ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

質問です。朝鮮戦争においては北朝鮮軍兵士の捕虜と中国義勇軍の捕虜は休戦後どうなったのですか?北朝鮮軍捕虜は祖国に送還されたのでしょうか?それとも韓国に帰化したのですか?中国義勇兵は帰還したのでしょうか?帰還した後はどうなったのでしょうか?回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 1953年、送還を希望する捕虜9万5千人が板門店(地名)から送還。


       送還拒否捕虜2万2千人は中立国送還委員会によって自由意志を確認後、希望地(南か北か)に。
       
 この9万5千人に、南北で捕まっていた北朝鮮兵士・韓国軍兵士・中国義援軍・国連軍が含まれるようです。
 南北の兵士以外は、北朝鮮を選ぶとか南朝鮮を選ぶとかは関係ないのでそのまま自国へ帰ったでしょう。

 ちなみに月並みですが、韓国wikiによると、
<共産軍側被害>
・中国義勇軍  戦死 13万5000名
        負傷 20万8400名
        失踪及び捕虜 2万5600名
・ソ連軍    戦死 315名
        負傷 500名

<国連軍側被害>
・米国     戦死 3万6940名
        負傷 9万2134名
        失踪 3737名
        捕虜 4439名
・豪州     戦死 339名
        負傷 1216名
        失踪 3名
        捕虜 26名
・カナダ    戦死 312名
        負傷 1212名
        失踪 1名
        捕虜 32名
・英国     戦死 1078名
        負傷 2674名
        失踪 179名
        捕虜 997名
・ニュージーランド  戦死 23名
           負傷 79名
           失踪 1名
・フィリピン  戦死 112名
        負傷 229名
        失踪 16名
        捕虜 41名
・トルコ    戦死 741名
        負傷 2068名
        失踪 163名
        捕虜 244名
・オランダ   戦死 120名
        負傷 645名
        捕虜 3名

 国連軍側は16カ国いましたが、上記以外の国の被害については載ってないです。
 「失踪及び捕虜」って、なんだかざっくりって感じですね。

 また、北朝鮮側というと中国義勇軍が有名ですが、実はソ連も「非公式支援国」として「部分参戦」していました。そもそも最初の6月25日の最初の南進軍に、「北朝鮮軍兵の軍服を着て参加した」という元ソ連軍兵士の証言なんかもあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
非常によく分かりました。

お礼日時:2010/10/23 17:39

 休戦協定の話し合いが続いていた中、1953年6月8日 国連軍と北朝鮮の間で「捕虜送還協定」が結ばれ、帰国を望む捕虜を休戦後60日以内に送還することになりました。


 しかし、韓国のイ・スンマン大統領は休戦自体に反対していて韓国が勝利する日まで徹底して戦うことを主張し、この捕虜送還協定にも反対。「北朝鮮は国ではない。そんなところに同胞を送れるか!」と、
 1953年6月18日、韓国内捕虜収容所7ヵ所に収容されていた北朝鮮軍兵士のうち3万7千人をいきなり釈放。このイ・スンマンの捕虜送還協定違反事件に対し、北朝鮮は捕虜を再収容するよう要求。
 1953年7月27日、休戦協定調印。
 1953年8月5日から9月6日までに、帰国を希望する南北の捕虜9万5千名を板門店から送還。送還拒否捕虜は、中立国送還委員会の下で自由意志を確認し行き先地を決定した。

 北朝鮮軍捕虜はこれでほとんどが北へ帰りました。一部の兵士はわざわざ南に残って「祖国解放戦争(北朝鮮での朝鮮戦争の呼び名)」を続けることにしましたが、活動の途中でバレて韓国の治安当局に「反共法」違反で捕まります。多くの人は韓国当局の過酷な取り調べ(拷問)により、「共産主義を捨てて、韓国の良き市民として生きて行きます。」という書類に署名をしますが、一部の人はそれを拒否。長期間を韓国の刑務所で服役し、「非転向長期囚」となりました。
 北朝鮮軍兵士出身者だけでなく北朝鮮から派遣された北朝鮮工作員で、韓国警察に捕まった人にも北朝鮮への忠誠を誓う考えを変えない人がいて、そういう人も「非転向長期囚」と言われます。出所後も非転向長期囚出身者同士で横のつながりを持って暮らしていました。2001年に韓国の金大中大統領は、非転向長期囚のうち北朝鮮への帰国を希望する64人を北朝鮮に送還しました。
 非転向長期囚出身者(北朝鮮軍捕虜出身も、北朝鮮工作員出身も)には、北朝鮮への帰国を希望しない人もいて今も韓国で暮らしています(人数はわ~ずかみたいです)。韓国内で更なる「祖国解放戦争」を続けるためでしょうか?それとも、今の北朝鮮に失望してるのか? 帰国を希望しない理由はわかりませんが。

