興福寺の阿修羅像のグッズを購入された方々にご質問です。

昨年の阿修羅ブームや阿修羅人気でで阿修羅ストラップや、阿修羅のガチャガチャや、阿修羅のデザインされたi-phone/i-pod touchケース、阿修羅のプリントされたパンツ、その他いろいろなものが発売されましたが、これらのグッズを購入された方がいらっしゃったら是非お聞きしたいことがあります。

購入された理由はなんですか?(複数回答可)
1.興福寺の阿修羅像のファン/興福寺の阿修羅像が大好きだから
2.おしゃれだから
3.かっこいい・かわいいと思ったから
4.おもしろいから
5.縁起がいい/ご利益がありそうだから
6.仏教徒だから
7.その他(理由があればぜひ教えてください。)

現在私は大学の卒業研究で阿修羅ブームについて執筆しているのですが、できるだけ多くの方の意見がお聞きしたくてここに質問を投稿させて頂きました。
回答して頂ける方々がいらっしゃたら幸いです。よろしくお願いします!><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

卒業研究、頑張ってください。



昨年は「阿修羅ブーム」「阿修羅人気」だったのですか?
全く知りませんでした…。(興福寺の阿修羅像は、常に人気の高い仏像だと思っていたので。)

私は、今年奈良に出掛けて、興福寺国宝館のミュージアムショップ(?)で、阿修羅像が意匠化された「てぬぐい」と、小さく刺繍された「ハンドタオル」を購入しました。
これも、ご質問者さまの仰る「これらのグッズ」に該当しますでしょうか?

「ハンドタオル」は、生地の色が気に入ったから…で、阿修羅とは関係なく購入しました。
「てぬぐい」は、阿修羅像以外のデザインもあったと記憶していますが、「てぬぐい」のデザイン、色合いが気に入って購入しました。

要するに私の場合は、阿修羅像とは関係なく選んだ…ということになりそうです。
デザイン的には「2.おしゃれだから」「3.かっこいい・かわいいと思ったから」かもしれませんが、阿修羅像がデザインされていることによって、「おしゃれ」「かっこいい・かわいい」と感じた訳ではないようです。

また、「縁起・ご利益」は全く考えていないですね(一応、我が家は仏教ですが、法相宗ではないですし)。
購入後、放置してありますから(笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国宝阿修羅展のグッズについて

先日上野で開催された「国宝 阿修羅展」に行ってきました。出口近くで色々なグッズを販売していましたが、もう買う事は出来ないのでしょうか?インターネットで調べたのですが、話題のフィギアや図録の事は分ったのですが、他にもクリアファイルや色々有った様に記憶をしているのですが、通販とかでは扱っていないのでしょうか?
ご存知の方がいらしたら教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://shop.asahi.com/shop/showcase?showcase_id=11

恐らくこのアサヒイベントプラス社が記念グッズを担当したのでは
ないかと思います。
サイトでは図録しか販売していませんが、Tシャツなど他のグッズが
どこで買えるかこちらのサイトで聞いてはいかがでしょうか。


http://shop.asahi.com/event/shopguide.shtml
朝日イベント・プラス フリーダイヤル TEL.0120-013-193 または e-mail asahi@mlsols.jpまでご連絡ください

Q阿修羅・・その他仏像について

新聞で阿修羅像を見て、なぜか解りませんが
とても惹かれるのを感じ、
近々、会いに行こうと思っています。

が、阿修羅や、その他の仏像について
何の知識もありません。
全くの素人でもわかりやすく、楽しみつつ
勉強できるような本をご存知でしたら
教えていただけないでしょうか?

ある程度知識があったほうが
楽しめると思いまして・・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、

仏像のジャンル分け
部位の名称
ポーズの意味

あたりの基本的な知識ということですね。

とりあえず入門書として以下の本が思い浮かびますが、
http://www.amazon.co.jp/dp/4106021021/
他にも昨今の仏像ブーム?でいろいろな本が出ています。
amazonで「仏像」で検索するといくつか入門書が出てくるので、
レビューを見て比較検討して買われてみてはいかがかと思います。

今回展示される仏像のうち、
八部衆及び十大弟子は4/19までは全部展示しますが、
それ以降は一部の展示をしません。
(阿修羅は大丈夫ですが)
したがって4/19までに行くのがいいでしょう。

なお、今回の展示をやっている平成館だけでなく、
本館にも仏像コーナー(平安~鎌倉時代あたり)があり、
他にも法隆寺宝物館に古い金銅仏(飛鳥時代)があります。
今回の阿修羅展の奈良・鎌倉時代と合わせて
いろいろな時代を見られるので、
一緒に見るといいでしょう。

また、世田谷美術館で4/19まで
岩手を主体とした東北の仏像の展示を行っています。
仏像好きにとってはなかなか充実した展示なので、
こちらもよろしかったらどうぞ。
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html

