トーンコントロールの設定で低音(低音域の音色を調節します。ターンオーバー周波数(変化が始まる周波数)は、125Hz、350Hz、500Hzのいずれかを選べます。)
高音(高音域の音色を調節します。ターンオーバー周波数(変化が始まる周波数)は2.5kHz、3.5kHz、8.0kHzのいずれかを選べます。)と書いています。
低音の周波数を125Hz高音の周波数を2.5KHzに設定した場合と低音の周波数を500Hz高音の周波数を8.0KHzに設定した場合とでは音の違いはどう変わりますか?
トーンコントロールの設定で低音、高音はどれぐらいに設定するのがいいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

matsuura2106さん



 個人的な意見です。

 その部屋の状況にもよりますが。

低音は125Hzと思います。これ以上の周波数をブーストすると楽器の音が不自然になると思います。
高音は8.0kHzを第一優先、3.5kHzを使用する時は、変化量が少ない時でしょうか。3.5kHzを多量にブーストすると不自然な音になると思います。

音は、突き詰めれば、その人の好みの問題と思います。聴いていて良い音がするところを探すことになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
いろいろ試しましたがよく分からなくなってきました。
とりあえず低音は125Hz、高音8.0kHzにしています。
これが一番良いかも。

お礼日時:2010/12/14 18:49

トーンは使わずフラット(本当はダイレクト)が基本ですが、結局は好みです。



床、壁、天井、家具などの配置により
低音が消されたり、妙に反響したりして「好み」に合わないときに調整します。
もちろん、聴くソースによっても違いますから
曲ごとに調整することもおかしくありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。いろんな音楽を聴きながら調整したいと思います。

お礼日時:2010/12/01 23:05

トーンコントロールの設定を聞くのは


しょうゆをどれくらい掛けたらいいですか?くらい難しい。
薄ければ足して濃ければ減らしてとしか言えない。

あと、周波数は決まるけど、減衰は固定なのですかね、それとも別につまみがあるのでしょうか。
使い方にもよりますけど、結構違うと思います。

私だったらトーンコントロール使わないですね。

使うとすれば、色々試して決めると思います、逆に言うと、試して結局ダメだったりするのがいや。
とりあえず、いじらないで、余計なところを削ればいいんじゃないでしょうか。
過不足が無いならそれがいいんだろうし、いじって気持ちよければそれでいいだろうし。

本当にHz,dbで指定して欲しいなら、部屋の形状と床、壁、天井の材質、
オーディオ機器と設置場所、よく聞く音楽くらいは書かないと無理でしょう。
それならわかってる人が書いてくれるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
AVアンプはYAMAHA DSP-Z11
スピーカー YAMAHA センターSoavoー900c、
Soavo-1を4台、Soavo-2を6台
サブウーファーSoavo-900SWを2台で11.2chにしています。
部屋は20畳ぐらいで吹き抜けです。
(しょうゆをどれくらい掛けたらいいですか?くらい難しい。薄ければ足して濃ければ減らしてとしか言えない。)と言うのはそのとおりですね。色々試して決めたいとと思います、

お礼日時:2010/12/01 01:07

はじめまして♪



かなり高級アンプでしょうね。

実際にいろいろ試して、自分で心地よいサウンドに近付くように設定してください。


トーンコントロールやグラフィックイコライザー等は操作と同時に音の変化が体験でします。

上手に活用すれば特効薬ですが、ちょいと間違いますと猛毒や依存性が高い存在にも成ります。

ターンオーバーを変えた事により、高音や低音に注目して試聴しているのは素人です。
ターンオーバーを変えたときに男声女声の聞こえ方、楽器ならメインギターやピアノ、バイオリン、サキソフォンやトランペット等の中音域の音色の変化に注目して聞き比べてください。

昔はNHKの生ニュースアナウンスを基準に出来ましたが、今は放送に適合しやすくする音声加工が強くなっていますので、基準として試聴するときにもちょっと気になる部分が有るのですが、ほぼニュートラルでしょうかねぇ。

実際の設定は組み合わせたスピーカーと設置した部屋の音響特性、リスニングポイントやリスナーの好みも影響しますね。

多種多様な環境でリスナーの好みに設定出来るように多機能なトーンコントロール機能が装備された製品かと想像します。 
せっかくの機能なのでいろいろ試してみてください♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
AVアンプはYAMAHA DSP-Z11
スピーカー YAMAHA センターSoavoー900c、
Soavo-1を4台、Soavo-2を6台
サブウーファーSoavo-900SWを2台で11.2chにしています。
部屋は20畳ぐらいで吹き抜けです。
上手に活用できるか不安ですがにいろいろ試して心地よいサウンドに近付くように頑張ります。

