11/5までセール!人気スマホが1円~

枕チップにコインはNG?

枕チップにコインを置くのは失礼にあたりますか?
そもそも、枕チップ自体必要はないとも聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?
もちろん国によるとは思いますが、皆様はどうされていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私が経験した国はどこも、キリの良い紙幣があったのでコインは使いませんでしたが


小銭ジャラジャラでなければ、失礼ではないと思います

枕チップも置くようにしています
もしかすると欧米のお客さんは枕チップなんぞしていなくて
「日本人のお客さんは勘違いして置いていってくれる」なんて思われてるのかもしれませんが
チップの習慣がある国で、お金で感謝の気持ちを伝えるのが失礼にあたらないのであれば
「ルームメイクありがとうございます」の気持ちとして受け取ってもらえればそれで良いなと思います
私は、枕ではなく、ベッドサイドのテーブルに置いていますが
毎回受け取ってもらっているので、それで良いと思ってます
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
私もサイドテーブルに置いていますが、先月ツアーでご一緒した方は、初めての海外旅行では枕の下に置いてしまったと笑いながら仰っていました。
習慣になっていないと分かりませんよね。

お礼日時:2010/09/22 12:37

やはり国ごとに質問された方がいいです。


私の考えは、No3さんと同じです。

あまり神経質にこだわらなくて、もっと気楽にいきませんか?
旅行者の身分にもよると思いますよ。
たとえば、あなたが一般家庭の高校生だったら、チップを忘れてもかまわないんじゃない?
ボーイさんだって、学生からお金をとろうとは思わないかも?(←でも、これって、その国、その都市によるわね。ちょっとカメラをむけただけで、シャッター切ってもないのに、なんでもかんでもチップを要求してくる人もいるし。)
(っていうか、「学生は高級ホテルに泊まらない」と基本と仮定すれば、チップ習慣のあるところの高級ホテルに宿泊したら、それなりに差し上げてください。)
また、反対に、あなたが有名人で年収うん千万、うん億円と稼ぐ人だったら、わずかなチップ金額じゃ、名も廃るかも?

日本人客は、ホテルの部屋をきれいに使う人が多いから、掃除も他国のお客さんお部屋より、しやすいそうですよ。
部屋によっては、荷物をばらまくように置きまくって、ベッドメイキングしようにも、しずらいケースがあるそうです。
西洋人でも意味なくチップをおかないお客もいます。
それと、サービスが悪かったので、チップを置かないという人もいます。

チップの習慣のない国で、よほどのこともなかったのに、要求されたからチップを渡すのは、以後の外人旅行者たちにとっては、「もともとチップ不要なのに、チップの習慣を植え付ける」という意味になるから、やめてほしいことです。

気持ちの問題だから、うれしかったとか、親切にしてもらったとか、無理をきいてもらったとか、そういうときは、こころばかりをすればいいと思います。

本当に本当に、会社側がチップを従業員の収入の一部として、従業員の給与を安価に見積もっているところだったら、極端な話わかりやすいように「チップ=給料」だったら、メイドさんもチップをもらいたい。
となると、チップがないと部屋を掃除しない。
でも、そんなことはまずないでしょ?
人の話を聞くと、チップの置いてくれてる部屋と、置いてくれてない部屋では、丁寧さがちがうとかそういうのがあったとか、いじわるされたとかは聞いたことはありますが・・。
あまり、神経質に気にしないで、ガイド本にアドバイスしてくれてるのを参考にしたらいいとおもうけど。

コインかどうかは、通貨によってちがうから、みんなも答えずらい。
仮に米国での宿泊として、大人の客が渡すんだったら、なるべく紙幣がいいです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
すみません・・・
私も気楽に質問したつもりでしたが、気分を害されたらすみませんでした。

お礼日時:2010/09/22 12:44

枕銭は、国によって習慣が異なりますが、連泊の場合は置いた方がいいと思います。



せいぜい、日本円にして100円程度が目安ですから、正直言ってそれほど悩む額ではないでしょう。特に旅行中ですから。

他の方も書いておられるとおり、札でもコインでもどちらでもかまいません。気にする必要はありません。ただし、小銭ジャラジャラはやめた方がいいでしょうね。スマートに1コインで。これは枕銭に限らずポーターの方などへのチップでも同様です。