とりあえず、

仏像のジャンル分け
部位の名称
ポーズの意味

あたりの基本的な知識ということですね。

とりあえず入門書として以下の本が思い浮かびますが、
http://www.amazon.co.jp/dp/4106021021/
他にも昨今の仏像ブーム?でいろいろな本が出ています。
amazonで「仏像」で検索するといくつか入門書が出てくるので、
レビューを見て比較検討して買われてみてはいかがかと思います。

今回展示される仏像のうち、
八部衆及び十大弟子は4/19までは全部展示しますが、
それ以降は一部の展示を...続きを読む

Q阿修羅展の混雑状況

東京国立博物館で来月7日まで開催中ですが、最近平日に行かれた方、混雑状況を教えて頂けませんか?

何時ごろ行ったら、何時間待った・・・等。

入院していた母が退院し、体力も回復してきたので連れて行きたいのですが、あまり待ち時間が長いと可哀想なのでお尋ねします。

東京国立博物館のHPでは午前中が混雑しやすい(現在のところ)・・・とのことでした。

Aベストアンサー

5月26日に行きました。
14時頃までが混雑のピークと事前に確認して出かけ、15時過ぎに
国立博物館に到着したのですが、60分待ち!
係員の方に伺うと、’早朝から並ばれる方もいます。8時半前に来られると開館時に入場できるでしょう。
混雑を避けるなら土日の夕方からの時間が狙い目かも。’とのこと。

せっかく出かけたので、暑い中60分弱並び入館しましたが、中も込み
合っていて、また並んだ疲れも手伝ってゆっくり鑑賞出来ませんでした。。。
17:30過ぎには出る頃には若干空いてきたように感じますし、外の列も30分待ちになっていました。

私ももう一度出かけるつもりですが、開催があと10日あまりなので、ますますの混雑が予想されます。
無駄に体力を消耗させないために夕方からの時間を狙って行くつもりです。

お母さまに出来るだけご無理のないスケジュールを組まれますよう、
そしてお二人にとって阿修羅との出会いが素敵なものでありますように!

Q刀を売りたいのですが.....

刀を売りたいのですが、売る方法をご存知の方、教えて下さい。銃刀法の登録済、日本美術刀剣保存協会の認定書付です。刀の店にも行ってみましたが、買い取りたいようなので、やめました。インターネットでのオークションも考えてみましたが、取引が安全に行われるのか、と考えると心配でもあります.....

Aベストアンサー

<なんでも鑑定団>に刀は何度も出品されていますよ(私は毎週見ている訳ではありませんが、見た限りでも5件以上は出品がありました)。
私が見た時は、たいてい「刀剣柴田」の方が出演されて鑑定されていました。
http://www.tokensibata.co.jp/

> 刀の銘は 収集家の方でしたら皆ご存知のものです。
> その時の刀は同じ銘でしたが、本物ではない、と鑑定されました。
> 鑑定士が言っていた本物の値段は どえらいものでした。
要するに、ご質問者さまのお手元にある刀は、ご質問者さまがご覧になられた回の<なんでも鑑定団>に出品された刀と同じ銘の刀で、日本美術刀剣保存協会の認定書が付いているので本物…ということですね。

本物なので「どえらい」値段が付くはずなのに、ご質問者さまが買い取り査定を依頼した刀の店が付けた値段は、「どえらい」値段より
> ずーっと低かった
と。
それで、その店に買い取らせるのはやめた…ということですね。

> 買い取りたいようなので、やめました。
ということは、「その店の人は、その刀の『価値』を知っているけれど、安く買いたたいて高く売ってやろう…という商売根性がミエミエだったので、それが嫌だった。」ので、ご質問者さまはその店に売るのはやめたのですね。

ならば、複数の他のお店をあたってみられてはいかがでしょう?

例えば、ご質問者さまがご覧になられた回の<なんでも鑑定団>で、刀の鑑定をされていた方(のお店)にアポイントを取ってみられてはいかがでしょう。
場合によっては、「出張買取」などにも応じてもらえるかもしれませんよ。
刀(鞘に入った状態、鞘から抜いた状態、目釘を外した銘の部分)と日本美術刀剣保存協会の認定書の写真を送れば、ある程度の判断は可能なのではないでしょうか。
それを見て「価値がある(=どえらい値段)」と判断されれば、喜んで飛んでくるのではないでしょうか。

あとは、日本美術刀剣保存協会に「このような認定書が付いている刀を売りたいのだが、適正な価格で買い取りをしてくれるお店を紹介してもらえないだろうか」と訊ねてみるとか。

そうでなければ、それこそ<なんでも鑑定団>に出品してみられては?
「価値がある(=どえらい値段)」と判断されれば、複数の業者が喜んで連絡を取ってくるのではないでしょうか。
また、<なんでも鑑定団>には、「お宝売りたい」のコーナーもあったのではなかったかと…。