お礼日時:2010/12/01 00:58

音の中心が1kHzだとして、それより遠い周波数でターンオーバー周波数とすると、中音域の変化が少なく、低音高音部分だけが変化します。



中音に近い周波数でターンオーバーすると、低音や高音の上下につれ中音も変化します。

従って中音、特に音声をあまり変化させたくないような場合は遠い周波数で、すべての楽器の低音や高音を強調したいときは中音に近い周波数を使うなどのように使います。

以上は一般論で、実際は試用するスピーカーや部屋の構造でかなり違って聞こえます。

好みの音楽を再生して、スイッチを切り替えながら変化を確認することをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
AVアンプはYAMAHA DSP-Z11
スピーカー YAMAHA センターSoavoー900c、
Soavo-1を4台、Soavo-2を6台
サブウーファーSoavo-900SWを2台で11.2chにしています。
部屋は20畳ぐらいで吹き抜けです。
いろいろ自分で音楽を聴きながら調整するしかないですね。

お礼日時:2010/12/01 00:52

基本的にはトーンコントロールは使わずフラットにして聴きます、しかしフラットだと都合が悪い場合があります。


それは部屋の環境や周辺機器などの物理的な問題と精神的或いは体調によって変動する問題である場合もあります、従ってなんの問題も感じないのであればすべてトーンコントロール機能は使用しなくても良いです、好みの音質も人それぞれですから「このようにレベルを合わせるべきです」という答えは存在しません、自分の耳で聴きながら好きなようにいじくりまわして決定するしかありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。最後には自分の耳で聴きながら好きなようにいじくりまわして決定するしかないですね。

お礼日時:2010/12/01 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォトショップエレメンツで配布トーン素材を使う時?

フォトショップエレメンツで、白黒本文を600dpiで作ってます。

それに、パターンの定義で取り込んだ、無料で配布されているトーン素材を使うときの事で質問します。

取り込んだばかりのトーン素材は、72dpiだったので、解像度を600dpiにしてパターンの定義で取り込みました。

その後、本文で使うと、トーンによって、柄がちゃんと出ません。100%表示にすると、まあ、まともになりますが、画面サイズでの表示では違う模様になります。印刷時にはちゃんと出るのかわからず心配です。

また、解像度が変わるからか、パターンの定義で取り込んだトーンを、本文レイヤーに貼り付けると、モノクロニ階調になってるせいかどうなのか、原因がわからないのですが、トーンが荒れて見えます。ドットの形がいびつになります。


取り込んだトーン素材を、印刷の紙上でキレイに出すにはどうしたらよいでしょうか。

それとも、フォトショップの画面上は、いびつに表示されていても、印刷時には、キレイに出るものなのでしょうか??

どうかご存知の方いらっしゃったら、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

72dpiのトーンはモニター表示用のトーンなので
600dpiにあげるだけならボケます、仕方が無いです

あきらめましょう

Q低音と中音と高音の音質を調整できるNF型トーンコントロール回路を作りた

低音と中音と高音の音質を調整できるNF型トーンコントロール回路を作りたいと思い、いろいろなサイトを探したのですがなかなかありません。

どなたか回路図を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
パライコはTrではなくオペアンプで組むのが一般的です。
Trを使った回路図は見たことがありません。

QフォトショップE2でのデジタルトーン素材の使い方。

配布してある600dpi用のデジタルトーンをフォトショップエレメンツで同じ解像度で作業している画像に取り込んで使う場合の質問です。

プリセットマネージャーのパターンに入れて、塗りつぶしで使おうと思います。

・作業はグレースケールでやってますが、そのトーン素材は、インデックスカラーになってます。
大丈夫でしょうか。グレースケールで白黒漫画なのですが、インデックスカラーのトーン素材を使ってよいのかわかりません。問題ないでしょうか?

・また、トーン素材を使う場合、張込みたい画像を乗算にしないといけないですか?