また、枕銭を枕の下に置く人がいると聞いたことがありますが、これもおかしな風習です。枕の上か、ベッドサイドのテーブル(電話機やメモが置いてある)に置くのがいいでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
『枕』チップと表現?するから勘違いしやすいのかもしれませんね。
とても参考になりました。

お礼日時:2010/09/22 12:41

グアムは現地のガイドさん(日本語を話していたが現地人またはフィリピン系の方だったと思う)に、コインが混ざってもいいのでチップを置いてあげてください、と言われたことがあります。



ユーロ圏は既にお話が出ていますが、1ユーロ、2ユーロがコインなのでコインもありですし、失礼ではないと思います。アメリカほどチップが要らない国が多そうですが・・・・・・。
ユーロの国の1つスペインでは、自分は安いホテルおよびオスタルに泊まったので、特に置きませんでした。

アメリカの場合は1ドル札を使って、置くとしたら枕よりは、ベッドサイドのテーブルに置いてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
枕チップにコインは失礼だ!と断言された方は、もしかしたらユーロ圏には行かれた事がないのかもしれません。
チップは気持ちですので強制ではありませんが、そういえばツアーでは必ず案内されるなと思いました。

お礼日時:2010/09/22 12:40

ハウスキーパーへのチップに限りませんが、チップに使うコインは、小額(1セントや5セントなど)をじゃらじゃらたくさん置くのでなければ、失礼にはなりません。


とは知っていても、USドルの国でコインを置いた経験はないですが。ユーロ圏ではコインを置きました。

ハウスキーパーへのチップですが、日本のように明らかにチップの習慣がないと分かっている国以外では、私は基本的に置くようにしてます。
(ときどき忘れることもありますが)
先の方も書かれているように、習慣がないところでは、置いたチップはそのまま残されてます。そしたら「ここでは必要ないんだな」と判断して翌日からは置きません。
(ハワイなどでも、ホテルによって受け取らないところもあったと記憶してます)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
確かに、チップがそのまま置いてある事はありますね。
参考になりました。

お礼日時:2010/09/22 12:33

枕銭?を置くのは日本人だけです。


また小銭は失礼!と思うのも日本人だけです。

これから(今でも)中国人、インド人の旅行客が50%以上
占める世界になりました。今までは欧米人の常識が世界の
常識?(標準)見たいでしたが今後は維持できません。

やはり多数派のアジア、中東が主役になり常識?も変化
していきます。

日本は相変わらず大昔?のしかも根拠のない常識に捉われ
過ぎています。

結論?チップは北米のレストランと何か依頼した時以外は
不要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
私のアメリカ人の友人も置いていましたが、チップを置くのは日本人だけなんですねー

お礼日時:2010/09/22 12:32

私も基本的に枕チップを置いていますが、アメリカ・ハワイは1ドル紙幣はありますが ユーロ圏では紙幣は5ユーロからですので 当然コインになります。


もし、日本で外国の方が枕チップを置かれるとしても、1000円紙幣で多すぎますから コインにならざるを得ないでしょう。
しかし、10セントなりの小銭を足し合わせての 1ユーロなりは 幾らなんでも失礼ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
仰る通りだと思います。
あまりに少額のコインをかき集めて・・・というのは、さすがに失礼ですよね。

お礼日時:2010/09/22 12:30

ご指摘の通り、国や地域、またはホテルによっても異なります。


また人によって、意見の分かれる所だと思います。

チップはサービスに対する感謝の気持ちです。
日本にはチップの習慣がありませんが、
例えば配達に来てくれた人には「ご苦労様」と言いますし、
旅館などで、仲居さんが布団や料理の用意をしてくれたら
「ありがとう」などと言います。
海外でも同じことだと思います。
勿論口でも「Thank you」と言いますが、
これに加えてチップという習慣があるだけのことだと思います。

つまり「ありがとう」「ご苦労様」という気持ちの表現として
チップを渡す訳ですから、無いよりはある方が良いと思いますし、
それが小額のコインであっても構わないと思います。
ただし、あまりに小額のコインは使いません。
(日本での1円玉など)

