この春から経済学部の2年生になり、現在どの科目を履修しようか考えています。その際に疑問に思ったのは、経済史概論と経済学史はどう違うのかということです。学校からもらった授業内容が書いてある冊子を読んだり、ネットで検索したのですが、どちらの科目も歴史系のように思えてしまいます。
どなたか、この2科目の違いと、この2科目の内容を簡単に教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

orimotoさんが言われているように、大学の講義名は、高校までのそれとは違っ


て、あまりあてにならないと考えたほうが良いかもしれません。担当の教官によって内容は全くと言ってよいほど異なってきます。
「経済史」とは概して、経済と言うものが、歴史的にどのように展開してきたか、を考える分野です。まぁ、大体が産業革命以降、従って資本主義の発生以降の社会について、経済という側面から考える、という形態をとるでしょうね。ですから、重商主義だとか重農主義だとかいうような、高校で学んだ社会の、経済特化版、といったところでしょうか。「経済学史」は、経済学、つまり経済理論の歴史をみていくものです。経済理論は、現実経済の構造・問題を抽象化して考えるものですから、実証的な性格の有る経済史とは異なります。多くは、アダム・スミスやケインズなどについて学ぶでしょう。学派で言えば、古典派、新古典派、ケインズ派などなど。これに学部1年生のころから親しんでいる人はいないでしょうから、もし、理論に対する予備知識が無ければ、経済学説史の内容は、かなり無味乾燥でおもしろくないと感じてしまうでしょう。逆に知識が多少ともあれば、なんとかなるだろうし、面白いと思います。しかし、経済学部にいらっしゃる以上は、ミクロ・マクロは必修でしょうから、理論は嫌だとか言ってられないでしょうね(笑)。
経済史と経済学史との間には、今述べたように異なる点がありますが、経済理論は、理論家の生きた時代背景も関わってきますから、関わりの無い分野ではありません。二つの講義を受けてみることで、双方の理解も深まるでしょうし、面白いでしょうね。頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に違いが分かりやすかったです!ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/16 06:47

科目名を正確に解釈すれば、「経済史概論」は、資本主義の成立から始まって、共産主義の興亡から現代にいたる経済そのものの歴史をのべる、主役は「経済実体」そのもの。

「経済学史」は,アダム・スミスの学説あたりからマーシャルの近代経済学、ケインズやマルクスの学説をのべる、主役は「経済学説」となりますが、実質的中身はほとんど同じでしょ。

そもそも大学はえらそうな科目名をつけますが、中身は先生の得意なことをのべますので、科目名や説明は参考程度にしておいて、実質的になにをのべたのかを、すでに受講した人から聞いた方が正確です。面白かったかなどもね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済史

なぜ、経済史を学ぶのでしょうか?経済理論や現代の経済問題に関心をよせる人の立場から教えてください。

(補足)通信制の大学生です。「経済史」の研究課題です。

Aベストアンサー

経済学において、経済史および経済学史を学ぶ意味はあります。
これは他の分野においてその分野の歴史を学ぶよりも特に意味が大きいです。

今回は経済史の意義についてのみ答えます。
社会科学の中で経済学と並び心理学は、自然科学と同じような科学性をを持っている学問です。

なぜかというと経済学と心理学は、物事を調査し、結果を整理し、新たな知見を導き出し、知見の正しさを立証するまでの基準を持つ手続きである科学的方法に基づいているからです。
つまり、仮説を立て、立証し、他の人間がそれを検証する理論と実戦のプロセスが経済学と心理学にはあるのです。

自然科学では、大抵の場合、理論構築の足がかりとなるデーターの収集やその理論の立証や検証などの実践プロセスは『実験』を用いて行います。こないだ話題になったCERNのヒッグス云々もその一環として行われていたものです。

しかし、経済学ではなかなか実験を行うことは難しいです(先進国の経済政策は一種の実証実験とも言えますが…)。
ですので、実験の代わりにかつて社会で起こっていた経済活動を分析及び立証に利用するわけです。

つまり、長い歴史の中で問題となる状況が似通った例を探してきてサンプルとして分析の材料にするのです。他にも過去の経済データーを使いモデルを作り懸賞の材料にしたりします。
例えば、リーマンショック当時盛んに世界大恐慌時代の話が持ち上がりました。これはリーマンショック当時の状況が世界大恐慌当時の状況に酷似していたからです。
したがって、世界の経済政策は世界大恐慌の教訓を経済政策に反映させることで、世界大恐慌ほどの大恐慌へ連鎖することを食い止めることができました。
そして現在の先進国は『日本の失われた10年』に注目しています。日本がどのように苦しんできたかをわかれば、今後どのような問題が起こるかある程度予想がつくからです。

