親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

中世、近世のヨーロッパの王族の外出について教えてください。

この時代の王族(特に国王やその配偶者、王位継承者などの重要人物)は
自分の意思で自由に居城から出ることができたのでしょうか?
所謂お忍びの外出などあったのでしょうか?

また、どのくらい遠くまで外出することができたのでしょうか?
政治的な理由なく、国外に出かけることなどは可能だったのでしょうか?
外出が難しいのならば、どのような理由があれば外に出ると考えられますか?
出かける場合は護衛がいると思いますが、それはどの程度の規模だったのでしょうか?

質問が多くて恐縮ですが、わかる範囲でかまいませんので宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ヘンリー8世の時代を小説で読んだだけなのですが(邦題:ブーリン家の姉妹)、16世紀イングランドでは季節ごとに宮殿を変えていたようです。

宮廷に出入りできるクラスの貴族も従えて、大所帯で宮廷ごと移動していたらしいですよ。No.1さんがおっしゃるように、伝染病を避けつつ。

夏の離宮という言葉はロシアなどあちこちあるので、たぶんいろいろな国で冬と夏の宮廷の場所が違うというのはあったんでしょうね。クーラーもないし、伝染病も出るし、、、

それとこれまた小説で恐縮ですが、その父ヘンリー7世の時代、皇太子夫妻(王太子と言ったほうが正確なんでしょうか)が他の宮殿に行ったりして、当然こういうのは随行がぞろぞろと付くわけですが、移動はあったようです。

小説ですから細かい部分はフィクションですけれど、移動については史実でしょう。

滞在している城の外に狩に出かけたりもしたようです。お忍びではないですけど。
それとヘンリー8世は梅毒だったかもしれないと言われています。もしそうならば、梅毒をもらうような場所へ出かけていたんでしょうね・・・・・。また、そういう説が出てくるということは、娼婦に会えるような場所に王族が行く可能性があったということではないでしょうか。

スペイン(正確にはカスティーリャ=アラゴン連合)はレコンキスタをやっていたので移動ばかりでしたが、その後もしばらく移動していて、王宮が定まらなかったり、遷都したりしていたようです。
たとえばキャサリン・オヴ・アラゴンこと王女カタリナ・デ・アラゴンは、アルカラ・デ・エナーレスの城(マドリードに近い)で生まれ、グラナダのアルハンブラ(南部のアンダルシア地方)で育ったようです。

カタリナの姉、カスティーリャ女王フアナは夫(外国出身のフィリップ)が亡くなった後、夫の棺と従者と共に、数年間(!)カスティーリャの各地をさまよっていました(「フアナ」でウィキペディアを見ると書いてあります)。
これがまた「狂女王」と呼ばれた彼女のイメージを強めているんですが、実は埋葬場所を求めつつ、伝染病を避けて移動していたためではなかったか、という説もあるようです(ホセ・ルイス・オライソラ著の伝記で読んだ)。

昔の王族は居城が一箇所に固定されず、意外と移動していたんだな、という印象があります。


18世紀フランスのルイ15世はヴェルサイユ宮殿に住んでいましたが、ヴェルサイユの森にある鹿の園ってところに行ってたそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E3%81%AE% …

ネット上の個人旅行記などで調べてみると、ヴェルサイユの森は宮殿の周辺らしいので、遠いところじゃないですね。
しかしヴェルサイユ自体が広いので(ベルばらを見ててもそうだったな)、離宮など宮殿周辺も含めて見学するんだと1日がかりだそうです。ホームレスも住んでいるんだとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体例をあげて頂きありがとうございます。どれも興味深く読ませていただきました。
ヘンリー7世の皇太子夫妻の話は、ヘンリー8世に関する小説で私も読んだことがあります。
鹿の園のルイ15世は名を伏せて訪れていたと書かれていますが、流石に梅毒をもらうような場所へ行くのはお忍びだったのでしょうか…。
今思いましたが、お忍びってくらいですので、あまりやましい記録は残っていないものなのでしょうか。

お礼日時:2010/07/19 09:48

各自回答しますと



(1)王族(特に国王やその配偶者、王位継承者などの重要人物)は自分の意思で自由に居城から出ることができたのでしょうか?