さて私の場合ですが、前述の考え通り、基本的にチップは置いておきます。
現地の物価(経済状況)や貨幣の構成(小額紙幣がないなど)にもよりますが、
日本円で100~300円程度を置いておきます。
その際、100~300円相当の現地紙幣があれば紙幣で置いておきますし、
なければコインで置いておきます。
また、グラスが欲しい、バスタオルを多めに補充して欲しいなど、
何かリクエストがある時には、それを紙に書いて、チップと一緒に置いておきます。
(この時は、気持ち多めに置いておきます。)

ホテルによっては、チップは不要というところもありますが、
その場合は手を付けずに置いてありますので、そのまま回収しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
枕チップにコインは失礼だ!と断言する人がいたのでどうなのかなと思い質問してみました。
同じような方が多くて安心しました。

お礼日時:2010/09/22 12:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコインをチップにしていいかどうか

あまり財布に小銭を溜めたくないのですが、
レストランやカフェなどで、コインをチップにするのは
マナー的に大丈夫でしょうか?

もちろん、財布に入っている大量のコインをテーブルに
置き去りにするようなつもりはなく、たとえば
食事代が30.2ドルだったとして、40ドル(20ドル札2枚)を
支払い、おつり9.8ドルをもらい、そのおつりの中から
5.8ドルや6.8ドルをチップとしてテーブルに置いておく
(80セントを持ち帰りたくないので)、というような
シチュエーションを想定しています。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ファミレスのようなロード・サイドのレストラン、ダイナーなどでは、ごく普通にそのようにしています。
おつりをコインごとそのまま(あるいは紙幣だけを足して)、チップとして残すことには問題はないでしょう。
支払いの前に勘定がわかっていれば、チップ込みの金額をテーブルにおいて店を出る場合もありますし、おつりを受け取らないようにチップ込み金額を渡してレシートだけ受け取る場合もあります。(Keep the change.)

もちろん、コインを渡す行為をしない方がよいと思われるレストランもありますが、そういう店ではチップもクレジット・カードで支払いますので、コインを使うことはまずありません。

他には余ったコインであれば、寄付できる仕組みがある店もあったように思います。

Qチェックアウトの朝のチップについて

ホテルに泊まった時、毎朝 枕もとにチップをおきますが、最終日は、どうなんでしょうか?今までは置いてチェックアウトをしてますが、してない方がいると知って皆さんどうされてるか、、教えて下さい

Aベストアンサー

チップという習慣は、ひょっとしたら「海外一般」では語れないような気が(あくまで「気」がですが…)しています。また「枕元にはおかない」というのは「有力な説」にも思えます。(参考URLの最初のほうをご覧下さい。また、その中の「For stays of more than one night, $1 per night is standard」=1泊しかしない人=最終日しかない人=は、Hotel Maidにチップを置く必要がない、とも読めん事もないページのリンクが切れていたので、それは参考URLの後のほうにいれて置きました。)

私自身は、英国に住んでいた時は、最終日も、また1泊しかしない場合もチップは置いてました。「チップは、サービスの対価」という元々の意味からしたら、そういう事なんだろう、と何となく考えた為です。仮に、「最終日はチップ不要」というのが一般的な国があったとしたら、元々のチップの意味が薄まり、「払わなくちゃならないから、払っているだけ」という性格が強くなったんでしょうかね。

因みに、「最終日はチップを置かなくても、何も盗まれないから、置かなくていいんだ」という意見の人がいました(いわゆる「発展途上」の某国の滞在が長い人です)が、さしたる根拠もなく、「そう言う問題じゃないんじゃねぇ~の」と思ってます。(してない人のすべてがそういう発想と言う気はありません。私が会った、たった一人の人です。)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=118644,http://www.astanet.com/travel/tippingtips.asp?r=/travel/tippingtips.asp

チップという習慣は、ひょっとしたら「海外一般」では語れないような気が(あくまで「気」がですが…)しています。また「枕元にはおかない」というのは「有力な説」にも思えます。(参考URLの最初のほうをご覧下さい。また、その中の「For stays of more than one night, $1 per night is standard」=1泊しかしない人=最終日しかない人=は、Hotel Maidにチップを置く必要がない、とも読めん事もないページのリンクが切れていたので、それは参考URLの後のほうにいれて置きました。)

私自身は、英国に住んで...続きを読む

Q小銭が無い場合のチップは?