また通貨政策では、貨幣の過剰な発行は経済を混乱させることが分かっていますので皆慎重に通貨を発行しています。ただし慎重過ぎる弊害も最近は問題視されてきており、現在は慎重と積極の間で議論が揺れています。

例えば、経済史および経済学の観点からリーマン・ショックと世界大恐慌を比べてみましょう。
・両者の共通点は概ね以下の3つです。
 貧富の格差の拡大
 金融の過度な流動化
 それに伴うバブル

・両者の違っていた点は以下のようになると思います。
現代の方が良い点
 WTOや各種貿易ルールなど経済の安全装置が拡充している。
 世界大恐慌時代の教訓があった。
 
現代の方が悪い点
 富の再分配について解決の目処がついてない。
 先進国は成長の余地が当時より少ない。
 国民が当時より我儘になっており、トップダウン的政策が取りづらい。
 資源・環境問題など限られたパイをどのように使用するかという問題が浮上している。


まず何故リーマン・ショックが発生したかというと
当時が、経済の需給バランスが崩れ供給過剰気味だった状況で、その供給過剰をバブルによって支えていた経済構造がバブル崩壊によって崩れ去ったからです。
なおバブルの原因は、金融の過剰流動化です。
これは世界大恐慌当時とだいたい同じです。

しかし、世界大恐慌当時はバブル崩壊の被害をむしろ拡大させるような政策が立て続けに取られていましたが、現在はバブル崩壊の影響を抑える政策が取られましたので世界大恐慌時代ほど酷いことにはなりませんでした。またWTOなどの貿易を統制する機関が存在したことも被害を最小限にすることに一役買いました。
ですので、短期的にはリーマン・ショックは世界大恐慌の時ほど酷いことにはなりませんでした。

ですが、長期的には様々な問題があります。
世界大恐慌時にどのように供給過剰という問題を解決したかといえば、大量の政府支出と富の再分配です。
まず世界大恐慌はそのままWW2に結びつきましたから、戦争により各国は増税・国債発行&大支出(戦費)を行いました。
これにより大きく落ち込んだ需要をまかない供給過剰を解消したのです。

しかし、そんな政府の支出は長続きしません。
長期的には需要不足は富の再分配によって解消されました。
実際貧乏人はもらった給与のほとんどを使いますが、金持ちはもらった給与のすべてを使うわけではありません。
ですので、金持ちが給料をもらい過ぎると金持ちがお金を溜め込んだ分、社会の需要が不足するのです。

世界大恐慌当時はWW2以降の政策による格差是正が問題を根本的に解決しました。
つまり、戦争で大増税された後に政府はその税率を戻すのではなく、福祉などに利用することによって再分配を行ったです。
税は基本的に金持ちからより多く取られますが、福祉は基本的に国民一律に給付されます(貧乏人専用の福祉もあるので一概にそうとはいえないが)。
つまり、金持ちから沢山とって平等に給付することにより、格差が緩和されるわけです。
さらに、労働法制が整備され労働者の権利が拡充することにより、企業は従業員に高い賃金を払わざるをえなくなりました。
これも格差の是正につながりました。

しかし、現在ではなかなかそのようには進みません。
現代において金を持っているのは金持ちおよび老人です。
日本はもう少し所得税を上げるべきでしょうし、老人の資産に対しても課税すべきです。
しかし、それらは国民の反発があり取り組めない状況です。
世界大恐慌時代は戦争のどさくさに紛れたというのと痛い目にあったから反省したという両方の面があったのでしょう。さらに国民もよく分かっていませんでしたし、きちんと経済を安定させれば爆発的な成長ができるという目処もありました。
しかし、今の先進国は当時よりもずっと国民が我儘ですし、経済を安定させてもそれほど成長はできません。このような状況ではトップダウン的な政策は取りづらいです。


このように経済学において経済史を学ぶのは、まず何より『問題が発生した時に、似たようなログを引っ張ってこれる。』というのが大きいです。
それによって『今がどういう状況なのか』、『今何をしたらいいのか』、『これをしたらどうなるのか』が予想がつくわけです。
つまり、理論と実践の間を取り持つ事ができるわけです。
こういう場合はどの理論を使えばいいのかは経済史を学ぶとよく分かります。