 地域によって違いますが、たとえば、イタリアの都市国家における有力者は、都市から出ることはなかったでしょう。
 ドイツ・フランスなどの地方では、巡察などの大義名分で出入りしていたようですし、なにより教会に赴く都合で居城から出ることはそれなりに多かったはずです。
 
(2)所謂お忍びの外出などあったのでしょうか?

推測の域を出ませんが、それなりに可能性はあったでしょう。
もっとも、厳しい外出制限などはないようですから、その必要性がないかもしれません。
ただし、伝染病の流行した地域などでは注意が払われていたとは言われています


(3)また、どのくらい遠くまで外出することができたのでしょうか?

せいぜい政治権力の及ぶ範囲までですが、宗教的理由からの外出は特例で範囲は無限に近かったようです。

(4)政治的な理由なく、国外に出かけることなどは可能だったのでしょうか?

中世において国外の概念はありませんから、回答できませんが、政治権力の及ぶ範囲に関しては(3)の回答で考えてください
 明言しておきますが、中世・近世においては、現代的な国家概念がありません

(5)外出が難しいのならば、どのような理由があれば外に出ると考えられますか?

難しくないですが、いわゆる湯治・宗教儀式などの大義名分は案外、通るはずです。

(6)出かける場合は護衛がいると思いますが、それはどの程度の規模だったのでしょうか?

規模は権力の大きさに比例しますし、外出者の意向によります。


これらに関しては、文学作品などから摘出した話もありますが、様々な文献から総合して考えた私見ですので、参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。
割と自由だったのですね。
権力者なのだから、外出を止められる者もいなかったのでしょうか。

文学作品などで得たイメージなのですが、暗殺が多かったようですので、権力者が無闇に出歩くのは危険なのでは?と思ったのです。
もっとも小説などはドラマティックな部分を特に題材にするでしょうから、実際はそう多くもなかったのかもしれませんが。

お礼日時:2010/07/19 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中世ヨーロッパの貴族の娘で

中世ヨーロッパの時代に、身分の低い出自の女性が身分の高い男性の娘を産んだ場合は、その娘は一体どういったところに嫁ぐのが一般的だったのでしょうか? 母の身分の低さが気にされるのか、父の身分が気に掛けられるのか、どちらなのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

身分の高い男性と低い女性の間に子供が生まれる場合、2つのパターンが考えられます。
(1)正規の結婚をした
(2)結婚はせずに、子供だけが生まれた

(1)の場合、相手が貴族ではなくても商家などの女性ということであれば、比較的あった話でしょうし、その場合は、妻になった女性は肩身の狭い思いをしても、形式的には普通の妻の扱いを受けたと思います。となれば、子供も同じ扱いだったはずです。
ただ、それよりもさらに低い身分、農民や召使などの女性との結婚はかなり難しかったのではないかと思います。おそらく駆け落ちをするとか、男性の権利を制限されたりはく奪されたりして、その子供も当然爵位や財産を相続できなくされた可能性が高いかと思います。また、男性自身が一人っ子だったりした場合は、結婚自体が許されなかったかもしれません。

(2)の場合は、非嫡出子ということになります。
ヨーロッパはキリスト教の影響で一夫一婦ですから、非嫡出子には一切の権利は与えられなかったのではないかと思います。なので父親の元で養育される可能性は低く、母親が子供を連れて男性の元から去るとか、母親の実家や他家に預けられることが多かったのではないかと思います。
仮に男性側が多少権力を握っていて、その親子を手元に置いておけるとしても、所詮非嫡出子ですからまともな縁談は考えられないでしょう。よくて男性より明らかに身分の低い貴族に嫁ぐか、あとは修道院に入れられるかですね。