乗算にしないで、通常で塗りつぶし、でいいと思っていました。乗算にする必要はあるでしょうか。
そして、乗算にしても、通常でも、画像を見る限り、あまり違いがわからないのですが、
なにが違ってくるのでしょうか。

乗算にする説明を見て、気になってます。乗算にする、と書いてない説明もあって、戸惑ってます。

印刷されたときの絵の仕上がりに影響が出るのでしょうか。

ご存知の方、どうか教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

>インデックスカラーのトーン素材を使ってよいのかわかりません。問題ないでしょうか?
グレースケールに変換して使ってください。

>また、トーン素材を使う場合、張込みたい画像を乗算にしないといけないですか?
線画の処理とマスキング処理をどうやってるかわかりませんが、線画より上にトーンのレイヤーを配置するならグレースケールの原稿なら乗算しておいた方が無難です。

Qスピーカーの周波数帯域の違い

ホームシアター用のスピーカー選びで一つ聞きたい事があります。

私は、全くの初心者で詳しい事は分かりませんが、デザインと価格帯からヤマハの「NS-10MMT」を使用した「NS-P610」のセットが良さそうだと思っています。(下記アドレス参照)
しかし、「NS-10MM」を使用した「NS-P510」(旧機種?)が安く手に入りそうなので、迷ってます。「NS-10MM」と「NS-10MMT」の違いは再生周波数帯域が「10MMT」の方がワイドレンジとなっているそうですが、その違いは耳で聞いても判る程なのでしょか?
私は、あまり音質にはこだわりませんが、できればその違いを教えて下さい。

また、スピーカー選びのポイントとして、何を目安に選んで良いのかも分かりませんので、アドバイスやおすすめがあれば紹介して欲しいです。
5.1chスピーカーのセットで4~5万円程度の予算でメーカーには特にこだわりません。

ちなみに下のアドレスはヤマハのスピーカーのページです。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/jpn/prd/speaker/index.html

ホームシアター用のスピーカー選びで一つ聞きたい事があります。

私は、全くの初心者で詳しい事は分かりませんが、デザインと価格帯からヤマハの「NS-10MMT」を使用した「NS-P610」のセットが良さそうだと思っています。(下記アドレス参照)
しかし、「NS-10MM」を使用した「NS-P510」(旧機種?)が安く手に入りそうなので、迷ってます。「NS-10MM」と「NS-10MMT」の違いは再生周波数帯域が「10MMT」の方がワイドレンジとなっているそうですが、その違いは耳で聞いても判る程なのでしょか?
私は、あまり音...続きを読む

Aベストアンサー

 shogooさんへ

 旧モデルの≪NS-P510≫が安く手に入るのであれば そちらの方が絶対に「買い!」です。 再生帯域周波数の差は 判らないと思います。 最低域周波数が88Hzから75Hzに改善されていますが 組み合わせる「スーパーウーファー」は≪YST-SW45≫と共通です。 NS-10MMは単品で聴いても立派な音がが出てきます。 SW45との繋がりは最高です。

 NS-10MMTは 「リアバスレフ型」により低域を伸ばしていますので スピーカー背面の材質/背面からの距離などが 大きく関係してきます。 一方10MMは 「密閉型」ですので バスレフに比べ背面の影響力は少ないですネ。  それに10MMの方が圧倒的にデザインがGooです。 お店で見比べてください。 見れば解ります!

 選択のポイントは・・・  セット商品を購入される場合は 単品での販売がされているモデルの方が後々良い結果を出すでしょう。 NS10MMはOK!  後のグレードアップの時など 他のチャンネル(リアセンターとか)へそれを使ってもクォリティーの高さを維持できますから・・・

 

 shogooさんへ

 旧モデルの≪NS-P510≫が安く手に入るのであれば そちらの方が絶対に「買い!」です。 再生帯域周波数の差は 判らないと思います。 最低域周波数が88Hzから75Hzに改善されていますが 組み合わせる「スーパーウーファー」は≪YST-SW45≫と共通です。 NS-10MMは単品で聴いても立派な音がが出てきます。 SW45との繋がりは最高です。

 NS-10MMTは 「リアバスレフ型」により低域を伸ばしていますので スピーカー背面の材質/背面からの距離など...続きを読む

Q配布されてるトーン素材がフォトショップで変になる

フォトショップエレメンツ2・0を使ってます。

ネットで配布されてるトーン素材をパターンの定義で取り込み、新規作成レイヤーに塗りつぶしでつかったら、取り込んだ柄と違った柄い変化してしまってます。

取り込んだトーン素材をそのままの柄で使うには、どうしたらよいのでしょうか・・??