細かい数字を正確に覚える必要はありません。
そんなのは必要となった時に調べればいい話です。
しかし、経済の流れ、それに伴う社会状況・経済状況、その時に取られた政策、その結果などはおおまかに把握しておく意義はあります。

経済学については、経済学史についても学ぶ意義がありますがそれについても希望があれば説明します。

ケインズとハイエク まさかのラップ対決
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9548930

経済の変化と経済学の進化について纏めております、参考にしてください。
http://blog.livedoor.jp/takotubo/archives/50503724.html

なお私も通信で経済学を学んでいたのでその時に感じたコツをまとめております。
良ければ参考にしてください。
http://blog.livedoor.jp/takotubo/archives/50759719.html

経済学において、経済史および経済学史を学ぶ意味はあります。
これは他の分野においてその分野の歴史を学ぶよりも特に意味が大きいです。

今回は経済史の意義についてのみ答えます。
社会科学の中で経済学と並び心理学は、自然科学と同じような科学性をを持っている学問です。

なぜかというと経済学と心理学は、物事を調査し、結果を整理し、新たな知見を導き出し、知見の正しさを立証するまでの基準を持つ手続きである科学的方法に基づいているからです。
つまり、仮説を立て、立証し、他の人間がそれを検証す...続きを読む

Qアメリカ大陸発見の影響

「発見」という言葉にはつっこまないでください。

コロンブスによってヨーロッパにアメリカ大陸の存在がしられるようになり、
ヨーロッパ諸国はアメリカ大陸に進出し、さまざまなことをします。
そうする過程で政治・経済などあらゆる面で変化が生じた。
というのは分かるのですが、では具体的にどのような影響があったのでしょうか。
アメリカ大陸の発見がヨーロッパ人にどれ程大きな衝撃として受け止められたのか、
また社会現象としてヨーロッパ世界にどのような変化をもたらしたのか。
このような事を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

某T大学でその辺を詳しくやっています。

新大陸「発見」のヨーロッパへの影響についてはよく以下のことがあげられます。

(1)価格革命が起こった!
  →大量の銀が流入し、お金がたくさん増えたので物価が2~3倍あがってしまった。

(2)商業革命が起こった!
  →ヨーロッパの貿易の規模が世界規模に拡大!さらに貿易の中心が(それまでの)地中海から大西洋に移った!
  〔世界規模の商業圏ができたことは、海外市場を獲得→資本主義経済の発達に大きく影響してきます。〕

(3)食品革命が起こった?
  →それまで新大陸にしかなかったトマト、とうもろこし、じゃがいも、さつまいもなどがヨーロッパへ。これにより今日の西洋料理ができた!?
  〔ex:イタリアのパスタはそれまではトマトソースなしだったということです。〕

一般的には以上三点が特に重要視されています。

補足としてあげとくと、(2)の商業革命の結果、ヨーロッパの西側では(大西洋側)商業が一気に発展したのに対し、東側は到底かなわず、西側の「食料供給地」に成り下がってしまいました。西側の資本主義の発達と対照的に、農奴化が進み、19世紀の社会主義国家の遠因になっていきます。(政治の分野の話になるので詳しい説明はやめておきます。)それまで地中海貿易で発展していたイタリア、南ドイツは落ちぶれていきますが。

まあその後の植民地戦争はあくまで(2)の結果です。
いづれにしろ既に挙げた3点が大事です。ヨーロッパ全体にかつてない影響を与えたのは間違いありません。

某T大学でその辺を詳しくやっています。

新大陸「発見」のヨーロッパへの影響についてはよく以下のことがあげられます。

(1)価格革命が起こった!
  →大量の銀が流入し、お金がたくさん増えたので物価が2~3倍あがってしまった。

(2)商業革命が起こった!
  →ヨーロッパの貿易の規模が世界規模に拡大!さらに貿易の中心が(それまでの)地中海から大西洋に移った!
  〔世界規模の商業圏ができたことは、海外市場を獲得→資本主義経済の発達に大きく影響してきます。〕

(3)食品革命が起こっ...続きを読む

Q経済史を学ぶ意味って・・・

大学で経済史の講義を受けているのですが、半年間取り組んでも
何が面白くて、どう役に立つのかわかりません。
他の経済学の講義は面白いと感じますし、
経済学自体が嫌いなわけではありません。

そこで質問ですが、経済史を学ぶことには
どういった意味があるのでしょうか??