今年ハワイに行った時ですが、レストランで食事をしてクレジットで支払おうとしたら、計算書の下の方にチップの金額を客が自分で書き込むようになっていました。

要はチップ込みで全額カード清算が出来るという事ですね。 キャッシュレスの時代なので、「なるほど、考えたなあ」 と感じました。

ここでふと疑問に感じたのですが、アメリカ人が 「現金」 でチップを払おうとして、うっかり両替を忘れて大きな金額の紙幣しか持っていなかった場合、どうやってチップを払っているのでしょうか?

レストランならともかく、例えばタクシーに乗った時 (小銭は運賃分しか無い、つまり例えば運賃が20ドルで、現金が100ドル紙幣1枚と20ドル紙幣1枚だった時など) とか、ホテルのベルボーイに部屋まで荷物を持ってきてもらった時など、その場で渡さないといけないですよね?

たとえば3ドルのチップに対して100ドル紙幣を出して 「97ドルのお釣りをくれ」 と言うのでしょうか? もしそうなら、相手が 「そんなお釣りなんて用意していない」 と言ったらどうするのでしょうか?

チップを払うために銀行に駆け込んで両替をしてもらう? じゃ、営業時間外だったら?

あるいは、お釣りは諦めて100ドルのチップを払う? そんな馬鹿な ・・・ それとも 「100ドル紙幣しか無いから、チップは諦めて欲しい」 とでも? それで相手が納得するでしょうか?

それともポケットにある何セントかだけ渡して勘弁してもらう?

アメリカ人だって両替を忘れる時はあるはずだし、そんな時、どうやっているのでしょうか? 

ちょっと気になったので質問してみました。 でも、本当にチップって面倒くさいですよね。

今年ハワイに行った時ですが、レストランで食事をしてクレジットで支払おうとしたら、計算書の下の方にチップの金額を客が自分で書き込むようになっていました。

要はチップ込みで全額カード清算が出来るという事ですね。 キャッシュレスの時代なので、「なるほど、考えたなあ」 と感じました。

ここでふと疑問に感じたのですが、アメリカ人が 「現金」 でチップを払おうとして、うっかり両替を忘れて大きな金額の紙幣しか持っていなかった場合、どうやってチップを払っているのでしょうか?

レストラン...続きを読む

Aベストアンサー

旅行会社経営者です。チップは確かに日本人にとって常に悩みの種です。

タクシー降車時に、例えばメーターが20ドルで手許現金がやはり20ドルしかなければチップを渡せません。これは仕方がありませんから、ごめんね、チップのお金がないんだ、と詫びて別れます。運転手には申し訳ないですけれど、他に方法がありません。私も1回だけこれをしたことがあります。運転手は苦笑していました。その後、タクシーに乗るときは必ず少し余分の現金を持つように心がけました。

同じ例で手許現金が20ドル札2枚だったら、その40ドル分を渡して、
Take twenty three, please.(23ドルを受け取りなさいよ)と言えば、お釣り銭の17ドルをくれます。これでチップも払ったことになります。

他の方の回答にもありますが、米国内で100ドル紙幣を見ることはほとんどありません。せいぜい20ドル札が最高額ではないでしょうか。このお札なら、タクシー運転手も含めてたいていの人はお釣り銭の準備があるはずです。

Q外貨コインを日本円に換金する方法を教えて下さい。

アメリカから帰国して米ドルを日本円に換金すべく銀行へ行ったところ、知らなかったのですが、紙幣しか換金できないと言われました。
コインがすごく多いので日本円に換金したいのですが、コインの米ドルを日本円に換金できる方法、サービスをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さいませ。
よろしくお願いいたします。
(東京在住)

Aベストアンサー

外国コインの両替は全く不可能なわけではありません。もちろん紙幣に比べて両替できる場所はごく限られますしレートも紙幣に比べ悪くなるのですが、それでも構わないのであれば手立てはあります。

