最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

ふと疑問に思ったら気になってしょうがなくなってしまいましたので、教えてください。
全部でなくてもかまいません。
よろしくお願いします。

(1)最終的に硫酸鉛にしたものを呈色させるんですよね?でも鉛標準液は何で硝酸鉛なんでしょうか。

(2)第1法では試料を水に溶かすだけでよいのはなぜ?

第2法~第4法は微妙にいろいろ違いますが・・・
(3)蒸発乾固をなぜ水浴上でやらなきゃいけないの?
コンロの上とかじゃだめなんでしょうか。

(4)熱湯加えて加温する意味が分かりません。

(5)そもそもなんで完全に灰化させなくちゃいけないんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

rei00 です。

遅くなりましたが,補足拝見しました。

> それが、そこに載ってないんですよ。

 載ってるんだけど気付いてないという事はありませんか。お書きのもの,そのままの形では載ってないでしょうから。とりあえず,手元の「第十一改正 日本薬局方解説書 1986」(廣川書店)を元に考えてみます。

> (1) 最終的に硫酸鉛にしたものを呈色させるんですよね?

 『硫酸鉛(PbSO4)』じゃなくて「硫化物(標準溶液の場合は,硫化鉛 PbS)」の沈殿ですね。この試験法は,pH 3一5 で黄色一褐黒色の不溶性硫化物を生成する有害性重金属を対象にしています。対象重金属の希薄溶液からの硫化物の沈殿がコロイド状に分散して暗系色に見え,その度合いが濃度に比例する事を利用しています。

> でも鉛標準液は何で硝酸鉛なんでしょうか。

 上記の様な特徴を持った重金属なら何でも良いのでしょうが,鉛が最も扱いやすかったと言う事だと思います。なぜ,「硝酸鉛」かですが,溶解が容易だからじゃないでしょうか。硫酸鉛や塩化鉛は溶解度が低かったと思います。

> (2) 第1法では試料を水に溶かすだけでよいのはなぜ?

 ただ水に溶かすだけじゃないと思いますが・・・。水溶液にした後,希酢酸をを加えて酸性にしています。

 また,第1法を適用するものは,『水 40 ml に溶け,希酢酸 2 ml を加えても沈殿生成などの変化がなく,液の pH が 3.0一3.5 となるもので,回収率が良い』試料です。

> (3) 蒸発乾固をなぜ水浴上でやらなきゃいけないの?
> コンロの上とかじゃだめなんでしょうか。

 コンロでも良いかもしれませんが,局方の試験法は,本来,薬局等でも実行可能な一般的な方法です。したがって,より簡単で個人差が出難い方法が規定されていると考えられます。

> (4) 熱湯加えて加温する意味が分かりません。

 重金属を溶解するには,室温の水よりも熱湯の方が効率が良い(溶け易い)じゃないですか。

> (5) そもそもなんで完全に灰化させなくちゃいけない
> んでしょうか。

 灰化させるのは含有される有機物を取り除くためです。有機物が残ると,場合によってはキレ一トを作ったり,それ自身が色を呈したり,液性を変えたり,等などによって,正確な試験が困難になります。

 もう一度解説書を御覧になって見て下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
当方、クスリ関係の仕事についたものの、これまで薬学はもちろん化学とも縁のない世界にいたもので、はっきり文字になっていることしか理解できておりませんでした。
さて、ご回答たいへんよく分かりました。
また機会がございましたらよろしくお願いしたいと思います。

お礼日時:2003/08/12 09:38

 JPとは「日本薬局方」の事ですね。

でしたら,図書館へ行って,「日本薬局方解説書」って本を探して下さい。そこに出ているはずです。

 その上で必要なら,不明な点を補足して下さい。

この回答への補足

それが、そこに載ってないんですよ。

補足日時:2003/08/07 20:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫化ナトリウム比色法について教えてください!!

①硫化ナトリウム比色法では、なぜ「鉛として」なのでしょうか。例えば比色液に銅を用いて「銅として」とすることに何か問題はあったのでしょうか。

②鉛の感度が高いとどこかで見かけましたが、(鉛として)20ppmとなった際に、例えば鉛の1/10の感度の重金属があると仮定した場合、その重金属が200ppm入ってる可能性があるということでしょうか。

Aベストアンサー

↓こちらに硫化ナトリウム比色法の詳細がありますね。
http://www.mac.or.jp/mail/140901/03.shtml


1についての回答:
硫化ナトリウム比色法では『鉛として』どれくらい含まれているかを基準に評価する
ことになっています。

肉眼で呈色の度合いを高い精度で評価することは難しいため、
比色法の精度はあまり高いとはいえません。
そのため、仮に『鉛として』『銅として』『鉄として』という評価が混在していた場合、
『銅として50 mg/L』と『鉛として20 mg/L』と『鉄として100 mg/L』のどれが毒性が高いのか
一目ではわからないため、混乱を招きます。
そのため、どれかの金属イオンを基準におく必要があります。

次になぜその基準として鉛が選ばれたか、ですけどもここからは憶測も含みます。

まず考えられるのは、鉛の検出感度が高い(上記リンクより)という点です。
重金属は毒性が高いものが多いため、できるだけ高い感度で呈色するものを基準として
危険性を評価するようにしたのは妥当であるといえます。

また、重金属の毒性としては鉛の方が銅よりも高いので、
『人体に対する危険性』つまり『人体に対する感度』の高い鉛を基準にした
という理由もあるのではないでしょうか。
例えば『重金属(鉛として)20 mg/L』は毒性がありそうだとわかりますが、
『重金属(鉄として)100 mg/L』ではあまり毒性があるようには見えません。