ちなみに近世まで、身分の高い女性で、結婚できない事情のある人は女子修道院に入れられるケースは多かったようです。

身分の高い男性と低い女性の間に子供が生まれる場合、2つのパターンが考えられます。
(1)正規の結婚をした
(2)結婚はせずに、子供だけが生まれた

(1)の場合、相手が貴族ではなくても商家などの女性ということであれば、比較的あった話でしょうし、その場合は、妻になった女性は肩身の狭い思いをしても、形式的には普通の妻の扱いを受けたと思います。となれば、子供も同じ扱いだったはずです。
ただ、それよりもさらに低い身分、農民や召使などの女性との結婚はかなり難しかったのではないかと思います。おそら...続きを読む

Qイギリス貴族の婿について

ヴィクトリア朝の貴族の結婚制度について調べています。
爵位のある家に女の子しか生まれなかった場合、爵位はその家の娘がつぐことができるのでしょうか?
また、婿をとるという制度はありましたか?
仮に婿をとる制度があったと仮定して、それは社会的、宗教的にどのような位置づけだったのでしょう。
どなたかご存知でしたら教えて下さい。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> 爵位はその家の娘がつぐことができるのでしょうか?

一部の例外を除き、継承することはできません。

英国の爵位の大多数は、王がLetters Patentという文書を発行する形式で授けられています。この文書には、誰に対して何という爵位を授けるかという文言と一緒に、その爵位が誰に継承されるかの指定(remainder)も記述されています。通常は、"heirs male of his body lawfully begotten"と書かれていて、継承できる要件は、(1)男子相続人であること(heirs male)、(2)最初に爵位をもらった人の直系子孫であること(of his body)、(3)嫡出である、すなわち正式な婚姻をした両親から生まれていること(lawfully begotten)の三つです。

したがって、娘は爵位の継承権を持ちません。

また、remainderでいう男子相続人(heirs male)というのは、本人が男子というだけの意味ではなく、息子の息子の……息子とたどってたどり着ける男子(男系男子)のことなので、娘の息子の出番もありません。

何代も続いてきた貴族の家で娘しか生まれなかった場合、爵位は弟や甥、従兄弟や再従兄弟など、remainderの要件を満たす男系の血族で最も近い男子が継承します。誰もいなければ死亡時に継承者不在によって爵位は消滅します。

例外的に娘やその子孫が継承できる爵位は、(1)古い時代のスコットランドで授けられた爵位や、(2)Letters Patentが定着する以前に授けられたイングランドの男爵位、(3)特別な継承規定(special remainder)が設定されている爵位などに限られます。

> また、婿をとるという制度はありましたか?

娘の夫が爵位を継承するしくみという意味でしたら、前述の通りなので存在しません。

また、例外的に娘が継承できる爵位の場合でも、ヴィクトリア朝期に夫が妻の爵位を名乗ることはありません。妻が公爵位を継承しても、夫が平民ならただのMrのままです。中世にはjure uxorisといって妻の称号(の男性形)を名乗り、妻に代わって領地を管理する制度があったのですが、近世以降の英国の爵位は土地とのつながりが切れた単なる称号なためか、この種のしくみはなくなっています。

> 爵位はその家の娘がつぐことができるのでしょうか?

一部の例外を除き、継承することはできません。

英国の爵位の大多数は、王がLetters Patentという文書を発行する形式で授けられています。この文書には、誰に対して何という爵位を授けるかという文言と一緒に、その爵位が誰に継承されるかの指定(remainder)も記述されています。通常は、"heirs male of his body lawfully begotten"と書かれていて、継承できる要件は、(1)男子相続人であること(heirs male)、(2)最初に爵位をもらった人の直系子孫であること...続きを読む

Q貴族や騎士・兵士は何人ぐらいが妥当でしょうか?

貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか?

