人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

介護保険の認定調査員になるためにはどういう研修を何日受ける必要があるのか、
大体の受講料や、認定調査員としての報酬額など
認定調査員としてのお仕事について教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

地域によって多少の差はあるかもしれませんが。



調査員になるための前提として介護支援専門員の資格が必要となります。
さらに認定調査員調査員の講習を受けておく必要がありますが、これは地方自治体等(北海道の場合振興局が春先に)が開催しており、1日間の受講で受講料は無料です。

実際の仕事としては個人に対して委託されることはまずないでしょうから、どこかの組織(私の地域では居宅介護支援事業所など)に所属しておくことが必要となります。

認定調査に対する委託費(報酬)ですが、これも市町村によって若干差があります。1件当たりおおよそ3千円前後と思っておけばいいのではないでしょうか。初回認定調査の場合には上乗せがありますが。

認定調査の場合には、調査に係る知識などはもちろんのこと、対人スキルが求められます。高齢者の特性や疾患ごとの特性、症状などもある程度理解しておけると調査内容(特記事項への記載)もより質の高いものになるでしょうね。

現在の要介護認定は、特に調査員の特記事項が認定結果を大きく左右する一面をもっていますので、ぜひとも優秀な調査員になってくださいね。
    • good
    • 56

居宅でケアマネをしています。



保険者によって違うようですが、私の会社では保険者の委託を受けており、
調査を専門に行うスタッフがおります。
なので、委託料は不明ですがお給料などの条件は居宅のケアマネと一緒です。
(あくまで私の会社の場合です)
研修は社内でやってるような…
特に義務付けられているものがあるのかはすみません、わかりません。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2010/07/19 13:28

介護保険の認定調査員になるには、介護支援専門員の資格をとれば可能です。


確か、役場の職員だったら認定調査は可能だったと思います。
調査料金については、施設と在宅によっても違いがありますし、また離島などでも変わってくると思います。
どちらにしても、そんなに高い金額ではないと思いますよ。
確か、市町によっても金額が違ったと思います。

この回答への補足

ありがとうございます、ケアマネをしています。

補足日時:2010/07/16 20:55
    • good
    • 15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活保護の医療券とは?

生活保護受給者が医療を受けるには、福祉事務所から医療券を貰うんですよね?
例えば、胸に強い痛みがあり、頭痛もしたとします。
この場合

福祉事務所に行く

医療券を貰う

病院にいく

医療券を病院に渡す

こうなりますよね。

(1)ただ通院で済むのか、入院するのか分からないですし、そもそもいくらお金がかかるかも分からないはずです。医療券というのは、病院代が1万円だろうと100万円だろうと、関係ないのですか?(医療券というのは、例えば、1000円の医療券とか1万円の医療券とかに分かれてるんですか?)

(2)3ヵ月入院する場合、医療券は、いつ、何枚、病院に渡すんですか?

Aベストアンサー

 1の方の回答を見て、自治体によって違うのかなと思いました。それとも市と町で違うのかしら? 担当の窓口で確認した方がいいです。
 うちのところは、保護が変更になっている可能性もあるので、保険証と一緒で、毎月医療医療券が必要です。緊急の券もないです。
 書いてあるのは、住所、氏名、世帯主、生年月日、かかる医療機関、受信理由、発行した担当者の氏名、発行した市町村名などです。病院にかかる証明のようなものなので、金額は関係ないです。窓口で提出して終わりです。
 緊急のときは病院に行っていただいて、病院からは電話で確認、後で医療券を発行します。
 ただ、生活保護の医療券で受診できる病院、できない病院があるので、ご注意ください。初めてかかる病院は、あらかじめ役所の生活保護担当に聞いておくと無難です。緊急のときは、直接病院にきくか、救急隊員に生活保護であることをお伝えください。
 長期入院の場合は、家族や親族が役所で月替わりに申請するか、来る人がいなければ直接役所から病院に送ることになるようです。

Q嘱託職員とは

市役所の求人で嘱託職員があったのですが
恥ずかしながら嘱託の意味が今ひとつ理解できません
転職希望の32歳、一家の大黒柱(妻・子供1人)の私がなるべきモノでは
ないのでしょうか?