 中国義勇兵についてはわかりませんが、中国に帰りたい人はたぶんちゃんと帰ったんじゃないかと思います。

 ちなみに1、 韓国の南のプサン(釜山)より南西方向に巨済島(コジェド)というすっごく大きい島がありますが、そこの捕虜収容所で北朝鮮側捕虜が暴動を起こした事件がありました。理由はわかりませんが、収容所を管理していた韓国・連合国側に確か死傷者が出た事件だったと記憶しています。

 ちなみに2、 北朝鮮で捕まっていた韓国軍捕虜は帰りたいのに送還してもらえなかった人達がいたようで、現在北朝鮮で生き残っている韓国軍捕虜は韓国政府の発表では約500人程度だそうです。必死で脱北して、中国経由などで韓国に帰って来る韓国軍捕虜がたま~にいて、ニュースになります。

 ちなみに3、 米国防部の秘密指定解除文書、「米露戦争捕虜・失踪者共同調査委員会 1993年作成文書」により、朝鮮戦争当時に韓国軍と国連軍の捕虜が北朝鮮からソ連内の収容所に移送され、そこで死亡していたことが明らかになりました。 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
なるほど、韓国の動向はわかりました。意外に北への帰国が多かったのですね。
北にいた南の捕虜やアメリカを含む国連軍捕虜はどうなったのでしょうか?
度々で申しわけありませんが、教えていただきたいです。

お礼日時:2010/10/22 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q朝鮮戦争に旧日本兵が参戦していた?

とある小説に朝鮮戦争に旧日本兵がアメリカ軍側から参加していたという事が書かれていました。実際にはどうだったんでしょうか?
朝鮮半島へ上陸して戦闘するのはともかく、後方支援は周知の事実と言うことも書かれていました。
もちろん小説ですが、理論が「なるほど」と感じるところがあったので実際はどうなのか知りたく質問いたしました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

朝鮮戦争には日本の掃海部隊が参加していました。
所属は海上保安庁ではありますが、人員は旧海軍の軍人達でした。
掃海作業中蝕雷し、殉職者も出しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%88%A6%E4%BA%89#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E7.89.B9.E5.88.A5.E6.8E.83.E6.B5.B7.E9.9A.8A

Q自営業の人は老後、国民年金だけで生活できているのですか?

46歳独身です、今年から独立して国民年金に加入しました。

でも国民年金ってもらえる額が少なすぎて不安で仕方ないです。

自営業の人は老後、国民年金だけで本当に生活できているのでしょうか?

ずっと自営業だった人はもらえる年金は月6万円ぐらいなんですよね?

≪自営業の人は持ち家だし、定年がないから年金は少なくても大丈夫≫だって聞いた事ありますが、それでも80歳代、90歳代になっても働くのは難しいだろうし、月6万円程度ではきついのではないですか?

他の方の似たような質問で、≪貯金すればいい≫とか≪生命保険会社の個人年金に加入すればいい≫とか≪国民年金基金に加入すればいい≫とか見ました。

でもそれって限界がありますよね?

私は貯金は2千万円ぐらいあります。

生命保険会社の個人年金に26歳の時に月1万円加入しました。
60歳まで合計400万円ぐらい払い込んで、61歳から月10万円ぐらいが7年間で戻ってくる(合計800万円ぐらい)予定です。

国民年金基金は4口で月3万5千円ぐらい(国民年金と合わせると月5万円ぐらい)払っていますが、それでも戻ってくる額は月2万5千円程度増えるぐらいです。
高いけど不安なので支払っています。
それでやっと年金支給予定額は15万3千円ぐらいです。
86歳以上生きないと元がとれません・・・。

貯金も生命保険の個人年金も20年ぐらいすれば、なくなってしまう可能性が高いですよね?

100歳以上も生きた場合、国民年金だけではとても無理だと思います。

国民年金だけの人ってどうしているのですか?

生活保護に切り替えたりしているのですか?

46歳独身です、今年から独立して国民年金に加入しました。

でも国民年金ってもらえる額が少なすぎて不安で仕方ないです。

自営業の人は老後、国民年金だけで本当に生活できているのでしょうか?

ずっと自営業だった人はもらえる年金は月6万円ぐらいなんですよね?

≪自営業の人は持ち家だし、定年がないから年金は少なくても大丈夫≫だって聞いた事ありますが、それでも80歳代、90歳代になっても働くのは難しいだろうし、月6万円程度ではきついのではないですか?