異世界ファンタジーの世界設定をしているのですが、行き詰っています。
一国あたりの貴族の人数、またはそれに伴った領地の数がよくわからないからです。
モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。
色々調べてはみたのですが、例えば公爵が何人で伯爵が何人などの具体的な数を探しあてられなかったので、知識人の力をお貸しいただけたらと考えた次第です。
下記の条件で、本当におおまかな数(“少なくとも○人は居て、○人以上だと多い”程度)で良いので妥当な数をお考え頂けないでしょうか。
ちなみに騎士はほぼ騎兵で、歩兵は傭兵を雇うのが一般的ということでお願いします。
■A国
絶対王政
国土面積:約2100万平方キロメートル(現在のロシアと中国の間くらいです)
人口:約5000万人
爵位:公爵、辺境伯、伯爵、子爵、男爵、準男爵、士爵
10以上の国を併呑し、統一して誕生した大国。
貴族は文官と武官に別れ、文官は領地を持たず武官は領地を持っている。
士爵は領地を持たず、武勲をうちたてた騎士に贈られる一代限りの爵位。
軍は国の軍(王の常備軍?)のみ。ただ、全員が王都にいるわけではなく、王族を守る近衛兵と、王都を守る兵、国境を守っている兵(全て騎士)に別れる。王都と国境以外の街は、領主が雇った警備兵(庶民)が常駐する。稀に警備兵から騎士に取り立てられる者がいる。戦時中のみ傭兵を雇う。
海洋貿易が盛んで、海軍がある。海軍は貿易航路と海岸沿いを守っている。
同程度の規模の敵国と国境(山と川)を接していて、現在は冷戦中。

■B国
絶対王政
国土面積:約100万平方キロメートル(現在のエジプトくらい)
人口:約255万人
爵位:公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、士爵、名誉士爵
軍事的に強い国ではない。隣国の二国(東西の国)と三国軍事同盟を結んでいる。
あまり裕福ではなく、極端に貧乏でもない。海が無い。
士爵は領地を持たず、武勲をうちたてた騎士に贈られる爵位。世襲制。名誉士爵は伯爵以上の位を持つ者が、何かしら国に貢献した者に与えられる一代限りの位。免税と、街に入る際の優先権が与えられる。
軍の形は海軍が無いこと以外はA国と同じ。
同盟のため東西の守りは薄く、南の国境を重点的に固めている。北は砂漠で、国が無い。

以上です。
そもそも上記の条件の時点で無理があるという場合は、そちらもご指摘いただけたらと思います。


それとタイトル外のことなのですが、上記の設定で色々考えた結果、全世界の人口が二億人ちょっと程度になってしまいました。
ちょっと人口が少なすぎるかなと思うのですが、いかがでしょうか……。もしわかるなら、合わせて答えていただけると嬉しいです。

貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか?

異世界ファンタジーの世界設定をしているのですが、行き詰っています。
一国あたりの貴族の人数、またはそれに伴った領地の数がよくわからないからです。
モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。
色々調べてはみたのですが、例えば公爵が何人で伯爵が何人などの具体的な数を探しあてられなかったので、知識人の力をお貸しいただけたらと考えた次第です。
下記の条件...続きを読む

Aベストアンサー

●回答・・・14~15世紀の頃ではなくて申し訳ないのですが・・・

○1700年頃(17世紀)のイギリスにおける貴族(公爵~男爵)の数は約180家で、準貴族にあたる准男爵が約800家、騎士爵が約600家。
そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。
ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。
なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。

○1700年頃の他の国の人口と軍隊の規模は、
フランス・・・人口約1900万人。軍隊は約35万人。
ロシア・・・・人口約1700万人。軍隊は約22万人。
プロイセン・人口約200万人。 軍隊は約3万9千人。
スペイン・・・人口約600万人。 軍隊は約3万人。

○なおヨーロッパの人口は1600年(16世紀)でも約1億人程度だったそうです。
ちなみにその頃のヨーロッパの人口の約四分の一は、ハプスブルク家の領地に住んでいたと推定されています。