ただ、「もの」の「価値」というものは結構変動するものですから、必ずしもご質問者さまがご覧になった「どえらい値段」で買い取りがしてもらえるとは限らないと思います。
「それだけの価値がある」ということと、「その値段で売買される」ということは違うと思いますので。

<なんでも鑑定団>に刀は何度も出品されていますよ(私は毎週見ている訳ではありませんが、見た限りでも5件以上は出品がありました)。
私が見た時は、たいてい「刀剣柴田」の方が出演されて鑑定されていました。
http://www.tokensibata.co.jp/

> 刀の銘は 収集家の方でしたら皆ご存知のものです。
> その時の刀は同じ銘でしたが、本物ではない、と鑑定されました。
> 鑑定士が言っていた本物の値段は どえらいものでした。
要するに、ご質問者さまのお手元にある刀は、ご質問者さまがご覧になられた...続きを読む

Q演劇部に入りたいのですが.....(長文です)

 僕は大学1年目で今サークルを選んでいる時期です。
 まずは軽音楽のサークルに入ったのですが演劇の部活にも興味が出てきました。そこで演劇の部活にも入ろうと思ったのですが両方の活動日が重なっていました。(前者は月、金、後者は月、水、金)しかし軽音楽の方は一緒にやっていくと決めた人がいるし、演劇の方も大学にはその部以外活動しているものがありません。ただ軽音楽のサークルの方は活動日に話し合いがあってその他は各自練習といった感じなので活動日が重なっていても部を優先してサークルの方は先輩に事情を言って都合をつけるという方法でいこうと思っているのですが後々トラブルが起きそうな気がしてなりまん。ほかによい方法はないでしょうか?
 また演劇の方もまったくの初心者で自分でも声が少し変わっている気がします、演劇をやっていけるかも正直不安です。演劇をするに際して日頃どのような習慣があるとよいでしょうか?支離滅裂な意見ですが。客観的な意見をよろしくお願いします

Aベストアンサー

私の経験と見聞の範囲では、「演劇部と他の部との両立はできない」というのが率直な意見です。
私は小学校から演劇部、大学でも続け、その後プロの世界に入りましたが、どこでやろうと、演劇の場合は手間と時間がかかります。また、どのような活動でもそうですが、活動日は各々の成果を検証しあうという日であって、プライベートな時間にも個人作業は必要になるでしょう。
また、学外の施設を借りて有料公演をするのでも、学内施設で無料公演をするにしても、公演日が近くなれば、連日の活動は避けられません。
私の大学時代にも、他の部との掛け持ちが2人いましたが、半年続かず、一人は演劇部を、一人は他の部を辞めました。
よっぽどいい加減な団体でなければ、演劇は、とにかく手間と時間を「とてつもなく要する」というのが、30年以上続けていての実感です。
両方の部に入部したとして、体力的にはこなせても、文面から拝察しますと、心理的に苦しくなってしまうのではないかと案じられます。

演劇部の活動を見学させてもらうことはできますか? 
当然メンバーは増やしたいはずだから入部を勧められるかもしれませんが、練習・稽古あるいは、まず公演を一本観てから決めるという手段もあるのではないかと・・・(それに、新年度のこの時期であれば、すでに公演の企画が進められているのでは)。
実際の活動を観て「両立は無理」と納得すれば、どちらかを選べばいいし、「やはり演劇の方をやりたい」と実感すれば、軽音楽の方はプライベートな趣味として位置づけ、サークルのほうは筋を通して退いた方がいいと思います(サークルとはいえ、メンバーになるということは責任が発生すると思うので)。

なお、舞台演技に関しては、古伝に「一に声、二に振り、三に姿」というぐらい、「声」が重要です。美声である必要はなく、音声表現としての「響き」のある声が必要ということなので地声はあまり気にしなくていいと思いますが、継続した訓練と意識が求められることは確かです。

最後に、演劇をするに際しての個人的な信条を付記します。
・自腹を切って(自分の手間と時間とお金を使って)、色々なものを観ること。演劇やるなら、客席にも多く座ること。
・「演ずる」という視野で日常を観察すること。
・演劇以外の趣味、教養を涵養すること。

私の経験と見聞の範囲では、「演劇部と他の部との両立はできない」というのが率直な意見です。
私は小学校から演劇部、大学でも続け、その後プロの世界に入りましたが、どこでやろうと、演劇の場合は手間と時間がかかります。また、どのような活動でもそうですが、活動日は各々の成果を検証しあうという日であって、プライベートな時間にも個人作業は必要になるでしょう。
また、学外の施設を借りて有料公演をするのでも、学内施設で無料公演をするにしても、公演日が近くなれば、連日の活動は避けられません。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報