Aベストアンサー

今日は。
嘱託といいますと、辞書的には特定の仕事をやってもらうために雇入れる人らしいですが、定年後、まだ仕事のできる人に、少し賃金を以前よりも安くして雇入れているケースもあるようです。

因みに市役所の嘱託職員の定義は、
嘱託職員」とは、常勤職員のうち、定年退職又は勧奨退職したものを単純な労務に従事させるため、期間を定め雇用されるものをいう。

のだそうです。つまり臨時の職員ですよね。
ですので、いくら転職希望でも、32歳の若さで一家の大黒柱はのmac41さんはやめておいたほうが懸命だと思います。

Q課題分析票について

ケアマネージャーなどが使用している課題分析票について学びたいと思っています。

課題分析票は様々なものがあり・・・
 (1)MDS-HC
 (2)包括的自立支援プログラム(3団体ケアプラン研究会方式)
 (3)ケアマネージメント実施記録様式(日本社会福祉士会方式)
 (4)生活7領域から考える自立支援アセスメント・ケアプラン(日本社会福祉士会方式)
 (5)日本訪問看護振興財団方式
               などなど・・・
どの課題分析票を選び学ぼうか迷ってしまいます。

実際に使用しているケアマネージャーさんなど、課題分析票について知識のある方にお尋ねしたいです。

どの課題分析票が理解しやすく、使いやすいのか、
またよい参考書や著書、ホームページ等についてご存知でしたら教えて下さい。

ちなみに私は、課題分析票は見たことも触れた事もない
ド素人です。

Aベストアンサー

アセスメントの主な目的は、利用者の状態を客観的・専門的に把握する事で、如何に適切なサービスを効率よく行うかということですよね。ですから、
 ・居宅介護支援の提供
 ・入所(入院)者へのサービス提供
 ・通所・訪問サービスの提供
など、その目的や専門性によって、チェックしたい項目にも開きが出てくるであろう事は想像できると思います。
では、それぞれのアセスメント方式の特徴ですが、

●MDS-HC方式,CAPs(インターライ日本委員会)
米国のナーシングホームで義務化されたMDS-RAPsを元に開発されたもので、HCはHomeCareの略。在宅、施設ともに活用可能。特徴として、MDS-HS(アセスメント表)で情報収集し領域選定表にてトリガーを確認。該当領域についてCAPs(ケアプラン指針)により課題の検討という課程を辿る事によりプラン作成されるため、パソコンにアセスメント情報を入力するだけでプラン作成が容易に出来るらしい。

●包括的自立支援プログラム(介護療養型医療施設連絡協議会・全国老人福祉施設協議会・全国老人保健施設協会)
上記三団体が施設ケアの立場から協力開発在宅ケアへの視点をも取り入れ、要介護認定における「介護サービス調査票」が、アセスメント票として関連付けられるのが最大の特徴。。全ケアを網羅する「ケアチェック表」により、複数の職員が一人の要介護者に対して一定のケア内容を提供するには有利…かもしれない。

●生活援助を基礎とした自立支援アセスメント・ケアプラン(日本介護福祉士会)
要介護者の生活全体を「衣・食・住・体の健康・心の健康・家族関係・社会関係」の7領域に分類し、更に領域を46項目(変わってるかな?)に細分化して捉えることで把握する。介護福祉士(ホームヘルパー)の活動実践から生まれたもの。記述が多いため、チェック方式では得られない細かいニュアンスを表現できそうだが、文章を書くのが苦手な人には不向きかも…。