これらの『検出感度』と『人体に対する感度』が共に高い鉛が
基準として選ばれたのではないでしょうか。


2についての回答:
もちろんありえます。10分の1どころか、亜鉛から生じる硫化亜鉛は白いので
そのまま反応させると結果がメチャクチャになります。
Znを含む試料の場合、予めシアン化カリウムでの処理が必要になります。

そもそも肉眼での呈色の評価は精度が低いため、硫化ナトリウム比色法は
重金属に類するものがどれくらい含まれているかを、簡単かつかなり大雑把に評価する方法です。
硫化ナトリウム比色法は手軽な分、定量性が低い手法です。

より定量に『どんな金属が』『どれだけ含まれているか』を高い精度で調べる場合、
ICP-AES等の機器分析をを行う必要があります。
しかしこれらの機器分析は高価で大掛かりな装置が必要になるうえに
コンタミが起こらないように極めて慎重にサンプルを調整する必要があります。

『手軽さ』と『精度・定量性』はトレードオフの関係にあるため、
硫化ナトリウム比色法を使う際は、
『手軽な』分析方法である代わりに
『精度・定量性』をある程度犠牲にした手法であることをお忘れなく。

↓こちらに硫化ナトリウム比色法の詳細がありますね。
http://www.mac.or.jp/mail/140901/03.shtml


1についての回答:
硫化ナトリウム比色法では『鉛として』どれくらい含まれているかを基準に評価する
ことになっています。

肉眼で呈色の度合いを高い精度で評価することは難しいため、
比色法の精度はあまり高いとはいえません。
そのため、仮に『鉛として』『銅として』『鉄として』という評価が混在していた場合、
『銅として50 mg/L』と『鉛として20 mg/L』と『鉄として100 mg/L』のどれが毒性が...続きを読む

Qヒ素試験(日本薬局方)の原理について

現在、食品会社に勤務しています。ヒ素試験(薬局方・第4法・装置B)を担当することになったのですが、薬局方を見ても原理がいまいちわかりません。原理について詳しく教えていただけないでしょうか?
また、操作(酢酸鉛試液含有ガラス綿)について、薬局方では「酢酸鉛試液及び水の等量混液で均等に潤した後、排気管Bの下端から弱く吸引して、過量の液を抜く」とありますが、何か吸引装置みたいなものはいるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

第4法の方法により前処理をして
発生瓶に入れて、試薬を入れるとサンプル中に含まれるヒ素が
ヒ化水素として発生します。
そのヒ化水素をジエチルカルバミン酸銀の液に通じると遊離コロイド状の銀(赤色)が発生します。
発生量は、ヒ化水素量に比例するため、その色の濃さで判定できるわけです。

「酢酸鉛試液及び水の等量混液で均等に潤した後、排気管Bの下端から弱く吸引して、過量の液を抜く」
については、トラップを付けたアスピレーターで軽く吸引すればOKです。

Q統計学でいうRSD%とは何ですか。

統計学でいうRSD%の平易な説明と計算方法を知りたいのですが。標準偏差はわかります。

Aベストアンサー

RSD%とは、相対標準偏差をパーセントで表示したものと思われます。

相対標準偏差(%)=(標準偏差/平均値)×100

次のページは、「相対標準偏差 RSD 平均値」で検索して出たものの一つです。
http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

参考URL:http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。

Q硫化ナトリウム比色法とは?

初めて投稿させていただきます。
今回食品中の重金属の分析を行うことになったのですが、未経験のため全く知識がありません。鉛を測定する場合「硫化ナトリウム比色法」というものがあるようなのですが、どういった方法なんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLは日本薬局方HPからの抜粋です
PDFなのでそのつもりでどぞ

試験そのものより、検液調製がポイントでしょう
加熱分解して無機化しないといけないのですが、食品の場合、そのままでは灰化されにくいでしょうから、工夫が必要かと思います。

参考URL:http://jpdb.nihs.go.jp/jp14/pdf/0036-2.pdf

Q米国薬局方(USP)と欧州薬局方(EP)について

米国薬局方・欧州薬局方を日本語訳にした文献なんてありますか?
調べたい詳細は、シリコーンチューブ等の医療用チューブや、医療用容器・機器に関してに規制された文章があるのか?あれば入手したいです。
また、その周辺について詳しい情報を知っていれば教えて下さい。
薬事法からくる、日本薬局方と同じと言われていますが、海外になれば規制が違うのではないかと思っているのですが…

Aベストアンサー

残念ながら翻訳されたものは無いと思います。もし
医療用具の輸出と言うことで考えていらっしゃるのでしたら、下記URLでキーワード検索をなさってみてはいかがでしょうか? 少なくとも私の会社の担当部署には英語版しかありませんので。
輸入と言うことでしたら、厚生労働省のHPで各種通知を検索してみるか、医薬品製造指針を書店で購入なされば、輸入の際の規制要件が書いてありますのでそれをご参考になさればよろしいかと思います。

参考URL:http://www.usp.org/  http://www.pheur.org/

QExcelでCVを計算するには

Excelを使ってCV(変動係数)を計算するにはどうすればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

CV(変動係数)=標準偏差/平均

今、範囲(A1:Z1)にデータがあるとして


標準偏差=STDEVP(A1:Z1)

平均値=AVERAGE(A1:Z1)

従って CV=STDEVP(A1:Z1)/AVERAGE(A1:Z1)

で如何でしょう?

標準偏差に不偏標準偏差を使う場合はSTDEV(A1:Z1)にしてください。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q濃度(ppm)からミリグラム(mg)に換算方法を教えてください。

仕事上で濃度ppmからミリグラムに換算して、回答にしなければならないのです。回答方法が解らないので、教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#6です。補足見ました。

5×350/1000000=0.00175g=1.75mg

5g中に三酸化アンチモンは1.75mgあります。


人気Q&Aランキング