その意味が分かれば、来年初めからもう一度
経済史を勉強しようと思うのですが・・・

Aベストアンサー

全ての学問には、流れというのがあります。
その流れが、所謂「歴史」となります。
ただ、この「歴史」には二つあって、「人間が営んできた社会の歴史」と「人間の好奇心・興味としての歴史(簡単に言うと学問の歴史)」です。
質問者さまがどちらの「歴史」を受講されているかで変りますが。

・「人間が営んできた社会の歴史」

こちらは、「古代ローマの経済は~」とか、「世界最初の株式会社はオランダ東インド会社」だとか、所謂、「歴史学」に所属する経済史と言えます。
「歴史学」を研究主題にしないのであれば、まぁ、教養のレベルと言っても良いかと思います。
ただ、「歴史は人類の教師である」という面もあり、「歴史に学ぶ」という意味で役に立ったりします。
ただ、「歴史学の仮面を被ったイデオロギー」には気を付ける必要があります。(全ての歴史はフィクションである、と言って良いほど客観化するのは難しいので→参考Q&A http://okwave.jp/qa3672975.html)

・「人間の好奇心・興味としての歴史(簡単に言うと学問の歴史)」

こちらは、学問の流れを学ぶ意味で重要です。
例えば、「経済学」と一言で言っても色々な立場や思想・価値観が存在します。
例えば、マルクス経済学はマルクスが資本主義の問題点を明らかにした点で未だに重要性は失っていません。(マルクス→共産主義→ソ連→悪というイメージがありますが、マルクス経済学は社会主義の学問ではありません)
http://www.econ.keio.ac.jp/staff/nobu/lecture/study-guide.htm

また、ケインズ経済学の根底には19世紀に生まれた「セイの法則」と密接な関係があったりします。
このように、学問は先人が考えた論理に批判(必ずしも否定的な意味ではない)を加えて発展してきたといえます。
また、その批判にはその人が置かれていた社会的背景も影響していたりします。
(例えば、マルクスの生きた時代は資本主義(自由競争)の名のもと資本が一部の資本家に集中する時代でもあった)
その流れを大まかにでも掴むことで、学問の論理をより詳細に詳しく理解することが出来ます。

このように、学問の背景としての歴史を知ることで、よりその学問に対する理解が深まると思います。
それと、教養は思わぬところで役に立ったりします(笑)

全ての学問には、流れというのがあります。
その流れが、所謂「歴史」となります。
ただ、この「歴史」には二つあって、「人間が営んできた社会の歴史」と「人間の好奇心・興味としての歴史(簡単に言うと学問の歴史)」です。
質問者さまがどちらの「歴史」を受講されているかで変りますが。

・「人間が営んできた社会の歴史」

こちらは、「古代ローマの経済は~」とか、「世界最初の株式会社はオランダ東インド会社」だとか、所謂、「歴史学」に所属する経済史と言えます。
「歴史学」を研究主題にしな...続きを読む

Qマンキューの本は原書でも解答がないんですか?

日本語版のマンキュー入門経済学を買ったのですが、どうやらあ問題はあっても解答はないようなんです。
これはどういうことでしょうか?

経済学だから明確な答えはないということ?
それとも問題自体が日本語版のみに追加されたものということ?
それとも原書には解答はあるけどなぜか日本語版にはないということ?

教えてください ペコリ

Aベストアンサー

マンキューの教科書(アメリカの多くの教科書)は、指導教官が章末問題を宿題として出せるように解答はついてないです。

どうしても知りたい場合は、マンキューの教科書を採用してるアメリカの教授が"Homework solutions"などとして個人のホームページにアップしてるので探してみてください。

Q拡張的財政政策という言葉の意味を教えてください

拡張的財政政策に関する意味

どのような政策なのか 言葉がうまく理解できていないのでお願いします

Aベストアンサー

財政政策というのは、政府の予算ってあるでしょ?
それの入り(税収をどうしようか?税率をどうしようか?)
出(どれぐらいお金を使おうか?)をどうしようか?と、考えること。

拡張的というのは、基本的には、政府が使うお金を増やすこと。
例えば、補助金をもっと出す。公共事業をどんどんやる。家計に対して、子供手当てを出す。
それから、直接的には出さないけど、間接的に出したことになる減税。
これも、拡張的財政政策の一つです。

従って、拡張的財政政策=政府が使うお金を増やすような政策と政府が税金を免除するような政策

Q経済学の歴史は簡単な年表で表せないでしょうか?