●ケアマネジメント実践記録様式(日本社会福祉士会)
現場の各種専門職と研究者によるチームで、多職種の協働・連携を前提に開発・検証・改訂してきたものを、介護保険対応版として基本調査項目を使用してスムーズにアセスメントできるようにしたもの。チェック項目の他に「本人・介護者の意見・要望」と「アセスメント担当者が把握した問題」の記述欄があり、トータルなニーズ把握が可能。課題とその緊急度に応じた対応レベルを要約表(居宅用・在宅用)にまとめ、プランに反映するか否かを整理。権利擁護にも触れられており、個人的には好きなのだが、アセスメントに時間がかかり過ぎる感がある。

●日本版 成人・高齢者用アセスメントとケアプラン手法(日本訪問看護振興財団)成人から高齢者まで、幅広い層を対象と出来る。要介護認定の調査項目を包含しており、短時間でアセスメントが行えるとのうたい文句があるのだが、実際は細部(ターミナルケアに関するものもある)に渡る調査項目(300以上?)があり、とても短時間では無理。ただし、3回までのアセスメントを並列で記入でき、経過を明らかに出来る点が特徴的で優れているように思う。

●居宅サービス計画ガイドライン(全社協・在宅版ケアプラン作成方法検討委員会)
星座理論で有名な白澤政和教授を委員長に、全国在宅介護支援センター協議会、全国デイサービスセンター協議会、全国ホームヘルパー協議会、日本社会福祉士会、全社協・地域福祉推進委員会(市町村社会福祉協議会)、全国老人福祉施設協議会が構成団体となり、介護保険に対応する在宅のケアプラン作成のためのアセスメント手法として開発。要介護認定調査項目が、そのままアセスメント様式となっているので、特定の様式を使う予定のない方が、とりあえず勉強しておくには最適と思う。(但し、hiromu58さんのところで、取り入れているかどうかが問題かな?)

以上ですが、実務的には全ての方式が面倒なので、どれかを使っても全てを記入しなかったり、自分なりにもっと簡素な方法を模索する事になるでしょう。そんな訳で、実務研修での選択はどれでも良いような気がします。(;^^A

アセスメントの主な目的は、利用者の状態を客観的・専門的に把握する事で、如何に適切なサービスを効率よく行うかということですよね。ですから、
 ・居宅介護支援の提供
 ・入所(入院)者へのサービス提供
 ・通所・訪問サービスの提供
など、その目的や専門性によって、チェックしたい項目にも開きが出てくるであろう事は想像できると思います。
では、それぞれのアセスメント方式の特徴ですが、

●MDS-HC方式,CAPs(インターライ日本委員会)
米国のナーシングホームで義務化されたMDS-RAPsを元に...続きを読む

Qケアマネージャーが、介護保険超過を嫌がるのは?

祖母が要介護4の者です。

介護保険をフルに利用しつつ、娘が世話をしているんですが、
娘が肩や腰や膝を悪くしてしまいました。

本人が家にいる時に、
娘がこのままおむつ交換等、
力が必要な仕事ができなくなってしまったのですが、

幸い本人に充分な預金があるので、
介護保険を超過して、家にヘルパーさんに来ていただきたいのですが、
ケアマネージャーさんが、介護保険超過を嫌がっております。

お金はあるので、家族としても
超過は構わないと再三言っているんですが、
何かお願いしようとすると、『介護保険の利用できる額を超えるから』
と言って、なかなか動いてはくれません。

最初も、認定が下りる前、
サービスの利用を開始したいお願いした時も、
(祖母は、元気だったのが、急に倒れて入院し、
退院後、介護が必要な状況になったので)

『認定がどうなるか分からないから、
利用すれば、超過するかもしれない』と言って結局利用させてもらえず、
認定が下りるまでの一ヶ月間、家で抱えてお風呂に入れたり、
本当に大変でした。

本人の介護のための超過分を払うのは構わないと言っているし、
お金もあるのに、
ケアマネージャーの方が、超過させてくれない理由は何でしょうか?

超過すると、その方の所属する組織で、
何か評価に関係するとかあるのでしょうか?

