仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

やりすぎると正当防衛を越え過剰防衛になると聞いてますが、
いったいどれくらいから過剰防衛になるのか分かりません。

相手が戦意を失っているのに防衛行為を行うと過剰防衛になるそうですが、
一撃で喉を潰してしまったり鼓膜を破ったり目を潰してしまったらどうなりますか?
これは護身術なのですが、
やはり一撃でも過剰防衛になるのでしょうか?

補足
相手が同年代の不良だった場合に喉を潰してしまったらどうなりますか?

また、過剰防衛になってしまった場合どれぐらいで刑務所を出られますか?

A 回答 (1件)

≪相手が戦意を失っているのに防衛行為を行うと過剰防衛になるそうですが、一撃で喉を潰してしまったり鼓膜を破ったり目を潰してしまったらどうなりますか?


これは護身術なのですが、やはり一撃でも過剰防衛になるのでしょうか?≫

戦意喪失後の加撃は「防衛」ではありませんね。ですから、過剰防衛ではなく、単なる加撃行為になります。

また、一撃で喉を潰すとか、鼓膜を破るとか、眼を潰したりする「護身術」などありません。そういうものは「護身術」ではなく、極めて、自身にとっての危険行為なんですね。

喉を潰して呼吸が出来ない状態ならば致死罪(未遂)が成立しますし、鼓膜、眼の攻撃では、相手に殺意が発生して、逆に殺されてしまう可能性があるわけですね。鼓膜一つ、眼の一つ無くしてから、爆発的な殺意が発生する可能性を貴方は感じませんか。

ですからね、「護身術」というのは、優しく、あくまで優しく相手を取り押さえるのが基本でして、万が一、技が失敗した場合でも、相手に殺意を抱かせないという理念が内包されたものでなくてはならないのです。

また、正当防衛か過剰防衛かは裁判次第ですし、近年始まった一般人参加の裁判になる可能性が高い事案かと思われますので、尚更、裁判次第ですと言う他ありません。刑期にしても同様ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

>鼓膜一つ、眼の一つ無くしてから、爆発的な殺意が発生する可能性を貴方は感じませんか。
目を一つ潰されれば、化け物でもないかぎり、普通は激痛でもだえて戦意喪失するはずですけど。

お礼日時:2010/12/22 18:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q催涙スプレーはむしろ相手を逆上させる?

こんにちは。防犯グッズの一つに催涙スプレーがありますよね。 目は急所なだけに 効果は高いと思います。しかし、↓は 催涙スプレーではありませんが、法律のカテで 突然 暴漢から襲われた時、目を狙うのはむしろ危険だという指摘がありました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6397229.html


ということは、催涙スプレーもむしろ相手を逆上させるのでしょうか?私は 普通は目を狙われたら 激痛のあまり 一時的に戦意喪失すると思うんですが、 爆発的殺意を抱くというのは 相当な強者か怪物でしょうか。

Aベストアンサー

>ということは、催涙スプレーもむしろ相手を逆上させるのでしょうか?

 リンク先の質問、回答を読みました。

 <目を狙うのはむしろ危険>という指摘は
「過剰防衛」になる恐れがあるという指摘であって
「相手を逆上させる」からではありませんよ!

 それに逆上しようにも目が痛くて
戦意が消失すると思いますが・・・

Q催涙スプレーの携帯は違法なの?

過去の質問に催涙スプレーの携帯は違法だとありました。
納得がいきません。なんで一般的に販売されている商品の携帯が違法なのでしょうか?

これではショップで購入し自宅に持ち帰る際に職質されたら逮捕という道理になってしまいませんか?

また催涙スプレーの定義を教えて下さい。自分でカラシやなどの香辛料を調合したものも対象になるのでしょうか?

※ここでは行使ではなく携帯だけで考えて下さい。

Aベストアンサー

>過去の質問に催涙スプレーの携帯は違法だとありました。

私が知っているのは、「違法だとの疑いによって取調を受けた」
という質問だけですが…

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1597874
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1621834
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1624553

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1597874
では、私も回答を書いていますんで、ご参考まで。

Q軽犯罪法違反について法律にお詳しい方お願いします。

法律にお詳しい方にお聞きします。

実は先日、護身用の為に(本当です)催涙スプレ

ーをポケットに入れてまして、運悪く警察に

捕まりました。軽犯罪法違反という事で都内の

交番で4時間調書を取られました。その時の

事なんですが、「相手がもし、刃物や何らかの

武器を持って襲ってきたらどうするんですか?

と聞くと、「そういう時は逃げなさい。逃げるが

勝ちって言うでしょ」と言われました。

「もし、その状況でスプレーを使ったら

どうなるんですか?」と私が聞くと

「あなたが傷害罪で罪に問われますよ」と

言われました。これは間違いないんですか?

