シャチとウツボはともに別名「海のギャング」と呼ばれていますが、
どちらが本当の「海のギャング」なのでしょうか・・?

くだらない質問で申し訳ありませんが、詳しい方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

群れをなして獲物を襲う鮫より怖いオニカマス(バラクーダ)の群れ


まさにギャング

ウツボは鯛焼き君と同じで岩場の陰から食いつきます
ギャングにはほど遠い

シャチ正しくはサカマタは延縄にかかったマグロを食べますが絶対に針に食いつきません
ギャングと言うよりも頭脳犯

群れをなしたサメは餌に食いつくまでは優雅ですが一頭が食いつくと群れ全体が狂乱状態になりギャングよりも養殖場のハマチです
    • good
    • 0

それは 「シャチ」 に決まっています。



シャチは人間を食うことがありますが、ウツボは人間を食べません。
    • good
    • 0

あくまで個人的な意見ですが。



1)シャチ
シャチは海域によって相当性質が違います。
アラスカ沖などでシャケ等の肴が大量に生息しているため、もっぱら魚食です。

オットセイなどを襲う海域でも、サメ等のように血の匂いで本能的に襲うわけではなく、
群れでハンティングを行うので、「ギャング」というイメージに合うかどうか。
(本当のギャングもかなり組織的ではありますが。)
イメージとしては「ハンター」っぽい気がします。

2)ウツボ
ウツボはもっぱら待ち伏せて獲物を取るので、これもギャングというイメージからは遠いかな?
顔はそうとう怖いですけどね。(笑)
岩陰からそっと忍び寄って隙を見て獲物を狙う感じ。
どっちかというと「暗殺者」っぽいですね。

一番ギャングっぽいのは外洋性のサメではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報