(祖母は、自分の持ち家に居たいという要望もあり、
施設に入る予定はなく、
家で介護したいと考えています)

ご存知の方、また対策の案をお持ちの方、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

祖母が要介護4の者です。

介護保険をフルに利用しつつ、娘が世話をしているんですが、
娘が肩や腰や膝を悪くしてしまいました。

本人が家にいる時に、
娘がこのままおむつ交換等、
力が必要な仕事ができなくなってしまったのですが、

幸い本人に充分な預金があるので、
介護保険を超過して、家にヘルパーさんに来ていただきたいのですが、
ケアマネージャーさんが、介護保険超過を嫌がっております。

お金はあるので、家族としても
超過は構わないと再三言っているんですが、
何かお願いしよ...続きを読む

Aベストアンサー

現役ケアマネージャーです。かならず一致するとも限りませんが、ご参照ください。
自治体や地域の特色によって介護保険に対する考え方の違いもいくらかあるみたいですが、皆恐れているものが一つだけあります。
『監査』です。
介護保険事業所は保険を利用してのサービスを行っているため、公的機関による監査を受けることとなっています。
介護保険の超過についてはやむを得ない事情を記載していく必要があり、監査についても超過をしている人は目につきやすいことが挙げられます。(監査において不当と認められた分は、一度得た報酬であっても自治体に返還しなくてはいけないのです。ほんとうに恐ろしいんです…。)

次にケアマネジャーの考え方があります。
介護保険の基本的な考え方として自助、共助、公助の考え方があります。1、2、3を段階的に求めていきます。

1、自助…自分でできることをやっていただく。
2、共助…家族や親類の力を借りる。
3、公助…足りない部分を介護保険(公的サービス)で補う。

なので、お話の限り担当ケアマネージャーさんはご家族に 2、共助を求めているとも考えられます。
担当ケアマネージャーは娘さんだけが介護を行うのではなく親族皆に協力していただきたいのではないでしょうか?
少なくとも介護保険が始まるまで措置制度はありましたが、在宅での介護は、家族が行うのものでした。最近は介護保険をサービス業と掃き違える方も増えてきましたが、介護保険においても根本的な考え方は変わっていません!!
ケアマネージャーの中に『御用聞きケアマネ』という皮肉にも似た言葉があります。家族の言いなりになってサービスをどんどん入れていってしまうケアマネのことを言います。
必要に応じてサービスをマネージメントしてくために家族の事情などからニーズ(生活上の根本的な問題点)を探り、そこを介護保険(社会資源)で補充し、本人・家族の自立を手助けするというのがベストな考え方なのです。
以上が超過を嫌がる点なのかなと思います。

自己負担分については利用票にてしっかり保険適応分と実費分が計算されてでてくるわけなので、本当に自己負担がでるようであればしっかりとご確認ください!!

対策としては、いくつかあります。
各自治体に定めている地域包括支援センターの主任ケアマネに相談をして、超過分を対応してらえるケアマネを紹介してもらう。
(ですが、ただ介護において楽したいからといった理由ではだめです。主任ケアマネはケアマネの中でもその名の通りのベテランですので、相手が納得するような理由をもってご相談ください。)
あとは地域にあるようであれば、家政婦紹介所へ連絡をしてヘルパー分の実費での対応をお願いしていく。(料金は会社によってまちまちですが、最近の家政婦さんは結構ヘルパー資格を持っている方が多いです。)僕は病院内の付き添いなどで介護保険では行えない部分などにおいての不足を補う社会資源としてご家族に紹介しております。
あとは、これまた地域にあればですが、小規模多機能事業所を活用していくことが挙げられます。(利用登録をして必要に応じてヘルパーや看護師、デイサービス、ショートステイの利用ができるとても融通の効くサービス事業所です。その代わりひと月15万ぐらいからの登録料がかかります。ただ本当に24時間駆けつけてくれるので安心感は違います。)

