システムメンテナンスのお知らせ

何故サッカーのサポーターはプロ野球のファンと違い、敗戦後は選手を罵倒したりバスに物を投げつけたりするのでしょうか?
サッカーでは数試合負けると「〇〇辞めろ!」とフロントや監督批判の横断幕を掲げたりするのを見ますが野球ではあまり見かけません。
熱く応援しているのは理解出来るのですが、敗戦後に選手とサポーターの言い争う姿やたまにサポーター同士の暴力沙汰を見るので・・・

gooドクター

A 回答 (9件)

野球(阪神)でも普通にあると思いますが。


飲み物の氷を投げたり、メガホンを投げたり。
選手、監督を罵倒するのは味方、相手構わず日常茶飯事ですよ。
ロッテでは以前、選手批判の横断幕を掲げてましたよ。

観客同士の争いも、甲子園ではよく見かけます。
(阪神ファン大勢がビジターチームのファンを取り囲んでます。特に巨人ファンはよく狙われます)
    • good
    • 10

そもそもNPB(野球)とJリーグ(サッカー)ではプロスポーツとして成り立ちが大きく違います。


NPB(野球)はスポンサー企業のチームで、企業の看板・広告塔でしかない。
Jリーグ(サッカー)は、地域を代表するチームで、そこに複数の企業がスポンサーとしてサポートし、個人が年会員等で出資する事で成り立っています。
高校野球の甲子園の様な感覚も持ち合わせているだけに、都市間のライバル関係も明確になるし、その都市のプライドを表現する存在になっています。

NPB(野球)は企業から与えられた物だが、Jリーグ(サッカー)はサポーター自身がスポンサーとして応援する物です。
その為、Jリーグ(サッカー)サポーターはチーム運営に興味を示し、選手に闘志を見せることを要求します。
要するに受動的(野球)と能動的(サッカー)の違いだけに、正反対とも取れますね。
この構造の違いで、J発足当初に読売のナベツネvs川淵の騒動が起りましたしね。
これは チームを地域とサポーターの物としたい川淵と、企業の私物として利権を生み出したいナベツネとの争いでした。
フリューゲルスが消滅し、横浜FCが出来た事で、Jリーグのクラブは1企業に頼る事の危険性を認識し、組織のあり方の違いが明確になるきっかけとなった出来事ですね。

で 質問者さんの発言に対する説明・反論です。

>敗戦後は選手を罵倒したりバスに物を投げつけたりするのでしょうか?
最近はそんな事も起こってないと思いますし、Jの歴史上数える程度しか起こってないですよね?
野球にも同類のファンはいますし、試合後のグランドに応援用のメガホンやゴミが散乱しているのは野球くらいです。
マナーの面でも良くないし、隠れてごみを捨てる精神性は、バスに物(怒り)をぶつけるのとは正反対の陰湿さを感じますね。

>熱く応援しているのは理解出来るのですが、敗戦後に選手とサポーターの言い争う姿やたまにサポーター同士の暴力沙汰を見るので・・・
選手とファンが言い争いになるのは、殆ど興奮状態で試合後の挨拶に行ったときですよね?
でも、野球は試合後にファンに挨拶してないので、選手が熱心なファンに試合後の興奮状態で近寄ることは皆無の為、起りにくいだけじゃないかな?
これは、ファン有ってのサッカーと、企業有っての野球という成り立ちの違いからくる、ファンへの対応の違いかもしれません。

それと、サポーター間で問題起こしてるのは、鹿島と浦和一部だけでしょ?
両チームには、残念な事に、サッカーの応援じゃなく暴れたくてスタンドに行ってる輩が居ると思われますね。
そもそも Jリーグが地域密着を目指しているだけに、サッカー云々じゃなく、浦和と鹿島の地域性なのかもしれません。

>サッカーでは数試合負けると「〇〇辞めろ!」とフロントや監督批判の横断幕を掲げたりするのを見ますが野球ではあまり見かけません。
野球とサッカーでは一試合の負けの重みが雲泥の差ですし、勝敗や順位に余り意味のない野球の感覚では推し量れません。
Jリーグ(サッカー)はフロントの努力次第でチーム強化に差が出で、勝敗に影響する競争に常にさらされています。
その為 チーム運営に口を出したがるファンは、フロント・監督にチーム不調の原因を追求したがるからでしょうね。