私の知る範囲では、都内にもいくつかの店鋪を持つ「大黒屋」[1]という金券ショップで硬貨(米ドル、ユーロのみ)の両替が可能です。お近くの店鋪については[2]でお調べ下さい。
ただし最初に述べたように、買い取りレートがどうしても悪くなってしまう点はご了承ください。コインは1枚当たりの金額が小さいので両替総額が同じでも紙幣より手間がかかりますし、運搬や保管も紙幣に比べて面倒です。その分のコストを、紙幣よりレートを悪くして(マージンを大きく設定して)回収せざるを得ないわけです。ちなみに上記の「大黒屋」での硬貨買い取りレートは、紙幣買い取りレートの50%です。

切手・コイン商(*1)が収集の対象としてコインを買い取るのに対し、上記のの買い取りはあくまで「両替」です。収集目的だと、状態の悪いコインは買い取り価格が下がりますし流通量の多いコイン(誰もわざわざ集めないようなコイン)だと買い取ってすらくれませんが、両替であればこれらは無関係です。25セント硬貨ならちゃんと25セント分として扱ってくれます。

ただ「50%」というレートですと、泣くに泣けないほど目減りしてしまうのは事実です。レートに納得できないとなると、既に回答のありますようにアメリカに出かけるお知り合いに交換してもらうくらいしか手を思い付きません。(平成10年の外国為替及び外国貿易法の改正により、今は誰でも自由に両替を行えるようになっています。金券ショップが両替を扱えるようになったのもこの改正によるものです)

国際線の機内販売で使う手もなくはないのですが、「外国通貨は紙幣のみ受け付け」というところも多いですからご注意ください。
このほか両替ではありませんが、国連機関のUNICEFが外国コインでの募金を受け付けています[3,4]。もともと募金のお気持ちがあれば日本円に代えて外国コインで募金することも選択肢として出てきます。

以上、すっきりした解決策を示せなくて恐縮ではありますが、コインの両替は紙幣に比べどうしても条件が悪くなる点をご理解の上、質問者さんにとって最善の方法をお選び頂ければと思います。

[1] http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.e-daikoku.com/info/shop_list.html
[3] http://www.unicef.or.jp/cooperate/coop_coin.html
[4] http://www.unicef.or.jp/qa/qa_donaition.html#anchor5

*1 切手・コイン商と金券ショップは近い業種で兼業のところも多いのですが、収集目的なのかそれとも単純な両替なのかという点でこのように表現しました。

参考URL:http://gaika.e-daikoku.com/

外国コインの両替は全く不可能なわけではありません。もちろん紙幣に比べて両替できる場所はごく限られますしレートも紙幣に比べ悪くなるのですが、それでも構わないのであれば手立てはあります。

私の知る範囲では、都内にもいくつかの店鋪を持つ「大黒屋」[1]という金券ショップで硬貨(米ドル、ユーロのみ)の両替が可能です。お近くの店鋪については[2]でお調べ下さい。
ただし最初に述べたように、買い取りレートがどうしても悪くなってしまう点はご了承ください。コインは1枚当たりの金額が小さいので両替...続きを読む

Q海外旅行で余った外貨の小銭 どうする?

「マネー」のカテゴリーに質問するか迷ったのですが、お金の貯蓄や運用に関係する質問ではないので、こちらで質問させていただきます。

海外旅行で残ってしまった外貨の小銭を皆さんどうしていますか?銀行では小銭外貨は日本円には変えられるないということですし、かといってずっと取っておいても使えないし・・・。日本では使えないとはいえ、やはりお金なので捨てるのも良くないと思いますし。

日本円に変えられれば一番いいのですが、その他にも無駄にならない海外外貨の使用法/活用法を教えてください。

Aベストアンサー

三井住友銀行にユニセフの募金箱があります。
世界中のどの国のコインでもOK。

Qスーツケースベルトは必要ですか?