お婆様についてですが、しっかりと自宅にいたいといった考えを持っていることを踏まえると身体的な理由での介護4でしょうか、介護4であれば、デイかデイケア週3回、ヘルパー週3回30分を1日3、4回程度入れられる分であり、ショートステイも利用可能です。
24時間サポートは困難ですが、超過しなくとも在宅にて十分やっていける限度額であるとも考えられます。

介護保険はサービス業ではなく保険です。国民の税金で賄われているという点も踏まえてサービス超過についてはよくご検討いただければとも思います。
世間をみれば、97歳で独居生活をしている方や介護4でエレベーターのない団地で生活している方もいらっしゃいます。
地域によって抱える問題は様々ですが、家族で在宅介護を継続していこうという気持ちはケアマネとしてありがたいものがあります。
どうぞ無理なく健やかにお過ごしください。

現役ケアマネージャーです。かならず一致するとも限りませんが、ご参照ください。
自治体や地域の特色によって介護保険に対する考え方の違いもいくらかあるみたいですが、皆恐れているものが一つだけあります。
『監査』です。
介護保険事業所は保険を利用してのサービスを行っているため、公的機関による監査を受けることとなっています。
介護保険の超過についてはやむを得ない事情を記載していく必要があり、監査についても超過をしている人は目につきやすいことが挙げられます。(監査において不当と認め...続きを読む

Qケアマネの勤務形態として、派遣はありですか?

皆さまの情報を頂けると嬉しいです。お願いいたします。

当方、数ヶ月のケアマネ勤務の後に退職したため、ケアマネ歴は3か月しかありません。
先日、正社員募集の有料のケアマネ面接に行って来ました。
色々聞かれて最後の方に、
「考え方は当社に近いものがあるので、いいなとは思うけれど、
職場の移動回数やや在職期間の事を考えると、正社員としての次の面接には通らないだろう」と
言われました。正社員には本社の面接があるようです。

直接その場で言ってくださる会社は無かったので、ある意味有り難い話でした。

そこで、話が終わると思いきや
「希望しているケアマネの職種で派遣社員という働き方はどうか」という提案を頂きました。
正社員では入職しづらいが、派遣なら入り易い、何カ月かの実績を積んだ後に
常勤になっては、という趣旨のようです。

勤務形態として、パートや件数制という働き方は聞いたことがありますが、
派遣社員としてのケアマネは聞いたことはありません。
(派遣で施設で介護の仕事をするというのは聞きますが)

訪問の現場が長いため周りに聞いても、もちろん話を聞いた事がある人も無く・・・
施設としては、あり得る話なのでしょうか?

皆さまの情報を頂けると嬉しいです。お願いいたします。

当方、数ヶ月のケアマネ勤務の後に退職したため、ケアマネ歴は3か月しかありません。
先日、正社員募集の有料のケアマネ面接に行って来ました。
色々聞かれて最後の方に、
「考え方は当社に近いものがあるので、いいなとは思うけれど、
職場の移動回数やや在職期間の事を考えると、正社員としての次の面接には通らないだろう」と
言われました。正社員には本社の面接があるようです。

直接その場で言ってくださる会社は無かったので、ある意味有り難い話...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

情報だけですが。
http://www.kaigotengoku.net/care_oshiete/page/22_haken.html
http://keamane-sigoto.sblo.jp/article/4570596.html

違うサイトなのに1行目が同じ文面というのは、と気になったりし
ますが無視するとして。

取り敢えず、あるようですよ。

まあ、数年単位の長い付き合いになる事が多いケアマネですが、ケア
マネの変更もあるわけで、一生かわらない訳でもなく。

Q(介護保険)住宅改修の理由書の書き方

(添付した画像のようにトイレ内に手すりを設置する場合)

「トイレに入った際の左手側に縦手すりを設置する」と書いて、問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

それ以外どう書きましょう?
それで結構かと。十分わかります。写真も添付するんでしょ。


人気Q&Aランキング