合のいい言葉として「共催」が利用され、それが認知されてしまったものだろうと思います。

ほかに、「性癖」を性行動に関する癖として使っている例もよく見かけますね。

Q主催、協賛などの違い

主催、協賛などの違い

スポーツ大会や地域のイベントなどで、「主催」「協賛」などがありますが、私が今まで見たことがあるのは、次のものです。

主催
主管
主唱
共催
後援
特別協賛
協賛
特別協力
協力

質問1 これらについて、それぞれの意味合いを教えてください。
質問2 これら以外のものもありましたら、参考までに教えてください。
質問3 これらについて、序列のようなものがありましたら、併せて教えてください。

Aベストアンサー

下にあるのは、日本セキュリティマネジメント学会の定義です。
基本的な主催、共催、協賛、後援の4つしかありませんが、意味合いや序列が整理されています。
これを骨組みにして他の用語をくわえてみたらいかがでしょう。

(1)「主催」とは、催しの開催の主体となり、自己の責任においてその催しを開催するこ
とをいう。
(2)「共催」とは、本学会を含む複数の者が催しの開催の主体となり、共同でその催しを
開催することをいう。主体が本学会を含む複数であること以外には主催と異なるもの
ではなく、協賛又は後援と比べて、その催しへの本学会の関与度合いが強い場合を
いう。
(3) 「協賛」とは、第三者が開催の主体となる催しについて、本学会がその趣旨に賛同し、
応援、援助することをいう。後援と同義であるが協賛金等の費用負担を伴う場合が
あり、後援に比べて、その催しへの本学会の関与度合いの程度が大きい場合に使
用する。
(4) 「後援」とは、第三者が開催の主体となる催しについて、本学会がその趣旨に賛同し、
応援、援助することをいう。応援、援助の内容は、原則として名義使用の承認に限る
場合に使用する。

http://www.jssm.net/jssm/JSSM-2-800.pdf

下にあるのは、日本セキュリティマネジメント学会の定義です。
基本的な主催、共催、協賛、後援の4つしかありませんが、意味合いや序列が整理されています。
これを骨組みにして他の用語をくわえてみたらいかがでしょう。

(1)「主催」とは、催しの開催の主体となり、自己の責任においてその催しを開催するこ
とをいう。
(2)「共催」とは、本学会を含む複数の者が催しの開催の主体となり、共同でその催しを
開催することをいう。主体が本学会を含む複数であること以外には主催と異なるもの
ではなく、協賛...続きを読む


人気Q&Aランキング