卒業旅行のためにスーツケースは買ったのですが、スーツケースベルトを買おうか迷っています。スーツケースベルトはスーツケースが開かないように固定するのと、目印のためだと言われますが正直必要ないと思います。経験者の方は教えてください

Aベストアンサー

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕分場に監視カメラを付けているところもあります。ニュースで、監視カメラによる窃盗の現場の映像を見たことがあります。
窃盗は素早く行わなければならず、スーツケースベルトがあるとベルトを外すのに手間が掛かるため、窃盗者が手を掛ける可能性が低くなる、ということになっています。そのため、取り外しが便利なスーツケースベルトというものは一切売っていません。

なお、米国は安全確認のためスーツケースを明けることが認められおり、TSAロックという公認の鍵以外は施錠しないようアナウンスされてます。渡航先が米国の場合は、スーツケースベルトも意味が無いと思います。

スーツケースベルトの目的は、3つあります。
2つは、ご質問者の方も言われているように、スーツケースが開かないように固定するため、それと「目印」のためです。(「目印」は、主たる目的ではないと思います。)
もう一つ、重要な目的があります。空港職員による解錠-窃盗を防止するためです。スーツケースは、合鍵やピッキングで簡単に明けることが出来るそうです。ダイヤルロックも、慣れた人にとっては10秒程度で明けることが出来るそうです。昔からこの手の犯罪は後を絶たず、外国の空港では荷物の仕...続きを読む

Q海外から日本の携帯電話にかけるには

海外から日本の携帯電話にかけにはどうしたらいいのでしょうか

固定電話なら、例えば、03-1234-5678にかける場合

81-3-1234-5678でいいのだと思いますが

携帯電話、例えば、090-1234-5678なら

81-90-1234-5678

でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

固定電話03-1234-5678にかける場合

滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。

携帯電話090-1234-5678なら

滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。

滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。
中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。

アメリカ合衆国、カナダ等は「011」です。

香港、タイ、シンガポール等は「001」です。

台湾等は「002」です。

例えば、
イギリスから日本の固定電話03-1234-5678にかける場合

00-81-3-1234-5678になります。

アメリカから日本の携帯電話090-1234-5678にかける場合

011-81-90-1234-5678になります。

上に書いた国際電話識別番号は、昔、私が調べたものですので正しくないかもしれません。

念のため自分で国際電話識別番号は調べてくださいね。

固定電話03-1234-5678にかける場合

滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。

携帯電話090-1234-5678なら

滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。

滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。
中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。

アメリカ合衆...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q海外ホテルに荷物を置いておくときの盗難対策

海外のホテルで起こる荷物の盗難対策について2点お尋ねします。
泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

1)同じホテルに連泊するためや、ちょっとレストランに行ってくるときなどスーツケースを部屋に置いていくかと思います。
鍵をかけること以外に、どのような対策を取って出かけるべきでしょうか。

2)チェックイン前やチェックアウト後にフロント等でスーツケースを預かってもらう場合、どのような対策をするべきでしょうか?
手書きの控えをもらう、写真に撮っておく、そもそも預けない、、、
など基本的な対策や心構えについて教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

無きにしも非ずですが、ホテルによるでしょうし、ある一定レベル以上のホテルであれば可能性は薄れます。私はまずホテル選びからと思っています。
話はそれますが、二昔になりますが、バンコクのスクムビットのAホテルに泊まったとき、鍵は掛けたはずですが泥棒が部屋に侵入したことがあります。ごそごそと荷物をあさっている雰囲気に気付いて揉み合いになり、手近にあった硝子の灰皿で頭部を二回殴り付け、何とか撃退したことがあります。あたりに血がたれて凄惨な状況でした。相手がナイフや拳銃を持っていたらこちらがやられていたと考えると急に怖くなり、立っていられない状態になってしまいました。その後もホテルの警備、警察、部屋の移動と大変でした。今考えれば命あってのものだねで、馬鹿なことをしたものです。安い料金に引かれて、1,2泊泊まろうと考えたのが浅はかでした。Aホテルには問題があるとの情報が当時の現地危険情報には出ていたのですが、1,2泊と考えて無視したのが間違いでした。それ以来ホテルは十分吟味して選ぶようにしています。現地危険情報だけでなく、ホテルの口コミ情報などできるだけ目を通すようにしています。インタ-ネットが発達してその面ではたやすく情報が得られて助かりますが。
さて、部屋にある開かないセ-フティ-ボックスを、従業員が開けるところを見たことが3度ありますが、基本的にノ-トパソコンとセ-フティ-ボックスをつないで、操作すると簡単に開いてしまいますので、従業員がその気になりさえすれば、盗難は簡単でしょう。その面からも、ホテルの選択が大事であると思います。

