トーンコントロールの設定で低音(低音域の音色を調節します。ターンオーバー周波数(変化が始まる周波数)は、125Hz、350Hz、500Hzのいずれかを選べます。)
高音(高音域の音色を調節します。ターンオーバー周波数(変化が始まる周波数)は2.5kHz、3.5kHz、8.0kHzのいずれかを選べます。)と書いています。
低音の周波数を125Hz高音の周波数を2.5KHzに設定した場合と低音の周波数を500Hz高音の周波数を8.0KHzに設定した場合とでは音の違いはどう変わりますか?
トーンコントロールの設定で低音、高音はどれぐらいに設定するのがいいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

matsuura2106さん



 個人的な意見です。

 その部屋の状況にもよりますが。

低音は125Hzと思います。これ以上の周波数をブーストすると楽器の音が不自然になると思います。
高音は8.0kHzを第一優先、3.5kHzを使用する時は、変化量が少ない時でしょうか。3.5kHzを多量にブーストすると不自然な音になると思います。

音は、突き詰めれば、その人の好みの問題と思います。聴いていて良い音がするところを探すことになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
いろいろ試しましたがよく分からなくなってきました。
とりあえず低音は125Hz、高音8.0kHzにしています。
これが一番良いかも。

お礼日時:2010/12/14 18:49

トーンは使わずフラット(本当はダイレクト)が基本ですが、結局は好みです。



床、壁、天井、家具などの配置により
低音が消されたり、妙に反響したりして「好み」に合わないときに調整します。
もちろん、聴くソースによっても違いますから
曲ごとに調整することもおかしくありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。いろんな音楽を聴きながら調整したいと思います。

お礼日時:2010/12/01 23:05

トーンコントロールの設定を聞くのは


しょうゆをどれくらい掛けたらいいですか?くらい難しい。
薄ければ足して濃ければ減らしてとしか言えない。

あと、周波数は決まるけど、減衰は固定なのですかね、それとも別につまみがあるのでしょうか。
使い方にもよりますけど、結構違うと思います。

私だったらトーンコントロール使わないですね。

使うとすれば、色々試して決めると思います、逆に言うと、試して結局ダメだったりするのがいや。
とりあえず、いじらないで、余計なところを削ればいいんじゃないでしょうか。
過不足が無いならそれがいいんだろうし、いじって気持ちよければそれでいいだろうし。

本当にHz,dbで指定して欲しいなら、部屋の形状と床、壁、天井の材質、
オーディオ機器と設置場所、よく聞く音楽くらいは書かないと無理でしょう。
それならわかってる人が書いてくれるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
AVアンプはYAMAHA DSP-Z11
スピーカー YAMAHA センターSoavoー900c、
Soavo-1を4台、Soavo-2を6台
サブウーファーSoavo-900SWを2台で11.2chにしています。
部屋は20畳ぐらいで吹き抜けです。
(しょうゆをどれくらい掛けたらいいですか?くらい難しい。薄ければ足して濃ければ減らしてとしか言えない。)と言うのはそのとおりですね。色々試して決めたいとと思います、

お礼日時:2010/12/01 01:07

はじめまして♪



かなり高級アンプでしょうね。

実際にいろいろ試して、自分で心地よいサウンドに近付くように設定してください。


トーンコントロールやグラフィックイコライザー等は操作と同時に音の変化が体験でします。

上手に活用すれば特効薬ですが、ちょいと間違いますと猛毒や依存性が高い存在にも成ります。

ターンオーバーを変えた事により、高音や低音に注目して試聴しているのは素人です。
ターンオーバーを変えたときに男声女声の聞こえ方、楽器ならメインギターやピアノ、バイオリン、サキソフォンやトランペット等の中音域の音色の変化に注目して聞き比べてください。

昔はNHKの生ニュースアナウンスを基準に出来ましたが、今は放送に適合しやすくする音声加工が強くなっていますので、基準として試聴するときにもちょっと気になる部分が有るのですが、ほぼニュートラルでしょうかねぇ。

