ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

メキシコで凶悪犯罪が多いのはどうして?
「警察署長に20歳女性 凶悪事件頻発のメキシコ自治体」
メキシコでは2006年12月に就任したカルデロン大統領が麻薬組織の撲滅を宣言して以来、これまでに2万8000人以上が命を落とした。
チワワ州では先の週末にも、シウダーフアレス近郊に身を隠していた別の自治体のトップとその息子が殺害される事件が起きたばかり。シウダーフアレスでは今年に入って麻薬絡みの犯罪で2500人が殺害されている。プラセディスは同市から約56キロの距離にある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101021-00000 …

死者2万8000人となれば戦争規模ですが、いったいどうしてこんなことになったのでしょうか。
麻薬が撲滅できないのはどうしてですか。
メキシコは経済発展してないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

何年か前に、質問者さんのご質問に回答したことを覚えております。


さまざまな事に興味をお持ちなのですね。
メキシコについて詳しいわけではないし、上手く文章をまとめられなかったのですが・・・。
一番手ということで、気楽に回答させて頂きます。

メキシコは経済発展している国です。現在は停滞気味と見なされていますが。
GDPランキングでは、10年ほど前には10位以内でしたし、今でも10位ちょっとの位置のはずです。
フォーブス世界長者番付で1位から3位をいったりきたりしているカルロス・スリムもメキシコ人。
「世界で最も環境汚染が深刻な都市」でメキシコシティが圧倒的一位だったこともあるとおり、(今でも一位かもしれません)
工業的発展は充分で、国有化するほど油田も持っており、経済的には豊かな国の部類でしょう。
人口も1億を超え、決して小さな国ではありません。
しかし、その経済的発展のうまみのほとんどはごくわずかな富裕層にのみ還元され、
また前述の工業化の過程で莫大な対外負債を背負い、非常に貧富の激しい国でもあります。

メキシコの不幸は、陸地づたいには北にアメリカ・南に南米の合間にメキシコしかない、
というところにあったと個人的には思います。
「昨日と今日と明日で政体が違う」というほど政情不安な南米では、安定して儲けられる産業が麻薬の栽培です。
(米ソの時代から米ソ両国に蹂躙されてきたアフガニスタンで麻薬栽培が盛んなことを少し思い出しますね。)
そして北のアメリカ合衆国はこの麻薬の巨大市場です。
メキシコはこの生産地と需要地の唯一の通過ルートであることが、最大の問題です。

メキシコの経済的混迷、貧富の差の拡大を背景に、20世紀中盤すぎからマフィアが台頭。
ご質問中の記事に出てくるシウダードフアレスやチワワ州といった地名を地図検索なさってみてください。
すべてメキシコ北部の盆地に当たると思います。特にフアレスは国境に面した都市です。
つまり、密輸ルートの最終通過地点ですね。
ですからまず、
・そこを押さえたいマフィア同士の抗争が激しい。
ことがあります。
そのルートを押さえたグループが麻薬密輸の儲けを手にできるからです。

次に、このルートを手入れされたりするとマフィアには不都合です。
というわけで、マフィアは自治体を骨抜きにかかります。
凄惨な見せしめの処刑と麻薬で得た資金のアメとムチで政府・警察・軍隊の深部まで腐敗させることに成功しました。
質問者さん、あなたが自治体の長だったとして、警察の要職にあったとして、
「マフィアに便宜を図れ。イエス以外の選択肢はない。
断ったり、少しでも不都合なことをすれば拷問にかけて殺す。お前の家族も友人もすべて同じ目にあわせる。」
と脅かされ、自分の部下の誰がマフィアの手先かわからず、誰を信用していいか誰もが疑わしく思える状況で、どれだけ抵抗できますか?
自分たちと違い、秩序や倫理無視でどんな残虐なこともし、経済的にはるかに勝るマフィアを相手に。
一度マフィアの勢力が「カルテル」と呼べるほどに膨れ上がり、
その支配力が警察を上回ってしまうと、容易にはその恐怖政治を終焉させることができません。
30年以上、メキシコの警察や軍隊は麻薬カルテルとの紛争を続けていますが、
イタリア同様、成果は芳しくありません。
(イタリアは10年ほど前にマフィアの大幹部が逮捕され、状況が変わりつつありますが、
マフィアと共存するのがイタリアの道であると言い放ち、関与が色濃いベルルスコーニがまだ首相である以上、大勢は変わらないものと思っています。)

中身がないわりに長文の回答、恐縮ですけれども。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
それほどマフィアが横行している国とは知りませんでした。
若い女性が命の危険を承知で警察署長になるというのは、大きな驚きで、同情を禁じえません。
麻薬撲滅であれば最先端技術を擁するアメリカと協力すれば何とかなると思うのですが、
難しいのでしょうか。アメリカの国益にも叶うと思いますが。
アメリカはコロンビアの麻薬組織には介入したと記憶しています。

お礼日時:2010/10/22 18:16

大雑把に書きますと警察が麻薬を大量に差し押さえた事にマフィアが切れたんですよ。



メキシコのマフィアはアメリカのマフィアに飼われているそうで
麻薬を毎年大量に売るそうです。
そして、その麻薬がノルマに達成しないと責任を取らされてしまうんだそうです。
売人の一人二人程度ならば十分補填が利いたんですがメキシコの警察は一斉に麻薬を取り締まったそうです。

そしてマフィアはぶち切れてしまったようです。

メキシコのマフィアは日本のヤクザとは規模が比べ物になりません。
ヤクザのようにアンダーグラウンドな組織ではなく、王なのです。マフィアの装備もちょっとした兵隊

つまりメキシコという国の中に麻薬産業を持ったもう一つの国があるような状態なのです。
沢山のメキシコ人が麻薬で生計を立てています。そしてマフィアに関わっています。

戦争と表現していますがそのとおりで、これは内戦です。政府が二つあるような状態ですからね。軍隊も出動しています。
そしてメキシコのマフィアは特に残忍です。鬼です。とても人とは思えないような殺し方をしています。

毎年多くのメキシコ人がアメリカに不法入国しています。国がそういう状況だからと言うのも一つの原因です。
そして、最近アメリカでヒスパニックに対する過激な差別政策を行う州が出てきました。
こういう状況だとしっているとアメリカ人の防衛意識の高まりも少し理解できます。


また、アメリカにはヒスパニックの売春婦が多いのですが、
皆悩みのある様子なんて一切ありません。元気に暮らしているのです。
これも母国の北斗の拳のような状態を考えれば納得してしまいました。
たしかにアメリカで安全に売春して他方がまだマシです。

多少差別されてもこんな国に帰りたくないです。


メキシコ麻薬組織 VS 警官ら6人  → 警官ら誘拐され、頭部を切断されたのち、教会に捨てられる
http://news2plus.blog123.fc2.com/blog-entry-671. …

メキシカンマフィアに殺された死体↓
(心臓に悪いので死体に耐性がない人は絶対に見ないでください。僕は吐きました
ttp://img.chan4chan.com/img/2009-05-30/1243714315831.jpg
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラテンアメリカ貧困の理由

世界から貧困がなくならないのは何故なんでしょうか。
ラテンアメリカの貧困の理由を教えてください。
理想論はいりません。具体的かつ現実的なお話を聞かせていただけるととても助かります;;

Aベストアンサー

いい加減な情報でよろしければ参考までに。

ラテンアメリカの場合、中進国というような状態で、
中国やインド、アフリカと比べれば、
1人当たりの所得水準が低いわけではありません。
しかし、貧富の格差が世界でもっとも激しい地域で、
低所得層の収入は苦しい状況にあります。

・1日1ドル未満で生活する貧困人口の比率:世界マップ
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Percentage_population_living_on_less_than_1_dollar_day.png
・貧富格差(ジニ係数):世界マップ
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:World_Map_Gini_coefficient.png

100年前は「アルゼンチン人みたいにお金持ち」とヨーロッパで言われたように、
ラテンアメリカは富裕な地域だったとも聞きます。
日本からも戦前には多くの移民が新生活を夢見て
ラテンアメリカに渡って行きました。
当時の状況から見てみれば、ラテンアメリカがお金持ちで
日本が貧困であってもおかしくはなかったわけです。
ラテンアメリカは、土地は豊富で、資源も豊富でした。

しかし、ラテンアメリカは第二次世界大戦後の産業化の過程に失敗しました。
土地や資源は少数に所有され、農地改革はうまくいきませんでした。
貧富の格差が大きく、資源は人的開発に回りませんでした。
輸入制限、産業国有化、計画経済、債務積み上げといった
経済政策もひどく非効率で腐敗したものでした。
(アルゼンチンのペロンなどが典型)
戦後から農業や鉱物の価格が下落し、
貿易の中心を占めなくなったこともラテンアメリカ経済に不利でした。
左翼ゲリラ、右翼の民兵組織が活動し、政治も不安定になりました。
度々民主主義も崩れ落ちて軍事政権が成立しました。

1970年代から、チリのピノチェト軍事政権で、
シカゴ学派の経済学者の政策を取り入れて、
経済の市場化を進めよといった流れも起こります
(今日「新自由主義」と言われるものの大本の1つ)。
ピノチェトは独裁者として悪名高い人物でもあり、
チリではこの時期に貧富格差がさらに拡大しましたが、
今日に至るまでチリ経済はラテンアメリカでは
高いパフォーマンスを維持しており、
それなりに影響力は与えています。

しかし、当時からラテンアメリカは度々の
金融危機に見舞われるようになりました。
1979年にNIES(新興工業地域)という期待を持たれる新興国が発表された時、
枠組みには韓国や台湾だけではなくメキシコやブラジルも含まれていたのですが、
経済が不安定になり、韓国や台湾のような高成長を維持することはできませんでした。
かつての経済成長が、農業部門から高生産性部門への
労働力移動を原動力にしており、効率化を伴っていなかったため、
一定以上の水準になると経済成長が阻まれた面もあります。

また、資本市場を自由化することは経済に望ましかったのですが、
その過程には問題があり、結果としては成功とは言いがたい状態になりました。
メキシコのサリナス、ブラジルのカルドーゾのように、
経済的に望ましい政策を行ったと世界にみなされた人物の時期でさえ、
大きい金融危機が起こって経済の破綻に見舞われてしまいました。
突然期待が高まっても、気まぐれで国際資本が退散してしまい、
むしろ逆効果になってしまいました。

元々からピノチェトのような経済改革は、賛否が分かれるのですが、
こういった金融危機もあり、経済改革に対する不満が高まりました。
各種の公共料金の有償化・値上げも貧困層にとっては大きい痛手でした。
ラテンアメリカでは新自由主義的だとみなされる政策への不満が強まり、
ベネズエラのチャベスのような急進的な左翼政権も支持を得るようになりました。
依然としてラテンアメリカの政治・経済は不安定さを持った状態にあります。

貧困を解決する手段となると、また難しい話です。
ただ、資源高や農産物が高価格で推移していれば、
ラテンアメリカにとっては有利な条件ではあります。
こういった収入を武器に、どれだけ経済開発を進めることができるか。

いい加減な情報でよろしければ参考までに。

ラテンアメリカの場合、中進国というような状態で、
中国やインド、アフリカと比べれば、
1人当たりの所得水準が低いわけではありません。
しかし、貧富の格差が世界でもっとも激しい地域で、
低所得層の収入は苦しい状況にあります。

・1日1ドル未満で生活する貧困人口の比率:世界マップ
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Percentage_population_living_on_less_than_1_dollar_day.png
・貧富格差(ジニ係数):世界マップ
http://en.wikipedia.org/wik...続きを読む

Qスペインとポルトガルの関係???

日本史専門なので、世界史は少ししか知識しかありません(^_^;)

「スペイン」と「ポルトガル」について質問です。

1、スペインとポルトガルは日本と韓国のように仲が悪いのでしょうか?それとも中国と朝鮮のように属国関係なのでしょうか?

2、スペインとポルトガルは昔、1つの国だった時期があったのでしょうか?

3、スペインとポルトガルの建国経緯を教えて下さい。

4、スペインとポルトガルの違いに関するトリビアがあれば教えて下さい。


誰か世界史の理解が深い方がいれば、ぜひご教授下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スペインとポルトガルとの関係ですが、兄弟のような関係にあります。
仲良くしたり、戦争をしたりしますが、相互に相手を追い詰めるような事はしません。
戦争でも、自分の主張が通れば、すぐに和解となります。
しばしば戦争を行うため、相互の王家は、相手国の王家から、妻を求める事が多々ありました。

ポルトガルは、現在のスペインの前身であるレオン・カスティジャ王国の一部、ポルトガル伯領として建国されています。
その後王号を認められ、ポルトガル王国となります。
その後1580年ポルトガルの王家の直系が絶えたため、スペイン王フェリペ2世が、母がポルトガル王家出身を理由に、ポルトガル王位を兼ねます。
フェリペ4世の時代に、ポルトガルで、反スペインの反乱が起こり、1640年外交的手回しにより、スペインからの独立に成功します。

スペインの元となるのは、西ゴート王国がイスラム軍に滅ぼされた時に、西ゴートの貴族ペラージョの亡命政権が、718年アストリアス王国を建国したのが始まりです。
子の他にも、バスク地方には、バスク人のナバラ王国、カタルーニャには、スペイン辺境伯領があり、イスラム軍と対峙していました。
アストリアス王国は、現在のレオン周辺を手に入れ、914年レオン・アストリアス王国となります。
その後ナバラ王国が強大化し、レオン王国との国境地帯を奪い、そこに1035年カスティジャ王国を設立します。
この当時、スペイン辺境伯は、カタルーニャ伯となっています。
1037年カスティジャとレオンは、同君連合の形で統一されます。(実質的にカスティジャによるレオン王国の併合)
1469年カスティジャ王女イサベルとナバラから分離し、カタルーニャを併合したアラゴン王国王子フェルナンドとの結婚により、1479年ヒスパニア王国(スペイン王国)が成立します。
1492年イスセム最後の拠点グラナダを併合し、1512年ナバラを併合し、現在に至っています。

ポルトガルは、ナバラ王国のサンチョ大王が、997年ポルトをイスラム軍から奪回した事に端を発します。
1139年ポルトガル伯アルフォンソが王位を認められて、ポルトガル王国が設立されます。
その後ポルトガルは、1147年リスボンを占領しそこに首都を移して現在に至っています。

スペインで有名なワインは、辛口のヘレス(シェリー酒)ですが、ポルトガルでの有名ワインは、ポルト(ポート)ワインです。
スペイン人とポルトガル人は、通訳不要で、自由に意志交換ができるくらい似ていることばです。

スペインとポルトガルとの関係ですが、兄弟のような関係にあります。
仲良くしたり、戦争をしたりしますが、相互に相手を追い詰めるような事はしません。
戦争でも、自分の主張が通れば、すぐに和解となります。
しばしば戦争を行うため、相互の王家は、相手国の王家から、妻を求める事が多々ありました。

ポルトガルは、現在のスペインの前身であるレオン・カスティジャ王国の一部、ポルトガル伯領として建国されています。
その後王号を認められ、ポルトガル王国となります。
その後1580年ポルトガ...続きを読む

Q本当に良い男、良い女ほどモテないって本当?

本当に良い男、良い女ほどモテないって本当?

20代後半男です。

「本当に良い男、良い女ほどモテない」という言葉を耳にしたのですが、皆さんはどう思いますか?

私は男なので「本当に良い女」について考えてみたいと思います。

まず「本当に良い女」の定義ですが、これは男にも言える事ですが、

(1)容姿の良い女

(2)性格の優しい女

(3)仕事も勉強(学歴も含む)もできる女

とします。

他にもたくさんあると思いますが、「男に限って」は「本当に良い女」に対して近づきずらいというのはあると思います。

だから「本当に良い女」に近づけるのは相当自分に自信がないと近づけないのかもしれません。

私の中学の同級生で、

・医者

・美人

・性格優しい

という凄い女性がいました。もちろん中学生の頃は皆あこがれる存在でした。友達にも大変慕われる女性でした。でも以外に告白されていなかったんですよね。

先日10年ぶりに同窓会をした時、その子もきたのですが、相変わらず綺麗で優しい女性でした。

でもその子に聞くと「モテないんだよね」と言ってました。結婚もしてないし、彼氏もいないんだそうです。私も同級生の男達も皆「以外だよね。絶対モテるよね。」と言ってました。

皆さんはどう思いますか?