選手獲得も野球はドラフトで戦力は平均化できるが、サッカーはチームとして才能ある選手を集めて育成するか、出来上がった選手を集める事になるが、何れもチームに魅力がなければ選手は集まらないので、フロントは魅力的にする努力が必要になる。
サッカーは監督次第で結果が激変する場合があるし、メンタル面も大きく影響するスポーツなので、選手との関係が悪い監督では、選手の能力を引き出せない。
又 一部の選手の素行のために他の選手まで悪影響を及ぼすことも有るだけに、サポーターは事情を聞きたいと思うことは多々あるだろう。

一方、野球はNPBや企業と言う組織の温室にはまっているのが現状で、フロントはチーム運営の為の事務屋でしかない。。

結局常に競争を強いられるサッカーと、温室で”なーなー”の世界で居るのとでは相容れない面はあるのだろう。
ただ サッカーファンはチーム事情を理解すると何も問題起こしませんし、新潟の亀田製菓の出来事のように、現状打破に尽力して応援しますよ。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

確かに選手とサポーターが言い合いをしているのは試合後の興奮した状態ですね。
野球の一企業とJの地域未着とでは成り立ちからして違いますし、一つの試合の重みが違うのにも納得です。
なるほどと思える事が多々書かれており、とても勉強になりました。

お礼日時:2010/09/01 17:21

種目に関わらず、気性の荒いファンやサポーター等ってのはいますけどね。



プロサッカー競技において、何故あそこまでサポーターが熱くなるのか?。
やはり「2部(J2)」の存在でしょう。
2部落ちは「屈辱」ですから、そりゃ熱くなります。
監督等への批判は、特に成績不振な場合は顕著になりますが、背後には「2部落ち」という「屈辱」がそこにあるのです。

年間試合数もプロ野球に比べて少なく、例えば4試合連続勝ち点ゼロ、というのは週に2回のJリーグにとっては、感覚的には野球の24試合連続勝利無しに匹敵します。

リーグ中途で監督解任がよくあるのも、J1上位では優勝の可能性への、また下位チームでは2部落ちに対する危機感の表れです。
その点は容赦ないのがサッカーの世界です。
そしてサポーターも容赦しません。そんなふがいない監督に怒るのは当然です。
(時には経営陣にも容赦しません)

さらに、2部(J2)に落ちたからといって「底」がある訳ではありません。
成績不振、あるいは経営不振の場合は「Jリーグ退会」という最悪の結果も有り得ます。
クラブ消滅やJFLへの陥落、ということです。
(現に、経営不振でJ2の「ベルディ」が存続危機にあります)

プロ野球興行には上下2部リーグ制が無く、万年最下位でもリーグから追い出されるシステムではないので、熱くなる理由が判りにくいのかもしれませんし、「たかが応援で・・」と思われるのかも知れません。


熱いサッカーのサポーター達ですが、行きすぎた行為は「×」です。
行きすぎたサポーターの行為については、リーグ側からの制裁の対象になります。

クラブに対しては制裁金(数百万単位.過去には1000万円級も有)と以後の対策を求められ、サポーターについては個人を特定し出禁等の措置がとられます。
最近ではサポーターの差別発言により、けん責と制裁金の罰が下ったクラブがあります。
当然のことですし、二度とあってはならない行為です。

特に人種差別について国際サッカー連盟(FIFA)は厳しく対応しており、傘下にある各国協会、そして各国のリーグにも厳しい対応を求めており、これが守られない場合は勝ち点剥奪、下位リーグ降格という罰もあり得ます。
また、この規則を適用しない加盟協会にはFIFA主催試合に2年間出場停止の罰もあります。(代表、クラブ共)
サポーターのみならず、その行為を選手自体が行った場合も厳しい罰が下ります。
サッカー界では人種差別は「罪」が大きいだけに、注目される訳です。

プロ野球興行の応援団のヤジや行為も相当酷いものが見受けられますが、話題に上らないということは、常態化しているという裏返しでもあるんじゃないでしょうか。


余談ですが、J2落ちした頃の「浦和レッズ」と対戦する各J2クラブは、J2レベルでは当時前例の無い「熱く層のあるサポーター」への警備対策で苦労したそうです。
警備員を増やしたり会場も大きめのを用意したり、あるいは「中立地帯」を大きく採ったりとか。
J2落ちしても熱く応援し一丸となってJ1復帰を目指す。それがサポーターなのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

サッカーの4試合勝ち点無しが野球の24試合勝ち無しに匹敵とは思いもよりませんでした。試合数が少なく野球には無い降格の危機があるのも影響し熱くなるのも分かる気がしますね。
話はズレますが、汚いヤジが常習化しては小さな子供を連れて行くのは考えてしまいます。