実際の設定は組み合わせたスピーカーと設置した部屋の音響特性、リスニングポイントやリスナーの好みも影響しますね。

多種多様な環境でリスナーの好みに設定出来るように多機能なトーンコントロール機能が装備された製品かと想像します。 
せっかくの機能なのでいろいろ試してみてください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
AVアンプはYAMAHA DSP-Z11
スピーカー YAMAHA センターSoavoー900c、
Soavo-1を4台、Soavo-2を6台
サブウーファーSoavo-900SWを2台で11.2chにしています。
部屋は20畳ぐらいで吹き抜けです。
上手に活用できるか不安ですがにいろいろ試して心地よいサウンドに近付くように頑張ります。

お礼日時:2010/12/01 00:58

音の中心が1kHzだとして、それより遠い周波数でターンオーバー周波数とすると、中音域の変化が少なく、低音高音部分だけが変化します。



中音に近い周波数でターンオーバーすると、低音や高音の上下につれ中音も変化します。

従って中音、特に音声をあまり変化させたくないような場合は遠い周波数で、すべての楽器の低音や高音を強調したいときは中音に近い周波数を使うなどのように使います。

以上は一般論で、実際は試用するスピーカーや部屋の構造でかなり違って聞こえます。

好みの音楽を再生して、スイッチを切り替えながら変化を確認することをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
AVアンプはYAMAHA DSP-Z11
スピーカー YAMAHA センターSoavoー900c、
Soavo-1を4台、Soavo-2を6台
サブウーファーSoavo-900SWを2台で11.2chにしています。
部屋は20畳ぐらいで吹き抜けです。
いろいろ自分で音楽を聴きながら調整するしかないですね。

お礼日時:2010/12/01 00:52

基本的にはトーンコントロールは使わずフラットにして聴きます、しかしフラットだと都合が悪い場合があります。


それは部屋の環境や周辺機器などの物理的な問題と精神的或いは体調によって変動する問題である場合もあります、従ってなんの問題も感じないのであればすべてトーンコントロール機能は使用しなくても良いです、好みの音質も人それぞれですから「このようにレベルを合わせるべきです」という答えは存在しません、自分の耳で聴きながら好きなようにいじくりまわして決定するしかありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。最後には自分の耳で聴きながら好きなようにいじくりまわして決定するしかないですね。

お礼日時:2010/12/01 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイコライザーの上手な調節教えてください!

こんにちは。
当方、重低音の効いた音が好みで、イコライザーで低域をブーストして聴いています。
しかし、どうも気に入った音にすることが出来ず、困っています。
(音をカットする為にイコライザーがあるのを承知の上で行っています)

詳しく説明すると、
低域を上げる

中域(特にボーカル)が乏しくなる

中域を調整

気に入った音にならない

試行錯誤して、出来たのはバランスの悪い音
と言った感じです。

そこで当方が聞きたいのは、低域を上げても、中域、高域ともバランス良く聴ける調節方法です。
試行錯誤しているうちに頭が混乱してきて訳が分かりません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪
 イコライザーと言うのはグライコとかパラメトリックイコライザー等でしょうか?  さらに「ボーカルが」と言うことから J-Pop等の対処法でよろしいのか ちょっと気になりますが、、、 (^_^) ;
 
J-Pop等で、車やPC用小型スピーカーの場合は 積極的にイコライザーを利用した経験からです。
 前出のご回答通り、本物の最低域を出すには大掛かりなオーディオでも簡単ではありません。そもそも聞いてる部屋の問題の方が大きく影響するそうです。

車の場合は、私の車はエンジン音が大きいので かなり大音量です。そのため 150Hzブーストで80Hz以下カット。男声ボーカルは800Hzチョイ上げ、女性ボーカルは2KHzチョイ上げ、4KHzちょい下げ、8KHzにちょいピークです。
 PCは 80Hz以下カット、800~1.6Kを下げて ユニットの特性上4Kチョイ上げ、です。

どの位上げたり下げたりかは、音量や曲によりますね。 
 本来の重低音て 50Hz以下でしょうかね、、、 ほんとにアンプのパワーとスピーカーの能力、そして部屋の音響特性がそろったら凄いと思いますが、遮音性の良くない私の環境では、なかなか得難い物です。

昔、スペアナと組み合わせてグライコでかなりフラットを目指した事が有ります。(イコールになるように文字通りイコライズ) 感動的な音の世界では有りましたが、ボリュームがかなり制限され(大きな音では崩れて、音楽にならない) 結局は一つの理想では有っても犠牲が多すぎた事に気づいたのでしたよ(苦笑)

あと パソコンのプレーヤソフトのイコライザは ブースとでクリップしないように なんらかの演算があるみたいで、極端なブースとは全体の音質が変になる場合がありました。 トータルの音量を下げてからだとうまく行くソフトもありましたので ケースバイケースですね。
 パソコンの場合は 外部ミニスピーカー(小音量)、(大音量)、インナーイヤホン、モニターヘッドホン等 自分の設定がいくつも登録できて、便利ですね。(特定の歌手用もOKですし☆)

 もっともっとイロイロ試して、楽しんでみてくださいね♪

はじめまして♪
 イコライザーと言うのはグライコとかパラメトリックイコライザー等でしょうか?  さらに「ボーカルが」と言うことから J-Pop等の対処法でよろしいのか ちょっと気になりますが、、、 (^_^) ;
 
J-Pop等で、車やPC用小型スピーカーの場合は 積極的にイコライザーを利用した経験からです。
 前出のご回答通り、本物の最低域を出すには大掛かりなオーディオでも簡単ではありません。そもそも聞いてる部屋の問題の方が大きく影響するそうです。

車の場合は、私の車はエンジン音が大き...続きを読む

Qボリュームのほかにバスとトレブルの調整があります。 バスとトレブルって

ボリュームのほかにバスとトレブルの調整があります。 バスとトレブルってなんですか?

Aベストアンサー

バスは低音補正、トレブルは高音補正を行います。
低音がもの足りないとか、高音のメリハリが無いとかいう場合に調整します。

Qトーンコントロールの設計

最近パワーアンプにトーンコントロールを付けたいと思っていろいろ探していると下記のサイトを見つけました。
http://www.zea.jp/audio/auamp/auamp_05.htm

このサイトではトーンコントロールの後にプリアンプを付けていらっしゃいます。しかしプリアンプは今のところ付けるつもりはありません。そこで質問なのですがこのトーンコントロールはプリアンプ無しでも使えるのでしょうか?使えないのであれば使える回路(できれば図解)を教えてください。

私はまだ電子工作を始めたばかりの超初心者で、まだほとんど回路図も読めませんのでこんな私でも分かりやすく説明していただけると幸いです。

ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

教科書的には使えないの回答です。というかコントロール量が取れません。

しかし接続する前後のアンプを限定すれば使えます、
この限定をしなくても良くするのが前後のトランジスタアンプの役目です。
接続する機器のカタログや取説を読んでみてください。
・前側、CDなどからくるアンプの出力インピーダンスは1kΩ以下であること。
・後ろ側、パワーアンプの入力インピーダンス100kΩ以上であること

まずは回路図のとおりに組み立てて、そのあといろいろ試すことをお勧めします。
そのためには信号発生器やレベル測定器、オシロスコープなど最小の機器をそろえないと
耳では難しい、、判断が出来ないでしょう。
がんばってやってみてください、

感電や他への影響はないので安心して!

参考 URLの最後の方になぜかが書いてあります。

http://www.zea.jp/audio/schematic/sc_file/008.htm

参考URL:http://www.zea.jp/audio/schematic/sc_file/008.htm

Q現在のミニコンポの音をさらに良くしたい。

 我が家はミニコンポです。PioneerのXNT7MDです。13万円ほどで購入したものですが、音に不満があります。
 私はオーディオに関してほとんど無知なのですが、実家がフルコンポでしたので、それに比べると音の迫力が全然違います。小さい音でも部屋全体に広がるような音が出ないものかと思っています。
 そこで、スピーカーを大きなものに買い替えればよいのか、あるいは、アンプも買い換えた方がよいのか、また、音をよくするために何をすればよいのか教えてください。
現在 ステレオアンプ 20W+20W
   スピーカー 13cm2Way
         低音ウーファー13cm
         高音トゥイーター2.5cm
         最大出力80W    です。
  

Aベストアンサー

参考URLでは、ミニコンポの使いこなしについて
色々試されていますので、
参考にされてはいかがでしょうか?
但し、良い音と言うのは本当に人それぞれですので、
自分にとっての正解を求めるためには、色々試す事が肝要かと思います。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~lofihifi/jikken.htm

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qトーンコントロール回路の自作

トーンコントロール回路を作りたいのですが、どのように作ればいいかわかりません。どなたかご存知の方いましたらお願いします

Aベストアンサー

低域、広域だけ、それともグライコみたいなのがいいのですか?
低域、広域だけだったら、抵抗、コンデンサ、VRで作れます。
グライコみたいなやつは、初めてならキットみたいなやつがいいんじゃ無いですか?
検索して調べましたか? もし自作経験が無いのなら、色々な事調べましょう。
回路が解からないのか、作り方が解からないのか、その辺も書いた方がいいと思いますよ。

Qシステムコンポの音質向上

約2年前にONKYOのFR-N9というシステムコンポ購入しました。
最近、音質を向上させたいと思うようになったのですが、具体的に
どの様にすれば良いのか分かりません。
どの様な事をすれば音質向上を得る事が出来るのでしょうか。
あまりお金を掛けずに実施出来る内容を希望致します。
音質については、好みがあるかと思いますがアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

私もFRを使っています。
ONKYOのホームページにFRの音質を向上させる方法が書かれていますので、
ご紹介します。

http://www.e-onkyo.com/info/archives/useful/050421105435.html

インシュレーターは効果があります。ボアボアしていた低音が締まります。
スピーカーケーブルの交換は、モンスターケーブルよりウェスタンエレクトリック WE16GAの方が良い結果が得られました。

http://www.procable.jp/speaker.html

この2つである程度の音質向上は図られます。
しかし、劇的な音質向上はスピーカーの変更です。

http://www.e-onkyo.com/info/archives/useful/060324155039.html

私は、いずれはアンプなどをFRから乗り換えようと思い、先を見通してFRより高いスピーカーに変更しました(JBL4302)。
FRでもこんな音が出せるのかと感激ものです。そして、本体はしばらくFRでもいいかなと思っております。

私もFRを使っています。
ONKYOのホームページにFRの音質を向上させる方法が書かれていますので、
ご紹介します。

http://www.e-onkyo.com/info/archives/useful/050421105435.html

インシュレーターは効果があります。ボアボアしていた低音が締まります。
スピーカーケーブルの交換は、モンスターケーブルよりウェスタンエレクトリック WE16GAの方が良い結果が得られました。

http://www.procable.jp/speaker.html

この2つである程度の音質向上は図られます。
しかし、劇的な音質向上はスピーカ...続きを読む

Qずばりコンポの音質を良くする方法を教えて下さい。

今考えられるのは、インシュレーターとケーブルを良いものに変えるということなんですが、他に方法を知っている方いましたら教えて下さい。あと、インシュレーター、コンポとスピーカーを繋ぐケーブルでいいもの知ってたら教えて下さい。

Aベストアンサー

貴方が思われている「コンポ」とは何を指しますか?

3万円ぐらいで売っている、システムコンポの事ですか? 

オーディオ機器は、接続に間違いが無ければ音が聴けます。 

基本は「置く」行為です。 まさか、電気店の売り場の様な置き方はしていませんよね。  やれる事は沢山あります。 ありとあらゆるアクセサリーが巷には溢れています。(貴方が挙げているインシュレーターやケーブルなど) それらをどう使おうが「基本」が出来ていなければ、愚の骨頂です。  全く意味が無く、アクセサリーメーカーの「思う壺」です。  

セッティングは大丈夫ですか? 先ずはそこか見直しましょう。  

ところで、コンポは何を? 使っているの・・・。

Qスピーカーケーブル(2線平行)の極性について教えてください

スピーカーコード(ビニール被覆の通常の2線平行コード。以下SPコードと記述しています)の極性について、一般的使い方を教えてください。
特殊なスピーカーケーブルについての質問ではなく、ごく普通の電気店で購入できるSPコードについての質問です。