工学部生ですが趣味で経済学を勉強しています。
私はいつも勉強をするときその歴史から入るのですが(たとえばパソコンなら誰がどういう風に最初考えたのか等)経済学は複雑でよくわからないんです。
経済学史のところもごちゃごちゃしているし、簡単にどんな流れで経済学がうまれ、変わっていったのかわかるようなものはないでしょうか?

Aベストアンサー

古い本ですが
別冊宝島82 わかりたいあなたのための経済学・入門
これの 表紙裏が 見開きでチャート図になっていた。

経済学の連中は、他の学説に対して
○ 反論する
○ 無視する
のどっちかで、無視すると流れがなくなります。
パソコンの歴史は、無視することは基本的にないので、流れがありますが、無視すると流れが見えなくなる。

世界の経済学は、第二次世界大戦あとは、アメリカが主流です。
なのにアメリカはマルクス経済学を基本的には無視していた。あんなの経済学ではないと。

上記の書籍のころ、これからは日本人がノーベル経済学賞を取るなんて言われた
理由の一つが、米と違って、マルクス経済学も日本はヤッているからというものだったが・・・
相変わらず 取れない。

Q差額地代説について

差額地代説というのが良く分かりません。検索してもほとんどなくて困ってます。一応、検索した中で一番分かり易そうなサイトで、
「リカードは肥沃な土地から順に生産を拡大すると仮定。価格は市場(「一物一価の法則」)により最劣等地の投下労働量によって決定される。すると肥沃な土地には余剰が発生することになり、それが地代を形成する。土地の収穫逓減が理論的基礎にある。」
と説明されていました。しかし、全くと言って良いほど分かりません。どなたか差額地代説について教えてください。

Aベストアンサー

 わたしもよくわかってるわけではないんですが……
 まず前提として、小作人が地主に地代を払って土地を借り、そこで農作物を作り、それを市場で売って生活している、という状況を想定します。
 小作人の労働力が同じでも、肥沃な土地からはたくさんの収穫が上がります。わかりやすくするために、いちばん痩せた土地でできる作物の市場価格を10、いちばん肥沃な土地でできる作物の市場価格を100としましょう(土地の面積、小作人の数、作物の品質はどちらも同じ)。小作人の生活費は5、小作人の利益は1と仮定します。そうすると、痩せた土地の地代は10-(5+1)=4、肥沃な土地の地代は100-(5+1)=94、となります。このように、小作人の取り分(労働投入量+一般利潤)が決まっていて、それと土地の生産力との差(=超過利潤)が地代になる、というのがいわゆる「差額地代」の考え方です。だから肥沃な土地ほど地代は高くなる、ということですね。
 で、これじゃ稼ぎが少ないからというので、小作人の数つまり労働投入量を倍にしても、収穫は倍になるわけではありません。土地の生産力の限度で頭打ちになりますから、そこから先はいくら小作人の人数を増やしても、一人あたりの収穫量は逆に減っていってしまいます。これが「収穫逓減の法則」ですね。
 リカードとマルクスで少し考え方が違っていたと思うんですが、差額地代論の基本はこんなところだろうと思います。わたしも考え違いがあるかもしれませんが……その場合は、すいません。

 わたしもよくわかってるわけではないんですが……
 まず前提として、小作人が地主に地代を払って土地を借り、そこで農作物を作り、それを市場で売って生活している、という状況を想定します。
 小作人の労働力が同じでも、肥沃な土地からはたくさんの収穫が上がります。わかりやすくするために、いちばん痩せた土地でできる作物の市場価格を10、いちばん肥沃な土地でできる作物の市場価格を100としましょう(土地の面積、小作人の数、作物の品質はどちらも同じ)。小作人の生活費は5、小作人の利益は1...続きを読む

Q大学の授業で、単位落したら就職不利ですか??

今大学1年生です。履修した授業の中で聞く時間がもったいないくらいつまらない授業があります。課題がたくさんあるのでその無駄?な時間に課題をやりたいです。なので、履修を取り消したいと思ってたのですが、学校の方でもうやめることができないといわれました。成績が「不可」になって単位を落とすことになっても授業にでないということもかんがえてるんですが、そういうのって後々就職などに不利になりますか?

