【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

学校用の教科書や補助教材の採用プロセスを調べています。

特に補助教材について、どのように出版社からアプローチがあり、
どういった機関・ひとが採択を決めているのでしょうか。
補助教材を一堂に集めたフェアなど開催されているのでしょうか。
生徒の父母やPTAからの推薦もかなり意味があるのでしょうか。
業者の新規参入を拒む慣例などあるのでしょうか。

ネットで一般検索すると、不透明な部分も少なくないようですが、
現場をご存じの方、教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>・一般人が入れる本屋さんとは違いますよね。


>・補助教材のみならず、教科書も売っているところでしょうか。

私の知っている限りの話となるので、全体がこうであるとは言えませんが・・・

取引している教材屋さんは普通の本屋さんとは違います。
教科書を売っているかは存じません。頼めば持ってきてくれはすると思いますが・・。

会社に例えるなら「A4用紙を頼んでエーヨン」といったCMを流している
オフィス用品を扱っている備品屋さんのような感じです。
一般の人がお世話になることはあまりないかと思います。
コクヨとか三菱とか大手のオフィス用品を扱っていて、注文があればでそれらを取り寄せ、
注文先に必要数を納入するお仕事です。

また、教科書を頼んでいる主体は学校ではないので
学校(各学年)が依頼をする教材屋と、教科書を扱うところは別のところであることが
多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

>ちなみに業者さんというのは出版社でしょうか。


>あるいは教科書供給会社といったところでしょうか。

業者さんというのは、「教材屋さん」を指してのべました。
補助教材が動く流れとしては、

参考書を作成している出版社

町の教材屋さん

学校現場

となっているところが多いのかなと思います。

ですので、同じ教材が、別の教材屋さんから見本としてきているなんてことは
しばしばあります。

それと、別の回答者様のお答えにもありましたが、
当然、まず「使いやすさ」「見やすさ」「教育的効果」などを見て補助教材を決めてから、
その後にその補助教材を扱っている教材屋さんを決めます。
先にも述べたとおり、教材屋は違えど同じ補助教材を扱っていることも多いので・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
状況がよく分かりました。
ネットによく載っている「不透明なプロセス」
というのは現実にはごく1部みたいですね。

町の教材屋さんをネットで別途調べてみましたが、
よろしければいくつか教えていただけないでしょうか。
・一般人が入れる本屋さんとは違いますよね。
・補助教材のみならず、教科書も売っているところでしょうか。

お礼日時:2010/12/16 09:43

付け加えと多少違う意見を。



私自身小学校の教師をしていますが、大量の見本を比べて選びます。選ぶときの基準は、「この教材で教えて効果があるか」の1点です。誰が推薦しようが関係ありません。

「効果」の中には、適切な問題を数多く掲載しているかどうか、という当たり前のこととともに、たとえば子どもの気に入りそうな図柄かどうか、筆記具で書き込みにくくないか(分厚い本を開くと中心部分は盛り上がってしまい、書きにくい場合が多いため)などあらゆる基準があります。

そして、私の場合、そういった教育的な理由以外の部分については一切考えません。たとえばまんべんなく多くの会社のものを採用するとか、出入りの多い業者さんのものを選ぶとか、そういうことには興味はないです。そもそも年度始めの教材選定の時期は時間に追われてそんなことを考えている余裕がないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
新規参入を考えていなくても、嬉しい回答です。
やっぱり子どもたちの教育のための教材ですし!
中心部分が盛り上がりを見るなど、現場ならではの観点もありがとうございます。

お礼日時:2010/12/14 21:43

小学校の場合では次のような形をとっていることもあります。



先の回答者様と同じく
「各学年の先生が」
「学校に業者さんが持ってきてくれた見本を見て」
決定します。

保護者を交えず先生が決めるというのは、一長一短ありますが、
補助教材を選ぶのにいちいち保護者の方を呼んでいたら
かえって迷惑をかけてしまうでしょう・・。
指導の方針もあるので、手っ取り早く教員が決めたほうがいいと感じています。

また、業者さんについてですが、
学校は公的機関なので特定の業者のみを採用することはありません。
学校に見本を持ってきてくれる業者さん自体がそんなに数が多くないので、
2~3の業者さんからまんべんなく購入するようにしています。
例えば漢字ドリルはA社から、算数ドリルはB社からといった具合です。

蛇足ですが・・
ただ、よく顔を出してくれたり融通を利かせてくれる業者さんのところは
その後の教材(図工の教材とかその時々で必要になるもの)を買うことは当然多くなります。
来てくれたついでに頼む感じです。
逆に、過去に納入が遅れちゃったり数が違ったりといったトラブルがあった業者さんからは
その後の教材購入は少ないのも事実です。
そういった実態からも、新規参入は個人的なつてがないと結構厳しかったりします。
値段はどこも同じなので、どうしても融通が利いて信頼できる業者さんを選ぶことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなりすみません。
ご回答ありがとうございました。