○軍隊における兵士の数は、当然、その国のおかれた周辺の状況にもよってくるでしょう。
戦争状態にあったり、敵対国家が隣接していれば大きな軍が必要になりますし、周辺全てが友好国ならば、軍の大きさも抑え目になる場合もあるでしょう。
前述した1700年頃の人口と軍隊規模からは、人口の約0.5%~約2%程度が兵士であった事がわかります。
ただし、これも絶対というわけではなく色々なケースがあります。
特に傭兵を雇う場合、資金があればかなりの軍を維持できます。
16世紀、「北方の獅子」と呼ばれたスウェーデンのグスタフ2世王は、ドイツに進攻し軍事的成功をおさめ、15万人の軍隊を率いています。
しかし、そもそもこの頃のスウェーデンの人口は約100万人程度しかなく、15万人もの兵士のうちスウェーデン人はその約2割の3万人程度でしかなく、他は現地のドイツ人やイギリス人などの傭兵だったそうです。
ただ、傭兵を雇えばお金がかかります。
グスタフ2世王は現地ドイツの味方の貴族や都市から寄付金を募り、味方でないところの都市や、貴族からは、攻めない略奪しないと約束して、安全保障費を払わせ、軍を維持する資金を得ていたそうです。
ただし、傭兵を雇用し資金繰りに苦しみ失敗した例もあり、それがハプスブルク家です。
前述した16世紀におけるハプスブルク家の領地の人口は約2500万人ですが、この頃、ハプスブルク家の軍は、傭兵を主体に30万人を超えました。戦争も多く戦費も嵩みます。その結果、国の財政は殆ど破綻しています。

■そういうわけで、知恵を絞り、歴史に学び、工夫すれば、かなりの軍を作品内で動員する事が可能になるかと思います。
良い作品ができますようお祈りいたしております。

●回答・・・14~15世紀の頃ではなくて申し訳ないのですが・・・

○1700年頃(17世紀)のイギリスにおける貴族(公爵~男爵)の数は約180家で、準貴族にあたる准男爵が約800家、騎士爵が約600家。
そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。
ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。
なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。

○1700年頃の他の国の人口と軍隊の規模は、
フランス・・・人口約1900万人。軍隊...続きを読む

Q余?予?

よく王様が自分のことを「yoは、それを願う」みたいな話し方をしますが
この場合の一人称は漢字で書くと
「余」でしょうか?
「予」なのでしょうか?

調べて見ると、どちらも可、とありましたが
私はずっと「余」だと思っていました。
しかし娘は見たことがないそうで、今は「予」なんだよ、と言うのですが
実際はどちらで使われる方が一般的なんでしょうか?

Aベストアンサー

どちらが一般的かを決められるほど分布に偏りはなさそうです。統計ではなく経験なので信用できませんが^^;

漢字は、思春期頃に読んだものの影響が大きいと思います。

おそらく、
谷崎潤一郎、芥川龍之介、石川啄木に親しんだ人は「予」、
夏目漱石、森鴎外、坂口安吾であれば「余」、
を使っているのではないでしょうか。

Q髪を「とかす」を漢字で書くと?

髪を「解かす」が正解でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

梳かす もしくは 解かす

漢字としては「梳」でしょう。「くしけず-る」という字です。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/138697/m0u/%E3%81%A8%E3%81%8B/

Q『金貨』『銀貨』ってどのくらいの価値?

よくゲームや漫画などで「金貨」や「銀貨」が出てきますが、どのくらいの価値があるものだかわかりません。
もちろん世界観、現実世界でも時代や地域によって価値は違うのでしょうが、「金貨一枚あればこのくらいのことができる」というのを教えてもらえないでしょうか?

剣一本でこのくらい、とか。
平均的な市民の○○日分の賃金に相当する、とか。

想像力の乏しい自分には、金色のコイン→500円玉という安直なイメージしか生まれません(笑)
「ホレ、報酬の金貨10枚だ」なんてセリフがあったとしても「たった5000円?」みたいにしか思えないのです。

Aベストアンサー

ファンタジー系は中世の西洋を参考にしていると思いますので…。
16世紀あたりのイギリス通貨だと、
銅貨4枚=銀貨1枚
銀貨12枚=金貨1枚
くらいだったと思います。
銀貨や金貨は実際には○○銀貨や○○金貨とあり、それによってレートも変わったりするので絶対これが正しいとは言えませんが・・・。

労働者の賃金は銀貨15~18枚(1日)くらい、パンの価格は銀貨8枚(3日分)くらいだったと思います。
日給が金貨1枚ちょっとということで1万円くらいだと考えると、金貨10枚で10万円。大金ですね。
こんな感じのイメージでいいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング