玄関と玄関ホ-ルの段差が350mm程あり、靴を脱ぐのはよいのですが、
障害があるため、脱いだ後床に座っている状態になるので起きあがれません。
車いすの上がるわけではないので、土間に設置するリフトは大きすぎます。
玄関の上に設置し(350角程度)、その上で靴を脱ぎ、リフトを上げて中にはいるようなものはないでしょうか?
つまり、イスのような物で、高さが450mmから100mm程度まで電動で高さが変わるものがあればいいんですが・・。
このような機器を知っておられたら、メーカー名や電話番号、URL等教えてください。

A 回答 (1件)

以前、楽天市場の「かいごや.コム」


[http://www.rakuten.co.jp/kaigoya/]
で似たようなものを見かけたのを思い出して行って見ましたが、
設置面サイズが440x400mmで土間に置くタイプなので
daixdaiさんの希望とはちょっと合わないみたいです。

一応URL付けますので、参考程度に行ってみて下さい。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/kaigoya/428448/433886/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「かいごや・コム」見てみました。
思っていたのに近い物でしたが、もう少し小さい物でないと納まりません。
ただ、こういうのがあるんだなと、大変参考になりました。
「介護」より「住宅」の方が関係するかなと思い、ここは締め切り、
「住宅」の方で他の意見を聞いてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/10 11:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q是非聞きたい。骨粗鬆症の人はリフトを使っても大丈夫?

(骨粗鬆症の程度だと思いますが)、お風呂やベッドへの移乗で人を宙に浮かして運ぶリフトがありますがこのような機器を骨粗鬆症の人が使っても骨は折れないのでしょうか?非常に不安です。

Aベストアンサー

リフトを使用したというだけで骨折するということはありません。問題は、状況に応じたリフトや吊り具の選定と、その正確な操作・利用です。医師あるいは福祉用具の専門家に相談なさる事を強くお勧めいたします。

人的に介助したとしても、ちょっとしたバランスの崩れなどから、思わぬ力、付加がかかることで事故になる可能性もあります。リフトであれば、一定の個所に一定量の付加がかかる訳で、きちんと使えさえすればとても安全なのですが、吊り具の装着やリフト操作を充分に理解していなければ、やはり事故に繋がります。

介護機器の展示などをしているところで、実際に触れてみる事ができれば良いのですが、お近くにありませんか?介護教室などを定期的に開いているような公共施設が、きっとあると思うのですが…。参考URLからご確認下さい。
特に吊り具はその種類によって使用感が全然違ってきますので、体感してみるのが一番です。吊り上げるときも、途中まで上げたら一旦ストップして、肩を抜いてあげる(締め付けるような力を逃がす)など、そうした細かい部分での作業の必要性も理解できるようになると思います。

参考URL:http://www.techno-aids.or.jp/center/index.htm

リフトを使用したというだけで骨折するということはありません。問題は、状況に応じたリフトや吊り具の選定と、その正確な操作・利用です。医師あるいは福祉用具の専門家に相談なさる事を強くお勧めいたします。

人的に介助したとしても、ちょっとしたバランスの崩れなどから、思わぬ力、付加がかかることで事故になる可能性もあります。リフトであれば、一定の個所に一定量の付加がかかる訳で、きちんと使えさえすればとても安全なのですが、吊り具の装着やリフト操作を充分に理解していなければ、やはり事故...続きを読む

Q紙パンツを破いて脱いでしまう(介護)

現在、在宅にて祖母を介護しているものです。

介護度は「3」で、自分でトイレに行ったり、食卓の上の食べ物をつまんだり出来ます。
認知症の症状は見られますが、重度ではないかと思います。

ただ、タイトルの通り、紙パンツをトイレにて破いて脱いでしまいます。
それにより、ベッドの上やトイレに行く途中で、間に合わなくなり尿や便をしてしまうことがあります。

口で「これを脱いだら、布団がびちょびちょになるよ」と説明しても、やはり駄目です。

あと、濡れた布団やパジャマをみて「なんで濡れてるんやろう」と、言っています。

紙パンツを破かなくする方法、若しくはその他の尿もれ対策はないでしょうか?

紙パンツは、濡れていても濡れていなくても気分により破きます。

当方、男の孫でおばあちゃんと二人暮らしです。(ヘルパーさんは朝夕のみ)

お知恵を拝借できればと思い、質問致しました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

おはようございます。

その人で試さないと破く理由の正解は出せないと思いますが、破くの
には大体理由があります。失禁して濡れているのが嫌とか(認知症が
あるなら、濡れてなくても、嫌な時の感情を覚えている可能性はあり
ます)、単純にきついとか、膨らんでいるのが嫌とか、かゆいとか。

対策する場合は1つずつ試してみますかね。濡れるのが嫌というのは
失禁しないようにトイレ誘導するとか(在宅介護ならきついでしょう
けど、例えば食事前とか、全くできないとは思いません)。サイズの
話なら変えて試してみるとか。かゆいのはパンツで変なシワが出来て
いないか徹底するとか。

実際に本人をみているヘルパーさんに意見聞いてみるとか。


以下雑談
失禁対策は人によって正解が変わるので、実は奥が深いと考えている
ヘルパーは沢山いるようです。特にベテランヘルパーこそ、語り出し
たら止まらない人が多いと本気で思います。

Q痛覚の程度は計測できますか

家族に、たいした怪我でもないのに大げさに騒ぐとしょっちゅう言われます。
先日は本当にお腹が痛かったのにたいしたことないだろうと楽観視され、夜中に病院に連れて行ってもらえませんでした。
一晩苦しんで、次の朝入院することに。
家族が言うには、いつも大袈裟だから今回信じてもらえなかったとのことです。
痛いと感じるのは本当なのに。
しかし、他人が同じような怪我をした時、私が大げさに騒いでるのかもしれないし、私と同程度に痛くないのかもしれない、と疑問に思いました。
そこで質問です。
同じ強さで体のある部位を叩いたときに感じる痛さの程度を、病院などで計ることはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

痛みの程度をいかにして計測するか、という問題は
医学的にも実は永遠のテーマのひとつです
たとえば鎮痛剤の効果 統計学的に効果があると断言できるのか
2種類の鎮痛剤の効果を比較するにはどうすればいいのか

痛みが有るか無いかは SEP 体性感覚誘発電位 という方法で痛覚神経の電気興奮の形で見れなくもないんですが 程度は分からない

5段階なり10段階なりで主観的な評価をして
これを統計学用語でいうところの「順序尺度」
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/Yogoshu/79.html
として解析します

多数のデータを統計的に処理すればなんとか比較できるんですけど
お一人の痛みを絶対値であらわす事は今のところできませんです

Q【救急外来】どの程度でなら利用可能でしょうか?

初めて医療の項目に質問させていただきますが、どうかよろしくお願いいたします。

総合病院などの時間外の救急外来ですが、『咳が止まらず寝られない日が何日も続いてる』ってケースで利用してもいいのでしょうか?

平日昼間は仕事の都合でどうしても行けません。
数日前に会社を抜け出して病院に行って、風邪と診断されて薬を処方され、風邪は完治したのですが、咳だけが止まりません。

救急外来の利用は人生で経験した事が無いので、どうか助言をお願いいたします。

Aベストアンサー

医療機関に勤める者です
救急外来は救急患者の為であって救急で無い場合は避けてください。

ただ、施設によっては「救急外来=夜間診療」というくらいの気持ちでやっている所もあるので電話で確認しみてもいいかもしれません(小規模病院に多い)。

できれば、「夜間診療」を謳っている病院や開業医での診察をお願いします。

決して救急救命センターなど行ったり電話を掛ける事は避けてください。
命にかかわる様な重症な方が何時間も待ってから診察を受けてるような場合もありますので・・・・。

ちなみに当院での対応は以下のようになると思います。
心配してらっしゃるように薬が買えませんので、院内処方になります、院内の調剤室も稼動していませんので特殊な薬や軽い症状に対する薬は救急室には常備していませんので出ません。処方箋も出しません。

ですので、もし質問者様が当院の救急診察をお受けになったとすると、診察後、症状が軽微であれば「咳止めを1晩分出しますので明日外来を受診して下さい」と言われます。
ただし金曜の夜や連休中などは次の診察日までの薬を出してくれます。

医師によっては薬も出さずに「1晩様子見れそうなので1晩様子をみて明日受診して下さい」
となります。もちろん夜間割り増しの診察料は請求されます。

また、症状がひどければ入院管理となるでしょう。

当院は救急=救急救命ですので、「命にかかわらなかったり、後遺症を残さないようであれば最低限診療を行いの後日の診察」となります。

ですので、質問者様がもし当院を受診された場合、金銭的にも時間的にも無駄になってしまうと思います。

ですので、同じ事を繰り返してしまいますが「救急外来」ではなく「夜間診療」を行っている病院を探して受診するのが賢明だと思います。

不景気で仕事を休んだり抜け出したり本当に難しく大変だと思いますが、良い回答を出せずに申し訳ありません。体調には気をつけて働いてください。

医療機関に勤める者です
救急外来は救急患者の為であって救急で無い場合は避けてください。

ただ、施設によっては「救急外来=夜間診療」というくらいの気持ちでやっている所もあるので電話で確認しみてもいいかもしれません(小規模病院に多い)。

できれば、「夜間診療」を謳っている病院や開業医での診察をお願いします。

決して救急救命センターなど行ったり電話を掛ける事は避けてください。
命にかかわる様な重症な方が何時間も待ってから診察を受けてるような場合もありますので・・・・。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報