あと、女性はスプレー持ってて良いけど

男は駄目って言われました。

どうにも腑に落ちません。

追記・・「これは何かあった時の護身用です」と言っても
「それは正当な理由じゃない」と言われました。

Aベストアンサー

>軽犯罪法違反という事で

たぶん軽犯罪法1条2号該当とされたのでしょう。

>「もし、その状況でスプレーを使ったら
>どうなるんですか?」と私が聞くと
>「あなたが傷害罪で罪に問われますよ」と
>言われました。これは間違いないんですか?

状況によっては正当防衛になるかもしれないけど、
一般論としては傷害罪に問われるのは避けられないでしょう。

>あと、女性はスプレー持ってて良いけど男は駄目って言われました。

そりゃ警察が間違い…。

>追記・・「これは何かあった時の護身用です」と言っても
>「それは正当な理由じゃない」と言われました。

それは正解。
軽犯罪法1条2号相当の物なら、
護身用ってのは正当な理由にはならないでしょう。

あと争うとすれば、催涙スプレーが軽犯罪法1条2号相当かどうかって論点か…。
(これはなんともいえません)

Q「防犯スプレー」代わりに「制汗スプレー」(その他、暴漢の目を刺激する類の物)を使ったら犯罪ですか?

私は他の質問でも、自分がガリヤセひょろひょろ姿になってしまい、どうしたら病人でも犯罪対策できるか聞きまわっている者です。
またsakuってヤツかよ、と思っても回答お願いします!

私が住んでいる市内のド田舎のでも、数ヶ月前全国版ニュースで報道されるような殺人事件が起こりました。
こんなご時世なので私のような弱者は弱者なりに自分の身は自分で守ろうと思います!
しかし、あらゆる防犯グッズ、ネットショップで探しても正直ちょっとお高い…。命がかかってる品ですから当然だけど。
★こんなスプレーが有ったり↓唐辛子パワー!が決め手。1,499円
http://item.rakuten.co.jp/ccds/ab-be6465-y-0907-85/
韓国の警察も使ってる↓唐辛子パワー!10,290円(高い!)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E5%82%AC%E6%B6%99%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC-%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8/dp/B001UR5DM2/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=kitchen&qid=1250878990&sr=8-7
★こんな機械も↓ハイテクの割りに安めか?1,890 円
http://www.rakuten.co.jp/siizum/446397/401335/404490/#337755
★このスプレーは↓CN刺激剤、LPGガス仕様。3,000 円
http://item.rakuten.co.jp/yutoriseikatsu/162031/
★これは犯人に塗料も付く↓マスタード&カラースプレー。 2,835 円
http://item.rakuten.co.jp/gazaiya/tm25-6171/

以前テレビである女性タレントさんが、高校時代に暗い帰り道でナイフを持った暴漢に遭遇した時の事を語ってました。
彼女はバッグに「コショウ」の小ビンを入れていて、暴漢に向けてコショウを吹っかけ、目くらましして逃げたそうです。
まぁ、コショウなら食品なので暴漢がその後どうなったか知らんが、失明はしてないでしょう。(?)
バッグにいつも入れていられる物なら、正式な防犯スプレーでなくとも手近な物でとっさに護身できるんですね。
私は一年中制汗スプレーを必ずバッグに入れてます。
それを暴漢に遭遇した時、犯人の目に吹き付けて逃げる、って犯罪になるでしょうか?
本来の使用目的から外れてるし、3秒以上吹きかけると凍傷になる品です。
でも正式な防犯グッズ持ってる事を知ってたら、犯人側も警戒して自分も催涙スプレーを用意したり、
ナイフだけでなく包丁やスタンガンなど対抗武器を持ってくるかも…?
☆制汗スプレー↓私の愛用「Ban」↓780円
http://www.rakuten.co.jp/katuhara/547889/1805010/1813037/#1396215
☆たまに使う「8×4」↓456 円
http://item.rakuten.co.jp/kurashikenkou/9602351/
正式な防犯スプレーよりかなり安いし、持ってても別段警戒されない。

■「正当防衛」に関する法律の載ってるページ↓
    http://www.anandan.jp/seitoubouei/index.html
◆『緊急避難では他に方法があるのに他人を死なせて避難したら過剰避難になります。』これはわかる。
◆『武器対等として認められれば、結果として、より重大な結果(相手を死亡させることなど)が生じたとしても
 「正当防衛」が成立して、罪に問われることはありません。』それじゃあ、相手が制汗スプレーなら私も制汗スプレーで武器対等?
 相手が殺虫剤なら私も殺虫剤で武器対等?相手が灯油にライターなら私も灯油にライターで武器対等?
 相手が爆弾なら私も爆弾で武器対等?相手が核兵器なら…もうやめましょう…。(バカすぎ!ありえない!)