なぜフォトショップのパターンの定義で取り込み、塗りつぶしでパターンを選択して使うときには柄が変わってしまうのか・・・、そして、それをどうしたら改善できるのか、わかりません。

とにかくトーン素材をそのままの柄で使いたいと思っています。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

実例を示してください

拡大率は同じですか?(100%で見てますか?

Qトーンコントロール回路の自作

トーンコントロール回路を作りたいのですが、どのように作ればいいかわかりません。どなたかご存知の方いましたらお願いします

Aベストアンサー

低域、広域だけ、それともグライコみたいなのがいいのですか?
低域、広域だけだったら、抵抗、コンデンサ、VRで作れます。
グライコみたいなやつは、初めてならキットみたいなやつがいいんじゃ無いですか?
検索して調べましたか? もし自作経験が無いのなら、色々な事調べましょう。
回路が解からないのか、作り方が解からないのか、その辺も書いた方がいいと思いますよ。

Qトーン素材・フォトショに取り込み・柄が出ない??

配布されてるトーン素材をフォトショップエレメント2.0に取り込み、同人誌の本文に使いたいのですが、うまく行きません。

トーン素材をパターンの定義で取り込み、100%にして使うと、ちゃんと柄がそのまま出ますが、
実際使う画面は100%にすると、大きい画像になりすぎます。

印刷所サイトでダウンロードしたA5テンプレに手描き線画をスキャンし、取り込んだものにトーンを使いたいのですが、A5サイズくらいの表示では、8%とか10%の表示なので、トーン柄がうまく出ません。100%表示にすると、A5サイズをはるかにうわまわる大きさになり、トーン柄はちゃんと出ますが、実際の印刷サイズではないので困ってます。A5サイズの本を作るので・・。

画面上、うまく出てなくても、印刷したときには、ちゃんと出るものでしょうか?

トーンやベタ処理が終わったら、レイヤーを統合するので、単なる画像になります。そのときの柄がそのまま印刷に出るのではないかと思うのですが、そうすると、やはり、印刷時にもちゃんと出ないことになるので、困ってます。

白黒本文なので、グレースケール・解像度は600dpiで線画を取り込んでA5の本文を作っています。トーン素材は、この場合、どのように処理すれば上手く柄が出るでしょうか。

どなたかご存知の方、教えてください。

かなり困っています。
どうぞ宜しくお願い致します。



手描き

配布されてるトーン素材をフォトショップエレメント2.0に取り込み、同人誌の本文に使いたいのですが、うまく行きません。

トーン素材をパターンの定義で取り込み、100%にして使うと、ちゃんと柄がそのまま出ますが、
実際使う画面は100%にすると、大きい画像になりすぎます。

印刷所サイトでダウンロードしたA5テンプレに手描き線画をスキャンし、取り込んだものにトーンを使いたいのですが、A5サイズくらいの表示では、8%とか10%の表示なので、トーン柄がうまく出ません。100%表示にすると...続きを読む

Aベストアンサー

画像解像度で、
プリントサイズ148mm×210mm,
画像解像度600dpiになっていますか?

Qこの商品の再生周波数帯域を教えてください

下記URLの再生周波数帯域を教えてください。仕様にも書いていなくて・・。
http://www.victor.co.jp/audio_w/home/ux-dm8/index.html

http://www.maxell.co.jp/jpn/consumer/speaker/vraison_vrsp4000/index.html
↑この製品は再生周波数帯域がかなりいいみたいですが、この製品と比べてみるとどうでしょうか・・?やはり音の良さは再生周波数帯域に注目ですよね。

お願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして♪
 最初は「周波数帯域」から 興味が出たのを思い出しました~(^o^)

昔、スピーカーのカタログを見ながら 80センチスーパーウーファーと8センチフルレンジとリボンツイーターで 15Hz~100KHzの世界最高のスピーカーが出来ると 本気で妄想してました(笑)

今では 中音域の充実度と 低音と高音の癖が少ない物を選ぶ様になりましたよ。

まぁ、自動車で例えたら 最低速度と最高速度を表示しているようなデータ(もしくはエンジンの馬力?)ですから、乗り心地や燃費などはわからないデータスペックですね。

スピーカーのチョイ聞きでは J-Popの場合なら ベースの音程が聞き取れるか? 違うバンドなのにバスドラの音が同じに聞こえないか? ボーカルの歌詞が聞き取りやすいか? ドラムのシンバルとハイハットの音がちゃんと聞き分けられるか? (低音 中音 高音のチェッく~) これがクリア出来たら 音楽もドラマも映画もネットラジオも楽しめるはずです(と 勝手に言っている 持論です~♪)