「個人で使うのだから、どうでもいいよ」という回答ではなくて、一般的な使い方があるのでしたら教えてください。

次のような種類のSPコードの場合は、極性(+、-)はどのように使うのが一般的なのでしょうか。

(1)「赤黒2線SPコード」の場合。
赤(+)、黒(-)として使用するのが一般的ですよね。
(2)「白青」の場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?
(3)「2線とも同色、または透明被覆であるが、片方には電線のメーカー名や型番などの文字が印刷してある」ようなSPケーブルの場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?

以上です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った流派では上の並びです)

よって、「白青」「白赤」等の場合は、白をグランド(-)と取る場合が多いです。
2線同色または2線とも透明の場合は、私の習った流派では印刷がある方を(+)、何も無い方を(-)としますね。これは、多チャンネル線(マルチ線)といって、何十チャンネルもの配線が1本にまとまったケーブルを使う場合、「基色+色つきの細いライン」みたいな色分けがされている場合が多いので、「色ライン付き=基色以外の印刷等がある方=信号線」という解釈で誤配線を防ごうということから来ています。

以下、蛇足ですが…
ステージ音響の世界では、ノイズ対策や事故防止の観点から何かにつけて「まずグランドを合わせる」ということが非常に重視されるので、「色のない=無彩色=グラウンド(-)」とルール化がされ、新人はそれこそ徹底的に叩き込まれます。
ただ、これらはあくまでも業界ローカルルール(というか、安全基準)で、前述の通り地域や「流派」で若干の解釈の違いがあったりする、必ずしも絶対的なものではないのすが、オーディオをやっている方が「プロがそうやっているのだから間違いない。」という解釈(というか思い込みというか知ったかぶりというか)で、「こうするのが正しい!」と講釈垂れているシーンは多いですね。

それと、音響機器の関係と、電力線を扱う関係、電話等の有線通信線を扱う関では、配線色の解釈が全く違う(特に電力線では厳密に決まっている)ので、オーディオの世界でもそれらをごちゃごちゃに語られて、まるで不毛な議論(Aさんは電力線ルールを知ったかぶり、BさんはNTTのルールを知ったかぶり…みたいな…どっちもスピーカケーブルには全く関係ないのに(^^ゞ)を目にするケースも多いです。

ちなみに、ステージ音響では白黒線が一番やっかいで(^^ゞ
A)「ステージ上のグラウンド(-)はすべて白なので、白黒は黒が(+)」
という流儀と、私の流派の考えで
B)「白黒の場合は白が(+)、黒(-)」
という、全く逆の流派があります。

A)の流派にも一理あって、プロ仕様の音響機器間を繋ぐケーブルには、普通は「黒」は使わないんです。「黒」は「0(ゼロ)」を示すカラーコードにも使われるので、何事も自然数(1以上)で番号を振る世界では余り用途が有りません。なので、高級ケーブルを惜しげもなく使える大手音響系では、むしろ電力線(必ず黒が使われる)と間違えないように「白=(-)」で統一されていると聞きます(ここだけは聞いた話(^^ゞ)。

すいません、蛇足が長くなりました(^^ゞ

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った...続きを読む

Q音質調整機能がないアンプはどうなんでしょうか?

オーディオ専門店でアンプを見ていると、中には音質調整機能 (高音、低音) がなく、単にボリュームのつまみと入力の切り替えくらいしかないアンプがあります。

特に数十万円クラスの高級アンプに多いでしょうか ・・・

自分なりに考えてみると、おそらくメーカー側は 「音質調整の必要が無いくらい最高レベルのアンプです、ご安心下さい」 という方針かなと思うのですが、今までの自分の経験からは 「ちょっとやり過ぎでは ・・・」 と感じてしまいました。

というのは、再生するCDやLPでも、録音する時の技師の好みで随分と音質が違うように思います。

やたら低音が効いた作品、逆に低音を必要以上に抑えたため随分と軽い印象になった作品、あるいは古い録音のものでは高音が全く伸びずに、こもった感じになった作品など色々あるはずです。

それで曲を聴くたびに、高音や低音を自分の好みに合うように微妙に調整するのですが、それが出来なくなります。

また、過去の失敗ですが、専門店で何度も視聴して 「よし、このアンプとこのSPで決定だ!」 と意気込んで大枚はたいて買ったものの、実際に自分の部屋にセットしてみると、床材や壁材などが全く違うため 「こんなはずじゃなかった」 と感じる事もありました。

そんな時に音質調整が多少は効果があると思います。

それでも、やはり音質調整機能は必要ないのでしょうか?

将来のアンプ買換えの参考にしたいと思います。 宜しくお願いします。

オーディオ専門店でアンプを見ていると、中には音質調整機能 (高音、低音) がなく、単にボリュームのつまみと入力の切り替えくらいしかないアンプがあります。

特に数十万円クラスの高級アンプに多いでしょうか ・・・

自分なりに考えてみると、おそらくメーカー側は 「音質調整の必要が無いくらい最高レベルのアンプです、ご安心下さい」 という方針かなと思うのですが、今までの自分の経験からは 「ちょっとやり過ぎでは ・・・」 と感じてしまいました。

というのは、再生するCDやLPでも、録...続きを読む

Aベストアンサー

この質問に対し、多くの回答が寄せられていますが、興味のある
テーマだと思いますし、私の経験から発言させていただきます。
この質問にはポイントとなるいくつかの問題があります。

>音質調整機能 (高音、低音) がなく、単にボリュームのつまみと入力の切り替えくらいしかないアンプがあります。

この傾向は、CDになってから多くなっていますが、
アナログ時代にもありました。特に高級機にその傾向がありました。
音質を追求するあまり、回路へ余分なものを搭載しない、接点を
増やさない、どうせトーンコントロール(以下TC)は使わないので、
付けない!等々....

>再生するCDやLPでも、録音する時の技師の好みで随分と音質が違うように思います。

その通りです。我々は、LPやCDという音素材を使っていかに
自分の好みの再生音を出すか?これがオーディオという趣味なのです。
その時に、TCがあれば質問者様のおっしゃる通り、コントロール
できるのです。

>そんな時に音質調整が多少は効果があると思います。

そうです。「多少の効果」です。TCでJBLをソナスに
変えることはできません。変えようとも思いません。
もっとJBLの良さを引き出せないか、ということです。

>それでも、やはり音質調整機能は必要ないのでしょうか?

必要です!使う使わないは、その人によります。
私はアキュフェーズのE-530というアンプを使っています。
まあまあ高級の部類に入るアンプですが、TCが付いています。
普段は見えないデザインですが、いざという時には、使えます。
この姿勢が好きで、アキュフェーズを使っています。
TCを搭載したから、音質が劣化する、だから付けないという
メーカーは、その技術力の無さを露呈しているようなものです。
よく、原音再生のためには、接点は減らす、余計な回路は外す、
配線は短く、もちろんTCなんて使わないという人がいます。
でもCDには原音が入っているのですか?それを仮にそのまま
再生したからといって、本当に再生芸術といえるでしょうか?
あのマッキントッシュは高級機ですが、TCを搭載しているし
グラフィックイコライザーが付いています。いかにもコントロール
アンプというに相応しいアンプですが、音の良いアンプです。
使う喜びを味わえる製品です。こうした製品が少なくなってきて
いるのは確かで、さびしい限りです。

私は今、TCを使っていませんが、使いたい時には使います。
ほんのわずかの味付けに....

この質問に対し、多くの回答が寄せられていますが、興味のある
テーマだと思いますし、私の経験から発言させていただきます。
この質問にはポイントとなるいくつかの問題があります。

>音質調整機能 (高音、低音) がなく、単にボリュームのつまみと入力の切り替えくらいしかないアンプがあります。

この傾向は、CDになってから多くなっていますが、
アナログ時代にもありました。特に高級機にその傾向がありました。
音質を追求するあまり、回路へ余分なものを搭載しない、接点を
増やさない、ど...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報