例のタレントさんのコショウはナイフに対してコショウでした。これは犯罪にならない?
制汗スプレーを使って失明、顔の凍傷、あとスプレーの注意事項に書かれてる、「直接吸い込むと窒息死の可能性あり!」
つまり殺害も可能…。殺虫剤だって虫を殺す物が人間を殺さないとは限らない!
いったいどこまでが許容範囲の『正当防衛』にあたりますか?どんな物がアウト?
制汗スプレーでダメなら正式な防犯スプレーを買いますが、どなたかお答え待っています。

私は他の質問でも、自分がガリヤセひょろひょろ姿になってしまい、どうしたら病人でも犯罪対策できるか聞きまわっている者です。
またsakuってヤツかよ、と思っても回答お願いします!

私が住んでいる市内のド田舎のでも、数ヶ月前全国版ニュースで報道されるような殺人事件が起こりました。
こんなご時世なので私のような弱者は弱者なりに自分の身は自分で守ろうと思います!
しかし、あらゆる防犯グッズ、ネットショップで探しても正直ちょっとお高い…。命がかかってる品ですから当然だけど。
★こんなス...続きを読む

Aベストアンサー

文面から察するに同じ質問を繰返しているようだけど、過去の質問は見ないよ。面倒だから。

まず本質的な問題としてね、「所持自体が犯罪」というのと「使用すると犯罪」というのは区別しないとだめだよ。所持自体が犯罪になる防犯グッズは、所持自体を正当化するのはなかなか困難。よっぽど明らかに危険が差し迫っているような状況でないとなかなか認められない。だけど、所持が違法でないなら使用しない限り問題は絶対にない。

そして、防犯スプレーだろうが制汗スプレーだろうが胡椒だろうが、他人に向ってかけるという使用をすれば最低でも暴行罪の構成要件には該当するの。
そこで構成要件に該当するけど正当防衛として違法性を阻却するかって話になるんだけど、それは防犯スプレーだろうが制汗スプレーだろうが胡椒だろうが同じなの。要は、正当防衛の要件を満たすかどうかそれだけなの。だから、制汗スプレーだから正当防衛にならないけど防犯スプレーならなるってわけじゃないの。たまたま制汗スプレーしか持ってなかったけどそれが急迫不正の侵害に対してやむを得ずにした防衛行為と認められれば正当防衛になる。だけど、それはあくまでもそれしかないからしょうがないから使っただけで、初めから防犯用に持ち歩いているわけじゃない。初めから防犯用に持ち歩くなら実効性という観点からは防犯用のものの方が良いに決まってる。もっとも、所持が違法(イギリス辺りだと催涙スプレーの所持は違法のはずだが、日本は条例によるか?)では持てないから合法な代替品をってなるけど、それは代替品を使用することが正当防衛になるかどうかとは無関係。
とにかく、実際に使用した状況で初めて判断できる話でしかないの。だから答えは、

セーフかもしれないしアウトかもしれない。状況による。

としか言えないの。
ごちゃごちゃ長く質問を書いたところで、結局実際どういう風に使ったのさ?ってことが大問題であってそれが判らん以上、判らんとしか言えないの。何を使ったかはその「状況」の一内容でしかないの。ボクサーの拳が凶器(と「みなされる」とか馬鹿言ってる奴がよくいるが。そんな法的根拠は全くない)だって話も結局同じで、だから使えないのかと言えばそんなことはないの。あくまでも何をどういう状況でどういう風に使ったかを総合的に判断しなきゃ答えは出ない問題なの。

文面から察するに同じ質問を繰返しているようだけど、過去の質問は見ないよ。面倒だから。

まず本質的な問題としてね、「所持自体が犯罪」というのと「使用すると犯罪」というのは区別しないとだめだよ。所持自体が犯罪になる防犯グッズは、所持自体を正当化するのはなかなか困難。よっぽど明らかに危険が差し迫っているような状況でないとなかなか認められない。だけど、所持が違法でないなら使用しない限り問題は絶対にない。

そして、防犯スプレーだろうが制汗スプレーだろうが胡椒だろうが、他人に向っ...続きを読む

Q起訴、不起訴どちらかが確定した場合

こんにちは、先日護身用の催涙スプレー(通産省の認可を得て、通関した合法品)を所持していて軽犯罪法違反しかも(武器所持)という事で拘束された者ですが、まだ起訴か不起訴か確定していないんですが、もし起訴になった場合はサインをせず、そのまま法廷で争いますが、不起訴になった場合は、担当した警察を訴える場合は何処に申し出ればいいのでしょうか?当方東京ですが。

Aベストアンサー

 まぁこの問題で、警察を訴えて勝てるとは思いませんし、あり得ませんが、警察に対して人権問題を争点に争うのであれば、
  国家賠償請求
で、
  法律を作った国を相手にする方法

  警察本部を相手にする方法
があげられると思います。

 まぁ、頑張ってみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報