 メーカーのうたい文句に惑わされず、気に入った物を じっくり探してみてください。 がんばってくださいネ(^o^) ノ”

はじめまして♪
 最初は「周波数帯域」から 興味が出たのを思い出しました~(^o^)

昔、スピーカーのカタログを見ながら 80センチスーパーウーファーと8センチフルレンジとリボンツイーターで 15Hz~100KHzの世界最高のスピーカーが出来ると 本気で妄想してました(笑)

今では 中音域の充実度と 低音と高音の癖が少ない物を選ぶ様になりましたよ。

まぁ、自動車で例えたら 最低速度と最高速度を表示しているようなデータ(もしくはエンジンの馬力?)ですから、乗り心地や燃費などはわか...続きを読む

Qデジタル漫画のトーン素材などでお聞きします。

デジタル漫画のトーン素材などでお聞きします。
はじめまして最近スキャナとペンタブを購入してデジタル漫画をはじめてみようと思っているデジタル初心です。
photshopとかComicStudioとかいろいろあるようでどちらから手をつけていいか迷っています。
初心者からはじめてもできるようなおすすめがありましたら教えてほしいです。

Aベストアンサー

タイトルが「トーン素材」との事なので
「トーンを貼ることだけに特化して」お話しします
ペン入れや、カラーや、グレースケールで描きたいという場合はまた別の話になります。

個人的にはComicStudioが一番だと思います
というのも、トーンを波留という作業の場合、トーンを貼りたいところを
「選択する」「トーン画像で塗りつぶす」というやりかたになると思うのですが
その「ぬりつぶす」や「選択する」という操作が、ComicStudioが一番強いからです。
(というか現状ではコミスタの「売りのひとつ」といっても過言ではないでしょう)
トーン素材も、お好みに合うかどうかはともかく、ある程度は最初から揃っています。
(Photoshopのような漫画専用ソフトでない物にはそういうものがほとんどありません。
自分で別に購入したり、探したり、作ったりする必要があります)

とはいえComicStudioはかなりクセの強いソフトなので、いきなり購入するのはお勧めではありません。
購入前に必ず体験版を試し、気に入ったら買う(気に入らないならほかのソフトを探す)ようにしてください。

タイトルが「トーン素材」との事なので
「トーンを貼ることだけに特化して」お話しします
ペン入れや、カラーや、グレースケールで描きたいという場合はまた別の話になります。

個人的にはComicStudioが一番だと思います
というのも、トーンを波留という作業の場合、トーンを貼りたいところを
「選択する」「トーン画像で塗りつぶす」というやりかたになると思うのですが
その「ぬりつぶす」や「選択する」という操作が、ComicStudioが一番強いからです。
(というか現状ではコミスタの「売りのひとつ」といって...続きを読む

Qトーンコントロールの改造について教えてください。

 ジュークボックスを所有しており、現在音質の改善に四苦八苦しています。市販のRIAAイコライザキットや、トーンコントロールキットを買って組み立ててみましたが、なかなか、欲しい音域がよくなりません。
 あいにく、回路に関する知識が乏しいので、現段階で搭載されている回路の構成はわかりませんが、音の流れは、
 セラミックカートリッジ(圧電カートリッジ?針はナガオカの120-200番)から、プリ?にピンコードで入っています。プリは、音量調整と、バス、トレブルの調整があります。(2SB75、2SB443使用)
 そこから、ピンコードで、パワーアンプ(2SC586、2SC697使用)に入り、その後30cm8Ωのウーファーと10センチのツイーターです。ツイーターには5.8μFのBPのコンデンサがネットワークになっています。
 音は、低音が物足りません。大きなウーファーが使われているのに、手持ちのコンポ(ONKYOのESSAYシリーズ)のほうが低音がシッカリと出ます。 
 もう1台所有しているほうは最後のほうの時代のもので、低音がシッカリしています。(アンプは三洋STK077)
 2台のプリ?をジックリみてみたら、片方は(古いほうは)、カートリッジからプリに入った直後に、ボリウムで音量を調整して、その後トランジスタを通って、バス、トレブルの調整後に、パワーアンプに行っているようです。もう片方(新しいほう)は、カートリッジから、まずC1に行き、その後2SK30Aというトランジスタを通り、・・・・出力の手前あたりでバスとトレブルの調整となっているような風に見えました。
 2台とも、カートリッジの形は同じです。
 トーンコントロールキットを組み立て、パワーアンプの手前に挟んでみたのですが、レコードを演奏し始めた時に、レコードの音が出る少し前の無音部が、ブーーンと低音が強調されるだけでした。
 この無音部のブーンという音を強調するのではなく、楽器の低音などをシッカリ出るようにしたいなと思っています。
 ネットで検索しても、なかなか思い当たるのが見つかりません。
 少しずつでも理解して行く様頑張りますので、ご教授よろしくお願いいたします。
 