Aベストアンサー

その単位を落としても進級できるのなら問題ないと思います。留年は響くでしょうが、単位を落としただけで不利になることは無いと思います。

Q古代ギリシャの奴隷制の形態

古代ギリシャでは、多くの奴隷を使っていた。買い物は女奴隷にさせ、子供の養育について家庭教師的な奴隷もいたという。アテネ市内などを自由に行動していることから、逃亡するとかのおそれはなかったのだろうか。彼らが主に奴隷として仕えている(拘束される)のはなぜだろうか。これはローマ時代も同じである。報償として、身分解放の可能性があったのだろうか? 地中海沿岸各地からの賃金労働者的に考えていいのだろうか。
近代のアフリカの黒人をUSAで酷使したのとは違った奴隷形態に思われる。その違いについて教えてほしい。

Aベストアンサー

アメリカの奴隷制度は、歴史的に見まして、かなり異質なもので、むしろ例外的なものです。
一般的には、奴隷の才能を金で買うというスタイルが多く、才能のある奴隷は、非常に高価で取引されました。
ギリシャの奴隷は、主に周辺の蛮族や戦争捕虜からなりましたが、才能を認められたり、才能が育ってくれば、かなり良い待遇を与えられました。
場合によっては、一般市民以上の生活が保障され、そのうえ軍役も無いという待遇でした。
また、イスラム圏においては、出世するためには、どれだけ権力か財力のある人の奴隷になるかが勝負であったため、自ら奴隷となる人もいました。

高価な奴隷を購入し、逃げられたり、反抗されたり、病気になられたりしますと、買主は、大損ですから、それなりの奴隷には、それなりの対応をしていました。
しかし、なんの取り得も無い奴隷の場合、ガレー船のこぎ手として、一生を終える人も沢山いました。

Q【需要の価格弾力性】の計算式の構造を教えてください。

経済学(高校三年生)の需要弾力性を求める計算式です。
なさけないことにバリバリの文系で、計算式が大苦手です・・。
試験範囲の一部に需要の弾力性を求める計算問題が入り込み、
画像の内容のような式が出題されることになりました。


●問題文、定義式↓下記

http://nhk.upkita.net/up/nhk7798.jpg

問題内容は画像を参照して頂ければ分かる様に製作したつもりです。
問題と定義式はきっちりプリントを写したものなので、確かなモノなのですが、
途中の計算式・最終的に解が正解しているか不安で一杯です。

途中の式、解は黒板のものを写しただけで
(※厄介な事に写し間違いもあるかもしれないため、解と式が
正解しているかさえ、あやしいのが実情です…泣)

自分で構造を理解して解いていないので・・
”途中の式の数字の意味”、”何がどう代入されているのか”などの
式自体の構造が分かりません・・・。
式の左側、P=300を代入して式を片付けていくあたりは
一応理解できているのですが、右側の
=(+0.5)=300/400~への式になぜ繋がっていくかの意味が
理解できていません・・・。情けない限りでございます。。

本当に勝手ではありますが・・・計算式に明るくて優しい方の
ご支援を・・宜しくお願いいたします!!

経済学(高校三年生)の需要弾力性を求める計算式です。
なさけないことにバリバリの文系で、計算式が大苦手です・・。
試験範囲の一部に需要の弾力性を求める計算問題が入り込み、
画像の内容のような式が出題されることになりました。


●問題文、定義式↓下記

http://nhk.upkita.net/up/nhk7798.jpg

問題内容は画像を参照して頂ければ分かる様に製作したつもりです。
問題と定義式はきっちりプリントを写したものなので、確かなモノなのですが、
途中の計算式・最終的に解が正解しているか不安で...続きを読む

Aベストアンサー

需要の価格弾力性とは価格が1%変化したとき、
需要が何%変化するかというもので、
定義式e=(うんぬん)というのがそれを求める式です。
式e=(うんぬん)でいう変化率は、
変化率の定義の式で求められます。

価格の変化率を実際に求めてみると、
元の値段=400(でいいのかな?)
変化後の値段=300
増加分=変化後の値段-元の値段=-100
変化率=増加分÷もとの値段=-100÷400=-1/4 です。
需要の変化率は需要関数X=(うんぬん)を使って、
もとの価格の時の需要、変化後の価格の需要、増加分を求めてから
変化率の定義式に代入します。
需要関数のPは価格のことです。

以上の過程で求めた数を定義式e=(うんぬん)に代入すると
e=-(ΔX/-100)*400/Xとなります。
※ΔX、ΔPは需要と価格の増加分、
 X、Pはもともとの価格とそのときの需要を表します。


人気Q&Aランキング