他の方の似たような質問で...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問者様の想定している状況とは異なりますが、私の両親(共に昭和7年生まれ。そして3年前に相次いで死亡。)は企業で働いておりましたが「国民年金」でした。

預金もほとんどありませんでしたが、周りの環境が幸いしてか、老齢基礎年金だけで生活[父は介護施設に入所=年金で介護費用が賄うことができた]しておりましたね。

どんな生活環境かと言えば・・・もしかするとご質問者様には信じられない状況かもしれませんが
・冷房機器は扇風機。
  ⇒それも呼吸が辛くなるので余程でない限り使わず、窓から自然の風を取り入れて団扇を使っている。
・暖房機器は「石油ストーブ1台+コタツ」と「電気毛布」
・パソコンは使った事が無い。
  ⇒歩かないと寝たきりになるから、1キロ先のスーパーまで日用品を買いに行く。「欲しいモノを買う」ではなく「有るモノで間に合わせる」タイプ。
  ⇒趣味は有るが、コンピューターを使用しない。
・電話は固定電話のみで、余程でなければ電話を掛けることは無い。
  ⇒地元で生まれ育ったので、ほとんどの友人・親戚は近くにいる
・冷蔵庫はあるが、電子レンジやオーブンは買ったことすらない。
・電気炊飯器はあるが、ガスコンロでご飯を炊くこともある。
・お風呂はあるが、シャワーは長らく無かった。
  ⇒使っていた風呂釜が壊れて、相談したガス屋さんが「今はガス給湯システムの方が安く買えますよ」と言ったので、両親が死ぬ1年ほど前にシャワーが付いた。
・晩酌(湯上りのビール類も含む)やタバコはやらない
  ⇒父は年金を貰う頃には体を壊していて、酒・たばこ禁止
  ⇒母は元から飲まない
・自動車やオートバイは廃車していた
  ⇒体力の問題等から利用する頻度が激減したので、維持費を支払いメリットが無い。
・電気の契約アンペアーは15A
・家は父の勤め先が届け出をせずに建てたバラック[築50年超]。
  ⇒母方の伯父がコネを利用して建築確認の届出をしてくれたが、完了の印は無い。
  ⇒相続するために専門家を通して色々な手続きをしたら、市役所が調査に来た。
  ⇒増築部分が見つかってしまい、固定資産税は年額6千円

> 国民年金基金は4口で月3万5千円ぐらい(国民年金と合わせると月5万円ぐらい)払っていますが、それでも戻ってくる額は月2万5千円程度増えるぐらいです。
> 高いけど不安なので支払っています。
> それでやっと年金支給予定額は15万3千円ぐらいです。
今、私(おひとり様。50歳代)は実家で生活していますが、サラリーマン生活を維持するための費用[スーツ、靴、鞄、同僚等との飲み代やプレゼント、歓送迎会の割り当て金]を除くと、『10万円程度』ですよ。
 食費6万円+光熱費と新聞購読料1万円+趣味用のお小遣い[書籍、日帰りのハイキング等]2万円+固定資産税や町会費などの年単位での出費+予備費


> 私は貯金は2千万円ぐらいあります
『(自分たちの望むレベルでの生活を)夫婦二人で20年間送るのに必要な費用は1億円』【ある団体が昔行ったアンケート調査の結果】というデータがあります。
勿論、住んでいる場所の生活環境や望む生活レベルによって金額はブレますし、単純に「おひとり様だったら40年間で1億円」とはなりません。
また、いつ死ぬのかは誰にもわかりません。

ですが、話を進めるために「95歳で死ぬから、65歳からの30年間で9000万円が必要」と仮定しましょう。
 1億円÷40年×30年×地域等格差割増1.2=9000万円

するとご質問者様の収入合計は、下の計算が正しければ6,580万円
 ・現在の貯蓄額:2,000万円
 ・生保の個人年金:総額800万円 
 ・国民年金[65歳から35年分]:2,730万円
  780,100円[平成27年度]×35年≒2730万円
 ・国民年金基金:1,050万円
   ◆加入している型が不明なのでA型を4口◆
   1口目:月額1万円×12×35年=420万円
   2口目以降:月額5千円×3口×12×35年=630万円
  http://www.npfa.or.jp/system/type_benefit.html

よって、2,420万円が不足いたします。

この不足額[ギャップ]をどのようにして埋めるか?
 ・財テクで預貯金を増やす
 ・生活レベルを落とす
 ・人生設計自体考え直す[結婚する。その頃は超高齢社会だから、働き続ける。]

偉そうに書いている私も老後の生活費は枯渇しそうなので、「『体が続く限り短時間労働で働く』で、どうにか生き続けることができるかな~」と考えていますが、ご質問者様どうなされますか?

ご質問者様の想定している状況とは異なりますが、私の両親(共に昭和7年生まれ。そして3年前に相次いで死亡。)は企業で働いておりましたが「国民年金」でした。

預金もほとんどありませんでしたが、周りの環境が幸いしてか、老齢基礎年金だけで生活[父は介護施設に入所=年金で介護費用が賄うことができた]しておりましたね。

どんな生活環境かと言えば・・・もしかするとご質問者様には信じられない状況かもしれませんが
・冷房機器は扇風機。
  ⇒それも呼吸が辛くなるので余程でない限り使わず、窓から自然の...続きを読む


人気Q&Aランキング