現場の様子がよく感じ取れました。ちなみに業者さんというのは出版社でしょうか。あるいは教科書供給会社といったところでしょうか。
宜しければ教えていただけると嬉しいです。

お礼日時:2010/12/14 21:40

追加です。


小学校の場合には各学年会で決めていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小学校の場合も教えていただいて、ありがとうございました。
ネットでみた「不透明な決定プロセス」と大分違うプロセスを
教えていただきました。

お礼日時:2010/11/28 22:02

中学の現職校長です。

学校の補助教材について説明します。
まず3月の下旬に、出入りの書籍店から、全教科・全種類の補助教材の見本本が持ちこまれます。
その量は膨大なもので、職員室のかなりのスペースをとるほどです。その見本本をすべての学校に配るのですから、全体としたら大変な量になります。
業者の新規参入は、取り扱う書籍店で見本の中にいれるかどうかで決まります。

4月当初に、異動者を含めて新しい学年配当が決まります。その前後に各教科部会を開き、補助教材の選定を当該の教師だけで行います。保護者の関与する余地も時間もありません。生徒の意見なんて聞くことはありません。だいたい、1時間くらいで決まります。

決まったものは、学年の人数分発注し、見本本はすべて業者に返却します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とてもよく分かりました。学校ごとに独自に決めているようですね。

新規参入者は、見本品を大量に配って、採用されないリスクも負うわけですから、
資本力がなければ不可能だとわかりました。
職員室のかなりのスペースをとるほど膨大な種類があるというお話にも驚きました。
1時間で決まるというのもかなりスピード決定のような感じもします。

非常に参考になりました。

お礼日時:2010/11/28 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校への営業

小・中学生の卒業製作や美術の教材として商品を学校に売りこみたいのですが。どのような方法があるか教えてください。また、決定権は校長先生にあるのが担当の先生にあるものなのでしょうか。それと、個人営業なので相手にされないか心配です。とりあえずは校長先生宛てにDMを出して連絡があればサンプルを送るか持参するつもりでいます。小売店への販売も考えていますが、やはり一度の注文数が多く毎年購入してくれる可能性があるので是非販売したいのです。
商品は私が考案したものでどこにもない、子供達にとっても意味のあるものと思っています、コンセプトはコミニュケーショングッズで半完成品を子供達がつくるものです。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

個人での学校教材の販売は、それなりに難しいと思います。ただし、可能性がまったくない訳ではありません。公立の小中学校では、その自治体の教育委員会(○○市等であれば、市の教育委員会)に業者登録が必要な場合があります。市役所等の教育委員会の学事課、もしくは、物品購入担当課へ問い合わせてみてください。ただこの場合、備品購入については入札制度をとっている場合が多いです。
その他のアプローチとして、学校では、例えば30万前後を限度に教材備品を購入できる独自予算というものを持っている場合が多いので、それをターゲットにする方法もあります。この場合決定権は校長ですが、窓口としは、事務室の備品購入担当者となります。但し、出入りの業者も多く日頃から担当者とはコミュニケをとっている事も多く、なかなか新規参入は難しいのが現状です。
それと美術担当教員へ直接アプローチも可能だと思います。教員から学校側へ予算請求をしてもらう方法です。但し、一般の出入業者と違って個人訪問という形になるので午後4時以降じゃないと訪問出来ませんという制限を設けている学校も多いようです。あとは、PTAを利用した形での紹介等が可能であれば、PTAの取りまとめ役として、ほとんど教頭先生が兼務している場合が多いので、そのルートを開拓するのも一つの方法ですし、ケースバイケースですが、PTA側から卒業記念に今年は是非これをやりたいという要望があれば、すんなりと学校側も動く事もあります。学校の職員は定期的に転勤がありますので、口コミで商圏が広がる場合もありますし、他校の評判も(特にPTAから見た評判)がよければ、是非うちでもってこともあります。そういう意味で、キーマンをどれだけ作れるかがポイントですが、学校の先生といえども、結局は人間ですので、ものを売る前に人間を売らないと、まずは成功しません。事務室の事務員に対しても、○○先生と呼ぶようにして下さい。ある意味物品購入の決定権を一番握っている場合が多いです(実質校長が一任している事もあります)学校という現場(特に私立)は、まず、門前払いされるのが当たり前と思って下さい。競争相手も当然いますので、その辺りは他の商売となんら変わりません。今後のご検討を祈っております。

個人での学校教材の販売は、それなりに難しいと思います。ただし、可能性がまったくない訳ではありません。公立の小中学校では、その自治体の教育委員会(○○市等であれば、市の教育委員会)に業者登録が必要な場合があります。市役所等の教育委員会の学事課、もしくは、物品購入担当課へ問い合わせてみてください。ただこの場合、備品購入については入札制度をとっている場合が多いです。
その他のアプローチとして、学校では、例えば30万前後を限度に教材備品を購入できる独自予算というものを持っている場合...続きを読む


人気Q&Aランキング