>同じホテルに連泊するためや、ちょっとレストランに行ってくるときなどスーツケースを部屋に置いていくかと思います。
鍵をかけること以外に、どのような対策を取って出かけるべきでしょうか。

基本的には鍵をかけるだけです。パスポ-ト・航空券(eチケットが増えて重要度が低下しましたが)・お金などは部屋のセ-フティ-ボックスかホテルに預けます。ノ-トパソコンやデジカメなども同じようにしておきます。ですからスーツケースには何も入れていませんが、鍵だけは掛けておきます。パスポ-ト・航空券・お金など以外のものが仮に盗難にあっても仕方がないとあきらめています(盗まれたことは無いのですが)。また、盗まれて困るようなものは持っていかないようにしています。

>チェックイン前やチェックアウト後にフロント等でスーツケースを預かってもらう場合、どのような対策をするべきでしょうか?

預けなければならない状況を作らないようにしています。費用がかかってもレイトチェックアウトにするか、ホテルを出る時間によってはもう一泊料金を払って部屋を確保するかしています。友人と行くときも最低1部屋はこのようにしており、貴重品は確保した部屋のセ-フティ-ボックスにまとめて入れます。これは盗難防止だけでなく、時間の節約などの理由もあります。(個人旅行の形式なのでできるのですが)

ではどうしても預けなければならないときは、貴重品はホテルのセ-フティ-ボックスに預かってもらい、それ以外はス-ツケ-スに入れ、ボ-イに頼みます。ホテルのセ-フティ-ボックスが利用できないときは腹巻形式の貴重品入れを利用します。

慎重すぎるようですが、基本的に盗難などは早々無いと思ってはいるのです。ただ、備えあれば憂いなしと思っていますし、気にしながら観光や仕事に行きたくないので。以上参考までに。

>泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

無きにしも非ずですが、ホテルによるでしょうし、ある一定レベル以上のホテルであれば可能性は薄れます。私はまずホテル選びからと思っています。
話はそれますが、二昔になりますが、バンコクのスクムビットのAホテルに泊まったとき、鍵は掛けたはずですが泥棒が部屋に侵入したことがあります。ごそごそと荷物をあさっている雰囲気に気付いて揉み合いになり、手近にあった硝子の灰皿で頭部を二回殴り付け、何とか撃退したこと...続きを読む

Q錠剤を機内持ち込みするには…

初の海外旅行をする予定です。

色々勉強中ではあるのですが、是非旅慣れた方に教えていただきたいことが。

私はとても心配性でして…少しでも遠出をする時は
バッグの中に常に痛み止め・正露丸・胃薬など3種類ぐらいを
持ち歩かないと落ち着きません。

普段は錠剤をサプリケースみたいなのに入れて持ち歩いていますが、
国際線の飛行機はそれをポンッと持ち込み用バッグに入れていても
大丈夫なのでしょうか?

液体の薬や処方箋ありの常備薬などについてはわかりやすい答えを
探し出すことが出来たのですが
ただ単にお守り代わりとして持ち歩いている分はどのようにしていたら
大丈夫なのでしょうか。

(1)3錠ずつぐらいをサプリケースに裸で入れている
(2)なので傍目から見たら何の薬かわからない状態。

薬局で購入したままの箱入り・瓶入りの状態では無いと
機内持ち込みは不可能なのか。

ご存じの方、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今まで数十回と海外に行きましたが、通常はポーチに痛み止め、風薬、胃薬、バンドエイド、下痢止め剤等をいれてスーツケースに入れますが、体調不良の時はバッグに入れて機内に持ち込みますが、一度も指摘されたことがありません。但し、質問されたときに回答ができるように薬の瓶と箱に入れたまま持ち込みます。ばらで持ち込むと説明するのに大変です。外国の出国審査時には日本語の判る係員がいますので説明すれば判ってくれると思います。


人気Q&Aランキング