お礼日時:2010/08/31 01:26

野球だったら選手のほうが観客によく切れてますよ。



かつては3000本安打の張本さんも不調のときに
自分のルーツがある「韓国へ帰れ!」とやじられてぶち切れて
バットを観客席に放り投げたり・・・というのもあったし、
(かつて中日の主軸だった大豊さんも同じようなこと言われて
 同じようにぶち切れたと記憶してるんですが・・・)
阪神にいた赤星さんもよく切れてたし
(インタビュー中に・・・というのもあった)
横浜の中心選手だった駒田さんはプレー中にもかかわらず
観客からやじられると平気で言い返してましたよ。

いまは少なくなりましたが、野球だと昔は優勝争いをしてて負けが込んだり
首位攻防戦で負けたりすると、怒ったファンが応援バットやメガホンを
グラウンドに投げ捨ててました。

>フロントや監督批判の横断幕を掲げたりするのを見ますが
野球ではあまり見かけません。

これは野球でもよくあると思います。


種目が違えど、どっちもどっちかと・・・
マナーの悪いやつはどこに行ってもいますからね。
    • good
    • 0

サポーターという言葉と同時に


フーリガンという単語も上陸してしまい

騒ぐファン→熱いファン

と勘違いしてる人が多いな~っと感じます。

野球と違うのは、暴動の責任をチームが取るので
出禁やら色々と罰則が施行されますよね。
    • good
    • 1

個人的な言い方ですが、一試合の重みじゃないですかね・・


野球は140前後、サッカーは35前後。
野球は翌日すぐ試合があるけど、サッカーは一週間・鬱憤溜まりますよ。^^
それで連敗でもしたら爆発するのでは?
他にも原因あると思うけど^-^・・・
    • good
    • 0

私はプロ野球もJリーグも大好きで両スポーツともに、あるチームを応援しています。


この為、有る程度公平制を持って判断出来ると自負しています。

これまでに海外のサッカーでは殺人に発展するなどのケースも見受けられます。なぜでしょう?

サッカーは野球と違い、上位・中位・下位によって翌シーズンのチーム状況が大きく変わる事が揚げられます。野球は数年前からCS(クライマックスシリーズ)が始まり少し是正されたとは言え、基本的に優勝以外(つまり2~5位)はあまり関係ありません。

しかし、Jリーグの場合は例え優勝出来なかったとしても3位以内に入るとACL(アジアチャンピオンズリーグ)というアジアNo.1を決める大会に出場できます。また下位(16~18位)になりますと翌年から自動的にJ2へと降格となります。J2行きはチームに取って大打撃です。主力選手の流出、スポンサー離れ、観客動員の減少等、デメリットは枚挙に暇がありません。
さらにヨーロッパのリーグなどは上記のACLのような大会以外にも各国の中位(概ね4~6位あたり)+カップ戦の優勝チームが参加するカップ戦があります。こうしたカップ戦に参加し、勝ち上がる事によって分配される賞金も大きいので、翌年のチーム予算+チーム編成に大きく影響します。

ちなみに両スポーツ(野球はセ・リーグを対象とする)の昨年の優勝チームと最下位の勝率を見ますと、2008ー09のJリーグ優勝は鹿島アントラーズの勝率.714に対し09優勝の巨人は.659です。一方最下位はジェフユナイテッドで.227に対しベイスターズは.354となります。

確かに私も応援しているプロ野球のチームが負けが混んでもそれほど感情的になりませんが、Jのチームが連敗すると若干感情的になります。お互い応援する方の気質もあるとは思いますが、野球はサッカー程実力差も出ないので一喜一憂してられないというのも有るかもしれませんね。

長文駄文失礼致しました。
    • good
    • 0

野球でもありますね。


王さんがソフトバンク(ダイエー時代)の監督されていたときも優勝するまではずーーーと辞めろとか、バスに卵投げつけられたりとかしてましたよ。

サッカーは客席と選手の距離感が結構近いですからね。そういったシーンが目立つのかもしれません。
    • good
    • 1

野球でもあるでしょう



バスを囲むこともソフバンとかありましたし、ロッテとかも相当でした
阪神とかも罵声が凄いですよ

ただ応援団の人が野球はいるのでなかなか個人でそういうことしにくいですよね
サッカーは自由なとこがあるのでやりやすいのかな
サポーターといってもいうほどまとまりないですからね

この回答への補足

野球でもあったんですか?夜のスポーツニュースのダイジェスト等でしか見ないもので知りませんでした・・・回答ありがとうございます。

補足日時:2010/08/23 23:38
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング