ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ジャンプの矯正について

私のような素人目にはわからないのですが、ジャンプに癖のある選手というのは多いのでしょうか?
まれなのでしょうか?また、どの選手なのでしょうか?ジャンプの癖ってどこがどうなのかわかりません。。。
また、真央ちゃんのように矯正中もしくは矯正した選手を教えてください。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ジャンプの癖・・・と言われるのは、おもにルッツとフリップの、踏み切る時のエッジ(スケート靴の刃)の傾きのことです。

エッジはまっすぐに立てて滑ることは稀で、内側か外側に倒して使うことをいわゆるエッジさばきと言います。内側に倒すことをインエッジ、外側に倒すことをアウトエッジと言い、(自分の足元でやってみてもわかると思いますが)外側に倒す方が、ずっと難しいものです。
ゆえに、アウトで踏み切るルッツの方が、インで踏み切るフリップより難度が高いと言われるのです。
この、エッジの使い方が正しくないことをロング・エッジ(間違ったエッジ)と呼び、減点対象となります。

真央選手のルッツジャンプはインで踏み切る癖があったのです。ロングエッジについては、20年以上も前の世代(伊藤みどり以前)の選手は少ないのですが、規定(コンパルソリー)が廃止されてからは多くなりました。世界選手権に5回も優勝しているミシェル・クワンもルッツをインで踏み切る癖がありました。
最近もほとんどの選手はロングエッジです。
2008年のルール改正により、ロングエッジが減点対象となったことで、スケート界は大混乱になりました。
それまでジャンプが得意だった選手たちがみな、大ブレーキになったのです。
もともと、間違ったエッジで跳ぶということはスポーツとして減点されるのは当たり前なのですがね。

真央選手はとりあえずルッツの矯正は保留にしましたが、安藤選手はフリップがアウトになる癖を矯正してきました。
けれどもう、昔のようにルッツもフリップも怖がらずにボンボン跳んでいた安藤選手の姿はなくなりました。

スケートというのは、数ミリの細いエッジの上に乗り、100分の1秒のタイミングで踏み切るバランススポーツですから、ほんの少しの精神的な動揺だけで、まったく滑りが変わってしまうのです。
だからジャンプの矯正というのは、簡単なことではありません。
かつて男子のプルシェンコも十代の頃に、大幅なジャンプの矯正をしたことがありましたが、年齢も若く、そしてプルシェンコほどの運動能力があったからこそできたのです。

今年になって真央選手はジャンプ指導に就任した長久保コーチに、ジャンプの矯正をされていますが、その報道があった時に私は正直、「今からやらない方がいいよ!」と思いました。
何の迷いもなく、短い助走でタイミングを即座につかんで跳んでいた、あの天才的なジャンプが、これまで数え切れないほど跳んできたジャンプが否定されてしまったのです。
ロングエッジであってもそれをカバーしてあまりあるほどの得点源だったのに。
メインコーチを勤める佐藤信夫さんも、「今からジャンプの矯正はしない方がいい」という考えで、日本人のコーチを二人つけたことは失敗だったのではないかと、思ってます。
真央選手の運動神経ならば、矯正によってある程度の成果はあるかもしれません。でも、もう昔のようなジャンプの天才真央ちゃんは帰ってこないような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ルール改正のたびに選手の努力はすごいのですね。
帝王プルシェンコもジャンプ矯正をしたのですか~
芸術性を求められされに正確な技術も求められる、すごいスポーツだと改めて感じました。

お礼日時:2010/10/25 09:07

どの選手も、ジャンプを跳ぶ時の癖はあると思いますし、点数に影響するまでの癖のある選手も結構いると思います。



浅田選手は、ルッツジャンプの時のエッジがインサイド気味です。矯正はしているようですが、まだ完全ではないようです。
また、癖とは違うと思いますが、ジャンプを跳ぶ際の助走が遅いため、回転不足を取られる事が多くなり、加点も貰いにくくなっています。現在佐藤コーチと共に、助走を早くする練習をしているようです。

ジャン選手の癖は顕著で、誰が観ても”ちょっと違う”ことがわかると思います。
ルッツやフリップを跳ぶときに、思いっきり片足を蹴り上げて、体を屈めて跳びます。今シーズンのNHK杯では、それが多少治っていると思いましたので、矯正していると思います。また、ルッツもインサイド気味なので、矯正中のようです。

村上選手のルッツもインサイド気味だと思います。それに、ジャン程ではないですが、足の蹴り上げもちょっと気になります。

安藤選手は以前フリップジャンプのエッジがアウトサイド気味でしたが、矯正しました。また、ロシェット選手も15歳から2年かけてルッツのエッジの矯正をしたと聞いています。

引退しましたが、中野由加里さんや伊藤みどりさんは、ジャンプの際の巻き足を指摘されていました。

ジャンプのエッジに癖のある選手もいれば、助走が長かったり、遅かったり、高さが低かったり、回転が遅かったり、降りたときの流れがなかったりと、いろいろだと思います。それをあげれば、ほとんどの選手が癖があるといっていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
癖とは選手それぞれにあるんですね。
安藤選手・ロシェット選手も癖があったなんて。
それで矯正してすばらしい演技を見せてくれるとは、さすがです!!
ジャンプの矯正とは一度は通る過程なのでしょうか?
村上選手も癖があるというのなら矯正期を持つ、ジャンプに悩む次期を向えることもあるのでしょうか?
踏切や助走。正しくジャンプするのは難しいのですね。
今期、真央ちゃんは大変なことに取り組んでいるのですね。復活を楽しみにしています。

お礼日時:2010/10/24 09:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上選手のジャンプ時の足の蹴り上げは癖?

村上選手がジャンプ時に思いっきり足を蹴り上げていますが、これは癖なのでしょうか?
または、ジャンプを高く飛ぶ、飛距離を伸ばすための飛び方なのでしょうか?

たとえば、中野選手の「巻き足ジャンプ」のような・・・。

いろいろな選手の動画を見ていますが、彼女のジャンプ前の足がどうも気になります。

癖ならば減点対象になる、もしくは、GEOに影響があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

癖ですね。「ジャンプを高く跳ぶ、飛距離を伸ばすための跳び方」というよりは、大きなモーションをつけないと跳べないのでしょう。

この「ジャンプ前の足」というのは、キャロライン・ジャン選手に近い見栄えの良くない癖ですね。浅田選手にも多少傾向があります。
ノービスの頃までに修正しないと後では直しにくいです。コーチが欠点を修正するよりも、どちらかと言えば長所を伸ばす指導の傾向があるようですので・・・

◆TES(テクニカルエレメンツ)では減点対象にはなりませんが、GOEの加点が付きにくい跳び方です。出来るだけ流れの中でスムーズに跳べないと高い加点は得られにくくなります。この流れが一瞬止まってしまうような跳び方は見栄えが良くありません。キム選手のような加点の大きさで勝つタイプと戦うには厳しくなります。
さらにPCS(プログラムコンポーネンツ)では、こちらは10点からの減点方式ですので当然得点への影響があると思います。

◆ジャンプにはエッジジャンプとトウ(TOE=トウ)ジャンプがありますが、トウ系は3種類(ルッツ、フリップ、トウループ)です。http://www.tv-asahi.co.jp/figure2008/pc/mikata/page2.html

その内彼女のFSの場合、たとえば冒頭の3T-3Tは特に問題ありません。添付した2010全日本(削除されたらごめんなさい)のFSでは着地で少し乱れましたが跳び方は問題ありません。下のプロトコルと合わせて確認してみると面白いです。
●次に跳ぶ3Lz(ルッツ)と3F(フリップ)に強い癖が出ます。
3Lzではさらに不正エッジ(ロングエッジ:表記e)=「LzがFになる(フルッツと呼びます)」を取られ減点されます。エッジが跳ぶ直前OUTエッジからINエッジになり体軸のブレも大きく出ます。
3Fでも特に足を大きく振り上げます。
http://www.youtube.com/watch?v=1pEoHAdNMsk
http://www.skatingjapan.jp/National/2010-2011/fs/national/data0205.pdf

このため特に3Lz(もしかしたら3Fも)では、いずれ浅田選手と同じように修正が必要になる可能性も出てきます。そのまま長所を伸ばして走ってしまうかもしれませんが、その時の世界で戦う相手選手との力関係によっても変わります(勝てるか、勝てないか)
次のオリンピックでは浅田選手の他に、ロシアのソトニコワ選手が最も怖い相手です。まだジュニアにデビューしたばかりですが、すでに3+3では浅田選手やキム選手を上回り、最高難度の3Lz+3Loを簡単に決めてしまいます。
国内でも14歳の庄司選手(ソチ出場OK)、身体能力の高い大庭雅(みやび)選手、の2人も伸び盛りで強敵ぞろいです。

http://www.youtube.com/watch?v=1pEoHAdNMsk

癖ですね。「ジャンプを高く跳ぶ、飛距離を伸ばすための跳び方」というよりは、大きなモーションをつけないと跳べないのでしょう。

この「ジャンプ前の足」というのは、キャロライン・ジャン選手に近い見栄えの良くない癖ですね。浅田選手にも多少傾向があります。
ノービスの頃までに修正しないと後では直しにくいです。コーチが欠点を修正するよりも、どちらかと言えば長所を伸ばす指導の傾向があるようですので・・・

◆TES(テクニカルエレメンツ)では減点対象にはなりませんが、GOEの加点が付きにく...続きを読む

Q「伊藤みどり」のライバル選手について。

先日あの天才スケーター・伊藤みどりについてネットで調べていて疑問に思ったので質問したいと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8Aに

【ライバル選手からの圧力】
・カタリーナビット
・ラティティア・ユベール
・スルヤ・ボナリー

とありましたが、
カタリーナビット 、ユベールは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A
を読めば分かりましたが、

スルヤ・ボナリーはどのような意味で伊藤みどりに圧力をかけたのでしょうか?

あとユベールが伊藤みどりと衝突したのは同国出場のボナリーを有利にさせるために意図的にやったのではないか?、みたいなことも他のページに載ってましたが、この真相についてはどうなのでしょうか?

どなたか分かる方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

 スルヤ・ボナリー選手(Surya BONALY)は5歳の時にテレビで見た伊藤みどり選手の演技に夢中になったと自身のホームページに書いています。伊藤みどりさんは彼女が子供の頃から憧れた選手だったのです。どちらかと言うと、ウィキに掲載されているカタリーナ・ビット選手の「圧力をかけた」というエピソードとは別の、違う意味のニュアンスで書かれているのではないのでしょうか。

以下は私見ですが、それは彼女の一番の魅力、男子選手顔負けの迫力あるジャンプが伊藤みどり選手と同じ種類の選手像を想起させる、つまり「あんなゴム鞠のようにジャンプばかりの演技はフィギュアスケートではない」と発言したカタリーナ・ビット選手(Katarina WITT)とは反対の、フィギュアスケートの優美さ、芸術性という点で当時頂点に君臨した彼女の対極にある、スポーツとしてのフィギュアスケート、現在の高技術、高難度のフィギュアスケートのムーブメントを起こした伊藤みどり選手の側に存在したのがスルヤ・ボナリー選手なのだと思います。高いジャンプ、素晴しい瞬発力とバランスの良さを持つ彼女は、ジャンプを得意とした伊藤みどり選手にとってもライバルであったのではないでしょうか。そんな意味で「圧力をかけた」と表現されているのではないかと思います。

彼女は1992年のアルベールビルオリンピックで4回転に挑戦しています。残念ながら4回転と認定されませんでしたが、このアルベールビルオリンピックで女性選手初のトリプルアクセルを成功させた伊藤みどり選手にとっては、ジャンプで負けられないライバルの一人だったのだと推察します。


……閑話休題。
上記の私の勝手な推察とは別に、アルベールビルオリンピックの公式練習の際に、確かスルヤ・ボナリー選手が伊藤みどり選手の近くバックフリップを行なったため驚いた伊藤みどり選手が転倒する事件が起きて、やはり練習中だったカタリーナ・ビット選手の抗議によってISUの中で問題になった事があったと記憶しています。もしかしたら「圧力をかけた」とは、この辺を指しているの「かも」しれないですね。
*バックフリップはいわゆる「とんぼ返り」、バク転の事を指しています。これはスルヤ・ボナリー選手の得意技でしたが、危険だと言う理由でISUは公式競技(SP/FS)での演技を禁止しています。なおエキシビジョンではOKです。

もう一人、ラティティア・ユベール選手(Laetitia HUBERT)についての91年のアクシデントについての真相は存じません。彼女についての私の印象は競技中の転倒が多かった…という以外にあまり記憶がないのですが、大変自己主張の強い、気の強い選手だったらしい...という記事を何かで読んだような記憶がうっすらあります。(←定かではありません)現在はISUだったかフランス連盟だったかで技術役員をしてらっしゃるようですね。

【スルヤ・ボナリー選手 公式HP】*「Profile」と「Fun Facts」で伊藤みどり選手に対して言及しています。
 http://www.skateradio.net/Skaters/Bonaly/Main.asp
 

 スルヤ・ボナリー選手(Surya BONALY)は5歳の時にテレビで見た伊藤みどり選手の演技に夢中になったと自身のホームページに書いています。伊藤みどりさんは彼女が子供の頃から憧れた選手だったのです。どちらかと言うと、ウィキに掲載されているカタリーナ・ビット選手の「圧力をかけた」というエピソードとは別の、違う意味のニュアンスで書かれているのではないのでしょうか。

以下は私見ですが、それは彼女の一番の魅力、男子選手顔負けの迫力あるジャンプが伊藤みどり選手と同じ種類の選手像を想起させる...続きを読む


人気Q&Aランキング