本当に良い男、良い女ほどモテないって本当?

20代後半男です。

「本当に良い男、良い女ほどモテない」という言葉を耳にしたのですが、皆さんはどう思いますか?

私は男なので「本当に良い女」について考えてみたいと思います。

まず「本当に良い女」の定義ですが、これは男にも言える事ですが、

(1)容姿の良い女

(2)性格の優しい女

(3)仕事も勉強(学歴も含む)もできる女

とします。

他にもたくさんあると思いますが、「男に限って」は「本当に良い女」に対して近づきずらいというのはあると思います。...続きを読む

Aベストアンサー

昔の女性雑誌にね、「一番モテるのは可愛いブスだった!」とありましてね、卓見だと思いました。

まず美人すぎるってのはいけません。美人すぎるといっても最近何かと話題の「美人すぎる○○」じゃありませんよ。外見の偏差値が70くらいありそうな「整形しなくても芸能界に通用しそうなほどの美人」です。それもできれば「愛嬌があるんじゃなくて正統的な美人」が理想です。そういうのは、モテない。
当たり前です。だって、質問者さんだって例に挙げている中学の同級生の女の子、口説きますか?口説かないですよね。なぜか?こう思うでしょ、「あんなすごい美人が俺を好きになってくれるはずがない」とね。世間の男たちもそう思うのですよ。偏差値50の奴が一橋大学を受験するかってことです。

また、仕事ができたり頭がいい(勉強が出来る)女も凡百な男どもからは恋愛の対象外です。自分よりバリバリ仕事こなしたり、年収があったり、理解不能な計算式を見て「わー美しい数式♪」なんていう女と一緒にいて楽しいかい?コンプレックスが刺激されてしまいますでしょ?
反面、バカな女はどうでしょう?結構、モテますよね。バカを売りにしている女性タレントが好きって男性が少なくありません。中にはわざわざ東大を卒業しても「これだけ勉強ができるのに天然ボケ」なんて路線で売る女性タレントさんもいるくらいです。バカ(天然ボケ含む)な女の前だと「しょうがないなあ、俺が教えてやるよ、ワッハッハ」と大いにプライドが満足するというわけです。

人間よく出来たもので、「手に入らないものは、欲しいとは思わない」のですよ。質問者さん、プライベートジェット機は欲しいですか?クルーザーは?欲しいとは思わないでしょ。だって、絶対手に入らないから。それより、ちょっと高級な自転車とか、叙々苑で腹いっぱい焼肉食べるとか、そのくらいの「頑張れば手に入りそうな贅沢」は欲しいと思いますよね。
例に挙げた女性にやってくるのは、「彼女に匹敵するかそれ以上の才能と実力を持っている自信家の肉食系男子」か「あまりに女性にモテないので一発逆転ホームランを狙っているイタい君」です。同窓会で「彼氏いない」って聞いてじゃあ口説いてやろうとか、あわよくば持ち帰ろうなんて野心を抱く奴がいるかという話ですよ。

昔の女性雑誌にね、「一番モテるのは可愛いブスだった!」とありましてね、卓見だと思いました。

まず美人すぎるってのはいけません。美人すぎるといっても最近何かと話題の「美人すぎる○○」じゃありませんよ。外見の偏差値が70くらいありそうな「整形しなくても芸能界に通用しそうなほどの美人」です。それもできれば「愛嬌があるんじゃなくて正統的な美人」が理想です。そういうのは、モテない。
当たり前です。だって、質問者さんだって例に挙げている中学の同級生の女の子、口説きますか?口説かないですよね...続きを読む


人気Q&Aランキング