 ジュークボックスを所有しており、現在音質の改善に四苦八苦しています。市販のRIAAイコライザキットや、トーンコントロールキットを買って組み立ててみましたが、なかなか、欲しい音域がよくなりません。
 あいにく、回路に関する知識が乏しいので、現段階で搭載されている回路の構成はわかりませんが、音の流れは、
 セラミックカートリッジ(圧電カートリッジ?針はナガオカの120-200番)から、プリ?にピンコードで入っています。プリは、音量調整と、バス、トレブルの調整があります。(2SB75、2S...続きを読む

Aベストアンサー

ブログを拝見しました。
回路部分は、昔の真空管ラジオのシャーシを見るような感じですね。

写真とご説明文を合わせて考えますと、入力トランス付き SEPP(Single Ended Push-Pull)
回路のようですね。現在では殆ど使用されない方式です。
信号の流れは下記のようになっていると思います(片チャンネル分)。

(プリアンプより)→ コンデンサー/バッファなど → 2SC697(1個) → 入力トランス
(ドライバートランス) →  2SC586(2個) → 出力コンデンサー(1000μF)→ スピーカ
                                     ↓
                                 2SC697のエミッター

出力コンデンサー(1000μF)から信号の一部を前段(2SC697)のエミッターに戻しているのは、
歪み低減のための負帰還(Negative Feedback)です。

コンデンサーの容量には問題ないと思いますので、元々このような低域特性なのかも知れま
せんが、今までの情報から低域不足の要因を考えてみますと、下記のようになると思います。

1.入力トランスの特性
 (1)磁気飽和による低域特性の低下:トランスが直接 2SC697 の負荷なっている場合
    (トランスのリード線が直接コレクターに接続されていれば、このタイプ)、
    トランスには常時電流が流れます(A級動作のため)。その場合、トランスの鉄心が
    磁気的に飽和し、低域の信号を減衰させます。
    これを防ぐには抵抗負荷に変更し、コレクターからコンデンサーを経由して
    トランスに信号を流します(トランスのリード線の他方はグランドへ)。要するに、
    直流分をカットする訳です。
    既にこの処置が取られていれば、そのままでOKです。
 (2)元々、低域特性が低い:低域特性の良好なトランスに交換する。

2.スピーカーの経年劣化
  ダンパーやエッジの硬化:ダンパーやエッジの交換をする強者もいますが、一般的では
  ないかも知れません。

3.箱の構造
  密閉箱であること

トランジスタや抵抗類は、一応正常に動作していれば、低域特性については関係ないと
思います。

なお、入力トランス付き SEPP の基本回路については、下記のURLをご参照下さい。
【電力増幅回路】
http://takaosuda.hp.infoseek.co.jp/homepage/electronics/circuit/analog11.html
 (上記の記事中、「図3 SEPP方式電力増幅回路」の回路図)

上で書き漏らしましたが、小さなトランス(ヒューズに接続しているもの)は、多分、前段用の
チョークコイルではないかと思います。

ブログを拝見しました。
回路部分は、昔の真空管ラジオのシャーシを見るような感じですね。

写真とご説明文を合わせて考えますと、入力トランス付き SEPP(Single Ended Push-Pull)
回路のようですね。現在では殆ど使用されない方式です。
信号の流れは下記のようになっていると思います(片チャンネル分)。

(プリアンプより)→ コンデンサー/バッファなど → 2SC697(1個) → 入力トランス
(ドライバートランス) →  2SC586(2個) → 出力コンデンサー(1000μF)→ スピーカ
     ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報